没後10年、マイケル・ジャクソンが遺したものはどこへ?

ラジオ・プレイは微減、しかし「Leaving Neverland」放映後もラスベガスのショーは続き、ブロードウェイは引き続き検討中である。

フェドラに片方だけの白いグローブ、キラキラ光るミリタリー・ジャケット。ムーンウォーク。4人組による完ぺきにシンクロした「Smooth Criminal」のダンス。

世界中から集まった60人のスーパーファンたちが月曜日にハリウッド通りのゲームセンターに集まった。彼らのヒーローを称えるダンスと歌と祈りの2日間の始まりだ。

子供の時に「A-B-C-1-2-3」を歌っていたことを思い出している者、「Thriller」を聴いていた者の中には50代、60代になっている者もいる。しかし、このショーの主役は、ジャクソンが亡くなった時にはほんの幼児だった子だ。10歳の少年ルーディー・パーラがローファーと白いグローブを身に着けてゲームセンターの床を滑っていく。YouTubeで勉強したムーヴの完全コピーだ。もう一人のダンサー、ガワーディー・ホートン(38)がルーディーにフェドラを手渡した。このパーティーのマイケルの戴冠だ。

亡くなって10年となる火曜日、数多のマイケル・ファンやライト・リスナーたちは、あのニュースをどこで、いつ聞いたかを振り返った。睡眠補助に処方された薬物の過剰投与によりジャクソンが50歳で亡くなったことは、世代を超えたショックの出来事であった。一方でこの出来事は、矛盾する一般大衆が、彼の幼児との振る舞いに対する不適切な噂を棚上げにすることにつながった。

しかし、この記念日のほんの数か月前、HBOのドキュメンタリー「Leaving Neverland」が放映さ、ジェームズ・セイフチャックとウェイド・ロブソンの二人が7歳の時に始まったジャクソンによる性的虐待を語った。2005年、ジャクソンは別の少年に対する性的虐待の容疑について無罪評決を受けた。しかし、性的虐待に対する注目が高まっている中での二人の男からの新たな証言に、多くの人々はジャクソンのレガシーが色あせるのではと思った。

その答えがわかるには10年かかる可能性もある。

HBOの広報によると、二部構成の「Leaving Neverland」の前半部の視聴者数は920万人で、HBO史上最多のドキュメンタリー視聴者数だという。しかし一方で、ジャクソンの楽曲のストリーミング数や売り上げ数は、ニールセンによれば年初より微減だ。3月の放映直後にはラジオ・プレイの回数は急減し、ラジオ局の一部は放送禁止にすると表明したが、1月時点でのものよりは少ないものの、プレイ回数は徐々に回復している。

マイケル・ジャクソン・エステートは他の手段でも収益を上げ続けている。ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」は上演を続けている。彼の楽曲「Don’t Stop ’Til You Get Enough」を元にしたミュージカルもブロードウェイでの上演に向けて計画が進められている。プロデューサーらは労働争議に言及してドキュメンタリー放映前にテスト上演を延期したが、依然として今夏のオープニングを目指している。

ジャクソンの評価についての、小さいが重要な住民投票について、ジャクソンが一時通っていたハリウッドのガードナー・ストリート小学校が、同校のオーディトリウムからジャクソンの名前を外すかどうかと問う投票を、保護者や職員を対象に今春行った。保護者らは現状を維持した。

ニューヨーク・タイムズの元演劇評論家マーゴ・ジェファーソン(ジャクソンについての「On Michael Jackson」という著書がある)は、自身はいまだに彼の音楽を聴いているものの、それは複雑さと葛藤が山積みになった状態だという。

「私が思うに、買っているのか、観ているのかという問題ではなく、それをどう思っているのかという問題なのです。例えば彼が父親から虐待されたこと、時には、それが才能に磨きをかけることになったとはいえ、過酷な仕事で酷使されたこと、などを考えると、私の中の気分は変化します。彼が止めることができなかった虐待と痛みのサイクルに対する憎悪で一杯になることもあります」と彼女は書いている。

「Leaving Neverland」の監督のダン・リードは、「モラル・ポリスが文化的遺物や、歌、書籍、詩などを入念に審査するなどというものは見たくありません。最後には大部分を排除してしまうであろうからです。マイケル・ジャクソンの音楽をどうするべきかの決まったやり方があればよかったのですが、それはないのです」と述べている。

エステートの共同遺言執行人のジョン・ブランカは、ジャクソンは、モータウンの創設者のベリー・ゴーディ・Jrに、「史上最大のエンタテイナーであると称賛されたと指摘している。

「10年経っても彼はその地位を維持しています。彼の文化的貢献と、常に変わらない情熱を湛えたアートの優雅さいうレガシーを受け継いだ新しい世代とともに」とブランカは言う。

このドキュメンタリーの二人の男はエステートを訴えていた(今のところうまくいってない)ということを挙げ、ブランカは「存命中に無罪評決を受けた人物に対して起こされた誤った訴訟に関する怪しげな情報が、その無罪評決を変えることなどあり得ないのです」と述べた。

ロサンゼルス地区に月曜日と火曜日に集結した多くのファンの間では、ドキュメンタリーに言及すると反射的な拒否反応が見られた。ニュージーランドの幼稚園教諭レイチェル・ジラード‐テュー(32)は、「正直言って、あれが命日を前に人々をより団結させたのだと思います。ファンは調べていますし、私たちはあれがゴミ屑だと確信しています」と語った。

ジラード‐テュー氏は月曜日のダンス・パーティーを企画した。このパーティーにはドイツや日本、ロシア、アルゼンチン、イスラエル、オーストラリアなどからファンが集まった。ブラジル・サンパウロから来た59歳の女性は、マイケル・ジャクソンをテーマとしたホステルを運営しており、そのプールの底にはマイケルの頭部のシルエットが描かれているという。

オーストリア・グラーツのペギー・ウルフ(61)はマイケル・ジャクソンのダンス・チーム、Dancing Dangerousを運営している。彼女の衣装はマイケルのステージ衣装や普段着が元になっている。すべて手作りだ。

「彼が亡くなった時、昼食の準備をしていたんです。ショックでした。立ち直るのに数年かかりましたよ」と、キラキラ光る青いジャケットを着た彼女は語った。

彼女は「Leaving Neverland」の公開について前向きに捉えている。ファンの団結を強め、「マイケル・ジャクソンに興味がなかった人々が彼を注目するようになった」と彼女は語った。

■Where Is Michael Jackson’s Legacy 10 Years After His Death?

Radio play is down slightly, but the King of Pop’s Vegas show goes on and Broadway is still in the air despite HBO’s “Leaving Neverland.”

LOS ANGELES — There were fedoras and single white gloves and sequined military jackets. There was lots of moonwalking. Four people danced the choreography of “Smooth Criminal” in perfect sync.

Five dozen Michael Jackson superfans from around the world had come to a gaming arcade on Hollywood Boulevard on Monday, the beginning of two days of dancing, singing and prayers in honor of their hero.

Some remembered singing “A-B-C-1-2-3” as children; others listened to “Thriller” well into their 50s and 60s, but the one who stole the show was just an infant when Jackson died: a 10-year-old boy named Rudey Parra who glided across the arcade floor in his loafers and white glove, a flawless re-creation of moves he’d studied on YouTube. Another dancer, Gowardy Horton, 38, gave Rudey his fedora, crowning him the party’s reigning Michael.

On Tuesday, the 10th anniversary of his death, millions of Jackson’s fans and casual listeners recalled where they were when they heard or saw the news. Jackson’s death at age 50, from an overdose of drugs he had been administered to help him sleep, was a generational moment of shock. It also allowed a conflicted public to put off dealing with the uncomfortable rumors about his behavior with children.

But the anniversary came just months after the airing of the HBO documentary “Leaving Neverland,” in which two men, James Safechuck and Wade Robson, described years of sexual abuse at Jackson’s hands, beginning when they were as young as 7. Jackson had been acquitted in 2005 of charges he molested a different boy, but the fresh accounts from the two men, at a time of heightened awareness of sexual abuse, made many wonder whether Jackson’s legacy would be tarnished for good.

It could easily take another decade to learn the answer.

A spokeswoman for HBO said the first of the two parts of “Leaving Neverland” has been watched by 9.2 million viewers, making it the most-seen HBO documentary ever. But at the same time, streams and purchases of Jackson’s music are down just slightly from the beginning of the year, according to Nielsen. And while his radio play dropped off significantly right after the documentary aired in early March, and a few stations said they would ban his songs from their airways, his plays have crept back up, though to lower levels than in January.

Jackson’s estate continues to earn money in other ways, too. “Michael Jackson ONE,” a Cirque du Soleil show in Las Vegas, is still going. A musical based on Jackson’s songs, “Don’t Stop ’Til You Get Enough,” continues working its way toward Broadway. The producers postponed a development session just before the documentary aired, citing a labor dispute, but are still aiming for an opening next summer.

In a small but telling referendum on Jackson’s reputation, a school in Hollywood that Jackson briefly attended as a child, Gardner Street Elementary, held a vote among parents and staff members this spring on whether to remove his name from the auditorium. They kept it.

Margo Jefferson, a former theater critic at The New York Times who wrote a book about the singer, “On Michael Jackson,” said that she still listened to his music, but she described it as a process stacked with complexity and conflict.

“The question is, I think, less a question of are we buying or watching, but what are we making of it?” Jefferson said. “My mood changes when I think about the way he was mistreated by his father, for example, and sometimes just by the sheer power of the work that went into developing the talent.”

“And sometimes,” she said, “I’m overwhelmed with horror by a cycle of abuse and pain that he didn’t stop.”

Dan Reed, the “Leaving Neverland” director, said he “wouldn’t like to see some kind of moral police vetting every single cultural artifact we have, every song, every book, every poem, because I think we’d end up eliminating a large part of it.”

“I wish I had a formula for what we should do with Michael Jackson’s music,” he said. “But I don’t.”

John Branca, co-executor for the Jackson estate, noted that Jackson had been eulogized by Berry Gordy Jr., the founder of Motown Records, as “the greatest entertainer that ever lived.”

“Ten years later he remains just that,” Branca said, “with new generations embracing the legacy of his cultural contributions and the elegance of his artistry as passionately as ever.”

Noting that the two men in the documentary had sued the estate (so far, unsuccessfully), he added: “No discredited infomercial for a failing lawsuit against a man declared innocent in life is ever going to change that.”

Among many of the fans who gathered on Monday and Tuesday in the Los Angeles area, any mention of the documentary was met with reflexive dismissal. “To be honest, it’s made people more determined to celebrate,” said Rachel Gillard-Tew, 32, a pre-K teacher from New Zealand. “The fans have done the research and we’re quite convinced it’s rubbish.”

Ms. Gillard-Tew organized Monday’s dance party, which drew fans from Germany, Japan, Russia, Argentina, Israel, Australia and elsewhere. There was a 59-year-old woman from São Paulo, Brazil, who runs a Michael Jackson-themed hostel with a silhouette of his head at the bottom of its pool.

Another visitor, Peggy Wolf, 61, runs a Michael Jackson dance troupe, Dancing Dangerous, in Graz, Austria. Her entire wardrobe is inspired by Michael’s stage costumes and his everyday wear. She makes it all herself.

“When he died, I remember I was preparing lunch,” said Ms. Wolf, who was wearing a blue-sequined jacket. “I was broken. It doesn’t get better over the years.”

She even managed to put a positive spin on the release of “Leaving Neverland.” She said it brought his fans even closer together, and “a lot of people who were never interested in Michael Jackson are starting to look into him.”

Source : New York Times

Leaving Neverland : ‘Chase The Truth’

「Chase The Truth」は、マイケルの元ボディーガードのマット・フィデスによるドキュメンタリーだ。「Leaving Neverland」に対する反論として今月発表される。

フィデスはインスタグラムへの投稿で、このドキュメンタリーが「真実を明らかにする」と述べ、2本目のティーザーを受け取ったと付け加えた。「これがそう!よさそうだね!僕が#leavingneverlandの監督だったら、自分のキャリアがとても心配になっていたところだよ!さあ、この#michaeljackson ドキュメンタリーを応援して、真実を明らかにしよう!」



■‘Chase The Truth’
‘Chase The Truth’ is a new documentary by Michael’s bodyguard Matt Fiddes, that will be launched next month, in response to the ‘Leaving Neverland’ documentary.

Posting on Instagram today Fiddes said it will “get the real truth out,” adding that he had just been sent the second teaser for the show. “Here it is! It’s looking good!” Fiddes said. “If I was the director of #leavingneverland I would be very concerned about my career right now! Let’s all get behind this #michaeljackson documentary and get the real truth out!”
Source: Mirror & MJWN

Leaving Neverland : ボーイ・ジョージ、”ドキュメンタリー”に言及

英国人歌手のボーイ・ジョージが、論争となっているHBOのドキュメンタリーを観た後の複雑な心境と、問題点について語った。

ボーイ・ジョージは「Watch What Happens Live」に出演し、マイケル・ジャクソンを扱った「Leaving Neverland」に関してジャーナリストらが批判している、一つのカギとなることについて指摘した。

「こうしたドキュメンタリーには出てこないものの一つに、『疑惑』という言葉があると思う」とボーイ・ジョージはアンディ・コーエンに対して語った。「こういうことが起きました、だから私たちはそれを受け入れるべき、というのは当たり前とされてるよね」。

被害者の言葉を聞き、信じるという時代において、多くの人々が困惑している。なぜなら、本ドキュメンタリーは、中心人物であり虐待の被害者とされる二人の人物、ジェームズ・セイフチャックとウェイド・ロブソン以外の立場からの話が一切提示されないからだ。

結果、誰の目から見ても身の毛のよだつストーリーでありながら、彼らの話には実質的な裏付けがない。「そして、残念ながら彼は申し開きができないんだ」とボーイ・ジョージはジャクソンについて述べた。

しかしながら、彼の家族は健在で、すぐさま本ドキュメンタリーを非難し、放映されれば訴訟も辞さずとHBOに訴えた。ジャクソンは、訴えられた児童性的虐待について完全に無罪とされ、亡くなるまで無実であるとされてきた。

そのため、「Leaving Neverland」の視聴者に不快感が残り、同時に不安感が残ることになるのだ。
「このドキュメンタリーについて興味深いと思うことは、たくさんの情報が提示されるけど、価値があるなと言えるようなものが何も残らないということなんだ。ただ見て、そして忘れてしまう。『言えることはない』っていうこと。わかりますか?」

ボーイ・ジョージとマイケル・ジャクソンはともに80年代を通じてとてつもない成功を楽しんだが、ジャクソンと友情というようなものはなかったとボーイ・ジョージは認めている。「でも、多くの人と同じように、僕も大ファンだったよ」。

「難しいことだね。人は、何かを語っている人を軽蔑したくはない。でも、マイケル・ジャクソンが抗弁できないという事実を無視したいとも思っていないんだよね」。

「そうですね、どちらにしても」とコーエンは締めくくった。

そしてそれこそが、”#MeToo”の時代に「Leaving Neverland」が論争となる理由だ。ジャクソンは児童性的虐待で告発されてきたがいずれも有罪とは認められなかった。ロブソンとセイフチャックは彼の存命中に彼のために証言しているのだ。

ドキュメンタリー中、彼らはこれを立ち直る過程の一環だったと説明している。しかしジャクソンの代理人へのインタビューや、ジャクソン自身の釈明もなく、多くの人々に著しく一方的だとの印象を与えている。

そしてボーイ・ジョージが抱いたように、視聴者にはすっきりしないものが残されることとなる。そして、ジャクソンが告発されてきたことは本当なのかどうかという10年スパンの論争に対しなんら解決を与えていない。彼を擁護する立場では、考えを変えるようなことは何もなく、一方で中傷する側にはさらなる証拠と映るのである。

そしてボーイ・ジョージと同様、多くの人々には複雑な心境が残された。処理すべき不安材料が多くあるが、ジャーナリズム的な適正な視点を欠き、解決ではなくむしろ混乱をもたらす証拠というように感じられるのだ。


■The British singer talks about his complicated feelings after watching the controversial HBO docuseries and what it's missing.

Boy George dropped by the "Watch What Happens Live" clubhouse and pointed out the one key thing that journalists have been criticizing about the recent "Leaving Neverland" documentary regarding Michael Jackson.

"I think, one of the things that isn't in any of those documentaries is the word 'alleged,'" Boy George told Andy Cohen. "It's just taken almost for granted that this is what happened and therefore we all should accept it."
In this era of listening to and believing victims, it's put many people in an awkward position, because the documentary never did present any other side of the story than the one of its two central figures and alleged victims of abuse, James Safechuck and Wade Robson.

As such, while the stories were horrific by any standards, they were not corroborated in any substantial way. "And unfortunately, he's not here to defend himself," Boy George said of Jackson.

His family, however, is still here and they swiftly condemned the documentary and threatened to sue HBO if it was aired. Jackson was never found guilty on any of the charges of child sexual abuse brought against him and maintained his innocence until his death.

And that's what leaves viewers of "Leaving Neverland" uncomfortable and yet uncertain at the same time. "What I think is really interesting about that documentary is it hits you with so much information, but you're left with nothing to say that's useful," Boy George said. "You watch it and you just go, 'I don't know what I can say now.' Do you know what I mean?"

While Boy George and Michael Jackson both enjoyed tremendous success throughout the 1980s, the British singer admits he didn't have any sort of friendship with Jackson. "But I was a massive fan like most people," he said.

"It's difficult," he continued about the documentary. "You don't want to disrespect the people that are telling their story, but also you also don't want to kind of disregard the fact that Michael Jackson isn't around to say--"

"Right, one way or the other," Cohen finished.

And that's why "Leaving Neverland" has been one of the more controversial releases of the #MeToo era. Jackson was brought up on charges of child sexual abuse multiple times and never found guilty. Both Robson and Safechuck testified on his behalf while he was alive.
They explain this as part of their healing process in the documentary, but without any interview subjects on Jackson's behalf or even commentary from Jackson himself in his defense, the film came across to many as incredibly one-sided.

That just leaves viewers, as Boy George put it, a little unsettled. And it did nothing to resolve the decades-long debate as to whether or not Jackson did these things he's been accused of doing. His defenders saw nothing to change their minds, while his detractors saw even more evidence.

And a lot of people, like Boy George, are left with mixed feelings. It was a lot of disturbing information to process, but without proper journalistic due diligence, it just feels like another piece of evidence brought into the mix rather than a conclusion.

Source: TooFab.com & MJWN

「Leaving Neverland」訴訟第一ラウンドはHBOの勝利

「Leaving Neverland」が故マイケル・ジャクソンを貶めたかどうかの論争に対し、連邦裁判所は、仲裁人による判断を許可しない決定を下した。

「Leaving Neverland」(マイケル・ジャクソンによる児童性的虐待疑惑を詳述するHBOのドキュメンタリー)は現在公開法廷となっている。先週の審理を受け連邦裁判所は、本件をすみやかに仲裁に回すよう要請したマイケル・ジャクソン・エステートの動議を棄却する決定を木曜日に下した。

エステートは、3月3日に「Leaving Neverland」が公開される直前にHBOを提訴した。原告は、ジャクソンのアルバム「Dangerous」のリリースを受けたコンサートのテレビ放映について、その権利をHBOに与えることとなった27年前の契約に存在する批難禁止条項に同ドキュメンタリーが違反していると主張している。しかし、実はエステートは公開での訴訟を望んでいない。その代わり、契約にある仲裁条項を発動し、アメリカ仲裁協会以前に、ロサンゼルス上級裁判所で決着をつけることを狙っていた。

これに対し、HBOは裁判の舞台を州からカリフォルニアの連邦裁判所に移した。HBOは、エステートの法廷闘争を、故人に対する名誉棄損の判例を回避することによる「ドキュメンタリーに対する明白なネガティブ・キャンペーン」であると特徴づけ、「Leaving Neverland」に適用される有効で強制力のある合意事項は存在しないと主張している。さらに踏み込んで、1992年の契約を持ち出すことは、適正な法手続きの権利および憲法修正第一条に抵触するとも主張している。

そこから、この論争がどこで決着されるかを解決するためのさらに大きな法的闘争を両者は戦った。争いの舞台をめぐる問題はつまらない手続きの問題だと思われがちだが、裁判全体を決める可能性がある。なぜなら、仲裁規定がうまく機能しない場合、機密条項および批難禁止条項が適用される可能性が極めて高く、エステートの主張に土台を与えることになるからだ。

HBOは、連邦仲裁法の下、連邦裁判事が、「妥当性と仲裁の可能性」という入り口問題を判断しなければならないと主張している。HBO側の弁護士によれば、こうした法的分析が、仲裁者が決定権を有することを1992年の段階でHBOが明確に意思表示をしていたかどうかということの争点化につながるという。加えてHBOは、アメリカ仲裁協会による司法権の適用に関する古い規則を持ち出した。

エステートはそのような議論を「使い古された理論の繰り返し」であるとして、「それは、HBOはこの論争で仲裁者による介入を希望している、つまり、契約による義務は残っていないという結論を、まさに前提としている」との見解を述べた。

連邦地方裁判所のジョージ・W・ウー判事は、仲裁に関する明白な証拠を見ず、両者の動議を棄却し、仲裁の強行の件と併せて州裁判所へ差し戻した。

これは、HBOがまずは勝利したことを示す。

つまり、判事は、仲裁問題について追加の状況説明をするよう両者に指示している。今後数か月は、両者が1992年の契約の意味について精査することになる。その後、ウー判事が仲裁の見通しについての新たな裁定を下す。HBOが勝利の場合、「Leaving Neverland」がマイケル・ジャクソンに損害を与えたかどうかは検討する必要がないとされる可能性が高い。

■HBO Wins First Round in Michael Jackson Estate's 'Leaving Neverland' Lawsuit

A federal judge refuses to let an arbitrator determine jurisdiction in a controversy over whether the documentary disparaged the late pop singer.

The dispute over Leaving Neverland, HBO's documentary detailing alleged child sex abuse by Michael Jackson, will stay in open court for now. Following a hearing last week, a federal judge on Tuesday decided to reject a motion from the Michael Jackson Estate to immediately throw the case to an arbitrator.

The Michael Jackson Estate sued HBO shortly before Leaving Neverland premiered March 3. The plaintiff alleges that the film constitutes a breach of a non-disparagement clause in a 27-year-old agreement, one that provided the pay network with rights to air a televised concert following the release of Jackson's album Dangerous. But the Michael Jackson Estate doesn't actually wish to litigate in open court. Instead, Jackson's heirs invoked an arbitration clause in that old deal and aimed to get a Los Angeles Superior Court judge to compel a showdown before the American Arbitration Association.

In response, HBO had the case removed from state to federal court in California. Characterizing the Michael Jackson Estate's whole legal endeavor as a "transparent effort to bolster their publicity campaign against the documentary" by skirting legal precedent against posthumous defamation claims, HBO denied there was any enforceable agreement that hadn't expired and actually covered Leaving Neverland. The AT&T subsidiary further argued that any over-reading of the 1992 contract would violate both its due process rights as well as the First Amendment.

From there, the parties fought a battle inside the larger legal war to resolve the question of where the dispute would be adjudicated. While the issue of forum may seem like a boring procedural issue, it has the potential of determining the entire case because if the arbitration provision is inoperable, so too likely are the confidentiality and nondisparagement clauses that provide the basis for claims by the Michael Jackson Estate.

HBO argued that under the Federal Arbitration Act, the federal judge had to decide the "gateway issues of validity and arbitrability." Such analysis would turn, according to the network's lawyers, on whether HBO clearly and unmistakably manifested an intent back in 1992 to have an arbitrator determine jurisdiction. HBO also brought up old rules (since amended) by the AAA with respect to the invocation of jurisdiction.

The Michael Jackson Estate framed such arguments as "classic tautology," opining in a court brief that "it assumes the very conclusion that HBO wants an adjudicator to reach in this dispute, i.e., that there are no remaining obligations under the Agreement."

U.S. District Court Judge George H. Wu doesn't see clear and unmistakable evidence regarding arbitration. He's both denied motions to remand the case back to state court as well as compel arbitration.

That represents an initial win for HBO.

That said, the judge is directing the parties to deliver supplemental briefing on the issue of arbitration. The next couple of months will have the two sides exploring the meaning of that 1992 deal. Wu then will come to a new decision about the prospect of arbitration. If HBO wins, it likely won't have to even get into the issue of whether Leaving Neverland damaged Michael Jackson.

Source : Hollywood Reporter

Leaving Neverland : ウソを信じないで

”Do Not Believe The Lies(ウソを信じないで)”はロスリン・ウィッツ・コーエンのフェイスブックに投稿された一文である。この投稿で彼女は1997年のサンシティでの家族とマイケルとの出会いについて語っている。以下は、その彼女がどうしても言いたいことである。

私の家族は1997年にサンシティ・リゾートでマイケル・ジャクソンと出会いました。そして彼の悲劇的な早すぎる死のその時まで友人でした。当時、私の息子たちは12歳と10歳でした。マイケルは私たちの家で何度も過ごし、そして私たちはネバーランドを訪問しました。その間、マイケルは二人の息子たちとだけ過ごすということは決してなかったと断言できます。

グレース・ルワランバが言っていることはすべて真実です。ネバーランドには常に大勢の人がいて、誰にも気づかれずに男の子を部屋に”誘う”など絶対に不可能でした。母屋のどの部屋もゲストに常に開放されていて、マイケルの寝室のドアが閉じられているのも見たことがありません。マイケルには隠すことなど何もありませんでした。彼は何もかもオープンでした。

夫と私はあらゆることに関わっていました。彼が私の息子たちとだけ過ごしたがっているということを示唆するものなど何もありませんでした。息子たちはネバーランドで彼の寝室で眠ることなど一度もありませんでした。私たちは全員、来客用のコテージで寝ていたのです。親の責務として、何か不愉快なことを彼が提案していれば、私たちはすぐに荷物をまとめて出て行ったでしょう。

ウェイド・ロブソンが主張するような、マイケルがより”幼い男の子”に移るというようなことは決してありませんでした。もしそれが本当なら、なぜ他に誰も同じような告発をしないのでしょうか?なぜ例の監督はそういう人たちに話を聞かないのでしょうか?彼はその存在や居場所を知っています。マイケルは世界中のたくさんの家族とその子供たちと友人でしたし、誰でもそのことを知っています。あの監督もです!

あの監督がそういう人々に話を聞かないのは、全員が、マイケルがすべての告発について100%無実だという真実を語るからです。その代わりに、喉から手が出るほどお金が欲しい二人の偽証者たちを選んだのです。いわゆるドキュメンタリーを作るために。

マイケルがウェイド・ロブソンやジェームズ・セイフチャックと友人でいることを望まなかったのは、彼らがお金を無心したからだと思います。マイケルは彼らの要求を容れなかった。だから死後に彼らは仕返しをしたのです。マイケルがしたかったのは子供たちに救いの手を差し伸べることです。彼に小児性愛者のレッテルを貼るなんて信じられません。彼は私たちが知る中で誰よりも親切で正直な人でした。ウェイド・ロブソンはマイケルは不適切な行為は一切なかったと言いましたが、彼が法廷で証言したマイケルに関することは真実です。希望したプロジェクトの資金をエステートから得ようとして得られなかった恨みから、彼は金を求める嘘つきになったのです。

彼は偽証者ですが、人々は彼のウソを信じています。このドキュメンタリーがプリンスやパリス、ブランケットをどれほど傷つけたか考えただけで身震いします。子供たちは父親に関するウソに耐えなければならないのです。私たちが住む、富と名声のために無実の子供を打ちのめそうと大人が待ち構えているこの世界とは、一体どういう世界なのでしょうか?

この二人の嘘つきは、なぜ、マイケルが亡くなるまで誤った告発をすることを待っていたのでしょうか?彼が亡くなるまでに告発する時間は十分にありました。私と私の家族はマイケルの無実のために死ぬまで戦います。彼の無実には戦う価値があるからです。

このドキュメンタリーを作ったのは、未来の少年たちに同じことが起きないようにするためだ、とあの二人の偽証者が主張しているのを見ました。何とバカげたこと!彼らがやったのは、お金のために有名人から性的虐待を受けたと告発する人々に扉を開いたのです。

近頃は、性的虐待を受けたと言えば、それが事実だろうとなかろうと世間にとってのヒーローとなれます。近い将来、子供の時に有名人に性的虐待を受けたと訴える人が大勢現れるのは間違いないと思います。手っ取り早くお金を手に入れ、有名になるには実に簡単な方法だからです。私の家族もやっていたかもしれませんが、私たちは正直ものですから。

マイケルはたくさんのことを教えてくれましたが、その中で最も大切なのは、自分の目で見るまではタブロイドに書かれていることを信じるなということです。そして、私は絶対の真実を知っています。私はそれは自分の目で見ました。それは、マイケルは小児性愛者ではないということです!

マイケルのことを想わない日は一日とてありません。私は彼と過ごした日々をありがたく思います。感謝しています。私たちはマイケルと人生で最も良い時間を過ごしました。私たちはこのドキュメンタリーの不快なウソに衝撃を受けています。真実を知っているのですから。

ドキュメンタリーの中で真にイヤなことは、マイケルがしたと息子にしたと主張することに関して怒っているようには見えない二人の母親です。もし私の息子たちが性的虐待を受けていたら、その虐待者に対して良い記憶など持ちえないでしょう。虐待者がどれほど有名でどれほどお金持ちで、どれほど親切にしてもらったとしても。

虐待者が家族に対しどれほど優しくても、私は憎しみと恨みしか持ちえないでしょう。記憶を消し去っているに違いありません。虐待者が終身刑で牢屋で朽ち果てることを希望するでしょう。息子たちが虐待されたと知ったら、世界中のお金を積んでも訴えは引っ込めません。最初の告発とは違って。その彼は父親にお金を取り上げられました。その彼が結局どうなったかは皆さんご存知の通りです。

証言したとしても、苛立ち、怒り、ヒステリックに泣き叫ぶでしょう。虐待者に対して良いことなど一言もないでしょう。しかし、彼らの母親たちはマイケルのことを好ましく語り、怒っているようには決して見えません。私の目には。それよりもおかしいのは、22歳だったウェイド・ロブソンが”虐待”されていたと気づいていなかったということです。このいわゆるドキュメンタリーはあからさまに不快なだけで、こんなウソを信じる人は単純にバカなのです!

Source: Roslyn Witz Cohen & MJWN

Leaving Neverland : ハーバード大でのパネルディスカッション「メディアによる裁判」

Hi #MJFam:

数週間前にハーバード大で開催されたパネルディスカッションにジョン・ブランカ出席し、無実が証明されるまでは有罪であるという認識が一般に広まっていること、そしてそのいわば逆の概念に対し、SNSが及ぼすインパクトについて議論した際の映像に関する問い合わせをいただいています。全体の映像が投稿されているかはわかりませんが、一部であれば発見しました。興味のある方はこちらからどうぞ。

■John Branca's "Trial By Media" Panel at Harvard

Hi #MJFam:

We have received a number of inquiries from fans asking about video footage from the panel discussions that John Branca participated in a couple of weeks ago at Harvard University discussing how it now seems like people are guilty until proven innocent rather than the other way around and the impact of social media on this inverted concept. While we are not aware of any posts of the panels in their entirety as many of you have been asking about, we did find that several clips from one of the panels have been uploaded and, for those of you that are interested, they can be found here: https://www.youtube.com/channel/UCCnP9jCLSWMHgCgutDEoQVg/featured.

Source : MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター