検事、弁護側はMJが自分で命を落としたと主張するだろうと語る

(要旨)コンラッド・マーレー医師の弁護団は、マイケル・ジャクソンが自分で命を落としたと主張するだろう、と検事の1人が水曜日のヒアリングで発言した。

「弁護団は被害者マイケル・ジャクソンが自分で命を落としたという論法で動いているのは明らかだと思う」と副検事デビッド・ワルグレンは語った。「彼らはそのことを言いたくはないのだろうが、向かっているのはそういう方向だ」

この声明はヒアリングの後に明らかになった。このヒアリングでは、ジャクソンの寝室で発見された2本の注射器内の残留物を誰が分析するかをめぐって弁護団と検察側が激しく衝突している。

マーレー医師の弁護士J・マイケル・フラナガンは、弁護団の論法について法廷外でのいかなるコメントも拒んでおり、弁護士らはいまだ事件を調査していると語っている。

予備審問は1月4日に予定されている。予備審問の後、上級裁判所判事マイケル・パスターが、マーレーを公判に付すに足る十分な証拠があるかどうかを決定する。注射器の残留物の問題は、予備審問では簡単には論点にならないだろうと弁護士らは言っている。

ジャクソンは2009年6月25日に亡くなった。検死局は「急性プロポフォール中毒」および他の鎮静剤の服用も要因となって死亡したと判定している。

しかしながらフランガンは上級裁判事パスターに対し、死亡するほどのレベルに達するには、大量のプロポフォール・・・恐らく150mg程度・・・がジャクソンの体内にあったはずだと主張している。そしてマーレーは、ジャクソンの睡眠を補助する目的で少量のベンゾジアゼビン(鎮静剤)とともに、25mgのプロポフォールを投与したに過ぎないという主張を続けている。

マーレーが「一時的に」に部屋を離れている間に、眠りたいと考えたジャクソンが追加のプロポフォールを自ら注入した可能性がある、と弁護側はこれまで主張している。

フラナガンは、点滴バッグについていた注射器に加えて、壊れた注射器も寝室で見つかっていると語っている。フラナガンは、壊れた注射器からは指紋が検出されているが、誰のものか特定はされていないとしている。 - 以下原文。
70x53_94.jpg ■ Prosecution Says Defense Will Claim MJ Killed Self
(29-12-2010) Attorneys for the defense of Dr. Conrad Murray will suggest the singer actually killed himself, a prosecutor said during a hearing Wednesday.

"I do think it's clear the defense is operating under the theory that the victim, Michael Jackson, killed himself," said Deputy District Attorney David Walgren. "They don't want to say it but that's the direction in which they are going."

The statement came after a hearing where a lawyer for Murray clashed with the prosecutor over who should test residue from two syringes found in Jackson's bedroom.

J. Michael Flanagan, attorney for Dr. Murray, declined to comment on any theories of the defense outside the courtroom and said lawyers were still investigating the case.

A preliminary hearing is scheduled to begin Jan. 4 after which Superior Court Judge Michael Pastor will decide whether there is sufficient evidence to hold Murray for trial. The issue of residue in the syringes is not likely to be brought up in that hearing, attorneys said.

Jackson died on June 25, 2009, from what the coroner ruled "acute Propofol intoxication," with other sedatives being a contributing factor.

However, Flanagan told Superior Court Judge Pastor that a huge amount of the anesthetic Propofol ― possibly 150 milligrams ― would have had to be present in Jackson's system in order to reach the levels that killed him. Yet Murray maintains he gave Jackson only 25 milligrams of the drug along with small amounts of benzodiazopines [sedatives] to help him sleep.

There have been suggestions [by the defense] that during a "brief" period when Murray left the room Jackson, possibly desperate for sleep, could have possibly injected himself with more of the Propofol.

Flanagan said a broken syringe was found on the bedroom floor in addition to a syringe in an I.V. bag. He said a fingerprint was found on the broken syringe but has not been identified.

Source: MJFC / abcnews.go.com

検死局はディスカバリーチャンネルの協力要請を拒否していた

(要旨)ロサンゼルス郡検死局が、マイケル・ジャクソンの検死解剖を再現するというディスカバリーチャンネルの番組を非難する動きに対して同調している。

伝えられるところによると、ディスカバリーチャンネルのプロデューサーらが今年初めにアシスタント・チーフ検死官エド・ウィンターを訪ね、番組制作の参考とするためにインタビューに応じ、ジャクソンの検死解剖と死因調査について説明してもらえるかどうかを打診したという。

ウィンターはTMZに対し、「Noと言いました。我々は番組制作に興味はありませんし、係争中の案件です。専門家の仕事ではないと考えますし、家族への敬意を欠いてそのようなことをするつもりはありません」と語った。

同番組はウィンターの協力なしで、検死報告書に沿って作られた。検死報告書は正式に公表されている。- 以下原文。

■ LA County Coroner Tells Discovery 'No'
(31-12-2010) The L.A. County Coroner has joined the uproar of those condemning the Discovery Channel's upcoming show reenacting Michael Jackson's autopsy.

Producers from Discovery reportedly went to Assistant Chief Coroner Ed Winter earlier this year, asking if he would sit for an interview and describe Jackson's autopsy and the investigation into his death for the show.

Speaking to TMZ, Winter said, "I told them no, we had no interest in doing it and it was a pending case. I think it's unprofessional and I wouldn't do it out of respect for the family."

Without Winters cooperation, the show was forced to use a copy of the Coroner's report, which is public record.

Source: MJFC / TMZ.com

解剖再現番組が放映中止に!!

(要旨)ディスカバリーチャンネルが金曜日、マイケル・ジャクソンの検死解剖を再現する番組を放映する計画を中止したと発表した。すぐに予定されている法廷での審理とマイケル・ジャクソン・エステートの関与について言及している。

同問題についてのディスカバリー・ネットワークス・インターナショナルの声明
「来週に予定されている審理の開始および、マイケル・ジャクソン・エステートよりの要請を考慮し、放映が予定されていたマイケル・ジャクソンの公式検死解剖に関する医学ドキュメンタリーは、無期限の延期となりました」。

ディスカバリーチャンネルの広報担当は、声明以外のコメントは拒否している。- 以下原文。
70x53_24.jpg ■ VICTORY: Autopsy Show Cancelled!!!
(31-12-2010) The Discovery television network said on Friday it has cancelled plans to air the re-enactment of Michael Jackson's autopsy, citing an upcoming court hearing and concern by the superstar's estate.

In a statement on the matter, Discovery Networks International said, "Given the commencement of legal proceedings beginning next week, and at the request of Michael Jackson's estate, the scheduled broadcast of the medical documentary related to Michael Jackson's official autopsy has been postponed indefinitely."

A Discovery spokesman declined to comment beyond the statement.

Source: MJFC / reuters.com / mjjjusticeproject / special thanks to MJ-Upbeat and Juliana for bringing this to our attention!

MJエステートからのツイッター声明

(要旨)以下は、マイケル・ジャクソン・エステートの共同執行人ジョン・ブランカとジョン・マクレーンからの声明である。

ディスカバリーチャンネルが、マイケル・ジャクソンの死を利用した番組の放映を中止するという正しい決断を下したことについて、マイケル・ジャクソン・エステートは喜ばしく思っています。私たちは、この番組が将来にわたりいかなる国々でも放映されないことを希望します。ディスカバリーチャンネルは、法廷での審理と私たちの要請を、放映中止の理由として挙げていますが、世界中の無数のマイケル・ジャクソン・ファンの1人であることを理解し、自分たちの声は無視され得ないことを分かっているファンの皆さんが示した素晴らしい情熱なしには、放映中止にはならなかったでしょう。

エステートのツイッターは、@MJonlineteamでフォローできます。 - 以下原文。

■ Twitter Statement From MJ Estate
(31-12-2010) The following is a statement from John Branca and John McClain, co-executors of the Estate of Michael Jackson:

"The Estate of Michael Jackson is pleased that Discovery Channel made the correct decision in choosing to cancel this exploitative program. We are hopeful that this show will never run in any market in the future. While Discovery cited legal proceedings and our request as the reasons for its decision, none of this would have happened had it not been for the incredible passion displayed by countless Michael Jackson fans worldwide who knew they stood as one and that their voices could not be ignored."

You can follow the Estate via Twitter @MJonlineteam

Source: MJFC / twitter.com/MJonlineteam

MJFCよりファンのみなさんへ

(要旨)マイケル・ジャクソン・ファンクラブ(MJFC)は少しお時間をいただき、今日(12/31)の件についてお礼を申し上げたく存じます。

ディスカバリーチャンネルは、間もなく予定されている審理とマイケル・ジャクソン・エステートからの要請を、例の検死解剖再現番組放映中止の理由として挙げていますが、私たちはわきまえております。エステートがツイッターで発表した声明で触れているように、ファンの皆さんの存在なくして、今回の件は成し得なかったものです。

私たちは、マイケル・ジャクソンには、いついかなる時も彼のことを応援するファンが世界中にいるということを知っています。そして私たちは団結すれば、誰も侮れない力を持ち得るのです。ガードナー・ストリート小学校にマイケルの名前を復活させたキャンペーンと同様に、今日の勝利は、「L.O.V.E.」の下に団結すれば私たちが何を成し得るかの見本であります。

マイケルは皆さんを誇らしく思っていると、私たちは確信しています。
ありがとう、そして新年が皆さんにとってよい年でありますように!

MJFC

- 以下原文。

■ Statement From MJFC
(31-12-2010) The Michael Jackson Fan Club would like to take a minute and acknowledge the magnitude of what has happened here today.

Although the Discovery Network sited the upcoming court case and the Michael Jackson Estate's request as the reason behind their change of heart about airing the autopsy re-enactment show, we know better. As the Estate mentioned in their statement via Twitter, none of this could have happened without you - the fans.

We have known for many, many years that Michael Jackson has the most dedicated, loyal fans in the world. And when we pull together and organize ourselves, we can become a force to be reckoned with. As with the campaign to uncover Michael's name on the Gardener Street Elementary School, today's victory is another example of what can be done when we unite in L.O.V.E.

We are sure that you all made Michael very proud today. Thank you and Happy New Year to all!

The MJFC Team

弁護団、MJの過去のツアーを持ち出す

(要旨)新しい弁護戦術が新年とともに浮上した。自ら命を絶ったとする論法が十分受け入れられなかったため、コンラッド・マーレー医師の弁護団は、彼らの主張を補強するための新たな手段を考え出した。マイケル・ジャクソンの生涯における様々なコンサートツアーの期間中、彼の体は衰弱していたということを指摘するというもので、そのツアーには、開催されなかったロンドン・コンサートの準備も含まれる。

TMZが本裁判の関係者の話として今日(1/1)報じているところによると、ジャクソンはツアーに出る時はいつも、健康状態が低下していたとする「説得力のある証拠」が存在するという。つまり、しばしば「脱水状態に陥り、診療を受け、睡眠不足であった」ということである。

ジャクソンがツアーを嫌っていたということ、そしてマーレー医師を雇っていたのと同様に、ジャクソンの要望に沿って、リハーサルやツアーに帯同する医師がいた、という事実は良く知られていることである。

弁護団が争点としようとしているのは、過酷なコンサートのスケジュールが、ジャクソンの身体的疲弊、そして睡眠のための薬物への依存と薬物の要求という傾向を招いたというものである。

ロンドンでの定住公演「This Is It」は特に困難なものであった。なぜなら、AEGが追加公演を決定したからである。ジャクソンはすでに極度の衰弱状態にあり、公演を完遂することができないのではないかと恐れていた。

弁護団の論法・・・ジャクソンが「This Is It」ツアーに極度のプレッシャーを感じていた、眠れない時にプロポフォールに依存していた・・・に対し、上記の事は符合するものである。マーレーが部屋を離れた時、ジャクソンがフラストレーションや恐怖から逃れるため、思わず致命量の薬物を自ら投与した、と弁護団は考えている。 - 以下原文。
70x53_31.jpg ■(1-1-2011) With the new year comes a new defense strategy. Since the suicide theory has not been well recieved, Dr. Conrad Murray's defense team has come up with a way to bolster their claims by pointing out that Michael Jackson's weakened state during various concert tours throughout his life - including preparations for the London concerts that never happened - could become powerful evidence in their favor.

TMZ is reporting today that sources connected to the criminal case say there is "compelling evidence" that Jackson was in a weakened state of health whenever he went on tour; frequently "dehydrated, medicated, and sleep-deprived."

It is a well known fact that Jackson hated touring and, as with Dr. Murray, he had a doctor who accompanied him during rehearsals and tours, attending to his needs.

The point the defense is trying to make is that the grueling concert schedules reduced Jackson to a physical mess, prone to relying on and demanding drugs to sleep.

The "This Is It" London residency was especially difficult because AEG added dozens of concert dates for Jackson, who was already in an extremely weakened state and terrified he wouldn't be able to pull it off.

All of this dovetails into the defense's theory - that Jackson felt incredible pressure to rehearse for the "This Is It" tour, and when he couldn't sleep he relied on Propofol to do the trick. The defense believes when Murray walked out of the room and Jackson woke up, he accidentally injected himself with a fatal dose of the drug out of frustration and fear.

Source: MJFC / TMZ.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ