マーロン・ブランドの息子、父がマイケルを泣かせたとの報道を一蹴

マーロン・ブランドの息子のミコが、有名人である彼の父がディナーの席上で性的な話題でマイケル・ジャクソンを泣かせたとの報道に反論している。

「僕はマイケル・ジャクソンとは27年も友達でした。僕の父は彼を敬愛していました。マイケルが誰かを傷つけたと示唆しえいると曲解された父の言葉を僕は信用していません」と彼はPage Sixが入手したLAタイムズに宛てた手紙中で書いている。

同紙は今週、ブランドン・オグボーンのポッドキャスト「Telephone Stories: The Trials of Michael Jackson」が、1994年にジャクソンが捜査を受けた際にブランドが検事に対して行った宣誓陳述書を発見したと主張している、と報じている。

日曜日に配信されたエピソードで、オグボーンは記録を読み上げており、そこでは伝説の”ゴッド・ファーザー”が、ネバーランドでジャクソンと交わしたという会話の内容を詳述されている。

LAタイムズ紙は、オグボーンは当時ロサンゼルスの検事(現在は判事)としてジャクソンを捜査したローレン・ワイスに宣誓陳述書の真偽を確認したと報じている。

オグボーンは同紙に対し、その証言は「とりとめもないもので、ふざけたものだ。(ブランドは)今この場にいたらおそらく”取り消された”だろう」と語った。

オグボーンによればブランドはジャクソンにこう尋ねたという。「友人は?と聞くと、彼は”同年代ではいない、同年代は好きじゃない”と言ったんだ。どうして?と聞くと、”わからない、わからない”と答えて泣き始めたんだ。激しくね。慰めようとしたよ。できることはすべてやった」。

そしてタイムズ紙は衝撃的に締めくくっている。「ブランドは検事に対し、最初ジャクソンはゲイだと思っていたが、”子供と何かしているのかもしれないと考えるのが妥当だ”と今では信じていると語った」。

ジャクソンの運転手を務めたこともあるミコは、手紙でこう反論している。「これは有料ポッドキャストの聴取者数を稼ぐためのチープな売名行為に過ぎません。もし彼が子供を虐待している可能性があると思ったら、父はマイケルとは友人にはなっていなかったでしょう。そして、マイケルに関して悪いことは何も言わないでしょう。どうか記事を訂正してください」。

オグボーンはコメントをしていない。


■Marlon Brando’s son slams report of dad making Michael Jackson cry

Marlon Brando’s son, Miko, is firing back at a report that his famous father reduced Michael Jackson to tears during a dinner conversation about the late pop star’s sexuality.

“I was friends with Michael Jackson for over 27 years and my father adored him. I don’t appreciate my father’s words being twisted to imply that Michael hurt anyone,” he wrote in a letter to the LA Times that was seen by Page Six.

The newspaper this week revealed that Brandon Ogborn’s podcast — “Telephone Stories: The Trials of Michael Jackson” — claimed it unearthed a sworn statement by Brando to prosecutors when Jackson was under investigation in 1994.

In an episode streaming Sunday, Ogborn reads a transcript in which “The Godfather” legend detailed a conversation he once had with Jackson at the singer’s Neverland Ranch.

The Times reported that Ogborn verified its authenticity with Lauren Weis, who investigated Jackson as an LA prosecutor and is now a judge.

Ogborn spoke to the paper and described the document as “quite meandering, pretty loosey-goosey. [Brando] probably would be ‘canceled’ if he was around now.”

Ogborn claims Brando asked Jackson: “‘Well, who are your friends?’ He said, ‘I don’t know anybody my own age. I don’t like anybody my own age.’ I said, ‘Why not?’

“He said, ‘I don’t know, I don’t know.’ He was crying hard enough that . . . I tried to assuage him. I tried to help him all I could.”

And in an explosive conclusion, the Times reported that, “Brando told prosecutors he originally thought Jackson was gay but now believed it was ‘pretty that he may have had something to do with kids.’ ”

Miko, who once served as Jackson’s driver, shot back in his letter: “This is just someone’s cheap publicity stunt to promote their paid podcast. My father would never have been friends with Michael if he thought he was capable of doing harm to kids, and he would never imply anything negative about Michael. Please correct your story.”

Ogborn didn’t comment.

Source: Page Six

ラショーン・ダニエルズ死去

グラミー賞を受賞したシンガー・ソングライターでプロデューサーのラショーン・ダニエルズがサウスカロライナで交通事故により死去した。41歳だった。

「You Rock My World」でマイケルと仕事をしたほか、ロドニー・ジャーキンスとの多数のコラボレーションがある。ソングライターとしてクレジットされている曲には、ブランディ&モニカの「The Boy Is Mine」、レディー・ガガの「Telephone」、デスティニーズ・チャイルドの「Lose My Breath」がある。また、ジャネット・ジャクソンやジョージ・マイケル、スパイス・ガールズら多数アーティストとも仕事をしている。

lashawn.jpg


■ LaShawn Daniels Has Died
Grammy-winning singer, songwriter and producer LaShawn Daniels, has tragically died in a car accident in South Carolina at the age of 41.

He worked with Michael on ‘You Rock My World’ and did many collaborations with Rodney Jerkins. His song writing credits also include; ‘The Boy Is Mine’ by Brandy & Monica, ‘Telephone’ Lady Gaga and ‘Lose My Breath’ by Destiny’s Child. He also worked with numerous people including; Janet Jackson, George Michael and the Spice Girls.

Source: Independent & MJWN

知られざる"Human Nature"ストーリー

デジタルの時代に”Human Nature”が生まれていたら、マイケル・ジャクソンが歌うことは決してなかっただろう。Totoのスティーヴ・ポーカロとジョン・ベティスの共作であるこのバラードが"Thriller"に収録されることになった経緯には、当時はアナログ・テープを使っていたということと、ポーカロの娘が学校の遊び場で遭ったという災難が関係していた。ポーカロ自身がこの曲にまつわるストーリーを、Nashville Songwriters Association Internationalのバート・ハービソンに語ってくれた。

バート・ハービソン: 私たちは、Story Behind the Songでは300のエピソードを配信していると思いますが、あなたのエピソードは初めて2回に渡って配信するものとなります。というのも、両方の結末から見ていこうとしているからです。面白いエピソードなんです。その"Human Nature"の裏話を教えてください。

スティーヴ・ポーカロ:スタジオに向かっていたんです。Totoの曲をレコーディング中でね。ミックスをもう一曲やる必要があったんです。"Africa"という曲です。スタジオに着くと、みんながブースでミックス作業をしていました。この少し前に娘に会っていて、彼女はその日、学校でひどい目に遭っていたんです。滑り台から落ちて、ある男の子が彼女を叩いたんですよ。彼女は「何で?何で?」と私に繰り返しました。2年生くらだったと思います。彼女が「何で」と何度も繰り返していたので、私の頭の中ではそれが鳴り響いていたんです。

BH:「何で、何で(why, why)」ですか。

SP:私は、その男の子が彼女のことを好きなのだと説明しました。スタジオに行かなければなりませんでしたからね。とにかく、私はすぐにスタジオへ出かけました。スタジオにはピアノがあって、すぐに思い浮かびましたよ。

BH:ふさわしい場所に自然に収まる曲というものがありますよね。さて、その後話は普通では考えられないことです。ちょっと信じ難いですね。

SP:私はアルバム「Off The Wall」でクインシー(・ジョーンズ)とマイケル(・ジャクソン)との仕事を始めました。デヴィッド・フォスターがシンセのプログラマーとして私を引き込んだのです。その後クインシーが自分自身のプロジェクトに私を起用しました。私たちは数多くの仕事をしました。「Thriller」の別のトラックでもシンセのオーバダブをやっていたんです。クインシーは、デヴィッド・ペイチ(TOTOのソングライターとして有名)に曲を依頼していました。私は彼を手伝っていたんです。レコードのグルーヴとかジャムとか、クインシーがやりそうなことです。クインシーはしばらくの間、毎日使いをよこしてきました。私たちがやっていることを採用するためです。彼は忙しそうでした・・・。それはともかく、"Human Nature"のデモを仕上げていて、すでにレコーディングもしていました。その時は手元に15分の足らずの短いカセットしかありませんでした。私はデモをそのカセットに録音しました。するとデヴィッドが私を呼んでこう言ったのです。「昨日の夜にやった2曲、テープに入れてくれないか?クインシーの使いがこっちに向かっていて、素材を持って帰るんだ」。その時、カセットはそれしかないことがわかりました。

ですから、私はそのカセットを裏返して巻き戻し、新しいラベルを貼ってA面に「デヴィッドの素材」と書きました。"Human Nature"をクインシーに聞いてもらおうなんて思っていませんでした。未完成のデモです。歌詞もできていませんでした。まったくもって未完成だったのです。あれをクインシーに渡すなんて、あり得なかったでしょう。彼はただ単にあのテープを再生し、オートリバース(反対の面を再生する)が作動したのでしょう・・・・。彼はとても興奮していました。デヴィッド・ペイチの曲だと彼は思ったのです。しばらくの間ね。デヴィッドが言うには、翌朝クインシーから電話があり、話が通じるのに20分かかったそうです。「あなたは話しているのはスティーヴの曲のことでは?」

それはともかく、私たちはこの曲に取り掛かりました。TOTOのツアーが始まるころ、クインシーが「歌詞が必要だ、今すぐ」と言いました。私はバスの中で出来うるかぎり最高の歌詞を仕上げ、送りました。あれはとても私的な曲だったのです。娘とのあのエピソードを書いたのです。クインシーがこう尋ねました。「歌詞の最初の部分を誰かに手直しさせてもいいかな?」彼はタイトルをとても気に入り、サビの部分も大変気に入っていました。クインシーは歌詞の最初の部分を誰かに直させたい、ということでしたし、自分の歌詞がいい、なんてことはこれまでもずっと主張したことはありませんでした。ジョン・ベティスと仕事もできましたしね・・・私はこの曲でたくさんお辞儀をすることとなりましたが、ジョンがよりよいものとしてくれたことを言わなければなりません。彼がこの曲に物語性を加えたのです。ストーリーを加えたのです。イントロとミドル、そしてエンドを加えたのです。彼はこの曲をグレードアップさせ、そして私は1音節も変更しませんでした。この曲は私の赤ん坊であり、彼のやることでなにかあったらすぐに文句を言って直そうと思っていましたが、直すところなんてなかったんですよ。

Story Behind the Song: Michael Jackson's 'Human Nature'

In the digital age “Human Nature” never would have made its way to Michael Jackson. The story of how the ballad — penned by Toto’s Steve Porcaro and hit songwriter John Bettis — ended up on “Thriller” is tangled up in analog tape, as well as a rough day Porcaro’s daughter had on the playground at school. Porcaro told the story behind the song to Bart Herbison of Nashville Songwriters Association International.

Bart Herbison: I think we're pushing 300 episodes of Story Behind the Song. Yours is the first we're going to do twice. Because we're going to look at it from both ends. It's just fascinating. What was the story of "Human Nature"?

Steve Porcaro: I was on my way to the studio. Toto was cutting. We had one more mix to do, which was the song “Africa.” I got to the studio, they were just putting the mix up in the booth, and I had just seen my daughter, who had a real rough day at school. She'd fallen off a slide and a boy had hit her, and she kept asking me “Why?” You know, she was like in second grade or something. And she kept asking me “Why?” and it was just ringing in my head.

BH: “Why. Why.”

SP: (I was) just trying to explain to her that the boy probably liked her. I had to get to the studio. Anyway, I went right out into the studio where the piano was and it kind of all came at once.

BH: You know, some songs are meant to find their home. What happens next is insane, it's almost hard to believe.

SP: I started working with Quincy (Jones) and Michael (Jackson) on the “Off the Wall” album. David Foster brought me in as a synth programmer. After that, Quincy just started hiring me by myself to work on his different projects. We've done a bunch together, and I was already in studio doing synth overdubs on different tracks on “Thriller.” He'd been asking David Paich, who is the well-known songwriter in Toto, for songs. … I was helping him record grooves and jams and something that Quincy might dig. Quincy would send a runner over every day for a while there to pick up whatever we'd been working on. He was looking hard. … So anyway, I had just kind of finished my demo of 'Human Nature' and I'd recorded it. We had, you know, all these little short 15-minute cassettes. I'd just thrown it down on cassette when David had called down to me and said, "Hey, those two grooves we're doing last night. Put those on tape. Quincy's guy’s on his way over here to pick up some stuff." So, it turned out that was my last cassette.

So I turned it over, rewound it, put a new label on it and put "David's Things" on the A side of the cassette. I had no intention of Quincy hearing “Human Nature.” That was unfinished demo. The lyrics weren't done. It was a completely unfinished song. I would have never handed that in a million years to a Quincy Jones. … I believe what happened is he just let the tape run and auto-reverse kicked in (playing the other side of the tape). … He was very excited about it. He thought it was a David Paich tune, you know, for a real long time. David said Quincy called him the next morning, and it took him 20 minutes to finally tell him, "I think you're talking about one of Steve's tunes."

Anyway, we started working on it, and Toto was on the road at one point and Quincy said, "I need some lyrics now." And I finished up the lyrics as best I could on a bus ride and sent them in. It was a very personal song. It was about this episode with my daughter and Quincy asked me, "Do you mind if I let someone take a stab at the first lyrics?" He loved the title. He loved my chorus. He just wants someone to take a stab at the first lyrics, and I was, you know, that's one thing I have definitely always had humility about that's my lyrics and I was wide open. He hooked me up with John Bettis. … I've taken a lot of bows for the song and it was definitely my baby and all that. But, I got to tell you, John just elevated it. He gave it this narrative. He gave it a story. He gave it a beginning, a middle and an end. He just elevated the song and I did not change a syllable. You know this was my baby, and I was all ready to jump all over it and fix whatever he did. And there was nothing to fix.

Source: tennessean.com

Don’t Stop ‘Til You Get Enough – The Musical

「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」はマイケル・ジャクソンのアートを称える新作ミュージカルだ。ピューリッツァー賞を2度受賞した経歴をもつリン・ノテージ(Sweat、Ruined)が脚本を、トニー賞受賞歴をもつクリストファー・ホイールドン(An American in Paris)が監督と振り付けを担当する。

ショーは観客を1992年のDangerousツアーを準備するマイケルの舞台裏へと案内し、彼の制作プロセスをつぶさに見せる。マイケルとコラボレーターたちがあの素晴らしいセットリストをリハーサルする時、私たちは彼のキャリアの中枢となる創造の瞬間に立ち会うこととなる。

25曲以上のマイケル・ジャクソンのヒット曲が登場する「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」は、最新の劇場のパワフルなストーリーテリングと、一人の文化的アイコンの並外れた才能の融合だ。今秋、シカゴでプレミアとなり、翌年にブロードウェイへ向かうことになっている。

dontstop.jpg


■Don’t Stop ‘Til You Get Enough – The Musical
‘Don’t Stop ‘Til You Get Enough’ is the new musical that celebrates the artistry of Michael Jackson, featuring a book by two-time Pulitzer Prize winner Lynn Nottage (Sweat, Ruined) and directed and choreographed by Tony Award® winner Christopher Wheeldon (An American in Paris).

The show takes audiences behind the scenes as Michael prepares for the 1992 Dangerous Tour, providing an in-depth look at his process. As Michael and his collaborators rehearse their epic setlist, we are transported to pivotal creative moments from his career.

Featuring over 25 of Michael Jackson’s biggest hits, ‘Don’t Stop ‘Til You Get Enough’ combines the singular talent of a cultural icon with the powerful storytelling of contemporary theatre. It will premiere this Fall in Chicago before heading to Broadway next year.
Source;MJWN

マイケル、著名故人長者番付でトップを維持

マイケル・ジャクソンは昨年度4億ドルを稼ぎ、フォーブスの著名故人長者番付で再びトップに立った。そのほとんどは、EMIミュージック・パブリッシングに対する持分の売却によるものだ。その他、彼個人のMijac Musicのカタログからの収入に加え、ソニーとのあらたなレコード契約やプロジェクト、テレビスペシャルのMichael Jackson’s Halloween(昨年に引き続きCBSで10/20に放映)も寄与している。

これは、マイケルは昨年、トップ10のその他の著名人をすべて合わせた額の2倍を稼いだということを意味している。2009年の死去以降、マイケルは24億ドルを稼いでいる。

驚くべきことに、昨年マイケルは存命著名人を含めてもトップである。2位はアスリートのフロイド・メイウェザー(2億8500万ドル)、3位は俳優のジョージ・クルーニー(2億3900万ドル)だった。

エルヴィス・プレスリーは著名故人長者番付で2位(4000万ドル)だった。その他トップ10にはピーナッツの創作者チャールズ・シュルツやミュージシャンのボブ・マーリー、ジョン・レノンらが入っている。

■Michael Stays Top Of Highest-Paid Dead Celebrities

Michael has once again topped Forbes list of the highest-paid dead celebrities list after earning a massive $400 million over the past year, mostly from the sale of his EMI Music Publishing stake. Additional income came from his Mijac Music catalogue, a new Sony record deal and projects like TV special Michael Jackson’s Halloween, which returned to CBS on October 20 for the second consecutive year.

This also means that Michael generated double the amount of money in the past year than all the rest of those in the top 10 earned altogether. Since his passing in 2009, Michael has earned $2.4 billion.

Amazingly, this also puts Michael in the far lead of any celebrity alive or dead in the past year, with athlete Floyd Mayweather in second place with $285 million and actor George Clooney in third place with $239 million.

Elvis Presley came in second in the highest-paid dead celebrities list with a mere $40 million in comparison. Others in that top 10 included Peanuts creator Charles Schulz and musicians Bob Marley, Prince and John Lennon.

Source: Forbes & MJWN

"スパイク"を生んだクリエーターが死去

アカデミー賞の受賞歴もある映画製作者のウィル・ヴィントンが亡くなった。70歳だった。

ヴィントンは立体の粘土アニメーションのキャラクターたちを生み出したが、これらはクレイアニメと呼ばれている。彼の作品にはカリフォルニア・レーズンのキャラクター、マイケル・レーズンがある。

カリフォルニア州バークレーで学ぶ傍ら、ヴィントンは学生寮で友人らとともに粘土を使って独特な彫刻を作った。後に彼は自宅地下で実験を開始、フィギュアたちに数百の動きをつけて撮影し、映像を作り上げた。

1985年、彼は長編の映画を発表した。「The Adventures of Mark Twain」だ。その頃、カリフォルニア・レーズン諮問委員会は新たな販促キャンペーンを展開していたが、アニメーションのレーズンに「I Heard It Through the Grapevine」という曲に合わせて踊らせるというアイディアを思いついた。そこでヴィントンが起用され、そのキャラクターが生み出された。キャンペーンではこのほかにもキャラクターが追加された。



いずれのキャラクターも高さ8インチで、ワイヤで出来たフレームを骨格としていた。30秒のCMが製作されたが、この映像には700以上ものシーンがあり、完成するまで5週間を要している。キャンペーンは成功を収め、カリフォルニア・レーズンは売り上げが20%増加している。

1988年、ヴィントンはマイケル・ジャクソンの「Moonwalker」で自身のアニメーションを使って"スパイク"を生み出した。「Speed Demon」のシーンに登場するウサギのようなキャラクターだ。『マイケルから電話をもらい、少し話をしたんです』と彼は2009年に語っている。「私は思っていました。これは何だ?なぜこんな話をしているんだろう。彼はカリフォルニア・レーズンの話をしているのだとわかりました。「マイケル、君をレーズンにすべきだと思う!」と私は言いました。彼はそういうことを考えているのだと思いました。言うや否や、「分かった!」と彼は言いましたよ』。

■‘Spike’ Creator Dies
Academy Award-winning filmmaker Will Vinton has died at the age of seventy.

Vinton created three-dimensional animated clay figures which is called Claymation. His work included the California Raisins characters including, Michael Raisin.

Whilst studying at Berkeley in California, Vinton used clay to sculpt unusual things in his dorm with his friends. Later, he began experimenting in his basement at home, making hundreds of changes to the figures he’d photographed and then putting them together on film.

In 1985, he released a full length film called ‘The Adventures of Mark Twain’ then the California Raisin Advisory Board launched a new advertising campaign and came up with the idea to have an animated raisin dance to ‘I Heard It Through the Grapevine’. They employed Vinton to create the character adding other characters later in the campaign.

Each character stood around eight inches tall and were crafted over a frame made of wire. A thirty second commercial was then created which contained over seven-hundred individual scenes and took about five weeks to complete. The campaign was successful and the Californian Raisin company saw a 20% increase in sales.

In 1988 Vinton used his animation in Michael’s ‘Moonwalker’ to create Spike, the rabbit like creature in the ‘Speed Demon’ section of the film. “Michael called up and I’m sitting there, having small talk with Michael on the phone…” Vinton said in 2009. “…And I’m going, ‘What is this about? Why am I having this conversation?’ I realised he was talking about the California Raisins. “I said, ‘Michael, we should make you a raisin!’ I realised he was heading that way, anyway. And as soon as I said it, he said, ‘Yeah!’ ”

Source: Washington Post & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター