1. アカペラのMJカバー

    ケンタッキー州ルイビル出身のR&Bミュージシャン、ローレンス・ヤングがクールなビデオを製作し、マイケルの曲を10曲カバーしている。6つのフレームそれぞれで彼は歌っているが、それぞれ旋律を変えている。6つのフレームがあたかも一つのグループかのように歌っているが、間違いなくヤング一人であり、マイケルの有名な曲をアカペラ・スタイルで熱唱している。ローレンス・ヤングのYouTubeチャンネルはこちら。■ L Young Sings M...

    2015/04/03
  2. Honoka MoriyamaのMJトリビュート

    マイケルは世界中のダンサーやアーティストたちを触発し続けている。彼の音楽とダンスへの愛は地球の隅々まで決して絶えることはない。今回は、日本人振付師/ダンサーのHonoka Moriyamaだ。彼女は最近、8人の素晴らしいダンサーを集めてキング・オブ・ポップへの素晴らしいトリビュートをプロデュースし、マイケル・ジャクソンから受けた影響の大きさを誇示することで彼を讃えている。このビデオでは、彼女たち9人のダンサーの並外...

    2015/03/31
  3. ラテンのトリビュート・アルバム

    トニー・サッカーがプロデュースしたラテン初のマイケル・ジャクソン・トリビュート・アルバム「Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson」が、ユニバーサル・ミュージック・ラテン・エンターテインメントとユニバーサル・ミュージック・クラシックスより、4月14日にリリースされる。このアルバムには100人以上のミュージシャンが参加し、その中にはラテンのスーパースター、ティト・ニエベス、ジョン・セカダ、オビー・ベル...

    2015/01/20
  4. ジャスティン・ティンバーレイク、マイケルを追悼

    ジャスティン・ティンバーレイクは「Love Never Felt So Good」のデュエットでマイケルへのリスペクトを私たちに示してくれたばかりだが、彼の「20/20 Experience」のオーストラリア・アデレード公演のステージで再び見せてくれた。ジャスティンはマイケルの曲の大ファンだ。Adelaide Entertainment Centreでのコンサートで彼は2日間続けて熱狂する観客に向けて「Human Nature」を歌い、マイケルへの敬意を表した。セキュリティを...

    2014/10/02
  5. MJの顔などで100以上の賞をとったネイル・アーティスト

    MJの顔などで100以上の賞をとったネイル・アーティスト

    妖精やゴブリン(小さな悪魔)、エドワード・シザーハンズ(映画「シザーハンズ」の主人公)、マイケル・ジャクソンといったテーマのおかげで、ある女性が100以上の賞をそのネイルアートで受賞している。英ストークオントレント在住のカースティー・ミーキン(35)は17歳の時に美容師の勉強を始めた。そして今では、世界中を旅して自分のネイルアートで獲得したトロフィーを家に持ち帰っている。彼女のネイルアートの製作時間は30から100...

    2014/09/10
  6. カセットテープで作ったMJ

    カセットテープで作ったMJ

    あるアーティストが、素晴らしいアートを生み出し、かつ余剰となったテクノロジーを価値あるものに作り変える独創的な手法を見出した。シカゴ在住のエリカ・シモンズは、古いカセットテープを使ってアイコンたちの肖像を生み出している。ジョン・レノン、カート・コバーン。そして、キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンだ!30歳になる彼女は、オーディオ・カセットやVHS、オーディオ・ブックなどからのテープを使って白い...

    2014/08/07