ライフタイム コレクション-東京は延長、大阪開催決定

■ 東京
公式展開催期間が、7月11日まで延長致します。
当日券は、最終日まで販売致します。
 ※『ウィークエンド・スペシャル・ダンスイベント』も最終日まで開催致します。

毎週土曜日:午後5時から7時まで
毎週日曜日:午後3時から5時まで

■ 大阪
 ★ 急遽、決定!!!
7月24日より
大阪梅田スカイビルにて
マイケル・ジャクソン公式展ネバーランドコレクション開催

140x105_4.jpg  ソース:ライフタイム コレクション

マイケルの蝋人形が上海万博に登場

 「キング・オブ・ポップ」と呼ばれるマイケル・ジャクソンの逝去から25日で1周年を迎え、上海のマダム・タッソー蝋人形館にあるマイケル・ジャクソン氏の蝋人形が上海万博会場で展示されている。中国網日本語版(チャイナネット)が伝えた。

多くの見物客とファンが蝋人形を見るため上海万博を訪れ、マイケル・ジャクソンを偲んでいる。
(参考:マダム・タッソー、マイケル・ジャクソンを特集)。

ソース:サーチナ

shanghai.jpg

コリー・フェルドマン、マイケルに「ごめんよ」

(要旨)土曜日にビバリーヒルズで行われたマイケル・ジャクソン・メモリアル・ガーラで、俳優コリー・フェルドマンはステージに上がり、彼らの友情を終わらせたある出来事について詫びた。

マイケル・ジャクソンの一周忌の翌日に開かれたこのイベントで、フェルドマンはエディ・グリフィン、ミッキー・ルーニーそしてジャクソン家のメンバーらと一緒になった。彼はマイケルとは8年間話をしてなかったことや、友情を修復しようとマイケルが連絡しようとした時に電話に出なかったことを深く後悔している、などとイベントの参加者に語った。

「マイケルと僕は友達だったんです。18年間くらいですが本当に親友でした。だけど彼が亡くなる前の8年間、僕たちは話すことはなかったんです。僕たちは少し仲が悪くなってました。仲が悪くなったとき、僕は恨みを持ってました・・・・そして8年が過ぎ、彼は突然行ってしまったんです。マイケルはその間、僕に連絡をとろうとしていました・・・僕はそうしませんでした。僕は頑なだったんです。だけど僕が学んだことは、許すという事が世界で一番大事なことだということです。僕が態度を変え、さよならを言ったり、マイケルをハグしたり、彼にもう一度愛してるよと言ったりすることがなかったということ、僕はそのことから決して逃れられないでしょう。だから今、この場をお借りして言います、『マイケル、僕は君を許すよ。君が僕を許してくれることを願ってる。そして僕は君を愛してるよ』」
- 以下原文。

■ Corey Feldman Says 'Sorry' To MJ
(29-6-2010) Actor Corey Feldman stepped onto the stage at the Michael Jackson memorial gala in Beverly Hills on Saturday to apologize to Michael for an incident that ended their friendship.

Feldman joined Eddie Griffin, actor Mickey Rooney and members of the Jackson family at the event that was held a day after the first anniversary of Michael's death. He told those at the event that he and Michael hadn't spoken for the last eight years of Michael's life and that he now deeply regrets not taking his phone calls as Michael attempted to reach out to repair the friendship.

"Michael and I were friends, really close friends faor about 18 years... [but] it was eight years before he passed away that we didn't speak; we had a bit of a falling out and, when we had that falling out, I held a grudge... and eight years passed and suddenly he was gone. Michael made efforts to reach out to me during that period of time...I did not. I was holding firm. But what I learned is that forgiveness is the most important thing in this world. I can never ever let go of the fact that I didn't get the change to say goodbye, or give Michael a hug or tell him again that I loved him, so I'm taking that opportunity right now to say, 'Michael, I forgive you. I hope you forgive me and I love you."

Source: MJFC / SFGate.com

キャプテンEOのキャストが撮影を振り返る

(要旨)2010年7月2日、キャプテンEOが期間限定でフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニーワールドへ帰ってくる。キャプテンEOのエプコットへの復活は、元々1986年に開演したこのフィルムの多くの関係者に、たくさんの愛情のこもった記憶を甦らせた。

最近のインタビューで、キャプテンEOのオリジナルダンサーの一人であるレニー・コレットはマイケル・ジャクソンとの仕事について振り返っている。

「テーマパーク用だとは思ってなかったの」と彼女は言う。「マイケル・ジャクソンの大3-Dショーだということしか知らなかったのよ」
「マイケルは偉大な先生だったわ。彼は自分がしたいことがわかってたし、頑固だった・・・傲慢ということは全くなく・・・彼は自分がしたいことに頑固だったの」と彼女は言う。「私たち、何度も何度もやったのよ」

キャプテンEOでギークスの半分を演じたデビー・リー・キャリントンにも、フィルム製作で仕事をしていたときの愛情のこもった思い出がある。

「私はギークスという3本の足と2つの頭を持ったキャラクターの半分だったの」とキャリントンは言う。「私たちは、キャプテンEOマイケル・ジャクソンのナビゲーター兼パイロットなのよ」

彼女ともう一人のアクターそれぞれに、彼女らが横たわった状態で全身ギブスが作られ、おしりのところで「連結」された。そこから、この毛むくじゃらの衣装の中に入っている間、彼女らをお互いにくっつけておくためにハーネス(帯)が作られたのだと、彼女は続けた。

「とても着心地が悪かったわ」とキャリントンは語る。「もう一人のアクターと連動したり一緒に歩いたりするのが本当に難しかったの。一人として演じなければならなかったから」

監督のフランシス・フォード・コッポラは、マイケル・ジャクソンやアンジェリカ・ヒューストンを含むキャストとのリハーサルの最初を、お互いに打ち解けて一つのチーム、まさにEOの中でのチームのように演じられるよう即興をすることに費やした、とキャリントンは言う。

「マイケルは初日の後、自分の殻から出てきたの」と彼女は言う。このことが、ジョークが飛び交う楽しく陽気な雰囲気をセットに作ったとキャリントンは言う。

今年早くにカリフォルニアのディズニーランドにキャプテンEOが帰ってきた時、コレットとキャリントンは2人とも、久しぶりにこの映画を見る機会があった。

「もう一度見たら泣いちゃったわ」とコレットが言う。「本当に感情がこみ上げてきちゃって」。それは、彼女や他の者たちにジャクソンが与えた影響を思い出させることとなった。

「彼は周囲を刺激する人だったのよ」と彼女は言う。

コレットはディズニーランドでキャプテンEOを数回、ずっと昔にそして2010年になって再び観た。

「観てる間ずっと微笑んでたわ」と彼女は言う。「観るととてもいい気分にしてくれるのよ、だって感動の集中砲火だから」 - 以下原文。
captain_eo.jpg ■ Captain EO Cast Remembers Video Shoot
(30-6-2010) On July 2, 2010 Captain EO will return to Walt Disney World in Orlando, Florida (USA) for a limited engagement. The return of Captain EO to Epcot has brought back many fond memories for many involved in the film, which originally opened in 1986.

In a recent interview, Renee Collette, one of the original dancers in Captain EO, recalled her memories of working with Michael Jackson.

“I had no idea it was for a theme park,” she said. “I just knew that it was Michael Jackson’s big 3-D extravaganza.”

“Michael was a great teacher. He knew what he wanted, and he was adamant – not rude to people at all, ever – but he was adamant on what he wanted,” she says. “We’d do it over and over.”

Debbie Lee Carrington, who played one-half of a geex in Captain EO also has many fond memories from working on the film.

“I’m half of the three-legged, two-headed character called the geex,” Carrington said. “We are the navigator and the pilot for Michael Jackson, who is Captain EO.”

She went on to say that a body cast was made for her and another actor while they were lying down and “connected” at the hip. From there, a harness was made to keep them together while in the furry costume.

“It wasn’t very comfortable,” Carrington said. “It was actually quite challenging to coordinate and walk together with the other actor because we had to act as one.”
Director Francis Ford Coppola spent the first part of the rehearsal with the cast, including Michael Jackson and Anjelica Huston, doing improvs to get everyone to open up to one another and act like a team, just like in EO, Carrington said.

“Michael came out of his shell after the first day,” she says. That led to a fun, playful environment on the set, complete with practical jokes, Carrington said.

Collette and Carrington both had the chance to see Captain EO for the first time in many years when the film returned to Disneyland earlier this year in California.

“It brought tears to my eyes to see it again,” Collette said. “It really was emotional.” It reminded her of what an influence Jackson had been on her and others.

“He was an inspirer,” she said.

Collette saw Captain EO a few times at Disneyland, both back in the day and again in 2010.

“I smiled through the whole thing,” she said. “It just makes me feel so good when I see it because it’s a whole bombardment of emotions.”

Source: MJFC / thedailydisney.com

キャサリン、ホームムービーをリリースへ

(要旨)キャサリン・ジャクソンは、マイケル・ジャクソンの生涯についての映画シリーズで彼女のホームムービー映像を使用する契約を、新しいビジネスパートナー、ハワード・マンと結んだ。TMZが報じている。

伝えられるところによると、キャサリンは数百時間のホームビデオの映像を所有しており、中にはジャクソン・ファイヴが最初のレコード契約をしてインディアナからLAに家族が引っ越している時のものも含まれている。

また、彼女の大型本「Never Can Say Goodbye」でのパートナーであるマンは、ジャクソンの元友人でビジネスパートナーであったマーク・シャフェルが所有しているマイケル・ジャクソンのビデオについての権利を購入したと報じられている。

このことについての問題は、マイケル・ジャクソン・エステートが、ジャクソンの名称や写真などのイメージを使用するための独占的権利を所有しているということだ。しかし、マンは自分の法律的立場に満足している。なぜなら、遺産の受益者-キャサリンとマイケルの子供たち-は利益を得るプロジェクト参加者だからだ。マンはTMZに対し、彼とキャサリンは映画シリーズのリリースの計画を立てていると語った。

エステートは現時点でコメントしていない。 - 以下原文。

■ Katherine To Release Home Movies
(1-7-2010) TMZ is reporting this morning that Katherine Jackson has made a deal with her new business partner, Howard Mann, to use her home movie footage in a series of movies about Michael Jackson's life.

Katherine reportedly has hundred's of hours of home video footage, including some of the family moving from Indiana to LA when The Jackson Five first signed a record deal.

Mann, her partner in the new coffee-table book, 'Never Can Say Goodbye,' is also reported to have bought the rights to more video of Michael Jackson owned by Jackson's former friend and business partner Marc Shaffel.

The problem with all of this is that the Michael Jackson estate owns the exclusive rights to market Jackson's name and image. But Mann feels comfortable with his legal position, because the beneficiaries of the estate - Katherine and Michael's children - are profiting participants in the movie project. Mann told TMZ he and Katherine plan on releasing a series of movies.

The estate would not comment at this time.

Source: MJFC / TMZ.com / examiner.com

ウィル・アイ・アム、マイケルとのコラボをリリースするつもりはない

先日のBETアワードでウィル・アイ・アムは、彼とマイケル・ジャクソンが共作した曲が公になるかどうか尋ねられた。彼は、ジャクソンの意見を聞かずに発表するのはフェアだとは思わないと言ってその問いに答えている。

レッドカーペットでのインタビューの模様はこちら。(関連:ウィル・アイ・アムがマイケルとのレコーディングを語る

william.jpg ■ Will.i.am Says He Won't Release Music
(30-6-2010) At the recent BET Awards Will.i.am was asked if the music that he and Michael Jackson collaborated on would ever be released to the public. He responded by saying that he didn't think it was right for him to release the songs without Jackson's input. To watch a clip of the red carpet interview please click here.

Source: MJFC / accesshollywood.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ