Honoka Moriyama、日本でThrillerの振付に創造性を発揮

ダンサー/振付師で、ヒップ・ホップ、クランプ・ダンサー、東京のEN ダンス・スタジオのインストラクターのHonoka Moriyamaが再び、マイケル・ジャクソンのダンス・ナンバーの振付を製作した。今回彼女が製作したのはマイケル・ジャクソンの「Thriller」のオリジナルのダンス・ルーティーンだ。

彼女はこう述べている。
「マイケル・ジャクソンの曲を使ってダンス・ビデオを製作し、自分自身を表現したかったのです。“Thriller”の振付を行いましたが、それはマイケルの音楽がいかに今現在であり、そして世界中のダンサーたちを鼓舞し続けているか、ということを示したかったからです。ハロウィンの季節、みなさんにこの振付を気に入っていただければと思っています」。

スタジオでの“Thriller“による彼女の自己表現はこちら:



こちらは、ENダンス・スタジオで仲間たちと踊るHonoka:



Honoka Moriyamaは大のマイケル・ジャクソン・ファンであり、その才能が世界で話題となっている。


■Honoka Moriyama Gets Creative In Japan

Honoka Moriyama, a Dancer/Choreographer, HipHop, Krump Dancer and a Dance Instructor at EN Dance Studio in Tokyo, Japan has produced another Michael Jackson choreographed dance number. This time she has put together her own dance routine to Michael Jackson’s ‘Thriller.’

She stated: “I wanted to produce the dance video and express myself through the Michael Jackson song and I made the ‘Thriller’ choreography to show how relevant Michael’s music still is today and how much it still inspires dancers all over the world. I also thought people would like it for Halloween.”

Honoka expresses herself to Michael’s ‘Thriller’ in the studio:

This second video shows Honoka at the EN Dance Show Case with her students:

Honoka Moriyama remains a big Michael Jackson fan and has been making waves around the world with her talent.

Source: Paula Katsikas for MJWN with special thanks to Honoka Moriyama

ライリー・キーオ、継父マイケル・ジャクソンについて:「彼が大好きだった」

ライリー・キーオ(テレビシリーズ「Girlfriend Experience 」など)にとっては、マイケル・ジャクソンやネバーランド訪問については良い思いでしかない。

27歳になるエルヴィス・プレスリーの孫娘のライリー・キーオは、今は亡き音楽界の伝説について、創刊されたばかりの雑誌「T, The New York Times」で語っている。彼女の母、リサ・マリー・プレスリーは90年代の2年間、キング・オブ・ポップと夫婦であった。

彼女は、グレイスランドと1億ドルのネバーランド(ロス・オリヴォス、象のいる小さな遊園地に滝もあった)の二か所での生活について振り返っている。

「いたるところいオモチャがあって、動物がいて、子供たちがいました。ディズニーランドにずっといるような感じでしたよ」と彼女はその環境について語った。

プレスリー(昨年6月に4人目の夫マイケル・ロックウッドと離婚した)とジャクソンは、1996年の離婚後の4年間、断続的な関係を続けていた。

「彼は素晴らしい人でした。彼の近くにいられたこと、一緒に過ごしたたくさんの経験と時間は、私にとって幸運でした」と彼女はかつてジャクソン(2009年に死去)について書いている。「彼が痛みや圧力、不安から解放されるということを願わずにはいられません。彼はそういうものから無縁であるべきです。そして、彼が寄りよい場所にいる、あるいはそうなるということを願っています」。

riley-keough.jpg


■Riley Keough on Her Ex Stepfather Michael Jackson: ‘I Loved Him’

Riley Keough has only fond memories of Michael Jackson and her visits to his famed Neverland Ranch.

“I loved him,” Elvis Presley‘s 27-year-old granddaughter says of the late musical legend in a new magazine with T, The New York Times Magazine. Her mother, Lisa Marie Presley, was married to the King of Pop for two years in the ’90s.

The Girlfriend Experience star recalls splitting her time between Graceland and the 13-time Grammy winner’s $100 million Neverland Ranch in Los Olivos, which was equipped with a small amusement park, a petting zoo and a waterfall.

“There were toys everywhere, animals everywhere, kids everywhere,” she says of the setting. “It was like being at Disneyland all day.”

Presley — who divorced her fourth husband Michael Lockwood in June of last year — and Jackson had an on-again, off-again relationship in the four years following their 1996 divorce.

“He was an amazing person and I am lucky to have gotten as close to him as I did and to have had the many experiences and years that we had together,” she once wrote about Jackson, who died in 2009. “I desperately hope that he can be relieved from his pain, pressure and turmoil now. He deserves to be free from all of that and I hope he is in a better place or will be.”

Source: people.com

マイケル・ジャクソンになろうとした5人の著名人

マイケル・ジャクソンは間違いなく史上最高のパフォーマーであり、ミュージシャンである。だから、大勢の人々が彼の歌やダンス・ムーヴ、スタイル、ステージ・パフォーマンスを真似ようとしてきたことは驚くことではない。あなたが何らかの最高レベルの人であれば、マネされることは不可避である・・・あなた自身になろうとするかもしれない・・・。

ここに5人の人物を挙げる。ある方法で、また別の方法でキング・オブ・ポップをコピーしようとした人々だ。それは彼になろうとしたというレベルである。

コリー・フェルドマン

コリー・フェルドマンはおそらくこのリストに最もふさわしい例だ。正直言って、彼は自分がマイケル・ジャクソンだと信じているかのようだ。彼は、ビデオのMJ、歌っているMJを真似ている。そして、人前に出る時の衣装やヘアスタイルまでも真似ている。コリーは自分を見失っているのかもしれない・・・真面目な話・・・・。

クリス・ブラウン

十代の彼が忽然と現れた時、すぐにマイケル・ジャクソンと比較された。それは主に、彼の画期的ダンス・ムーヴのためだ。すべてが変わったのはリアーナ事件の後だ。この後、クリスには悪童のイメージとスタイルがつきまとった。それでもなお、キング・オブ・ポップの早すぎる死の後のBETでの涙のトリビュートで見せたダンス・ムーヴとスタイルにはマイケルを感じずにはいられなかった。彼のパフォーマンスは感動的で以前の彼の人気を少し取り戻すことに貢献した。

アッシャー

R&Bシンガーのアッシャー・レイモンドはマイケル・ジャクソンがインスピレーションのみなもとあると事あるごとに口にしているが、2009年のMTVのインタビューではさらに踏み込んだ発言をしている。「彼は色々な意味で僕に影響を与えている。音楽だけじゃない。人道主義者として、慈善活動家として、アーティストとして、文化を超越した人としてね。マイケル・ジャクソンなしには今の僕はなかっただろう」。これは深い。アッシャーの音楽には明らかにMJの影響が聞こえるし、アッシャーの熟練したダンス・ムーヴにはMJが見える。だが、これは音楽のインスピレーションとしてのマイケル・ジャクソンよりはるかに大きいものだ。すなわち、アクティブな人生とイデオロギーの規範なのだ。

リル・キム

ここ数年、ラッパーのリル・キムはだんだん白くなっている。肌を脱色していると多くの人々は思っている。マイケル・ジャクソンが脱色していたとか、だから彼の肌の色が明らかに薄くなっていた、と私は言っているのではない。だが、彼が肌を明るくする何らかのことをしていたという噂や憶測が広く言われていたことは周知である。私はただ、リル・キムが肌を脱色したという根強い声には少なくともマイケル・ジャクソンの影響があると言っているのだ。こういうことをすることに対する人気は彼が肌を脱色したという噂がきっかけになっているのだから。

ジャスティン・ティンバーレイク

2000年代の初めころ、ボーイズ・バンド「インシンク」のリード・シンガーとしてジャスティン・ティンバーレイクは知られていた。2002年の10月にファースト・シングル「Like I Love You」をリリースしてそれが変わった。そのビデオを見れば、ティンバーレイクがジャクソンから少なからず影響を受けていることは明白だ。彼のボーカルやダンス・ムーヴ、ビデオのシナリオすべてがジャクソン風だった。ちなみに2014年のインタビューで、ティンバーレイクは、ソロで行くべきと最初に言ったのはマイケル・ジャクソンだったと明かしており、ソロ・キャリアはマイケル・ジャクソンのおかげだと語っている。

まとめ

マイケル・ジャクソンは伝説であり代わりのいない才能である。だからといって、人々が彼の人格や歌唱、スタイル、ダンス・ムーヴ、ステージ・パフォーマンスについて好きな部分を真似することはない、という意味ではない。ここに挙げたエンタテイナーたちは、マイケル・ジャクソンが自分たちのキャリアに大きなインパクトを与えた、彼のレガシーはこうしていき続けていくのだろうということを語っていると言ってもいいかもしれない。マイケルはこうしたことの真価を理解していたし、だから彼は満足したであろうと私は思うのである。

■Five Celebrities Who Tried to Be Michael Jackson

Michael Jackson is arguably the greatest performer and musician to ever live. So it’s no shock that many people have tried to mimic his singing, dance moves, style, and stage performance. When you’re the best, it’s inevitable that people copy you…maybe even try to BE you…

Here are five people that copied the King of Pop in one way or another…to the point that they nearly tried to be him…

Corey Feldman

Corey Feldman is probably the most extreme example on this list. Honestly, it’s as if he actually believes he’s Michael Jackson sometimes. He’s mimicked MJ in videos, in song, and has emulated his appearance from his clothing to his hairstyle while out in public… Corey might be having a bit of an identity crisis… Seriously…

Chris Brown

When Chris Brown burst onto the scene as a teenager, he immediately drew comparisons to Michael Jackson, mainly for his first in class dance moves. That all changed after the Rihanna incident after that Chris picked up more of a bad boy image and style. That still didn’t stop him from expertly channeling Michael’s dance moves and style in a tearful BET tribute performance after the King of Pops untimely death. The performance was very moving and helped Chris redeem a bit of his previous popularity.

Usher

R&B singer Usher Raymond has always cited Michael Jackson as a source of inspiration, but he took that a step further when in a 2009 interview with MTV News he said of Michael Jackson: “He influenced me in so many ways, more than just music… as a humanitarian, as a philanthropist, as an artist, as an individual who transcended culture. I wouldn’t be who I am today without Michael Jackson.” That’s deep. We can obviously hear MJ’s influence in Usher’s music and see him in Usher’s expert dance moves. But this is far more than Michael Jackson being a musical inspiration; this is active life and ideology modeling.

Lil Kim

Over the years rapper, Lil Kim has gotten lighter and lighter… Most believe that she’s bleaching her skin… Now I’m not saying that Michael Jackson was bleaching his skin and that’s why his complexion lightened significantly over the years. But we all know it was a widespread rumor and assumption that he was doing some form of skin lightening. I’m just saying… Lil Kim insistence on lightening her skin seems to be at the least influenced by Michael Jackson since the popularity of doing this was triggered by his rumored skin bleaching.

Justin Timberlake

In the early 2000’s we knew Justin Timberlake simply as one of the lead singers of boy band N’Sync… That all changed when he released his first single “Like I Love You” in October 2002. If you watch the video, it’s clear that Timberlake was drawing more than just a little inspiration from Jackson. His vocals, his dance moves, and the scenario played out in the video were all Jackson-esqe. As a side note, in a 2014 interview, Timberlake revealed that Michael Jackson was the first person to suggest that he should go solo. Timberlake goes on to say that his solo career is owed to a Michael Jackson.

Conclusion

Michael Jackson is a legend and irreplaceable talent. That doesn’t mean that people won’t mimic the things they liked most about his persona, singing, style, dance moves, or stage performance. As most of these entertainers would tell you he has had a significant impact on their career and this is how they help keep his legacy alive. Michael was always appreciative of this so I think he would be proud.

Source: tvovermind.com

Michael Jackson’s Halloweenの舞台裏

CBSではオカルトの話が進んでいる。先週の水曜日(2017年10月18日)、CBSは一本の予告編を発表、それは瞬く間にネット上に広がった。それは、Michael Jackson’s Halloweenというタイトルのアニメーション・プロジェクトで、1時間のテレビ特番のものである。ジャクソンの音楽に合わせたミステリアスなホテルで偶然出会った二人の子供のストーリーで、キーアージー・クレモンズ、クリスティーン・バランスキー、ルーシー・リュー、アラン・カミング、ジョージ・イーズ、ブラッド・ギャレット、ルーカス・ティル、"Old Sheldon"ことジム・パーソンズ(ジャック・スケリントン風の、MJが好きそうなミリタリー・ルックのヘイ・マンという名のスプーク・マイスターを演じている)らが声の出演をする。CBSによるプロットはこうなっている。

「物語は2人のミレニアル、ヴィンセント(ルーカス・ティル)とヴィクトリア(キーアージー・クレモンズ)を追います。ハロウィンの夜、2人と犬のイカボットは、『This Place Hotel』というジャクソン・ストリート777番地という場所にあるミステリアスなホテルで“偶然”に出会います。中に入ると、ヴィンセントとヴィクトリアは思いもよらない魔法の旅に送り出されます。自分発見の旅です。最後にはアニメーション化されたマイケル・ジャクソンも登場する壮大なダンスのフィナーレを迎えます」。

このフランケンスペシャルのアニメーションはどのようにして出来上がったのか。そう、この番組はオプティマム・プロダクションズ(マイケル・ジャクソン・エステートが保有する会社)が製作し、エステートの共同執行人であるジョン・ブランカとジョン・マクレーンがプロデュースしているのである。ブランカと監督のマーク・A・Z・ディッペによると、本番組は1年半前にディッペのチームがエステートの依頼を受けて企画したという。

「ハロウィンに何かしようというアイディアは無理がなく自然です。マイケルがハロウィンが大好きだったからです」とブランカはヴァニティ・フェアに対して語っている。「『Thriller』は毎年チャートのトップに帰ってきています。だから私たちは次のステップとしてなにか家族向けの楽しいものを作りたいと思ったのです」。

ジャクソンは怖かったり幻想的なライヴ・アクションのプロジェクト(“Thriller”、“Ghosts”、“Captain EO”)を好んでいた。そして(20年以上ジャクソンと仕事をしてきた)ブランカによれば、晩年のジャクソンはアニメのプロジェクトをやりたいと考えていたという。最終的に、Michael Jackson’s Halloweenは、ディッペのチームが作りだしたキャラクターたち、特に、カミングが演じるクモによって、製作にゴーサインが出された。ジャクソンがかつてライヴで使用したクモの模型を連想させたからである。そしてヘイ・マンは「素晴らしい名案」だと思ったという。

この番組は、「It’s the Great Pumpkin, Charlie Brown」、「A Charlie Brown Thanksgiving 」といった様々なチャーリー・ブラウン・スペシャルをヒントとしている。「チャーリー・ブラウンは20年以上も毎年見てますよね」とブランカは言う。これ以上のジャクソン・スペシャルを送りだすプランは現時点ではないというものの、エスエートは「まだ何も決めていない」という。

ディッペによると、このアニメーションは、ティム・バートンのホリデーシーズンの定番「The Nightmare Before Christmas」という風変わりな映画と「ある種の関係」があるという。ただ、Michael Jackson’s Halloweenにはこのような時代を越えた美はない。脚本に着手した時、ディッペは3Dアニメーションを使用することに決め、モーション・キャプチャーのためにジャクソンの元振付師やダンサーに声をかけた。「リッチな相応しいやり方でマイケルのダンスを蘇らせるため」だ。アニメ・バージョンのジャクソン自身によるダンス・シークエンスも登場する。ただ、ディッペとブランカは、完璧なるジャクソンのレプリカというわけではないということを強調している。「マイケルを型にはめたということなんです」とディッペは言う。「写真のような、正確な描写を意図しているわけではないんです。マジックのような、定形化された彼なのです」。

ブランカとディッペはCBSとともにキャスティングを行った。CBSで聞きなれた声に気づくことになるだろう。パーソンズやバランスキー(The Good Fight)、リュー(Elementary)などだ。(そのインスピレーションにもかかわらず)主要キャストに黒人男性はいないが、ディッペとブランカは、クレモンズ(黒人白人のハーフ)や裏方のチーム、特に振付と音楽監督のケヴィン・アントゥーンズ(ジャクソンをテーマとしたシルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson: One and the Immortal World Tour」も担当している)を挙げた。加えて、キャスティングはスケジュールの問題もあったという。「実際、LL・クール・Jなんかにもあたったんですよ(CBSの「NCIS: Los Angeles」に出演)」とブランカは言う。「スケジュールが空いているかどうかだけの問題でした」。

本作にはジャクソンのカタログから25曲が織り込まれている。オカルト的な「Thriller」や「Blood on the Dance Floor」、「Childhood」のような深い曲、そして隠れたヒット、ロックウェルの「Somebody’s Watching Me」やジャクソンズの「Torture」などだ。10月27日のMichael Jackson’s Halloweenのオンエアを見る予定の数百万の視聴者に向けて、ブランカはこう助言している。「ボリュームを目いっぱい上げてください」。

■The Strange, Spooky Story Behind Michael Jackson’s Halloween

There’s something spooky going on at CBS. Last Wednesday, the network released a trailer that quickly went viral. It was for an animated project titled Michael Jackson’s Halloween, a one-hour TV special about two kids who stumble upon a magical adventure at a mysterious hotel set to Jackson’s music; it features a voice cast that includes actors Kiersey Clemons, Christine Baranski, Lucy Liu, Alan Cumming, George Eads, Brad Garrett, Lucas Till, and Old Sheldon himself, Jim Parsons (who plays a Jack Skellington-esque spookmeister named Hay Man, dressed in M.J.’s signature military aesthetic). Here’s how CBS describes the plot:

“The special follows millennials Vincent (Lucas Till) and Victoria (Kiersey Clemons), who meet ‘accidentally’ on Halloween night and find themselves, along with Ichabod the dog, at a mysterious hotel located at 777 Jackson Street called This Place Hotel. Once inside, Vincent and Victoria are sent on an unexpected, magical adventure of personal discovery, culminating in a spectacular dance finale featuring an animated Michael Jackson.”

How did this animated Frankenspecial come together? Well, it was created by Optimum Productions—a company owned by Jackson’s estate—and is produced by John Branca and John McClain, two executors of that estate. According to Branca and director Mark A.Z. Dippé, the special was born a year and a half ago, when Dippé’s team began dreaming up an animated project for the estate.

“The notion of doing something for Halloween was an easy and natural one because of Michael’s love of it,” Branca tells Vanity Fair. “And every October, ‘Thriller’ goes back to the top of the charts, so we wanted to take the next step and create something fun for families.”

Jackson was fond of scary, fantastical live-action projects (“Thriller,” “Ghosts,” “Captain EO”) and had wanted to make an animated project in his later years, according to Branca, who worked with the singer for over two decades. Ultimately, Michael Jackson’s Halloween got the green light thanks to the characters Dippé’s team created—particularly a spider voiced by Cumming, which reminded him of a spider prop that Jackson once used in live shows. He also found the Hay Man to be “a stroke of genius.”

The show was inspired by the spirit of various Charlie Brown specials, like It’s the Great Pumpkin, Charlie Brown and A Charlie Brown Thanksgiving. “You see those every year, for 20 years,” Branca said. Though there are currently no plans to roll out more seasonal Jackson specials, the estate has not “decided anything” just yet.

Dippé says the animation shares “a certain relationship” with films like The Nightmare Before Christmas, Tim Burton’s idiosyncratic holiday classic, though Jackson’s Halloween doesn’t have quite the same timeless aesthetic. When he began plotting the project, Dippé decided to use 3D animation, tapping some of Jackson’s former choreographers and dancers for the film’s motion capture, in order “to bring Michael’s dancing to life in a very rich and deserving way.” The special also features a dance sequence performed by an animated version of Jackson himself—though Dippé and Branca emphasize that this is not an exact replica of the singer. “It’s a stylized representation of Michael,” Dippé says. “It’s not meant to be a photographic, accurate depiction of him, but rather this magic, stylized version of him.”

The duo worked with CBS to fill out the film’s cast, which is why you’ll notice familiar network voices in the mix—including those of Parsons, Baranski (The Good Fight), and Liu (Elementary). Though the special doesn’t include any black male actors in the core cast—despite its inspiration—Dippé and Branca point toward stars like Clemons, who is biracial, and the film’s inclusive behind-the-scenes team, particularly its choreographers and musical director Kevin Antunes. (Antunes also designed the Jackson-themed Cirque du Soleil productions, Michael Jackson: One and the Immortal World Tour.) In addition, they say casting ultimately came down to scheduling: “We actually went to people like L.L. Cool J,” who stars in the network’s NCIS: Los Angeles, Branca said. “It just was a matter of who was available.”

The special will weave together 25 songs from Jackson’s catalogue, including spookier fare like “Thriller” and “Blood on the Dance Floor,” slightly deeper cuts like “Childhood,” and peripheral hits like Rockwell’s “Somebody’s Watching Me” and the Jacksons’s “Torture.” For the millions bound to watch Michael Jackson’s Halloween when it airs October 27, Branca has one main piece of advice: “Turn it up loud.”

Source: Vanity Fair

マイケル・ジャクソンのホラーをテーマとした「Scream」は、ホラー路線の始まりである

これはマイケル・ジャクソンの無数のコンピレーション・アルバムの第一歩なのか?

マイケル・ジャクソンのような問題はいかにして売ればいいだろうか?晩年の14年間に唯一リリースされたスタジオ・アルバム「Invincible」、そして数十年間のスタジオの切れ端をまとめた「新素材」2作の死後のリリース。プリンスとは違い、冷たい倉庫には未発表マイケル・ジャクソン・アルバムが詰まった輝かしい保管庫が存在しないのは明白である。膝を振り、股間を掴むポップ・マジェスティーの激流にもまれたオーディエンスはヒットに飢えており、彼らに向かって解き放ちたいのは山々なのだが。

しかし、模造品を使ってでも有名人の亡骸はしゃぶり尽くすと説明されるこの業界のルールでは、マイケル・ジャクソンは永久に定期的な"イベント"アルバムをリリースしなければならない。あたかもそれは、ジャクソン・マネーのダムが決壊寸前で、4年ごとに圧力を抜くという公共サービスをエステートが提供しているかのようだ。「Scream」の合図は今月の初めに、既存の有名な曲のコレクションであることが鳴り物入りで公表され、リリース・パーティーと40分のレア映像「Ghost」の上映を世界の主要6都市で開催することが発表された。

それはホラーにちなんだジャクソンの楽曲や客演のコレクションになるという意味だ。そして、意図しない、ある種の恐ろしい側面もある。

ジャクソンは、ジョン・ランディスによるその伝説的ビデオ「Thriller」(ジャクソンは現在の保守党内閣の予告映画のような、ゾンビからヴァンパイア、オオカミ人間への変身を遂げている)と、作中のヴィンセント・プライスの笑い声および狼の遠吠えによって、B級ホラーの美学と永久に関連付けられるだろう。そして、そう、子供時代の悪夢への彼の強い興味という心理学的なルーツからは多くのものを作ることができ、「Scream」のようなコレクションを正当化する。だが、トラックリストをざっと見ただけで、このフランケンシュタイン・コンピレーションを不器用な生涯に追いやるために、あるきわめて狭くつじつまの合わない糸が引っ張られている。

実際にホラーの曲は?そう、「Threatened」はほぼ「Thriller」の続編だ。トワイライト・ゾーンのロッド・サーリングのナレーション。ジャクソンはライバルの周囲に付きまとうというイタリアスタイルの恐怖を具現化して歌っている。女の子の叫び声が出てくる1980年のジャクゾンズの「This Place Hotel」は、(映画)シャイニング風のイメージだ。「Blood On The Dancefloor」は殺意のディスコ・ガールがテーマだし、「Ghosts」では妬んだ幽霊がジャクソンのファミリーにつきまとう。ちょうど、映画「インシディアス」のエピソードで、「eee-he!」というけたたましい叫びとともに悪魔が食器棚の扉の向こうから現れるように。

その他については、ホラーのテーマというのは贔屓目に見ても薄っぺらい。「Somebody’s Watching Me」での幽霊的なコーラスはまさにストーカーである。しかしこれはロックウェルの曲だ。同様に、ジャクソンズの「Torture」の冒頭は、“邪悪“な、“暗闇の目に見張られている“ストリートというハマー・ホラー映画の要素だ。だがマイケルがヴァース2に登場するころには捨てられそうだ。

そこで編集者たちは、ホラーの要素をかき集めることに着手する。社会の偏執狂、ストーカーのファン、ゴールドディガー(金鉱を掘る人)などをテーマとしたものまで範囲を広げることで、「Xscape」や「Leave Me Alone」のようなあまりそぐわないものを数曲ひねり出した。「Scream」はねじれたシステムにおける制度化されたレイシズム、フラストレーションに向けてのものなのかもしれない。だが、「Scream」というホラー・シリーズがあった。だからこれは入れよう。ヴァンパイアは危険だ、マイケルには「Dagerous(危険)」という曲がある。ビンゴ。「Dirty Diana」はどうか?「Dirty Diana」?グルーピーの歌だが?正しくは、マイケルがいかに女性を恐れていたか、なのだが?

いや、ジャクソンのホラー映画への傾倒についての待望の調査結果、というよりは、音楽版ユニバーサル・スタジオ・ツアーという類のジャクソンを私たちが受け入れるか否かのテストであり、その結果、ふさわしいフックがいつ現れるかよくわからないコンピレーション・アルバムが次々に発売されるのである。彼は無意識に出る唸り声や叫び声、そして、世界選手権のセクシーなアスリートのように右腕を伸ばし、股間に手をやることで大変有名だ。次のオリンピックに因んで「Beat It: The Michael Jackson Sporting Anthology」というものになりかねない。収録曲は「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」や「Speed Demon」か。テレビの焼き菓子ショーの決勝をヒントに「JAM」が収録された「The Great Jacko Bake Off Album(パン焼きコンテスト・アルバム)」にとうアルバムも?そしてだんだん関係なくなり、それがずっと続く?夜も眠れない・・・・。

■Michael Jackson’s horror-themed ‘Scream’ is the birth of a truly terrifying Jacko trend

Is this the first of a million themed Jacko compilation albums?

How do you sell a problem like Michael Jackson? With only one studio album, ‘Invincible’, released in the last fourteen years of his life and his two posthumous ‘new material’ releases cobbled together from decades of studio offcuts, there’s clearly no Prince-style Glitter Cellar full of unreleased Jacko albums in cold storage, itching to be unleashed upon a hit-hungry audience in a torrent of knee-waggling, crotch-grabbing pop majesty.

Yet the accepted industry rules laid out in Sucking Dry Famous Corpses For Dummies dictate that Michael Jackson must release regular ‘event’ albums in perpetuity, as though his estate is providing a public service by releasing the pressure, every four years, on a dangerously overloaded Jackson money dam. Cue ‘Scream’, announced earlier this year with all the fanfare of an actual, notable Jackson collection and released with parties and screenings of his rarely-seen 40-minute film Michael Jackson’s Ghost in six major cities around the world. It purports to collect together all of Jacko’s horror-related songs and guest appearances for Halloween, and it’s certainly a frightening prospect. Just not for the reasons intended.

Jackson will forever be associated with the classic b-movie horror aesthetic thanks to the Vincent Price cackles and werewolf howls of ‘Thriller’, and its legendary John Landis video wherein Jacko flits between zombie, vampire and werewolf scenes like a cinematic premonition of the current Tory cabinet. And yes, much can be made of the psychological roots of his fascination with the stuff of childhood nightmares to justify a collection like ‘Scream’, but the most cursory glance down the track-list reveals that some pretty narrow and incongruous threads have been drawn to bring this Frankenstein’s Compilation to awkward life.

Actual spooky stuff? Well, ‘Threatened’ is almost a ’Thriller’ sequel, with The Twilight Zone’s Rod Serling narrating a story in which Michael plays an It style embodiment of fear haunting a rival’s relationship. There are some girlish screams and The Shining-esque images on The Jacksons’ ‘This Place Hotel’ from 1980. ‘Blood On The Dancefloor’ concerns a murderous disco minx and ‘Ghosts’ has a jealous spook haunting Jackson’s family like an episode of Insidious where the demon appears from behind cupboard doors with a shrill, terrifying “eee-he!”

Otherwise, the horror theme is tenuous at best. Jacko’s haunted chorus on ‘Somebody’s Watching Me’ is fairly stalker-y, but that’s a Rockwell song. Likewise, The Jacksons’ ‘Torture’ opens with some Hammer Horror gubbins about streets being “evil” and being watched by “eyes in the dark” but by the time Michaels shows up on verse two the song is definitely about getting dumped.

From there the compilers set about really scraping Jacko’s barrel of spooks. By broadening the remit to include songs about societal paranoia, stalker fans and gold-diggers, they squeeze in another couple of incongruities like ‘Xscape’ and ‘Leave Me Alone’. ‘Scream’ might be about institutionalised racism and frustration at the twisted system but, y’know, wasn’t there a horror franchise called Scream? Bung that in. Vampires are dangerous, Michael had a song called ‘Dangerous’, bingo. How about ‘Dirty Diana’? ‘Dirty Diana’? The song about the groupie? How scared was Michael of women, exactly?

No, rather than a much-needed exploration of Jacko’s fascination with horror movie tropes, it’s a test of whether we’ll buy into Jackson as a kind of musical Universal Studios tour, releasing a series of themed compilations whenever a vaguely appropriate hook crops up. Since he was so well known for involuntary grunts and whistles, stretching his right arm and adjusting his testicles like a world championship sexual athlete, might the next Olympics bring on ‘Beat It: The Michael Jackson Sporting Anthology’ featuring ‘Don’t Stop ‘Til You Get Enough’ and ‘Speed Demon’? Might a televised baking show final inspire ‘The Great Jacko Bake Off Album’, led by ‘Jam’? And so on, increasingly tenuously, forever? Now that really is something to keep you awake at night…

Source: nme.com

「Scream」、30回目のビルボード200チャート・イン

マイケル・ジャクソン 「Scream」、33位
マイケル・ジャクソンがコンピレーション・アルバム「Scream」で30回目のチャートイン。トップ40は16回目。MJJ/Epic/Legacyより10月6日にリリース、14000枚で初登場。その内11000枚は従来のアルバム・セールス。レーベルからのプレスリリースによると、「ハロウィン向けのトラック・リストはキング・オブ・ポップがこの季節を好きだったことを反映したものとなっている」、「衣装、仮想、暗闇と光、変身、サプライズがテーマとなっている。ハロウィン・パーティー用の完璧なサウンドトラックである」。収録曲は、アルバム・タイトルにもなっている「Scream」(ジャネット・ジャクソンとのデュエット)、「Thriller」、ビルボードHOT100でトップとなった「Dirty Diana」など。また、ジャクソンズの「Torture」や「This Place Hotel」、ロックウェルの「Somebody Watching Me」(ジャクソンがバックボーカルで参加)も収録されている。

mjscream_2017_1.jpg


■Billboard 200 Chart Moves: Michael Jackson Earns 30th Charting Album With 'Scream'

— Michael Jackson, Scream – No. 33 — Michael Jackson scores his 30th charting album and 16th top 40 set with the new compilation Scream. The set, which was released on Oct. 6 through MJJ/Epic/Legacy, debuts with 14,000 units – 11,000 from traditional album sales. The set’s Halloween-inspired tracklist "reflects The King of Pop’s affection for this time of the year," according to a press release from Jackson’s record label, "and its themes of costumes and disguise, darkness and light, character transformations and surprise. It’s the perfect soundtrack for Halloween/October parties." The tunes on the album include familiar hits like the title track (with sister Janet Jackson), “Thriller” and the No. 1 Billboard Hot 100 hit “Dirty Diana.” It also features songs by The Jacksons like “Torture” and “This Place Hotel,” as well as Rockwell’s “Somebody’s Watching Me” (which features Jackson’s background vocals).

Source: billboard.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ