マイケル・ジャクソンと7人の小人

1984年、エンシノのヘイヴェンハーストの自宅でマイケルが「白雪姫と7人の小人」に会った時のとてもチャーミングなビデオはこちら

■ Michael And The Seven Dwarfs
Thursday, January 27th 2011

To see an absolutely charming 1984 video of Michael, meeting ‘Snow White and the Seven Dwarfs,’ at his Hayvenhurst home in Encino, please click here:

Source: www.retroist.com & MJWN

国ごとに異なったシングル発売へ

先週報告した通り、ニューアルバム「MICHAEL」からのセカンド・シングルは「Hollywood Tonight」の予定であるが、国ごとに異なったシングルを発売することになりそうだ。

「Hollywood Tonight」がイタリアとオーストラリアでセカンド・シングルとなる一方、フランスでは「Behind the Mask」となる予定だ。アメリカとイギリスについては現在情報はない。

■ Different Regions Get Different Single
(31-1-2011) As we reported last week, the second single from the new album MICHAEL is slated to be 'Hollywood Tonight.' However, it now seems that different regions will be getting different singles.

'Hollywood Tonight' will be the second single released in Italy and Australia while in France the second single will be 'Behind the Mask.' No word yet on the USA or UK.

Source: MJFC / MJOnline, The Official Online Team of the Michael Jackson Estate®

レディー・ガガのファンがMJファンに挑戦

マイケル・ジャクソンとレディー・ガガのファンの間にフレンドリーな競争とも言うべきものが起きているようだ。

この戦いは、世界最大のマイケル・ジャクソン・トリビュート(www.michaeljacksontributeportrait.com)の仕掛け人、アーティストのデビッド・イランが、もしこのユニークな双方向アートにレディー・ガガのファンが多く参加するのであればと、レディー・ガガのイメージ製作に同意したことで起こったものである。

イランはこう言っている。
「この二つのトリビュート・ポートレートは完全に別のものです。そして、お互いに競争するということを意図するものではありません。両プロジェクトが完成するには100万人の参加が必要です。このことが、どちらのプロジェクトが先に100万人のファンの参加を得ることができるか、という競争を引き起こしているのだと思います」

イランは彼特有の「点画」で世界に知られている。この「点画」は製作過程でファンそれぞれに役割を持たせるものである。イランの芸術作品は手描きの点(ドット)から成るものであり、点はそれぞれ実在の人を表している。点をリクエストすれば、誰でも無料で参加できる。十分な点が集まれば、素晴らしいイメージができあがるのである。

マイケル・ジャクソン・トリビュート・ポートレート(現在180以上の国から27万人の参加者がいる)を見たガガのファンらが、レディー・ガガの点画を作ってもらえるようイランに依頼した。イランは、25万人のガガのファンが点を登録すれば描くと同意した。これにより、この意図せざる競争が始まったのである。

両プロジェクトは完全に別物であるが、ファンたちは世界へ広めるためインターネットなどの手段を使っている。彼らにとってはこのプロジェクトは両ファン間の戦いである。

レディー・ガガの点に最初にサインアップした一人、ジェニー・モリソンは「レディー・ガガのファンは楽しいことが大事なのよ。これは現在の最も偉大なレコーディング・アーティストを讃えるものなの。マイケルが100万になる前に私たちが100万人集めるわ」と語った。

キング・オブ・ポップのファン、シャロン・サラザーはこれに応えて、「レディー・ガガは僅差の2位よ。かかってきなさい!って感じね」と語った。

イランはフレンドリーな競争は歓迎しているが、このプロジェクトにはもっと大きな意味があることを忘れないで欲しいと願っている。

「マイケル・ジャクソン・トリビュート・ポートレートはマイケルが遺したものや人道主義をさらに世に広めるためのものです」とイランは言う。「そしてレディー・ガガのプロジェクトは、彼女にとって大事な目標を推進していますよ。どちらのプロジェクトもユニークで重要なものです。そして両方のファンの皆さんの助けを得て、このプロジェクトは世界に大きく貢献することができるのです」

■ Lady Gaga Fans Challange MJ Fans
(31-1-2011) It seems a friendly compitition of sorts has sprung up between Michael Jackson fans and fans of Lady Gaga.

The battle began when artist David Ilan, who is behind the largest Michael Jackson tribute in the world (www.michaeljacksontributeportrait.com), agreed to create an image of Lady Gaga if enough of her fans participate in the one-of-a-kind project - an interactive work of art.

Ilan says, "The tribute portraits are completely separate and are not meant to compete with each other. Both projects need a million participates in order to be completed, so I guess that sparked the competition to see which project can get a million fans first."

Ilan is known around the world for his unique "dot drawings" that allow fans to play a role in their creation. His art pieces are made from hand-drawn dots and each dot represents a real person. People participate for free by requesting a dot. When enough dots come together, an amazing image is formed.

Gaga fans who have seen The Michael Jackson Tribute Portrait (which currently has more than 270,000 participants from more than 180 countries) asked Ilan to create a dot drawing for Lady Gaga. Ilan agreed to do the drawing if 250,000 Gaga fans register for their dots. With those words, the unintended competition was began.

Even though both projects as completely separate, fans have taken to the Internet and other means to spread the word. To them, the projects represent a battle between the fans.

Jenny Morrison, who was one of the first to sign up for a dot for Lady Gaga said, "Lady Gaga fans are all about fun. This is a celebration of the greatest recording artist of today. I promise we will get the millionth dot before Michael's millionth."

King of Pop fan, Sharon Salazar, responded with, "Lady Gaga deserves to come in a close second. Bring it on!"

Ilan welcomes a little friendly competition, but begs the fans to remember that the projects have a greater meaning.

"The Michael Jackson Tribute Portrait promotes Michael's legacy and humanitarianism," he said. "I also see the Lady Gaga project promoting causes that are dear to her. Both projects are unique and important and, with the fans' help, can do a lot of good in the world."

Source: MJFC / sfgate.com / prweb.com

マイケル・ジャクソンの髪が売られる

1984年、ペプシのコマーシャルの撮影時、花火の事故で炎がマイケル・ジャクソンの頭髪に燃え移り、彼は重度の火傷を負った。ペプシ・コマーシャルのエグゼクティブ・プロデューサー、ラルフ・コーエンは、燃え移った炎を消すため、マイケルの頭に自分のジャケットを放り投げた。

「A Small Piece Of History」が売り出しているこの時の髪は、長さが1/16インチ(1.59ミリ)で、展示用カードにセットされている。

限定ながらまとめ買いも可能で、購入者は好きな長さをリクエストできる。販売価格は149.99ポンド(約19,700円)。

■ Michael’s Hair For Sale
Thursday, January 27th 2011

In 1984, when Michael was filming a Pepsi commercial, a pyrotechnics accident set fire to his hair, causing him serious burns. Executive producer for the Pepsi commercial, Ralph Cohen, threw his jacket over Michael’s head to extinguish the flames.

The lots for sale by ‘A Small Piece Of History,’ feature hair that measures just one sixteenth of an inch, placed on a display card.

There are limited, multiple lots available and purchasers can request lengths to suit. Lots sell for £149.99.

Source: www.luxist.com & MJWN

オルテガ、被告からはずれる

マイケル・ジャクソンの「This Is It」ツアーのプロデューサーだったケニー・オルテガが、キャサリン・ジャクソンの不法死亡訴訟の被告からはずれた。

先月の報道の通りオルテガは、「ケネス・オルテガは、マイケル・ジャクソンを死亡させたと言われている医療措置や薬物投与について罪を問われてはいません」と主張し、キャサリンの訴訟における被告から外すよう、判事に対して動議を提出していた。

キャサリンの弁護士ケヴィン・ボイルは、「先日明らかにされた情報に基づき、ジャクソン・ファミリーはオルテガ氏を被告とすべきではないとの決定を下しました。ジャクソン・ファミリーはこの件でオルテガ氏に与えた精神的不快感、もしくはご迷惑に対して謝罪いたします」との声明を発表した。
(参考:オルテガ、キャサリンの訴訟を一蹴する

■ Kenny Ortega Dropped From Lawsuit
(1-2-2011) Kenny Ortega, producer of Michael Jackson's 'This Is It' Tour, has been dropped as a defendant in Katherine Jackson's wrongful death lawsuit.

As reported here last month, Ortega filed legal documents asking the court to remove him as a defendant in Katherine's suit, stating, "Kenneth Ortega is not alleged to be involved in the medical treatment or administration of drugs that allegedly caused Michael Jackson's death."

Kevin Boyle, attorney for Mrs. Jackson stated, "Based on recently discovered information, the Jackson family has determined that Mr. Ortega should not be a defendant. The Jackson Family apologizes for any discomfort or inconvenience this may have caused Mr. Ortega."

Source: MJFC / tmz.com

ファン二人のもくろみ、失敗に終わる

なるほど、試してみる価値はあった。二人のマイケルファンが極めて巧妙な計画を今週立てた。インド人の導師ヨガナンダの墓を訪ねたいと警備員に言って、マイケル・ジャクソンの墓へ行こうというものであった。ヨガナンダの墓は立ち入り制限がないのである。

中には入れたようだが、マイケル・ジャクソンの墓のそばで発見され、連れ出されてしまった。フォレスト・ローンの関係者は、「彼らは霊廟への立ち入りを許可されていませんでしたので、その場から立ち去るよう要請しました」と語っている。

ファンで溢れてしまうことを避けるため、近親者と友人のみが、マイケル・ジャクソンの永眠の地への立ち入りを許されている。
70x53_56.jpg ■ Fans Plans Go Awry
(31-1-2011) Well, it was worth a try. Two of Michael's fans hatched a pretty clever plan earlier this week to visit Michael's tomb by telling the guards that they really wanted to visit the resting place of Indian guru Yogananda, whose tomb has no restrictions placed on it.

It seems it worked to get them in the door, but they were escorted away when they were spotted in the vicinity of Michael's tomb. A representative for Forest Lawn said, "They were not allowed into the mausoleum and asked to leave that part of the park."

In order to prevent Michael's final resting place from becoming overrun with fans, only close family and friends are allowed access to his final resting place.

Source: MJFC / postchronical.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ