1. フリードマン:MJを死なせた男、マーレー医師が電子書籍を「出版」、だが誰も買っていない

    マイケル・ジャクソンを死なせた男、コンラッド・マーレー医師が書いた「本」が出版されたのか?私はこのような質問を受けた。アマゾンを見てみなければなるまい。マーレーが「This Is It! The Secret Lives of Dr. Conrad Murray and Michael Jackson」という本を電子書籍で7月26日に発売していたようだ。大半が大あくび、という反応だ。「Secret Lives」は現在、アマゾンのkindleチャートで25408位という状況である。私はダウン...

    2016/08/20
  2. マーレーの上訴棄却、連邦裁へ持ち込む意向

    カリフォルニア州最高裁判所は水曜日、マイケル・ジャクソンの専属医に対する過失致死罪を見直すことを拒否し、同医師の弁護士による上訴申し立てを棄却した。判決時に論評はなかった。州の最高位裁判所による今回の判断は、コンラッド・マーレー医師の法律の旅に対し待ったをかけるものとしては最新のものだ。州の控訴裁判所は今年初めにマーレー医師の有罪を支持し、再審を拒否していた。ヴァレリー・ワス弁護士は、マーレーは連...

    2014/04/26
  3. This Is Itのピアニストがマーレーに法的措置をとると予告!

    マイケル・ジャクソンの元ピアニストが、キング・オブ・ポップを死亡させたとして有罪となった医師に対して法的措置をとると脅している。2009年にロンドンで開幕することになっていたカムバック・コンサートを前に、不幸にもマイケル・ジャクソンは薬物の過剰投与により亡くなった。この「This Is It」コンサートでピアノをプレイすることになっていたピアニストが、例の医師コンラッド・マーレーに対して法的書簡を送付した。マー...

    2014/03/06
  4. 控訴裁判所はマーレーの再審理請求の棄却を変更せず

    控訴裁判所はマーレーの再審理請求の棄却を変更せず

    マイケル・ジャクソンの元専属医コンラッド・マーレーの過失致死罪の有罪評決に対する再審理請求について、控訴裁判所は棄却の意見を変えていない。第二区控訴裁判所の陪審団は木曜日に大まかな裁定を下し、マーレーの控訴請求を退けた先月の見解についての事務的および文法的誤りを修正した。マーレーの弁護士が、カリフォルニア州最高裁判所に対して上訴するためにその修正を求めていた。新たに明らかとなった文書では、「上訴人...

    2014/02/15
  5. マーレー、控訴裁判所の棄却判断に対して異議申し立てへ

    控訴裁判所が全員一致で上訴を退けたことを受け、コンラッド・マーレーはこの決定に対して争う準備をしていると弁護士がニューヨーク・デイリー・ニュースに語った。ヴァレリー・ワス弁護士は、マーレーが、カリフォルニア州第二区控訴裁判所から出された68ページにおよぶ裁定を精査し、1月30日の期限までに再審理を請求するよう同弁護士に要請したと語った。「私たちは控訴裁判所の見解に失望しました」と、彼女はマーレー(2011年...

    2014/01/28
  6. 控訴裁判所はマーレーの有罪を支持

    控訴裁判所は水曜日、マイケル・ジャクソンの元専属医の過失致死罪を全面的に支持し、コンラッド・マーレーが有罪であるとの十分な証拠があったと結論つけた。カリフォルニア州第二区控訴裁判所によるこの裁定は、コンラッド・マーレーが出所して3か月足らずで下された。マーレーは2009年のジャクソンの死を招いたとして2年間服役していた。68ページに及ぶ裁定にはマーレーに対する証拠が長々と列記されていた。「This Is It」と題...

    2014/01/16