Leaving Neverland: エステートの声明、エミー賞ノミネートについて

Hi #MJFam:
今回のエミー賞ノミネートは同賞の信頼への打撃だけではなく、ジャーナリズム全体への打撃です。エステートは、今回のノミネートに関連してファン・コミュニティーから、このノミネートがマイケルのレガシーに及ぼす影響を懸念する数多くのメッセージを受け取っています。ここに、エステートからメッセージを皆さんと共有させていただきます。

エステートの声明

アメリカでのエミー賞ノミネートの発表に関連して多くのファンの皆さんからメッセージをいただいています。テレビ芸術科学アカデミーによるクリエイティブアート・エミー賞に、恥ずべき一方的中傷、「Leaving Neverland」がノミネートされたことについての怒りと失望は私たちも同様です。

ご存知の通り、エステートは、「Leaving Neverland」の二人の中心人物による誤った告発からマイケルと彼が遺したものを守るために多くの時間と費用を費やしてきました。彼らが法廷で失敗してHBOにこの件を持ち込んだ時、私たちは相当の時間と費用をもって迅速にHBOに対する訴訟を起こしました。訴訟は現在も続いており、世界中の注目を集めています。HBOはこの訴訟を重大なものとして受け止めています。

加えて、私たちはハーバード大とUCLAで開催された公開セミナーに参加し、「Leaving Neverland」の著しい偏向について焦点を当てました。これはメディアでも大きく報道されました。私たちは数多くの公式声明を発表してマイケルを弁護し、「Leaving Neverland」に関わる人々の動機だけでなく、もはや自分では弁護できない者に対する裏付けのない根も葉もない訴えを拡散する信用できない嘘つきと制作者を支持することを選んだ人々の動機に対しても疑問を投げかけました。

これまで発表した声明で提示したように、水面下で行っていること、今後も続けていくこともあります(タジ・ジャクソンに対する支援も含みます)が、その大部分は公にはしません。私たちの特異な立場においては、テレビネットワークや映画製作者、原告らの代理人、場合によっては、この映像をもっと売り込み認知度を上げるために私たちがすることを何でも掴んでおきたいと考えている敵メディアとも話をしている最中であることを考えれば、私たちは思慮深くなければならないと考えています。マイケルを愛する人々が感じる怒りを共にする一方で、マイケルのレガシーに貢献するものに反することに対し堂々と主張しつつも、彼を破壊したいと思う者たちが探している口実と機会を与えないように、私たちはその情熱のバランスを取らなければなりません。それはファンの皆さんも望むことではないと思います。

エミー賞の中でもこの部門については言えば、皆さんお気づきの通り、メディアはほとんど注目していません。ウソと証明されたことを元に構成された4時間のプロパガンダ作品に賞を授与することはそれがいかなる賞であっても不条理であるという私たちの見方についてはアカデミー側には確実に伝えています。その一方で、公に訴えたいという衝動を抑えることは心情としては満足できませんが、このことを肝に銘じておくことは重要です。すなわち、1、2年後には誰が獲ったかも忘れられてしまう賞のために彼らが取り組んでいる利己的なキャンペーンも含め、HBOや制作者、そしてこの映像のプロモーション活動を利するいかなることも私たちはしたくないのです。

サンダンス映画祭でのプレミアとHBOでの放映の後、「Leaving Neverland」のウソがいくつか暴かれました。エステートやファンの皆さん、海外やアフリカ系アメリカ人向けメディア、そして一般の視聴者までもが、信ぴょう性とジャーナリズムの品位が欠けていることを暴く穴を映像の中に発見しています。自らの作品制作にあたり公平性というジャーナリズムの基本をことごとく冒とくした傲慢な監督の問題点を明らかにし続けることが私たちの最善の策です。利己主義的な”受賞”が、反対の立場の側を避けるという彼の決断の正当性を実証することにはなりませんし、ファクトチェックを怠ったことを正当化することはありません。時間経過の穴を埋めることもないし、マイケル・ジャクソンや関係者の名誉を傷つけた無謀さから免責されるわけでもありません。

このインフォマーシャルに出資し支援することでマイケルの評判を貶めることに加担したHBOは、この数か月間、私たちにフラストレーションを感じてきました。しかし、私たちはマイケルの素晴らしいレガシーを守り保護することに努めているのです。HBOと監督の彼はマイケル・ジャクソンを黙らせられたらと望んできましたが、できませんでした。何らかのノミネートや受賞がその状況を変えることはありません。

最後にこの場を利用して、ファンの皆さんに対し、時間と労力、そして時にはマイケルを守るための調査にお金を費やしてくれたことに対してお礼を言いたいと思います。そうした労力を私たちは承知していますし、マイケルと彼のレガシーを支援するために皆さんにしていただいているすべてのことに心から感謝しています。どうかご安心ください。

マイケル・ジャクソン・エステート


■Statement from the Estate of Michael Jackson about Emmy Nominations

Hi #MJFam:

The Emmy Nominations are not only a blow to the credibility of the awards, but to journalism everywhere. The Estate has received a deluge of messages regarding the nominations, expressing concern from the fan community about the effect this will have on Michael’s legacy. The Estate shares the following message with you.

STATEMENT FROM THE ESTATE

We have heard from many fans in connection with the recent announcement of Emmy nominations in the US. We share your outrage and disappointment that the disgraceful one-sided smear Leaving Neverland was nominated for potential Creative Arts Emmys by the Television Academy.

As you know, the Estate has spent years and considerable sums defending Michael and his estate against false allegations made by the two subjects of Leaving Neverland. When those individuals took their case to HBO having thus far failed in court, we wasted no time in filing a major lawsuit at considerable time and expense against HBO that remains active, attracted worldwide attention and which HBO has taken very seriously.

We also participated in public seminars highlighting the egregious bias of Leaving Neverland– at both Harvard and UCLA – which were covered extensively in the media. We have issued numerous public statements defending Michael, calling into question the motivations not only of the participants in the film but also the motivations of those who would choose to support the discredited liars and filmmaker who spread uncorroborated, unsubstantiated claims against a man who is no longer here to defend himself.

As we have indicated in prior statements, there are and will continue to be things that we do behind the scenes (including support offered to Taj Jackson), most of which will never become public. We recognize that in our unique position we must be thoughtful in whatever actions we take given that we are dealing with a network, filmmaker, plaintiffs’ attorneys and, in some cases, hostile media who are looking to seize on anything we do to advance their agendas and create publicity for this film. While we share the anger those who love Michael feel, we nonetheless must continue to balance our passion to speak out, against what best serves Michael’s legacy and not give those who wish to destroy him the excuse and opportunity they are looking for to try to further denigrate him. We know this is not what the fans want either.

As far as these specific Emmy nominations are concerned, as you may have noticed the media has actually given very little attention to them. So while we can confirm that we informed the Academy of our views regarding the absurdity of nominating for any award four hours of propaganda built on provable lies, it is important to keep in mind that, while not emotionally satisfying to restrain ourselves from speaking out publicly, we don’t want to do anything to effectively aid HBO, the filmmaker and the subjects of the film in seeking to promote this movie in any way. That includes aiding this and other self-serving campaigns they undertake for potential awards nobody will even remember who won a year or two from now.

After screening at Sundance and then playing on HBO, several lies were exposed in Leaving Neverland. The Estate, fans, foreign and African American media and even everyday viewers found holes in the film exposing its appalling lack of credibility and journalistic integrity. Our best course is to continue to shed light on an arrogant director who violated every basic journalistic standard of fairness in making his movie. No self-serving “award” will ever validate his decision to avoid anyone with a counterpoint of view, nor will it ever justify his inexcusable failure to fact check, fill the gaping holes of his timeline or absolve him for recklessly disparaging the reputations of Michael Jackson and others.

HBO’s reprehensible participation in disparaging Michael’s reputation by financing and supporting this infomercial has been frustrating for all of us over the last several months. But we are committed to protecting and preserving Michael’s incredible legacy. HBO and the film’s director were hoping they would mute Michael Jackson. They didn’t. No nominations or potential awards will change that.

We also want to take this opportunity to thank the fans for all of the time, energy and, in some cases, money you have invested in the defense of Michael. You can be assured that we are aware of those efforts and genuinely appreciate everything you do to support Michael and his legacy.

--- The Estate of Michael Jackson

_____________________

Best
Alicia

MJOnline
The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

フランスでの訴訟について、エステートの公式声明

2019年7月4日、北フランスのオルレアンで公判が開かれています。マイケル・ジャクソンのコミュニティーであるMJ StreetとOn The Lineのグループが、3月に放映されたHBOのドキュメンタリー「Leaving Neverland」によって故マイケル・ジャクソンのイメージを汚したウェイド・ロブソンとジェームズ・セイフチャックの二人を相手取った訴訟を進めています。

このファン・グループがフランスの法廷で法的措置に訴えたのは、フランスにおける名誉棄損訴訟のおかげです。

米国や英国では名誉棄損に対する保護は死後までカバーされていませんが、フランスでは故人のイメージを汚すことは犯罪行為となります。

フランス人弁護士エマニュエル・リュド(本訴訟でのファン・グループの代理人)は、ロブソンとセイフチャックによるマイケル・ジャクソンに対する告発が”きわめて深刻”であり、ジャクソン(2009年6月25日に死去)に対する”真正のリンチ”であると評しています。

原告のファンクラブは象徴のための1ユーロを賠償として求めています。

マイケル・ジャクソン・エステートの共同執行人のジョン・ブランカは、「エステートは、マイケルとマイケルが愛したフランスと全世界のファンたちの代理人であるリュド氏による、真実は最後には明らかにされるだろうという尽力を全面的に支援します。私たちは、フランスでの勝利がアメリカにおける動きを加速し、故人を名誉棄損から保護するための法律改正の端緒となるという希望を持っています」と述べています。

■Official Statement from the Estate of Michael Jackson on the French Law Suit

On Thursday, 4 July 2019, a court hearing is taking place in the Northern French city of Orleans where the Michael Jackson Community, the MJ Street and On The Line groups will commence proceedings against Wade Robson and James Safechuck, two men who sullied the image of the late singer Michael Jackson in the four- hour HBO documentary Leaving Neverland which aired in March.

The fan groups are taking action in a French court because of French defamation laws.

In the US and UK, libel protection does not extend after death but in France sullying the image of a deceased person is a criminal offense.

French attorney Emmanuel Ludot who is representing the fan groups in the case against Robson and Safechuck has called the allegations against Michael Jackson “extremely serious” and likened them to “a genuine lynching” of Jackson, who died on 25 June 2009.

The fan clubs are seeking symbolic damages of one Euro each.

According to John Branca, Co-Executor of the Estate of Michael Jackson, “The Estate is in full support of Mr. Ludot’s efforts on behalf of Michael and his beloved fans in France and across the globe that the truth shall ultimately prevail. We remain hopeful that a victory in France will soon fuel a movement In the United States to finally explore changes in the law to afford defamation protection for the deceased.”

Source : The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

#HONORMJ: 世界規模のフォト・モザイクでマイケル・ジャクソンと彼の人道主義の業績を称えよう

マイケルが亡くなって10年になろうとしています。生涯に渡って困っている人々を献身的に助け続けた彼を称えるにあたり、未だに影響し続ける彼の人道主義的業績に焦点を当てること以上のことがあるでしょうか。それは単に寄付をするということではありません。それは、誰かほかの人、あなたの近くにいる人、さらにはあなたの知らない人の人生に変革をもたらそうということなのです。いろいろな形があり得ます。ホームレスのシェルターや病院でのボランティア、献血や骨髄移植のドナー登録、植樹、ビーチや公園などの公共の場所のゴミ拾い、道に迷った人を助けるといったことです。そのリストは無限です。そして、無視無欲の親切には大きいも小さいもありません。こんな風に、近所やあるいは世界規模のコミュニティに何らかの恩返しをして誰かの何かを良くした、ということをシェアしてください。ハッシュタグ#HonorMJを使ってインスタグラムやツイッターにマイケルを称えるあなたの人道主義的活動の写真を投稿してください。あなたの投稿は世界規模のフォト・モザイクに加えられます(投稿された写真を使って6月中旬に開始される"honormj.michaeljackson.com"上に作られます)。完成版のモザイクは6月25日に発表されます。

■#HONORMJ: PAY TRIBUTE TO MICHAEL JACKSON & HIS PHILANTHROPIC WORK BY POSTING TO THE WORLDWIDE PHOTO MOSAIC
JUNE 04, 2019

As the 10-year anniversary of Michael’s passing nears, what better way to remember Michael than to pay tribute to his lifelong commitment to helping those in need by focusing on his inspiring legacy of philanthropic work. It isn’t just about donating cash – it’s about making a difference in the life of another person, your community or even someone you don’t know. This can take many forms – whether it’s volunteering your time at a homeless shelter or a hospital, donating blood or signing up to be a bone marrow donor, planting a tree, cleaning the trash from a public space such as the beach or a park, or helping someone who is lost find their way. The list is endless, and no selfless act of kindness is too small. Share how you are making things better for others by giving back to your local or global community. Post an image of your humanitarian efforts honoring Michael on Instagram or Twitter starting now using the hashtag #HonorMJ and your post can be added to a worldwide photo mosaic (which will be populated with those images on honormj.michaeljackson.com starting mid-June) and the full mosaic will be revealed on June 25.

Source: michaeljackson.com

#HonorMJ

Hello #MJFam,
ご存知の通り、エステートはマイケルの亡くなった日について気にはかけていますが、あまり大きな注目を集めるようなことはしていません。それは、皆さんがマイケルの生涯を称えたいからであり、彼の死をくよくよと考えたくはないからです。こうした理由から、エステートは毎年マイケルの誕生日にイベントを企画し、ファンの皆さんに集まっていただいてお祝いする一方で、マイケルの亡くなった日については触れてきませんでした。
しかしながら、今年は例年よりは意味があるものと考えています。私たちがマイケル・ジャクソンを亡くしてからもう丸10年が経ったのですから。マイケルが亡くなって10年を迎え、エステートは、マイケルを偲び称えるにあたって、彼の生涯にわたる他者への手助けと、分かち合うこの星に対する気遣いに対し敬意を表することが最善であると感じています。そこで、エステートは#HonorMJキャンペーンを立ち上げることとしました。6月4日にマイケルのSNSにて発表いたします。これは募金をするようなキャンペーンではありません。私たち各々が、他者(個人的に知っている人か否かは問わず)の人生にいかに変革をもたらすことができるか、ということに関することです。エステートは、こうしたことが可能という例をいくつか提示しますが、世界をよくするために各々が正しいと思うことを実行するために何をするか、それは皆さんにお任せします。マイケルのメッセージを反映したものとなってほしいとあなたが思うものなら何でも可能です。できることリストは無限です。
キャンペーンの詳細はMichaelJackson.comのSpotlight Storyに参加方法などとともに6月4日に投稿されます。
皆さんのお考えや、マイケルの人道主義のレガシーを称えるために何をお選びになるか、私たちは楽しみにしています。Keep Michaeling

■#HonorMJ

Hello #MJFam,

As you all know, it is the Estate’s tradition to acknowledge the date of Michael’s passing each year, but not draw too much attention to it as they wish to celebrate Michael’s life, and not dwell on his death. This is also why there is always an Estate organized event on Michael’s birthday for the fans to gather and celebrate and the recognition of the anniversary of his passing remains muted.

We know this year feels more significant, however, as it has shockingly been an entire decade since we lost Michael Jackson. As the 10-year anniversary of Michael’s passing nears, the Estate feels that there is no better way to remember and honor Michael than to pay tribute to his lifelong commitment to helping others and caring for the planet we all share. So the Estate has decided to launch the #HonorMJ campaign which will be announced on Michael’s social media pages on June 4. This is not a fund raising campaign – it’s about how each of us can make a difference in the life of another human being – whether it is someone we know personally or not. While the Estate will offer some examples of things that can be done, it is up to each of you to do what feels right for you as a way of helping make the world better. It can be anything you want it to be that you think reflects Michael’s message. The list of possibilities is endless.

Details for the campaign will be posted as the Spotlight Story on the home page of MichaelJackson.com on June 4, with the simple instructions on how to participate.

We look forward to seeing your images and seeing how each of you choose to honor Michael’s humanitarian legacy. Keep Michaeling.

Best,
Alicia

Source :MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

エステートからの声明

先週、ジョン・ブランカとエステートの弁護士がハーバード大学へ招かれて講演を行いました。ブランカらはこの機会に、「Leaving Neverland」が公平という概念をいかに侵害しているかという問題提起を行い、ストーリー中の嘘や穴の数々を指摘しました。さらにビルボード等のイベントに出席していたメディア関係者らとの会談も行いました(こちらを参照)。今後数週間以内にエステートよりの更なるニュースをお知らせします。

さて、私たちは長期プロジェクトについても注力を続けています。ブロードウェイのミュージカル等、マイケルのレガシーをより発展させると信じているプロジェクトです。このミュージカルに関わっているトニー賞受賞歴のあるクリストファー・ホイールドン監督とピュリッツアー賞受賞歴のある脚本家リン・ノテージはマイケルの大ファンです。だからこそ、私たちは彼らをこのブロードウェイ・ショーに起用することに決めたのです。

もし間違えなければ・・・間違えませんが・・・劇場に足を運んだ観客はマイケルの創造的天才に対する深い理解を得られることでしょう。そう、10年ほど前のThis Is Itを観た時のように。実際、素晴らしい経験となるでしょう。観客とマイケルを結び付け、個人として、そしてアーティストとして彼は評価されるのです。リンとクリスの役割は数ある中でももちろん楽しませることですが、マイケルの生涯と苦闘について、内面と外面の両方から描くこともその一つです。これらが彼の個性、アーティストとしての彼、そしてこのミュージカルが讃えるべき創造的天才を形作ったのです。要するに、リンとクリスがマイケルについて正義を為すと信じていなければ、私たちは彼らと仕事をすることなどあり得ないのです。

ファンの皆さんが、感情としては、リンとクリスに「Leaving Neverland」に対する公開闘争に加わって欲しいと望んでいることは十分理解しております。しかし、理性的視点から、マイケルの生涯におけるあらゆる問題についてリンとクリスがいかなる公的立場にも現時点では立つべきではない、それはミュージカルの崇高さを守るためだ、ということを理解することは重要だと私たちは考えます。このステージにおいては彼らは対象を公平に観察しストーリーを作り上げるために選ばれた伝記作家なのです。彼らの役割は楽しませることもさることながら、マイケルが生涯を通じて直面していたあらゆる出来事や個人的な問題がいかに彼を形作り、ステージで見せたキャラクターを形成したのかを理解することなのです。彼らが発表しているように、ストーリーは現在制作中です。

シルク・ドゥ・ソレイユやスパイク・リーのドキュメンタリー同様、私たちは共同制作者です。ショーの最終的な形についてはいろいろな意見があり、また言いたいこともあります。しかし、クリエーターたちに、この場合で言えばマイケル・ジャクソンのステージでの多彩で深いキャラクターを作り出すために、マイケルが経験したことを自由に使ってもらうことは重要だと私たちは考えます。そのために私たちは、マイケルについての個人的知見や彼との経験を共有し、マイケルの生涯に欠くことのできない人々を紹介することに時間をかけています。とても複雑で才能のあるアーティストであること、そして彼そのものを完ぺきに理解できるように。

マイケルは生涯を通じて・・・死してもなお・・・常に判断されていました。その内面を見ようともしない人々によって。リンとクリスはそんなことはしません。彼らは、観客がマイケルの生涯を、そしてスポットライトから離れてマイケルが直面していた問題や痛みを理解し、それが、亡くなって10年経ってもいまだ世界の注目を集めるほどに社会の規範というものを避けていた人物像をいかに作り上げたかを理解する手助けをするという目的を持ってマイケルの生涯を見つめています。私たちは彼らに、うわべのマイケルを見せるのではなく彼の人間性や彼の良いところ、彼の生涯の様々なステージにおいて出くわした確執や困難などの彼の失敗を掘り下げてくれるよう依頼しました。彼の唯一無二の創造的天才の火をつけたのはものとは何だったのか観客が理解できるように。ドラフト原稿を読み、台本読みの場に居合わせ、そしてミュージカルが完成していく様子を見学する中で、マイケルがそこに居るように私たちは感じました。リンやクリスほどの才能がなければ不可能だったであろう形で。

私たちが自信もってお届けするこの優れたミュージカルは現在制作中ですが、これはマイケルの天才性に敬意を表し讃えるというだけでなく、観客を感情の旅へと連れ出します。彼の魔法のような複雑な世界を見れば、ファンでもファンでなくても驚くことでしょう。自分で経験したことがないことの良し悪しを判断することは不可能です。だから私たちは、皆さんが自身が劇場でこのミュージカルを経験していただければと思っています。その時の皆さんの反応が楽しみです。

マイケル・ジャクソン・エステート


■STATEMENT FROM THE ESTATE

Last week, John Branca, along with Estate attorneys, were invited to speak at Harvard University. They used the opportunity to raise issues about how Leaving Neverland violates every notion of fairness, while pointing out the gaping lies and holes in its narrative. They also spoke with members of the media, such as Billboard, who were present at some of the events [https://www.billboard.com/articles/news/8507510/michael-jackson-estate-hits-back-leaving-neverland]. And you can expect more news from the Estate in the coming weeks.

We also remain focused on long-term projects that we believe will enhance Michael’s legacy moving forward, including the Broadway musical. We can assure you that all those involved in this production, including the Tony Award-winning director, Christopher Wheeldon, and the Pulitzer Prize-winning writer, Lynn Nottage, are devoted MJ fans. That’s why they are committed to bringing this show to Broadway.

If we get this right – which we will – theater audiences will have an even deeper appreciation for Michael’s creative genius, just as they did when they watched This Is It nearly 10 years ago. In fact, we believe this will be as poignant an experience, one that connects the audience to Michael in a way in which he is appreciated both as a person and as an artist. The role for Lynn and Chris, among other things, is of course to entertain, but also to depict the events of Michael’s life and his struggles, both internal and external, that molded him into the person, the artist and the creative genius that this musical celebrates. Simply put, if we didn’t trust Lynn and Chris to do justice to Michael, we would not be working with them.

While we appreciate that, on an emotional level, fans want Lynn and Chris to join the public battle against Leaving Neverland, from an intellectual perspective we believe it is important to understand why Lynn and Chris, to protect the integrity of the musical, should not take a public position at this time one way or another about any issues in Michael’s life. They are biographers who at this stage have been assigned to dispassionately observe their subject’s life and craft their story. Their role is to entertain as well to understand how all of the events and unique personal challenges Michael faced throughout his life shaped him, and molded the character they ultimately present on stage. The story is still a work-in-progress, as they have stated.

As with the two Cirque du Soleil shows and with Spike Lee’s acclaimed documentaries, we are collaborators. We have significant input and say in the final show. But we believe it is important to give all of our creators the freedom to draw upon Michael’s experiences, in this case, to create a well-rounded and in-depth stage character of Michael Jackson. To that end, we have spent a significant amount of time with them sharing our personal knowledge of Michael and our experiences with him as well as introducing them to others who were an integral part of Michael’s life, so they can fully understand the very complicated and talented artist and man that he was.

Michael was constantly judged throughout his life – as he continues to be in death --- by those who never bothered to look below the surface. Lynn and Chris will not do that. They are looking at Michael’s life with the goal of helping audiences understand the challenges and pain he faced away from the spotlight and how it shaped a man who shunned society’s norms to such an extent that 10 years after his passing he still commands the world’s attention. We have asked Lynn and Chris not to give us a superficial Michael, but to delve into his humanity, his goodness and his faults along with the conflicts and difficulties he encountered at different stages of his life, so people can understand what fed the fire of this incredibly unique creative genius. With the benefit of having read drafts of the book, being in the room for readings and being present at labs at which we see the musical coming to life, we see and feel Michael’s presence in a way that we do not think would have been possible with anyone less talented than Lynn and Chris.

A musical of the caliber that we are confident is now taking shape will not only pay tribute to and celebrate Michael Jackson’s genius but take audiences on an emotional journey that will surprise fans and non-fans alike as they witness his magical, complex world. Since we all know it is not possible to judge something that you have not experienced yourself, we hope you will all have the opportunity to sit in the theater and experience this musical for yourselves and we look forward to your reactions once you have that opportunity.

THE ESTATE OF MICHAEL JACKSON

Source: MJOnline, The Official Team Of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

エステートより:ネットのキャンペーンに参加する時は注意して

エステートは、ネバーランドの購入のためと思われるウェブサイト(www.wesaveneverland.com)について情報を得ました。

同サイトは、エステートとは無関係であることを認めていますが、これを機会に、ファンの皆さんには、この種のキャンペーンに参加を検討する際には"参加者の自己責任”のスタンスでということを再確認していただければと思います。このサイトの運営者を私たちは知りませんが、FAQによれば、ネバーランド購入という目標に到達しない場合、集まったお金は慈善団体(明記せず)に寄付されることになっています。私たちはファンの皆さんが利用されてしまうことを望みませんし、キャンペーンのためにと思ったお金が意図した使い方をされずに失望することも望んでいません。

お金のやり取りや、正式な認可を受けた慈善団体とは無関係の運動に対する寄付を伴うネット・キャンペーンに参加する時は十分にご注意ください。

マイケル・ファンの親切心を利用しようとする人々は大勢います。どうか、ご注意ください。

■Please exercise caution when participating in online campaigns.

The Estate recently learned of a new website supposedly dedicated to buying Neverland at www.wesaveneverland.com.

While the site does acknowledge that it is not connected to or have any relationship with the Estate, the Estate has asked us to take this opportunity to remind fans to take a stance of “buyer beware” whenever they consider contributing to a campaign such as this. While we are not familiar with the people operating this site, the #4 question on the FAQ indicates that if the effort fails to reach its stated goal of buying Neverland, the monies will be donated to an unnamed charity. We do not want any fans to be taken advantage of and disappointed if monies they contribute to the campaign do not go to their intended purpose.

We urge all fans to please take caution whenever participating in online campaigns that involve the exchange of money, or donating to any efforts that are not affiliated with accredited charity organizations.

There are many people out there who take advantage of the kindness of Michael’s fans, so please use caution.

Best,
Alicia

Source: MJOnline, The Official Team Of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター