1. マイケルのために声を上げよう

    マイケルのために声を上げよう

    (要旨)ドイツのテレビ局N24が悪名高いマーティン・バシールのドキュメンタリーをマイケルの死後繰り返し放映した際、mjjacksonforever.comはマイケルのための正義を求めて一つのキャンペーンを始めた。同局に対して放映の中止を求めた請願については6月29日に皆さんにお伝えした。その請願が聞き届けられなかったので、mjjacksonforever.comはN24に対し、「he footage you were never meant to see」を放映するよう要請した。こ...

    2010/11/15
  2. 3つの請願運動にあなたの署名を

    3つの請願運動にあなたの署名を

    (要旨)マイケル・ジャクソンの生涯やキャリア、そして遺したものに対する一般の認識を回復するために、MJJJusticeProject は常に活動を続けている。周知の通り、ガードナー・ストリート小学校のマイケル・ジャクソン・ホールの覆いは外された。ツイッターのUncoverMJsNameが進めたキャンペーンであった。これは良いスタートだったのだが、注目が必要な別の問題がまだいくつかある。まず最初は、MTVヴァンガード賞を、かつてのよ...

    2010/11/13
  3. ドイツのテレビ局

    ドイツのファン、ソフィーがMJWNに連絡してきました。ドイツのテレビ局N24がマーティン・バシールのドキュメンタリー「Living With Michael Jackson」(マイケル・ジャクソンの真実)を再三にわたり放映しており、これを止めさせるために助けを求めています。同局は抗議の手紙には返事をしていません。死してなお続くマイケルへの嫌がらせを止めさせることについて、皆さんに手を貸してほしいとソフィーは思っています。ここをクリ...

    2010/08/08
  4. ディディー、マーティン・バシールを激しく非難する

    (要旨)自称ジャーナリスト、マーティン・バシールは「Living With Michael Jackson」(マイケル・ジャクソンの真実)のインタビューで最も有名かもしれない。このインタビューで彼は、キング・オブ・ポップを才能ある音楽の天才としてではなく、モンスターとして描いた。そして今、バシールはまた音楽界のスーパースターを一人怒らせたようだ。Vibe Magazineの8/9月号で、ラップの大物ショーン・"ディディー"・コムズがバシールか...

    2010/08/03
  5. ニューヨーク・ポスト殿:責任あるジャーナリズムの選択を

    ニューヨーク・ポスト殿:責任あるジャーナリズムの選択を

    マイケル・ジャクソンのファンと友人のみなさん   2010年6月22日マイケル・ジャクソン・ファンクラブは、ニューヨーク・ポスト紙に掲載されたアンドレア・ペイサーによる記事に対応して行動を起こしました。私たちは、皆さんに理解していただけるような声でコメントしました。私たちは皆さんに呼びかけます。私たちの返答を読み、私たちの立場を理解し、無礼なまたは口先だけの攻撃を受けるいわれのないこと、さらに黙っている...

    2010/06/29
  6. MJトリビュート・ポートレート アップデート

    (要旨)以下のメッセージは、マイケル・ジャクソン・トリビュート・ポートレートの共同設立者、オーガナイザーそしてエグゼクティブ・プロデューサーであるジェリー・ビーダーマンが最近投稿したものである。「世界180カ国(!)以上からの参加者とともに、最大かつ最高のマイケル・ジャクソンへのトリビュートとなったことを光栄に思います。この注目すべき、現在も進行中の成功は、ファンの皆さん自身の草の根の口コミ運動という...

    2010/05/10