オースティン・ブラウン、インタビューで叔父マイケルについて語る

(要旨)USマガジンのイアン・ドリューとのインタビューで、歌手オースティン・ブラウンが、有名な家族の中での自身の成長や叔父マイケルが彼に教えたことなどについて語った。以下はその抜粋である。

US:あなたの叔父さん、マイケル・ジャクソンは、実際にはどんな人でしたか?

AB:叔父さんは従兄たちや僕に歌というものを教える時はいつも寛大だったよ。叔父さんは歌というものをバラバラにしたがっていた・・・いつもベースラインからスタートするんだ。それからメロディをハミングし始めるんだよ。叔父さんは僕に教えたかったんだ、どうやっていろいろな要素が組み合わさるか、僕の声をどう表現するか、音楽がどこから生まれるかということをね。主に話していたことは、そう、愛についてなんだ。叔父さんが僕たちみんなに示してくれたことだよね。それからいかに叔父さんが人々のことを考え、与えていたかということもね。叔父さんが僕たちに見せてくれた一番大事なことは、他者に対して慈悲の気持ちを持つこと、それからお返しをするということさ。もし何もお返しをしなかったら、こういうことは何の意味もなさないんだ。

US:その通りですね。個人的なことで、マイケルと始めたことなどありますか?ネバーランドで乗り物に乗りましたか?ボーリングに行ったりしましたか?

AB:ああ、乗り物に乗ったしお菓子を食べたし映画も観たよ。ありきたりな言い方かもしれないことはわかってるけど、みんなが親戚と過ごすのと同じことなんだよ。

US:マイケルが亡くなってから1年経ちました。振り返ってどうですか?この1年はどんな風でしたか?あなたにとっての師を失って、とても悲劇的だしショックなことだったに違いないと思うのですが。

AB:そうだね。今まで話すのがとても辛かったよ。僕は本当にショックを受けた。ずっと忘れないことは、叔父さんが僕らに与えてくれた素晴らしい思い出だろうね。それから僕にとっては、子供の頃に僕に見せてくれた教えと愛・・・無条件の愛を僕は忘れないよ。

US:マイケルの子供たちは元気ですか?彼らは音楽が好きですか?

AB:従兄たちはいろんな意味で音楽が好きだよ。僕たちは音楽の虫なんだ。僕たちは音楽が大好きさ。一人残らずね。

US:マイケルの子供たちの誰かが、あなたと一緒に、あなたと同じように音楽をすると思いますか?

AB:わからないね。ただ子供でいることが彼らの中心だと思うよ。

US:プリンスを知ってますよね?とても興味深いと思うんです。というのも、プリンスとあなたの叔父さんはあまり仲が良くないですよね?

AB:それは実際には正しくないね。数年前、叔父さんは実際に僕に言っていたよ、また何か一緒にやろうと話をしているって。だけどそれは実現しなかった。僕が数年前プリンスに会った時、彼は叔父さんに敬意を表していたし、叔父さんの声が好きだと言っていたよ。だから、彼らがうまくいっていないというのがどのくらい本当のことなのか良く分らないんだ。だって僕が見たものとは違うんだから。

US:マイケル叔父さんのことを歌った歌を書いたと聞きました。「I Never Will Forget」というタイトルだと。素晴らしいものになるだろうと。

AB:今までで一番速く出来上がった歌なんだ。5分で出来たんだよ。感情が溢れ出てきていたからね。今まで書いた中で一番特別な歌さ。早くみんなに聴いてほしいよ!

インタビュー全文を読むにはこちら。 - 以下原文。
70x53_25.jpg ■ Austin Brown Talks About Uncle Michael In Interview
(27-10-2010) In a new interview with Ian Drew for US Magazine, singer Austin Brown talks about growing up in his famous family and about some of the things his Uncle Michael taught him. An excerpt of the interview follows:

US: What was your uncle Michael Jackson really like?

AB: My uncle was always big on teaching my cousins and me about song structure. He would like to break down songs -- he would always start with the base line, and then start humming a melody. He wanted to teach me how things came together, how to portray my voice and where music came from. The main thing with my uncle was just the love he showed all of us and how caring and giving he was to other people as well. The most important lesson that he showed us was charity and giving back. All of this meant nothing if you weren't giving anything back.

US: Absolutely. What were some of the personal things that you got to do with him? Did you go on the rides at Neverland or go bowling?

AB: Yeah, we would go on rides and eat candy and watch movies. I know this might sound cliché but it was just like anybody hanging out with their relatives.

US: It's been a year since his death. What do you look back on and what was all that like? It must’ve been very tragic and completely emotional losing someone who was a mentor to you?

AB: Yeah, to this day it's hard for me to talk about. It just hurt me that much. What I'll always remember were the wonderful memories that he gave us. And for me, as a child, I remember the lessons and love he showed me -- unconditional love.

US: How are his kids doing? Are they musical?

AB: All of my cousins are musical in some way. We all have the music bug and we all love music -- every last one of us.

US: Do you think any of Michael's kids will go on and join you and do music as well?

AB: I'm not sure. I think their main focus is just being kids.

US: You also knew Prince. That's very interesting because Prince and your uncle didn’t get along so well, right?

AB: That's actually not true! My uncle actually told me a couple years ago that they talked about doing stuff together again, but it just never happened. When I saw Prince a few years back he was giving my uncle props and saying how much he loved his voice. So I don't know how true it is that they didn't get along because that's not what I saw.

US: I also heard you wrote a song about your uncle Michael called "I Never Will Forget," and it's supposed to be amazing.

AB: It's the fastest I've ever written a song. I wrote it in five minutes because the emotions were just pouring out of me. It's the most special song I’ve ever written, and I just can't wait for people to hear it!

To read the full interview with Austin, please click here.

Source: MJFC / usmagazine.com

クリス・タッカーとオースティン・ブラウン、MJダンスバトル

(要旨)10月25日の月曜日の夜、ニューヨークのナイトクラブで、マイケル・ジャクソンの長年の友人でコメディアンのクリス・タッカーと、マイケル・ジャクソンの甥の歌手オースティン・ブラウンが、キング・オブ・ポップへの即興のダンストリビュートで観客たちを喜ばせた。

タッカーとブラウン(ジャクソンの姉リビーの24歳の息子)はマンハッタン通りのナイトクラブでパーティーを楽しんでいた。DJがブラウンの新曲「Target Practice」をかけると、二人はダンスフロアを占拠し、ジャクソンの有名なダンス・ムーヴを始めて居合わせた大勢の客たちを驚かせた。客たちは大歓声を上げ、二人にジャクソン風のダンスルーティーンを約20分間にわたってリクエストし続けていた。 - 以下原文。

austin_1.jpg

■Tucker and Brown MJ Dance Off
(28-10-2010) Michael Jackson's longtime friend, comedian Chris Tucker, and his nephew, singer Austin Brown, delighted onlookers at a New York City nightclub on Monday night, October 25, with an impromptu dance tribute to the King of Pop.

Tucker and Brown - the 24-year-old son of Jackson's older sister Rebbie - were partying at Manhattan's Avenue nightclub when the DJ started spinning Brown's new single "Target Practice," and the pair stunned the crowd when they took over the dance floor and began mimicking Jackson's famous moves. The crowd went into an uproar, prompting the pair to perform a Jackson-inspired dance routine for about 20 minutes.

Source: MJFC / aceshowbiz.com

学校はマイケル・ジャクソンのレガシーを取り戻す

(要旨)その銀色のサインは、カリフォルニアの太陽の下、「Michael Jackson Auditorium(マイケル・ジャクソン・ホール)」と宣言し、輝いていた。ロサンゼルスのガードナー・ストリート小学校の正面のモルタルの壁の上で、そのサインはマイケル・ジャクソンの名を冠したことを誇っている。7年前の虚偽の性的虐待疑惑以来、マイケルの名はベニヤ板で覆われていた。しかし今月、ベニヤ板は取り除かれ、マイケルがかつて短い期間ながら通ったこの学校は、彼を偲ぶ場所となっている。ファンたちは歩道にマイケルの顔の絵を描き、フェンスにはリボンを結んでいる。

マイケルは、ジャクソン・ファイヴがデビューアルバムを録音するためにロサンゼルスへやってきた1969年から1970年まで、ガードナー小学校に通っていた。1989年にホールがマイケルに捧げられた時、マイケルは世界で最も人気のあるパフォーマーであると考えられていた。

マイケルが亡くなって以来、学校関係者らは、彼の名前を復活するよう求めて殺到する声にさらされていた。同校PTAの責任者によれば、保護者の集まりで校長が本問題を取り上げた際、集まった全200人の親たちはサインの復元に賛成であったという。ロサンゼルス統合教育区は、サインに関して否定的な意見は受け取っていないとしている。

「私たちがミスター・ジャクソンを記憶しているように、彼の音楽の才能と、私たちの文化的景観に対する貢献を忘れないでいたいものです」とジマー氏は言う。「彼の名を隠したままであるということは、私たちが彼のレガシー(遺産)を評価する努力をしているということを示すことにはなりません」。

ガードナー小学校には多様な人種の生徒が在籍し、マイケルは同校の最も有名なOBであり、そしてどの人種にも人気がある。ジャクソン家も出席するセレモニーが12月に計画されている。

多くの生徒は、特に低学年の生徒は、そもそもなぜマイケルの名前が隠されていたのかを理解していない。

同校4年生のショーン・カプラーは言う。「マイケル・ジャクソンは世界一の歌手だよ。スリラーを歌いたいし、つま先でやるマイケルの動きをやりたいんだ」。

そう言って、ショーンは校庭に向かってムーンウォークで戻って行った。- 以下原文。

■ School Reclaims Michael Jackson Legacy
(31-10-2010) The silver sign gleamed in the California sun proclaiming, "Michael Jackson Auditorium." The sign boasts this dedication on the stucco facade of the Garner Street Elementary School in Los Angeles. Michael's name had been covered behind plywood ever since false allegations of molestation seven years ago, but this month, those boards were removed and the school, that Michael attended briefly, has become a place to commemorate him. Fans have stenciled an image of Michael's face on the sidewalk and tied ribbons to the fence.

Michael attended Garnder from 1969 to 1970 when his family moved to Los Angeles to record the Jackson Five's debut album. When the auditorium was dedicated in 1989, Michael was deemed the most popular performer in the world.

Since Michael's death, school officials have been inundated with requests to uncover his name. The president of the school's PTA said that on parents' night, when the principal brought up the subject, all of the 200 parents assembled were in favor of restoring the sign. A representative for the LA Unified School District said that they have received no negative feedback regarding the sign.

“As we remember Mr. Jackson, we want to remember the musical genius and the contributions to our cultural landscape,” Mr. Zimmer said. “Having plywood covering up his name is not really showing that we’re making an effort to recognize the positive legacy.”

Garner has a racially diverse student population and Michael is the school's most famous former student and is a uniformly popular figure. A ceremony with the Jackson family at the school has been planned for December.

Many students, especially the younger ones, do not understand why Mr. Jackson’s name was covered in the first place.

“Michael Jackson is the best singer in the world,” said Sean Kaplan, a fourth grader. “We like to sing ‘Thriller,’ and we like to do his dance moves on his tippy toes.”

And with that, Sean moonwalked back toward the playground!

Source: MJFC / nytimes.com

ティージェイ・ジャクソン、システレラの主演へ

(要旨)マイケル・ジャクソンの兄ティトの息子で3Tの1人、ティージェイ・ジャクソンが来年のロサンゼルスでのミュージカル「システレラ」で主演する。

本ミュージカルは19世紀末のニューヨークを舞台とし、亡き夫が娘たちに残した財産を横取りしようとたくらむ意地悪な継母(歌手テイラー・デインが演ずる)のストーリーを語るものである。

ラリー・ハート作の本ミュージカルにおいて、ティージェイはジーン=ルック(ジャン=リュック)王子を演じる。この役は元々彼の有名な叔父マイケル・ジャクソンのために作られたものである。

ジェリー・グリーンバーグとフランク・ディレオが今回はプロデューサーを務めるが、1996年にロサンゼルスのパサデナ・プレイハウスで初演された時には、本作はキング・オブ・ポップが製作総指揮を執っていた。- 以下原文(参考:「システレラ」がステージ復帰へ)。

■ TJ Jackson To Star In Michael's Sisterella
(28-10-2010) TJ Jackson, son of Michael's brother Tito and one third of the group 3T, will star in the Los Angeles production of "Sisterella" next year.

The musical is set in turn-of-the-century New York and tells the story of a wicked stepmother - to be played by singer Taylor Dayne - who tries to steal the fortune her late husband left to his daughter.

TJ will play the role of Prince Jean-Luc in the musical written by Larry Hart. The part was originally developed for his famous uncle, Michael Jackson.

Jerry Greenberg and Frank Dileo will produce the musical this time around but when it first debuted in Los Angeles at the Pasadena Playhouse back in 1996 and the King of Pop was the executive producer.


Source: MJFC / AP / thanks to Juliana for bringing this to our attention!

きらめくグローブ、エクスペリエンスの特典に

マイケル・ジャクソン・スタイルのきらめく白いグローブが「マイケル・ジャクソン:ザ・エクスペリエンス」Wii版の初回出荷分に同梱される。

同じく今月発売されるPSPとDS版には同梱されないが、来年のPS3とXbox360版についてはユービーアイ・ソフトは現時点では言及していない。

グローブのニュースに加え、ゲームに収録される曲がさらに2曲発表された。「Speed Demon」と「Dirty Diana」だ。- 以下原文。
※日本版については現時点で不明

■ Sparkly Glove Included In Experience
(1-11-2010) A Michael Jackson-style, sparkly, white glove will be included in initial shipments of the Wii version of Michael Jackson: The Experience.

The glove is not included with the PSP or DS versions also out this month, but Ubisoft hasn't mentioned whether a similar offer would come with next year's PS3 or Xbox 360 versions.

In addition to news of the rhinestone glove, two more songs have been announced for inclusion in the game: "Speed Demon" and "Dirty Diana."

Source: MJFC / joystiq.com

キャサリンのオプラ・インタビュー、来週放映へ

(要旨)話題となっているオプラ・ウィンフリーによるキャサリン・ジャクソンのインタビューが来週放映されることになった。ABCニュースが報じている。

ハーポ・プロダクションズは月曜日、ジャクソンの母親とのウィンフリーのインタビューは11月8日の「オプラ・ウィンフリー・ショー」で放映されると語った。番組用に撮影された裏庭訪問部分では、ジョー・ジャクソンとマイケルの3人の子供たちが出演することになっている。

同プロダクションによれば、キャサリン・ジャクソンは、彼女の有名な息子が亡くなった日のことを語り、子供スターとしての彼の人生を振り返るという。- 以下原文。
70x53_79.jpg ■ Katherine's Interview With Oprah To Air Next Week
(1-11-2010) The much talked about interview between Katherine Jackson and Oprah Winfrey is set to air next week, according to ABC news.

Harpo Productions said Monday that Winfrey's interview with Jackson's mother will air Nov. 8 on "The Oprah Winfrey Show." Joe Jackson, and Michael's three children will also appear during a backyard visit taped for the episode.

The Chicago-based production company says Katherine Jackson talks about the day her famous son died and reflects on his life as a childhood star.


Source: MJFC / abcnews.go.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ