SMAPの回答は満場一致で「マイケル・ジャクソン」

(10月27日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で)人気コーナー『ビストロスマップ』ゲストにSEKAI NO OWARIが登場。そして途中のミニコーナーでは「チームワークがいいのはどっち?」に挑戦した。お題を振られてメンバー全員が同じ回答をすればクリアーというものだが、「会えて一番テンションがあがった人は?」というテーマの際、SMAPの回答は満場一致で「マイケル・ジャクソン」だった。

全文を読むにはこちら

ソース:www.cyzowoman.com

クイーンのロジャー・テイラーがMJについて言及

ロジャー・テイラーが2作のソロ作品集を準備している。10月27日発売予定の「Best」は、1977年のパーラメントの「I Wanna Testify」のカバーから、2013年のアルバム「Fun On Earth」までの厳選された18曲が取り上げられ、クイーンの盟友フレディ・マーキュリーやブライアン・メイもゲスト参加していたテイラーのバンド、ザ・クロスの音源も含まれている。その後、11月11日には全ソロ作品のボックスセット「The Lot」が発売される。これにはCD12枚とDVD1枚、それに64ページからハードカバーの本が封入されている。

その後、彼はクイーン・モードになる。まず最初は、11月11日発売のクイーンの紺ぴレーション・アルバム「Queen Forever」で、3曲の未発表曲も収録され、その中にはフレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンのデュエット「There Must Be More to Life Than This」も含まれる。

「これはレコード会社が是が非でも欲しがっていたモノだよ。未発表が3曲あったから、なんとか面白いコレクションを作り上げようと頑張ったんだ」。

「Queen Forever」はシングル・ディスク・バージョンとダブル・ディスク・バージョンで発売される。テイラーによれば、マーキュリーとジャクソンの音源がもう1曲あるが、クイーンはそれをリリースする許可が得られていないという。

「違うレコード会社が絡んでるから複雑なんだ。問題解決、リリース許可が得られた、と思ったんだけど、楽な交渉ではなかったよ。とにかく、フレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンという二人の偉大な才能がもういないなんて、残念でしょうがないよ」。
QueenForever.jpg

■Queen’s Roger Taylor Talks Solo Work & MJ
Roger Taylor is taking a minute to shine a spotlight on his work outside Queen.

The drummer has two collections of his solo work coming. Best, due out Oct. 27, features 18 selected tracks ranging from his 1977 rendition of Parliament‘s “I Wanna Testify” to his 2013 album Fun On Earth, as well as material from his side band The Cross that included guest appearances by Queen mates Freddie Mercury and Brian May. That will be followed on Nov. 11 by The Lot, a boxed set of all of Taylor’s solo material on 12 CDs and one DVD, including a 64-page hardbound book.

Queen to Release New Album, Unreleased Freddie Mercury Songs

Taylor tells Billboard that going solo “wasn’t a case of drummer-itis … it was just that I felt capable of doing stuff on my own and I thought I’d like to do something that was just mine and not always being part of a band.”

With the upcoming packages, Taylor says, “It’s very weird, but it’s very sort of satisfying for me to have all the stuff I’ve done by myself in one sort of neat package. It’s very nice. It feels like I can draw a line and move on.”

He’ll next be moving back into Queen mode. First up is Queen Forever, a compilation coming Nov. 11 that includes three unreleased tracks, including the late Mercury’s duet with Michael Jackson, “There Must Be More to Life Than This.”

“It was really something the record company wanted,” Taylor says, “and we did have these three tracks that have never been heard, so we tried to put together an interesting collection.”

Queen Forever comes in both single- and double-disc editions, and Taylor says there’s another track that Mercury and Jackson recorded together, but Queen hasn’t received permission to release that.

“Obviously with different companies involved, it’s quite complicated,” he notes. “We seemed to resolve something and we have permission to release this one track, but it was not the easiest (negotiations). And I think, what a shame — Freddie Mercury, Michael Jackson, two great talents, neither of them is with us anymore.”


Brian May Launches ’40 Years of Queen’ Ebook

Queen + Adam Lambert, meanwhile, is gearing up for more work after touring North American and Australia this year. The group kicks off a European tour Jan. 13 in the United Kingdom, which Taylor predicts “will be interesting for Adam because I think he’s more known in the States and places like Australia than he is in Europe.”

“But it’s been fantastic everywhere,” he says about the previous touring. “Every night, every place we went, the reception was tremendous and that was a delightful surprise just to think that after all these years we can still go out and do it. But it was great with Adam, I have to say. He really fitted in beautifully.”

And, Taylor says, he’s hoping for an opportunity to see if that fit extends to the recording studio for some new music together. He says,

“I think it would be a very interesting experiment,” he says. “It would be nice to just go in and see what came out. I don’t know if it would be an album or anything, but I think it’s too good a marriage to jsut let it go at touring. I’m sure we’ll do something. His voice is so extraordinary, and it’s a beautiful instrument. I think it would be nice.”

Taylor adds with a laugh that, “I guess we better come up with some material. We’ve sort of mentioned it, yeah, but not in a serious way. I think we’ll probably get this [European] tour over with and maybe come up while we’re touring, ‘Do you want to go in and try to write something?’”

Duets Featuring Michael Jackson, Freddie Mercury to Be Released

Taylor adds that the group did film a show in Sydney and also recorded audio every night, which will result in some sort of release “that will be out there at some point,” though no details have been determined.

Source: Billboard / Gary Graff / MJ-Upbeat.com

スザンヌ・ド・パッシー、MJやモータウン25を振り返る

1983年5月16日。多くのアメリカ人はテレビの前に座ってモータウン25を観ていた。ダイアナ・ロス&スプリームス、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソンといったスターたちが出演したこともあり、この特別番組は多くの人々の心の中にいまだ特別な思い入れがある。31年経った今、この鮮やかな番組がついにDVDとしてリリースされる。

EBONY.comが、エグゼクティブ・プロデューサーのスザンヌ・ド・パッシーに、モータウン25というマジックについて聞いた。

EBONY:モータウン25放映後、人種や階層を問わず、誰しもがこのショーについて話題にしていたように思います。あなたはこのような大反響を予想していましたか?

スザンヌ・ド・パッシー:なんとか終わらせるということにばかり気を取られていて、反応がどうなるかなんて考えていませんでした。でも、リハーサルを見ていて、何か特別なものになるということは思っていました。正直なところ、この番組は勝手に良い番組となったのです。大勢の人々がハッピーになりました。

EBONY:今振り返ってみて、大勢のビッグネームを一堂に集めるというのはどのような感じでしたでしょうか?

SP:クインシー(・ジョーンズ)が「We Are the World」をやった時のようですね。みんな部屋に入る時に自然にエゴを置いてきたんです。部屋に入ると古い友人たちがいるという状況ですから、パーティーに変わっていったんですよ。

EBONY:「Billie Jean」を歌い、ムーンウォークを初めて披露したマイケル・ジャクソンがもちろんこの番組のハイライトになりましたね。

SP:リハーサルの時に手紙が来て、「Billie Jean」を撮影することが禁じられていると書かれていたんです。マイケルは会場の人たちのためにやりたい、放送したくないというのがその理由でした。私はマイケルのところへ行き、「本気なの?じゃあ、こうしましょう。撮影はします。あなたは編集室に来て。もし気に入らなければ、使わないわ」って言ったんです。ラッキーなことに、彼はそれをOKするどころか、ものすごく気に入ってくれました。彼のマネージャーから後で聞いたんですけど、「Thriller」が400万枚売れたのはあのパフォーマンスのおかげだそうです。

EBONY:この番組を提案した時のベリー・ゴーディの反応はどうでしたか?

SP:彼は複雑な思いでした。気持ちはわかります。ダイアナ・ロスやマーヴィン・ゲイ、ジャクソンズといったビッグ・アーティストはすでにモータウンに属していなかったのですから。


■Suzanne de Passe Looks Back on MJ & ‘Motown 25’

On May 16, 1983, much of America was sitting in front of the television watching the event that was Motown 25: Yesterday, Today, Forever. Featuring a star-studded guest-list including Diana Ross & the Supremes, Marvin Gaye, Stevie Wonder and Michael Jackson, the anniversary special still holds a special place in the hearts and memories of many. Now after 31 years, the vibrant program has finally been released on DVD in various editions.

EBONY.com recently spoke with executive producer Suzanne de Passe about the magic that was Motown 25.

EBONY: The day following Motown 25, it seemed that everyone in the country, regardless of race or class, was talking about the show. Did you anticipate such a major reaction?

Suzanne de Passe: We were so focused on getting that sucker in the can, we didn’t think about what the reaction might be. But from watching the rehearsals, we knew we had something special. Honestly, the program took on a life of its own; it made a lot of people very happy.

EBONY: What was it like to have so many big names together after all those years?

SP: It was like when Quincy [Jones] recorded “We Are the World,” people just automatically checked their egos at the door. People walked in and saw all their old friends and it turned into a party.

EBONY: Well, it might’ve been a party for them, but you were chaperoning.

SP: It was more like being the ringmaster with a whip and a chair. [laughter]

EBONY: Of course, Michael Jackson performing “Billie Jean” and doing the moonwalk for the first time became the highlight of the show.

SP: A letter came by massager during rehearsals saying we were forbidden to tape “Billie Jean.” The reason was that Michael wanted to do it for the people in the theater, but he didn’t want it on the broadcast. I went to Michael, and said, “Are you serious? I’ll tell you what, we will tape it and you come to the editing room. And, if you don’t like it, we won’t use it.” Luckily he not only liked it, he loved it. His manager later told me that performance helped sell four million more copies of Thriller.

EBONY: What was Berry Gordy’s reaction when you proposed the special?

SP: He had mixed emotions, which was understandable. Many of the biggest artists, including Diana Ross, Marvin Gaye and the Jacksons, were no longer on the label.

READ MORE: http://www.ebony.com/entertainment-culture/suzanne-de-passe-looks-back-on-motown-25-250#axzz3HNkV0xTw

Source: EBONY / MICHAEL A. GONZALES / Vintage Visionary / MJ-Upbeat.com

大物ミュージシャンが聴くアルバム13枚の中に「Off The Wall」

ミュージシャンというものはいろいろな影響の積み重ねである。最高のアーティストには近づくことすら難しいオリジナリティがあるように見えるが、誰しもが0からスタートしているのだ。そして、どんな偉大なアーティストでも、他のアーティストの大ファンなのである。

アーティストを偉大なものとしているものが何なのかを知りたければ、誰に影響を受けたかを見ればよい。ここに、超大物ミュージシャンたちが愛する13枚のアルバムを紹介しよう。

3.ジェイ・Zの大のお気に入りはマイケル・ジャクソン「Off The Wall 」

キング・オブ・ポップの5枚目のアルバムは正真正銘のクラシックであり、「Don't Stop 'Til You Get Enough」や「Rock With You」といったヒット曲が収録されている。このアルバムは、「Thriller」や「Bad」のような彼の他のアルバムのように巨大ではないが、万人にアピールする力がある。ジェイ・Zはこう言っている。「『Off the Wall』は時代を感じさせない、ジャンルを持たないアルバムだね。色もないし色あせることもないんだ」。

■13 Albums That the Most Successful Musicians Listen To

A MUSICIAN IS NO GREATER THAN THE SUM OF THEIR INFLUENCES. THOUGH THE MOST FAMOUS ARTISTS SEEM UNAPPROACHABLY ORIGINAL, EVERYONE HAS TO START SOMEWHERE. AND EVERY GREAT ARTIST IS EQUAL PARTS A GREAT FAN.
If you want to know what really makes an artist’s music great, look no further than those who inspired them. Here are 14 incredible albums that the most successful musicians love.

3. Jay Z loves Off The Wall by Michael Jackson.

The King of Pop’s fifth album is a bona fide classic, featuring hits like “Don’t Stop ‘Til You Get Enough” and “Rock With You.” It’s not as monolithic as some of Michael Jackson’s other albums, like Thriller and Bad, but it does have universal appeal, as Jay Z told Rhapsody: “Off The Wall is one of those albums that was timeless, that didn’t have a genre. It was colorless, it was ageless.”

Source: mic.com / Derrick Rossignol / MJ-Upbeat.com

エリザベス・テイラーとマイケル、レア写真

それは彼女の8度目の、そして最後となる結婚であった。

エリザベス・テイラー・エイズ基金は、1991年にマイケル・ジャクソンのネバーランドで執り行われた彼女とラリー・フォーテンスキーの豪華な結婚式の写真をPEOPLE誌に独占公開した。

結婚式の模様を写したこれらの写真は、ハリウッド史上最大かつ最もメディアが集まった結婚式についてのカバーストーリーを掲載したPEOPLE誌1991年10月21日号を思い出させてくれる(この結婚式が、ジョージ・クルーニー夫妻やブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー夫妻の結婚式よりも前であることに留意)。

写真の中で、赤く日焼けした花嫁は、ヴァレンティノの淡黄色の2万5000ドルのガウン(ヴァレンティノからのプレゼント)を身にまとっている。彼女は新郎(7番目の夫。彼女はリチャード・バートンとは2度結婚している)と、親友のマイケル・ジャクソンと一緒にいる。ジャクソンは、カリフォルニア州サンタイネスの2700エーカーの彼の邸宅で執り行われた、160人もの有名人のゲストを集めたこの結婚式のホストを務めた。

liz-taylor-6-435.jpg


10数機のヘリコプターが舞い、一人の図々しいパパラッチがパラシュートで降下して新郎新婦から20フィートのところに着地するという一幕もあった(元イスラエル軍将校とセキュリティ100人による警備体制だったのだが)。

当時59歳だったテイラーは、正式に夫婦となったクチナシの花で飾られた見晴らし小屋でジャクソンと笑みを交わし、そして39歳の新しい夫と立っていた。

liz-taylor-7-435.jpg


テイラーの元夫エディ・フィッシャーは、フォーテンスキーとの結婚は続くだろうと予想していた。「リズが普通の男と結婚したのは初めてだから」だ。だがそうはならなかった。彼女は5年後に離婚した。

テイラーは2011年3月23日に亡くなった。鬱血性心不全。79歳だった。ジャクソンは2009年6月25日に亡くなった。62歳になったフォーテンスキーはカリフォルニアで存命で、離婚後も元妻とは親しくしていた。月に数回は何時間も電話で話していたという。

「エリザベスとの素晴らしい時間の思い出がたくさんあります。彼女の思い出はずっと宝物です」と彼は2011年のテイラーの死後に行われた珍しいインタビューで語っている。

2度の離婚歴があるいかつい風貌の建設労働者のフォーテンスキーとテイラーは、カリフォルニア州ランチョ・ミラージュのベティ・フォード・センターで薬物・アルコール依存と闘っていた1988年に出会った。

待ちに待った結婚式では、二人は最高に幸せだった。ライザ・ミネリ、エディ・マーフィー、ナンシー・レーガン(ロナルド・レーガン元大統領のためにテイラーは結婚式の日を変更したが、それでも出席はかなわなかった)、20世紀フォックスの社長バリー・ディラーと恋人、デザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグ、アーセニオ・ホール、ジョージ・ハミルトン、マーヴ・グリフィン、クインシー・ジョーンズ、マコーレー・カルキンといった有名人が顔をそろえる中、テイラーはジャクソンと彼女の長男マイケル・ワイルディング・ジュニア(当時38歳)にエスコートされてバージンロードを歩いた。

liz-taylor-8-435.jpg


フォーテンスキーの介添人はテイラーのヘアドレッサーのジョゼ・エイバーが務めた(写真にも映っている)。テイラーの長年の友人ノルマ・ヘイマンがテイラーの付添人を務めた。

ハリウッドの自己啓発の第一人者マリアン・ウィリアムソンが、無宗教で行われた結婚式を取り仕切り(テイラーはユダヤ教徒、フォーテンスキーはプロテスタント)、誓いと指輪の交換が滞りなく進められた。ダイヤモンドがちりばめられたウェディング・リングを初めてつけた彼女は、新しい夫の頬に手あて、夫婦として初めてのキスを交わした。

「二人の目を見れば、リズは幸せだとわかるよ」と当時フォン・ファステンバーグは語っていた。

華やかなレセプションが行われていた巨大なテントの下で、新郎新婦は、お互いと、そしてホストであるジャクソン(推定150万ドルの結婚式費用を支払ったと伝えられていた)にミネラル・ウォーターで乾杯した。

「あなたはずっと寛大で、涙が出てきます」とテイラーはジャクソンに言った。「死ぬまでこのことは忘れません」。

ゲストたちがドン・ペリニヨンや近所のワイナリーのシャルドネを飲み、ロール・サーモンの大皿と5段のチョコレート・ムース・ケーキに舌鼓をうっている中、夫婦としての初めてのダンスにジャクソンと恋人のブルック・シールズが割って入った。

午後10:30、新郎新婦はおやすみのあいさつを述べ、ジャクソンの自宅へ下がっていった。そこで二人は数日を過ごした後、テイラーの香水White Diamondsのプロモーションのための2日間のツアーを行い、そしてハネムーンに出発した。コラムニストのリズ・スミスは、テイラーのフォーテンスキーとの結婚は「彼女にとって楽しいものになるだろう。光り輝く外見の下で、彼女は普通でない生涯を送ってきたが、本当は普通の女性なのだ」と予期していた。

テイラーがHIV/AIDSとの休むことなき戦いに従事し始めた時から、その人生は普通とは違うものになった。テイラーは結婚式の独占写真から得られる収入をエリザベス・テイラー・エイズ基金創設のために使い、HIV/AIDS拡大との戦いの資金を集め、認知度を高め、そしてウィルス感染者の支援を行ったのである。

Source: PEOPLE / K.C. BAKER @KCBAKER77777 / MJ-Upbeat.com

ウィル・アイ・アム、ウェアラブル端末のお披露目でMJについて語る

ミュージシャン、ウィル・アイ・アムはインテルのクリエイティブ・ディレクターでもあり、アップルが8月に30億ドルで買収したヘッドホンと音楽ストリーミングのBeats Electronics社のステーク・ホルダーでもある。さらに、彼はSTEM(科学、技術、工学、数学)教育の支持者だ。

水曜日、ウィル・アイ・アムは自分のシリーズに一つ加えた。Salesforce.comのイベントDreamforceのステージで、おしゃれな極小の腕時計型端末Puls(パルス)を発表した(彼は「腕時計」ではないと強調している)。

このお披露目の数時間前、CNETは彼に話を聞いた。

あなたは(ウェアラブル端末アップル・ウオッチを発表したアップルと)同じウェアラブル・ビジネスの中にいるわけですが、アップルを競争相手だと見ていますか?

過去に一緒に仕事をした人がいる・・・音楽を使って例えようとしているんだけど・・・以前、僕は彼と仕事をした。彼は僕のアイドルだった。彼の名前はマイケル・ジャクソン。彼は地球上でもっとも素晴らしい音楽をやっていた。彼は僕らみんなを楽しませてくれた。成功したら何をすべきか、彼は示してくれた。

マイケル・ジャクソンは史上最高のアーティストさ。だけどマイケル・ジャクソンが音楽を作っているからといって、僕は音楽をやめるようなことはなかった。僕はマイケル・ジャクソンを競争相手とは思っていなかったよ。彼は僕のインスピレーションだった。彼は僕に音楽を作りたいと思わせてくれた。アップルは僕に製品を作りたいと思わせてくれた。彼らと競争になるなんてありえないだろ?彼らはこの宇宙のマスターなのだ。文字通りね。そして僕のインスピレーション。彼らはすごいものを作るんだ。

■Will.i.am Talks New Device launched Wednesday & MJ
Will.i.am launched his new smartwatch on Wednesday. James Martin/CNET
SAN FRANCISCO — Will.i.am is no stranger to technology. After all, he’s the grammy-award winning artist and member of the Black Eyed Peas who once rapped, “I’ve got that rock and roll, that future flow.”

The musician — born as Will Adams — also served as Intel’s creative director and has a founding stake in Beats Electronics, the headphone maker and streaming music company that Apple bought for $3 billion in August. He has also been a vocal proponent of STEM — or science, technology, engineering and math — education.

On Wednesday, Will.i.am added one more thing to his portfolio: He launched the Puls (pronounced Pulse), a sleek minimalist wrist-worn device — he insists it’s “not a watch” — onstage at the Salesforce Dreamforce conference at the Moscone Center here.

The device stores music, has a voice navigator named Aneeda powered by the speech-tech company Nuance, and makes phone calls without being paired with a smartphone. While that’s rare when compared with the rest of the smartwatches that have already been unveiled by other companies — including the Apple Watch, coming early next year — it won’t be alone. Samsung’s Gear S watch, demonstrated in September, will also make calls. Network partners for the Puls are AT&T in the U.S. and O2 in the U.K.

While the musician gave the device a proper coming out party on Wednesday, he first showed it off in April, on a British talk show.

The market for wearables is nascent but promising. In 2013, 9.7 million wearables were shipped, according to CCS Insight, a research firm. By the end of 2014, that figure is projected to jump to 22 million units. And by 2018, 250 million wearables will be in use, the research firm estimates.

This isn’t the first wearable device that Will.i.am has put out. Last year, his company i.am+ launched the foto.sosho, an iPhone case worn around the neck that costs $475. The accessory essentially turns your iPhone into a fancier camera, with things like a keyboard, interchangeable lenses, built-in flash and photo editing. On Wednesday, Will.i.am also talked about other connected-wearables his company makes, like shoes, a bag and a jacket.

CNET sat down with Will.i.am in San Francisco, hours before he launched the watch on stage. Below are excerpts of the conversation, edited for length and clarity.

The watch can make calls without pairing with a smartphone.James Martin/CNET
Question: You’ve done wearable tech products before. Why did you think it was important to get into this space?
Will.i.am: The wearable conversation has been led by tech alone. And the fashion world has called it “fashion” for decades. They don’t say wearables. The reason they say wearables is because there’s technology inside of the things you put on your body. And I want to enter the conversation, and suggest, ‘Hey, here’s a device we are bringing to market that is non-tethered.’ And we want to design it from the standpoint of expression.

We’ve created other components that allow you to have two days of [battery] power, or utilize the device with jackets. We’ve created shoes that allow you to weigh yourself and count your steps. Because what good is it to count your steps from your wrist if you don’t know how much you weigh? So we’re completing the conversion by looking at it from a perspective that most folks aren’t looking at if from.

Wearables haven’t gotten mainstream quite yet. What do you think companies haven’t yet done right? And how is your product different?
Will.i.am: That’s a hard question. Because I don’t want to knock other people’s attempt to bring awesome technology to culture. So it’s not my place to say what awesome companies are doing right or wrong. What’s my place is to tell my team what we should aim to do right. Because it’s all relative. Some people like things that I don’t like. I like things some people don’t like. I want to use my energy to corral my team to think of things other companies haven’t thought of.

My colleague saw you at the Apple Watch launch event last month. What do do you think of the watch?
Will.i.am: That’s an amazing piece of technology. It’s awesome. It’s beautiful. It’s Apple. They’re like the most amazing company on earth. [Pauses.] They’re the most amazing company on earth.

You are both in the wearables business now. Do you see them as a competitor?
Will.i.am: There’s a guy that I worked with in the past — I’m going to use music as a metaphor. Before I worked with him, he was my idol. His name was was Michael Jackson. He did the most amazing music on earth. He entertained us all. He showed us what to do when you’re successful.

Michael Jackson was the most amazing artist ever. But that didn’t stop me from doing music — because Michael Jackson made music. I didn’t look at Michael Jackson as a competitor. He was my inspiration. He made me want to make music too. Apple makes me want to make products. How can I compete with those guys? Those guys are the masters of the universe. Literally. And they’re my inspiration. And they make amazing stuff.

Speaking of Apple, you have a founding stake in Beats Electronics. What do you think of the company’s acquisition by Apple?
Will.i.am: That came out of the blue. That’s a blessing. Jimmy Iovine, that guy’s amazing. I showed Jimmy my device, and he’s proud of me. Because most people have ideas and are afraid to execute them. And when people tell them no, they stop.

I funded this. People in world are waiting for someone to give them money. They say, hey, I’ll promote your product. That’s going to cost you. Rarely are they ever willing to put down X amount of dollars.

I know Jimmy Iovine is one of your mentors. What advice did he give you as you were starting this company?
Will.i.am: Jimmy would say, [starts doing Iovine impression] “Whatever you do will, just gotta focus on it. You can’t be doing a million different things. You already do too much. Focus on it.”

So, that’s what I’ve been doing for the past two years. I’ve got to build this company. Not only for me but for the kids I’m telling to get into STEM. I’m telling them not to hang out on the corner, and learn to code. And then I’m not doing the same thing?

Source: cnet / MJ-Upbeat.com

MJ、Forbes誌の故人所得番付で、1億4000万ドルでトップに立つ

存命であるということは大きめに評価される。一方で今年の故人所得番付にランクされた13人の名士は総計で3億6350万ドルをこの12か月間に稼いだ。生きているセレブは気まぐれであり、注文が多い場合が多々ある。一方で亡くなると、セレブはブランドとして管理される。彼らのイメージは、Tシャツやポスター、香料、ランジェリー等あらゆるものに使われる。そして彼らはまるで生きているようなホログラムで蘇ることすらできるのだ。

マイケル・ジャクソンよりも、死後の財務状況がよいことを証明できるセレブはまずいないだろう。キング・オブ・ポップは1億4000万ドルを稼いで私たちのランクのトップに返り咲いた。今年は、マイケル・ジャクソンは死後2作目となるアルバム「Xscape」をリリースし、チャートでは2位を記録した。またビルボード・ミュージック・アワードのステージにも(ホログラムの形ではあるが)立った。ホログラムのパフォーマンスはファンを興奮させ、ファンでない者の度肝を抜いたが、他の故人セレブにも同じことを期待してしまう。違いを言えないほどに技術が進歩したためだ。

900万ドルを稼いで9位タイだったベティ・ペイジはホログラム化する計画がある。彼女の象徴的な容姿(強烈な衝撃、漆黒の髪、ピンナップ写真の衣装)が復活し、ペイジの遺産を管理するCMGが彼女の生涯を描いたショーの制作に取り組んでいるところである。来年ラスベガスで開幕予定(会場は未定)で、彼女を象徴するストリップショーを行うホログラムが登場することになっている。

今回のリストをまとめるにあたり、私たちは遺産管理者やエージェント、音楽出版社など詳しい者たちと議論を重ね、2013年10月から2014年10月までに稼いだ金額を見積もった。税金や管理手数料などは考慮していない。

ジャクソンに次ぐ2位はエルヴィス・プレスリーで、12か月間に5500万ドルを稼いだと推定された。Authentic Brands Group(ABG)が昨年エルヴィスの権利を1億2500万ドルで購入したと報じられている。プレスリーの遺産は、グレイスランドの大勢の訪問者やエルヴィスの音楽ライブラリーのおかげで数百万ドルを稼いでいるが、ABGは(予想通り)ホログラムでさらに稼ごうと計画している。ABGのCEOジェイミー・ソルターは、ホログラムのエルヴィスは春には出来上がり、ラスベガスに帰ってくるどころか、マイケル・ジャクソンのホログラムとパフォーマンスするかもしれない、とAd Weekに語っている。

漫画家チャールズ・シュルツは4000万ドルで3位にランクされた。シュルツのピーナッツのキャラクターはオンライン版コミックやマーチャンダイズ、スヌーピーやギャングが登場するメットライフのコマーシャルのおかげで出ずっぱりである。だが、ピーナッツは現在、FOX制作の3-D映画となって次世代に引き継がれつつある。この映画は2015年11月に劇場公開の予定だ。もしヒットすれば、翌年のシュルツの収入は上昇するだろう。

エリザベス・テイラーは2500万ドルで4位だった。ベストセラーとなっている香水や古い映画のおかげである。だが最後の古きハリウッド・グラマーとして、彼女のブランドでできることはたくさんあると誰もが信じているだろう。今後、エリザベス・テイラーのマーチャンダイズが登場することを期待しよう。

トップ5を締めくくるのは、レゲエ・シンガーのボブ・マーリーで2000万ドルであった。彼のメロウな顔は、メッセンジャー・バッグやTシャツ、飲み物のシリーズなど、いたるところに見られる。マーリーの飲み物を製造している会社のモットーは、Live Relaxed(のんびり生きろ)である。

picture-1.jpg ■Michael Jackson Tops Forbes' List Of Top-Earning Dead Celebrities With $140 Million Haul

Being alive is so overrated. The 13 late luminaries who rank on this year’s list of the Top-Earning Dead Celebrities brought in a total of $363.5 million over the last 12 months. While living, celebrities can be temperamental and demanding. In death, they simply become brands to be managed. Their images can be attached to everything from T-shirts and posters to fragrances and lingerie, and they can even return from the dead in the form of eerily life-like holograms.

Few celebrities prove the point that there is (financial) life after death better than Michael Jackson. The King of Pop tops our list yet again with $140 million in earnings. This year, the singer had his second posthumous album release with Xscape, which debuted at No. 2 on the charts. He also appeared (in hologram form) on stage at the Billboard Music Awards. The hologram performance left some fans thrilled and others a bit freaked out, but expect to see more of the same from other dead celebrities as the technology advances to the point where we won’t be able to tell the difference.

Bettie Page, who ties for ninth on our list with $9 million in earnings, is also about to get the hologram treatment. The star’s iconic look (severe bangs, jet black hair, pin-up girl clothing) is making a comeback and now CMG, the company that manages Page’s estate, is working on a show about the star’s life. Set to open in Vegas next year (a venue has yet to be determined), the show will feature a hologram Page doing one of her famous striptease acts.

To compile our list we talk to estate managers, agents, music publishers and other in-the-know folks to come up with estimates of what each estate brought in between October 2013 and October 2014. We don’t deduct for taxes or things like management fees.

Ranking second behind Jackson is Elvis Presley with an estimated $55 million in earnings over the 12-month period. Authentic Brands Group bought the rights to Elvis last year for a reported $125 million. Presley’s estate still rakes in millions thanks to the throngs of tourists who visit Graceland each year and Elvis’ extensive music library. But ABG plans to boost earnings with (you guessed it) a hologram Elvis. ABG CEO Jamie Salter told Ad Week that hologram Elvis will be up and running in the spring and that he might return to Las Vegas or even perform with hologram Michael Jackson.

Cartoonist Charles Schulz ranks third with $40 million. Schulz’s Peanuts characters have never really gone away thanks to online versions of the comic strip, successful merchandising and the ubiquitous MetLife ads featuring Snoopy and the gang. But now the Peanuts are being introduced to a whole new generation with an upcoming 3-D movie from Fox studios. The movie is slated to be in theaters in November 2015. If it’s a hit, expect Shulz’s earning to climb the following year.

Elizabeth Taylor ranks fourth with $25 million in earnings. Thanks to her best-selling perfume and her old movies, Taylor still rakes it in. But as the last embodiment of old Hollywood glamour, everyone believes there’s a lot more that can be done with her brand. Expect more Elizabeth Taylor merchandise to roll out in the coming years.

Rounding out the top five is reggae singer Bob Marley with an estimated $20 million in earnings. The singer’s mellow mug can be seen on everything from messenger bags to T-shirts to a line of fruit-flavored drinks. The Marley beverage company’s motto: Live Relaxed.

ソース:michaeljackson.com / FORBES
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。

お急ぎのお問い合わせはteamに
@mjjfanclub.jpをつけてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ