不法死亡訴訟は州最高裁へ?

マイケル・ジャクソンの母親キャサリン・ジャクソンは、コンサート・プロモーターAEGライブを相手取った不法死亡訴訟をカリフォルニア州最高裁 判所へ持ち込もうとしている。

控訴裁判所での再審理を棄却されたキャサリン・ジャクソンの次のステップは、さらに高位の裁判所であると、彼女の弁護士がデイリー・ニュースに対 して語った。

「私たちはカリフォルニア州最高裁に向かおうとしています。控訴裁判所はポイントとなるべき点を見落としています」とケヴィン・ボイル弁護士は述 べた。

ボイルによると、キャサリン・ジャクソンは、息子の死に対してAEGには責任があるとの立場を貫いているという。

彼女の弁護団は、1月22日にカリフォルニア州控訴裁判所に対し控訴の主張を行ったが、その1週間後に判事団は元の陪審員の評決を支持し、控訴審 手続きにおけるAEGライブと二人の重役らが要した裁判費用の支払いを認定した。

それに対しキャサリン・ジャクソンは、2月17日に審理を要求する手続きをとったが、それが棄却されたことが金曜日に裁判所のウェブサイトに公表された。

「私たちは敗者であり勝たないことになっているのです。しかし、私たちは法律的事実の下、勝利すべきであると考えています」とボイル弁護士は、先月のロサンゼルスでの1時間にわたる審理の後に述べている。

「キャサリンは息子を失ってとても悲しい思いをしています。そして正義を見たいと強く願い、希望通りの結果を待ち望んでいます」。

2013年の最初の異議申し立て(2013年11月)では、事実審の判事は、AEGの過失および雇用についての主張を誤って退け、また、問題のある評決用紙を陪審員に配布したと主張していた。

これに対しAEG側の弁護士は、AEGの重役らは、マイケル・ジャクソンのツアー専属医が、密室だった寝室で、通常は病院で投与される危険な麻酔薬を睡眠補助のために投与しているのではと疑う理由はなかったと主張した。

一方これとは別の刑事裁判では、コンラッド・マーレー医師は、適切な監視および救命装置を用いずにマイケル・ジャクソンにプロポフォールを致命量投与したとして過失致死罪で有罪評決を受けている。

■Katherine Jackson Taking wrongful death suit to Supreme Court?
Michael Jackson’s mom is heading to the California Supreme Court for the wrongful death claim against concert promoter AEG Live.

The music matriarch was denied a re-hearing of her appeal by a lower court Friday, so the next step is an even higher authority, her lawyer told the Daily News.

“We are going to the California Supreme Court. The Court of Appeals missed the point,” lawyer Kevin Boyle said.

Katherine Jackson remains committed to holding AEG responsible for her legendary son’s death, Boyle said.

One of her lawyers argued her appeal before the California Appeals Court on Jan. 22, but the panel of justices affirmed the original jury verdict a week later and awarded AEG and two executives their costs on appeal.

Katherine then filed her request for rehearing on Feb. 17, with the denial posting on the court website Friday.

“We’re the underdog and we’re not supposed to win. But I think we should win under the facts of the law here,” Boyle told The News after the hour-long Appeals Court hearing in Los Angeles last month.

“Katherine very much misses her son, and she very much would like to see justice done and is hoping for a favorable result,” he said.

Katherine’s initial appeal, filed in November 2013, claims the original lawsuit’s trial judge incorrectly dismissed negligence and employment claims, and allowed the jury to receive a faulty jury verdict form.

Lawyers for AEG have argued that concert executives had no reason to suspect Jackson’s tour physician was giving the “Thriller” singer dangerous doses of a hospital-grade anesthetic behind closed bedroom doors to help him sleep.

In a separate criminal trial, Dr. Conrad Murray was convicted of involuntary manslaughter for giving Jackson a lethal dose of propofol without proper monitoring and live-saving equipment.

Source: ndillon@nydailynews.com / NYDailyNews / MJ-UPBEAT.COM

Link: http://www.nydailynews.com/entertainment/gossip/michael-jackson-mom-lawsuit-calif-supreme-court-article-1.2132288

AEG裁判の控訴棄却

カリフォルニア州の上訴裁判所は金曜日、マイケル・ジャクソンの死に対してプロモーターAEGライブには過失はないとした陪審員の判断を覆そうとする彼の家族の試みを退けた。

ジャクソン家側の弁護団が先週、AEGライブはマイケル・ジャクソンへの対応に対して責任を負っていた、陪審員への説明が紛らわしくかつ幅広いものではなかったと主張したことについて、3人の裁判官は、ジャクソンの母親と子供たちは新たな裁判に対する当事者適格がない(訴訟を起こす法的資格がない)との判断を示した。

ロサンゼルス郡の陪審員は2013年に、AEGライブ(実現しなかったマイケル・ジャクソンの「This Is It」コンサート50公演の企画者)には、専属医としてコンラッド・マーレーを雇っていたことについての過失はないとの判断を示した。

5か月におよんだ衝撃的な裁判では、マイケル・ジャクソンの私生活やマーレーが2009年に睡眠補助として手術用麻酔薬プロポフォールを投与した最後の日々についての一端が明かされた。

AEGライブを相手取った訴訟は、キャサリン・ジャクソン(84)とマイケル・ジャクソンの3人の子供たちが起こしたものである。ロサンゼルス上級裁判所の陪審員は、マーレーは専属医としての資格は十分であったとの判断を示している。

マーレーはマイケル・ジャクソンの死に対して2011年に過失致死罪で有罪評決を受け、ロサンゼルスの刑務所で4年の刑期の半分を服役した。

katherine.jpg

■AEG Lawsuit Appeal Denied

A California state appeals court on Friday denied Michael Jackson’s family its latest attempt to reverse a jury’s decision that cleared concert promoter AEG Live of negligence in his death.

The three-judge panel ruled that Jackson’s mother and children did not have standing for a new trial after their attorneys argued last week that AEG Live was liable for Michael’s treatment, and that jury instructions were confusing and not wide enough in scope.

A Los Angeles jury in 2013 cleared privately held AEG Live, the organizer of Michael’s ill-fated 50 ‘This Is It’ comeback concerts in London, of negligently hiring cardiologist Conrad Murray as Michael’s personal physician.

The sensational five-month trial offered a glimpse into Michael’s private life and final days in which Murray administered surgical anesthetic propofol to him as a sleep aid in 2009.

The lawsuit against AEG Live was filed by Katherine Jackson, 84, and the Michael’s three children. The Los Angeles Superior Court jury found that Murray was sufficiently qualified for the job he was hired to do as general practitioner.

Murray was convicted of involuntary manslaughter in 2011 for Michael’s death and served half of his 4-year sentence in a Los Angeles prison.

Source: Reuters & MJWN

AEG裁判、控訴審に向けての審理

木曜日、マイケル・ジャクソンの母親の代理人弁護士が、コンサート・プロモーターAEGライブに対する新たな裁判に向けての主張を行った。しかし、マイケル・ジャクソンと、彼を死亡させたとして有罪評決を受けたコンラッド・マーレーの関係を重視する上訴審の判事らは懐疑的である。

キャサリン・ジャクソンの代理人らは、AEGライブは2009年6月のマイケル・ジャクソンの死に対して責任はないとした陪審団の評決に対して異議を唱えている。代理人らは、担当した判事が裁判前に過失責任、雇用責任を除外したのは不当だった、陪審員らは不適切な評決用紙を渡され不適切な注意事項を受けていた、と主張している。

5か月以上続いた裁判では、証言はジャクソンとマーレー医師(麻酔薬プロポフォールを致死量投与したとして過失致死罪で有罪)の関係について焦点が当てられていた。

上訴審の判事らからの尋問の多くは、ジャクソンとマーレーの関係、AEGとマーレーの契約、「This Is It」コンサートの準備中だったジャクソンのケアのための月15万ドルの報酬は誰が支払っていたか、という点に集中した。

判事らは、コンサートが計画される前からマーレーはジャクソンを診療していた点を指摘し、コンサート終了後はジャクソンから診療代が支払われることになっていたのかどうかを質した。

サンディ・クリーグラー判事とリチャード・M・モスク判事は、マーレーがプロポフォールをジャクソンに処方していることをAEGがどうやって知り得たのか疑問だと述べた。

1時間続いたヒアリングの終盤、クリーグラー判事は「この場合、AEGの過失とは何です?私にはこれがわかりません」とジャクソン家側代理人マーガレット・グリニョンに尋ねた。

一方モスク判事は、AEGが、マーレーがジャクソンに鎮痛剤あるいは通常の睡眠薬を投与していると疑っていたのであれば、それは一つのポイントにはなるとしたが、「それをプロポフォールにまで飛躍させるのは拡大解釈ではありませんか?常識を外れています」と述べた。

グリニョンは、それは陪審員が下すべき決定だと反論した。

AEG側のマーヴィン・プットナム弁護士は、マーレーがジャクソンの寝室でジャクソンにプロポフォールを投与したいたと予見しえたかどうかがこの裁判のポイントであると述べた。この薬物は病院設備の中でのみ処方されることになっている。

「AEGだけでなく世界中の誰もが、マイケル・ジャクソンの悲劇的死によってプロポフォールのことを知ったのです」とプットナムは判事らに述べた。

しかしながらグリニョンは、AEGはジャクソンの診療に自ら口を出し、ジャクソンのリハーサル・スケジュールをマーレーに立てさせ、マーレーの行動をコントロールしていた、陪審員はこれらを考慮に入れることを許されるべきだった、と反論した。

「これは、単にAEGが、ミスター・ジャクソンの専属医がツアーに同行する費用を支払うことに同意した、という裁判ではないのです」とグリニョンは述べた。

木曜日の審理にはキャサリン・ジャクソンは出席しなかった。

判事らは判断を示す日時については述べなかった。決定には二人の判事の同意が必要となる。

■Michael Jackson’s mother appeals failed lawsuit against promoter
CBS NEWS:

LOS ANGELES – Lawyers for Michael Jackson’s mother argued Thursday for a new trial in her case against concert promoter AEG Live LLC, but faced a skeptical panel of appellate justices who focused on the superstar’s relationship with the doctor convicted of killing him.

Attorneys for Katherine Jackson appealed a jury’s verdict finding that AEG Live was not financially responsible for the singer’s June 2009 death. They contend that the trial court judge incorrectly dismissed negligence and employment claims before the trial, and jurors were given an improper verdict form and instructions.

The trial spanned more than five months last year with testimony that focused on the relationship between Jackson, AEG and Dr. Conrad Murray, who was convicted of involuntary manslaughter for giving the singer a lethal dose of the anesthetic propofol.

Much of the questioning from the appellate justices focused on Jackson’s relationship with Murray, the details of the cardiologist’s contract drafted by AEG, and who was paying the physician’s $150,000 a month fee to care for Jackson as he prepared for his ill-fated “This Is It” comeback concerts.

The panel noted that Murray treated Jackson before the concerts were planned and questioned whether the doctor’s fee would be reimbursed by Jackson after the shows.

Associate Justices Sandy Kriegler and Richard M. Mosk questioned how AEG could have known that Murray was giving Jackson treatments of propofol.

“What is the fault of AEG in this?” Kriegler asked Jackson attorney Margaret Grignon toward the end of the hourlong arguments. “I’m just lost in all of this.”

Mosk said it would be one thing if AEG suspected Murray was giving Jackson painkillers or traditional sleep drugs. “Isn’t it a stretch to go from that to propofol, which is beyond the pale.”

Grignon countered that it was a decision that a jury should answer.

AEG attorney Marvin Putnam said the case hinged on whether the concert promoter could have foreseen that Murray was giving Jackson propofol in the singer’s bedroom. The drug is supposed to be administered solely in hospital settings.

“Everyone in the world, not just AEG, learned about propofol because of this tragic death,” Putnam told the panel.

Grignon however argued that AEG inserted itself into Jackson’s medical care, allowed the doctor to set the singer’s rehearsal schedule and controlled Murray’s actions, which a jury should be allowed to consider.

“This is not a case where AEG simply agreed to pay Mr. Jackson’s personal physician to accompany him on tour,” Grignon argued.

Katherine Jackson did not attend Thursday’s arguments.

The justices did not state when they would issue a ruling. Two justices must agree on the decision.

Source: CBS NEWS / MJ-Upbeat.com

キャサリンと子供たちはAEGに裁判費用を支払わなければならないとの裁定が下る

マイケル・ジャクソンの母親と3人の子供たちは、対AEGライブ不法死亡訴訟の評決に対する上訴で敗訴した場合、80万ドルを支払わなければならないかもしれない、との裁定が月曜日に下された。

キャサリン・ジャクソンと孫のプリンス、パリス、ブランケットはその金を個人的に支払わなければならない。カリフォルニア州法は、彼女の法的費用のほとんどを負担した弁護士らが支払うことを禁じているからだ。

キャサリンらは、2009年のマイケル・ジャクソンの死に責任があるとしてAEGライブを訴えた。過失致死罪で有罪評決を受けた専属医について、雇用し監督していたというのがその理由だ。昨年、6か月の審理を経て陪審員はこの訴えを棄却した。

AEGライブの弁護士らは当初120万ドルをジャクソン家側に要求していた。しかし、ロサンゼルス郡上級裁判所のイヴェット・パラスエロス判事は、40万ドル減額して再度請求するように命じた。

ジャクソン家側は、上訴の結論が出て敗訴となるまではこの80万ドルを支払う必要はない。カリフォルニア州上訴裁判所は11月に本件について審理を行うこととなっているが、最終判決までには時間がかかる可能性がある。

キャサリン・ジャクソンと子供たちは、マイケル・ジャクソンの遺産による信託財産の唯一の受益者である。

ジャクソン家側の新たな裁判の請求については、パラスエロス判事が1月に棄却している。

ジャクソン家側の弁護士は、陪審員が使用した評決用紙には不備があり、さらに、過失があったという主張を、雇用したという点から切り離して審議することを拒んだとして判事には落ち度があったと主張していた。

■Judge rules Michael Jackson's mom, kids must pay AEG court cost

Los Angeles (CNN) -- Michael Jackson's mother and three children may be on the hook for $800,000 if they lose their appeal of the AEG wrongful death verdict, a judge ruled Monday.

Katherine Jackson and grandchildren Prince, Paris and Blanket would have to personally pay the money, because California law prohibits her lawyers, who footed much of her legal costs in the lawsuit, from paying it.

The Jacksons sued the concert promoter, accusing the company of responsibility in the pop icon's 2009 death because it hired, retained or supervised the doctor convicted of involuntary manslaughter. A jury rejected their case after a six-month trial last year.

AEG Live lawyers initially asked for $1.2 million from the Jacksons, but Los Angeles Superior Court Judge Yvette Palazuelos ordered them to resubmit their claim with $400,000 in expenses removed.

The Jacksons will not have to pay the $800,000 until their appeal is concluded and only if they lose. A California appeals court will hear arguments on the case in November, but it could be years before the judgment is final.

Jackson's mother and children are the only beneficiaries to the trust funded by his estate.

Palazuelos denied the Jacksons' request for a new trial in January.

Jackson lawyers argued the verdict form used by the jury was faulty and that the judge erred by refusing to let them pursue a negligence claim independent of the hiring case.

ソース:CNN

キャサリンの新たな裁判の請求は棄却

マイケル・ジャクソンのカムバック・コンサートのプロモーターには過失があったと訴えているマイケル・ジャクソンの母親の新たな裁判の請求について、棄却する判断が月曜日に下された。

上級裁イヴェット・パラスエロス判事は、陪審員には適切な指示が与えられ、新たな裁判を認めるような誤りは、これまでの裁判において同判事が下した裁定には存在しないという判断を下した。

2009年6月のジャクソンの死について、AEGライブには手術用麻酔薬の過剰投与で有罪となった医師を雇ったことに対して責任はないとする判断を陪審員は10月に下していた。

これに対しキャサリン・ジャクソンの弁護団は、陪審員には州法に反する不適切な評決用紙が配布され、昨年5か月にわたって行われた裁判の全ての争点を考慮することができなかったと主張していた。

一方AEGの弁護団は、評決用紙に誤りはなく、上訴の動議は棄却されるべきだと訴えていた。

ジャクソン家の弁護士は、上位の州裁判所に上訴する意向であると述べている。

元心臓専門医コンラッド・マーレーは、ロンドン・O2アリーナの50公演コンサートに向けて準備中だったジャクソンの専属医として不適任、あるいはその技量がなかったということを証拠が示しているかという設問によって評決の判断をした。キャサリン・ジャクソンの弁護団は、この設問は討議を不当に制限するものだったと主張していたが、パラスエロス判事はこれに同意しなかった。

「設問2は、マーレー医師の能力に関する検討において、雇用された時期だけに制限するものではなかった」と同判事は記している。

さらに、陪審員が混乱したという証拠はないと判断し、陪審員らはしばしば、スケジュールの心配や審議中の必需品の要請のメモを同判事に宛てて書いていたと指摘した。

「的確な証拠の基づく混乱は陪審員にはなかったと裁判所は認めます」とパラスエロス判事は裁定を下した。

AEGライブのマーヴィン・プットナム弁護士は月曜日の裁定について評価した。

「陪審員が下した評決を裁判所が支持すると私たちは自信がありました」とプットナム弁護士は声明で述べている。「これはまた、カリフォルニアの納税者にとってすばらしいニュースです。原告による根拠の無い主張に、納税者が苦労して稼いだお金を無駄に使わずに済みます。もう十分です」。

キャサリン・ジャクソンと子供たちの弁護士ケヴィン・ボイルは、この裁判はまだ終わらないと電子メールで述べている。

「上訴で勝利する道はたくさんあると私たちは信じています」。

キャサリン・ジャクソンは自身とジャクソンの3人の子供たちを代表してAEGライブを訴え、AEGライブがマーレーを雇い、マイケル・ジャクソンのケアするにあたり利益の相反を生み出していたと非難していた。

多額の負債を抱えていたマーレーはロンドン・O2アリーナで計画されていたジャクソンのカムバック・コンサートで月15万ドルで彼をケアすることになっていた。マイケル・ジャクソンは2009年6月25日、睡眠補助としてマーレーが投与していた麻酔薬プロポフォールの過剰投与により亡くなった。

マーレーは2011年に過失致死罪で有罪となり、2年間服役した昨年10月に出所した。

この裁判ではジャクソンの私生活やエンタテイナーとしての日常、様々な病気の治療について検討された。

評決後陪審員は、この評決が、ジャクソンのケアにあたりマーレーが倫理的であったことを意味しているわけではなく、雇用された時にマーレーが専属医として適切でその能力があったと判断したと述べていた。

AEGライブの幹部は裁判を通じて一貫していかなる不法行為も否定し、ジャクソンが借りていた邸宅の寝室でマーレーがプロポフォールを投与していたことを知る術はなかったと述べていた。

ソース:ASSOCIATED PRESS

AEG裁判:新たな裁判については結論出ず

AEGライブはマイケル・ジャクソンの死に対して賠償責任があると訴えたマイケル・ジャクソンの母親による新たな不法死亡訴訟について、許可するかどうかの暫定裁定が金曜日に判事より下された。

2時間以上の議論を聞いた後も上級裁のイヴェット・パラスエロス判事はすぐには結論を下さなかった。

2009年にマイケル・ジャクソンに麻酔薬を過剰投与した医師について、雇用したことが過失だと訴えたキャサリン・ジャクソンの裁判は、10月に陪審員に棄却された。

原告側弁護士は、評決用紙の書き方のために陪審員たちが裁判における証拠を十分に検討することを阻まれた主張している。一方AEG側の弁護士は、新たな裁判を起こす根拠がないと反論している。

AEGライブ側のジェシカ・ステビンズ・ビーナ弁護士は判事に対し、争点となっている文章について、評決用紙と注意事項の草案に盛り込んだのはキャサリン・ジャクソンの弁護士だと述べた。

ジャクソン家側の弁護士デボラ・チャンはこれに対し、陪審員に裁判の結論を促したあの設問は修正しえなかった、評決用紙からは削除されるべきであったと述べた。

パラスエロス判事はいつ最終裁定を下すかについては明言しなかった。判事が新たな裁判を支持した場合、キャサリン・ジャクソンの弁護士は上位の州裁判所に上訴を求めることができる。

この裁判では、陪審員は5ヶ月以上にわたって証拠となる証言を聞いてきた。

キャサリン・ジャクソンは、彼女自身とマイケル・ジャクソンの3人の子供たちを代表してAEGライブを訴え、AEGライブがコンラッド・マーレー医師を雇い、そしてマイケル・ジャクソンをケアするにあたり利益の相反を生じさせたと非難した。

多額の負債を抱えていたマーレーは、ロンドンのO2アリーナで計画されていたカムバック・コンサートの間、ジャクソンの専属医として月15万ドルが支払われることになっていた。ジャクソンは2009年6月25日、マーレーが睡眠補助として使用していたプロポフォールの過剰投与により亡くなった。

マーレーは2011年に過失致死罪で有罪評決を受け、2年間服役した後の10月に釈放された。

この裁判では、ジャクソンの私生活や、エンタテイナーとしての日常、そして様々な病気の治療について詳細に調べられた。

評決は、ジャクソンのケアを行うにあたりマーレーが倫理的であったと陪審員が考えたのではなく、彼は適任でその技量があったということを意味していると陪審員は後に述べている。

AEGライブは裁判中、一貫していかなる不法行為を否定し、マーレーがジャクソンの屋敷の寝室でプロポフォールを投与していたことなど知る術がなかったと述べていた。

propofol.jpg ■Judge tentatively rules against new Jackson trial

LOS ANGELES — A judge issued a tentative ruling Friday against granting a new trial in a negligence case filed by the mother of Michael Jackson claiming a concert promoter was financially liable for the singer’s death.

Superior Court Judge Yvette Palazuelos did not immediately finalize the ruling after hearing more than two hours of arguments from lawyers.

A jury in October rejected Katherine Jackson’s lawsuit claiming AEG Live LLC negligently hired the doctor convicted of giving her son an overdose of anesthetic in 2009.

Her lawyers argued the verdict form didn’t allow jurors to fully consider evidence in the case. Lawyers for AEG Live countered that there was no basis for a new trial.

AEG Live attorney Jessica Stebbins Bina told the judge it was actually Katherine Jackson’s lawyers who included the disputed language in drafts of the verdict form and instructions.

Jackson family attorney Deborah Chang, however, said the question that brought jurors to end the case couldn’t have been corrected and should have been excluded from the form.

Palazuelos did not indicate when she would finalize her ruling. If she stands by it, Katherine Jackson’s attorneys could pursue an appeal with a higher state court.

Jurors heard more than five months of evidence in the lawsuit trial.

Katherine Jackson sued AEG Live on behalf of herself and her son’s three children, accusing the concert promoter of hiring Dr. Conrad Murray and creating a conflict of interest in his care of the pop superstar.

Murray, who was deeply in debt, expected to be paid $150,000 a month to care for Jackson while the singer prepared for a planned series of comeback concerts in London’s O2 Arena. Jackson died on June 25, 2009, after receiving an overdose of propofol, which Murray was giving Jackson as a sleep aid.

Murray was convicted of involuntary manslaughter in 2011 and released in October after serving two years in jail.

The trial offered a close look into Jackson’s personal life as well as his routines as an entertainer and medical treatments for a variety of ailments.

Jurors later said their verdict did not mean they thought Murray was ethical in his care of Jackson, but that he was fit and competent to serve as his doctor.

AEG Live denied any wrongdoing throughout the trial and said there was no way executives could have known that Murray was giving Jackson propofol in the bedroom of his rented mansion.

Source: Washington Post / MJ-Upbeat.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ