エイドリアン・グラント、スリラー・ライブについて語る(その1)

マイケル・ジャクソンが亡くなって来月で二年となる。世界中の多くのファンたちは、この悲しみをどう乗り越えようかといまだ模索している最中であり、キング・オブ・ポップが二度とツアーには出ないということに沈んでいる。しかしながら、ステージ・ショー、「スリラー・ライブ」は多くのファンたちの心の中によりどころを見出し、そして来月にはアブダビへやってくる。6月9日、10日の二晩だ。

現在ロンドン・ウェストエンドで三度目の公演の最中であるこのショーは、ジャクソンのスピリットを捉えた物だ。この作品はミュージカルというよりはむしろトリビュートである。年齢も人種も性別も異なる5人のシンガーと10人のダンサーらが「ABC」から「Man in the Mirror」までのヒット曲を演ずる。曲の合間には、ジャクソンのキャリアのハイライト(いまだ破られていない受賞回数やレコードセールスなど)を紹介するショート・ビデオが上映され、シンガー、ダンサーらは観客に向かい、立ち上がって一緒に歌い踊り、歓声を上げるよう促す。ステージングはベーシックなものだが、花火や紙吹雪砲も使われ、もちろんムーンウォークもある。

ある者にとっては、これは亡きスターのファンたちの悲しみにつけこんで金儲けをしようとしているように聞こえるかもしれない。しかしそれは見当違いだ。このショーの製作者、エイドリアン・グラントは何年も前からマイケル・ジャクソンへのトリビュートを開催しており、ネバーランドでジャクソンと過ごしたことすらあるのだ。19歳の時彼はジャクソンのファンマガジンを創刊し、それを読んだジャクソンは彼をネバーランドに招待したのである。

「マイケルは本当にしっかりした人でしたよ」とグラントは言う。「良く笑い、ジョークを言っていました。彼は心底、大きな子供でした。好奇心が強く、知識は豊かで、スタジオでは天才、そしてとても謙虚な人でした」

その日はインタビューを行い、さらにジャクソンのスタジオでのんびりしたり、ペットのキリンやチンパンジーに会ったり、アーケード・ゲームで遊んだり、そして映画を観て昼食をご馳走になった。「信じられないような日でしたよ。最後にマイケルは『いつでもおいでよ』と言ってくれました。だからその後、年に1、2回はネバーランドを訪問していました。これは彼の寛大さをよく表しています。彼にはそんなことをする必要はなかったのです。しかし彼はとても親切な人でした」
その2に続く)

■ Adrian Grant Talks About 'Thriller Live'
(29-5-2011) Next month will mark two years since Michael Jackson died, and many fans around the world are still trying to figure out how to deal with the grief. For many, it is still sinking in that the King of Pop will never tour again. However, the stage show 'Thriller Live' has found a home in the hearts of many and next month it will go to Abu Dhabi for two nights on June 9 and 10.

The show, which is still in the middle of its third West End run in London, captures something of Jackson's spirit. It is a tribute rather than a musical with five singers of different ages, races and sexes and 10 dancers staging versions of the hits, from ABC to Man in the Mirror. Short video presentations between the songs give highlights of the superstar entertainer's career (like his still-unbeaten number of awards and record sales), while the singers and dancers encourage the audience to get out of their seats and sing, dance and cheer along. The staging is basic, but there are some pyrotechnics and a glitter cannon and, of course, some moonwalking.

To some, this might all sound like an obvious attempt to cash in on the grief of a dead star's fans but, nothing could be further from the truth. The show's creator, Adrian Grant, began putting on Michael Jackson tributes many years ago and even spent time with Jackson at Neverland when, at 19, he started a fanzine dedicated to the singer, who read it and invited him to his ranch.

"Michael was really down-to-earth," Grant says now. "Laughing around, joking around; he was a big kid at heart. Inquisitive, very knowledgable, a genius in his studio, and a very humble person."

In addition to interviewing Jackson that day, Grant also hung out in his studio, met his pet giraffe and chimpanzee, played arcade games, watched films and ate lunch with the singer. "It was an unbelievable day," Grant says. "At the end Michael says 'Come back any time,' so I used to go back there once or twice a year. It highlights his generosity. He didn't need to do that, but he was just a kind person."

エイドリアン・グラント、スリラー・ライブについて語る(その2)

ジャクソンからのサポートをヒントに、グラントは年に一回のトリビュート・ショーを立ち上げ、ジャクソン自身も第10回の開催時に英国まで飛んだ。ショーの後、ジャクソンはステージに上がり、一言、「素晴らしい」、「ビューティフルだ」と言った。これが、今日我々が知る劇場ツアーショー、「スリラー・ライブ」へと発展したのである。

「何か信ずるものがあるのなら、それを最後まで追い求めるべきだ、何事も起こすことができる、というインスピレーションを、ショーを観ていたマイケルが私に与えてくれました。その後のこともすべて、マイケルのおかげなんです」とグラントは言う。

「スリラー・ライブ」は2006年に始まった。This Is Itツアーでロンドンに行った時には混乱を避けるため変装してショーを観に行くと、ジャクソンはグラントに言っていたという。

悲しいことだが、言うまでもなくこれは実現しなかった。ジャクソンはツアーのリハーサルの最中、2009年6月25日に亡くなった。「信じませんでしたよ。数日ふさぎ込んでいました。そして最初に考えたことは、マイケルの家族のために、子供たちとお母さんのために、ということでした」

グラントによれば、当面ショーはキャンセルすることも考えたが、「リリック・シアター(スリラー・ライブの上演劇場)はちょっとした聖地になったという人々の思いというものがありましたし、ショーを観てマイケルに敬意を示したいという要望もありました。だから、その方向で続けてきましたし、それ以来このショーはより一層、マイケルのレガシーへの祭典とトリビュートということになったのです」

ショーはジャクソンが亡くなった夜にも続けられた。グラントはその様子を、キャストの涙で「すごく感動的なパフォーマンス」だったと表現する。それ以来ショーの人気は急上昇した。現在ショーは3つのバージョンがあり世界各地で上演されている。すでに120万人がこのショーを観た。

いたるところでマイケル・ジャクソン・トリビュート・ショーが盛んに行われる中、「スリラー・ライブ」こそが元祖であり、キング・オブ・ポップその人から個人的に評価された唯一のトリビュート・ショーであると言える。

「スリラー・ライブはこれまでと変わりません。マイケルのネガティブな報道がたくさんされていたので私はこのショーを始めました。彼の音楽に焦点を当てたかったのです。商業的に成功しようとしたものではなかったのです。マイケルが亡くなって以来、あちこちで真似をしたトリビュート・ショーがたくさん生まれていますが、そういうものは、流れに乗ったものだと私は思います」
(終わり)

Inspired by Jackson's support, Grant began putting together an annual tribute show and Jackson himself flew to the UK to attend the 10th edition. After the show he took to the stage to say a few words, calling the show "incredible" and "beautiful." It was this production that evolved into 'Thriller Live,' the theatrical touring show we know today.

"Michael watching [that show] gave me the inspiration that if you've got something you believe in you should follow it through, you can make things happen," Grant says. "Everything else that followed is thanks to him."

'Thriller Live' began in 2006, and Jackson told Grant that when he came over to London for his This Is It tour, he would come and watch the show - in disguise to avoid being mobbed.

Sadly, that of course, never happened. Jackson died on June 25, 2009 during rehearsals for the tour. "I didn't believe it," Grant says of the news. "It took a couple of days to sink in and then my first thoughts were for his family; his children and his mother."

Grant says he considered cancelling the show for the immediate future but "there was such an outpouring from the public that the Lyric Theatre [where 'Thriller Live' was performed] turned into a bit of a shrine and there was a lot of demand for people to come and see the show and pay their respects to Michael. So we've continued in that vein and ever since it's become more of a celebration and tribute to his legacy."

The show went on the night after Jackson's death and Grant describes it as a "very charged performance," with lots of tears among the cast that day. Since then, the show's popularity has skyrocketed. There are now three versions of the show going on in different parts of the world simultaneously, and 1.2 million people have been to see it.

With all the other Michael Jackson tribute shows sprouting up everywhere, you might say that 'Thriller Live' is the original, and the only one personally endorsed by the King of Pop himself.

"Thriller Live is what it always was," Grant says. "I started it because Michael had been getting a lot of negative press and I wanted to focus on the music. It wasn't a case of trying to commercially exploit anything. Since Michael's passing there have been a number of other copycat tribute shows popping up here and there, and I think they're the ones that have really jumped on the bandwagon."

Source: MJFC / thenational.ae

Dance/Clubチャートでトップに

マイケル・ジャクソンはアルバムMICHAELからのシングル「Hollywood Tonight」で、ビルボードのDance/Club Playチャートにおいて16年ぶりにトップに立った。キングはいまだ君臨している。

今回の首位で、キング・オブ・ポップはソロとして同チャートで8枚目のナンバーワン獲得となり、男性での最多ナンバーワン保持者のエンリケ・イグレシアスに並んだ。プリンスが7枚で続いている。

マドンナはDance/Club Playチャートで40曲のナンバーワンがあり、男女合わせてトップである。マイケル・ジャクソンの妹ジャネットが19曲でこれに続く。マイケル・ジャクソンはジャネットとのデュエット「Scream」がこれまで最新のナンバーワンであった。1995年7月15日、22日のことだ。

マイケル・ジャクソンが最初にDance/Club Playチャートでトップにたったのは1975年のジャクソン・ファイヴ「Forever Came Today」(4週間)で、次が1980年、ジャクソンズの「Lovely One」+「Can You Feel It」+「Walk Right Now」(1週間)である。(当時、一つのアルバムから複数シングルカットされている場合、合計で1エントリーとされていた。)

マイケル・ジャクソンのソロでのDance/Club Playチャートのナンバーワンは以下の通り。

タイトル、日付、在位期間

・Thriller(シングル合計)、1983年1月22日、11週
・Tell Me I'm Not Dreamin' (Too Good to Be True)、1984年6月9日、3週 (ジャーメイン・ジャクソン&マイケル・ジャクソン)
・Bad (Remix)、1987年11月7日、2週
・The Way You Make Me Feel、1988年1月30日、1週
・In the Closet、1992年6月13日、1週
・Who Is It、1993年5月22日、1週
・Scream、1995年7月15日、2週 (マイケル・ジャクソン&ジャネット・ジャクソン)
・Hollywood Tonight、2011年6月11日

MJHT.jpg

■ King Of Pop Tops Dance/Club Chart
(31-5-2011) The King still reigns as Michael Jackson tops Billboard's Dance/Club Play charts for the first time in nearly 16 years with the singel "Hollywood Tonight" from the posthumous CD, MICHAEL.

With this rise to the number one spot, the King of Pop earns his eighth solo No. 1 on the chart, tying him with Enrique Iglesias for the most solo toppers among men in the chart's 35-year history. Prince follows with seven.

Madonna not only leads among women but, all artists, with 40 Dance/Club Play No. 1s, followed by Jackson's sister Janet with 19. Jackson last ruled with his little sister when their duet "Scream" led the weeks of July 15 and 22, 1995.

Jackson first topped the Dance/Club Play Chart back in 1975 as a member of the Jackson 5 with "Forever Came Today" (4 weeks), and then again as a member of The Jacksons in 1980 with "Lovely One"/"Can You Feel It"/"Walk Right Now" (one week). (Previously, combinations of album cuts were eligible to chart as one entry back then).

A recap of the King of Pop's solo Dance/Club chart toppers is as follows:

Title, Date reached No. 1, Weeks at No. 1

"Thriller (all cuts)," Jan. 22, 1983, 11 weeks
"Tell Me I'm Not Dreamin' (Too Good to Be True)" (Jermaine Jackson & Michael Jackson), June 9, 1984, three weeks
"Bad (Remix)," Nov. 7, 1987, two weeks
"The Way You Make Me Feel," Jan. 30, 1988, one week
"In the Closet," June 13, 1992, one week
"Who Is It," May 22, 1993, one week
"Scream" (Michael Jackson & Janet Jackson), July 15, 1995, two weeks
"Hollywood Tonight," June 11, 2011, one week (to-date)

Source: MJFC / billboard.com

キャサリンのAEG訴訟、2012年9月に審理開始

マイケル・ジャクソンの死に関連する民事訴訟の一つであるAEGに対するキャサリン・ジャクソンの訴訟は、2012年9月まで審理されることはないと担当判事が水曜日に決定した。このときまでには、遅れているコンラッド・マーレー医師に対する刑事裁判も決着しているはずであり、本民事訴訟にも影響を及ぼす可能性がある。

すでに報道されているように、マイケル・ジャクソンの母キャサリン・ジャクソンはコンサート・プロモートの最大手AEGライブを訴えている。AEGライブは、ロンドン・O2アリーナの定住公演として予定されるも実現されなかったマイケル・ジャクソンの「This Is It」ツアーのプロモーターである。ミセス・ジャクソンは、プロポフォールの投与における不手際がマイケル・ジャクソンの死を招いたと訴追されているマーレー医師に対し、AEGライブが報酬を支払っていたという理由で本訴訟を起こしたのである。

マイケル・ジャクソンが「This Is It」に取り組んでいる期間、AEGライブはマーレーを雇い専属医としていたのであるから、彼らはマイケル・ジャクソンの死について責任がある、とミセス・ジャクソンは話している。さらに、ジャクソンがショーのリハーサルに参加できるよう、「必要なことは何でも」やるようにとAEGの幹部らはマーレーに話していた、必要であれば大量の薬物投与も辞さないということを暗に言ったものだ、ということも訴えている。

当然ながら、マーレーはマイケル・ジャクソンの死についての責任を否定している。マーレー弁護団は、ジャクソンが自ら命を絶ったか、あるいはマーレーが愛人に電話をかけている間に謎の第三者が部屋に入り、死因となったプロポフォールを注射したと主張する構えであることがたびたび報じられてきた。

ミセス・ジャクソンの弁護士ケヴィン・ボイルは昨日、マーレー裁判の結果(今年9月に審理が開始される)は本訴訟に影響を与えるだろうと認めた。

特に、マイケル・ジャクソンを死亡させた責任があるとされた場合、本訴訟は何がマイケル・ジャクソンを死に至らしめたのか、ではなくAEGとマーレーの関係を中心としたものとなるだろう。特に、マーレーがAEGライブに雇用されていたのかどうかという点だ。ボイルは、マーレー有罪の後に本訴訟が審理されるのであれば、審理は短くなるだろうと述べた。

AEGライブの弁護士マーヴィン・プットナムは、本訴訟におけるマーレー裁判の意味を軽視していた。マーレーが無罪となればAEGにとっては明らかに助けとなるが、プットナムは、本訴訟におけるAEGライブの論拠(マーレーはマイケル・ジャクソンが選び、マイケル・ジャクソンの直属であった、そしてAEGライブは支払いをしていたにすぎない、よってマーレーの行動について責任を負っていない)は、今秋のマーレー裁判の結果がどうなろうと強固であると語っている。
70x53_57.jpg ■ Katherine's AEG Lawsuit Scheduled For Sept. 2012
(2-6-2011) One of the civil cases relating to the death of Michael Jackson will not be heard in court until September 2012, the judge overseeing the case ruled on Wednesday. By that time the much delayed criminal case against Dr. Conrad Murray should have reached its conclusion, which could have an impact on this civil suit.

As previously reported, Jackson's mother, Katherine Jackson is suing live music giant AEG Live, the promoters of the ill-fated Michael Jackson ‘This Is It’ residency at the O2 in London. Mrs. Jackson brought the suit because AEG paid the fees for Murray, who is accused of causing the singer’s death by negligently administering the drug propofol.

Mrs. Jackson says that because Murray was hired by AEG to be Jackson’s personal doctor while he worked on ‘This Is It,’ they should be held responsible for his death. There are also allegations that Murray had been told by AEG bosses to do “whatever it takes” to ensure Jackson was able to attend rehearsals for his London show, the implication being that meant pump him full of medication if necessary.

Murray, of course, is denying any responsibility for Jackson’s death, and it has been well reported that his legal team plans to claim that either Jackson killed himself or a mysterious third party entered the room while Murray was making phone calls to girlfriends, and actually injected the shot of propofol that caused the singer’s death.

Katherine Jackson’s lawyer, Kevin Boyle yesterday admitted the outcome of the criminal trial, now due to take place this September, will have an impact on the civil case.

In particular, if Murray is found liable for killing Jackson, then Mrs. Jackson’s case will center not on what caused her son’s death, but on the relationship between AEG and the doctor, specifically whether Murray was an employee of the live music firm. Boyle added that if their case did follow a Murray conviction, then any court hearing in the civil case would be much shorter.

Marvin Putnam, an attorney for AEG Live, played down the significance of the criminal trial on this civil case. While, obviously, an acquittal for Murray would be helpful to AEG, Putnam says that the company’s legal arguments in the civil proceedings – that Murray was chosen by Jackson and reported to him directly and that AEG just picked up the tab and therefore wasn’t responsible for his actions – are strong no matter what happens in the Conrad Murray criminal trial this Autumn.

Source: MJFC / thecmuwebsite.com

落ちぶれた大富豪の子孫所有のMJコートは本物であると専門家が認める

既報の通り、祖先である雑貨店チェーンの大物F・W・ウルワースが残した富を一銭も受け取れなかったある女性が、成人後の長い期間をホームレスと生活保護で過ごした後、ついに幸運を掴んだ。

ジュディ・ウルワース・ドナヒューのリサイクル・ショップでのタダ同然の素晴らしい買い物は、「驚くべき、色彩鮮やかな、夢のコート」ともてはやされている。

「こんな価値のある品物を財産として持っているのはとても幸運だ」
Motown Alumni Association(モータウン同窓会)の代表ビリー・ウィルソンは、彼女のコートが、60年代後半から70年代前半に放映された「ウェイン・ニュートン・ショー」に出演した際に若きマイケル・ジャクソンが着用した貴重な衣装であると認めた後に語った。

「天からの贈り物のようですね」とドナヒューは語った。彼女は、月10セントで彼女をクライアントとして引き受けた南フロリダの広告代理店トランスメディア・グループと契約している。

「私たちも嬉しく思います。ジュディの番がついに来たのですよ」と、トランスメディアの設立者トム・マッデンは語った。

数年前最初にこのコートを鑑定したウィルソンによれば、マイケル・ジャクソンは自身の初期のパフォーマンスでこのコートを着用したことを覚えていたという。ウィルソンはドナヒューに、コートに保険をかけるよう助言した。

「私たちが行った鑑定は、複数の証拠を基に行われました。私たちが入手した『ウェイン・ニュートン・ショー』の映像に出てくるこのコートをマイケル・ジャクソンが着用していたことを発見した、ということもこの証拠には含まれています。ショーが放映された正確な日付ははっきりしませんが、当時のその他の映像や話題に上っていたことなどを比較し、日時は1969年から1971年の間だと推測しました」とウィルソンは語る。

ウィルソンは続ける。
「マイケルの母(キャサリン)が初期のジャクソン・ファイヴの衣装を縫っていたということは歴史が示しています。初期のマイケル・ジャクソンのその他の衣装を検証したところ、縫い目やタグが全く同じでした。手書きの名前についても、初期のジャクソン・ファイヴの衣装にあるものと全く同じです。・・・このコートがマイケル・ジャクソンの、ジャクソン・ファイヴの服であり、本物であるということに私たちは満足しています」

■ Experts Authenticate MJ Jacket Of Homeless Heiress
(2-6-2011) As MJFC reproted earlier, the woman who never got so much as a nickel from the fortune left by her great grandfather - five and dime store magnate F.W. Woolworth - finally caught a break after living most of her adult life destitute, homeless and on welfare.

Judi Woolworth Donahue's incredible thrift store purchase for a dime is being hailed as the 'Amazing Technicolor Dream Coat.'

"You are very lucky to have such a valuable item in your possession," wrote Billy Wilson, President of the Motown Alumni Association, after authenticating the jacket to be a valuable costume worn by little Michael Jackson when he appeared on the 'Wayne Newton Show' of the late 60's or early 70's.

"This is like a gift from heaven," said Ms. Donahue, who retained TransMedia Group, a South Florida-based public relations firm that took her on as a client for a fee of just ten cents a month.

"We're happy for Judi and now maybe her ship has finally come in," said TransMedia Founder Tom Madden.

According to Wilson, who first examined the coat several years ago, Michael Jackson himself remembered wearing it in his early performances. Wilson advised Ms. Donahue to consider getting the jacket insured.

"We based our evaluation on a number of evidential materials, including noticing Jackson was wearing the jacket mentioned in footage we obtained from the 'Wayne Newton Show,'" said Wilson. "The exact date of the show is unknown, but when compared with other Newton footage within that time period, and the topic of interest during that time, we estimate that the time period was between 1969 and 1971," he said.

Wilson went on to say, "history indicates that Michael's mother [Katherine] was making the Jackson 5's costumes in the early years. When examining other Jackson costumes of the early years the seams, and clothing tag are virtually exactly the same. The hand written signature on the garment is virtually the same as the signatures on earlier Jackson 5 garments....We are satisfied that the jacket you've submitted is the former apparel of Michael Jackson, formerly of the Jackson 5, and is authentic in its originality."

Source: MJFC / prnewswire.com

キャシー、パリス・ヒルトンがMJを語る(その1)

キャシー・ヒルトン、パリス・ヒルトンは先日CNNで、ピアーズ・モーガンと対談した。二人はパリスの新しいショー、「The World Acording To Paris」のプロモーションのために出演したのだが、二人の友人であったマイケル・ジャクソンのことを振り返っているうちに、話はキング・オブ・ポップのことへ移っていった。その部分は以下の通り。

モーガン:(パリス・ヒルトンに話しかける)あなたとご一緒したときのことで思い出すのは、あなたには二つの声があるということなんです。あなたのお友達のマイケル・ジャクソンのようですね。あなたは彼をよくご存知でした。とても高い、ふざけたような声はその一つですが、それはあなたの「ブランド」だったと言えるかもしれません。それからビジネスやブームのことについてお伺いした時、あなたの声は数オクターブ下がって、パリス・ヒルトンとは全く別の声に聞えたんです。マイケル・ジャクソンも同じですよね。彼にも二つの声がありました。

キャシー・ヒルトン:それはシャイだということね、まさかと思うでしょうけど。

モーガン:ええ?でも二人ともそうだったんですけど?

キャシー・ヒルトン:二人は・・・・二人はそうなるんです。

モーガン:パリスがシャイだと仰ってるんですか?

キャシー・ヒルトン:そうなることもあるということです。

モーガン:本当ですか?シャイなんですか?

パリス・ヒルトン:ええ、そうよ。

モーガン:信じられませんよ。

パリス・ヒルトン:信じられないけど、本当よ。

モーガン:ヒルトン家の話に戻ります。キャシー、これは興味あることです。たくさんの人がマイケル・ジャクソンを知っていると言いますが、あなたは実際に、マイケル・ジャクソンと同じ高校に通っていました。そしてあなたは、彼が亡くなるまで彼の親友でした。しかし彼についてあまり公に話したことはありませんね、私が見られる限りでは。マイケル・ジャクソンとのことについて話していただけませんか?

キャシー・ヒルトン:私が13歳、彼が14歳のときに出会い、長い間友情を深め、絆を深めました。いつも連絡を取り合っていました。私がニューヨークへ引っ越した後も彼はよく遊びに来ていましたし、彼のコンサートへも一緒に行きました。それから、あれから始めたんです・・・よく一緒にイタズラ電話をしていたんですよ。私たちは幼い子供でした。本当に楽しく過ごしたんです。パリスが生まれてからも、彼はよく遊びに来ていました。その後結局、彼はあそこに住むようになったんです・・・・

モーガン:パリスが生まれたとき、そこに彼はいたんですか?

キャシー・ヒルトン:パリスは生後数ヶ月でした。

モーガン:そうなんですか。

キャシー・ヒルトン:彼は結局ウォルドルフ・ホテルへ引っ越し、6ヶ月間住んでいましたけど、そこは私たちが8年間住んでたんです。そして亡くなる直前、彼はベル・エア・ホテルにいましたが、そこは、家を改築する間私たちが住んでいたんです。だから、私たちはとても楽しく過ごせるようになったのです。
その2に続く)

■ Kathy And Paris Hilton Talk MJ
(3-6-2011) Kathy and Paris Hilton recently spent some time talking to Piers Morgan for CNN. They were there to promote Paris' new show, 'The World Acording To Paris,' but talk also turned to the King of Pop as the Hilton's remembered their friend, Michael Jackson. Parts of that interview are below:

MORGAN: [Speaking to Paris Hilton] What - what I remember most about that day I spent with you is that you had these two voices and a bit like your friend, Michael Jackson. You knew him very well. Very high-pitched sort of quite silly voice, for part of it, which was the "brand" if you like, and then the moment I talked about business, boom, your voice dropped a few octaves and then I somehow [heard] a completely different Paris Hilton. And Michael Jackson was the same, wasn't he? He had these two voices.

K. HILTON: It's more about being shy, believe it or not.

MORGAN: Oh. But they both did that!

K. HILTON: They go... they go to that place.

MORGAN: Are you saying Paris is shy?

K. HILTON: She can be.

MORGAN: Really? You can be shy?

P. HILTON: Yes, I am.

MORGAN: I find that almost impossible to believe.

P. HILTON: It's hard to believe but it's true.

MORGAN: Back with the Hiltons. Kathy, this is fascinating. A lot of people claim to have known Michael Jackson. You actually went to high school with Michael Jackson. And you stayed close friends with him right until the end of his life. And you've never really spoken about him much in public, not that I can see. Tell me about your relationship with him.

K. HILTON: We met when I was 13 and he was 14 and developed a friendship and a bond throughout the years. And we always kept in touch. And then when I moved to New York and he would come, and we'd always go to his concerts. And, you know, we started with... we used to make prank phone calls together. And we were little kids. We had a really great time. And then he came and visited when Paris was born. And then he ended up living at the...

MORGAN: He was there when Paris was first brought into this world.

K. HILTON: She was just a few months old.

MORGAN: Really?

K. HILTON: He ended up moving into the Waldorf for six months when we were living there for eight years. And right before he died, he was at the Bel Air Hotel, where we were living while we were renovating our home. So he was there about three or four months. So we got to spend, you know, great time.

NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ