エステートより、新プロジェクトについて

Hello #MJFAM!

まず皆さんに最初にお知らせします。

マイケル・ジャクソン・エステートはコロンビア・ライブ・ステージと提携し、2020年のブロードウェイでの開幕を目指してマイケル・ジャクソンのステージ・ミュージカルを製作いたします。タイトルは未定ですが、脚本はリン・ノテージ(ピューリッツァー賞を二度受賞)、そしてクリストファー・ウィールドン(トニー賞受賞)が監督を務めます。そしてもちろん、音楽は全てマイケル・ジャクソンです!

続報はいずれ!


■New Project from the Estate of Michael Jackson

Hello #MJFAM!

We wanted you to be the FIRST to know:

The Estate of Michael Jackson has partnered with Columbia Live Stage to develop a Michael Jackson stage musical which is expected to open on Broadway in 2020. The musical, which doesn’t yet have a title, will be written by Lynn Nottage – who is a two-time Pulitzer Prize winner, and directed by Christopher Wheeldon, a Tony Award winner. And, of course, the music will be all Michael Jackson!

More to come!

Source: MJOnline, The Official Team Of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

エステート、ABCを提訴

ドキュメンタリー「The Last Days Of Michael Jackson」の放映に対し、マイケル・ジャクソン・エステートがABCと親会社のディスにーを提訴した。

ロサンゼルス連邦裁判所に提出された訴状によると、同ドキュメンタリー中で、「Bad」、「Billie Jean」といったマイケルの最も価値の高い楽曲や「Black or White」や「Thriller」の映像が違法に使用されていた。

加えて、ドキュメンタリー「Michael Jackson’s Journey From Motown To Off The Wall」と「This Is It」の映像も使用されているという。

訴状にはこう記されている:
「ディズニー同様、エステートのビジネスの生命線は知的財産である。しかしながら、何らかの理由により、ディズニーはエステートの最も価値の高い知的財産が無料で使用できると判断した」。

30あるいはそれ以上の著作権侵害があり、エステートの所有物のこれ以上の使用の差し止めと損害賠償が求められている。

■Michael Jackson Estate Sues ABC

The Estate of Michael Jackson is suing ABC and their parent company Disney, after the airing last week of their two hour documentary ‘The Last Days Of Michael Jackson.’

The lawsuit, which has been filed in the Los Angeles federal court, says the documentary illegally used sections of Michael’s most valuable songs, which included; ‘Bad,’ ‘Billie Jean’ and video footage from ‘Black or White’ and ‘Thriller.’

The lawsuit also claims that clips were used from the Estate’s documentary, ‘Michael Jackson’s Journey From Motown To Off The Wall’ and the film ‘This Is It.’

The lawsuit says;

“Like Disney, the lifeblood of the estate’s business is its intellectual property, yet for some reason, Disney decided it could just use the estate’s most valuable intellectual property for free.”

There are thirty or more violations of copyright and damages are being sought along with an injunction against any further use of the Estate’s property.

Source: AP & MJWN

vs IRS: 著名人の遺産に対するIRSの方針

マイケルが遺したものは複雑で、ファンに対しても税務署に対しても様々な問題を提起した。その法律上の余波はまだ続いている。

彼の死去時の状況はファンらの同情を集め、そしてこのためにマイケルの遺産については、彼の名前や肖像の価値をめぐるIRS(アメリカ国税庁)との法的闘争に巻き込まれることとなった。

遺産税のためのマイケルの遺産評価において、遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンはマイケルの名前と肖像について200万ドルに過ぎないと算定し、傷ついた名声について言及した。IRSはこれを過小評価であると反論し、マイケル・ジャクソンの名前と肖像の価値は4億3400万ドルであると主張、税と罰金で7億ドル以上であると評価した。

マイケルの名前と肖像の価値をさらに複雑なものとしているのは、死後に遺産に加わる収入だ。遺言執行人による綿密なビジネス上の判断の結果、マイケルの遺産は拡大した。ドキュメンタリー「This Is It」は全世界で2億9000万ドルの収益、10枚のアルバムリリースの条件でソニーと2億5000万ドルの契約の合意、シルク・ドゥ・ソレイユとの2作品は興行収入3億6000万ドル以上、そしてソニー/ATVの株式のうちのマイケルの権利をソニーが買い取ることで7億5000万ドルの収入。

遺産税算定のための遺産の価値の評価は死去の時点でなされるべきものである。しかしながら、マイケル・ジャクソン・エステートの成功は、名称と肖像の当時の評価額が過少であるとの疑念を抱かせることとなった。IRSは、エステートが行った契約はどれも予見可能なものであり、評価に入れるべきであったと主張した。これに対しエステートは、成功は遺言執行人らのビジネス的先見の明によるものであると反論している。

エステートが遺産税とその結果としての罰金を支払うべきかどうかを決定する裁判は2017年2月に結審した。2017年12月、租税裁判所は、手続きの不備を理由にIRSが当初求めた罰金全額を請求することを禁じた。遺産評価と罰金についての租税裁判所の判断が残されているが、本裁判の結果は著名人の遺産管理について重大な影響を及ぼすだろう。

■What The IRS Means For Celebrity Estate Planning

When Michael died, he left behind a convoluted legacy that has presented issues for fans and tax collectors alike. The legal repercussions are ongoing.

The circumstances of his death have heightened fans sympathy and because of this, Michael’s estate is embroiled in a legal dispute with the IRS over the value of his name and likeness.

In valuing Michael’s estate for estate tax purposes, executors John Branca and John McClain valued his name and likeness at just over two million dollars, citing his tarnished reputation. The IRS has taken issue with this low value, arguing that his name and likeness should be valued at $434 million and assessing more than $700 million in taxes and penalties against the estate.

Further complicating the valuation of Michael’s name and likeness is the post-mortem influx of revenue to his estate. As a result of the shrewd business decisions bu the executors, Michael’s estate has flourished. The ‘This Is It’ documentary grossed $290 million globally; Sony agreed to a $250 million deal to release ten albums; two Cirque du Soleil tribute shows have gained over $360 million in box-office revenue; and the Sony Corp.’s acquisition of Michael’s stake in Sony/ATV Music Publishing earned the estate $750 million.

The value of assets for estate tax purposes should be determined as of the date of death. The success of Michael’s estate, however, calls into question the estate’s low valuation of his name and likeness at that time. The IRS claims that each of the estate’s deals was foreseeable and should have been taken into account. Conversely, the estate argues that its success was a result of the business acumen of the executors.

The trial to determine whether Michael’s estate owes estate taxes and the resulting penalties concluded in February 2017. In December 2017, the Tax Court determined that the IRS was barred from seeking the full amount of penalties initially sought because of failure to comply with certain procedural requirements. It remains to be seen how the Tax Court will value the estate and penalties, though the conclusion of this trial could have significant repercussions for how celebrities plan their estates.

Source: Greensfelder Hemker & Gale PC & MJWN

エステートとソニー、音源に関するパートナーシップを延長

ソニーはエステートと提携、「マイケルの音楽を未来の世代のファンたちに届けるための新しい革新的な方法を見出す」

ジャクソンの経済的絶対性が毎年数千万から数億ドルを生み出し続けている中、マイケル・ジャクソン・エステートはソニー・ミュージックとの関係を延長する契約書に署名した。

セールスが下降線を描いている中でさえ、ジャクソン(2009年6月に死去)の楽曲は過去3年間毎年100万回以上のダウンロードを記録しており、アルバム・カタログも毎年50万ユニットで推移している。ストリーミングについては今年は現在までのところ10億5000万回再生されており、うち4億4300万回がオーディオ、6億800万回がビデオである。ニールセン・ミュージックがストリーミングの追跡を開始して以来、ジャクソンの音楽は31億回のストリーミングがあり、うち12億がオーディオ、19億がビデオである。オーディオのストリーミングだけで、アルバムにしておよそ80万ユニットに相当する。

今回の契約は1979年にジャクソンが「Off The Wall」でエピックからデビューして以来の40年近くにわたる関係が続くというばかりではなく、ジャクソンの死後の2010年にエステートと交わした記念碑的契約の延長をも意味する。この契約は前金として2億5000万ドルを、そしておよそ10の音源に対して対価をエステートに支払うというものであった。以来、「Michael」、「Immortal」、「Xscape」、「Scream」の4枚のアルバムがリリースされ、129万ユニットが売れたが、これは2009年にリリースされて以来の「This Is It」のセールス180万ユニットに迫るものである。

「マイケル・ジャクソンは比類なき天才であり音楽エンタテイメントにおいてアイコン的な力をもっています」とソニー・ミュージックCEOロブ・ストリンガーは声明で述べている。「彼の音楽とビデオ・・・ソニー・ミュージックのファミリーのアーティストとして製作した音楽とビデオはポップ・カルチャー史になくてはならないものです。私たちはその歴史の一部になれたことを、そして未来の世代のファンたちにマイケルの音楽を届ける新しい革新的な方法を見出すということに誇りを感じています」。

本契約の一部として、ソニーは契約期間中にエステートが進めるプロジェクトについて共同で参加する。金額を含む契約条件については開示されていないが、情報源によれば、7年間延長となったという。その他のプロジェクトは明らかとなっていないが、もともとのアルバム10枚の契約を考慮すれば追加で6枚のアルバムということになりそうだ。

「ソニーとロブ・ストリンガー(ストリンガー個人のマイケルとの仕事の歴史は90年代までさかのぼる)以上のクリエイティブでイノベーティブなパートナーはいません」とエステートの遺言執行人ジョン・ブランカとジョン・マクレーンは同じ声明で述べている。「マイケルは以後登場したどの世代のアーティストに対しても刺激を与え続けています。そして、彼の音楽とメッセージはこれまで以上に重要になっているということを理解する新しいファンをひきつけています。私たちは、ソニーとともに彼の卓越した音楽の遺産を守り発展させることを楽しみにしています」。

マイケルの死去以降、ソニーを通じて行われたプロジェクトとしては、スパイク・リーが監督した2本のドキュメンタリーの「Bad25」と「Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall」、クラウドソーシングで製作されたビデオ「Behind The Mask」(2010年)、ツイッターでプレミアとなった初のミュージック・ビデオ「A Place With No Name」(2014年)、「Scream」のARキャンペーン(2017年)が挙げられる(ソニーとの新たな契約についての発表資料より)。

こうしたプロジェクト以外に、エステートは単独でも契約を結んでいる。シルク・ドゥ・ソレイユと組んだトリビュート・ツアー「One」などだ。これは楽曲使用料という形でソニーの利益にもなっている。将来、使用料徴収を越えるこのようなタイプの契約がソニーの利益となるかもしれない、と情報源は示唆している。

発表資料にはこう書かれている。「この7年間にわたるソニーとエステートのクリエイティブなパートナーシップは、マイケルが生前に実現した記録的な業績と同様の業績によって特徴づけられます。彼の音源は「Thriller」によって打ち立てられた新たなセールスの基準(「Thriller」はRIAA史上初めてにして唯一の33xプラチナによるトリプル・ダイヤモンドに到達、「BAD」もダイヤモンドに到達)を満たし続けるでしょう。ジャクソンの最新作のコンピレーション・アルバム「Scream」は16枚目のビルボードTOP40アルバム、30回目のチャートイン・アルバムとなりました。そしてこのリリースは、世界規模のマイケル・ジャクソン・ハロウィン・キャンペーンの第一弾となります」。

今回の発表ではジャクソンが「2017年のオーディオとビデオのストリーミングについて全てのカタログ・アーティストの中でトップ5にランクし、2013年から2017年の期間のオーディオとビデオのストリーミングについても全てのアーティストの中でトップ5であった」ことが併せて記された。

■Michael Jackson Estate, Sony Music Extend Partnership for Recordings
Sony will partner with the Jackson estate to "find new innovative ways to make Michael's music available to future generations of fans."

The Michael Jackson estate has signed a contract extending its relationship with Sony Music as the Jackson economic juggernaut continues to generate tens to hundreds of millions of dollars in annual revenue.

Even in a time of declining sales, the songs of Jackson, who died June 25, 2009, still generates over a million track downloads a year for the last three years running, while his album catalog still moves over 500,000 units annually. Moving over to streaming, so far this year's Jackson music has been played 1.05 billion times, of which 443 million were audio streams and 608 million were video streams. Since Nielsen Music began tracking streaming, Jackson's music has generated 3.1 billion streams, 1.2 billion in audio and 1.9 million in video. The audio streams alone translate into nearly 800,000 album consumption units.

The signing not only continues a nearly 40-year relationship since Jackson released his Epic debut, Off the Wall in 1979, but also extends the landmark deal signed with the estate after the singer's death in 2010 that provided for the estate to reach up to $250 million in advances and other payments for about 10 recordings. Since then, four albums have been released, Michael, Immortal, Escape, and Scream which combined have scanned 1.29 million units; this is on top of the 1.8 million units that 2009's This Is It has generated since its release.

"Michael Jackson was an unsurpassed genius and an iconic force in music entertainment," Sony Music CEO Rob Stringer said in a statement. "The music -- and videos -- he made as an artist as part of the Sony Music family are essential to pop culture history. We're proud to be part of that history, and to find new innovative ways to make Michael's music available to future generations of fans."

As part of the deal, Sony will partner on additional projects that the estate may produce during the term of the agreement. While terms of the deal, including its valuation, were undisclosed, sources say it's for another seven years. While the additional projects weren’t spelled out, they likely would include the additional six albums implied by the original 10-album contract.

"We couldn't ask for more creative and innovative partners than Sony and Rob Stringer (whose history working personally with Michael goes back to the 1990s)," the Jackson estate executors John Branca and John McClain said in a combined statement. "Michael continues to inspire generations of artists who have come after him and attract new fans who understand that his music and message are more important than ever. We look forward to continuing to preserve and develop his remarkable musical legacy with Sony."

Other projects that have been issued through Sony since the singer's passing include the production of two documentaries directed by Spike Lee: Bad 25 and Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall; a crowd sourced music video for "Behind the Mask" (2010), the first Twitter music video premiere for "A Place With No Name" (2014) and an augmented reality campaign for Scream (2017), according to the announcement on the new deal with Sony.

But beyond those projects, the Jackson estate also cut other deals on its own, like the one it did with Cirque Du Soleil for the “One” tribute tour, which also benefited Sony Music as a licensee. In the future, those type of deals may provide an avenue for Sony to participate beyond licensing, sources suggest.

Also according to that announcement, "the last seven years of the creative partnership between Sony and the Estate have been characterized by the same kind of record-setting achievements that Michael realized during his lifetime. His recordings continue to meet new sales benchmarks with Thriller [becoming] the first and only album in RIAA history to pass the triple Diamond mark with a 33X platinum certification; Bad also achieved Diamond status. Jackson's latest release, the compilation album, Scream, was his 16th Billboard Top 40 Album and 30th charting album and its release kicked off the worldwide, first annual Michael Jackson Halloween campaign."

The announcement further noted that Jackson "ranks in the top five of all catalog artists for both audio streaming and video streaming for 2017, as well as in the top 5 of all artists for the combined audio and video streaming for 2013 – 2017."

Source: billboard.com

MJエステートへのよくある質問(2)

アルバム「Scream」とアニメ「MICHAEL JACKSON’S HALLOWEEN」製作の動機は?

アルバム「Scream」とハロウィン・アニメ特番製作の動機は、マイケルがハロウィンとアニメが大好きだったこと、そして毎年10月には「Thriller」に対する一般の関心が高まるということです。「Scream」と「MICHAEL JACKSON’S HALLOWEEN」は、今後のハロウィン・リリースの第一弾として企図したものです。マイケル・ジャクソンがハロウィンを席巻!というアイディアを私たちは大変気に入っています。

「Scream」は毎年10月に各種ストリーミング・サービスに帰ってくるプレイリストとなることを目的としています。そして、今年の蛍光カラーのLP盤のような、コレクターLP、CDがこれからも発売されるかもしれません。他にもいろいろなもの、サプライズが入る可能性もあります。

同様に「MICHAEL JACKSON’S HALLOWEEN」は、チャーリー・ブラウンのホリデースペシャルのような、年一回のリリースの一つとして企図されています。最終的には世界中で毎年放送されることになるでしょう。予算1億ドルの劇場公開映画と勝負をする意図はないとはいえ、アニメーションのクオリティはテレビ用としては最高水準です。家族全員で見ていただくこと、新たなファンを獲得することを意図しています。同様に、まったく新しい方法でマイケルの音楽を聴いてもらう機会を設けること、そしてマイケル自身の行動指針・・・自分を信じ、そして夢を追う・・・を楽しく、楽しめる方法で広める機会を設けることも重要です。「Ghosts」と同様に、マイケルはいろいろな扮装でいろいろな役を演じています。定番のスーパーヒーロー・バージョンの彼も登場します。作品の魔法の世界にフィットしています。実際の人物を投影しているのではなく、創り出されたこの作品世界の中の魔法のキャラクターとして意図されています。ステレオで、音量を上げて鑑賞することをお薦めします。またこの作品は、ハリウッドの映画・テレビ監督や世界のマーチャンダイザーに向けて、マイケルの音楽がストーリーを進めるための原動力として効果的であるということを示すものでもあります。

マイケルのハロウィン席巻はこれで終わりではありません!オリジナルのショートフィルムの映像を使った新作ショートフィルム「Blood on the Dance Floor 2017」と「Blood on the Dance Floor X Dangerous」をお楽しみいただいていることと思います。来年は、年一回のお祭りの一環として世界中の映画館で「Thriller 3D」と「Ghosts 3D」を公開する予定でいます。

これらのプロジェクト、それに今後加えられるであろうプロジェクトは、これからの世代のファンたちへマイケルの音楽を伝え、また親たちがその子供たちへマイケルの音楽を伝えることの手助けとなるでしょう。例えば、あるファンが奥さんに「Torture」を聴かせたところ、彼女はマイケルやジャクソンズの音楽をもっと聴きたくなった、というような話も聞いています。ファンの皆さんが「Scream」をお楽しみいただいているのは私たちにとってとても幸せなことですが、こうしたエピソードは新たなファンを私たちは開拓しているということを意味しているのです!

エステートのプロジェクトに対するファンからの批判的意見については読んでいるのですか?エステートのプロジェクトについてのファンのそうしたコメントをどう思いますか?

私たちはファンの皆さんの情熱を愛していますし、感謝しています。マイケルと知り合い、そしてマイケルと仕事をしてきたことがいかに特別なことか、私たちは理解しています。そして私たちは彼の資産や遺産の管理を任されているという信頼の重さを理解しています。私たちは、"史上最も偉大なエンタテイナー"だったキング・オブ・ポップには、マイケルに関連することに対する様々な、そして時には対立する視点をもつ膨大で多様な、そして情熱的なファン・コミュニティがあるということがいかに幸運なことかということを理解しています。当然ながら、マイケルに関連することにはエステートのプロジェクトも含まれています。それゆえ私たちは、ファンの皆さんのコメントや多大なるサポート、たとえそれが批判であっても、歓迎いたします。マイケルに対する情熱と愛の表れなのですから。

「This Is It」の公開に対してマイケルのファミリーのメンバーから私たちが批判を受けたことは興味深いことです。この作品は、史上最も成功したコンサート・ドキュメンタリーになったばかりでなく、アートについてのマイケルの真の天才性を垣間見せる貴重な舞台裏を見せてくれます。シルク・ドゥ・ソレイユの「 Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour」を製作したときは一部のジャーナリストから批判を受けました。このショーは史上最も成功したツアー・ショーとなりました。幸い、ラスベガスの常設ショー「Michael Jackson ONE」については誰からも批判を受けたことはありません。すでに開幕以来、350万人の皆さんにご覧いただき、今でもラスベガスのトップのショーです。これらのプロジェクトはマイケル・ジャクソンの広大で永遠の人気のデモンストレーションとなっています。

批判を受ければ、すべての皆さんに喜んでいただくということはできないのだということを実感します。私たち自身もマイケルのファンですし、私たちが見たい、聴きたいと思うプロジェクトを生み出すため最善を尽くしています。こうしたプロジェクトを生み出す目的は、マイケルが遺したものをさらに高め、昔からのファンの皆さんを可能な限り喜ばせ、興奮させ、そしてこれからの世代のファンにマイケルを伝えることにあります。ご安心ください。ファンの皆さんが望むたくさんのプロジェクトに私たちは着手いたします。「Dangerous」や「HIStory」の記念アルバムやドキュメンタリーも含まれています。

マイケル関連のテレビ番組や映画を止めさせるためにもっといろいろとやらないのはなぜですか?

こうしたことはファンの皆さんを悩ませているのと同様に、私たちも悩ませています。私たちは専門家を交えて、ある特定のプロジェクトをストップするための法的根拠があるのかどうかかなり突っ込んだ分析を行います。もしあるのなら行動します。しかし多くの場合、その根拠がありません。そして、止められる見込みのない努力を行えば、こうした不快で、そして多くの場合では道徳に反するプロジェクトに注目を集めてしまうだけの結果となるでしょう。ひとつ言える事は、私たちの管理下にある音楽はこうしたプロジェクトでは使うことはできないということです。

「Michael Jackson ONE」のサウンドトラックは発売される予定はありますか?

「Michael Jackson ONE」のサウンドトラック・アルバムを発売する計画はありません。しかしながら、来年(2018年)8月29日にはマイケルの誕生日を祝うビッグ・バースデー・セレブレーションを予定しています。ラスベガスのマンダレイ・ベイのMichael Jackson ONE Theaterで開催されるこのビッグ・セレブレーションには、マイケルのファミリーのメンバー、マイケルと仕事をした方々、そしてビッグ・ファンの皆さんに参加していただければと考えています。ぜひご参加いただき、また事前に予約していただければと思っています。スペシャルなものになりますよ!

Source: michaeljackson.com

MJエステートへのよくある質問(1)

このページは、マイケル・ジャクソン・オンライン・チームに寄せられたエステートへのよくある質問に回答するために設けられました。質問とそれに対する回答は随時更新される予定です。また、このページの投稿フォームより質問をすることも可能です。

ネバーランドはなぜ一般公開されないのですか?

残念ながらネバーランドは一般の訪問者へは開放できません。そうできれば望ましいのですが、立地と、適用されている土地区画規制により一般公開が禁じられています。生前のマイケルは一般公開の可能性を検討しましたが叶いませんでした。

ネバーランドをマイケルの子供たちへ残さずに売却しようとしているのはなぜですか?

ネバーランドはコロニー・キャピタルが管理、運営しています。これはマイケルが2008年に結んだ契約に基づいています。エステートはコロニー・キャピタルに対し、さまざまな選択肢の可能性を打診しました。その中には、カリフォルニア州へ寄付して歴史的意義のため、そして特別なイベント用に保存するというものもありました。しかし実現可能なものがなく、結局コロニーは売却を決断しました。ネバーランドの維持費用はこれまでも、そして今後も非常に高額なものとなります。ネバーランドから利益を上げるための実現可能な選択肢がないためことを考えると、買い手を見つけるというコロニーの決断は理解できるものであり、そして同じ理由から、エステートが購入することもできないのです。新たなオーナーが誰になろうとも、この素晴らしい場所の歴史的重要性と特別さを尊重してくれるものと私たちは信じています。

ただし、ネバーランドは、マイケルが住んでいた間は魔法のような美しい場所でありましたが、最後の数年間は彼の家ではなく、二度と戻るつもりはないと公言していたということにも留意する必要があると私たちは考えています。マイケルの音楽とビジョン、そしてメッセージは私たちとともにあります。アーティストであり、創造の天才であり、そして地球と地球に暮らす人々に対する比類なき情熱を持った慈しみの人でありました。このことは不滅であり、そしてこれからの世代に影響を与え続けるでしょう。

将来、常設のマイケル・ジャクソン・ミュージアムを開設する予定はありますか?

マイケル・ジャクソン・ミュージアムができることを望んでいます。その可能性はありますし、検討する予定です。また、ヘイヴェンハーストを限定的にはなりますが、一般見学用に公開する可能性についても検討しています。この可能性については私たちは楽観的に考えています。すぐというわけにはいきませんが、ぜひ為し得たいと考えていることです。

倉庫に保管中のものを全てリリースしないのはなぜですか?

最終的にはさらに楽曲がリリースされますが、現時点でリリースできる状態になっているものはありません。マイケルの生前の選別に基づき、倉庫のなかのものを何もかもリリースすることは今後もありません。

「Xscape」製作におけるL.A.リードの考えに私たちは同意しています。つまり、マイケルがボーカルをすべて歌った音源から手をつけるということです。なぜならそれらはマイケルが力を入れていた作品だからです。未発表曲をリリースしないということで批判を受ける一方で、マイケルと仕事をしたこともあるトップ・プロデューサーを起用して未発表曲を仕上げてリリースしても批判は受けるのです。もしデモのままリリースしたら、商業的には失敗するでしょう。なぜなら、それらは文字通りデモだからです。

Source: michaeljackson.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター