The Jacksons: Legacy

あのジャクソンきょうだいの初の公式本が、ジャクソン・ファイヴのデビューシングル「Big Boy」のリリース50周年に合わせ、テームズ&ハドソンより2017年に発売される。

「The Jacksons: Legacy」は、"総まとめ的"かつ"決定版的"なものであり、"傑出した"ビジュアルが添えられ、彼ら自身の言葉でバンドの歴史が語られる。

テームズ&ハドソンが全世界のあらゆる言語での出版権を保持している。

Jacksons_on_beach credit Lawrence Schiller


この本には、ジャクソン家所有のアーカイブからの"空前絶後の提供を受けた未発表写真が掲載され、彼らの母親、キャサリンの写真も含まれている。

テームズ&ハドソンでは、4人の存命の兄弟たち(オリジナルメンバー5人の最年少のマイケルは2009年に死去)も加わって、テレビ・スペシャルやライブ・イベントなど"多層的な"プロモーション活動をするとしている。

■T&H: blame it on the book-ie

The Jackson siblings’ first ever official publication will be released by Thames & Hudson in 2017 to mark the 50th anniversary of the release of The Jackson Five’s début single “Big Boy”.

The Jacksons: Legacy is a “comprehensive” and “definitive” book that tells the band’s story in their own words, alongside “outstanding” visuals.

The publisher holds world rights in all languages.

The title features never-before-seen pictures gained from “unparalleled access” to the family’s archives, and includes images of their mother, Katherine.

T&H will support the book with a “multilayered” promotional programme with the four surviving brothers’ involvement—Michael, the youngest of the original quintet, passed away in 2009— including a proposed TV special and live events worldwide.

Source : thebookseller.com

新刊「Making Michael」

マイク・スモールコムの新著「Making Michael – Inside The Career Of Michael Jackson」は、マイケルのキャリアを土台としたマイケル本である。

真のマイケルはあまり知られていないとしてその真の姿を明らかにすべく読者を舞台裏に連れて行こうとするにあたり、イギリスのジャーナリスト、マイク・スモールコムは、センセーショナリズムには触れずに、公にされていなかったテリトリーに分け入っていく。

筆者は、マネージャーや弁護士、音楽関係者、プロデュ―サー、ミュージシャン、エンジニアなど60人以上のマイケルの仲間たちに話を聞いた。そしてその多くが、自分たちの経験を初めて公に語っている。

序文は、マイケルの長年かつ忠実なコラボレーターのマット・フォージャーが寄せている。「Making Michael」は読者をキング・オブ・ポップとともにスタジオへと招き、「Thrller」や「Bad」、「Dangerous」、「HISstory」といった記録破りのアルバムの制作過程へと導く。そして、その場で起きた出来事が辿られる。さらにスタジオ外でのマイケルのキャリアについての検証もなされ、今まで語られなかったストーリーなどが日の目を見ることになる。

スモールコムは客観性を失うことはなく、そして、数々のストーリーの顛末やマイケルの完璧主義の様子、苛烈な抜け目のなさ、負けず嫌いさなどあまり知られていないことを取り上げることを決して避けることはない。

各メディアの反応は:

「激しく、非凡である」(サンデー・エクスプレス)
「天啓である」(デイリー・ミラー)
「読み出したら止まらない魅力的な本だ。しっかりとした激しい、そして説得力がある。マイケルが存命なら、この本をとても誇りに思うだろう。真の、マスト・リードである」(ブライアン・オックスマン・ショーのプロデューサー、キャスリン・ミロフスキー)

アマゾンからの購入はこちら

ウェブサイトはこちら

■New Book – ‘Making Michael’

‘Making Michael – Inside The Career Of Michael Jackson’ is a revealing new book based on Michael’s career and written by Mike Smallcombe.

Side-stepping sensationalism, British journalist Mike Smallcombe enters unchartered territory as he takes you behind the scenes to reveal the real Michael, as he sees him, a man few people ever got to know.

The author has interviewed over sixty of Michael’s associates including managers, lawyers, music executives, producers, musicians and engineers, many of whom are speaking about their experiences publicly for the first time.

Featuring a foreword by Matt Forger (pictured above with Michael), one of Michael’s longest serving and most loyal collaborators, ‘Making Michael’ takes readers into the studio with the King of Pop, charting the creation of record-breaking albums including ‘Thriller,’ ‘Bad,’ ‘Dangerous’ and ‘HIStory’ and the twists and turns that occurred along the way. Untold stories, revelations and secrets finally see the light of day as Michael’s career outside the studio is also examined.

Smallcombe remains objective and doesn’t shy away from exploring the fall outs, Michael’s relentless pursuit of perfectionism and a cutthroat shrewdness and competitiveness few knew existed.

Here is what some of the media had to say:

“Explosive..extraordinary” – Sunday Express

“Revelatory” – The Daily Mirror

“A fascinating book that I could not put down. It’s fast, furious and truly compelling, If Michael were alive I am sure he would have been very proud of Mike Smallcombe’s book. This truly is it, a must read” – Kathryn Milofsky, Exec Producer Brian Oxman Show

To purchase the book from Amazon, please click here.

The website for the book is www.makingmichael.co.uk.

Source: Making Michael & MJWN

"スリラー"な新刊

巨大なアーティスト、マイケル・ジャクソンが残したものを修復する。スティーヴ・クノッパーは新著「MJ: The Genius of Michael Jackson」でそのような救済ミッションに取り組んでいる。

センセーショナルでカオスな裁判記録の海をさまよいたいのであれば他をあたっていただきたい。クノッパーの本は裁判の詳細を無視しているわけではない。ローリング・ストーン誌のエディターであり、タブロイド記者ではなく良心的な歴史家であるクノッパーは、それらから何がわかるのか、ということにのみ注力しているのだ。

際限なく複雑で、人を引き付けるこの題材について、彼の本は曇りのない冷静な視点で眺めている。クノッパーの主眼は、50歳で亡くなってから6年が経ったジャクソンの、20世紀後半のもっとも偉大なシンガーそしてダンサーとしての歴史上での地位を再評価することにある、と読者には注意しておくべきだろう(前半期はフレッド・アステアである)。すなわち、ポップ・ミュージックに対し長期にわたりインパクトを与えた世界的文化的現象は、ビートルズやエルヴィス・プレスリーに匹敵するものであるし、創造的先見性とその細部に徹底的にこだわる手法は、ビーチボーイズの奇人(そしてトラブルも同様に多い)、天才ブライアン・ウィルソンと同様に有名だ。クノッパーは後者の喩は取り上げないが、彼の分析手法に拠れば、両者を結び付けるのは容易だろう。

クノッパーが集めた400人以上のインタビューを追想し、観察する事によって、「MJ: The Genius of Michael Jackson」は、彼のストーリーの馴染みの側面について、巧みに詳述する。それは冷たく厳しいインディアナ州ゲーリーの製鋼工ジョー・ジャクソンで始まる。彼は5人の才能ある子供たちをR&Bの巡業に連れ出した。彼ら魅力的なジャクソン・ファイヴの子供たちは、70年代初頭までにはモータウンという音楽小屋の子供スターとなった。クノッパーの記述によれば、この時代すでに、マイケルは他の兄弟たちとは自分から隔たりを設けていたという。常に絵を描き、ダンサーやシンガー、そしてネズミまでも詳しく観察していたという若きマイケル最初期の逸話が紹介されている。こうして彼はロボット・ダンスをほぼ作り上げたのだ。

ジャクソンの生涯の転換点となったのは、ジャズ、ポップのアレンジャー、クインシー・ジョーンズとのパートナーシップだ。彼は初期のジャクソンのソロ・レコーディング、「Off the Wall(1979年)」、「Thriller(1982年)」、「BAD(1987年)」をプロデュースした。クノッパーが書いているように、これらの傑作を、そしてその後に続いた作品を形作ったのはジャクソン自身の努力、主には直観的な創造プロセスだ。

「彼は楽器を演奏することができませんでした」。「Thriller」に参加したあるスタジオ・キーボード奏者は振り返る。「彼はキーボードの音を出すことはほとんどできませんでした。彼は頭の中で、曲だけではなくアレンジまでも組み立て、やり通したのです・・・・。彼にはビジョンがあり、『そう、これだ』と言えるまで我慢できる忍耐がありました」。

ジャクソンの創作活動の浮き沈みを評価するにあたってクノッパーが見せるのは、厳しくかつ新聞記者的な詳しさであり、たとえば1983年のモータウン25テレビ・スペシャルで披露した「Billie Jean」でのムーンウォークは、フレッド・アステアをして翌朝に祝福の電話をかけさせた、というエピソードを紹介する。アステアは、「君は怒れるダンサーだ。僕も同じだよ」と言ったという。

「MJ: The Genius of Michael Jackson」は、マイケル・ジャクソンを糾弾するわけでもなく持ち上げるわけでもない。人は、彼が他者にとって謎であると同様に、彼は自分自身にとっても謎なのではと疑っている。そんなジャクソンについてのあらゆる質問に答えようとするわけでもない。だがこの本に提示されている疑問を差し挟む余地のない多くの答えの中でも特に重要なことは、境界を打ち破るジャクソンの才能の衝撃は世界に響き渡っているということだろう。

mj-book.jpg



■New MJ Book Is A ‘Thriller’

Steve Knopper is on a rescue mission: To restore Michael Jackson’s legacy as a significant artist with his new book ‘MJ: The Genius of Michael Jackson.’

Go elsewhere, in other words, if what you want from Knopper’s book is to wallow in the lurid farrago of indictments and trial records. Knopper’s book doesn’t ignores those details but Knopper, a contributing editor at Rolling Stone who is more conscientious historian than tabloid newshound, only deals with whatever can be substantiated.

His book has a clear-eyed composure regarding its endlessly complicated, compelling subject. It should also alert readers that Knopper’s principal objective is to re-establish Jackson’s historic stature, six years after his death at age 50, as the greatest song-and-dance man of the 20th century’s latter half (Fred Astaire owning the other); a global cultural phenomenon whose long-range impact on pop music was matched only by those of the Beatles and Elvis Presley; and a creative visionary whose meticulous studio coups were as notable as those of Brian Wilson, the Beach Boys’ similarly eccentric – and similarly troubled – genius savant. Knopper doesn’t use that latter analogy, though his mode of analysis makes it easy to make such connections on our own.

Through reminiscences and observations Knopper gathers from more than four hundred interviews, ‘MJ: The Genius of Michael Jackson’ deftly recounts the familiar aspects of the story, which begins with Joe Jackson, a cold, hard Gary, Ind., steelworker, pressing five of his talented young children into the rhythm-and-blues circuit. Those magnetic Jackson 5 kids become child stars of the Motown music stable by the early 1970s, though Knopper writes that even in those years Michael was distancing himself from his brothers. There are anecdotes scattered throughout the early chapters of the younger Michael incessantly drawing pictures and closely scrutinizing dancers, singers and even mimes – which is how he all but patented the Robot dance.

The turning point of Jackson’s life was his partnership with jazz-pop impresario-arranger Quincy Jones, who produced the three signature albums of Jackson’s solo recording career, 1979’s ‘Off the Wall,’ 1982’s ‘Thriller’ and 1987’s ‘Bad.’ As Knopper’s book cannily elucidates, it was Jackson’s own painstaking, mostly intuitive creative process that helped shape these masterworks – and those that followed.

“He couldn’t play an instrument,” one studio keyboardist who worked on ‘Thriller’ recalls. “He could barely play a few notes on a keyboard. He’d come up with not only elaborate songs but elaborate arrangements in his head and stick to them…He’d keep his vision and be as patient as he could until he’d finally say, ‘Yeah, that’s it.’”

Knopper shows similar critical and reportorial savvy in assessing Jackson’s creative peaks and valleys: The epochal ‘Billie Jean’ moonwalk on the 1983 Motown 25 TV spectacular which prompted a morning-after congratulatory phone call to Jackson from Astaire, who told him, “You’re an angry dancer. I’m the same way.”

‘MJ: The Genius of Michael Jackson’ does not attempt to condemn or ennoble its subject. Nor does it pretend to answer all your questions about Jackson, who one suspects was as much a mystery to himself as he was to others. But among the book’s many answers that can’t be questioned is the resonating impact of Jackson’s boundary-shattering talent.

Source: USA Today & MJWN

MJ旅行ガイド「Travelling With A King」 英語版発売へ

「TRAVELLING WITH A KING – BOOK 1」 マイケル・ジャクソン・パーフェクト旅行ガイド(英語版)

ベルギー・ブリュッセルのEditions Chronicaは、初となるマイケル・ジャクソン旅行ガイド「Travelling With A King – Book 1」英語版の発売を発表した。

初の旅行ガイドが世界公開へ。「Travelling With A King – Book 1」にはキング・オブ・ポップにゆかりのおよそ200か所が収録されている。スタジオや家屋、コンサート会場に像など、旅行するファンが必要とするものが、その場所の歴史的・地理的詳細も含めてすべて網羅されている。この本があれば、マイケル・ジャクソンの足跡とたどってムーンウォークができるし、史上最大のアーティストへの追悼とすることもできる。

Book1は「Travelling With A King」全2巻のうちの第1巻である。Book1に収録されるのは:
アメリカ(ニューヨーク、ラスベガス、ロサンゼルス、サンタイネス、ゲーリーその他)
カナダ
中南米(ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、ドミニカ、バハマ)
ボーナス(ヨーロッパとアジアから選抜)

Book2(Book1の後に発売)にはヨーロッパ(イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、スイス、ベルギー、オランダ)、ロシア、アジア(中国、日本…)、オーストラリア、アフリカが収録される予定。

全2巻で世界の400か所以上が網羅される。

「Travelling With A King」は旅行先だけではなく、旅の準備に自宅でも、あるいは単にマイケル・ジャクソンの「地理的伝記」として読んでもよい。

すべてのマイケル・ジャクソン・ファン必携である。

2014年にフランス語版が発売された本書(「Sur les pas de Michael Jackson」)はすでに世界中を旅する多くのファンの手助けとなっており、フランス語圏のファンから、またサイーダ・ギャレットやジャクソンズといった著名人からも評価をされている。

共著者のクリストフはこの本を書くことになったいきさつについてこう語っている。
「この本のアイディアは数年前アントワーヌと話していた時に生まれました。2人とも、観光で訪れた場所ではどこでもMJ関連のものを探すことにしているんです。例えばタイとか日本で、マイケル・ジャクソンにゆかりのある場所を探したことを覚えています。だからアイディアというのは、私たち自身のマイケル・ジャクソン・トラベルガイドを作るということだったんです。情報を集めて確認し本にするのに2年かかりました。膨大な作業でしたが、MJに対する情熱があれば、簡単なことだったように思います・・・」。

「Travelling With A King – Book 1」のプレオーダーは4月30日より。正式な発売は6月15日の予定。

詳細とプレオーダーはこちら

(参考)MJ旅行ガイド
COVER_Travelling_UK_-_resized.jpg

■‘Travelling With A King’
‘TRAVELLING WITH A KING – BOOK 1’ A COMPLETE TRAVEL GUIDE ABOUT MICHAEL JACKSON (ENGLISH VERSION)

Editions Chronica in Brussels, Belgium is pleased to announce the release of ‘Travelling With A King – Book 1,’ the first ever travel guide about Michael Jackson now in English.

This never before seen book is a worldwide premiere. ‘Travelling With a King’ contains nearly 200 places related to the late King of Pop. From studios to houses, venues and statues,… fans will find everything they need to know for their travels, including historical and geographic details about each location. Thanks to this travel guide, you’ll be able to moonwalk the world In Michael Jackson’s footsteps and pay tribute to the biggest artist ever !

The “Book 1” of ‘Travelling With A King’ is the first instalment in a series of two travel books about Michael Jackson. Book 1 contains MJ places from :

United States of America (New York, Las Vegas, Los Angeles, Santa Ynez area, Gary, and many other places)
Canada
South and Central America (Brazil, Argentina, Mexico, Dominican Republic, The Bahamas)
And as a BONUS: selected locations in Europe and Asia
Book 2 (to be released later) will include all the other locations in Europe (United Kingdom, France, Italy, Germany, Spain, Switzerland, Belgium, The Netherlands…), Russia, Asia (China, Japan,…), Australia and Africa.

The two volumes will cover the whole world with more than 400 incredible MJ locations.

Readers can use ‘Travelling With A King’ while on the go, but also at home for the preparation of their journey or, simply, to read it as a “geographical biography” of Michael Jackson.

This book is a MUST for all Michael Jackson fans.

Released originally in French in March 2014, the travel guide (called “Sur les pas de Michael Jackson”) already helped hundreds of fans to walk in the King of Pop’s footsteps all around the world and was appreciated by French speaking fans and famous people including Siedah Garrett and The Jacksons.

Co-Author Christophe had this to say to MJWN about how the book came about:

“The idea of the book came about a few years ago after talking with Antoine. Both of us used to look for MJ things to see in any cities we were sightseeing. I remember looking for Michael Jackson related locations while travelling in Thailand or in Japan for example. So the idea was to produce our own Michael Jackson travel guide. It took about 2 years to collect all the information, verify them and finish the book. It was an incredible amount of work but with our passion for MJ, it seems everything was easy…..”

Pre order for “Travelling With A King – Book 1” begins on April 30th. The official release of the book will be on June 15th 2015.

For further information please contact Christophe / Editions Chronica – or visit here to pre-order and for more details on the book.

Source: Editions Chronica and Paula Katsikas/MJWN, with special thanks to Christophe and Antoine.

米アマゾン、「Michael Jackson Conspiracy」を推す

ニューヨークタイムズ紙の書評で高い評価を得たこともある作家で、テレビ番組「True Crime(知られざる犯罪の裏側)」のホストでもあるアフロダイテ・ジョーンズの著書「Michael Jackson Conspiracy(マイケル・ジャクソン裁判)」は、2005年にカリフォルニア州サンタマリアで行われたマイケル・ジャクソンの裁判についての真実を概説している本である。

彼女は同書の中で、憎むべき噂や中傷的あてこすりをでっちあげた上に広め、下劣にも詳細にわたって報じ、加えて、裁判中にマイケルについてなされた卑劣な非難と身の毛もよだつ嫌疑のみを報じたメディアを非難している。

さらに彼女は同書において、マイケルの「異常な生活」の周囲に金になる産業を築き上げ、有罪となると見込んでいたメディアを詳述している。加えてメディアの間違った思い込みや法廷内で実際に起こっていたことが語られ、そこでマイケルがどれほど被害者だったのかを明らかにしている。

今秋に限り、米アマゾンでは同書のスペシャル・プロモーションを実施中で、ebookバージョンが98セントで発売中である(注:日本からは購入できないようです)。

■Amazon Promotes ‘Michael Jackson Conspiracy’

‘Michael Jackson Conspiracy’ by Aphrodite Jones, the New York Times bestselling author and star of ‘True Crime,’ is a book outlining the truth regarding Michael’s 2005 trial, in Santa Maria, California.

In her book she condemns the media for making up and spreading hateful rumours, innuendos and for recounting just the sordid details, plus reporting only the most despicable accusations and grisly charges made against Michael during his criminal trial.

She details how the media had built a highly profitable industry around Michael’s ‘freaky life’ and banked on his conviction. Aphrodite Jones’ ‘Michael Jackson Conspiracy’ tells how they got it all wrong and what really went on in the courtroom, revealing how Michael was the victim here.

For this week only, Amazon is doing a special promotion and is offering the eBook version of ‘Michael Jackson Conspiracy’ for just 98 cents. To purchase the book, click on the link here.

Source: Amazon.com & MJWN

マイケルの元マネージャーが本を出版

マドンナやポール・マッカートニー、そしてマイケル・ジャクソンといったスターたちの音楽マネージャーを務めたロン・ワイズナーが、音楽業界にいたころのことを暴露する本「Listen Out Loud」を出版した。

彼は70年代後半から80年代前半のマイケルをマネジメントし、「The Wiz」から「Off The Wall」、「Thriller」までのマイケルのキャリアを見ていた。この本でワイズナーは、マイケルが2009年6月に亡くなるまで24時間足らずの時点での彼との会話を語っている。

「私たちは最後まで親しい間柄でした。マイケルはロサンゼルスのダウンタウンでロンドンのO2アリーナでのショーのためのリハーサルをしていました。私は彼に会いに行き、目にしたものにショックを受けました。彼は強制収容所にいた人のように見えたのです。彼は明らかに具合が悪く、弱々しくて苦しんでいるようでした。『マイケル、もっと自分のケアをする必要があるよ』と私は言いました。彼は笑って、『わかってるよ、ロン。わかってる。でもこのショーは最大かつ最高のものにしなければならないんだ』と言っていました。最後の最後までマイケルは完璧主義者でした。彼はすべてのことについて可能な限り最高であってほしいと思っていましたが、彼の体にはそれは無理でした。私たちはサヨナラを言い、そして次の日、ラトーヤがあの病院から電話をかけてきて、そして彼が亡くなったと告げたのです」。

またワイズナーは、マイケルの父ジョー・ジャクソンとの関係、そして彼が見たマイケルとジョーとの関係についても語っている。彼はマイケルを自分の息子のようだと説明し、こう述べている。

「はじめから、マイケルについては世界が違うようなところがありました。ステージでは見たこともない才能のパフォーマーでした。ところがステージ以外では、彼は子供で、乱暴な父親に傷つけられつづけ、そして拒絶された子供時代を常に求めていました」。

ワイズナーによれば、マイケルがソロ・キャリアをスタートした時、ワイズナーはマイケルの親代わりのようになっていて、ディズニーランドに同伴したり、気まぐれに付き合ったりしていた。一度など、リベラーチェの演奏を聴きに行くといってベッドから引きずり出されたこともあるという。

また別の機会には、ワイズナーはロンドンのホテルで「Top Of The Pops 」(テレビ番組)を見ているとアダム・アントがやってきた。ワイズナーによれば、「彼はカッコよかったんです。ミリタリースタイルの制服を着ていて。マイケルは夢中になりましたよ。私はコスチューム・ショップへ行って、軍服を山ほど買って、そして衣装製作の担当者にそれらをステージ衣装に作り替えさせました。後にマイケルに言ったのです。『アダム・アントにヒントをもらったということにするつもりかい?』と。だけど彼はそうはしなかったのです」。

ワイズナーは、マイケルが少年といたところは見ているが、悪いことは何もしていないと信じていたという。

「マイケルが普通だったか?間違いなく普通ではありませんでした。じゃあ、彼は子供を虐待したのか?絶対ありません。マイケルは無実というだけでなく、無知だったのです。彼は子供が大好きでしたが、それは子供たちだけが、彼を利用しようとしないからだったのです」。

ワイズナーはマイケルの薬物問題や、ラトーヤとともにそれに介入しようとしたこと、ビートルズ・カタログ購入後のポール・マッカートニーとの関係についても触れている。

ron-book.jpg

Source: Daily Mail & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ