LIBERIAN GIRL

LIBERIAN GIRL

作詞曲:マイケル・ジャクソン
プロデュース:クインシー・ジョーンズ(クインシー・ジョーンズ・プロダクションズ)
共同プロデュース:マイケル・ジャクソン(MJJプロダクションズ)
1987年8月31日リリースのアルバム「BAD」収録
シングルリリース、1989年7月4日

ショートフィルム
監督:ジム・ユキック
一次ロケ地:カリフォルニア州ロサンゼルス

マイケル・ジャクソンの「Liberian Girl」のショートフィルムは、史上最高売り上げのアルバムの一つ、「Bad」用に製作された9つのショートフィルムの一つである。「Liberian Girl」はアメリカではシングル・リリースされていないが、イギリス、オランダ、フランス、スイス、アイルランドのヨーロッパ5カ国でトップ20入りを果たした(アイルランドでは1位獲得)。イギリスでは「Liberian Girl」は「Bad」からの9曲目のトップ40シングルとなり、一つのアルバムからの新記録となった。

ユーモアあふれる本作のショートフィルムは、アフリカのとある港町のモノクロ映像から始まる。カラー映像に移る直前、製作アシスタントのクラップボードによって、その“町”がスタジオ内であることが明らかとなる。セットでは大勢のマイケルの友人やコラボレーターたちが談笑し、そしてある疑問を抱いたまま待っている。マイケルはどこ?ショートフィルムの最後、全員がセットに集まってくる。そして、マイケルは始めからずっとカメラを構えていたことが明らかとなる。カメラクレーンが下りてきて笑っているマイケル。そしてこう言う。「オーケー、みんな。終わったよ!」

ショートフィルムには大勢のミュージシャンや著名人の姿が見える。マルコム・ジャマル・ワーナー、ポーラ・アブドゥル、ウーピー・ゴールドバーグ、「Bad」のプロデューサーのクインシー・ジョーンズ、ジョン・トラボルタとオリヴィア・ニュートン・ジョン(映画「グリース」(1978年)以来の共演)、スティーヴン・スピルバーグ、“ウィアード・アル“・ヤンコビック、スザンヌ・サマーズ、ルー・フェリグノ、ドン・キング、奇術師デビッド・カッパーフィールド、リチャード・ドレイファス、ダニー・グローヴァー、そしてダン・エイクロイド。ビデオの中で包帯を巻いた謎めいた人物が登場するが、ショートフィルムのエンド・クレジットでは彼は単に「?」とクレジットされている。

2011年のインタビューで監督のジム・ユキックは本ショートフィルムの撮影を「素晴らしいものだった」と振り返り、マイケルは「信じられないほどの好人物、愉快なナイスガイだった」と回想している。

(原文)
LIBERIAN GIRL

Written and Composed by Michael Jackson
Produced by Quincy Jones for Quincy Jones Productions
Co-Produced by Michael Jackson for MJJ Productions, Inc.
From the album Bad, released August 31, 1987
Released as a single July 4, 1989

THE SHORT FILM
Director: Jim Yukich
Primary Production Location: Los Angeles, California

Michael Jackson’s short film for “Liberian Girl” was the eighth of nine short films produced for recordings from Bad, one of the best selling albums of all time. While “Liberian Girl” was not released as a single in the United States, it was released as a single internationally and reached the Top 20 in five countries throughout Europe, including the United Kingdom, the Netherlands, France, Switzerland and Ireland (where it reached No. 1). In the United Kingdom, “Liberian Girl” was Michael’s ninth Top 40 single from Bad, a record for one album.

The song’s humorous short film starts with black and white footage of an African port town, before a transition to color, where a production assistant’s clapboard reveals the “town” is a soundstage. On that set, dozens of Michael’s friends and collaborators make small talk, joke and wait around with one question on their minds: where is Michael? At the short film’s conclusion, when everyone converges on the set, it is revealed that Michael was behind the camera the whole time, laughing as he descends from a camera crane and saying, “Okay everyone, that’s a wrap!”

Three dozen actors, musicians and celebrities can be seen in the short film, including Malcolm-Jamal Warner, Paula Abdul, Whoopi Goldberg, Bad producer Quincy Jones, John Travolta and Olivia Newton-John (making their first on-screen appearance together since 1978’s Grease), Steven Spielberg, “Weird Al” Yankovic, Suzanne Somers, Lou Ferrigno, Don King, illusionist David Copperfield, Richard Dreyfuss, Danny Glover and Dan Aykroyd. During the video, a mysterious person wearing bandages can be spotted; in the short film’s end credits, he is credited simply as “?”

In a 2011 interview, director Jim Yukich called shooting the short film “incredible,” remembering Michael as “unbelievably nice…such a pleasant person and a nice guy.”

ソース:michaeljackson.com

On this day 1987年9月9日

On this day 1987年9月9日

マイケルはBADワールド・ツアーのために日本の成田空港に到着し、ファンが殺到した。600人を超える記者、カメラマン、数百人の泣き叫ぶファンたちが彼の到着を待っていた。ペットのチンパンジー、バブルスまでもが(彼は別便だった)、300人を超えるファンのお出迎えを受けた。ステージ用機材を運ぶためにジャンボジェットがチャーターされ、130人のツアー・スタッフとともにトラック22台分の荷物が東京へ運び込まれた。空港は彼を混雑から守るために封鎖された。

日本滞在中、マイケルはキャピトル・ホテルの10階に宿泊した。同ホテルの最上階はマイケル・ジャクソン・スイートと改名された。

マイケルのペットのチンパンジー、バブルスは日本の中曽根首相から儀礼用刀を受け取った。

1987年の東京到着時の映像はこちら(映像中の1988年は1987年の誤り)
http://www.youtube.com/watch?v=GsTqZrp77wc

1987_NRT.jpg
(原文)
On this day - 9th September 1987

Michael arrives at Naritas Airport in Japan for his 'Bad' world tour where he is beseiged by fans. Over six hundred journalists, cameramen and hundreds of screaming fans were waiting to cover his arrival. Even Bubbles, Michael's pet chimp, who took a separate flight, was greeted by more than three hundred fans. To transport the stage equipment, a chartered jumbo jet flew into Tokyo carrying twenty two truckloads along with Michael's tour entourage of one hundred and thirty two people.The airport is cordoned off to prevent him from being mobbed.

Whilst in Japan, Michael stays on the 10th floor of the Capitol Hotel, which renames its top floor of rooms, The Michael Jackson Suite.

Michael's pet chimp, Bubbles, accepts a ceremonial sword from the Japanese Prime Minister Nakasone.

Watch some footage of Michael's arrival in Tokyo in 1987 here. (Disregard the year on the video as it is 1987 not 1988):
http://www.youtube.com/watch?v=GsTqZrp77wc

ソース:Michael Jackson - The Visual Documentary / facebook.com

On this day 1998年1月13日

日本のポップグループJ-Friendsが、マイケル・ジャクソン作詞作曲、プロデュース、編曲の「People Of The World」をシングル、アルバムとしてリリースした(注:原文のまま)。この曲は、1995年に5000人以上の犠牲者を出した巨大地震に見舞われた神戸の子供たちのために、1998年にマイケルが作ったものである。マイケルは、当時神戸の子供たちのためにチャリティー・プロジェクトを計画していた日本人の歌手ユニットJ-Friendsとの仕事を申し出て、日本人のプロデューサー秋元康と共同でプロデュースを行った。J-Friendsの歌手たちはレコーディングの前にマイケルによるデモ・バージョンを聞いていたと言われているが、マイケルによる英語バージョンは未発表のままである。

Voice by a child: “Together we sing to make a better world ….” "

Listen to J-Friends' 'People Of The World' here:


Listen to Michael's 'demo' version here:
 

■ On this day - 13th January 1999

The Japanese pop group J-Friends releases a single and album which features a song written, composed, and co-produced and arranged by Michael entitled 'People Of The World'.

The song was written by Michael in 1998, for the children in Kobe, where a devastating earthquake killed more than 5000 people in 1995. Michael offered to work with J-Friends, Japanese singers who were then planning a charity project for the Kobe children, and co-produced this song with Japanese producer Yasushi Akimoto.

It is said that the singers listened to Michael's demo version before recording this, but Michael's English version remains unreleased.

Here is an English translation of the Japanese lyrics:

"You came to me and shown me
That love is the answer
I will save you, protect you from everything
We should live in togetherness with one another

(chorus 1)
People all over the world
When you start to lend a helping hand
You can make it a better place
This song is for you
To bring love and harmony to this world

I can hear people crying
My heart weeps when I see your tears
I will give my shoulder whenever you need
So let us sing together

(chorus 2)
People all over the world
Your smile makes me smile
We can make our future brighter
Let the world shine with happy smiles

Repeat chorus 1 and 2.

Voice by a child: “Together we sing to make a better world ….” "

Listen to J-Friends' 'People Of The World' here:
https://www.youtube.com/watch?v=4nKnBePgcWI

Listen to Michael's 'demo' version here:
https://www.youtube.com/watch?v=s5Yw3D-a7Ro

ソース:Michael Jackson - The Visual Documentary / facebook.com 

On this day - 1988年12月11日

1988年12月11日、BADツアー日本公演での東京ドーム9公演の3日目のパフォーマンスを行う。

マイケルはバックステージで幼い二人のファンとその両親と会った。9歳のタカダ・アヤナはBADツアーの通算400万人目の観客だった。気がつけばマイケル・ジャクソンの曲を聴いていたというタカダ・アヤナは、金曜日から始まった東京公演の3日目の日曜日にステージに上げられ、入場者数の新記録を祝う証明書を手渡された。BADツアーは400万人という史上最大の観客を前に公演が行われたのである。

BADツアーは史上最多の観客を前に公演が行われた。ツアー・オーガナイザーによると、12カ国を終えた時点で440万人の観客動員が見込まれていた。マイケルはソロ初となるツアーを1987年9月に日本の14公演からスタートしていた。

1988_Tokyo_dome.jpg

■On this day - 11th December 1988
1988 - Michael perform third of 9 dates at Tokyo Dome in Tokyo during the Japanese leg of Bad tour.

At one of these last concerts in Japan, Michael met backstage with two young fans and their parents. 9 year old Ayana Takada was the 4 millionth fan to attend the Bad tour. Michael met with her and her brother and presented her with a certificate to commemorate the now record breaking attendance figure. The Bad tour had played to the largest audience ever, 4 million people.

Michael greets 4 millionth fan.

Ayana Takada, a 9-year-old who says she’s been listening to the music of Michael Jackson as long as she can remember, was selected Sunday as the 4 millionth person to attend a concert of Jackson’s world tour.

Jackson, who opened the last leg of his world tour in Tokyo Friday night, brought the girl on stage during his performance Sunday and presented her with a certificate commemorating the event.

The Bad tour had played to the largest audience ever, by the time he winds up his 12-nation tour, the rock star is expected to have performed before a record 4.4 million fans, according Jackson’s tour organizers.
Jackson, 30, embarked on his first international solo tour in Japan in September 1987, playing before sold-out crowds in 14 concerts.
her brother Taisuke Takada.

Source: Michael Jackson For All Time / MJJEternal / MJJCommunity / MJJTime / MJ-Upbeat.com

On this day - 1993年9月10日

マイケル・ジャクソンは福岡のコンサートで30000人のファンを熱狂させた。ファンたちは、「We Believe You」、「We Believe You Always」のバナーを掲げていた。

日本でのマイケルのパフォーマンスを見にやって来た、一人の特別なファンがいた。マイケルは、末期患者の15歳のオランダ人少年、マータイン・ヘンドリクセンと二人のきょうだいたちを日本に招いたのだ。彼らはマイケルに会ってコンサートを見るために、全長7メートルのリムジンでアムステルダム空港まで送られた。これは、メイク・ア・ウィッシュ財団の要請にマイケルが応えたものであった。化学療法を受けていたマータインは、彼のアイドルMJに会うことを望んでいたのである。

福岡公演での「Jam」と「Wanna Be Startin' Somethin'」の映像



■ On this day - 10th September 1993

Michael thrilled 30,000 fans at his concert in Fukuoka, Japan. Fans hold banners reading, "We Believe You", and "We Believe You Always."

There was also one special fan who got to see Michael perform in Japan. Michael had flown a terminally ill Dutch boy, 15 year old Martijn Hendricsen, and his two brothers to Japan. They were driven in a 23 foot gold limousine to Amsterdam airport to meet Michael and see the concert. Michael had responded to a request from the Make A Wish Foundation. Martijn, undergoing chemotherapy for cancer, had wished to meet his idol, MJ.

Watch some footage of Michael performing ‘Jam’ and 'Wanna Be Startin’ Somethin’ ' in Fukuoka here:
http://www.youtube.com/watch?v=Fohx9QVP9qo

ソース:Michael Jackson - The Visual Documentary / facebook.com 

On this day 1989年7月28日

マイケル・ジャクソンはテレビ・コマーシャルの新作「マイケル・レーズン」に出演を果たし、レーズン・ファミリーのクレイメーション(粘土アニメ)の一員となった。

CM中の話し声はマイケルのものが使われているが、ペプシとの独占契約のため、CM中で使われている歌「I Heard It Through The Grapevine」のボーカルではマイケルの声は使用できなかった。マイケルは本CMのクレイメーションの製作者とビデオ「Moonwalker」で仕事をしており、自分のイメージをこのCMに使用することに同意したのである。

マイケルは出演料として2万5000ドルを受け取ったが、チャリティーに寄付している。

「マイケル・レーズン」のコマーシャルはこちら。



レーズン・コマーシャルについて語っているマイケルはこちら。



■ On this day – 28th July 1989

Michael becomes the newest claymation member of the Raisin Family by appearing in their new TV commercial called ‘Michael Raisin’.

Michael’s speaking voice is used in the ads, but his singing voice on the song, ‘I Heard It Through The Grapevine’ cannot be used because of his exclusive contract with Pepsi. Michael agrees to lend his image to the commercial after working with the claymation creator on his ‘Moonwalker’ video.

Michael receives $25,000 for his contribution, which he donates to charity.

ソース:MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ