バリー・ギブとのデュエットがリリースされる?

兄弟バンド、ビージーズの一人、バリー・ギブは、マイケル・ジャクソンの長年の友人であった。二人はとても親しく、マイケル・ジャクソンはギブの息子マイケル・ギブの名付け親になったほどである。

この二人のミュージック・アイコンは幾度となくコラボレートし、彼ら自身のため、また他のアーティストのために曲を書き、プロデュースし、レコーディングしていた。そして今、ギブは二人でレコーディングした曲をリリースしようとしている。

ギブは公式サイトで、ある曲の26秒間のクリップを公開しているが、この曲はマイケル・ジャクソンをフィーチャーしており、「All In Your Name」というタイトルになっている。そして、「バリーから新曲が間もなくリリース」という見出しがつけられている。

このクリップを聴くにはこちらをクリック。

■ MJ Duet With Barry Gibb To Be Released?
(26-2-2011) Barry Gibb, one third of the great brother act, The Bee Gees, was a long-time friend of Michael Jackson's. They were so close that Jackson even searved as god-father to Gibb's son, Michael Gibb.

The two music icons collaborated a number of times, writing, producing and recording songs for themselves and others and now it seems Gibb is about to release one of the songs they recorded together.

On his official website, Gibb posted a 26-second clip of a song that features Jackson titled, 'All In Your Name,' under the heading "New Music Coming From Barry Soon."

To listen to the clip, please click here.

Source: MJFC / barrygibb.com

ジョン・ランディス、スリラー・ビデオについて語る(その1)

象徴的ビデオ「スリラー」でマイケル・ジャクソンと仕事をした映画監督ジョン・ランディスが AllMediaNYのインタビューに答え、同ビデオのメイキングについて語った。

AllMediaNY:MTVができて数年という時代、「スリラー」ほど巨大な作品は聞いたことがありませんでしたが、あなたは、またはマイケル・ジャクソンは、MTVが「スリラー」を放映しないのではないか、と思っていましたか?

ランディス:いいえ。皆さんお忘れがちですが、アルバム「スリラー」は発売後一年が経ち、すでにナンバーワン・アルバムとなっていたのです。歴史上どのアルバムよりも売れていたのです。「ビリー・ジーン」や「ビート・イット」のフィルムをすでに製作し、それらは大成功を収めていました。それでマイケルが私のところへ来た時、「ロック・ビデオは作りたくないな」と思ったのです。基本的にこれらのビデオはレコードを売るためのコマーシャルです。それで私は「そういうことはしたくないな」と考えました。マイクと会いましたが、彼は類稀な才能あるパフォーマーでした。私が「ブルース・ブラザーズ」を作った時、ご存知と思いますが、後に後悔することとなった決断を私は下しました。私は全曲をアマチュアを使って撮影したのです。ジョン(・ベルーシ)とダニー(・エイクロイド)はプロのダンサーではなかったからです。唯一教会のシーンだけは最終的にプロのダンサーを使いました。LAに戻って撮った最後のシーンの一つです。だから、良いミュージカル・ナンバーを撮る機会というのは私にとって魅力的でした。それでマイクに言ったんです、「マイケル、ビデオをやるかわりに演劇風の短編をできないか?」って。劇場で上映されることを意図していたのです。実際、ディズニーと契約し、TVで放映される前は「ファンタジア」と一緒に上映されたのです。
その2に続く)

■ John Landis Talks About Thriller Video
(26-2-2011) Director John Landis, who worked on the iconic 'Thriller' video with Michael Jackson, recently gave an interview to AllMediaNY during which he discussed making the video:

ALLMEDIANY: At a time when MTV was only a few years old, a production as big as “Thriller” was unheard of. Did either you or Jackson have doubts that the network would run it?

LANDIS: No. People tend to forget this, but the album had been out a year, and had already been the number-one album of all time, had already sold more records than any other album in history. They had made “Billie Jean” and “Beat It,” which were very, very successful films, and when Michael came to me, I thought, “Well, I don’t want to make a rock video.” Essentially they were commercials to sell records, and I thought, “I don’t want to do that,” but then I met with Mike, and he was such an extraordinary, brilliant performer. You know, when I made “The Blues Brothers,” I’d made a decision I regretted later, which was, because John [Belushi] and Danny [Aykroyd] were not professional dancers, I had shot all the numbers with amateurs, except finally I shot the church scene with professional dancers; it was one of the last things we shot back in L.A. So the opportunity of doing a really good musical number appealed to me, so I said to Mike, “Michael, instead of doing a video, can we make a theatrical short?” The intention was always meant to be that it would play in theaters. In fact, we had a deal with Disney, and it played with “Fantasia” before it was on TV.

ジョン・ランディス、スリラー・ビデオについて語る(その2)

AllMediaNY:だけど制作費が大変だったんじゃないですか?

ランディス:ソニーとCBSは、お金を出すつもりはないと言いました。彼らは終わったアルバムと考えていたのです。マイケルは、自分が金を出すと言いました。それで私は言ったのです、「絶対ダメ!君にお金を出させるつもりはないよ!」って。50万ドルもかかるんですから。とても高価でした。だから私たちは、Showtimeという新しいケーブルテレビのネットワークから資金を調達したのです。それで私たちは資金の半分を得て、Showtimeは「メイキング・オブ・スリラー」と合わせた独占放映権を得たのです。二つ合わせて1時間となりました。Showtimeは「メイキング・オブ・フィラー(補填剤)」と言っていましたよ。なんとか1時間にする必要があったからです。そうしたらMTVが激怒して、「よくもそんなことができましたね!」と言いましたよ。私たちは言いました、「もし残りの半分の資金を出してくれたら、当面は放映させて差し上げます」と。これが真相です。しかしMTVが放映する前に大々的に放映されました。実際には私はレコード会社にある意味だまされたのです。当時のマネージャーのフランク・ディレオが何年も後に教えてくれました。つまり彼がだましたうちの一人であり、それはレコード会社のためには正しいことだったのですが、彼は私をだましたのです。彼がやったことというのは、「スリラー」をだまし、たくさんコピーを作ったのです。そして世界中のTV局に無料で配ったのです。TVで四六時中放映されました。これは、もはや劇場では上映され得ないということを意味していました。私は怒りましたよ。だけどこのことがアルバムセールスを3倍にし、MTVを確固たるものとしたのです。私が言いたいのは、このビデオはたくさんのことに影響を与えましたが、誰の素晴らしいプランでもなく、モンスターに変身したがったのはマイケルだったということです。

AllMediaNY:「スリラー」では、歌う時だけゾンビの外見から普通に戻り、そしてまたゾンビに戻りますが、メーキャップを落とさなければならなかった理由は何ですか?

ランディス:何もありません。私の判断です。ただ単に、そのほうがいいと思った、それだけです。意味を教えてくれと言われますが、意味はないんです。ファンタジーですから!意味なんてないんですよ!彼が突然ゾンビに変身し、元に戻り、最後はゾンビである、ということに合理的論理的説明をしようとしているなら、つまり、それは馬鹿げたことなんです。意味があるようにはしていないんです・・・楽しめるようにしているんですよ。
(終わり)

ALLMEDIANY: Wasn’t it hard to fund it, though?

LANDIS: Sony and CBS said they wouldn’t give us any money – they thought the album was over. And Michael said he’d pay for it, and I said, “Absolutely not! I’m not going to take your money,” because it cost almost $500,000 to make – that’s very expensive. So we raised the money from a brand-new cable network called Showtime – we got half the money, and they got the exclusive right to show that and “The Making of ‘Thriller,’” which was an hour together. They used to call it “The Making of ‘Filler,’” because they had to come up with an hour. Then MTV went crazy and said, “How could you do that?!” We said, “OK, put up the second half of the money, and we’ll let you show it for a while.” And that’s what happened, but before they showed it, it played theatrically. In fact, I got kind of screwed by the record company, because Frank DiLeo, who was Mike’s manager at the time, told me many years later that he’s the one who did it, which is he did the right thing for the record but he kind of screwed me. What he did was, they duped “Thriller” and they made many, many copies of it, and then gave it free to television stations all over the world. It was on TV constantly, which meant it wouldn’t be playing in theaters anymore – which upset me – but it did make the album triple its sales, and it did establish MTV. I mean, it’s responsible for a lot of things, but it was no one’s brilliant plan – it was just Mike wanting to turn into a monster.

ALLMEDIANY: In “Thriller,” he goes from looking like a zombie to having his appearance go back to normal when he sings, only to turn back into his zombie self. What made it necessary to take off the makeup?

LANDIS: Nothing made it necessary – it was my choice. It was just an aesthetic choice, that’s all. You’re asking me to make sense of it, the whole thing doesn’t make sense. It’s a fantasy! It does not make sense! If you’re trying to come up with some reasonable, rational explanation for the fact that he suddenly turns into a zombie and then back again, and then at the end he’s a zombie – I mean, it’s completely silly. It’s not meant to make sense – it’s meant to be entertaining.

Source: MJFC / allmediany.com

判事、マーレー弁護団に対し警告

コンラッド・マーレー医師に対する過失致死罪裁判の担当判事は月曜日、マイケル・ジャクソンの死亡に関する同医師に対する裁判が3月に開始されるにあたり、検察側への証拠類の開示を怠っているとして、同医師の弁護団に対し一日当たり1500ドル(約12万円)の罰金を課す、と警告した。

ロサンゼルス上級裁判所のマイケル・パスター判事は弁護団に対し、証言や専門家の報告書を検察側に対し開示するという、法で定められた義務を果たさなければ、水曜日には罰金あるいは他の制裁を課すと述べた。

「本裁判の現在の状況、そして弁護側は裁判の準備ができているのかどうか、ということについて、私は非常に苦慮しています」とパスター判事は述べた。

公判は3月24日に始まる予定であるが、弁護側が証人に関する情報を開示していないため公判の準備が整っていないとして、検察側は判事に対し公判の延期を再三にわたり要請している。

多くの被告人と同様、マーレーは迅速な裁判を受ける権利の放棄を拒否している。医療行為を行う権利を維持するためだ。パスター判事はカリフォルニア州でのマーレーの医師免許を剥奪しているが、マーレーが診療行為を行っているテキサス、ネバダ両州の当局は、決定を裁判終了まで待つことに同意している。

■ Judge Threatens Murray Defense Team
(28-2-2011) On Monday the judge in Dr. Conrad Murray's involuntary manslaughter case threatened Murray's defense attorneys with $1,500-a-day fines for failing to share evidence with prosecutors before the doctor's trial next month in the death of Michael Jackson.

Los Angeles County Superior Court Judge Michael Pastor told the defense attorneys that he would impose the fines or other sanctions Wednesday unless they met their legal obligation to turn over witness statements and expert reports to the prosecution.

“I am extremely distressed about the state of this case and whether in fact the defense is ready for trial,” Pastor said.

The trial is scheduled to begin March 24, however the prosecution has repeatedly asked Judge Pastor to delay the case, saying the defense is not ready for trial because it has not shared materials concerning its witnesses.

Murray has refused to waive his right to a speedy trial, as most defendants do, in order to preserve his right to practice medicine. Judge Pastor stripped him of his California medical license while authorities in Texas and Nevada, where he also practices, have agreed to wait for the conclusion of the trial to make their decisions.

Source: MJFC / latimes.com

プリンスとパリスにとって先行きは厳しい?

先週、グッドモーニング・アメリカでのインタビューで、パリス・ジャクソンは学校の演劇に挑戦するという希望を語っていたが、プリンスとパリスがオーディションを受けたとTMZが報じている。

この演劇は古典グリム童話のマッシュ・アップで、「The Brothers Grimm Spectaculathon」と題されている。これは、「白雪姫」や「シンデレラ」などの209もの古典を詰め込んで1つのぎっしり詰まった演劇にするということを目的としたものである。

二人がこの劇で役を勝ち取ったかどうかについての話は今のところないが、きっとうまくいくだろう。この劇には50人もの登場人物がいるのだから。

■ Grimm Future For Prince And Paris?
(1-3-2011) During last week's interview with Good Morning America, Paris Jackson expressed a desire to try out for an upcoming school play. Well now, TMZ is reporting this morning that both Paris and Prince auditioned.

The play is a mash-up of classic Brothers Grimm fairy tales called "The Brothers Grimm Spectaculathon" and it aims to cram 209 classic stories, such as "Snow White" and "Cinderella," into one single jam-packed play.

There is no word yet on whether either child won a role in the play. However, the odds are in their favor since the play has almost 50 characters in it.

Source: MJFC / tmz.com

エステート vs. ハワード・マン

マイケル・ジャクソン・エステートは、キャサリン・ジャクソンのビジネスパートナーのハワード・マンが、本やウェブサイトなどを売るためにマイケルの名前や写真を使うことを止めて欲しいと考えている。エステートはマンを訴えたが、マンはその訴えを退けるべく関係書類を提出した。

マンによると、エステートが起こした訴訟は、マイケルが2004年に起こしたが2006年に「断念」した法廷闘争と同じものであるという。マイケルがこの裁判を続行しなかったこと、そしてマイケルの訴えを退ける判断が出されたことにより、マンの会社が商品を売るために写真を使用することを差し止める権利をマイケルは失った、とマンは主張している。

2011年の現在、エステートが以前と同じ主張により訴えることを許可され、終わった裁判を復活できるということがあってはならない、とマンは主張している。現在、本訴訟は連邦裁判所の判事の手の中にあり、連邦裁がこの問題について判断を下すことになっている。

■ Michael’s Estate Versus Mann
Friday, February 25th 2011

Michael’s Estate wants Howard Mann, who is Katherine Jackson’s business partner, to stop using Michael’s name and image to sell books, websites and other products. The Estate has raised a lawsuit against Mann, who has filed papers to dismiss the suit against him.

According to Mann, this is the same lawsuit that Michael pursued back in 2004, only to “abandon” the legal fight in 2006. Mann claims, because Michael did not pursue the case, and a judgment was issued against him, Michael lost the legal right to stop Mann’s company from using his image to sell merchandise.

Mann claims the Estate shouldn’t be able to resurrect the case by being allowed to sue for the same claims in 2011. Now, the case is in the hands of a federal judge who will decide the question.

Source: TMZ & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ