フリードマン:MJを死なせた男、マーレー医師が電子書籍を「出版」、だが誰も買っていない

マイケル・ジャクソンを死なせた男、コンラッド・マーレー医師が書いた「本」が出版されたのか?私はこのような質問を受けた。

アマゾンを見てみなければなるまい。

マーレーが「This Is It! The Secret Lives of Dr. Conrad Murray and Michael Jackson」という本を電子書籍で7月26日に発売していたようだ。

大半が大あくび、という反応だ。「Secret Lives」は現在、アマゾンのkindleチャートで25408位という状況である。

私はダウンロードはしていないし、お金を払う気もない。誰もが同じなのではないかと思う。

誰か買ったという人を知っていたら、showbiz411@gmail.comまでメールで連絡をくれるよう頼んでいただきたい。

マーレーが何を書こうがどうでもよい。彼は過失致死罪で有罪となった。彼は刑務所にいるべきところであるが、刑務所が混んでいるために釈放された。彼が診療行為を行ってきた州では彼の医師免許は停止、あるいは剥奪されている。この本がハードカバーで出版されることはないだろう。

■Michael Jackson’s Killer, Dr. Conrad Murray, “Publishes” E Book And No One Buys It

Someone asked me today if the “book” written by Dr. Conrad Murray, the man who killed Michael Jackson, had been published.

I had to look on Amazon.

It does seem like Murray released his e book “This Is It! The Secret Lives of Dr. Conrad Murray and Michael Jackson” on July 26th.

The public has responded with a gigantic Yawn. “Secret Lives” is currently number 25,408 on amazon.com, on their paid Kindle chart.

I didn’t download it, and won’t pay for it. I guess hardly anyone else will, either.

If you know anyone who actually did do that, ask them to email me at showbiz411@gmail.com

It really doesn’t matter what Murray writes. He was found guilty of involuntary manslaughter. He should be in jail still, but was released because of overcrowding. His medical license has been suspended or revoked in the states where he practiced. The book will never see hardcover.

Source: showbiz411.com

マーレーの上訴棄却、連邦裁へ持ち込む意向

カリフォルニア州最高裁判所は水曜日、マイケル・ジャクソンの専属医に対する過失致死罪を見直すことを拒否し、同医師の弁護士による上訴申し立てを棄却した。判決時に論評はなかった。

州の最高位裁判所による今回の判断は、コンラッド・マーレー医師の法律の旅に対し待ったをかけるものとしては最新のものだ。州の控訴裁判所は今年初めにマーレー医師の有罪を支持し、再審を拒否していた。

ヴァレリー・ワス弁護士は、マーレーは連邦裁へ戦いの場を移す意向であると述べた。

「私たちは大変失望していますが、連邦裁判所でこの件を追及するつもりです」とワス弁護士は述べた。

ワス弁護士によると、電話でこの結果を知らせた際、「彼は『戦いは終わっていない』と言いました」。

関係当局によれば、マーレーは2009年に、カムバック・コンサートの準備をしていていたマイケル・ジャクソンに致死量の麻酔薬プロポフォールを投与した。

マーレーは2011年に有罪評決を受け、2年間服役した。彼は10月に釈放されたが、それは非暴力的服役囚は郡裁判所で服役させるというカリフォルニア州法の改正と、服役中の素行が良かったことによるものである。

6週間にわたった裁判では、睡眠補助のために毎晩行われていたプロポフォールの投与など、マーレーによるマイケル・ジャクソンの診療について焦点が置かれた。

控訴裁判所の決定ではこう述べられている。

「ミスター・ジャクソンは弱い立場の被害者で、(マーレーは)信頼される立場にあった、そして(マーレーは)様々な意味で職務上の規範を逸脱してこの信頼関係を破壊した。証拠がそれを示している」。

ワス弁護士によれば、釈放以来マーレーは家族と旅し、時間を過ごしてきた。「家族とともに人生を取り戻そうとしている」のだという。

ワス弁護士が提訴する予定である連邦控訴裁判所では、前裁判の報道について、そして陪審員がインターネットから隔絶されていなかったことを明らかにすることに焦点が当てられるという。控訴審でマーレーは、裁判に関する報道の洪水から陪審員は隔離されるべきであったと主張し続けていた。

■Murray Appeal Denied

The California Supreme Court refused Wednesday to review the involuntary manslaughter conviction of Michael Jackson’s doctor, rejecting his lawyer’s petition without comment.

The decision by the state’s highest court was the latest stop on Dr. Conrad Murray’s legal odyssey. A state appeals court upheld his conviction earlier this year and then refused to reconsider its decision.

Attorney Valerie Wass said Murray will take his fight to federal court.

“We’re greatly disappointed but we intend to pursue this in federal court,” Wass said.

She said she telephoned Murray with the news and, “He said, ‘The fight is not over.”‘

Authorities said Murray gave Michael a lethal dose of the anesthetic propofol in 2009 while the singer prepared for a series of comeback concerts.

Murray was convicted in 2011 and served two years in jail. He was released in October due to a change in California law requiring nonviolent offenders to serve their sentences in county jails and as a result of credits for good behaviour.

The six-week trial focused on Murray’s care of Michael, including nightly doses of propofol to help the entertainer sleep.

The earlier appellate court decision said,

“The evidence demonstrated that Mr. Jackson was a vulnerable victim and that (Murray) was in a position of trust, and that (Murray) violated the trust relationship by breaching standards of professional conduct in numerous respects.”

Since his release, Murray has been travelling and spending time with family, “trying to get his life back together.” Wass said.

She said the federal appeal she plans to file will focus on media coverage of the trial and exposure of the unsequestered jury to the Internet. Murray has maintained throughout his appeals that the jury should have been sequestered due to the flood of publicity surrounding the case.

Source: CTV News & MJWN

This Is Itのピアニストがマーレーに法的措置をとると予告!

マイケル・ジャクソンの元ピアニストが、キング・オブ・ポップを死亡させたとして有罪となった医師に対して法的措置をとると脅している。

2009年にロンドンで開幕することになっていたカムバック・コンサートを前に、不幸にもマイケル・ジャクソンは薬物の過剰投与により亡くなった。

この「This Is It」コンサートでピアノをプレイすることになっていたピアニストが、例の医師コンラッド・マーレーに対して法的書簡を送付した。マーレーはマイケル・ジャクソンの死に対して過失致死罪で2年間服役している。

このピアニスト、モリス(モー)・プレジャーは、マーレーの行動がマイケルのバンドの一員としての高額の仕事を奪ったと主張している。TMZは、同医師が最初の法的書簡に対して返答をしなかったことをうけ、彼が法的措置をとることになったと報じている。

2009年、ファン待望のツアー「This Is It」のキーボード担当として、彼はロサンゼルスで行われたマイケル・ジャクソンの追悼式典で演奏した。他の「This Is It」バンドのメンバーらとともに、プレジャーは同名の映画の中に永久にその名を刻まれたが、これは史上最高の売上を記録した音楽ドキュメンタリーとなっている。

プレジャーはこれまで、クリスティーナ・アギレラやマイケルの妹ジャネット・ジャクソンといったスターたちと演奏をしている。

モリス・プレジャーのフェイスブックはこちら

■MJ’s Pianist Warns Legal Action Against Murray!

Michael Jackson’s former pianist has reportedly threatened to take legal
action against the doctor convicted of causing the King of Pop’s death.

Sadly, Michael died of a drug overdose just weeks before he was due to kick
off a series of lucrative comeback concerts in London in 2009.

Now the musician who was due to play piano at Michael’s ‘This Is It’
shows has fired off a legal letter to Conrad Murray, who served almost two
years behind bars on an involuntary manslaughter charge stemming from
Jackson’s death.

Pianist Morris Pleasure claims Murray’s actions robbed him of his lucrative
job as part of Michael’s band, and editors at Tmz.com report he is now set
to pursue a lawsuit against Murray after the medic failed to respond to his
initial legal letter.

In 2009, as keyboardist for Michael’s highly anticipated ‘This Is It’
tour, he performed at the Michael’s memorial concert in Los Angeles. Along
with the rest of the ‘This Is It’ band, Mo is immortalized in the
eponymously titled film, the best-selling musical documentary of all time.

Pleasure has previously performed with stars including Christina Aguilera
and Michael’s sister Janet.

You can follow Morris Pleasure on Facebook!

Source: contactmusic, Mo Pleasure Facebook, Mo Pleasure & MJWN

控訴裁判所はマーレーの再審理請求の棄却を変更せず

マイケル・ジャクソンの元専属医コンラッド・マーレーの過失致死罪の有罪評決に対する再審理請求について、控訴裁判所は棄却の意見を変えていない。

第二区控訴裁判所の陪審団は木曜日に大まかな裁定を下し、マーレーの控訴請求を退けた先月の見解についての事務的および文法的誤りを修正した。マーレーの弁護士が、カリフォルニア州最高裁判所に対して上訴するためにその修正を求めていた。

新たに明らかとなった文書では、「上訴人の再審理請求は棄却」と手短に記されている。

裁判所はマーレーの有罪を全員一致で支持し、裁判で提示されたマーレーが有罪であるとする十分な証拠があると決定している。マーレーは2009年にマイケル・ジャクソンを死亡させたとして2年間服役した。

マーレーは、「This Is It」と題されたカムバック・ツアーを準備中だったマイケル・ジャクソンに麻酔薬プロポフォールを致死量投与したとして2011年に有罪評決を受けた。

mj66.jpeg ■ Appellate court denied rehearing of Murray’s involuntary manslaughter conviction

An appellate court is refusing to grant a rehearing to Michael Jackson’s doctor, Conrad Murray, on the appeal of his involuntary manslaughter conviction.

A 2nd District Court of Appeal panel issued a brief ruling Thursday correcting clerical and grammatical errors in its opinion last month that denied Murray’s appeal. His lawyer asked for the corrections to prepare for filing a further appeal with the California Supreme Court.

The new document concluded tersely: “Appellant’s petition for rehearing is denied.”

The court unanimously upheld Murray’s conviction, determining there was substantial evidence of his guilt presented at trial. He served two years in jail for causing Michael’s 2009 death.

Murray was convicted in 2011 of giving Michael a lethal dose of the anesthetic propofol while he prepared for a series of comeback concerts titled “This Is It.”

sources: LMJ, Associated Press

マーレー、控訴裁判所の棄却判断に対して異議申し立てへ

控訴裁判所が全員一致で上訴を退けたことを受け、コンラッド・マーレーはこの決定に対して争う準備をしていると弁護士がニューヨーク・デイリー・ニュースに語った。

ヴァレリー・ワス弁護士は、マーレーが、カリフォルニア州第二区控訴裁判所から出された68ページにおよぶ裁定を精査し、1月30日の期限までに再審理を請求するよう同弁護士に要請したと語った。

「私たちは控訴裁判所の見解に失望しました」と、彼女はマーレー(2011年に過失致死罪で有罪評決)と話しをした後にニューヨーク・デイリー・ニュース対して語った。前の弁護団が薬ビンの残留物の検査の適切なタイミングでの請求を怠り、しかし「弁護士の失策」がマーレーの弁護に影響することは逆になかったと主張しているとしてマーレーの弁護団の一人を「勤勉さに欠ける」と控訴裁判所が非難したのは「皮肉」だとワス弁護士は述べた。

控訴裁判所の裁定では、マイケル・ジャクソンを死亡させたと疑われる麻酔薬ビンの検査を要請する有罪評決後の動議が認められていたとしても、そしてその検査によって、マイケルは死亡時に薬物の点滴を受けていたとする検察側の構図が崩れたとしても、陪審員が有罪評決を下すには十分だっただろうと判事は述べている。

マイケルが亡くなる数時間前に25ミリグラムのプロポフォールを注射し、適切な監視装置なしに電話をかけていたとマーレーが認めたことだけで十分だと判事らは述べている。

「大変不満です。もしジャクソンが点滴中ではなかったら、私たちが意図していた通り、そして私は固く信じていますが、マーレー医師はその場にいる必要はなかったのです。マーレー医師は少量のプロポフォールをジャクソンに注射し、その範囲においてジャクソンを監視していました。電話記録とも正確に符合します」とワス弁護士は述べた。

マーレーは、部屋から出ている間にマイケルが目を覚まし、自分で致死量のプロポフォールを注射筒を用いて投与したという主張を続けている。控訴裁判所は、自分で投与したという理論は「公判で提示された証拠が支持していない」との判断を下している。

「我々の見解では、それは全くの憶測、推量に基づくものであり、陪審員の評決を崩すものではない」との判断を控訴裁判所は示している。

「裁判所の分析は憶測だらけだと私は考えています」とワス弁護士は述べている。

マーレー(60歳)は、禁固4年のうちの2年を服役した昨年10月に刑務所の混雑の為に出所している。

■Murray files petition to fight appellate court’s decision to reject his appeal last week

Conrad Murray is vowing to fight on after an appellate court unanimously rejected his criminal appeal last week (read), his lawyer told the New York Daily News.

Defense lawyer Valerie Wass said Monday that her client has reviewed the 68-page ruling from California’s 2nd District Court of Appeal and asked her to file a petition for re-hearing before a Jan. 30 deadline.

“We’re both grossly disappointed in the opinion,” Wass told The News after communicating with the cardiologist convicted of involuntary manslaughter in 2011. She said it was “ironic” that the Court of Appeal blasted one of Murray’s trial lawyers for a “lack of diligence” – saying the lawyer failed to seek timely testing of bottle residue – but then claimed “counsel’s errors” didn’t adversely affect his defense.

In their ruling, the justices said even if Murray had prevailed with his post-verdict motion to test the bottle of anesthesia suspected of killing Michael Jackson – and even if the tests managed to undermine the prosecution’s theory Michael was on a drug drip when he died – the jury still had enough to convict.

The justices said it was enough that Murray admitted giving Michael a 25-milligram injection of propofol in the hours before his death and then talked on the phone without proper monitoring in place.

“I’m really frustrated,” Wass said Monday. “If Jackson wasn’t on a drip, as we contend and I strongly believe, then Dr. Murray didn’t have to stay. He gave Jackson a small amount of propofol and monitored him while it was in his system. That fits in exactly with his phone records.”

Murray has maintained that Michael awoke while he was out of the room on June 25, 2009, and self-administered a fatal dose of propofol with a syringe. The appellate court found that the self-administration theory was “not supported by the evidence presented at trial.”

“In our view, it is based almost entirely on conjecture and speculation that does not undermine the jury’s verdict,” last week’s ruling stated.

“I think the court’s analysis is replete with speculation,” Wass said Monday.

Murray, 60, was released from jail last October after completing his four-year-sentence in two years thanks to jail overcrowding.

sources: LMJ, NY Daily News

控訴裁判所はマーレーの有罪を支持

控訴裁判所は水曜日、マイケル・ジャクソンの元専属医の過失致死罪を全面的に支持し、コンラッド・マーレーが有罪であるとの十分な証拠があったと結論つけた。

カリフォルニア州第二区控訴裁判所によるこの裁定は、コンラッド・マーレーが出所して3か月足らずで下された。マーレーは2009年のジャクソンの死を招いたとして2年間服役していた。

68ページに及ぶ裁定にはマーレーに対する証拠が長々と列記されていた。「This Is It」と題されたカムバック・ツアーの準備中だったマイケル・ジャクソンは2009年6月に麻酔薬プロポフォールの過剰投与で亡くなったが、マーレーはそのことで2011年に有罪評決を受けている。

6週間にわたったその裁判では、睡眠補助のための毎晩のプロポフォールの投与を含む、マーレーによるジャクソンの診療に焦点が当てられた。

控訴裁判所は、上級裁判所のマイケル・パスター判事が最高刑である禁固4年を課したのは当然だとしている。

「適切な医療装置、予防策、専門人員を備えずに危険な薬物をミスター・ジャクソンに投与したという行為、ミスター・ジャクソンのそばを離れたという行為、ミスター・ジャクソンの健康と安全を軽視した」マーレーの「無慈悲さが公判を通じて示された」。

「ミスター・ジャクソンが弱い立場の犠牲者であったこと、(マーレーが)信頼されていたこと、(マーレーが)専門的標準診療を逸脱したことによりその信頼関係を破壊したことが証拠により示された」と控訴裁判所の意見には記されている。

元医師は10月に釈放された。非暴力的受刑者は郡刑務所に服役するというカリフォルニア州法の改正に加えて模範囚であったことがその理由だ。

控訴申立書の中で、マーレーは、担当判事がカギとなる証拠を陪審員に聞かせなかった、陪審員を隔離すべきであったと主張していた。

控訴裁判所はこれに同意せず、テレビ中継を許可したことを含む担当判事の裁定に誤りは無かったと述べた。

マーレーの弁護士は、ジャクソンが金銭的に困窮していたこと、そして他の医師による診療についても証拠として採用するよう試みたが、担当のパスター判事はそれらの問題についての証言は不適切であるとの判断を下した。

控訴審でのマーレーの代理人ヴァレリー・ワス弁護士は今回の判断について、失望したが意外ではない、次に向けて精査していると述べた。また、申立書提出以降はマーレーには会っていないが、必要であれば高位の法廷に持ち込むのがマーレーの意向であると述べた。

副検事総長のヴィクトリア・ウィルソンに宛てた電話メッセージには今のところ返答はない。担当であるロサンゼルス郡地方検事局はコメントを拒否している。

なお水曜日には、エステートの弁護士とロンドンのロイズの保険業者らが、ツアー・キャンセルおよび不参加保険の1750万ドルの支払いを争っていた件(2月に公判が予定されていた)について合意した。合意条件については公表されなかった。

ソース:ASSOCIATED PRESS
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ