1. Off The Wall: Pichforkのレビュー

    1976年の夏、「The Jacksons」と題されたバラエティ・ショーがCBSでデビューした。この番組は、彼らショービジネス界のヒナ鳥たちにとっては比較的ゆとりがある時期に誕生した。ジャクソン・ファイヴが「ABC」や「I'll Be There」といったヒット曲で全米のフィーバーに火をつけ、しかし、マイケル・ジャクソンがソロとしてのスターダムを確立する前の時期である。彼らの将来の成功には疑問符がついていたように思う。きらきらの照...

    2016/04/06
  2. エイドリアン・グラント:The Man, The Myths And Off The Wall

    エイドリアン・グラント:The Man, The Myths And Off The Wall

    スパイク・リーの新作ドキュメンタリー「Michael Jackson’s Journey From Motown To Off The Wall」は、子供時代から世界を制したスーパースターとなるまでのマイケル・ジャクソンの成長を辿るものです。私はマイケルと知り合いとなり、一緒に仕事をするという幸運に恵まれました。そして私もスパイク・リーにならい、その人の名声の裏側に光を当ててみたいと思います。まず初めに私のことを少し書きます。私はマイケル・ジャクソ...

    2016/03/04
  3. 「Michael Jackson's Journey From Motown To Off The Wall」:マイケル自筆の手紙

    最高のエンタテイナーとして自分を作りなおすと決意を表明しているマイケル・ジャクソン自筆の手紙が新しいドキュメンタリーで明かされている。その中でマイケルは、ジャクソン・ファイヴの頃の自分から変わることについて語っており、「まったく新しい外見」が欲しい、「全く違う人になるべき」などとしている。これは自分自身に向けられた自筆のメモであるが、スタジオ・アルバムとしてはソロでのデビュー作となる1979年の「Off ...

    2016/03/01
  4. レビュー:Michael Jackson's Journey From Motown to Off the Wall(RogerEbert.com)

    レビュー:Michael Jackson's Journey From Motown to Off the Wall(RogerEbert.com)

    「マイケルは私が会った中では最もピュアな才能の持ち主だったかもしれません。彼には失敗する能力というものがないのです」-「The Wiz」でのマイケル・ジャクソンについて、監督シドニー・ルメットマイケル・ジャクソンは、その異次元の才能を携え、魂に訴えるパフォーマーとしては常に最高であった。ジェームス・ブラウンやジュディ・ガーランド、ジャッキー・ウィルソンその他、ごく少数のしびれるようなライブ・パフォーマー...

    2016/02/29
  5. グラミー賞:ミゲルがMJトリビュート

    昨晩開催されたグラミー賞のステージで、R&Bスターのミゲルがマイケルの1979年の曲「She’s Out Of My Life」の素晴らしいパフォーマンスを披露した。わずか30秒ほどのカバーであったが、オリジナル版でキーボードを担当し、マイケル・ジャクソンの長年のコラボレーターであったグレッグ・フィリンゲインズのピアノをバックに彼は歌い上げた。ミゲルが明るいスポットライトに立つ中、「She’s Out Of My Life」のミュージック・ビデ...

    2016/02/16
  6. フリードマン:スパイク・リーのドキュメンタリー ジャクソンズから去ったことについて、MJには罪悪感はなかったことが明らかに

    スパイク・リーのドキュメンタリー「Michael Jackson’s Journey from Motown to Off the Wall」はShowtimeで2月5日にオンエアされる。必見である(注:本記事は1/21付)。スパイクからマイケルへのこの贈り物は、「Thriller」以前、そして後の狂乱の中での音楽の天才としてのマイケルを完璧に再興するものである。ここでのマイケル・ジャクソンはチンパンジーやネバーランド、そして結局は彼を疲弊させることとなった風変わりな数々...

    2016/02/12