MJエステートより感謝をこめて

こんにちは、‪#‎MJFam‬!

まずはじめに、先週末のラスベガスのMichael Jackson ONEで開催されたマイケル誕生日イベントに参加してくださった皆さんに、マイケル・ジャクソン・エステートより最大限のありがとうを言いたいと思います。エステート・チームが皆さんにお伝えしたいことは、ONEシアターに集まった皆さんの素晴らしいエネルギーは十分に感じることができた、ということです。エステートとシルクは来年のことを考えて今から興奮しています。今年のお祝いへの皆さんのサポートに大変感謝すると同時に、来年のバースデー・ウィークエンドのプランについてもすでに考えているということをぜひ皆さんにお知らせしたく思います。来年のことについて発表するには早すぎますが、来年のバースデーのチケットもできるだけ早くお買い求めいただくことをお勧めします。エステートは来年も同じ場所でたくさんの方々にお会いできることを楽しみにしています!

(原文)
Hello #MJFam!
First of all, a huge thank you from the Estate of Michael Jackson to everyone who attended Michael’s birthday festivities at Michael Jackson ONE in Las Vegas this past weekend. The Estate team wanted you to know that they and their guests could all feel the wonderful energy you brought to the theater. The Estate and Cirque are already excited about next year and, in addition to expressing gratitude for your support at this year’s celebration, wanted to let everyone know that they are already thinking about the plans for next year’s birthday weekend experience. It is too early to announce anything now, but we encourage everyone to buy tickets early for next year’s birthday celebration. The Estate looks forward to seeing even more of you there!

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

ジェイ・ZのMJトリビュート

jay-z.jpg


ヒップホップのスター、ジェイ・Zがマイケル・ジャクソンの大ファンであることは誰でも知っている!彼はことあるごとにマイケルへの尊敬の念を話してきたし、仮装パーティーでは自分の子供をマイケル風にドレスアップしたりもしている。彼はポップスターのビヨンセと結婚しているが、彼女もまたキング・オブ・ポップの大ファンであり、2006年のワールド・ミュージック・アワードではマイケルへのプレゼンターを務めている。

先週末、ジェイ・Zは、人気SNSのインスタグラムに、24時間でアカウントを消去するためだけに参加してファンのみならず音楽界を当惑させた。彼が投稿した唯一の写真はマイケル・ジャクソンへのトリビュートだったのだ!彼はHot 97 Summer Jam 2001のバックステージでの彼とマイケルの写真をアップロードし、先週末57歳となったキングの誕生日を祝ったのである。

このトリビュート、そして彼のアカウントがなぜあれほど一瞬であったのか、その理由は誰も知らないし、これから知られることもないだろう。だが、この束の間に、彼は10万以上のフォロワーを集めたし、MJへの愛を彼とシェアできたことはとても素晴らしいことだ!

■Jay Z’s Tribute To Michael

It’s no secret that Hip Hop star Jay Z is a big fan of Michael Jackson! He’s spoken about his admiration for Michael on many occasions and has dressed up his child as Michael for fancy dress parties. He’s married to pop superstar Beyonce, who is also a massive fan of the King of Pop and in 2006 presented Michael with a World Music Award.

This weekend Jay Z perplexed his fans and the music world alike by joining popular social network Instagram, only to delete his account within 24 hours. The only picture he posted in that time was a tribute to Michael Jackson! He uploaded a picture of him and Michael from backstage at the Hot 97 Summer Jam 2001 music concert and wished the King a happy birthday, as he would have turned 57 this weekend.

No-one knows why, and will probably never know why the tribute and account was so brief, but in that short time he gathered over 100,000 followers and it was nice to share the MJ love with him!

Source: The Independant & MJWN

マイケルの誕生日に寄せて、ジョナサン・モフェットのメッセージ

マイケルのドラマー、そして史上最高のドラマーの一人、ジョナサン・モフェットが、個人的気持ちを込めた特別メッセージを発表した。彼はこのメッセージを、マイケルの誕生日に寄せて、すべてのMJファンと分かち合いたいと思っている。マイケルはジョナサンの心の兄弟であり、二人は常に、ビートで一体だった。彼はそれを激しく恋しがっている。

これは彼から彼の友人への美しい追悼メッセージだ。

この日、この世界に生まれたリーダー、十字軍戦士。やがて成長し、愛と愛する方法を学び、そして、このあまたの人類の中の他者をいたわることを学ぶ。

愛と平和の武器たる才能に恵まれた。嫌悪、憎悪、無関心、偏見、人種差別、宗教的信念から生じる争い、飢餓、特権的な争い、貧困、病気、不健康、無知、住む場所を失うこととの戦いを通じて、分け隔てられた国々を、愛と平和、そして慈善活動を通じたいたわりのバナーの下に一つにまとめた精神的なペルソナ。全世界的な病院建設の必要性に取り組み、可能とした。多くの命を救うために!彼以前に現れた歴史上の偉大なリーダーたちのように、彼は怒り、戦い、そして「愛の軍隊」と一体感を作り上げた。6年経った今でもそれらは存在している!全地球上に、世界中に広がった統合された力。ほとんどの国は、「マイケル」、「マイケル」、「愛してる」で埋まった。これは、彼のメッセージを信じる全ての国々の人々のものだ。彼らは愛と誠実さのメッセージが込められた彼の歌による教えを信じている!

彼が示したいたわり、分け与え、手助け、援助、一体となることの教え、癒し、自分を省みること、自分自身の成長。全人類の、全人類のための道具として、そして彼の与えられた本質として。そして協調と調和のすべてのレッスンは、行われ、示され、そして反映された。大衆に対する彼のスピーチの中に。心配や恐れ、恥じも困惑もなく!そこに、ここに、男はいる。内に子供のような一面を秘めて。神の約束も。彼の作品は行われ、ここ、地球上に完成した!彼のシフトは終わった。彼は、彼が来たところ、そして再び属するところへ帰って行った・・・・。天国だ。

僕は神に感謝する。僕たちに、世界を照らす「光」を使わしてくれたことを。輝く星、照らすもの、「良い息子」、「教え導く」唯一無二の人!!!

マイケル・ジョセフ・ジャクソンは愛の十字軍戦士。

ジョン・ディロン・モフェット/ジョナサン・モフェット
彼の"シュガーフット"

彼の人生というダンスがずっと続きますように。そしてダンスが永遠に、決して終わらんことを。

■Jonathan Moffett’s Sentiments For Michael’s Birthday

Jonathan Moffett, Michael’s long time drummer and one of the best drummers on this planet has a special message with personal sentiments that he would love to share with all MJ Fans for Michael’s Birthday. Michael was Jonathan’s brother in heart and together they were always in sync with the Beat. He misses that enormously!

Here is his beautiful tribute message to his friend:
“Born into the world ‘This’ given day, a leader, a crusader who’ll grow to learn the ways of love and loving, and the caring for others in and amongst this human race of man.
Anointed with the gifts of his talents as his weapons of Peace and Love, and the spiritual persona to unify the world of separate Nations into a Nation Of ONE under his banners of love, peace, caring through philanthropy, in fighting the fight against hate, hatred, indifference, prejudice, racism, religious belief differences, starvation, under privileged struggles, the impoverished, sickness and Illness, Illiteracy, homelessness, and the warfare against death, by enabling and addressing the needs of hospitals globally, in order to save many lives!.
Like the Great Leaders throughout history who came and went before him, he raged and waged these battles and built “An Army Of Love” and togetherness, that still exists today, six years to date! A unified force that has spread all across the Globe and around the world, to most nation’s shores with the cries of “Michael”, . . “Michael”, . . “We Love You!” For these are the people of all Nations who believe in his messages. They believe in his teachings through his music with messages of Love and Faith!
His personal demonstrations of caring, giving, sharing, helping, aiding and assisting, his teachings of togetherness, healing, self reflection for the betterment of one’s self, as an instrument of and for the benefit of the whole of man and his given kind, and most of all the lessons of harmony and unison, as was done, shown and reflected within his speeches to the masses without worry or fear, shame or embarrassment! Therein, here lies a man, a boy child inside, of God’s appointment, whose work has been done and finished here on Earth! His shift is over and he has returned home from where he came and now again belongs,…..In Heaven.
I thank God for sending and loaning us “A Light” to light the world in the ways. A Shining Star, an Illuminar, the ‘Good Son,’ the ‘Enlightening’ ONE”!!! Michael Joseph Jackson was Love’s Crusader. “
Jhon Dillon Moffett/Jonathan Moffett
‘His’ “Sugarfoot”
May the dance of his life last forever, and shall never end the ‘Dance Eternal.’

Source: Paula Katsikas & MJWN, with special thanks to Jonathan Moffett

トラヴィス・ペインらとザルディが和解

マイケル・ジャクソンの元マネージャーと振付師は十分手に入れるまで止めない。

2人は自らマイケル・ジャクソンに紹介した衣装デザイナーと、100万ドル近い額で和解した。デイリー・ニュースの取材で、この額は訴えていた額のおよそ2倍であることがわかった。

元マネージャーのクリストファー・デマーズと振付師のトラヴィス・ペインによると、彼らはネスター・(ザルディ)・ゴコが、ジャクソンの最後のツアー用の衣装デザインという大きな仕事を得る手助けをしたという。なおこのツアーは実現しなかった。

マイケル・ジャクソンは2009年6月に薬物過剰投与で亡くなっている。

ジャクソンと17年間にわたり仕事をしたペインとデマーズは、この人気デザイナーをその年の初めにマイケル・ジャクソンに紹介し、ジャクソンに対しては彼を起用するよう進言した。マイケル・ジャクソンがザルディを起用した際、ロイヤルティの20%を支払うことでザルディは彼らと合意した。

ザルディはスワロフスキーのクリスタルを使った衣装を創り出し、LEDライトを使って観客を驚嘆させるはずであった。彼は、ジャクソンの「Billie Jean」用にデザインしたLEDを埋め込んだタキシード・パンツにまつわる話を何度となく話している。

ザルディによれば、亡くなる2週間前にマイケル・ジャクソンはそのタキシード・パンツを試着し、カラフルに光るライトに喜んで、「こんなやつが欲しかったんだよ」と話していたという。

だが、ビヨンセやブリトニー・スピアーズ、レディー・ガガらの衣装デザインも手掛けたザルディは、ジャクソンの死後にトラヴィス・ペインらに支払うのを止めたため、ペインらは、ザルディには48万ドルを支払う義務があると主張して昨年訴えた。

「私たちは友好的に解決すべく努力しましたが、彼は自分から申し出た支払いを何度も怠ったのです」とデマーズは述べた。

ザルディが、ラスベガスで上演中のトリビュート・ショー、シルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」のロイヤルティの50%を支払うと同意したため、訴訟は取り下げられた。

100万ドルという和解額は、「Michael Jackson ONE」が他のラスベガスのショー並みに20年間続くという仮定が元になっている。

「この推定額は妥当かもしれないし、控え目かもしれません」とデマーズとペインの弁護士デイヴィッド・トラクテンバーグは述べた。

ザルディからはコメントは得られなかった。弁護士のエドワード・ハーンスタッドはコメントを拒否している。

デマーズは、金銭トラブルが解決してほっとしたと語った。

「ザルディとは25年来の知り合いです。彼は世界最高の才能をもつ一人です」とデマーズは述べている。

■Michael Jackson’s team settles suit against costume designer

Michael Jackson's manager and choreographer didn’t stop until they got enough.

The pair have settled a lawsuit against a costume designer they introduced to the late superstar for close to $1 million — roughly double the amount they’d sued for, the Daily News has learned.

Jackson manager Christopher Demers and choreographer Travis Payne said they helped Nestor (Zaldy) Goco score a lucrative deal to design outfits for Jackson’s final tour, which never took place.

The singer died of a drug overdose in June 2009.

Payne, who worked with Jackson for 17 years, and Demers introduced the popular designer to the “Beat It” singer earlier that year and urged Jackson to hire him. When he did, they struck a deal with Zaldy to be paid 20% of his royalties.

Zaldy created costumes that dripped with Swarovski crystals and would have dazzled audiences with LED lights. He has repeatedly told the story about a pair of tuxedo pants with LED lights that he designed for Jackson’s “Billy Jean” number.

Zaldy says that two weeks before he died, Jackson tried them on and was delighted with the flashing, colorful lights, telling him, “It’s everything I ever wanted.”

But Zaldy, who’s also designed costumes for the likes of Beyoncé, Britney Spears and Lady Gaga, stopped paying the pair at some point after Jackson died and they sued last year, saying Zaldy owed them as much as $480,000.

“We tried to settle this amicably several times,” Demers said. “But he repeatedly defaulted on his own proposed settlements. This was a mess.”

They agreed to drop the suit when Zaldy agreed to give them 50% of his royalties on the Las Vegas Jackson tribute show, Cirque du Soleil’s Michael Jackson ONE.

The $1 million settlement figure is based on an assumption that Michael Jackson ONE, like many Vegas shows, will have a 20-year run.

“The estimate is probably pretty good, but it may be conservative,” said David Trachtenberg, the attorney for Demers and Payne.

Zaldy could not be reached to comment and his lawyer Edward Hernstadt declined to comment.

Demers said he is relieved that the financial dispute is over.

“I’ve known Zaldy for over 25 years. He is one of the most talented people in the world,” Demers said.

Source:NEW YORK DAILY NEWS

MJエステート:マイケルの誕生日@MJ ONE (2015)

シルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」でマイケル・ジャクソンの誕生日をお祝いする日まで9日あまり。もうすぐやってきます!あなたのラスベガス旅行をお手伝いできればと、8月29日のマイケルのお誕生日に予定されている企画についてこれまでより詳しくお知らせいたします。

3:30pm Michael Jackson ONE ブティックにて、マイケル・ブッシュのサイン会

4:00pm Michael Jackson ONE キャスト・メンバーらによるスペシャル・パフォーマンスとQ&A。スペシャル・パフォーマンスは、通常のショーには出てこないこれ一度きりの「Don’t Stop Til You Get Enough」から始まります。これに続くのは、いつも皆さんに人気のある「Stranger In Moscow」と「Thriller」です。

5:30pm エステート・チームのメンバーおよび、振付師リッチ&トーン・タローガ、トラヴィス・ペインら特別ゲストとのMeet-and-greet。

通常のショーでは見ることができないパフォーマンスの観覧、さらにマイケルのレガシーを守るべく日々働いている人たちとの写真撮影など、これっきりのチャンスです。

まだチケットをお持ちでない方、こちら(http://cirk.me/1JYBsLT)で若干残っていますが、ショーの前日にはソールドアウトの見込みです。
(原文)
The day is coming up quickly! There are only 9 more days until Michael Jackson’s birthday celebration at Cirque du Soleil’s Michael Jackson ONE. To help you plan your visit better, we want to let you know about more of the programming that will happen on Michael’s birthday, August 29.

3:30 p.m. – Book signing with Michael Bush at the Michael Jackson ONE Boutique

4:00 p.m. – Special performance and Q&A with Michael Jackson ONE cast members. The performance begins with a one-time only performance to “Don’t Stop Til You Get Enough” which is not part of the regular Michael Jackson ONE show. This will be followed by “Stranger In Moscow” and “Thriller”, consistently a crowd favorite.

5:30 p.m. – Meet-and-greet with members of the Estate team and their invited guests, including choreographers Rich & Tone Talauega and Travis Payne

You do not want to miss these special opportunities to see the cast perform a routine that is NOT part of the regular show, or your chance to take photos with the people who work day in and day out to protect Michael’s legacy.

If you do not have your tickets yet, some are still available at http://cirk.me/1JYBsLT. We do expect them to sell out before the night of the shows, however.

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

LAに"デンジャラス"な壁画が出現

Michael-Jackson-eye-by-Owen-Dippie.jpg

アメリカ両海岸ツアーを締めくくるべく、ニュージーランドへ帰国直前のオーウェン・ディッピーがロサンゼルスにデンジャラスな壁画を残した。正式なお披露目、掛けられたアメリカ、メキシコ、ニュージーランドの国旗 そしてThrillerのゾンビ・ダンスのパフォーマンス。伝説のパフォーマーの記憶を呼び覚ますためにディッピーがやらなければならなかったことは、ただマイケル・ジャクソンの目を見せることだけだった。精巧な壁画だし、彼がLAダウンタウンの"デンジャラス"と言うほどの規模の壁画であるが、そんなことよりも、通り過ぎる人は皆、一瞬マイケルに見つめられるのだ。

残りの写真はこちら

■Beautiful Michael Jackson “Dangerous” mural in LA by New Zealand artist Owen Dippie

Finishing up his bi-coastal tour of the US, Owen Dippie gave Los Angeles a dangerous mural before heading back to New Zealand. Complete with an official unveiling, the draping of US, Mexican, and New Zealand flags, and a re-enactment of the zombie scene from Thriller, Dippie needed only to show Michael Jackson’s eyes to evoke the memory of the larger-than-life superstar performer. It may be the detail or it may be the scale of the mural he is calling “Dangerous” in Downtown LA but anyone who passes by gets caught in Michael’s gaze for a moment.

Source:Brooklyn Street Art / LMJ
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ