MJとロバート・パティンソンの一騎打ち

ヴァニティ・フェア誌の1世紀スパンのカバー・コンテスト(好きな表紙の読者投票)が、大反響のために11月22日の金曜日まで延長された。現時点で、1989年12月のマイケル・ジャクソンの表紙とロバート・パティンソンの2011年4月の表紙がそれぞれ4万6657票と4万5613票で一騎打ちとなっている。両方ともヴァニティ・フェア専属の写真家だったアニー・リーボヴィッツによるものだ。

今までのところ、それぞれのファンたちがお気に入りに投票するようキャンペーンを張っている。投票者の中から抽選で一名がロンドンのエディション・ホテルの宿泊に招待される。1位となった表紙はVF.com上で特別に再掲載されることになっている。

i-1-covers-contest-michael-jackson-robert-pattinson-vanity-fair.jpg


数百に及ぶ候補の中からあなたのお気に入りへの投票をお忘れなく。投票は来週金曜日(22日)までです。

ソース:vanityfair / MJ-Upbeat.com

スパイク・リーが助けを求めている

「Bad25」や「They Don't Care About Us」の監督を務めてくれたこと、マイケルの名前で企画してくれたファン・パーティーのこと。私たちはスパイク・リーに感謝しています。そして今、私たちにはできるのです。Kickstarterという彼の新プロジェクトの基金集めで、彼は私たちの手助けを求めているのです。

Kickstarterのウェブサイトにはこう書かれています。
「Kickstarterは、創造的プロジェクトのために資金を提供する新しい方法です。映画、ゲーム、音楽からアート、デザイン、テクノロジーまで、私たちはあらゆるものの本拠地なのです。Kickstarterには大小様々なプロジェクトがありますが、これらのプロジェクトは、皆さんのような人々の直接の支援を通じて実現されるのです。2009年の立ち上げ以来、450万人以上の皆さんが、4万5000以上の創造的プロジェクトに対して7億1600万ドルもの寄付をしてくださいました。今、多くのプロジェクトがKickstarterで資金を求めています」。

Kickstarterプロジェクトは、スパイク・リーが自身の最新作の資金を集めるためにも用いている手段で、基本的に寄付で成り立っています。彼は8月21日までに125万ドルを必要としています。寄付の最小金額は1ドルで、最高で1万ドル(プラス、スパイク・リーがディナーにご招待!)です。たった5ドルで、スパイク・リーからのスペシャル・ツイートを受け取れます。どういうものが提案されているのかを見てみる価値はあります。

MJWNへのメールでスパイク・リーは言っています。

「親愛なるマイケル・ジャクソンのファンの皆さん

私のドキュメンタリー『BAD25』を支持していただいたことについてお礼を言わせてください。お分かりになったかと思いますが、あれは好きでやった仕事です。

過去30年間でマイケルとやった私の作品やその他の私の作品を支持してくれるすべての皆さんにお願いします。Kickstarterでの私の新作映画の資金集めを手伝っていただけないでしょうか。

http://kck.st/119Qs7a を是非ご覧ください。

皆さんに感謝します。

スパイク・リー」

スパイク・リーのサイトでは、右側にある、寄付の特典についてチェックを忘れないようにしてください。

原文 ■ Spike Lee Needs Help
Source: MJWN with special thanks to Mr Spike Lee

spike-lee1-640x360.jpg

マーレーのドキュメンタリーをボイコットしよう

MJFCは下記の憂慮すべきニュースを今朝受け取った。コンラッド・マーレーのドキュメンタリー(伝えられるところでは、彼はマイケル・ジャクソンが亡くなった時からこのドキュメンタリーの仕事をしていたという)は、買い手が見つかり、早くも今週金曜日に放送されることになっている。

緊急発表 2011年11月7日午後11:15

MSNBC、NBC(米国)、チャンネル4(英国)、チャンネル9(オーストラリア)をボイコットしよう

視聴率と利益のためのマイケル・ジャクソンの利用が恥知らずにも続いているようです。NBCユニバーサルのようなかつて評判の良かった企業が、人殺しという犯罪に報酬を与えるということは、間違いなく忌まわしいことであり、かつ利己主義的であります。

コンラッド・マーレーに対する評決直後、Hollywood Reporterはマーレーのドキュメンタリー「Michael Jackson and the Doctor―A Fatal Friendship」の詳細を報じました。

http://tinyurl.com/MurrayDocu
http://tinyurl.com/MurrayScam

このドキュメンタリーはすでに完成し、今週放送予定となっています。NBCのToday Showでは火曜日の朝、その一部を放映します。

マイケル・ジャクソン・ファンコミュニティーとサポーターの皆さんは結集し、この残虐行為を妨害しなければなりません・・・ディスカバリー・チャンネルの解剖ドキュメンタリーに対して私たちが行ったように。この件では成功を収めました。今度も成功させることができます。

しかしながら今回は時間があまりありません。次の金曜日、11月11日にMSNBCで放映され、そして11月13日の日曜日には同じケーブルネットワークにて再放映される予定となっているからです。

私たちはマイケル・ファンの皆さんに、電話、手紙、ファックス、ツイッターなどあらゆるコミュニケーションツールを駆使し、怒りとマーレーおよびマイケル・ジャクソンの死から利益を得ようとしているマーレーの周囲の人物らへの非難の意を表明することを強くお願いします。少ない時間のため、このドキュメンタリーを妨害するための方法は限られています。

1.時間と労力を厭わない全てのファンの皆さんは、下記宛に手紙、電子メール、ファックスを送付してください。

NBC Entertainment and Universal Media Studios
100 Universal City Plaza
Universal City, CA 91608
Phone: 818-777-1000
Fax: 818-866-1430

Marc Graboff
President, West Coast Business Operations,
Television Entertainment, NBC Universal
Twitter: http://twitter.com/#!/mgraboff

Rebecca Marks
Executive Vice President, Publicity

Charles Engel
Executive Vice President, Programming

Curt King
Senior Vice President,
Publicity, Marketing, and Corporate Communications

MSNBC Cable, L.L.C.
30 Rockefeller Plaza
New York, NY 10112
Phone: 212-664-4444
Fax: 212-664-4085

MSNBC Public Relations
212-664-3720

Phil Griffin
President, MSNBC
Email: phil.griffin*nbcuni.com

Sharon Otterman
Vice President and Chief Marketing Officer
Email: sharon.otterman*nbcuni.com

Jeremy Gaines
Vice President Media Relations
Email: jeremy.gaines*nbcuni.com
Twitter: http://twitter.com/#!/jeremymgaines

Bill Wolff
Vice President, Primetime Programming
Email: bill.wolff*nbcuni.com

Mike Rubin
Vice President, Long Form Programming
Email: mike.rubin*nbcuni.com

Deb Finan
Vice President, Production and Programming
Email: deb.finan*nbcuni.com

2.ドキュメンタリーは見ず、また周囲の方へもそのように促してください。
この番組のスポンサーに連絡をとっている時間はありませんし、そのためには番組を見ることを余儀なくされていまいます。それは私たちの望むところではありません。

これはスタートに過ぎませんが、今日、11月8日火曜日からスタートしなければなりません。

全てのファンの皆さんは、この逸脱への加害者らを比ゆ的にそして文字通りに抗議し怒鳴りつけることに遠慮はいりません。このドキュメンタリーと製作者らの動機を表現する言葉をここに挙げます。

• travesty (茶番)
• obscene (外道)
• despicable (卑劣)
• grotesque (グロテスク)
• aberrant (常軌を逸した)
• corrupt (腐っている)
• indecent (破廉恥)
• contemptible (軽蔑すべき)
• detestable (忌まわしい)
• vile (下劣な)
• outrageous (言語道断)
• shameless (恥知らず)
• cruel (残酷な)
• vindictive (悪意のある)
• malicious (意地の悪い)
• mockery (あざけり)
• self-serving (利己主義的)
• abominable (不愉快な)

マイケル・ジャクソン・ファンコミュニティーの皆さん、どうか一致団結してこのドキュメンタリーを妨害し、製作者/代理店らが、マイケル・ジャクソンの死から利益を得られないようしましょう。

私たちはできます!人殺しとその取り巻きのポケットから利益を奪い取ることができるのです。

電話、手紙、ツイッター、ファックス、情報の共有、情報の拡散・・・・続けましょう!

原文: ■ Boycott: Murray Documentary
Source: MJFC / MJTruthNow.com

フェイスブック詐欺にご用心

マイケル・ジャクソン・ファンを狙ったフェイスブック詐欺に注意してください。先週はマイケル・ジャクソンの53回目の誕生日を迎え、世界中の多くのファンがキング・オブ・ポップの誕生日を祝う良い方法を探していました。

ハッカーたちはこれを、オンライン・ソーシャル・ネットワーキング・システム、フェイスブックを使ってマイケル・ジャクソン・ファンをだますには絶好の機会と考えました。彼らは「I Love Michael Jackson」というタイトルのページを作成し、リスペクトの気持ちを表そうとしていたマイケル・ジャクソン・ファンをおびき寄せることを狙いました。表面上は安全に見えますが、ページ上に書かれていることをさらに読もうとすると、スペシャル「特典」が3つ挙げられているリストに出くわします。それらはファンに信じさせようとすることを狙っていますが、本物ではありません。「Get a FREE iPad2(iPad2をタダでもらおう)」、「Take the Facebook survey to claim a FREE prize(フェイスブックのアンケートに答えて景品をもらおう)」、「Test & Keep a FREE Dell laptop(Dellのノートパソコンをタダで使おう)」と書かれています。

しかし、iPadをタダでもらおうとすると、第三者からのメールなどを受け取ることに同意する必要があります。さらに住所やメールアドレス、誕生日、携帯電話や固定電話の番号などの個人情報を入力しなければなりません。そしてアンケートに参加するよう促され、「完了すれば最低10の景品がもらえる」と誘われます。

結局、iPadも報酬ももらえないばかりか、詐欺師たちに個人情報を差し出して、詐欺師たちはそれを思いのままに使えてしまう、という結果に終わるのです。

■ Beware Of MJ Facebook Scam
(4-9-2011) MJFC would like to make fans aware of a current Facebook scam aimed at Michael Jackson fans. Last week marked the 53rd birthday of Michael Jackson, and many fans around the world were looking for ways to commemorate the birth of the King of Pop.

Hackers saw this as an opportunity to dupe Michael Jackson fans through the online social networking tool Facebook. They created a page titled "I Love Michael Jackson", aimed to atrract Michael Jackson fans wishing to show their respect. On the surface everything seems harmless, but as you continue to read more on the page you will find a listing for three special "offers." They are aimed at misleading fans into believing in them, although they are not real. You will see that you can "Get a FREE iPad 2", "Take the Facebook survey to claim a FREE prize" or "Test & Keep a FREE Dell laptop."

However, if you try to get a free iPad, you will have to agree to receive emails and offers from third parties. Moreover, you will have to submit your personal details such as name, address, email address, date of birth, cell phone and home phone number. Then you will be prompted to participate in a survey and "complete at least 10 Reward Offers."

Eventually you will see that you will not receive an iPad or any other compensation. On the contrary, you will realize you have submitted your personal information to scammers and now they can use it in every possible way they want.

Source: MJFC / pc1news.com

全てのマイケル・ジャクソン・ファンへ!

(要旨)マイケル・ジャクソンの解剖を再現するという、ディスカバリーUKチャンネルで放映されることになっている不快な番組について、皆さんはすでに聞いていることと思います。私たちと同じように、皆さんも、このような番組を放映するという考え方について怖い思いをし、そして、どうしたら放映を止めさせることができるか思いを巡らせていることでしょう。約束することはできませんが、私たちが一致団結すれば、ディスカバリーチャンネルに対して、私たちの考えを示すことができるかもしれません。

MJJJusticeProjectは、私たちの声を聞いてもらうための運動の中で、手紙を書くキャンペーンを展開しています。彼らの抗議運動はすでに、CNNを含むいくつかのニュース媒体で取り上げられています。しかしながら、まだまだ足りません。以下は、皆さんが行動を起こすために必要な情報です。

Discovery Update: Autopsy Re-enactment(ディスカバリー・アップデート:再現解剖)は、2011年1月13、14、16、17日にディスカバリーUKで放映されることが決定された。

マイケル・ジャクソン・エステートは、彼らの弁護士チームが本番組についてイギリスの弁護士らと協議し、ディスカバリーが本番組を放映するのを止めさせるには法的根拠が不十分であると告げられた、と話していますが、現在も状況を注視しています。このことを踏まえると、メール、電話、手紙などをディスカバリー側に送るという全世界的運動を加速させることが今や重要です。

1.手紙のあて先
・ディスカバリー・エンタープライズ/ディスカバリー・ネットワークス・ヨーロッパ/オプラ・ウィンフリー・ネットワーク
上級副社長
Nicolas Bonard
Senior Vice President
Discovery Enterprises International Discovery Networks Europe/Oprah Winfrey Network
Chiswick Park Building 2
566 Chiswick High Road
London,
W4 5YB
UK

・ディスカバリー・コミュニケーションズ
社長CEO
David Zaslav
President and CEO
Discovery Communications
1 Discovery Place
Silver Spring, MD
20910
USA

・MJの解剖を再現する医師
Michael D. Hunter, M.D.
3737 Frankford Avenue
Panama City, Florida
32405
USA


2.メールアドレス
David Zaslav
david_zaslav*discovery.com

Nicolas Bonard
Nicolas_Bonard*discovery-europe.com

Nicolas BonardアシスタントLucy Radcliffe
Lucy_Radcliffe*discovery-europe.com

ディスカバリー・ネットワークス・インターナショナル副社長
Mark Holilinger
mark_hollinger*discovery.com

ディスカバリー・コミュニケーションズ苦情受付
http://corporate.discovery.com/contact/viewer-relations

※手紙送付の後、そのコピーをmjj*innocent.comまで送ってください。ディスカバリーへまとめて送付します。1月2日に予定しています。期限厳守でお願いします!

3.電話
Bonard氏のアシスタントLucy Radcliffeには直通電話があります。
○○○○+010+44+208+811+3033 (○○○○は国際電話会番号)

最後に、前述の通り、エステートには番組に対する法的手段がありません。しかしおそらく、ロサンゼルス地方検事局はイギリス当局と話をして介入してもらえる可能性があります。やってみる価値はあります。

ロサンゼルス地方検事局のウェブサイト
http://da.co.la.ca.us/
ここにメッセージを書きこみメールを送ることが出来ます。

同サイトによれば、地方検事局は差し迫った犯罪については誰であっても話をしないことになっています。しかしこれは、私たちが彼らと話をできないということを意味しているわけではありません。ディスカバリーUKの番組に関しては、アメリカでもYoutubeを通じて放映される可能性もあり、また係争中のコンラッド・マーレー医師の裁判に先入観を与える可能性もあります。
地方検事局のウェブメールアドレスを使ってください。webmail*da.county.gov

4.ケーブルテレビ局へ要請
ケーブルテレビ配信業者に連絡をとり、ディスカバリーチャンネルの契約を解除し、その理由を伝えてください。ケーブルテレビ配信業者に、私たちが不満であることを知ってもらうのです。解約が出来ない場合、パレンタル・コントロールの方法を聞き、ディスカバリーチャンネルをブロックしてください。これによりスポンサー各社、さらにはケーブルテレビ配信業者の利益に影響を与えることになるでしょう。

※メールアドレスは*を@に変えてください。

ソース: MJFC / MJJJusticeProject / CNN.com

解剖スペシャルを中止させるためのファンたちの請願

(要旨)マイケル・ジャクソンが亡くなって1年半が過ぎたが、キング・オブ・ポップに対するファンたちのサポートは衰えてはいない。

世界中の献身的なファンたちは団結し、ディスカバリー・チャンネルに対し、マイケル・ジャクソンの解剖の再現をオンエアするのを止めさせようとしている。ファンたちが「人間の尊厳とはかけ離れたもの」と呼ぶ番組「テレビスペシャル マイケル・ジャクソンの解剖:マイケル・ジャクソンを本当に殺したのは何か」は英国で1月13日に放映されることになっている。

ファンたちはどうやって止めさせようとしているのか?

それはTMZが報じているオンライン請願によってであり、MJ Justice ProjectとMJ Childrenが立ち上げた。

「地球上のその他の人間と同様、マイケル・ジャクソンには最低限の良識と敬意が与えられている」と、この請願では語られている。「私たちはディスカバリー・チャンネルの番組ディレクターに対し、この下品な、本人と家族や最愛の者たちへの不利益となるドキュメンタリーの完全なる放映中止を求める」

現在のところ、彼らは1,500以上の署名を集めている。しかしまだ彼らの目標50,000をはるかに下回っている。 - 以下原文。
70x53_17.jpg ■ MJ Fans Petition To Halt Autopsy Special
(12-11-2010) It has been a year and a half since Michael Jackson's sudden death, but fans' support for the King of Pop hasn't faded.

Dedicated Michael Jackson fan around the world are coming together to try and stop the Discovery Channel from airing a reenactment of Jackson's autopsy, which they call an "an affront to human dignity." The TV special, Michael Jackson's Autopsy: What Really Killed Michael Jackson, is set to air Jan. 13 in the U.K.

So how are they doing this?

Via an online petition, reported TMZ, created by MJ Justice Project and MJ Children.

"Like any other human being on this earth, Michael Jackson is entitled to a minimum of decency and respect," the petition reads. "We ask the directors of the Discovery Channel programming to proceed with the outright cancellation of this indecent documentary, detrimental to both the person and his family and loved ones."

So far the groups have racked up more than 1,500 signatures but are well short of their goal of 50,000.

Source: MJFC / E! / TMZ
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ