2002年VIBEマガジンより

「人々は歴史が始まって以来ずっと黒人音楽を敬ってきたのだと思う。黒人霊歌に立ち戻りたいというのであればね。今、音楽市場はそれがそのサウンドだという事実をまさに受け入れている。ブリトニーからインシンクまで、彼らはR&Bをやっている。ビージーズのバリー・ギブですら、"(英国なまりを真似て)俺たちはR&Bだよな"って言っていたよ。僕は言った。バリー、僕は分類分けはしないけど、凄い音楽だよって。彼が言いたいことはよくわかるよ。僕は偉大な音楽を愛している。それには色はないし、境界もないんだよ」-マイケル・ジャクソン、VIBE誌2002年3月号でインタビューに答えて

(原文)
“I think people have always admired black music since the beginning of time, if you want to go back to Negro spirituals. Today, the market is just accepting of the fact that that's the sound. From Britney to 'N Sync, they're all doing the R&B thing. Even Barry Gibb of the Bee Gees he always tells me [imitating a British accent], "Man, we do R&B." I say, Barry, I don't categorize it, but it's great music. I understand where he's coming from. I love great music - it has no color, it has no boundaries.” – Michael Jackson in an interview with VIBE, March 2002

Source: The official facebook page of Michael Jackson / facebook.com

ゲイリー・ヤングのガーディアン紙への寄稿より

「単なるアメリカン・ポップ・スターではなく世界的なアイコンであり、ソロではなくファミリーの一員だった。一つのブラック・ファミリー。70年代初頭のイギリスでは決してお目にかかれないものだった。それぞれが独自の文化を持っていたオズモンズやパートリッジ・ファミリーとは好対照だった。我が家のリビングでは、私と兄弟たちは彼のようにスピンやシャッフルをやっていた。出かける時は母親が私たちの髪をクシでといてくれた・・・頭皮が熱くなるほどに・・・そうすると彼らのようになったんだ」-ゲイリー・ヤング、公民権運動の時代の黒人スーパースターとしてのマイケルの立ち位置についてのガーディアン紙への寄稿より

(原文)
"Not just an American pop star but a global icon; not just an individual but part of a family. A black family - the kind you never saw in Britain during the early 70s. A counterpoint to the Osmonds or the Partridge Family that made sense on its own cultural terms. In our living room, my brothers and I would spin and shuffle to dance like him. When we were going out our mother would comb our hair high - until our scalps were on fire - so we could look like them." - Gary Young, writing for the Guardian, on Michael's position as the first Black superstar of the Civil Rights Era.#BlackHistoryMonth

Source: The official facebook page of Michael Jackson / facebook.com

1993年NAACPイメージ・アワードの受賞時に

「NAACPが闘っていることが二つあります。それは僕の人生で最も大切なものです。自由と平等。誰の心の中にも秘密の歌があります。その歌は『私は自由だ』と語り、『私はひとつ』と歌っています。風のように自由であること、子供たちはみんなで一つであること。これはどの子供にとっても自然な感覚です。世界中の争いはこの感覚を忘れたことにより引き起こされています。そして僕が歌う時、僕は人々とつながっています。そして改めて思うのです。自由であり一つであることを」-マイケル・ジャクソン、1993年、NAACPイメージ・アワードの受賞時に

"There are two things that the NAACP stands for which are the most important things in my life; freedom and equality. In every person there is a secret song in their heart it says "I am free" it sings "I am one" this is the natural feeling of every child to be free as the wind, to be one with every other child. All the troubles in the world are caused by forgetting this feeling and when I perform my connection it's with people and it's just to remind me of that -- to be free and to be one." - Michael Jackson upon receiving the NAACP Image Awards in 1993. #BlackHistoryMonth

Source: The official facebook page of Michael Jackson / facebook.com

TIME誌が、「Thriller」が史上最も重要なアルバムの一つである理由を考察している

「パンクの残骸とシックなシンセサイザー・ポップの狭間で行き詰まっていたレコード会社にとって、『Thriller』は完全なる自信の回復と再生であった。リスナー、特に若い層への影響は新たな発見といってもよいものであった。『Thriller』はブラック・ミュージックをラジオの主流へと弾き戻した。70年代中盤の"スペシャル・フォーマットによる番組制作"による制約によってブラック・ミュージックは事実上排除されていたのだ。リスナーは大量のソウルのもとで、ポップをよりポップに、そしてヘヴィー・メタルなダイエットを止めることが可能となった。『それは疑いない』と、ジャクソンとともに『Off The Wall』や『Thriller』をプロデュースした作曲家・編曲家のクインシー・ジョーンズは言う。『彼は我々をもとの位置へと正したのです。ブラック・ミュージックは長い間脇役に甘んじていました。でもそのスピリットはポップのモーターなのです。マイケルは世界中のソウルとつながっていたのです』」。

(原文)
TIME Magazine explores why 'Thriller' is one of the most important albums of all time:

"For a record industry stuck on the border between the ruins of punk and the chic regions of synthesizer pop, 'Thriller' was a thorough restoration of confidence, a rejuvenation. Its effect on listeners, especially younger ones, was nearer to a revelation. 'Thriller' brought black music back to mainstream radio, from which it had been effectively banished after restrictive "special-format programming" was introduced in the mid-'70s. Listeners could put more carbonation in their pop and cut their heavy-metal diet with a dose of the fleetest soul around. "No doubt about it," says Composer-Arranger Quincy Jones, who produced 'Off the Wall' and 'Thriller' with Jackson. "He's taken us right up there where we belong. Black music had to play second fiddle for a long time, but its spirit is the whole motor of pop. Michael has connected with every soul in the world."

Source: The official facebook page of Michael Jackson / facebook.com

LIBERIAN GIRL

LIBERIAN GIRL

作詞曲:マイケル・ジャクソン
プロデュース:クインシー・ジョーンズ(クインシー・ジョーンズ・プロダクションズ)
共同プロデュース:マイケル・ジャクソン(MJJプロダクションズ)
1987年8月31日リリースのアルバム「BAD」収録
シングルリリース、1989年7月4日

ショートフィルム
監督:ジム・ユキック
一次ロケ地:カリフォルニア州ロサンゼルス

マイケル・ジャクソンの「Liberian Girl」のショートフィルムは、史上最高売り上げのアルバムの一つ、「Bad」用に製作された9つのショートフィルムの一つである。「Liberian Girl」はアメリカではシングル・リリースされていないが、イギリス、オランダ、フランス、スイス、アイルランドのヨーロッパ5カ国でトップ20入りを果たした(アイルランドでは1位獲得)。イギリスでは「Liberian Girl」は「Bad」からの9曲目のトップ40シングルとなり、一つのアルバムからの新記録となった。

ユーモアあふれる本作のショートフィルムは、アフリカのとある港町のモノクロ映像から始まる。カラー映像に移る直前、製作アシスタントのクラップボードによって、その“町”がスタジオ内であることが明らかとなる。セットでは大勢のマイケルの友人やコラボレーターたちが談笑し、そしてある疑問を抱いたまま待っている。マイケルはどこ?ショートフィルムの最後、全員がセットに集まってくる。そして、マイケルは始めからずっとカメラを構えていたことが明らかとなる。カメラクレーンが下りてきて笑っているマイケル。そしてこう言う。「オーケー、みんな。終わったよ!」

ショートフィルムには大勢のミュージシャンや著名人の姿が見える。マルコム・ジャマル・ワーナー、ポーラ・アブドゥル、ウーピー・ゴールドバーグ、「Bad」のプロデューサーのクインシー・ジョーンズ、ジョン・トラボルタとオリヴィア・ニュートン・ジョン(映画「グリース」(1978年)以来の共演)、スティーヴン・スピルバーグ、“ウィアード・アル“・ヤンコビック、スザンヌ・サマーズ、ルー・フェリグノ、ドン・キング、奇術師デビッド・カッパーフィールド、リチャード・ドレイファス、ダニー・グローヴァー、そしてダン・エイクロイド。ビデオの中で包帯を巻いた謎めいた人物が登場するが、ショートフィルムのエンド・クレジットでは彼は単に「?」とクレジットされている。

2011年のインタビューで監督のジム・ユキックは本ショートフィルムの撮影を「素晴らしいものだった」と振り返り、マイケルは「信じられないほどの好人物、愉快なナイスガイだった」と回想している。

(原文)
LIBERIAN GIRL

Written and Composed by Michael Jackson
Produced by Quincy Jones for Quincy Jones Productions
Co-Produced by Michael Jackson for MJJ Productions, Inc.
From the album Bad, released August 31, 1987
Released as a single July 4, 1989

THE SHORT FILM
Director: Jim Yukich
Primary Production Location: Los Angeles, California

Michael Jackson’s short film for “Liberian Girl” was the eighth of nine short films produced for recordings from Bad, one of the best selling albums of all time. While “Liberian Girl” was not released as a single in the United States, it was released as a single internationally and reached the Top 20 in five countries throughout Europe, including the United Kingdom, the Netherlands, France, Switzerland and Ireland (where it reached No. 1). In the United Kingdom, “Liberian Girl” was Michael’s ninth Top 40 single from Bad, a record for one album.

The song’s humorous short film starts with black and white footage of an African port town, before a transition to color, where a production assistant’s clapboard reveals the “town” is a soundstage. On that set, dozens of Michael’s friends and collaborators make small talk, joke and wait around with one question on their minds: where is Michael? At the short film’s conclusion, when everyone converges on the set, it is revealed that Michael was behind the camera the whole time, laughing as he descends from a camera crane and saying, “Okay everyone, that’s a wrap!”

Three dozen actors, musicians and celebrities can be seen in the short film, including Malcolm-Jamal Warner, Paula Abdul, Whoopi Goldberg, Bad producer Quincy Jones, John Travolta and Olivia Newton-John (making their first on-screen appearance together since 1978’s Grease), Steven Spielberg, “Weird Al” Yankovic, Suzanne Somers, Lou Ferrigno, Don King, illusionist David Copperfield, Richard Dreyfuss, Danny Glover and Dan Aykroyd. During the video, a mysterious person wearing bandages can be spotted; in the short film’s end credits, he is credited simply as “?”

In a 2011 interview, director Jim Yukich called shooting the short film “incredible,” remembering Michael as “unbelievably nice…such a pleasant person and a nice guy.”

ソース:michaeljackson.com

On this day 1987年9月9日

On this day 1987年9月9日

マイケルはBADワールド・ツアーのために日本の成田空港に到着し、ファンが殺到した。600人を超える記者、カメラマン、数百人の泣き叫ぶファンたちが彼の到着を待っていた。ペットのチンパンジー、バブルスまでもが(彼は別便だった)、300人を超えるファンのお出迎えを受けた。ステージ用機材を運ぶためにジャンボジェットがチャーターされ、130人のツアー・スタッフとともにトラック22台分の荷物が東京へ運び込まれた。空港は彼を混雑から守るために封鎖された。

日本滞在中、マイケルはキャピトル・ホテルの10階に宿泊した。同ホテルの最上階はマイケル・ジャクソン・スイートと改名された。

マイケルのペットのチンパンジー、バブルスは日本の中曽根首相から儀礼用刀を受け取った。

1987年の東京到着時の映像はこちら(映像中の1988年は1987年の誤り)
http://www.youtube.com/watch?v=GsTqZrp77wc

1987_NRT.jpg
(原文)
On this day - 9th September 1987

Michael arrives at Naritas Airport in Japan for his 'Bad' world tour where he is beseiged by fans. Over six hundred journalists, cameramen and hundreds of screaming fans were waiting to cover his arrival. Even Bubbles, Michael's pet chimp, who took a separate flight, was greeted by more than three hundred fans. To transport the stage equipment, a chartered jumbo jet flew into Tokyo carrying twenty two truckloads along with Michael's tour entourage of one hundred and thirty two people.The airport is cordoned off to prevent him from being mobbed.

Whilst in Japan, Michael stays on the 10th floor of the Capitol Hotel, which renames its top floor of rooms, The Michael Jackson Suite.

Michael's pet chimp, Bubbles, accepts a ceremonial sword from the Japanese Prime Minister Nakasone.

Watch some footage of Michael's arrival in Tokyo in 1987 here. (Disregard the year on the video as it is 1987 not 1988):
http://www.youtube.com/watch?v=GsTqZrp77wc

ソース:Michael Jackson - The Visual Documentary / facebook.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター