J Is For Jackson 5

j_is_for_jackson5.jpg  J Is For Jackson 5 / Jackson 5 (ジャクソンファイブ)

発売日 : 2010年03月30日
レーベル : Motown/uni
発売国 : USA

◇ HMV レビュー
昨年この世を去ったKing Of PopことMichael Jackson。彼が在籍し、数々のヒットを放ち世界的な成功を収めた兄弟グループ、Jackson 5の代表曲を12曲収録!ポイントはカラオケ・ヴァージョンを4曲収録しているところ!歌詞もブックレットにちゃんと印刷されてます!

ソース: HMV

ポール・アンカ、MJを追悼する

(要旨)歌手ポール・アンカが月曜日にチリで行ったコンサートで、共作した「This Is It」を歌い、マイケル・ジャクソンを追悼した。

アンカは、ジャクソンの死後初のリリースとしてこの歌が発売されることを知ると、自分の弁護士に連絡をとった。なぜなら、実際にはこの歌は彼とジャクソンが1983年に共作した「I Never Heard」と呼ばれた歌だったからである。

利益の50%を受け取るということでアンカが合意し、問題はすぐに解決された。悪意がないということがわかったので、アンカは「This Is It」をビニャデルマルのライブで歌い、ジャクソンに捧げた。

アンカはピアノに座り、感情を込めて聴衆に語りかけた。

「何年も前、ある若者が訪ねてきました。彼は21歳で、一緒に歌を作りたいと言っていました。私のスタジオで一緒に何週間も費やし、アルバムのために曲を作り、準備をしました。しかし残念ながら、私たちはそのプロジェクトに取り掛かることは決してなかったのです。

最近、この男は悲劇的な死を迎えました。関係者は彼の家に行き、しまってあったこの歌を見つけました。彼らはそれを新曲だと考えて喜び、映画の一部としてリリースしました。しかしすぐに、それが新曲ではなく私と彼が以前に書いたものだということに気付いたのです。

法的な問題とはなりませんでした。なぜなら私は彼を尊重し、ことがスムーズに運ぶことを望んだので、一緒に作ったこの曲の使用許可を出したからです。彼の名はマイケル・ジャクソン、そしてこれがすべてです」。

アンカは聴衆に向かってこのバラードをプレイし始めた。ジャクソンの写真がビデオ・スクリーンに映し出され、彼の声が流れると、観客は歓声をあげた。以下原文(関連:ポール・アンカのトリビュート)。

■ Paul Anka Pays Tribute To MJ
(27-2-10) Singer Paul Anka paid tribute to Michael Jackson at a concert in Chile on Monday, by performing the song they wrote together, "This Is It."

As you may remember, Anka contacted his lawyers after Jackson passed away when he learned that the track was to be marketed as the King of Pop's first posthumous release - because it was actually a song that he and Jackson wrote in 1983, called "I Never Heard."

The issue was resolved quickly after Anka struck a deal to receive 50 percent of the profits. Proving that there is no ill will, Anka sang "This Is It" live at a gig in Vina del Mar and dedicated it to Jackson.

Sitting at his piano, an emotional Anka told the crowd,

"Many years ago a young man came to my home. He was 21 years old and he said he wanted to write songs with me. We spent many weeks together in my studio writing, preparing for the album, but unfortunately we never got to do the project."

Recently this man died very tragically. They went to his home and they found this song in his drawer and they thought it was a new song and they got very excited and released it as part of a film. But they found out very quickly it was not a new song but one that I wrote with him many years ago."

We didn't have any legal problems because in respect of him, I wanted things to be smooth, so I gave them permission to go ahead with the song that we wrote together. His name was Michael Jackson and this is it."


Anka then began playing the ballad for the audience, who cheered as images of Jackson flashed on a video screen and his vocals were played aloud.

Source: MJFC / aceshowbiz.com

第19回東京スポーツ映画大賞

70x53_57.jpg
「東スポ映画賞」は、映画監督としても名を馳せる北野武監督の独断と偏見で決定。『ディア・ドクター』から西川美和監督に監督賞、笑福亭鶴瓶に主演男優賞が贈られたほか、『空気人形』のペ・ドゥナに主演女優賞、『沈まぬ太陽』の三浦友和に助演男優賞、『ヤッターマン』の深田恭子に助演女優賞が贈られた。また外国作品賞に『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』、特別作品賞に上島竜兵(ダチョウ倶楽部)主演の『上島ジェーン』がそれぞれ輝いたが、作品賞と新人賞は「該当なし」となった。

ソース: オリコン

ジャクソン・ファミリー基金

jacksonfamily_foundation.jpg
まずはこのビデオをご覧ください。



マイケル・ジャクソン・ファンクラブ(MJFC)には、マイケルだけでなくマイケルの家族のサポートおよび提携を行ってきた長い歴史があります。今、ジャクソン・ファミリー・ミュージアム、マイケル・ジャクソン・パフォーミング・アーツ・シアターそしてホテルからなる複合施設をジャクソン・ファミリーの故郷インディアナ州ゲーリーに建設するための、ジャクソン・ファミリー基金に参加できることに、MJFCは喜びと大変な光栄を感じています。

これは、マイケルと彼の家族がもたらしたエンターテインメント、希望、喜びに対し、世界中のファンがどれほど感謝しているかを世界に示すチャンスです。労働者階級の街、中産階級の街ゲーリーで始めるプロジェクトです。私たちは、マイケル・ジャクソンとポップ、ロックそしてソウルにおけるファースト・ファミリーに捧げるささやかなユートピアの創造の手助けをすることができるのです。
あなたはきっと手助けしたいはずです!

すべてのマイケル・ジャクソン・ファンの皆さんへ

私たちは、ジャクソン・ファミリー・ミュージアム、マイケル・ジャクソン・パフォーミング・アーツ・シアターそしてホテルをジャクソン・ファミリーの故郷、インディアナ州ゲーリーに建設するプロジェクトの手助けをしたいと考えています。しかし、その方法について疑問にお思いでしょう。あなたはこの歴史的トリビュートの一員となることができるのです。ここにその方法をお示しします。

「ラスベガス・ハリウッド・マガジン(LVH)」リミテッド・エディションを購入することにより、あなたはこのキング・オブ・ポップとその家族への永久のトリビュートの建設を援助することができます。このマガジンは、音楽におけるロイヤル・ファミリーの長であるジョー・ジャクソンを特集しています。さらにマイケルの生涯、兄弟・姉妹たちのこれまで、そして最近の記事としては、ブレンデン・セレブリティ・スターによるジョー・ジャクソンとジャクソン・ファミリーの表彰の様子なども掲載されています。
このLVHマガジンはリミテッド・エディションです。利益は直接ジャクソン・ファミリー基金のものとなります。ジャクソン・ファミリー基金はマイケルの思い出を永遠とすることを可能にするのです!雑誌は1冊ごとにラッピングされ新品の状態を保ったままお届けします。「This Is It」のポスターが購入ごとに付属します。

待つ必要があるでしょうか?リミテッド・エディションLVHマガジンを今すぐ手に入れ、ジャクソン・ファミリー・ミュージアム、マイケル・ジャクソン・パフォーミング・アーツ・シアターそしてホテルの夢をゲーリーに実現させましょう!
さらに特典として、購入者全員の名前が寄付者リストに掲載され、ミュージアムのマイケル・ジャクソンのエリアに表示されることになります。ミュージアムに訪れた際は、あなたの名前をチェックしてください。

購入はMJFCのサイトから:
http://tinyurl.com/Jackson-Family-Foundation

MJFCがこのプロジェクトをサポートする理由:
このプロジェクトにおけるジャクソン・ファミリー基金へのMJFCの協力は、マイケルのためということ、そしてマイケルの希望だった、という理由で決定されました。マイケルは2003年のゲーリー訪問をとても喜び、市長同席の記者会見で、パフォーミング・アーツ・センター建設の援助と、それがマイケル・ジャクソン・パフォーミング・アーツ・センターと命名されることが発表されました。彼はデザインと基金創設の援助をするつもりでした。以下のゲーリー訪問の記事をご一読ください。
2003年ゲーリー訪問 (Gary Visit 2003)

マイケルと彼の家族は困難の中で常にお互いに助け合っていました。そして今、ジャクソン・ファミリーは、ゲーリーにトリビュート・プロジェクトを建設することで、マイケルの遺したものを永遠とすることを希望しています。そこにはファンも集まり、そしてマイケルを讃えることができます。次の世代のために。

ソース:MJFC

MUSIC ON! TVにてMICHAEL JACKSONを大特集!

MUSIC ON! TVにてMICHAEL JACKSONを大特集
 

放送:3/14(日)24:00~25:00
番組:「Artist File International」

旬のアーティストにスポットを当て、過去の作品から最新のビデオクリップを一挙に放送するMusic On! TV「Artist File International」。最新ビデオクリップの「THIS IS IT」は必見です!
◆オンエア予定曲:「BEAT IT」「BAD」「THIS IS IT」ほか。

* リピート放送: 3/19(金)8:00~9:00
* リピート放送: 3/31(水)22:00~23:00
picture75.jpg  ソース:MUSIC ON! TV / Sony Music Japan

TMZ、デビー・ロウ・インタビューのリークで訴えられる

(要旨)TMZが、盗まれたとされる、マイケル・ジャクソンの死の直後に行われたデビー・ロウの秘密扱いのインタビュー映像を配信したことに対して訴えられている。

F・マーク・シャフェル・プロダクションによってカリフォルニア州連邦地方裁判所に提訴された訴訟は、ゴシップサイトのニュースの取り扱い方、著作権問題そして芸能映像と公正に使用されたニュース映像の境界に関して、興味深い、そして深刻な問題を提起している。TMZのニュースの入手方法については詳細な調査が行われるだろう。

訴状では、シャフェルは2003年に撮影されたデビー・ロウとのインタビューの所有者であると主張している。インタビューの一部は2003年に放映されたが、残りの部分はデビー・ロウとの合意事項として秘密扱いとされ、公にはされなかった。

ジャクソンが2003年に起訴された時、サンタ・バーバラ郡保安官はシャフェルの家の家宅捜索を行い、インタビュー映像を押収した。2年後、保安官事務所は、映像は返還し“秘密とされる部分“についてはどこへも公開していないと説明している。

しかし、去る7月、TMZがこの秘密部分を配信し、それにはロウが鎮痛剤の必要性について話している部分が含まれていた。シャフェルはロウのコメントについて、人前で”あがる“ことについてのジョークという文脈の中で語られたものにもかかわらず、過去の薬物使用と薬物過剰摂取によるジャクソンの死を結びつけるためにTMZによって歪曲されたと主張している。

TMZがインタビューを配信した後、シャフェルとロウは秘密部分について削除するよう要求した。TMZは当初、イギリスのTV局から入手したものだと主張していたが、後にサンタ・バーバラ郡保安官事務所から入手したものだと明かした。シャフェルによれば、抗議に対してTMZはそれまでの主張を撤回し、情報源は秘密だと主張したという。

シャフェルは現在、著作権の侵害と改変についてTMZに損害賠償を求めている。彼は、秘密部分には「数百万ドルの価値があると見積もられており、正確な額については裁判で証明されるだろう」と語った。

TMZは映像使用は「公正だ」と主張しようとするかもしれない。そして裁判所は、TMZによって映像が使用された目的などについて、著作権における「4要件」による検証を適用する可能性がある。その他に、盗まれたとされる芸能クリップは、配信されるにあたり問題が解決される必要があるか?放送局等は、合意を得る必要なしに「ニュース」という名目で映像を放映する権利があるのか?ということが疑問として挙げられる。判事は、まれに「5番目」の要件と呼ばれる、善悪のモラルを評価する要件を考慮に入れるだろうか?そして、ニュース発信源としてのTMZは、情報源の秘匿の権利を認めらるだろうか?盗まれた疑いのあるものを守ろうとしている場合でも。

一つの裁判によって投げかけられた疑問は、他のニュース発信源にとって興味深いものとなることは間違いないだろう。以下原文。
70x53_42.jpg ■ TMZ Sued Over Leaked Debbie Rowe Interview
(24-2-10) TMZ is facing a lawsuit for broadcasting allegedly stolen and confidential footage of an interview with Debbie Rowe soon after her ex-husband, Michael Jackson, died last June.

The details of the lawsuit, which was filed Monday in California District Court by F. Marc Schaffel Prods., raise interesting and serious questions about the gossip website's news operation, their copyright issues, and the boundaries between an entertainment clip and a fair-use news product. TMZ's news-gathering practices will be put under the microscope.

In the complaint, Schaffel claims to be the owner of a 2003 filmed interview with Debbie Rowe. Portions of the interview were aired in 2003, but others were held back as private and confidential, subject to a joint consent agreement between the interviewer and interviewee.

When Jackson was indicted for child molestation in December 2003, the Santa Barbara County Sheriff obtained and executed a search warrant on Schaffel's home and seized the interview in the process. Two years later, the County Sheriff indicated that he had returned the property and had not released the "confidential outtakes" to anyone.

However, last July, TMZ broadcast those confidential outtakes that included a conversation where Rowe talks about needing sedatives. Schaffel says that Rowe's comments were made in the context of a joke about stage fright, but twisted by TMZ to tie past drug use to Jackson's death from a prescription-drug overdose.

After TMZ aired the interview, Schaffel and Rowe demanded that the confidential outtakes be removed. TMZ first claimed the video was sourced to them from a British TV station, but later said that it came from the Santa Barbara Sherriff's Department. Shaffel says that when confronted, TMZ rescinded the story and claimed its source was confidential.

Schaffel is now seeking damages from TMZ over copyright infringement and conversion. He says the confidential outtakes have "an estimated value of potentially millions of dollars, the exact amount of which shall be proved at trial."

TMZ may try to claim that its use of the clip was "fair use" and the court may apply the "four factor" test and look into the purpose and character in which the clip was used by TMZ. Other questions will be does an allegedly stolen entertainment clip need to be cleared or does any broadcaster have the right to broadcast footage in the name of "news" without need to obtain consent? Will a judge apply the rare so-called "fifth" factor of fair use that takes a moral evaluation of the goodness or badness of TMZ into account? And does TMZ as a news outlet get statutory protection from revealing sources of news if they are trying to protect allegedly stolen media?

Challenging questions from a case that will undoubtedly be of great interest to other news outlets in the future.

Source: MJFC / reuters.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ