1. フリードマン:ポップ・レガシー マイケル・ジャクソンは今年度ここまでで100万枚のセールス ビートルズの後、イーグルスを上回る

    フリードマン:ポップ・レガシー マイケル・ジャクソンは今年度ここまでで100万枚のセールス ビートルズの後、イーグルスを上回る

    たぶん、マイケル・ジャクソンの65歳の誕生日だった先週にこの記事を書くべきだった。HBOがネガティブなドキュメンタリーを放映した時、皆が彼のことを悪く書いたことを思い出してほしい。批評家たちは彼のレガシーに傷がついたと主張した。ルミネイトによると、亡くなって13年後から2023年現在でジャクソンはアルバムにして97万7000枚相当を売り上げた。今年末までに100万枚を超えるだろう。あるいは150万枚まで到達する可能性も...

    2023/09/08
  2. "Black Or White"のダンサーの回想

    もしマイケル・ジャクソンを最も象徴するミュージック・ビデオのダンサーだったら?ヤマナ・サンガラシヴァムはそれを経験している。1991年の"Black Or White"でオリッシー・ダンサーとして出演していたのだ。ヤマナはキング・オブ・ポップの大ファンであったが、彼と会うことになるとは全く思っていなかった。ましてや彼と踊るなんて。彼が民族的で現代的なダンサーを募集していると聞いた時、彼女はUCLAでダンスの人類学を学んで...

    2023/03/01
  3. マイケル・ジャクソンはいかにスーパーボウルのハーフタイム・ショーを変えたか

    1988年のスマッシュ・ヒット「Man in the Mirror」で、マイケル・ジャクソンが「変革しよう」を目指したことは有名だ。そして、30年前の1993年1月31日、キング・オブ・ポップが第27回スーパーボウルでステージの下から飛び出して以降、ハーフタイム・ショーはそれまでとは違うものになった。カリフォルニア州パサデナのローズ・ボウルにおける歴史的瞬間、彼はマネキン・ポーズのまま、顔の向きを一度変えるまで微動だにしなかった...

    2023/02/14
  4. リサ・マリーとマイケルは「本物の関係」

    リサ・マリー・プレスリーとマイケル・ジャクソンのロマンスは本物だった、ジャクソンの「You Are Not Alone」のビデオ監督のウェイン・アイシャムは語る。プレスリーは木曜日、心停止で救急搬送された後に亡くなった。54歳だった。彼女の死去後、ウェイン・アイシャムは彼女と亡きキング・オブ・ポップの関係について初めて語った。アイシャムはジャクソンのビデオ「You Are Not Alone」の監督である。同ビデオは1995年にリリース...

    2023/01/21
  5. セガのゲーム「Scramble Training」のマイケル

    マイケルのセガとの作品は大変よく知られている。1990年に発売されたアーケード・ゲーム版とメガドライブ版の「Moonwalker」はもちろん、1999年のセガ製ゲーム「スペースチャンネル5」ではスペース・マイケルとして登場している。1994年の「ソニック・ザ・ヘッジホッグ3」ではBGMの作曲を行っている。ただ、これは後年になって確認されたものだ。しかし、1993年のシミュレーター・ゲーム「Scramble Training」での登場については...

    2022/12/11
  6. MJの曲をめぐる論争において、言論の自由はソニーを守らない:裁判所裁定

    今から10年以上前、亡くなった翌年の2010年に発売されたアルバム「Michael」で、一部の曲をマイケル・ジャクソンが歌っていないという疑惑が浮上した。カリフォルニア上級裁判所は木曜日(8/18)、芸能広告に関する新たな判例となる裁定を提案した。州の最高裁である上級裁判所が審理したこの問題では広告における言論の自由と消費者保護のバランスの議論となったが、裁判所は消費者の側に立ったのである。この裁定では、「Michael」...

    2022/09/25