スリラー、永久保存レジストリに登録される

(要旨)マイケル・ジャクソンのビデオ「スリラー」が、世界最大級の映画、TV番組、音源のアーカイブに保管されている国宝の仲間入りをすることとなった。

1983年製作のジョン・ランディス監督(利益配分をめぐって係争中)によるビデオ「スリラー」は、アメリカ議会図書館(以下LC)の2009年度永久保存レジストリに登録される25本の映画の一つとなった。

これは、ミュージックビデオとしては初めてのことである。全米フィルム保存委員会のコーディネーター、スティーブ・レゲットによると、この件は数年来検討されていたが、マイケルの死によって今が適当なタイミングとなったという。

全米フィルム保存法の規定では、永久保存に値する文化的・歴史的・美学的に重要なフィルム25本をLC館長が毎年選考することになっている。対象となるフィルムは、「ベスト」なアメリカ映画としてではなく、アメリカ文化において重要な作品として選考される。

「1989年にアメリカ合衆国議会によって制度化された永久保存レジストリは、アメリカの比類なきフィルム遺産と映画制作活動を保護することの重要さにスポットライトを当てています。アメリカ映画を保存することで、我々はアメリカ文化の歴史的遺産と歴史を構成する重要な要素の一つを保護することになるのです」と現LC館長ビリントン博士は言う。

今年度の他の選考作品は、アル・パチーノ主演の「Dog Day Afternoon(狼たちの午後)」、第二次大戦時のドラマを描いた「Mrs. Miniver(ミニヴァー婦人)」、冒険活劇「The Mark of Zorro(怪傑ゾロ)」、人気マカロニウエスタン「Once Upon a Time in the West(ウエスタン)」、無名のものではアフリカ系アメリカ人のグループによるドキュメンタリーと戯曲を組み合わせた「The Jungle」、アマチュア映像作家ミリアム・ベネットの「A Study in Reds」、マーティン・ブレストが学生時代に作った「Hot Dogs for Gauguin」が選ばれた。

選考は、公開投票と全米フィルム保存委員会、LCの映画担当職員によりノミネートされた数百のタイトルをLC館長がレビューし最終的に決定される。来年度のノミネートはLCのウェブサイトで受け付けている (www.loc.gov/film/)。

選考されたフィルムについては、LC付属パッカード・キャンパス・オーディオ・ビジュアル保存センターが、未来の世代のための保存作業を、LCの映像保存プログラムに則って行うか、または他のアーカイブや映画製作スタジオ、独立系映画製作会社などとの共同事業として行う。パッカード・キャンパス・オーディオ・ビジュアル保存センターは最新設備を備えており、映像収集・保存を行い、世界最大級の映画、テレビ番組、ラジオ放送、録音音源の総合コレクションを閲覧できるようにしている。

2009年度の全リストはこちら。以下原文。

■'Thriller' Added To National Film Registry
(31-12-2009) Michael Jackson's "Thriller" video, with that unforgettable graveyard dance, will rest among the nation's treasures in the world's largest archive of film, TV and sound recordings.

The 1983 music video, directed by John Landis and still the subject of lawsuits over profits, was one of 25 films to be inducted Wednesday for preservation in the 2009 National Film Registry of the Library of Congress.

It's the first music video named to the registry. It had been considered in past years, but following Jackson's death, the time was right, said Steve Leggett, coordinator of the National Film Preservation Board.

Under the terms of the National Film Preservation Act, each year the Librarian of Congress names 25 films to the registry that are "culturally, historically or aesthetically" significant to be preserved for all time. These films are not selected as the "best" American films of all time, but rather as works of enduring importance to American culture.

"Established by Congress in 1989, the National Film Registry spotlights the importance of protecting America’s matchless film heritage and cinematic creativity," said Billington. "By preserving the nation’s films, we safeguard a significant element of our cultural patrimony and history."

Other selections to this year’s registry include Al Pacino’s "Dog Day Afternoon," the World War II drama "Mrs. Miniver," the swashbuckling adventure "The Mark of Zorro" and the popular spaghetti Western "Once Upon a Time in the West." Among the lesser-known films named to the registry are "The Jungle," a hybrid documentary/dramatization made by a group of young African-American gang members; "A Study in Reds," directed by amateur filmmaker Miriam Bennett; and Martin Brest’s student film "Hot Dogs for Gauguin."

Annual selections to the registry are finalized by the Librarian after his review of hundreds of titles nominated by the public and extensive discussions with members of the National Film Preservation Board, as well as the Library’s motion-picture staff. The Librarian urges the public to make nominations for next year’s registry at the Film Board’s website (www.loc.gov/film/).

For each title named to the registry, the Library of Congress Packard Campus for Audio Visual Conservation works to ensure that the film is preserved for future generations, either through the Library’s massive motion-picture preservation program or through collaborative ventures with other archives, motion-picture studios and independent filmmakers. The Packard Campus is a state-of-the-art facility that acquires, preserves and provides access to the world’s largest and most comprehensive collection of films, television programs, radio broadcasts and sound recordings.

To view the full list of films inducted in 2009 click Here.


Source: MJFC / LA Times / National Film Registry

<紅白>マイケル・ジャクソン追悼コーナー、視聴率44・6%

昨年大みそかの「第60回NHK紅白歌合戦」の歌手別視聴率が4日、明らかになった。紅組トリのDREAMS COME TRUEが50・1%でトップだったが、貫禄を示したのはSMAPだ。49・6%とドリカムと小差の2位。5人全員でキレのあるダンスを披露したマイケル・ジャクソンさんの追悼コーナーでは44・6%をたたき出し、“特別出場歌手”と銘打ったスーザン・ボイル(48)や矢沢永吉(60)を上回る存在感を示した。

ダンスで魅せたマイケルさんの追悼コーナーは午後9時台終盤だったが、おおむね30%台で推移していたその前後の視聴率が、ここで44・6%(関西43・3%)にはね上がった。木村拓哉(37)が「ビリー・ジーン」の中で披露したムーンウォーク効果か?

ソース:デイリースポーツ / SANSPO.COM

マイケル追悼プランがゲーリーで規模を拡大中

(要旨)ジャクソン家の故郷であるインディアナ州ゲーリーで、ジャクソン・ファミリー博物館に始まり、パフォーミングアーツ・センター設立、300室を有するホテルの建設という計画が進行中である。市所有で現在空き地となっている100エーカー(約12万坪、東京ドーム9個分)の土地で今年中に着工されることになっている。

新たに付け加えられるプランは、アミューズメントパークの建設である。このアミューズメントパークは、ネバーランドやかつてシカゴにあったリバービュー・アミューズメント・パーク、そしてゴルフ場を合わせたものである。ジェットコースターや汽車、ライドといった、リバービュー・アミューズメント・パークへ行ったことのある人やネバーランドを訪れたことのある人には馴染みのアトラクションが作られる。

生家やゆかりの地をめぐるバスツアーや、生家のレプリカの建築に関して現在議論されている。

「現時点ではすべて計画の段階です。しかし私たちは急ピッチで計画を進めており、2010年中に着工することを期待しています」と責任者のオーディー・アンダーソンは言う。

総工費は10億ドルで建設期間は10年と見積もられており、費用の大半は個人の寄付によってまかなわれる。またアンダーソンはゲーリー市に対して税制上の優遇措置を求めていると語った。寄付を募るための2つの基金の設立をゲーリー市長ルディー・クレイが公表した昨年10月以降、実際に寄付金がどの程度集まったかについてはアンダーソンは明らかにしていない。

「いろいろ検討した結果、ジャクソン家にちなんだネバーランドと子供たちに人気があったリバービュー・パークを組み合わせるという結論に到達しました」とアンダーソンは語った。以下原文。
mj64.jpeg ■Plans For Tribute To Michael Jackson Expand
(4-1-2010) The plans that began with a Jackson family museum, a center for the performing arts and a 300 room hotel are growing in the Jacksons home town of Gary, Indiana. Slated to be built on a 100 acre plot of city-owned land that is currently vacant, the project is break ground sometime this year.

New additions to the plans are an amusement park incorporating characteristics of Neverland Ranch and Chicago's former Riverview amusement park and a golf course. The amusement park will have roller coasters, trains and other rides familiar those who ever visited the old amusement park or was a guest at Michael's ranch.

There has been discussion as to whether offer bus tours of the Jackson family home and local places of Jackson history or to build a replica of the house.

"Everything is in the planning stages at this point, but we're moving on a fast track and we're looking forward to actually breaking ground sometime in 2010," says Odie Anderson, president of the project.

The project could cost $1 billion over a 10-year construction period with private donors paying the bulk of the bill. Anderson also said that he is looking to Gary for tax incentives. He did not report how much has actually been raised since October, when Gary mayor, Rudy Clay, announced two new foundations dedicated to raise money for the project.

"We're trying to extract the best and come up with a combination that made Riverview so attractive for kids of all ages as well as [have] special themes of Neverland that would be reminiscent of the Jacksons," Anderson said.

Source: MJFC / LA Times

This Is It、10位に再浮上‐1月4日版【映画週末興行成績】

 3D元年と呼ばれた2009年のトレンドの継続を象徴するかのように、3D超大作の映画『アバター』がV2を飾った。映画『タイタニック』超えと言われた初日の興収ペースの勢いをそのままに、2週目にして早くも累計30億円を突破。しばらくは大きなタイトルの作品の公開も少ないため、今後も快調なペースで成績を積み重ねると思われる。2位は映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』が同順位をキープ。さらに公開5週目で37億円の大ヒットを記録した映画『カールじいさんの空飛ぶ家』は3位にワンランクアップ。4位の映画『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』は公開4週目で『カールじいさんの空飛ぶ家』に迫る興収を見せている。そして映画『釣りバカ日誌20 ファイナル』がワンランクアップの5位と健闘。

 6位は映画『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイドMOVIE大戦2010』、7位は映画『2012』。また8位は映画『ウルルの森の物語』が先週の圏外13位からランクアップ。昨年末に突然の芸能界引退宣言を発表した女優の桜井幸子出演作ということで、改めて注目を集めたと思われる。そして9位は映画『映画 レイトン教授と永遠の歌姫』。

 10位は映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』となった。ファーストランで興収44億円を記録した本作は、配給会社ソニーピクチャーズのラインナップの中でも最大のヒット作となり、7位の映画『2012』と共に、洋画配給会社の中で同社が初の年間首位を獲得する原動力となった。さらに1月9日からは拡大公開でスクリーン数も増える予定で、さらなるヒットが期待されている。

 今週末は映画『彼岸島』『ソフィーの復讐』などが公開。『アバター』の独走態勢がどこまで続くのか注目だ(ランキングなどは興行通信社調べ)。

love_2072.jpg ソース:シネマトゥデイ

MJ関連新商品

(要旨)音楽関連グッズ販売を世界規模で展開しているブラバド(Bravado)社は、プレイメイツ・トイズ社と合意に達し、この合意に従ってプレイメイツ・トイズ社はマイケル・ジャクソンのフィギュア人形のシリーズを製作することとなった。

「私たちは、プレイメイツ・トイズ社との共同作業によって私たちのマイケル・ジャクソン関連商品のラインナップを拡充できることを嬉しく思います。この新商品は、マイケルの唯一無比のスタイルとかけがえのない才能を真に称えるものとなります。商品化ライセンス使用者としてプレイメイツ・トイズ社を迎え入れることは、店頭でのマイケルの認知度を強固なものとし、マイケル・ジャクソンというレガシーを偲び、後世へ伝えることとなるでしょう」と、ブラバド社のトム・ベネット氏は言う。

「世界的アイコンとしてのマイケル・ジャクソンは音楽、ダンスそしてファッションに比類なきレガシーを残しました。私たちはファンやコレクター、マニアをインスパイアするような鮮烈で精密な商品をお届けし、彼の才能や芸術的表現を称えるでしょう」とプレイメイツ・トイズ社長ルー・ノバク氏は言う。

マイケルの唯一無比のスタイルはプレイメイツとして甦り、マイケルのダンスポーズ、音楽そしてファッションの象徴的イメージを再現する正真正銘のコレクションを展開する。第一弾は2010年中に発売される予定。以下原文。

■New Collectible Memorabilia To Feature MJ
(4-1-2010) Bravado, the world's leading global music merchandising company, has completed an agreement with Playmates Toys whereby they will create a signature line of figures and dolls for the most successful entertainer of all time, Michael Jackson.

"We are delighted to expand our successful line of Michael Jackson collectible memorabilia by working with Lou and his innovative team at Playmates Toys," stated Tom Bennett, Chief Executive Officer of Bravado. "This new line truly celebrates Michael's unmistakable style and irreplaceable talent. Bringing in Playmates as a licensee only further cements Michael's retail visibility and helps commemorate and preserve the legacy that is Michael Jackson."

"Michael Jackson as a global icon leaves a legacy in music, dance and fashion that remain unrivaled," added Lou Novak, President of Playmates Toys. "We will honor his talent and his art expression by delivering a spectacular, highly detailed product line to inspire fans, collectors and new found enthusiasts."

Michael's incomparable style comes to life as Playmates rolls out an authentic collection replicating iconic images with cool "Michael" dance poses, music and embellished fashions. First wave will launch in 2010.

Source: MJFC / PRNewswire

「This Is It」オフィシャル・ムービー・パンフレット - Updated

「This Is It」オフィシャル・ムービー・パンフレット限定入荷!
◇ 2010年1月9日(土) 販売開始

tii_program.jpg
【渋谷お問い合わせ先】
ホームページ:http://kop.rrm.co.jp/
【京都お問い合わせ先】
ホームページ:http://www.pgs.ne.jp/rrb/

★9日加筆&訂正:大阪は1月11日(月・祝)最終日に販売開始

ソース: PGS音楽市場 / KING OF POP
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ