トラヴィス・ペインらとザルディが和解

マイケル・ジャクソンの元マネージャーと振付師は十分手に入れるまで止めない。

2人は自らマイケル・ジャクソンに紹介した衣装デザイナーと、100万ドル近い額で和解した。デイリー・ニュースの取材で、この額は訴えていた額のおよそ2倍であることがわかった。

元マネージャーのクリストファー・デマーズと振付師のトラヴィス・ペインによると、彼らはネスター・(ザルディ)・ゴコが、ジャクソンの最後のツアー用の衣装デザインという大きな仕事を得る手助けをしたという。なおこのツアーは実現しなかった。

マイケル・ジャクソンは2009年6月に薬物過剰投与で亡くなっている。

ジャクソンと17年間にわたり仕事をしたペインとデマーズは、この人気デザイナーをその年の初めにマイケル・ジャクソンに紹介し、ジャクソンに対しては彼を起用するよう進言した。マイケル・ジャクソンがザルディを起用した際、ロイヤルティの20%を支払うことでザルディは彼らと合意した。

ザルディはスワロフスキーのクリスタルを使った衣装を創り出し、LEDライトを使って観客を驚嘆させるはずであった。彼は、ジャクソンの「Billie Jean」用にデザインしたLEDを埋め込んだタキシード・パンツにまつわる話を何度となく話している。

ザルディによれば、亡くなる2週間前にマイケル・ジャクソンはそのタキシード・パンツを試着し、カラフルに光るライトに喜んで、「こんなやつが欲しかったんだよ」と話していたという。

だが、ビヨンセやブリトニー・スピアーズ、レディー・ガガらの衣装デザインも手掛けたザルディは、ジャクソンの死後にトラヴィス・ペインらに支払うのを止めたため、ペインらは、ザルディには48万ドルを支払う義務があると主張して昨年訴えた。

「私たちは友好的に解決すべく努力しましたが、彼は自分から申し出た支払いを何度も怠ったのです」とデマーズは述べた。

ザルディが、ラスベガスで上演中のトリビュート・ショー、シルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」のロイヤルティの50%を支払うと同意したため、訴訟は取り下げられた。

100万ドルという和解額は、「Michael Jackson ONE」が他のラスベガスのショー並みに20年間続くという仮定が元になっている。

「この推定額は妥当かもしれないし、控え目かもしれません」とデマーズとペインの弁護士デイヴィッド・トラクテンバーグは述べた。

ザルディからはコメントは得られなかった。弁護士のエドワード・ハーンスタッドはコメントを拒否している。

デマーズは、金銭トラブルが解決してほっとしたと語った。

「ザルディとは25年来の知り合いです。彼は世界最高の才能をもつ一人です」とデマーズは述べている。

■Michael Jackson’s team settles suit against costume designer

Michael Jackson's manager and choreographer didn’t stop until they got enough.

The pair have settled a lawsuit against a costume designer they introduced to the late superstar for close to $1 million — roughly double the amount they’d sued for, the Daily News has learned.

Jackson manager Christopher Demers and choreographer Travis Payne said they helped Nestor (Zaldy) Goco score a lucrative deal to design outfits for Jackson’s final tour, which never took place.

The singer died of a drug overdose in June 2009.

Payne, who worked with Jackson for 17 years, and Demers introduced the popular designer to the “Beat It” singer earlier that year and urged Jackson to hire him. When he did, they struck a deal with Zaldy to be paid 20% of his royalties.

Zaldy created costumes that dripped with Swarovski crystals and would have dazzled audiences with LED lights. He has repeatedly told the story about a pair of tuxedo pants with LED lights that he designed for Jackson’s “Billy Jean” number.

Zaldy says that two weeks before he died, Jackson tried them on and was delighted with the flashing, colorful lights, telling him, “It’s everything I ever wanted.”

But Zaldy, who’s also designed costumes for the likes of Beyoncé, Britney Spears and Lady Gaga, stopped paying the pair at some point after Jackson died and they sued last year, saying Zaldy owed them as much as $480,000.

“We tried to settle this amicably several times,” Demers said. “But he repeatedly defaulted on his own proposed settlements. This was a mess.”

They agreed to drop the suit when Zaldy agreed to give them 50% of his royalties on the Las Vegas Jackson tribute show, Cirque du Soleil’s Michael Jackson ONE.

The $1 million settlement figure is based on an assumption that Michael Jackson ONE, like many Vegas shows, will have a 20-year run.

“The estimate is probably pretty good, but it may be conservative,” said David Trachtenberg, the attorney for Demers and Payne.

Zaldy could not be reached to comment and his lawyer Edward Hernstadt declined to comment.

Demers said he is relieved that the financial dispute is over.

“I’ve known Zaldy for over 25 years. He is one of the most talented people in the world,” Demers said.

Source:NEW YORK DAILY NEWS

アメリカ音楽家連盟が「This Is It」でソニーを訴える

アメリカ音楽家連盟(AFM)が、マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画「This Is It」における契約に違反している疑いがあるとして、ソニー・ミュージック・エンタテインメントを提訴した。

訴状(ニューヨークの連邦裁判所に提出された)によると、同映画に参加したアーティストらは、「This Is It」用のレコーディングの仕事の際、映画スコアではなく音楽レコードの仕事をしていると思わされていたという。ソニーはコメント要請に対して今のところ返答していない。

AFMによると、「"Sound Recording Labor Agreement(レコーディング労働に関する合意)"はソニーも署名していますが、これはレコードのためのレコーディング・セッションのみが対象で、映画スコアのレコーディングは禁じられている」という。

AFMの責任者レイ・ヘアーは、ソニーは「This Is It」のレコーディング・セッションについて、AFMの"Motion Picture Agreement(映画に関する合意)"を適用することを許可する書簡に対し署名を拒否したと述べている。そのためAFMは、全世界で2億6000万ドルを稼いだドキュメンタリー映画についての再使用料をミュージシャンたちが受け取れていないと主張している。

「ファンの方は、ミュージシャンがレコーディングする際の契約の違いがどう影響するのか不思議に思うかもしれませんが、生活費を稼ぐミュージシャンにとっては大きな差が生じるのです。音楽業界の基準を設ける際にはミュージシャンも加わっています。再使用料の支払いを拒否してそれらの基準を故意に破るようながめつい会社は受け入れられない、というだけの話なのです」とヘアーは語る。

この訴訟では、ピットブルによる「Bad」の2012年バージョンと「This Is It」における「Billie Jean」と「Man In The Mirror」のサンプリングに対する支払いもソニーは拒否しているとして訴えている。

「裁判沙汰にはしたくありませんでしたが、ソニーは正規の手順を踏むことそ拒否し、ミュージシャンたちに正当な報酬を支払うことを繰り返し拒否しました。AFMは違約金を求めています。それにはミュージシャンたちに与えられるべき賃金の支払いも含まれています」。

140x105.jpg ■American Federation of Musicians is suing Sony Music over ‘This Is It’ documentary

The American Federation of Musicians is suing Sony Music Entertainment for allegedly violating its contract in the Michael Jackson documentary film ‘This Is It’.

According to the suit (which is filed in federal court in New York) the artists were misled to record work for ‘This Is It’ with the understanding that they were working on a phonographic record instead of a film score. Sony has no immediate response to requests for comments.

The union says “The Sound Recording Labor Agreement, which Sony has signed, covers only recording sessions for records—and prohibits recording film scores,”.

AFM President Ray Hair said Sony allegedly refused to sign a letter allowing to use the AFM Motion Picture Agreement for this recording session. As a result, the union asserted, musicians have been unable to collect residuals on the documentary film which grossed $260 million worldwide.

“A fan may wonder what difference it makes if musicians record music under one contract versus another, but it makes a huge difference to musicians trying to earn a living,” Hair said. “Musicians have joined together to create industry standards and it is simply unacceptable for greedy corporations to knowingly violate those standards by denying residuals.”

The suit also charges Sony with refusing to make new payments on Pitbull’s 2012 version of Bad’ and sampling of songs like ‘Billie Jean’ and ‘Man in the Mirror’ in ‘This Is It’.

“We did not want to go to court, but Sony repeatedly refused to do the right thing and pay the musicians fairly,” Hair said. The AFM is seeking breach of contract damages, including the payment of wages and benefits that should have been given to musicians.

source: Variety.com / LMJ

「This Is It」、グラミー賞ノミネート

(要旨)マイケル・ジャクソンがグラミー賞にノミネートされた。「This Is It」での最優秀男性ポップボーカルパフォーマンス賞へのノミネートで、ジャクソンはマイケル・ブーブレ、アダム・ランバート、ブルーノ・マーズ、ジョン・メイヤーと賞を争うことになる。

もし受賞すれば、キング・オブ・ポップの14個目のグラミー賞となる。- 以下原文。
grammy.jpg ■ This Is It Nominated For Grammy
(2-12-2010) Michael Jackson has been nominated for a Grammy. The nomination is for Best Male Pop Vocal Performance for 'This Is It' and Jackson is up against Michael Bublé, Adam Lambert, Bruno Mars and John Mayer.

If he wins, it will be the King of Pop's 14th Grammy Award.

Source: MJFC / TMZ.com / Grammy.com

シャヒーンのアルバム

(要旨)2年前の「Britain's Got Talent」で「Who's Loving' You」を歌った小学生の時、シャヒーン・ジャファゴーリは将来何をするかということは考えていなかったはずだ。

マイケルが亡くなった後、彼はジャクソン家に招待され、ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われたマイケルの追悼式でその歌を披露した。彼は素晴らしい歌を歌い、全世界から注目されるようになった。

その時以来彼は、英ウェールズのスウォンジーにあるディラン・トーマス・コミュニティースクールに通う合間にファーストアルバムをレコーディングした。このアルバムより、両A面シングル「Last Train Home/Hip Teens」がリリースされる。彼のアルバムは「When I Come Of Age」と名付けられ、11月22日にリリースされる。このアルバムはロンドンでレコーディングされたが、ロサンゼルスでも一部レコーディングが行われた。

シャヒーンは多忙であるが、休日も仕事をしているにもかかわらず、学校の勉強にはその影響がほとんど出ていない。また彼はYouTube上で自分の様子を撮影したショー「The Real Shaheen」を配信している。- 以下原文(参考:シャヒーンの最新MJトリビュート・パフォーマンス)。

■ Shaheen’s Album
Monday, October 25th 2010

As a young schoolboy on ‘Britain’s Got Talent’ two years ago, singing ‘Who’s Lovin’ You,’ Shaheen Jafargholi could have had no idea what his future would bring.

After Michael died he was invited by the Jackson family to perform the song at Michael’s memorial at the Los Angeles Staples Centre. He did a wonderful job, and came to the attention of the entire world.

Since then, and between attending Dylan Thomas Community School in Swansea, Wales, Shaheen has recorded his first album, from which he will release a double A-side single with the tracks ‘Last Train Home’ and ’Hip Teens.’ His album is titled ‘When I Come Of Age’, and will be released on November 22nd. It was recorded in London, but he also spent some time on it in Los Angeles.

Shaheen has been extremely busy, but his school work was hardly affected while he worked in holiday times. He also has his own fly-on-the-wall show on YouTube, called ‘The Real Shaheen.’

Source: walesonline.com & MJWN

ブルーレイ3Dの「THIS IS IT」

(要旨)ソニーのハワード・ストリンガーCEOが、ベルリンで開かれている国際フランチャイズ協会トレードショーにおいて、ブルーレイの映画をステレオスコピック3Dで視聴可能とするためのPS3のファームウェア・アップデートが10月に延期されたと発表した。

またストリンガーは、スパイダーマン3、アバター、グリーン・ホーネット、アリス・イン・ワンダーランドそしてマイケル・ジャクソンTHIS IS ITは、将来3Dブルーレイ・フォーマットでリリースされるだろうと発表した。- 以下原文。

■ TII In Blu-ray 3D
(2-9-2010) Sony CEO, Howard Stringer made an announcement at the International Franchise Association Trade Show in Berlin that the PlayStation 3 firmware update that will allow users to watch Blu-ray movies in steroscopic 3D has been pushed back to October.

Stringer also confirmed during the announcement that Spider-Man 3, Avatar, Green Hornet, Tim Burton's Alice in Wonderland and Michael Jackson's This Is It will all be released in the 3D Blu-ray format in the future.

Source: MJFC / gamasutra.com

「THIS IS IT」追加上映 立川・シネマシティ、16日まで

 立川市曙町のシネコン「シネマシティ」は、昨年亡くなったマイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」の追加上映会を16日まで延長することを決めた。

 同館はマイケルの一周忌に合わせ、先月25、26日に観客がスクリーンのマイケルと一緒に歌ったり踊ったりできる「ライブスタイル」の上映会を実施した。スクリーン前の祭壇には多くの花が供えられ、約200人がマイケルをしのんだ。

 ライブを体験した観客から上映延長を求める声が寄せられ、今月10日から16日までの追加上映を決めた。10日の上映会には北海道や九州からも駆け付けたファンがいた。問い合わせは同シネコン(リンク先でどうぞ)。

ソース:毎日新聞

judith_hill_mj.jpg
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ