エルヴィスの孫娘はマイケルが大好きだった

エルヴィスの孫娘ライリー・キーオがFox News Entertainmentの番組で、マイケルが大好きだったと明かした。

「私は彼が大好きでした」と彼女はマイケルについて語り、父親の元で育てられ大部分をハワイとロサンゼルスで過ごしていたにもかかわらず、グレイスランドとネバーランドを頻繁に訪れていたと明かしている。

彼女によればネバーランドでは、

「そこらじゅうにおもちゃ、そこらじゅうに動物たち、そこらじゅうに子供たち。一日中ディズニーランドにいるみたいでした」という。

スターの子供時代が普通とは違っていたのはこれだけではない。キーオは、一時期父親から家で教育を受けていたと語った。理由は、伝統的な教育がいわゆる「手に負えないもの」となったためだ。

「振り返ってみると、『私が受けた躾はすごかった』って思います」と彼女は語った。

母親のリサ・マリーは1994年にマイケルと結婚し、1996年に離婚している。

■Elvis’s Granddaughter Says She Loved Michael

Elvis’s granddaughter, Riley Keough, revealed to Fox News Entertainment how she loved Michael.

“I loved him,” she told Fox News Entertainment in reference to Michael and she revealed how, despite being mostly raised by her father between Hawaii and Los Angeles, she often made frequent stops at Graceland and Neverland Ranch.

During her time at Neverland Ranch, Keough said;

“There were toys everywhere, animals everywhere, kids everywhere. It was like being at Disneyland all day.”
That wasn’t the only way the star’s childhood was different. Keough explained how her father home-schooled her temporarily because a traditional education became, what the publication called, “too much of a nuisance.”

“Looking back on it, I’m like, ‘Wow, my upbringing was very intense,’” she said.

Lisa Marie married Michael in 1994 and divorced in 1996.

Source: Fox News Entertainment & MJWN

MJのテレビ映画製作を発表

マイケル・ジャクソンの新作テレビ映画が発表された。アメリカのケーブル・ネットワーク、Lifetime(TLCやアリーヤ、トニー・ブラクストンの伝記映画をすでに製作している)が製作しており、タイトルは「Michael Jackson: Searching For Neverland」とされている。この映画は、ボディガードの目線でマイケルの最後の年月を語るものとなる。

Deadlineの報道によれば、この映画の主演は著名なマイケル・ジャクソンのトリビュート・アーティストのNaviだという。エグゼクティブ・プロデューサーは、マイケルの初期のキャリアで共に仕事をしたこともあり、1992年のテレビシリーズ「The Jacksons: An American Dream」にも関わったスザンヌ・ド・パッシーである。放映日時は未定。


■New MJ TV Movie Announced

A new Michael Jackson TV movie has been announced. US cable network Lifetime, which has already made biopics of artists including TLC, Aaliyah and Toni Braxton, are behind the film, which has the working title ‘Michael Jackson: Searching For Neverland.’ The film will tell the story of Michael’s final years through the eyes of his bodyguards.

Deadline reports that the film will star renowned Michael Jackson tribute artist Navi. It is being executive-produced by Suzanne de Passe, who worked with Michael early in his career and also on the 1992 TV series ‘The Jacksons: An American Dream’. No premiere date has been confirmed yet.

Source: NME & MJWN

アイルランドの隠れ家が売りに

かつてマイケル・ジャクソンが隠れ家として使ったこともある、ギネス家のアイルランドの屋敷ラガラが、3000万USドルで売りに出されている。かつて狩猟小屋として使われた、白壁の中世領主の屋敷は5000エーカーの広さだ。マイケルのほかに、ミック・ジャガーやU2のボノ、それにビートルズも滞在したことがある。

この屋敷は、2006年にマイケルが3ヶ月滞在していたことが明らかとなったことにより世界の見出しを飾った。ただし、この情報は彼が去った後に公表された。

人里離れたロケーションがラガラの魅力であり、ダブリンから40km離れた、氷河で作られた渓谷の谷底に横たわっている。深い森林と湖、銀色に輝く滝の数々に囲まれ、鹿などの狩猟動物も豊富だ。現在のオーナーがガレック・ブラウンであることも魅力を加えている。

アイルランドのビール会社の設立者、アーサー・ギネスから数えて6代目(来孫)であるブラウンは、自らもクラダ・レコードを設立した人物だ。60年代以降、彼は有名アーティストだけでなく、詩人や政治家もラガラに招いている。その彼も77歳となり、ラガラを売りに出すことを決めた。アイルランド・サザビーズに3000万米ドルで出品されている。

元々18世紀に建てられたラガラは、1937年にアーネスト・ギネスが末娘ウーナ(ガレック・ブラウンの母親)への結婚プレゼントとして入手した。ほぼ城と言ってもよいゴシック・リバイバルの屋敷には、3つの大広間に応接室があり、事務設備完備、フォーマルなダイニングもある。マイケルが滞在中好んだことで有名なのは四柱式ベッドだ。

出品リストには、寝室が母屋に7部屋、ゲスト・ロッジに4部屋あり、広大な敷地内の他の7つのロッジやコテージを含めると16の寝室がある。屋敷内の居室部分を全部合わせると、1802平方メートルになる。

テレグラフ紙によると、ブラウンは600万ユーロをかけてリフォームしたという。現在では新設の図書室があり蔵書は8000冊、加えて屋内プールもある。ギネス家では、歴史的遺産として邸宅を買い取って保存して欲しいと州に求めている。

irish-estate-500x281.jpg


■Michael’s Irish Hideaway For Sale

The Guinness family’s Irish country estate, Luggala, once used by Michael Jackson as a secret hideaway home, is now listed for around Thirty Million US Dollars.

The former hunting lodge which is snow-white in colour, manor is surrounded by 5,000 acres. Besides Michael, Mick Jagger, U2’s Bono and The Beatles have all stayed there.

The property hit international headlines when it emerged that Michael lived there for three months in 2006, but this information was only released after he’d left.

Part of Luggala’s charm is its secluded location, nestled in a cleft at the bottom of a glacial valley, 40km from Dublin. It is cloaked by dense woodland, lakes and silvery waterfalls, filled with deer and game. The current owner, Garech Browne, adds to the property’s allure.

Browne is the great-great-great grandson of iconic Irish stout maker Arthur Guinness but he also is the founder of Claddagh Records. Since 1960s, he has not only hosted famous artists but also poets and politicians. Now aged seventy-seven he has decided to put the estate up for sale. It is listed at a price of €28 million (US$30 million) through Ireland Sotheby’s International Realty.

Originally built in the 18th century, Luggala was acquired by Ernest Guinness in 1937 as a wedding present for his youngest daughter Oonagh, Garech Browne’s mother. The Gothic Revival, almost castle-like manor has three reception rooms, a drawing room, full office facilities and a formal dining room. There’s also the four-poster bed famously favoured by Michael throughout his stay.

The listing specifies seven bedrooms within the main house, four within a guest lodge and a further sixteen comprised within seven other lodges and cottages throughout the vast estate. Altogether, the accommodation within the estate extends to some 1,802-square-metres of space.

According to The Telegraph, Browne spent €6 million on restoring and renovating the grand home. It now includes a new library, stacked with 8,000 books and an indoor swimming pool. The Guinness heir has called for the state to buy the house to save it for heritage.

Source: Billionaire & MJWN

シンプソンズのイヤードリー・スミスがマイケルについて語る

人気長寿TV番組「ザ・シンプソンズ」でリサ・シンプソンの声を演じているイヤードリー・スミスが、1991年のエピソード「Stark Raving Dad」の収録にマイケル・ジャクソンがやってきた時のことを振り返っている。

マイケルの様子を振り返り、彼女は
「あのフェドラをかぶり、あのすその短いパンツをはき、そして白いソックスを履いていたのを覚えています」
と述べている。



さらに、彼がいかに礼儀正しかったか、彼が彼の台本の上の明かりを消してしまい彼女がまごついてしまったこと、でもなんとか見えていたことなども語った。

そして、マイケルが書いた曲「Lisa It’s Your Birthday」のボーカルのレコーディングにキップ・レノンが来たことを振り返っている。契約の問題でキング・オブ・ポップが自ら歌うことができなかったのだ。そのためレノンは、マイケルの目の前でマイケルの真似をしなければならない羽目になったという。

■Simpsons Star Talks About Michael

Yeardley Smith, who pays Lisa Simpson on the long running hit TV show The Simpsons, has reminisced about the time Michael Jackson came to record for the episode ‘Stark Raving Dad’ in 1991.

Remembering what he looked like, the voice actress said;

“I remember he wore his fedora and he wore his high water pants and his white socks.”

She also spoke about how polite he was and how she was baffled that he turned his light off over his script, yet could still see.

Smith also recalled the moment Kipp Lennon came in to record the vocals for the song ‘Lisa It’s Your Birthday,’ a track penned by Michael but due to contractual issues the King of Pop couldn’t sing himself. Lennon had to therefore imitate Michael right in front of the man himself.

Source: Archive of American Television & MJWN

マイケル・ジャクソン専属写真家の思い出

世界中の多くの人々がマイケル・ジャクソンをキング・オブ・ポップと思っているころ、世界の片隅のある写真家は、30年以上にわたる専属写真家としてこのアイコンの違う面を見られる立場にいた。

ハリソン・ファンクはジャクソンがティーンのアイドルから正真正銘のスーパースターに成長していくさまを見ていた。ジャクソンは完ぺき主義者として知られるようになるが、その人となりはかなり複雑だった。

「複雑でない天才なんているんですか?」とファンクは問う。「ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ベートーベン、ピカソと同じ地位にいると私は思っていますよ」。

ファンクは伝説のポップ・シンガーの生涯を記録するという任務を負った男だ。ファンクによれば、ジャクソンは「マジックが生まれた」かどうか、毎晩のように尋ねていたという。

「彼は写真が待ちきれなかったんです。マジックを見たいと思っていたからです」とファンクは振り返る。

アルバムを見返しながら、ファンクは、大観衆の中でジャクソンが行ったパフォーマンスのそれぞれの瞬間を振り返った。

「これが彼の圧倒的な衝動でした」とファンクは説明する。「観客のためにパフォーマンスをすることがね。彼のショーは圧倒的に完璧でした」。

ジャクソンは不思議さに感動する気持ちというものを片時も忘れなかったという。

「彼は自分の中の子供の部分がわかっていました。そしてそれを失いたくないと強く思っていました。それが彼のマジックを成していたのです」。

ジャクソンは1984年にハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに刻まれた。ファンクによれば、ジャクソンにとってその日は最高の日だったという。彼はキャリアの絶頂にいた。

だがジャクソンのキャリアを決定付けたのは、英国ウェンブリー・スタジアムのステージでムーンウォークを披露した時だった。

ファンクによれば、ジャクソンはそのムーヴをシャラマーのメンバーだったジェフリー・ダニエルから教わったという。ダニエルは英国のテレビ番組「Top of the Pops」でこれを披露していた。彼は単にバックスライドと呼んでいた。

ジャクソンはこのムーヴを学び、仕上げ、そしてムーンウォークと呼んだ。

「マイケルがこれをやった時、人々は吹っ飛びましたよ」とファンクは言う。「そんな反応をもらったアーティストを私はいまだかつて知りません」。

ジャクソンにとってのもう一つの大きな瞬間は、ネルソン・マンデラと会った時だ。だがファンクによれば、それはマンデラにとっても大きな瞬間だった。彼はジャクソンに会わせるため家族全員を南アフリカから連れてきたのだ。

ジャクソンとマンデラはエリザベス・テイラーを交えてビバリーヒルズのペントハウスで会った。ファンクによると、彼が撮った3人のアイコンの写真はその日のうちに200以上の新聞に掲載されたという。

「マイケルは世界を変えようとしていました。彼は何の気なしに『We are the World』や『Man in the Mirror』を作ったわけではありません。彼が音楽を作っていたのは人々にインパクトを与えたかったからなんです」とファンクは言う。

2009年6月25日にマイケルが亡くなった時、ファンクにとっては彼が行ってしまったことを理解するのが難しかったという。

「言葉にするのは難しいですが、私は世界全体が変わったと思います。一つの時代が終わったのです」。




■MICHAEL JACKSON'S PERSONAL PHOTOGRAPHER REVEALS HIS FAVORITE MOMENTS

While millions around the world know Michael Jackson as the King of Pop, a local photographer was able to see a different side of the icon as his personal photographer for 30 years.

Harrison Funk watched as Jackson evolved from teen idol to a bona fide superstar. Jackson became known as a perfectionist whose personality was very complex.

"What genius isn't complex?" Funk asked. "I would put him up there with Da Vinci and Michelangelo and Beethoven and Picasso."

Funk was the man tasked with documenting the life of the legendary pop singer. Funk said Jackson would ask him every night if he had "made magic."

"He couldn't wait to see the pictures because he wanted to see the magic," Funk recalled.

Looking over albums of photographs, Funk pointed to the moments in which Jackson performed in concerts with massive crowds.

"That was his overwhelming drive," Funk explained. "To perform for people. His show was absolute perfection."

Funk said that Jackson always maintained a sense of wonder.

"He knew the child within and he never wanted to lose that," he said. "That was part of the magic."

Jackson received his star on the Hollywood Walk of Fame in 1984. Funk said it was a huge day for Jackson as he was at the height of his career.

But a defining moment in Jackson's career came when he did the moonwalk on stage at Wembley Stadium in England.

Funk said Jackson actually learned the move from Jeffrey Daniel, who was in the group Shalamar. Daniel had performed it on the British show "Top of the Pops," only he called it the backslide.

Jackson learned it, perfected it and re-branded it as the moonwalk.

"When Michael came out with it, people were just blown away," Funk said. "I've never seen any other artist that got that response."

Another big moment for Jackson was when he met Nelson Mandela. But, according to Funk, it was equally as big a moment for the world leader, who brought his entire family from South Africa just to meet Jackson.

Jackson and Mandela met in a penthouse in Beverly Hills along with actress Elizabeth Taylor. Funk said by the end of the day his photograph of the three icons appeared in more than 200 newspapers.

"Michael was looking to change the world. He didn't just record 'We are the World' or 'Man in the Mirror.' He recorded music because he wanted to make an impact on people," Funk said.

When Michael died on June 25, 2009, Funk said it was hard to grasp that he was gone.

"It's hard to articulate," he said. "I think the whole world changed. It was the end of an era."

Source: abc7.com

ボーイ・ジョージ:マイケル・ジャクソンと会えなかったのは「大きな後悔」

ボーイ・ジョージの「大きな後悔」の一つは、マイケル・ジャクソンと会えなかったことだという。

彼は、パリ・コレクションでパリス・ジャクソン(故キング・オブ・ポップの娘)に会った時のことについて語ったが、あのアイコン的ミュージシャンが2009年に早すぎる死を迎える前に会う機会がなかったことについて悔やんでいると認めた。

「Watch What Happens Live」に出演した彼は司会のアンディ・コーエンに対してこう語っている。

「僕は彼女にとても君は美しいよと言ったんだ。お父さんはすばらしい、でも会うことはなかったよって。彼に会うことがなかったことは僕の大きな後悔の一つなんだ。彼女はかわいらしい、とてもかわいらしい子だったよ」。

このニュースに先立って、先日パリスは父親との生活について打ち明け、彼女が受けた躾は「ごく普通」で、教育には厳格で行儀が悪いことを許さなかったと力をこめて語っている。

「私たちの生活はとても普通でした。毎日授業があり、行儀良くしていなければなりませんでした。お行儀良くしていれば、週末には映画へ行くか、動物を見に行くとかいうことになっていました。でも行儀が悪いと全部お預けでした」。

以前、マイケル・ジャクソンの甥のTJ・ジャクソン(パリスやプリンス(19)、ブランケット(14)の法定後見人)は、マイケル・ジャクソンが子供たちに「大事な倫理観や価値観」をきちんと教えていたと褒め称えている。

「僕が(マイケルの)子供たちに教えるべきことなどなにもありませんよ。必要なことはすべて叔父が教えていたのですから。子供たちの倫理観や価値観の芯はとても強いです。叔父の声が子供たちから聞こえることもあります。人々に対する愛とか、純真さとかを感じた時にね」。


■Boy George: My 'big sorrow' was not meeting Michael Jackson

Boy George says one of his "big sorrows" was not meeting Michael Jackson.

The 55-year-old singer has opened up about the time he met Paris Jackson - the daughter of the late King of Pop - during Paris Fashion Week but admits he regrets not having the chance to meet the iconic musician himself before his untimely death in 2009.

Speaking to Andy Cohen on 'Watch What Happens Live' on Tuesday (01.24.17), he said: "I told her that she was very beautiful and I told her that her dad was amazing, said that I never met him.

"It was one of my big sorrows that I never got to meet him. She was lovely, she's such a lovely girl."

The news comes after Paris recently opened up about life with her father, insisting her upbringing was "normal" and recalled how strict the 'Thriller' musician was with their schooling and never allowed any bad behaviour.

She said: "We actually had a pretty normal life. Like, we had school every single day, and we had to be good. And if we were good, every other weekend or so, we could choose whether we were gonna go to the movie theatre or see the animals or whatever. But if you were on bad behaviour, then you wouldn't get to go do all those things."

Meanwhile Michael Jackson's nephew TJ Jackson - who is the legal guardian of Paris as well as her brothers Prince, 19, and Blanket, 14 - previously praised the 'Bad' singer for instilling "core ethics and values" in his children.

He said: "I don't think there's anything I had to teach them because my uncle taught them everything they need to know.

"All the important things - their core ethics and values are so strong, and there's moments where I just hear my uncle's voice come out of them because [of] their love for people and their innocence."

Source: journalstar.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ