マーレー裁判、9月まで延期

ロサンゼルス上級裁判所判事は月曜日、コンラッド・マーレー医師に対する過失致死罪裁判を9月まで延期することに同意した。

マイケル・パスター判事は、マーレー側弁護団の要請によりこの決定を下した。

次週に冒頭陳述から開始されることになっていた裁判について、準備が不可能であると弁護側が主張していた。マイケル・ジャクソンは自らの手で亡くなったとする弁護側の論法に対する、検察側の専門家による「間際」になっての揺さぶりのためだ。

これについて検察側は、検察側の医療専門家らは新しい理論を提案しているわけでなく、現在の状況は、迅速な裁判を受けるというマーレーの権利を弁護側が行使したことにより起きていると強く主張している。

検察側はパスター判事に対し先週、検察側専門家の一人が、ジャクソンがプロポフォールを摂取することにより自ら死を招いた(弁護側が予備審問で展開していた理論)ということは不可能だっただろうという結論に達したと述べていた。

3月に本事件についての長い質問票に答えた171人の陪審員候補者らは解散となり、裁判は9月8日に始まる陪審員選定からやり直しになるだろうと判事は述べた。

「公平の基本原則」のためにこの遅延が必要であるとパスター判事は述べている。

■Trial Delayed Until September
(2-5-2011) A Los Angeles County Superior Court judge agreed Monday to push back the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray until September.

Judge Michael Pastor made the ruling at the request of Murray's defense attorneys.

The defense stated they could not be ready for trial, which was set to begin with opening statements next week, because of 'eleventh-hour' prosecution experts debunking their theory that Michael Jackson died by his own hand.

Prosecutors in the case contend their medical experts did not propose any new theories, and the defense caused the situation by invoking Murray’s right to a speedy trial.

Prosecutors told Judge Pastor last week that one of their experts reached the conclusion that it would have been impossible for Jackson to have caused his own death by orally ingesting the drug propofol - an argument that defense attorneys made during preliminary hearings.

The 171 potential jurors who filled out lengthy questionnaires about the case in March will be excused and the process will start all over again with a new panel being selected beginning Sept. 8, the judge said.

Pastor said the delay was necessary for “fundamental fairness.”


Source: MJFC / latimes.com

キャサリンCNNインタビュー

手術用麻酔薬の過剰投与によるマイケル・ジャクソンの予想もしない悲劇的な死から二年近く経った今でも、息子を失ったというキャサリン・ジャクソンの悲しみは消えることはない。

「私の子供たちの事を考えない日はありません。彼は今ここにいるはずなんです」とキャサリンは火曜日に自宅でCNNのインタビューの中で語っている。「ですがあれは医者の怠慢だったんですよ。ただ辛い、本当に辛いことです」

コンラッド・マーレー医師はマイケル・ジャクソンの死について過失致死罪で起訴されている。マーレー医師の裁判は9月に延期された。

この悲しみに耐えるため、キャサリンは、1969年以来ジャクソン・ファミリーが暮らしていたエンシノの家から、カラバサスの丘の上の邸宅へ引っ越しをした。彼女によると、新しい家の高い天井や大きな窓が大変気に入っているが、しかし新しい家は、今までの家に残る悲しみを思い出させるものからの避難所でもあるという。

「引っ越してきた時マイケルは11歳でした。そして20代になって引っ越すまでずっと居たのです。あの家はたくさんの記憶を思い出させますが、私にとっては悲しい記憶なのです。マイケルがいないからです」と彼女は言う。

新居への訪問者は地下に飾られたマイケル・ジャクソン収集の芸術品を目にするだろう。しかしマイケル自身の写真はどこにも見当たらない。マイケルの三人の子供たちは今キャサリンと暮らしているが、父親の写真を大事に持っている。しかしキャサリンはマイケルの写真を避けているのである。

また新居への訪問者はキャサリンが花に囲まれているのを見るだろう。彼女が最近ビジネスにしている情熱だ。彼女はフラワー・アレンジメントのシリーズ、キャサリン・ジャクソンを立ち上げたのである。これはファンが母の日に母親に花を贈るのに間に合うよう、今月立ち上げられたばかりだ。

しかしミセス・ジャクソンはエホバの証人の信者であるため、祝日を祝うことはない。水曜日は彼女の81歳の誕生日であるが、お祝い事は行われない。

マイケルの末子、9歳のブランケットには彼の有名な父親を忘れないようにまた敬意を示すための彼なりの方法がある。彼の長いブラウンの髪はかなり伸びて、背中の半分に届きそうである。

「ブランケットは髪を切りたくないんですよ。そのことについては彼と話をしています。彼は長いのが好きなんです。マイケルが長いままであることを望んでいたからです。いつか切ることになる日が来ると思いますけどね」と彼女は語った。

ブランケットは家庭教師について自宅で勉強をしている。一方プリンス(14)とパリス(13)は私立学校へ通っている。

「二人は上手くやってますよ。毎日学校へ行っています」とキャサリンは語る。

父親を死に至らしめたとして起訴された医師に対する刑事裁判についてのニュースは子供たちには知らされていない。裁判は9月まで延期されたが、裁判が開始されれば、幼い子供たちは平日には家で祖母に会うことはないだろう。

「毎日傍聴するつもりです。可能であれば、法廷にいます」とキャサリンは言う。

彼女は、どうしてもその場に居られないとき以外はずっと法廷に座っているだろうという。それは、検視解剖に関する証言が耐え難いほど生々しい場合だ。

「最悪の場合、席を外すでしょう」と彼女は言う。「検視写真を使うと聞いてます。そんなものは見たくありません。だから外へ出てようと思います。ホールかどこかに座っていて、終わったら戻るつもりです。ですが、そこに居なければならないと感じているのです」

法廷に座って、人々が彼女の息子について話すのを聞くことに時間を費やすのは初めてのことではない。六年前、彼女は別の裁判所で五ヶ月間裁判を傍聴していた。マイケルが幼児性的虐待容疑で裁判を受け、無罪になったときだ。

「そう、毎日傍聴してましたね。彼のためにその場に居たかったのです。それが嘘であるということが分かっていましたから。真実が明らかになるように祈っていました。真実が明らかになれば彼は無罪となることがわかっていましたから。そしてそうなったのです」

メディアによる報道の中には、ミセス・ジャクソンが健康が優れないと指摘するものもあるが、彼女はそのような憶測について一笑に付した。歩く姿に心もとないところが感じられるとすれば、それは歳のせいではなく、幼い頃にポリオと闘った名残である。彼女は孫たちを育て、新しい家の飾りつけをし、新しいビジネスに積極的だ。

「私はまだここにいます。そして神に感謝しています」と彼女は語った。
70x53_81.jpg ■ Katherine Talks To CNN
(4-5-2011) Katherine Jackson's sadness over the loss of her son persists still today, nearly two years after his surprising and tragic death from an overdose of surgical anesthesia.

"There's not a day that passes I don't think about my child and he should be here right now," Jackson said in a CNN interview at her home Tuesday. "But it was negligence of a doctor and it's just hard, really hard."

Dr. Conrad Murray is charged with involuntary manslaughter in the death of Michael Jackson. His trial has been postponed until September.

To help her cope with the sadness, Katherine has moved into a new mansion on a hilltop above Calabasas, California, away from the Encino home where the Jackson family lived since 1969. She says she loves the higher ceilings and larger windows, but it's also a refuge from sad reminders that haunt the old home.

"Michael was 11 years old when we moved there and he stayed there until he was well into his 20s before he moved," she said. "It just brings back a lot of memories, but they're sad memories to me now because he's not here."

Visitors to the new home see artwork collected by Michael Jackson displayed on the ground floor, but they won't see his photographs anywhere. His three children, that now live with their grandmother treasure pictures of their father, but his mother avoids them.

Visitors to the home do see the flowers that Katherine Jackson surrounds herself with, a passion she recently turned into a business. She launched the Katherine Jackson line of floral arrangements this month, just in time for fans to send them to their moms for Mother's Day.

However, since Mrs. Jackson is a Jehovah's Witness, she does not observe holidays. Wednesday is her 81st birthday, but there will be no celebration in her home.

The youngest of Michael's children, 9-year-old Blanket, has his own way of remembering and honoring his famous Dad. His long brown hair grows even longer, reaching halfway down his back.

"He doesn't want to cut it, so I've talked to him about it," his grandmother said. "He likes it long because his father wanted him to have long hair at the time, but there will be a day that he'll have to cut it, I think."

Blanket studies at home with a tutor, while his siblings Prince, 14, and Paris, 13, attend a private school.

"They're doing very well," Katherine says. "They're going to school everyday."

The children are shielded from news about the criminal case against the doctor accused of causing their father's death. The trial has been delayed until September, but when it does start, the youngsters won't see their grandmother around the house during weekdays. Katherine says she will be sitting in court.

"I plan to be there everyday," she said. "If I'm able, I will be there."

She says that she will sit in the courtroom everyday, only leaving if she has to. For instance, if the testimony about her son's autopsy becomes too graphic for her to bear.

"Worse comes to worse, I'll just step out," she said. "I heard they're going to show some autopsy shots, and I don't want to see that. So, I'll leave and, you know, sit out in the hall or somewhere until it's over and then I'll come back in. But I just feel that I have to be there."

This won't be the first time she has spent her days inside a court room, listening to people talk about her son. Six years ago she sat in another court for five months while Michael was tried and acquitted on child molestation charges.

"Yes, I was there every day," she said. "I wanted to be there for him, because I knew it was lies. I prayed for the truth to come, because I knew if the truth came out that my son would walk away and he did."

Some media outlets have suggested that Mrs. Jackson is in poor health but, she laughs at the speculation. The limp you might notice in her walk is not from old age, but is a remnant of her childhood battle with polio. She stays active with her new business venture, raising her grandchildren, and decorating her new home.

"I'm still here and I'm blessed and I thank God," she said.

Source: MJFC / CNN.com

キャサリン:「史上最大のウソ」(その1)

キャサリン・ジャクソンは最近、息子マイケル・ジャクソンについて、また彼の死について責任を追及されている医師に対する想いを報道陣に語っているようだ。

水曜日の朝、TODAYでマット・ラウアに語ったところによると、キャサリンは息子が幼児性的虐待者として一般に認知されていることに傷ついているという。彼女が言うところの「史上最大のウソ」である。

自分の息子についてハッキリさせたいことがあるかとラウアに尋ねられ、彼女はこう答えた。「マイケルが幼児性的虐待者だということについて言えば、それは史上最大のウソなのです」

言うまでもなく、マイケル・ジャクソンは2005年に受けた幼児性的虐待を中心とする10の容疑について、5ヶ月間の公開裁判の後に無罪となった。しかしキャサリンはラウアに対し、マイケルの問題は、1993年に12歳の少年ジョーダン・チャンドラーが虐待されたとしてマイケルを訴えた事件から始まったと語った。同少年と家族がジャクソンを訴える証言を拒否したことによりその刑事裁判は中止となり、ジャクソンは1500万ドルと言われている金を少年の家族に支払った。

キャサリン・ジャクソンはいまだに、息子がその家族と示談にした日のことを後悔していると話す。

「弁護士たちがお金を払うべきだと言ったんです・・・弁護士たちはお金を払い黙らせることが正しいことだと考えていたのです」と彼女は言う。

「それを聞いてすぐに、マイケルに電話して言ったんです、『なんでそうしたの?有罪と見られるわよ』って。彼は言いました。『弁護士たちがそうしろって言うから。僕はそうしたくはなかったんだよ、母さん。僕は闘いたかった。真実じゃないから。だけど弁護士たちは示談にしたがったんだ』」

ミセス・ジャクソンは、93年の事件の中心にいた少年が、マイケルの死後に取り消したと語った。「マイケルは決して触ってはいない、大ウソだった、父親が大金持ちになりたかったのだと認めたのです。そして言いました、『ごめんなさい、亡くなる前にマイケルに言わなくて』と」

注記:ミセス・ジャクソンが言っている記事の唯一の出所は実際には正体不明のウェブサイトで現在は存在していないため、この話は間違いであり、都市伝説だと見なされている。ジョーダン・チャンドラーがウソを告白したということについての証拠は存在していない。
その2に続く)

■ Katherine: "Biggest Lie Ever Told"
(4-5-2011) Katherine Jackson seems to be making the rounds these days, talking to reporters about her son and about her feelings on the doctor accused in his death.

Speaking to Matt Lauer on the TODAY show Wednesday morning, the Jackson family matriarch admitted to still being stung by the public perception of her son as a child molester. A notion she called "the biggest lie ever told."

When asked by Lauer if there was anything she wanted to clear up about her son's life, she answered, “As far as Michael being a child molester, that’s the biggest lie that’s ever been told,”

Michael Jackson was, of course, acquitted in 2005 of 10 charges centering on child molestation after a very public 5 month trial. But his mother told Lauer her son’s problems began with the 1993 case, when a then 12-year Jordan Chandler alleged Jackson had molested him. Criminal prosecution was halted after the boy and his family refused to testify against Jackson, and Jackson made a payment believed to be around $15 million to the family.

Katherine Jackson said she still rues the day her son settled with the family.

“His lawyers told him that he should just pay the money.... they thought that just paying the money and shut the people up would be the right thing to do,” she said.

“As soon as I heard it, I called him and I said, ‘Why did you do that? It makes you look guilty.’ And he said, ‘Well, the lawyers told me to do it.’ He said, ‘I didn’t want to do it either, Mother; I wanted to fight it, because I know it wasn’t the truth. But they wanted me to do that.’”

Mrs. Jackson said the boy at the center of the 1993 case recanted after Michael’s death. “He confessed that Michael never touched him, and it was a big lie, and his father just wanted to be rich. And he said, ‘I’m so sorry I didn’t get to tell [Michael] this before he died.’”

NOTE: Because the sole source of the article Mrs. Jackson sites was a virtually unknown website that no longer exists, it is widely regarded as false and believed to be an urban legend. There is no evidence that Jordan Chandler ever confessed to lying.

キャサリン:「史上最大のウソ」(その2)

ミセス・ジャクソンはラウアへの話をこう続けた。法廷で座っているのは辛いことであるが、「そこに居なければならないと思うんです。前の裁判でも毎日傍聴していました。(今回も)そうしなければ、正しいとは思えないんです」

彼女には分かっている。「マーレーがウソをついているのを聞くのは辛いし、マーレーを見るだけでも辛いです。息子を診るためにマーレーがそこにいたこと、マーレーが診ている間に息子が亡くなったことを知っているからです。マーレーは職務怠慢だったと思いますし、そのことで気分が悪くなります。彼の顔は正視に耐えません」

マイケル・ジャクソンの死についての過失致死罪で有罪となったとしてもマーレーは4年の刑になるだけである。ミセス・ジャクソンはそれでは十分な罰とはならないとラウアに対して語った。

「だれだって医師の診療下にあればと私は思うのです。彼の下で亡くなり、彼の行動を良く見れば、4年の刑は十分とは思えません」と彼女は言う。「誰にとっても十分ではありません。息子の命を奪ったのと同じように代償を払うべきだと思います。彼はこのことについて代償を払うべきだと思うのです」

マイケルの三人の子供たちは「元気」で、子供たちには裁判のニュースを知らせないよう気をつけているのだとキャサリンはラウアに語った。

「三人はそのことから離れて子供らしいことをしています。子供たちには裁判のことは話したくありません。子供たちはまだ幼いですし、幸せに過ごして欲しいと思っています。裁判のニュースは子供たちを悲しませます」

ミセス・ジャクソンはマイケルの14歳の長男プリンスを良く見かけるティーンエイジャーであると表現する。「年頃なんですよ、こういうことを言うのは好きではないですが、女の子を見るようになる年頃なんです。ほんの幼い恋ですけどね」と彼女は言う。

プリンスとパリス(13)、ブランケット(8)の面倒を見つつ、81歳になるキャサリンは新しいビジネスに乗り出した。彼女はSendHerFlowers.comと手を組み、彼女がデザインした6種類のフラワーアレンジメント、キャサリン・ジャクソン・コレクションを立ち上げた。

「友人を通じて知り合ったのです。私は花が大好きだしとてもいいアイディアだと思ったんです。ここにコレクションの一つを持ってきました。とにかく花が大好きなんです。庭中、家中どこにでも花を置いてるんです」

しかし孫たちを育て、新しいビジネスに忙しくしていても彼女は息子のことを恋しく思っている。その息子マイケルはどんなときでも歌を歌いだすことがよくあったという。

「彼が居なくてただ寂しいです。彼の声が聴きたい。歌が聴きたい。一緒にいた頃、彼が歌いだし、そして歌うのを止めると、私はもう一度歌ってと頼んだものです。ただ彼の声が大好きだったんです」
(終わり)

Mrs. Jackson went on to tell Lauer that, although sitting in the court room is painful, “I just felt that I had to be there. I was there every day when his last trial was, and I wouldn’t feel right if I wasn’t there [this time].”

She said she finds it “very difficult listening to [Murray] lying, and very difficult just looking at him, knowing that he was there to see after my son, and he died under his care. I thought he was very negligent, and that makes me feel really bad. I can’t stand to look at him.”

Murray faces only four years in prison if convicted of involuntary manslaughter in the death of Michael Jackson but, Mrs. Jackson told Lauer she does not believe it's nearly punishment enough.

“I think if someone is under a doctor’s care, and they die with him seeing over him, I think that four years is not enough,” she said. “It’s not enough for anyone. I think they should pay just like they’ve taken the life from my son. I think he should pay for it.”

She told Lauer that Michael's three children are "doing fine" and that she sees to it that they are shielded from news of the trial.

“They’re off doing the things that children should do,” she said. “I don’t talk about [that] with them. They’re young and I want them to be happy, and that would make them very sad.”

Mrs. Jackson described Michael’s oldest child, 14-year-old son Prince, as being a typical teenager. “It’s the age they start ― I hate to say ― but it’s the age they start watching little girls,” she said. “It’s just puppy love.”

Along with caring for Prince and his two siblings, Paris, 13, and Blanket, 9, Katherine, 81, just embarked on a new business venture. She's teamed with SendHerFlowers.com to launch the Katherine Jackson Collection, a set of six flower arrangements she designed for the company.

“I met the person that’s doing it through a friend, and I love flowers, so I thought [it] was a very good idea,” she told Lauer. “Here I am with a flower collection. I love flowers anyway. I have them all around my yard, my house, everywhere.”

But even though Katherine stays busy with her new venture and raising her grandchildren, she still misses her son, who she says was prone to bursting into song at any given moment.

“I just miss him for not being here,” she said. “I miss his voice. I miss his singing. Sometimes when we were around, he’d start to sing, and he’d end a song, and I’d want to ask him sometimes to sing it again. I just loved his voice.”

Source: MJFC / today.msnbc.msn.com / tvguide.com

アレックス・クラスキのアートワーク

アレックス・クラスキはマイケルの鮮烈なイメージを創造することに膨大な時間を費やしている素晴らしいアーティストだ。彼の作品を楽しむにはこちらをクリック。

他の作品も素晴らしく、その中にはオバマ大統領のポートレートもある。

■ Alex Krasky’s Artwork
Thursday, April 7th 2011

Alex Krasky is a wonderful artist who has spent a great deal of time creating spectacular images of Michael. If you would like to enjoy them, please click here

His other works are also spectacular and include portraits of President Obama.

We hope you enjoy them.

Source: Alex Krasky & MJWN

ジャッキー、MJとシルクについて語る(その1)

ジャクソン兄弟の長兄ジャッキーは、弟マイケルがとても喜ぶであろう事、さらにシルク・ドゥ・ソレイユの全てのショーの製作および12月にスタートすることになっているマンダレー・ベイでの二作品について全力でサポートするであろう事を確信している。「間違いなくマイケルは見守っています。彼はこれからずっと、皆さんの心の中に生きつづけるでしょう」

ジャッキーはこう続ける:
「マイケルは彼のレガシーのために進められているこれらのことを気に入ったでしょう。彼は全生涯を通じてビジネスとエンタテイメントを愛していました。彼はフラッシュが好きだしラスベガスが好きでした。シルクが大好きで彼らが製作するショーはどれも観ていました」

「シルクの最初期のショーのことを覚えています。マイケルが電話をかけてきて言ったんです、『ジャッキー、このショーは観るべきだよ』って。そして彼は私を連れて飛行機に飛び乗り、二人でショーを観たのです。その時からずっと、彼はどのショーも観ていました。シルクの創設者のガイ(・ラリベルテ)やシルク・ショーのファミリーが大好きでした。マイケルは彼らが大好きでしたから、彼らに携わることを望んでいました。・・・・今回のショーで、マイケルは今、シルクに携わる事ができるのです。彼の願いが果たされるのです。私はマイケルにこのことが届いていて、誇らしく思い喜んでいるだろうと信じています」

今回のインタビューはラスベガス・サン紙上でジャッキーがロビン・リーチに対し語ったものである。12月3日にマンダレー・ベイにやってくる一つ目のショー、Michael Jackson: Immortalは豪華なロックコンサートのツアーのようなものになるという。

「二番目のショーは、マンダレー・ベイでの常設ショーになります。マイケルの歌は同じですが、ツアーと常設ショーでは見た目も感覚も全く異なるものになります」

「一目瞭然です。両方が成功することを人々が望んでいるからです。他のショーについては今は言えません。サプライズがあるんです。何も言いたくありませんが、それらは常設ショーとメモラビア・ゾーンとともに進められています」

ジャッキーは、マイケルにヒントを得た革のジャケットのシリーズを作っている。アマゾンで五週間以内に発表されることになっている。このジャケットのシリーズは、マンダレー・ベイにオープンするマイケル・ジャクソン・ゾーンで売り出されるアイテムの一つとなる。
その2に続く)

■ Jackie Talks About MJ And Cirque
(4-5-2011) Oldest Jackson brother, Jackie is convinced that his brother Michael would be very happy and fully supportive of all the Cirque du Soleil show developments and the two productions set for Mandalay Bay starting in December. “He’s definitely watching over this. He’s going to be alive in everybody’s minds for all the years to come now. He lives on,” Jackie said.

He went on to say:

“Michael would have loved what’s going on now for his legacy. He always loved the business and the entertainment all his life. He loved the flash. He loved Las Vegas. He loved Cirque and saw every Cirque show they produced.

“I still remember the very first Cirque that came out. He called and told me, ‘Jackie, you’ve got to see this show.’ And he flew me out, and we saw the show together and from then on he saw every show. He loved Guy (Laliberte), the Cirque founder, and the whole Cirque show family. He loved them, so he really wanted to be a part of them. … He’s a part of it right now with these shows. It all fulfills his own dreams, and I believe he knows all about this and would be very proud and happy with it.”


Speaking to Robin Leach, Jackie told the Vegas Sun that the first Michael Jackson: Immortal show that arrives at Mandalay Bay on Dec. 3 is like a traveling rock concert spectacular.

“The second show will be permanently housed at Mandalay Bay. They will be completely different in the way they look and feel, even though Michael’s songs will be the same.

“Obviously, because people want the hits in both. I can’t get into the other show right now because there’s going to be surprises about it, and I don’t want to give anything away. All kinds of things will be going on with the permanent show and the memorabilia zone.”


Jackie has a new line of leather jackets inspired by his brother that will be launched on Amazon in about five weeks. The jackets will be among items for sale in the Michael Jackson Zone to be opened at Mandalay Bay.
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ