• Dangerousアートワークに関する本が発売へ
    「Dangerous – from Mark Ryden to Michael Jackson」は、マイケル・ジャクソンの音楽に詳しい作家のイザベル・プティジャンによる新刊だ。同書は画家のマーク・ライデンによる「Dangerous」のカバーの深部に迫る興じ深い本である。イザベル・プティジャンは投げかける。「あなたには、マイケル・ジャクソンとピーテル・ブリューゲル(父)、ヒエロニムス・ボスとの関係が見えるか?現代ポップカルチャーとファインアートはどのよう... 続きを読む
  • The Jacksons: Legacy
    あのジャクソンきょうだいの初の公式本が、ジャクソン・ファイヴのデビューシングル「Big Boy」のリリース50周年に合わせ、テームズ&ハドソンより2017年に発売される。「The Jacksons: Legacy」は、"総まとめ的"かつ"決定版的"なものであり、"傑出した"ビジュアルが添えられ、彼ら自身の言葉でバンドの歴史が語られる。テームズ&ハドソンが全世界のあらゆる言語での出版権を保持している。この本には、ジャクソン家所有のアーカイ... 続きを読む
  • 新刊「Making Michael」
    マイク・スモールコムの新著「Making Michael – Inside The Career Of Michael Jackson」は、マイケルのキャリアを土台としたマイケル本である。真のマイケルはあまり知られていないとしてその真の姿を明らかにすべく読者を舞台裏に連れて行こうとするにあたり、イギリスのジャーナリスト、マイク・スモールコムは、センセーショナリズムには触れずに、公にされていなかったテリトリーに分け入っていく。筆者は、マネージャーや弁... 続きを読む
  • "スリラー"な新刊
    巨大なアーティスト、マイケル・ジャクソンが残したものを修復する。スティーヴ・クノッパーは新著「MJ: The Genius of Michael Jackson」でそのような救済ミッションに取り組んでいる。センセーショナルでカオスな裁判記録の海をさまよいたいのであれば他をあたっていただきたい。クノッパーの本は裁判の詳細を無視しているわけではない。ローリング・ストーン誌のエディターであり、タブロイド記者ではなく良心的な歴史家である... 続きを読む
  • MJ旅行ガイド「Travelling With A King」 英語版発売へ
    「TRAVELLING WITH A KING – BOOK 1」 マイケル・ジャクソン・パーフェクト旅行ガイド(英語版)ベルギー・ブリュッセルのEditions Chronicaは、初となるマイケル・ジャクソン旅行ガイド「Travelling With A King – Book 1」英語版の発売を発表した。初の旅行ガイドが世界公開へ。「Travelling With A King – Book 1」にはキング・オブ・ポップにゆかりのおよそ200か所が収録されている。スタジオや家屋、コンサート会場に像など... 続きを読む
  • 米アマゾン、「Michael Jackson Conspiracy」を推す
    ニューヨークタイムズ紙の書評で高い評価を得たこともある作家で、テレビ番組「True Crime(知られざる犯罪の裏側)」のホストでもあるアフロダイテ・ジョーンズの著書「Michael Jackson Conspiracy(マイケル・ジャクソン裁判)」は、2005年にカリフォルニア州サンタマリアで行われたマイケル・ジャクソンの裁判についての真実を概説している本である。彼女は同書の中で、憎むべき噂や中傷的あてこすりをでっちあげた上に広め、下劣に... 続きを読む

Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

文字サイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

モバイルはこちらから

QR