ディズニー・ブログ:キャプテンEOは12月6日に「別れを告げる」

エプコットのマジック・アイ・シアターで、"Disney & Pixar Short Film Festival"がデビューするとディズニー公式ブログが伝えている。このため、現在上映中のキャプテンEOは12月6日に「最後の別れを告げる」ことになる。以下、抜粋。

新たなアトラクションのデビューのため、現在マジック・アイ・シアターで上映されている「キャプテンEO」は、12月6日に最後の別れを告げます。彼らによる世界の変革を、今一度、より多くの皆様にご覧いただけることを願っています。

To make way for this new offering, “Captain EO,” the current occupant of Magic Eye Theater will say its final farewell December 6. Hope many of you are able to come out to see them change the world one more time.

Source: Disney Parks Blog

エプコットのキャプテンEO、ついにクローズか?

エプコットに残るマイケル・ジャクソンのアトラクション、キャプテンEOの終演は近いかもしれない。

SNSでは、ゲストエリアに掲示されていたメッセージから、EOが終演となるのではとの噂が流れている。そのメッセージには、キャプテンEOの最後の「お別れミッション」は12月6日と書かれていた。現在このメッセージは掲示されていないが、ツイッター等では見ることができる。

ディズニーはこのメッセージについての詳細は明らかにしていないが、終演、再開と続いてきた当アトラクションにとって、これは注目すべき転換点である。元々は当アトラクションはエプコットでは1986年から、ミクロ・オーディエンスのために終了した1994年まで上演されていた。そして2009年、マイケル・ジャクソンへのトリビュートとして再演となったのである。

終演は噂段階であるが、新たにディズニーに加わる劇場型アトラクションへの道を開くものになるかもしれない。例えば、ディズニーに詳しいジム・ヒル・メディアのジム・ヒルは、ピクサーのインサイド・ヘッドが成功しておりキャプテンEOの後継になる可能性があると以前から指摘している。

エプコットのニュー・アトラクションは新たに来園しようという意欲を生み出す傾向があり、オーランド地区の旅行業界を支えている。その中心にいるのがウォルト・ディズニー・ワールドであり、毎年数百万人のビジターを迎えている。

CTsn8TOUwAAZXur.jpg

■Epcot to close Michael Jackson-based attraction ... again?

The end may be near for the iconic Michael Jackson-based attraction, Captain EO, at Epcot.
Social media got wind of the closure via a sign — that may have been put out in guest areas prematurely — stating the last "farewell mission" for the ride would be on Dec. 6. Reports are the sign is no longer in the guest area, but you can see a picture of the sign from Twitter below.

Disney has yet to share any details on the sign, but it's an interesting turn for the attraction that has endured a series of openings and closures in recent years. It originally operated at Epcot from 1986 through 1994 when it was closed for Honey, I Shrunk the Audience, and was re-opened as a tribute to Jackson after his death in 2009.

The rumored closure could also pave the way for the next theater-based attraction that could tap into one of Disney's newer properties. For example, Disney expert Jim Hill with Jim Hill Media has previously said the success of Pixar's Inside Out could have the potential to replace Captain EO.
New attractions in Orlando tend to create new interest for visitation that helps boost the region's travel and tourism support industry. A major player in that mix is Walt Disney World, which welcomes millions of visitors each year.

Source: Orlando Business Journal

EOがディズニーインフィニティに登場?

マイケル・ジャクソンが登場する最後のビデオゲーム「Moonwalker」(1980年の同名映画を元に作られた)から25年、そして今、「Captain EO」が、今年発売の「ディズニーインフィニティ 3.0」としてビデオゲームで復活するかもしれない。

2015年6月19日のマイケルの命日に、ディズニーインフィニティの製作担当重役ジョン・ヴィニョッキが、もし努力が実ればディズニーインフィニティ3.0で「Captain EO」に会える、とツイートした。

「個人的に熱意を持ったプロジェクトです。承認が得られれば、同僚たちのサポートが得られます」。

80年代後半から90年代前半にディズニーランドやエプコットを訪れた人なら、両パークで上演されていたこの3-D映画を覚えているかもしれない。フランシス・フォード・コッポラ監督(「ゴッドファーザー」、「地獄の黙示録」)、ジョージ・ルーカス製作(「スターウォーズ」)の「Captain EO」は、1986年製作の3-DSF映画で、主役の「Captain EO」をマイケル・ジャクソンが演じた。1986年9月にエプコットとディズニーランドで上演が開始され、エプコットでは1994年、ディズニーランドでは1998年、「ミクロ・オーディエンス(ミクロアドベンチャー!)」と交代するまで上演された。

2009年のマイケル・ジャクソンの死を受け、ディズニーは2010年からリマスターされた本作を復活させ、今年になってクローズとなった。

本作は、Captain EOと寄せ集めのクルーがアンジェリカ・ヒューストン演じる「暗黒の女王」に贈り物を届けるというストーリーだ。女王の惑星に着陸すると、そこには、ねじれた鉄と噴出する水蒸気という古典的な、80年代によく見られたSF風の風景が広がっている。Captain EOとクルーたちは、ディズニー版「エイリアン」といった外見の暗黒の女王に、ある贈り物を届ける。それは、彼女の内面は美しいということを伝えることだ。クレイジーなダンス満載のバトルシーンが続き、そして「We Are Here To Change The World」だ。音楽が終わると、女王は若々しいアンジェリカ・ヒューストンへと変身し、同時に惑星も青々としたパラダイスへと変わる。本作は30分の長さに対し1分あたり170万ドルの製作費がかかっている。さらに劇場にはレーザーやスモークなどの3-D技術が導入されている。

ディズニー・インタラクティブはインフィニティ・シリーズで金鉱を掘り当てた。サンドボックス・ゲームに分類されるこのシリーズはフィギュア類とセットで販売されており、ベースに置いたりゲームの中でプレイすることもできる。たとえば「ジャック・スケリントン」では、ゲーム中の一部のモードでジャック・スケリントン役でプレイすることも可能だ。「Captain EO」に基づいたキャラクターは、Inquisitrが報じた通りすでにマーベルやスターウォーズを加えているディズニーインフィニティのラインナップのもう一つのキラー・コンテンツになる可能性がある。

ディズニーインフィニティ 3.0は2015年にPS3、PS4、Xbox360、Xbox One、Wii U、PC向けに発売される予定。(注:日本版の発売は未定)


■‘Captain Eo’ Part Of Disney Infinity 3.0?

It has been over 25 years since ‘Moonwalker,’ the last video game Michael Jackson appeared in based off his 1980’s film of the same name and now Michael’s ‘Captain EO’ may be returning to video games in the forthcoming Disney Infinity 3.0 due out later this year.

On the 25 June 2015, on Michael’s Anniversary, John Vignocchi, the VP of Production at Disney Infinity tweeted that, if successful in his endeavours, we will see Captain EO as part of Disney Infinity 3.0. He said,

“It is a personal passion project. I have the support of my peers if we can get it cleared.”

Visitors to Disneyland or Epcot in the late 1980’s and early 1990’s may remember the 3-D film featured at the two parks. Directed by Francis Ford Coppola (The Godfather, Apocalypse Now) and produced by George Lucas (Star Wars), Captain EO is a 1986 3-D science fiction film that starred Michael Jackson as the titular character. The film was shown at Epcot and Disneyland starting in September, 1986. It ran at Epcot until 1994 and Disneyland until 1998 where it was replaced by ‘Honey, I Shrunk The Audience’ at both locations.

Following Michael Jackson’s death in 2009, Disney brought back the 3-D film with a remastered picture from 2010 until earlier this year when both locations closed.

The film itself tells the story of Captain EO and his ragtag crew delivering a gift to the “The Supreme Leader” played by Angelica Houston. Upon landing at the Supreme Leader’s planet it is revealed to be nothing but twisted metal and steaming vents in the classic dirty sci-fi look popular in the 1980’s. Captain EO and his crew deliver the gift of telling the Supreme Leader, who looks like a Disney version of the Xenomorph from Alien, that there is beauty inside of her. A crazy dance infused battle ensues and to the music of ‘We Are Here To Change The World.’ When the music fades, the leader is transformed into a youthful Angelica Houston with the planet transformed into a lush, green paradise. The film boasted a $1.7 million a minute budget for its 30 min length, which also employed 3-D technology for the theatre including lasers, smoke clouds, and so on.

Disney Interactive has struck gold with its Infinity franchise. The sandbox game is sold with figures that sit on a base and are able to played with in the game. An example is if you own the Jack Skellington figure, you can play as Jack Skellington in some of the game’s modes. Having a character with a possible play set based around Michael Jackson’s Captain EO would be another killer IP to bring into the Disney Infinity line-up, which already includes the Marvel and Star Wars universe as the Inquisitr covered previously.

Disney Infinity 3.0 is slated to release in 2015 for the PS3, PS4, Xbox 360, Xbox One, Wii U, and PC.

Source: Inquisitr & MJWN

エプコットのCaptain EOがスケジュールに復活

Captain EOはもともと1986年に開幕し、1997年に終了した。フランシス・コッポラ監督によるこのSFフィルムは、2009年のマイケルの死をうけ、キング・オブ・ポップへのトリビュートとして2010年にエプコットに復活した。

しかしこの4月に、ディズニー映画「Tomorrowland」(主演:ジョージ・クルーニー)の試写の会場を空けるためにEOはエプコットを去っていた。その後、2週間前にはFuture Worldのその場所にはアニメーション映画「Inside Out」がデビューした。同作品は第一週に9000万ドルを稼いでいる。

そして現在、ディズニー・ワールドのスケジュールにCaptain EOが帰ってきた。ディズニーのウェブサイトによると、7月19日(土)のスケジュールにCaptain EOが掲載されている。

Captain EOは、日本、フランス、アナハイム(カリフォルニア)の各ディズニー・パークで上映されていた。

eo_2.jpg ■Michael Jackson’s Captain EO back on Disney schedule (again!)

The original run of ‘EO’ began in 1986 and ended in 1997. The sic-fi film, directed by Francis Coppola, returned to Epcot in 2010 in the wake of Michael’s death in 2009 as a tribute to the King of Pop.

However, ‘EO’ left Epcot in April to make room for a preview of the Disney film ‘Tomorrowland’, starring George Clooney. Later that Future World space was home to ‘Inside Out’, an animated feature that debuted two weeks ago. It made $ 90 million in its first weekend in theaters.

Now, ‘Captain EO’ is back on the schedule at Disney World. The company website puts it on the roster beginning Sunday, July 19.

‘Captain EO’ was also seen at Disney parks in Japan, France and Anaheim, California.

Source: LMJ

カリフォルニア・ディズニーランドのキャプテンEOが一時休止

マイケルのディズニー3Dフィルム、カリフォルニア・ディズニーランドのキャプテンEOが一時休止となる。

ジョージ・ルーカス監督、アンジェリカ・ヒューストンも出演したこのショート・ムービーは、元々1986年から1996年までディズニー・パークで上映されていた。そしてマイケルの死後の2010年、彼へのトリビュートとして戻ってきた。

このフィルムには、「We Are Here To Change The World」(後に2004年の「Ultimate Collection」に収録)や「Another Part Of Me」(このフィルムのために書かれ、1987年のアルバム「Bad」からのシングルとなり、そしてマイケルが最も愛した曲の一つである)が登場する。3D映画として言及されるが、真の形式は4Dとして知られている。レーザーやスモークなどの双方向の要素があるからだ。

8月に封切られる大ヒット確実の映画「Guardians of the Galaxy」の3Dプレビューを上映するために、キャプテンEOは一時休止となる。通常キャプテンEOが上映されている、トゥモローランドのマジックアイ・シアターでの上演となる。キャプテンEOは後日再開されると見られている。

■Captain EO To Close In Disneyland

Michael’s Disney 3D movie, Captain EO, is due to temporarily close at Disneyland in California.

The short movie, directed by George Lucas and also starring Anjelica Huston, originally ran in Disney theme parks from 1986 to 1996. However the popular spectacle returned in 2010, shortly after Michael’s death, in tribute to him.

The film features ‘We Are Here To Change The World’, which was subsequently released on the 2004 ‘Ultimate Collection’ and ‘Another Part Of Me’, which was written for the movie and also ended up being a single from the 1987 ‘Bad’ album as well as one of Michael’s most beloved hits. Though referred to as a 3D movie, in its true form it’s known as 4D, as it has interactive elements such as lasers and smoke.

The show will temporarily close to make way for ‘Guardians of the Galaxy’, which is a 3D preview of the film with the same name, coming out in August and what’s sure to be a summer blockbuster. It will be shown in the special Magic Eye Theater in Tomorrowland, where Captain EO is typically shown. The King of Pop’s Captain EO is expected to return at a later date.

Source: Disney Parks & MJWN

キャプテンEOのトリビア

マイケル・ジャクソンのファン、バリー・クレイドンが Screen Rant.comというウェブサイトで興味深い記事を発見した。そこには、マイケル・ジャクソンの素晴らしい映画「キャプテンEO」についての10のトリビアが記されていた。

これをお読みの皆さんが面白いと思っていただければ幸いです。

1986年、マイケルはディズニーの4-Dライド、キャプテンEOに登場した。キャプテンEOは、劇場内でレーザーやスモークを使った3-D効果や、光ファイバー製の壁による星空を用いるなど、当時としては画期的作品であった。同作品はポップ・カルチャーおよびディズニーの伝説となった。以下は、あまり知られていない同作品の興味深い事実である。

1. マイケル・ジャクソンは本作の製作にあたり、ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグの両人に依頼したかった。スピルバーグは、映画「カラーパープル」の製作のために辞退したが、ルーカスは了承した。

2. ルーカスは監督にフランシス・フォード・コッポラを推薦した。興行的に大失敗となった「ランブルフィッシュ」と「コットンクラブ」の後で、コッポラが仕事が必要だったからである。

3. タイトルはコッポラが決定した。ギリシャ神話の暁の女神「Eos(エーオース、エオス、イーオス)」が由来である。

4. 推定1700万ドル以上という予算で、一分あたり100万ドル以上のコストがかかっている。これにより最も高価なショート・フィルムの一つとなっている。

5. キャプテンEO公開の週、National Enquirer誌が、悪名高い、高圧容器に入って眠っているマイケル・ジャクソンの写真を公開した。ジャクソンは自身でこの写真をリークしていた。キャプテンEOに注目を集めるためであった(報道によれば!)

6. 劇中に登場する首領を表現するために、アンジェリカ・ヒューストンは毎日3時間のメークに耐え、天井からケーブルで吊り下げられなければならなかった。マイケルは、毎日、たとえ彼女のシーンが撮影されていない時でもメークをした状態で彼女を待機させていた。

7. 「スタートレック ファーストコンタクト」で、ボーグ・クイーンがワイヤで吊るされているシーンはキャプテンEOの首領にヒントを得たものである。

8. フーターは、「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」に登場するマックス・レボにヒントを得たものである。

9. あるお粗末な批評的反応と、リピーターも少なかったために、キャプテンEOは1997年に終了した。マイケル・ジャクソンの死後、2010年に再度オープンした。

10. MTVは1996年に一度だけキャプテンEOを放送した。テレビで放映された唯一の事例である。キャプテンEOは家庭用の媒体では一度も公式販売されていない。

記事と写真はこちら

captain_eo-1.jpg ■ Barry's ‘Captain EO’ Facts
Michael Jackson fan, Barry Claydon, visited a website called Screen Rant.com where he discovered an interesting article, which had ten facts about Michael’s superb film ‘Captain EO.’

He hopes other fans may find these facts interesting.

In 1986, Michael appeared in the 4-D Disney ride, Captain EO. Captain EO was a groundbreaking production at the time with 3-D effects, lasers and smoke in the theater, and a starfield on the walls made from fiber optic cables. The short film has become a legend in pop culture and Disney lore. Here’s a few interesting facts most people don’t know about the production.

1. Michael Jackson wanted either George Lucas or Steven Spielberg to produce the movie. Spielberg declined because he was working on The Color Purple, but Lucas agreed to produce.

2. Lucas recommended Francis Ford Coppola to direct, because Coppola needed work after his career suffered a setback with two box office bombs, Rumblefish and The Cotton Club.

3. The movie was named by Francis Ford Coppola. “EO” comes from the Greek goddess of the dawn, Eos.

4. At an estimated budget of over seventeen million, Captain EO cost over a million dollars a minute, making it one of the most expensive short films ever made.

5. The week of Captain EO’s release, the National Enquirer published the now infamous photo of Michael Jackson sleeping in a hyperbaric chamber. Jackson leaked the photo himself to build up attention for the ride, (according to media outlets!)

6. To portray the Supreme Leader, Anjelica Huston endured three hours of make-up daily, and had to be suspended from the ceiling in cables. Michael made her stay in makeup every day, even when they weren’t shooting her scenes.

7. The scene in Star Trek: First Contact where the Borg queen is lowered on wires was inspired by the Supreme Leader.

8. The character of Hooter was inspired by Return of the Jedi‘s Max Rebo.

9. A poor critical response and lack of repeat business shut down the ride in 1997. The ride was reopened in 2010 after Michael Jackson’s death.

10. MTV aired Captain EO once in 1996, the only time the short film has aired on TV. Captain EO has never been officially released in any home format.

To see the article and photos yourself, just click here.

Source: screenrant.com & MJWN, with grateful thanks to Barry Claydon
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ