「Say Say Say 2015」の12インチ・シングルが米国・英国限定で発売

独立系レコード・ショップを支援するアメリカのレコード・ストア・デイ向けに、「Say Say Say 2015 Remix」の12インチ・シングルが11月27日に発売されると発表された。同曲は、英国ではユニバーサル・レコードの「クリスマスの12日」キャンペーンの一環として、11月28日に発売される。

今回リリースされる曲は、元々はポール・マッカートニーの1983年のアルバム「Pipes of Peace」用にマイケル・ジャクソンを迎えて製作された曲で、先月発売された2015年リマスター盤のボーナス・ディスクに収録されたフル・リミックス・バージョンである。

B面は、オリジナル・シングルに収録されていたジョン・"ジェリービーン"・ベニテスによるインストゥルメンタル・バージョンを、今回の12インチ・シングル用にリマスターしたものである。

今回の12インチのスリーブはグラファイト仕上げのシルバー/ブラック・インク・プリントとなっている。

トラック・リスト
Side A
Say Say Say [2015 Remix]

Side B
Say Say Say (Instrumental) [2015 Remaster]

レコード・ストア・デイ
クリスマスの12日キャンペーン

418456950746.jpg


■‘Say Say Say 2015’ Vinyl Release

In celebration and support of independent record stores, it has been announced that ‘Say Say Say [2015 Remix]’ will be released on 12” vinyl this Friday, November 27th for Record Store Day in the US. The track will also be released as part of Universal Records’ ’12 Days of Christmas’ Campaign in the UK on Saturday November 28th.

The lead track of this limited release, originally recorded with Michael Jackson for Paul McCartney’s 1983 album ‘Pipes of Peace’, is the full remixed song as featured on the bonus disc accompanying the 2015 album remaster, released last month.

The B-side is an instrumental version of the song mixed by John “Jellybean” Benitez as featured on the original 12” single, remastered for this limited edition release.

The 12” sleeve is printed in silver and black with a graphite finish with transparent vinyl.

Tracklist
Side A
Say Say Say [2015 Remix]

Side B
Say Say Say (Instrumental) [2015 Remaster]

For more information about Record Store Day click here.
For more information about the 12 days of Christmas campaign click here.

Source: PaulMcCartney.com & MJWN

ポール・マッカートニーのリマスター・アルバムにマイケルの未公開映像

パイプス・オブ・ピース[スーパー・デラックス・エディション][+DVD] 【CD】
<アーカイヴ・コレクション>シリーズ第9弾
フォーマット:CD
品番:UCCO-90370
組み枚数:3
レーベル:Concord Records
発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売国:日本
発売日:2015.10.02
価格(税込)¥16,200

今回、アビイ・ロード・スタジオでリマスターされたアルバム音源に加え、ボーナス・オーディオ(CD 2)に「セイ・セイ・セイ」の最新リミックス・ヴァージョンを収録。このリミックスにはオリジナル・ヴァージョンに使用されなかったヴォーカル素材が使われている。またボーナスDVDには、ポールの自宅を訪問したマイケルとマッカートニー一家の姿をおさめた貴重なホーム・ムービー映像も収録。

Source: ユニバーサルミュージック

マイケル・ジャクソンへのラテン・トリビュートがナンバーワン・デビュー

マイケル・ジャクソンのファンでサルサの愛好家なら、キング・オブ・ポップを象徴する曲をフィーチャーした、Kickstarerで製作資金を得て製作されたサルサのアルバム「Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson」を要チェックだ。

アメリカとプエルトリコのファンたちの多くが「Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson」を購入し、好意的に受け止められた結果、ナンバーワンのセールスとなったことが明らかとなった。このアルバムはそのすさまじさでビルボードのトップ・トロピカル・アルバム・チャートのナンバーワンを奪取している。

すべてのトップをかっさらった「Smooth Criminal」などは最高だ!

トニー・サッカーによりプロデュースされた「Unity」は、キング・オブ・ポップに敬意を表した最初のラテン・アルバムであり、Universal Music Latin EntertainmentとUniversal Music Classicsにより、現在すべてのフォーマットで購入可能となっている。

サッカーはツイッターで興奮した様子を伝えている。「@unitylatintributeをリリースしてからのことについては感謝する以外のことが見つからないよ!」(http://ift.tt/1JrsqHV )

「Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson」はマイケル・ジャクソンの「Thriller」や「Billie Jean」、「I Want You Back」といった名曲をサルサやトロピカルのリズムと組み合わせ、鮮やかなアレンジを加えたものとなっている。

4月14日にリリースされたこのアルバムでは100人を超えるミュージシャンが起用されているが、著名なアーティストやミュージシャンの中には、ラテンのスーパースター、ティト・ニエベス、ジョン・セカダ、オビー・ベルムデスも含まれている。

プエルトリコ人シンガーのジーン・ロドリゲスはこのプロジェクトからのファースト・シングル「Smooth Criminal」に艶のある滑らかなボーカルを加えている。

「この曲は出だしからラテンのダンスフロアやラジオ向きに作られている。原曲の骨格を強調するコンガとホルンによるものだろう。加えて、ロドリゲスが英語のボーカルにある種の都会的なラテン系の嗜好を加えている」とビルボード誌は指摘している。

ペルーのリマ生まれで現在はフロリダ州マイアミに住む若きペルー系アメリカ人パーカッション奏者であるサッカーは、マイケル・ジャクソンの影響を受けてきた。マイケル・ジャクソンの死去後、彼は一連の印象的な追悼作品をあるユニークな方法で続けていきたいと考えた。マイケル・ジャクソンのサウンドをエネルギッシュなラテンのスタイルと組み合わせてパワーアップすることで新たな魅力を生み出したのである。

「僕はマイケルに大きく影響を受けました。私たちはみんな、彼にインスパイアされているのです」とサッカーは言う。マイケル・ジャクソンの曲はあらゆる文化や人種的な背景に加え、よりよき明日のための人類の一体化をも楽しむものだと彼は付け加えた。

「マイケルの音楽で突出しているのは愛です。それを具体化したものが一体化(Unity)なのです。僕はこのタイトルを、あることを象徴するものにしたかったのです。つまり、ラテンのルーツとアメリカのポップ・カルチャーの真の融合です。そしてマイケルのレガシーがづっと続くような手助けがしたかったのです」。

UNITY: The Latin Tribute to Michael Jackson Teaser 2015


■Latin Tribute to Michael Jackson Debuts at No. 1

If you are a Michael Jackson fan and you love salsa music, then you need to check out “Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson,” a new salsa-infused, kickstarter-funded album that features the King of Pop’s iconic tunes.

It turns out that fans in the U.S. and Puerto Rico have caught onto it and embraced “Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson” so much so that it has debuted as No. 1 in sales. The album is so fierce that it also nabbed the No. 1 spot on Billboard’s Top Tropical Albums chart.

Talk about a “Smooth Criminal” stealing all the top slots!

Created by producer/multi-instrumentalist/arranger Tony Succar, “Unity” is the first-ever Latin album salute to the King of Pop and is available now in all formats on Universal Music Classics in collaboration with Universal Music Latin Entertainment.

Succar shared his excitement via Twitter: “Can’t be anymore thankful for everything that is happening with @unitylatintribute ! Here … http://ift.tt/1JrsqHV “

“Unity: The Latin Tribute To Michael Jackson” features Jackson’s record-breaking “Thriller,” “Billie Jean” and “I Want You Back” incorporated into salsa, tropical rhythms and vibrant arrangements.

The album, which was released on April 14, features over 100 musicians including Latin superstars Tito Nieves, Jon Secada, Obie Bermúdez, among many other notable artists and musicians.

Puerto Rican singer Jean Rodriguez brings his sultry, smooth vocals to Jackson’s “Smooth Criminal,” the first single from the project.

“The song seems set for Latin dance floors and radio from the first minute, thanks to the congas and horns punctuating the framework of the original song — plus, Rodriguez brings some urban Latino love to the English vocals,” Billboard points out.

Succar, a young Peruvian-American percussionist who was born in Lima, Peru and lives in Miami, Florida, was inspired by the world-class performer throughout his whole life. After the pop icon's passing, he wanted to carry on his memory and impressive body of work but in a unique way. He revived Jackson's sound with an energetic Latin spin, giving it an impressive boost.

"Michael influenced me so much and inspired all of us," Succar said. He added that Jackson's songs revel in all different cultures and racial backgrounds as well as the "unification of human beings for a better tomorrow.

"The one thing that stood out in Michael's music was love. The reality was unity," Succar explained. "I also wanted the title to stand for something: a real marriage between Latin roots and American pop culture, and to help keep Michael's legacy alive."
Check out "UNITY: The Latin Tribute to Michael Jackson Teaser 2015."

Source: Melissa Castellanos / m.castellanos@latinpost.com / MJ-UPBEAT.com

「There Must Be More To Life Than This」レビュー(LMJ)

今週、クイーンのニューアルバム「Queen Forever」がリリースされた。これは編集盤であり、また、バンドが「忘れていた」フレディ・マーキュリーのボーカルの曲が収録されている。収録曲は1973年から2014年の間にレコーディングされたものである。

リリースを前にバンド・メンバーのブライアン・メイが、マイケル・ジャクソンとレコーディングしたものは2曲リリースされると述べていたが、アルバムへ収録されたのは1曲だけであることが明らかとなっている。これがクイーンの選択なのか、あるいはマイケル・ジャクソン・エステートが制限があったために2曲収録の許可が下りなかったのかははっきりしていない。

フレディとマイケルのデュエット、「There Must Be More To Life Than This」はフレディの作であり、プロデュースとミックスはウィリアム・オービットが担当した。演奏部分には、元メンバーのジョン・ディーコンがベースをプレイした「Hot Space」セッションでレコーディングされた1981年のオリジナル・トラックが含まれている。曲の長さは3分20秒だ。

私たち(LMJ)の「There Must Be More To Life Than This」への評価は・・・

曲を聞くとすぐに、まさに典型的なクイーンのサウンドであると思うだろう。間違いなく80年代の曲だが2014年に聴いても依然として素晴らしい。だがマイケルが単独で歌っている短い4行の部分を除き、デュエットというよりは、マイケルをバック・ボーカルとしているように聴こえる。歌っているのはフレディで、マイケルが数行続き、そして数行を一緒に歌う。だが、この曲にはこれしか歌詞がないのだ。大部分はタイトルを形を変えて繰り返している。

この曲は、聞いてすぐに私たちを興奮させたというわけではない。ところが数度聞くとなじんでどんどん好きになっていく。マイケルとフレディが一緒に歌っている部分は鳥肌ものだ。二人の声が、ここではとてもよくフィットしているように思えるからだ。これは私たちが全く予期していなかったことである。

マイケルの声は1分21秒付近から始まる。

There must be more to life than killing
A better way for us to survive
I live in hope for a world filled with love
Then we can all just live in peace

その後、フレディとマイケルが一緒に歌う。

There must be more to life than this
There must be more to life than this
I live in hope for a world filled with love
There must be more to life than this
There must be more to life, much more to life, much more to life
There must be more to life, more to life than this

QueenForever.jpg

■‘There Must Be More To Life Than This’ on Queen Forever (LMJ Review)

This week (November 10th) the new Queen album Queen Forever was released. It is a compilation album and features tracks the band had “forgotten about” with vocals from original front man Freddie Mercury. The music has been recorded between 1973 and 2014.

Before the release band member Brian May stated that two new songs would be released which were recorded with Michael Jackson. It is now clear that only one of the songs has been put on the album. It is not clear if this was a choice made by the band or if they were just not allowed to put two on the album because of limitations by the Michael Jackson Estate.

The duet track of Freddie and Michael There Must Be More To Life Than This is written by Mercury and produced and mixed by William Orbit. It contains the original 1981 backing track recorded during the “Hot Space” sessions by Queen with John Deacon on bass. It is featured on the first disc (if you buy the Deluxe version). It’s length is 3:20 minutes.

So what do we think about There Must Be More To Life Than This?

When you put on the track you immediately recognize it is a song with a true and typical Queen sound. Definitely an eighties song and still very nice to hear in 2014. It doesn’t really sound like a duet though, more like they used Michael for backing vocals, except for the four short lines Michael sings alone. It’s Freddie singing, followed by a few lines by Michael and than a few lines together. But than again the song doesn’t have that many lyrics anyway. Most of the text is repeating the title in different ways.

At first the song didn’t get us very excited but after listening it a few times you grow into it and start liking it more and more. The part were Michael and Freddie sing together gave us goose bumps because their voices seem to fit so good together here. Not at all what we expected.

Michael’s voice starts at 1:21, singing:

There must be more to life than killing
A better way for us to survive
I live in hope for a world filled with love
Then we can all just live in peace

Later Freddie and Michael sing together:

There must be more to life than this
There must be more to life than this
I live in hope for a world filled with love
There must be more to life than this
There must be more to life, much more to life, much more to life
There must be more to life, more to life than this

The song is a must-buy for Michael Jackson and Queen fans and now available in iTunes!

source: Legendary Michael Jackson

クイーンのロジャー・テイラーがMJについて言及

ロジャー・テイラーが2作のソロ作品集を準備している。10月27日発売予定の「Best」は、1977年のパーラメントの「I Wanna Testify」のカバーから、2013年のアルバム「Fun On Earth」までの厳選された18曲が取り上げられ、クイーンの盟友フレディ・マーキュリーやブライアン・メイもゲスト参加していたテイラーのバンド、ザ・クロスの音源も含まれている。その後、11月11日には全ソロ作品のボックスセット「The Lot」が発売される。これにはCD12枚とDVD1枚、それに64ページからハードカバーの本が封入されている。

その後、彼はクイーン・モードになる。まず最初は、11月11日発売のクイーンの紺ぴレーション・アルバム「Queen Forever」で、3曲の未発表曲も収録され、その中にはフレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンのデュエット「There Must Be More to Life Than This」も含まれる。

「これはレコード会社が是が非でも欲しがっていたモノだよ。未発表が3曲あったから、なんとか面白いコレクションを作り上げようと頑張ったんだ」。

「Queen Forever」はシングル・ディスク・バージョンとダブル・ディスク・バージョンで発売される。テイラーによれば、マーキュリーとジャクソンの音源がもう1曲あるが、クイーンはそれをリリースする許可が得られていないという。

「違うレコード会社が絡んでるから複雑なんだ。問題解決、リリース許可が得られた、と思ったんだけど、楽な交渉ではなかったよ。とにかく、フレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンという二人の偉大な才能がもういないなんて、残念でしょうがないよ」。
QueenForever.jpg

■Queen’s Roger Taylor Talks Solo Work & MJ
Roger Taylor is taking a minute to shine a spotlight on his work outside Queen.

The drummer has two collections of his solo work coming. Best, due out Oct. 27, features 18 selected tracks ranging from his 1977 rendition of Parliament‘s “I Wanna Testify” to his 2013 album Fun On Earth, as well as material from his side band The Cross that included guest appearances by Queen mates Freddie Mercury and Brian May. That will be followed on Nov. 11 by The Lot, a boxed set of all of Taylor’s solo material on 12 CDs and one DVD, including a 64-page hardbound book.

Queen to Release New Album, Unreleased Freddie Mercury Songs

Taylor tells Billboard that going solo “wasn’t a case of drummer-itis … it was just that I felt capable of doing stuff on my own and I thought I’d like to do something that was just mine and not always being part of a band.”

With the upcoming packages, Taylor says, “It’s very weird, but it’s very sort of satisfying for me to have all the stuff I’ve done by myself in one sort of neat package. It’s very nice. It feels like I can draw a line and move on.”

He’ll next be moving back into Queen mode. First up is Queen Forever, a compilation coming Nov. 11 that includes three unreleased tracks, including the late Mercury’s duet with Michael Jackson, “There Must Be More to Life Than This.”

“It was really something the record company wanted,” Taylor says, “and we did have these three tracks that have never been heard, so we tried to put together an interesting collection.”

Queen Forever comes in both single- and double-disc editions, and Taylor says there’s another track that Mercury and Jackson recorded together, but Queen hasn’t received permission to release that.

“Obviously with different companies involved, it’s quite complicated,” he notes. “We seemed to resolve something and we have permission to release this one track, but it was not the easiest (negotiations). And I think, what a shame — Freddie Mercury, Michael Jackson, two great talents, neither of them is with us anymore.”


Brian May Launches ’40 Years of Queen’ Ebook

Queen + Adam Lambert, meanwhile, is gearing up for more work after touring North American and Australia this year. The group kicks off a European tour Jan. 13 in the United Kingdom, which Taylor predicts “will be interesting for Adam because I think he’s more known in the States and places like Australia than he is in Europe.”

“But it’s been fantastic everywhere,” he says about the previous touring. “Every night, every place we went, the reception was tremendous and that was a delightful surprise just to think that after all these years we can still go out and do it. But it was great with Adam, I have to say. He really fitted in beautifully.”

And, Taylor says, he’s hoping for an opportunity to see if that fit extends to the recording studio for some new music together. He says,

“I think it would be a very interesting experiment,” he says. “It would be nice to just go in and see what came out. I don’t know if it would be an album or anything, but I think it’s too good a marriage to jsut let it go at touring. I’m sure we’ll do something. His voice is so extraordinary, and it’s a beautiful instrument. I think it would be nice.”

Taylor adds with a laugh that, “I guess we better come up with some material. We’ve sort of mentioned it, yeah, but not in a serious way. I think we’ll probably get this [European] tour over with and maybe come up while we’re touring, ‘Do you want to go in and try to write something?’”

Duets Featuring Michael Jackson, Freddie Mercury to Be Released

Taylor adds that the group did film a show in Sydney and also recorded audio every night, which will result in some sort of release “that will be out there at some point,” though no details have been determined.

Source: Billboard / Gary Graff / MJ-Upbeat.com

マイケルとクイーンのコラボレーションが発表される

マイケル・ジャクソンとフレディ・マーキュリーのデュエットを含む3曲の未発表曲を収録したクイーンのニューアルバム「Forever」のリリースが発表された。

このアルバムは2014年11月10日に発売される。マイケルとのコラボレーションは「There Must Be More To Life Than This」という曲で、クイーンの1981年のアルバム「Hot Space」のセッション中にマーキュリーが書いた曲が元になっている。バンドがバック・トラックをレコーディングしていたが未完のままであった。マーキュリーはロサンゼルスのマイケル・ジャクソンの自宅スタジオを訪問し、未完成バージョンのためにマイケルがこの曲を歌ってレコーディングされた。1984年の「The Works」のセッション中にもクイーンはこの曲に再び手をつけたが、この時も完成しなかった。その1年後、マーキュリーのソロとしてのデビュー・アルバム「Mr Bad Guy」に、マーキュリー・バージョンが収録された。

マーキュリーがピアノを弾くマイケルのオリジナル・ソロ・レコーディングは、マイケルとマーキュリーのデュエット「State of Shock」(ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとのデュエットとして最終的にリリースされた)とともに、以前ネット上にリークされているが、「Victory」というタイトルだと噂されている3曲目は一度もリークされたことはない(「Victory」は、「State of Shock」が収録されたジャクソンズのアルバムのタイトルである)。

今朝、BBSラジオ2の朝の番組で披露されたニューバージョンは、クイーンの元々のバック・トラックと、マーキュリーとマイケルの際立つボーカルを融合させたものである。プロデュースとリミックスはウィリアム・オービットが担当した。レコーディングについて、オービットはこう語っている。

「マイケル・ジャクソンのボーカルを聴くということは感動的なことでしたよ。鮮やかで、クールで、感動的でした。スタジオで生で歌っているかのようでした。ミキシング・デスクでフレディのボーカル・ソロと合わせると、彼の才能に対する私の評価はさらに高くなりました」。



フルバージョンと、BBCラジオ2のクリス・エヴァンスによるこの曲についてのクイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーのインタビューはこちら(1:42付近)。

■Michael And Queen Collaboration Released

Queen have announced the release of a new album called ‘Forever,’ which features three unheard tracks, including one duet between Michael Jackson and their late frontman Freddie Mercury.

The album will be released on 10th November 2014. Michael’s collaboration is on the track ‘There Must Be More To Life Than This,’ which began as a song written by Mercury during sessions for Queen’s 1981 album ‘Hot Space.’ The band recorded a backing track, but the song was never completed. Mercury visited Michael Jackson at his home studio in Los Angeles where he recorded Michael singing the song for an unfinished version. Queen revived the track during sessions for 1984’s ‘The Works,’ but again it was not finished. A year later, Freddie’s own version of the song surfaced on his debut solo album ‘Mr Bad Guy.’

Michael’s original solo recording of the song with Mercury playing the piano, along with a duet between him and Mercury on ‘State of Shock’ (released eventually as a duet with Rolling Stones frontman Mick Jagger), have been previously leaked online. A third song rumoured to be entitled ‘Victory’ (the name of the Jacksons album ‘State of Shock’ was recorded for) has never been heard.

This new version, which was premiered on the BBC Radio 2 breakfast show this morning, fuses Queen’s original backing track and Frieddie and Michael’s distinctive vocals. It’s produced and remixed by William Orbit. On the recording, Orbit has said;

“Hearing Michael Jackson’s vocals was stirring. So vivid, so cool, and poignant, it was like he was in the studio singing live. With Freddie’s vocal solo on the mixing desk, my appreciation for his gift was taken to an even higher level.”

The album is available as a 2 disc special and can be pre-ordered here.

Listen to the track here:

You can listen to the full song and interview with Brian May and Roger Taylor from Queen talk to Chris Evans on BBC Radio 2 about the song here (scroll to 01:42)

Source: Gigwise & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ