4億ドルの男、MJ

過去二年、U2は、世界ツアーの大成功もあり、3億2,000万ドル(約258億円)を稼いでいる。これにより彼らは、世界最高の報酬を受けたミュージシャンということになった。ただしこれは存命であるという条件つきであり、故人も含めれば、最高報酬という栄誉はマイケル・ジャクソンのものだ。

マイケル・ジャクソン・エステートは二年前のマイケル・ジャクソンの突然の死去以来、4億ドル(約322億円)を稼いでいる。今年初めに法廷に提出された関係書類によると、2009年7月から2010年12月までの間にエステートには3億1,000万ドル(約250億円)の収入があった。フォーブスは、残りの9,000万ドル(約73億円)はアルバム「MICHAEL」とコンサート映画「This Is It」のDVDの売り上げ、そしてその他のライセンス契約と強固な音楽出版収入によるものと推定している。

マイケル・ジャクソンの弁護士を長年務め、エステートの共同執行人であるジョン・ブランカは、「今も続く世界規模でのマイケルへの関心の圧倒的高さは、彼の史上最高のエンタテイナーとしての地位を裏付けるものです」と語る。過去二年の売上高は10億ドル(約806億円)を越えているとブランカは付け加えた。

このような膨大な稼ぎは、マイケル・ジャクソン自身の音楽や肖像権だけによるものではない。彼の最も価値が高い資産は他のアーティストの仕事によって作り出されるものだ。遡ること1985年、250曲のビートルズの楽曲を含んだ出版カタログの購入にマイケル・ジャクソンは4,750万ドル(約38億円)を支払った。10年後、ソニーはその半分の権利に対し9,000万ドル(約73億円)を支払い、ジョイント・ベンチャー、ソニー/ATVを設立した。

現在でもエステートとソニーは同カタログの所有権を共同所有しており、同カタログはボブ・ディランやエルヴィス・プレスリー、エミネムなどの楽曲を含む50万曲の所有を誇っている。業界関係者はこのカタログの価値を15億ドル(約1,209億円)程度と見ているが、これは年5,000~1億ドル(約40億~81億円)の収益を基に推定したものだ。エステートはこの利益の半分を手にしている。

裁判所に提出された書類によると、2010年12月までに得た3億1,000万ドル(約250億円)を元に、エステートはマイケル・ジャクソンの負債の返済と子供たちの支援、葬儀や追悼式典の費用として1億5,900万ドル(約128億円)使っている。ブランカともう一人の共同執行人ジョン・マクレーンは既存の財務状況についての再交渉・再構築をこれまで行っており、さらなる収入増を図っている。

マイケル・ジャクソンの悲劇的死によってもたらされたノスタルジアの大波の恩恵をエステートが今も受け続けていることは間違いない。そして現在の年平均2億ドル(約161億円)の収入を維持することはそう簡単ではないように見える。しかしながら、その他のいくつかの有力な事業・・・今秋立ち上げられ、高収益が見込まれる国際的ツアー、シルク・ドゥ・ソレイユを含む・・・などにより、年平均7,500~1億ドル(約60億5,000万円~81億円)の収入で安定するということはあり得ることである。これは、ジャスティン・ビーバーやケイティ・ペリー、カニエ・ウェストらが一年に稼ぐ額よりも多いものだ。

「年間ペースでのキャッシュ・フローは莫大なものです」と、ラッパーの故トゥパック・シャクール(2パック)の死後の財務を担当した弁護士ドナルド・デヴィッドは話す。「もちろん、年間の収入はやがて下降線になるでしょう。しかし、近い将来には総額は膨大なものになります。このお金を使い果たす前に、(ジャクソンの)子供たちには孫ができているでしょう」

mjcover_1.jpg ■ MJ: The 400 Million Dollar Man
(29-6-2011) During the last two years, U2 has earned $320 million, due in part to their hugely successful international tour. This makes them the highest-paid living musical act in the world. However, the top-earning musician honor - dead or alive - goes to Michael Jackson.

The King of Pop's estate has earned a whoping $400 million since Jackson's untimely death two years ago and, according to court documents filed earlier this year, Jackson’s estate took in $310 million from July 2009 through December 2010. And FORBES estimates that another $90 million has rolled in since then from worldwide sales of the posthumous album MICHAEL; DVD sales of the concert film 'This Is It,' other licensing deals and robust publishing revenues.

“The continuing overwhelming worldwide interest in Michael confirms his status as the greatest entertainer of all time,” said John Branca, Jackson’s longtime attorney and co-executor of his estate. Branca added that the estate has generated over $1 billion in retail sales over the past two years.

It isn't just Jackson's own music and likeness that is earning such copious amounts of money. His most valuable asset is made up of other artists’ work. Back in 1985 Jackson shelled out $47.5 million to purchase a publishing catalog that included 250 Beatles songs. Ten years later Sony paid Jackson $90 million for half the rights, forming the joint venture Sony/ATV.

Today, the Jackson estate and Sony still share ownership of the catalog, which now boasts half a million songs including titles by Bob Dylan, Elvis Presley, Eminem and others. Music industry insiders place the catalog’s value somewhere in the neighborhood of $1.5 billion, based on estimated proceeds of $50 million to $100 million per year. The Jackson estate gets half the profits.

With the $310 million earned through December 2010, the estate used $159 million of it to pay off much of Jackson’s debts, to support his children and to cover funeral and memorial service expenses, according to court documents. Branca and John McClain, his co-executor, have also renegotiated and restructured existing financing arrangements and sought out new deals to generate more income.

There is no doubt that Jackson's estate is still benefiting from the massive wave of nostalgia that was set into motion by his tragic death and maintaining the current $200 million-per-year average income seems unlikely. However, with a number of other substantial deals in the works – including a very lucrative international Cirque du Soleil tour set to launch this fall – it’s conceivable that earnings could level off around the $75-$100 million annual range. That would be more than Justin Bieber, Katy Perry or Kanye West has ever earned in a single year.

“The cash flow on an annual basis is tremendous,” explained Donald David, an attorney who handled the postmortem finances of fallen rapper Tupac Shakur. “Sure, it’s going to decline eventually, but it’s going to be a huge amount in the foreseeable future. [Jackson's] kids are going to have grandkids before that money’s gone.”

Source: MJFC / forbes.com

マーレー、不法死亡訴訟が棄却されることを願う

コンラッド・マーレー医師が判事に対し、マイケル・ジャクソンの父ジョー・ジャクソンが彼に対して起こしている不法死亡訴訟を終わらせるよう要請している。

マーレーの弁護士らは金曜日、この要請のための関係書類を提出した。ジョー・ジャクソンには本訴訟を行う法的権利がないと主張している。マイケル・ジャクソンが遺言書からはずしていること、経済的支援はしていなかったことがその根拠だ。

マイケル・ジャクソンは2009年6月25日に急性プロポフォール中毒で亡くなった。マーレー医師を過失致死罪に問う裁判は9月に始まるものと見られている。仮にこの裁判で有罪判決を受けても、マーレー医師は州刑務所に4年間収容されるに過ぎない。

■ Murray Wants Wrongful Death Suit Dismissed
(29-6-2011) Dr. Conrad Murray is asking a judge to throw out the wrongful death lawsuit filed against him by Michael Jackson's father, Joeseph Jackson.

Lawyers for Murray filed the legal documents last Friday, arguing that Joe Jackson does not have legal standing to file the lawsuit since Michael left his father out of his will and did not support him financially.

Michael Jackson died on June 25, 2009, from acute propofol intoxication. Dr. Murray's trial for involuntary manslaughter is expected to begin in September. If convicted of the charge, Murray could be sent to state prison for only four years.

Source: MJFC / radaronline.com

ネバーランドのバンパー・カーがカリフォルニア・ステートフェアに

多くのファンが知っている通り、マイケル・ジャクソンの遊園地にあった多くのライドが、今やアメリカ国内数箇所でステートフェアの目玉アトラクションとなっている。これらのライドは、かつてマイケル・ジャクソンが愛したネバーランドの一部であったのだが、そのうちのバンパー・カー(ゴーカートのような乗り物)は現在カリフォルニア・ステートフェアの開催地カルエキスポに導入されている。

7月14日のオープン日にバンパー・カーのテープカット式が行われることになっている。フェアは7月14日から7月31日まで、サクラメントで開催される。

サクラメント市のウェブサイトによると、マイケル・ジャクソンへのトリビュート・ショーが計画されているという。

カリフォルニア・ステートフェアについての詳細はこちらをクリック。

■ Neverland Bumper Cars At CA State Fair
(28-6-2011) As most fans know, many of Michael Jackson's amusement park rides are now featured attractions at several different State Fairs around the country. The rides were once a part of Jackson's beloved Neverland Valley Ranch. Now, Jackson's Bumper Cars are installed at the California State Fairgrounds/CALEXPO.

There will be a ribbon cutting ceremony for the Bumper Cars on the opening day of the fair on July 14. The fair will run from July 14 - July 31, 2011 in Sacramento.

There is also a Michael Jackson tribute show planned, according to a Sacramento events website.

For more information on the California State Fair, please click here.

Source: MJFC / sacramento365.com

アーロン・カーター、「そんなこと言ってない!」

歌手アーロン・カーターがある芸能リポーターに対し、十代のころマイケル・ジャクソンにコカインとアルコールを与えられたと語った、という件に対し、アーロン・カーターの代理人は、彼はそのようなことは決して言っていない、と主張している。TMZが今日報じている。

オーストラリアのOK! Magazineに掲載された、国際ジャーナリスト、ダフネ・バラックの記事に端を発した論争が、この二日間インターネット上を騒然とさせている。同記事では、カーターが「ええ、(MJ)は僕にワインをくれました。いらないって言ってもよかったんだけど。だけど僕は15だったから。ドラッグ?彼は僕にコカインをくれたよ」と話したとして、その発言が引用されている。

カーターの代理人は金曜日にTMZに対し、「報道されているようなことは何も言っていません」と語った。同代理人はYouTube上のバラックによるカーターのインタビューについても言及している。同ビデオは明らかに、カーター側の言い分を裏付けているように思われる。

TMZはバラックにコメントを求めているが、現在のところ返答は得られていない。



http://youtu.be/5RSo_Du086s


■ Aaron Carter: I NEVER Said That!
(1-7-2011) TMZ is reporting today that a rep for Aaron Carter insists that the singer never told an entertainment reporter that Michael Jackson gave him cocaine and alcohol when he was a teenager.

For the past two days, the Internet has been buzzing over the controversy started with an article that ran in OK! Magazine in Australia, written by international journalist Daphne Barak. In the article, Carter was quoted as saying, "Yes, [MJ] gave me wine. I mean, I could have refused, but I was 15. As for drugs? He gave me cocaine."

Carter's rep spoke to TMZ on Friday saying, "Nothing was said that was reported." The rep also mentioned a YouTube video of Carter's interview with Barak, which clearly appears to back up the singer's story.

TMZ tried to contact Barak for comment but there has so far been no response.

Source: MJFC / tmz.com / youtube.com

ジャネット、「Scream」について語る

ジャネット・ジャクソンは自身のツアー「Number Ones」で、兄マイケルとの「Scream」のバーチャル・デュエットを行っている。最近彼女はCNNに対し、この曲誕生のいきさつを明かしている。

「私は『Rhythm Nation』ツアーの最中だったんです。マイクが一曲やろうよって言ってきたんだけど、私は断ったの。私はやりたくなかった。私はまだ認められていない、成功していないって思ってたの。自分以外の誰の人気にも便乗したくはなかったのよ。数年間いい感じで進んで、『Janet Tour』の時、一緒にやらないか?って彼がまた言ってきて。それでその時は、音楽の世界で多少は地位を築けたかなと思っていたので、OK、今ならできるって。こんなふうにしてこの曲は出来上がったの」

ジャネットは2010年のMTVアワードで、トリビュートとして初めてマイケルとのバーチャル・デュエットを行った。彼女によれば、難しいことではなかったという。

「彼の声を聴く、彼の声が聞こえてくるというのは素晴らしいわ」と彼女は言う。ステージでは、「レコーディングの時のことを思い出していた」という。

彼女は今週、ツアーのヨーロッパ・レグを打ち上げ、その後は北米、オーストラリア、アフリカに向かうことになっている。

picture45.jpg ■ Janet Talks About Scream
(1-7-2011) Janet Jackson has recently been performing her virtual duet of 'Scream' with her brother Michael during her Number Ones tour and she recently opened up about how the song came to be to CNN.

"I was on the Rhythm Nation tour and Mike actually asked me to do a song with him and I told him no. I didn't want to do it. I felt I hadn't come into my own and I hadn't fully made a name for myself ... and I didn't want to ride anyone's coattails," she said. "And I remember being in the Janet Tour a few good years later and he asked me again if I would do a song with him. And I felt, at that point, I'd carved my own little niche in this world of music and I felt okay, I can do this now and that's how it came about."

Janet, who first performed the virtual duet as a tribute to her brother on the 2010 MTV Awards, said it's not a difficult thing to do.

"It feels great - just listening to and hearing his voice," she said, adding that on stage she finds herself, "remembering the experience of recording it."

Janet wraps up the European leg of her tour this week then heads to North America, Australia and Africa.

Source: MJFC / CNN.com

グレイソン・チャンスがMJをカバー

13歳のグレイソン・チャンスは8月2日にデビューアルバムをリリース予定であるが、マイケル・ジャクソンの1972年のヒット曲「I Wanna Be Where You Are」を歌っているビデオを先日公開した。このカバーが彼のデビューCDに収録されるかどうかについては、現在の発表されていない。

グレイソン・チャンスの「I Wanna Be Where You Are」を見るにはこちらをクリック。

■ Greyson Chance Covers MJ
(26-6-2011) Thirteen year old Greyson Chance, who will release his debut album on August 2, 2011, recently released a video showing him singing his rendition of Michael Jackson's 1972 hit, "I Wanna Be Where You Are." No word yet on whether or not the cover will be included on Chance's debut CD.

To watch Chance's video of "I Wanna Be where You Are," click here.

Source: MJFC / thehollywoodgossip.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ