• 2002年VIBEマガジンより
    「人々は歴史が始まって以来ずっと黒人音楽を敬ってきたのだと思う。黒人霊歌に立ち戻りたいというのであればね。今、音楽市場はそれがそのサウンドだという事実をまさに受け入れている。ブリトニーからインシンクまで、彼らはR&Bをやっている。ビージーズのバリー・ギブですら、"(英国なまりを真似て)俺たちはR&Bだよな"って言っていたよ。僕は言った。バリー、僕は分類分けはしないけど、凄い音楽だよって。彼が言いたいことはよ... 続きを読む
  • ゲイリー・ヤングのガーディアン紙への寄稿より
    「単なるアメリカン・ポップ・スターではなく世界的なアイコンであり、ソロではなくファミリーの一員だった。一つのブラック・ファミリー。70年代初頭のイギリスでは決してお目にかかれないものだった。それぞれが独自の文化を持っていたオズモンズやパートリッジ・ファミリーとは好対照だった。我が家のリビングでは、私と兄弟たちは彼のようにスピンやシャッフルをやっていた。出かける時は母親が私たちの髪をクシでといてくれた... 続きを読む
  • 1993年NAACPイメージ・アワードの受賞時に
    「NAACPが闘っていることが二つあります。それは僕の人生で最も大切なものです。自由と平等。誰の心の中にも秘密の歌があります。その歌は『私は自由だ』と語り、『私はひとつ』と歌っています。風のように自由であること、子供たちはみんなで一つであること。これはどの子供にとっても自然な感覚です。世界中の争いはこの感覚を忘れたことにより引き起こされています。そして僕が歌う時、僕は人々とつながっています。そして改め... 続きを読む
  • TIME誌が、「Thriller」が史上最も重要なアルバムの一つである理由を考察している
    「パンクの残骸とシックなシンセサイザー・ポップの狭間で行き詰まっていたレコード会社にとって、『Thriller』は完全なる自信の回復と再生であった。リスナー、特に若い層への影響は新たな発見といってもよいものであった。『Thriller』はブラック・ミュージックをラジオの主流へと弾き戻した。70年代中盤の"スペシャル・フォーマットによる番組制作"による制約によってブラック・ミュージックは事実上排除されていたのだ。リスナ... 続きを読む
  • LIBERIAN GIRL
    LIBERIAN GIRL作詞曲:マイケル・ジャクソンプロデュース:クインシー・ジョーンズ(クインシー・ジョーンズ・プロダクションズ)共同プロデュース:マイケル・ジャクソン(MJJプロダクションズ)1987年8月31日リリースのアルバム「BAD」収録シングルリリース、1989年7月4日ショートフィルム監督:ジム・ユキック一次ロケ地:カリフォルニア州ロサンゼルスマイケル・ジャクソンの「Liberian Girl」のショートフィルムは、史上最高売り... 続きを読む
  • On this day 1987年9月9日
    On this day 1987年9月9日マイケルはBADワールド・ツアーのために日本の成田空港に到着し、ファンが殺到した。600人を超える記者、カメラマン、数百人の泣き叫ぶファンたちが彼の到着を待っていた。ペットのチンパンジー、バブルスまでもが(彼は別便だった)、300人を超えるファンのお出迎えを受けた。ステージ用機材を運ぶためにジャンボジェットがチャーターされ、130人のツアー・スタッフとともにトラック22台分の荷物が東京へ運... 続きを読む

Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

文字サイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

モバイルはこちらから

QR