Leaving Neveland : エステートの声明

Hello, MJFam:
この数週間は、マイケルを愛するすべての皆さんにとって試練でした。多くの皆さんからエステートからの最新の発信を求めています。以下にエステートからの声明をシェアさせていただきます:

まず初めに、マイケルのファンの皆さんにお礼を言いたいと思います。そして、マイケルの甥のタジ、姪のブランディ、兄弟のジャッキー、マーロン、ティト、それにグレース・ルワランバ、アーロン・カーター、ブレット・バーンズ、ステファニー・ミルズの諸氏ほか、マイケルに代わって発言してくれた世界中の皆さんに感謝し、お礼を言いたいと思います。また、事実を精査し、マイケルのレガシーを中傷するという一方的な制作者の意図に沿わない事実がいかに無視されているかを指摘してジャーナリストとしての仕事をしてくれたメディアの皆さんにもお礼を言いたいと思います。

さて、ここに、私たちの動きの最新の情報と、この二週間あまりに考えたことを手短にお話しします。私たちはフラストレーションと怒りを皆さんと共有しています。彼がもはや自分で自分を守れないからといって種々の主張をしている企業や個人たちによって、裁判で無罪を確認されたにもかかわらず彼が攻撃され、食い物にされ、名誉が傷つけられているのですから。

Leaving Neverlandについての私たちの立場に関する公の声明に加え、私たちの法律的行動は続いています。戦略と公にし、取り掛かっていることを列挙することは分別があるとは言えないかもしれませんが、私たちは、マイケルのレガシーに対し裏付けのないままひどい中傷を行っていることに対する説明責任をHBOとチャンネル4に引き続き求めています。ご安心ください。多くの皆さんから、なぜ私たちが公開の仲裁という形をとっているのかという質問をいただきます。理由は簡単です。「Leaving Neverland」制作の真の経緯、対立する意見に対する配慮がないのはなぜか、なぜ多くの事実が無視されるのか、立場の違うストーリーを持ち、最低限でも意見を聞くべきだった人々がなぜ中傷されるのか。こうしてことが公になるべきだと私たちは信じているからです。抗弁の機会なくこのような一方的中傷が放映されるなど言語道断です。マイケルが存命であれば決して放映されることはなかったでしょう。

私たちは法律的ではない取り組みも行っていますが、適切な時期にそれは公表します。私たちにとって今もこれまでも重要なことは、この10年間と同様に長期的視点を維持することです。これが意味するところは、HBOやチャンネル4、監督、そしてとくに主役の二人が最も欲しているものを軽率に与えないということです。視聴者への売り込みにあらゆる手段を講じていることを考えれば標準以下であることが明白な映像に対し、彼らはもっと注目を集めるようなやり方をしたいのです。しかしながら、彼らがこの映像に注いだ大々的な労力と無料の宣伝活動を考えれば、パート1だけを見て視聴をやめた視聴者が多かったという事実と併せ、この映像がオンエアされた市場向けになされた誇大広告と視聴率が見合っていません。

マスコミはしばしばこの映像に関連する無礼な事象を誇張しています。しかし、私たちの見方では、このドキュメンタリーが一般に与えたインパクトやそれを見た反応については、彼らが期待したほど大きくありません。そうは思わないという見方もあるでしょうが、このドキュメンタリーが公になって以降もマイケルの音楽の売れ方は減っていませんし、ストリーミングの回数も減っていないことを私たちは確認しています。このことは、マイケルの真実を知っている私たちに以外にも、マイケルのエキセントリックな一面や社会の規範を外れて生きることを選択したことを理解はできない人々でも、マイケルが創ったアートを評価し楽しんでいるということを物語っています。マイケル・ジャクソン関連商品を誇りをもって扱っているライセンス使用者は世界中にいます。私たちはファンの皆さんが見ることはない膨大なデータを見ていますし、情報と活動を適切かつ総合的に扱うために舞台裏では年中無休で仕事をしています。

視聴者と主流メディアの間にはこの映像に対する受け止め方に大きな相違があることにも着目しています。あからさまなプロパガンダにもかかわらず、多くの視聴者は、一方的で度を越したわいせつな主張や、やらせ的セリフや演出を見透かしているのです。Leaving Neverlandはつまるところ、マイケル・ジャクソンは多くの人々が理解し、愛したような人(二人の主役とその家族も莫大な賠償金を求めて提訴するという選択をするまではそう思っていた)ではないということを視聴者に納得させることを狙った営業活動である、と視聴者は見ているのです。人々がLeaving Neverlandを理解し事実を精査し始めるにつれて、これが額面通りには受け取れないと多くの人々が気付き始めています。映像の中の数々の矛盾や問題点を指摘してマイケルの味方をしてくれたファンやその他の皆さんを私たちは誇らしく思います。今回の件であらゆる側面から検討を加えてくれた多くの皆さんは、二人の主役のストーリーに多くの穴があることを突き止めてくれました。ファクト・チェックの結果、映像に対する見方が180度変わったと勇敢にも公に認める人批評家もいます。

マイケル・ジャクソンを黙らせることはできません。ファンの皆さんを黙らせることもできません。支持を表明するために広場で彼の音楽を流す方、Leaving Neverlandに抗議するために自ら経営するコーヒーショップで彼の音楽を流すニュージーランドの経営者の方、街中にポスターやサインを掲げて彼の無実を宣言している方。マイケルが25年前に予言した通り、真実こそが彼を救うのです。

マイケル・ジャクソン・エステート

マイケルと彼のレガシーへの変わらぬサポートに感謝いたします。

■Statement from the Estate of Michael Jackson

Hello, MJFam:
The last few weeks have been a challenge for everyone who loves Michael. Many of you have been asking for an update from the Estate, and I have the following statement to share.

We want to start by again thanking all of Michael’s fans and acknowledge and thank Michael’s nephew, Taj, his niece, Brandi, and his brothers, Jackie, Marlon and Tito, Grace Rwaramba, Aaron Carter, Brett Barnes, Stephanie Mills and all of the other individuals around the world who have spoken out on his behalf. We also want to acknowledge those in the media who have done their job as journalists by reviewing the facts, noting how they were ignored in Leaving Neverland because it didn’t fit into the filmmaker’s one-sided agenda of denigrating Michael’s legacy.

We also want to provide a brief update on our efforts, as well as share some thoughts with you from the past two weeks. We share your frustration and anger that a man who was found innocent in a court of law in life is being attacked, financially exploited and smeared by corporations and individuals who are only making claims now because he is no longer here to defend himself.

In addition to our public statements regarding our position on Leaving Neverland, our legal efforts continue. While it would not be prudent to publicly divulge our strategy and list our efforts, rest assured we are committed to holding HBO and Channel 4 accountable for their egregious, uncorroborated smear of Michael’s legacy. Many of you have asked why we are seeking open arbitration. The answer is simple: we believe the public deserves to know how Leaving Neverland really came about, why no counter opinion was ever sought, why so many facts were ignored and why individuals were smeared who should have at a minimum been contacted to get the other side of the story. It is outrageous that such a one-sided smear was ever allowed on the air without challenge. We all know that if Michael was still alive it would never have been aired.

We also have other non-legal initiatives that we will disclose at the appropriate time. What is important for us, and always has been, is that we continue to take the long view as we have over the last decade. That means not doing anything rash that would give HBO, Channel 4, the film’s director and, especially, the subjects of the film, what they most crave now. They want to engage in a way that focuses more attention on a film that has no doubt underperformed given that the media did everything in its power to sell this film to viewers. But given the enormous attention and free publicity the media gave this film, the numbers have clearly not matched the hype in the markets where it has aired, with many viewers opting to stop watching after the first part.

We recognize that the press often magnifies each affront related to this film. But from our view the actual impact of this documentary on the public and their behavior has not been as significant as the media want people to think. While some would like you to think otherwise, we can confirm that the consumption of Michael’s music has not declined and his streaming numbers have not decreased in the wake of this documentary. This tells us that in addition to those of us who know the truth about Michael, those who may not understand Michael’s eccentricities and the way he chose to live his life outside of society’s norms are still choosing to appreciate and enjoy the art he created. We have licensees worldwide who are proudly selling Michael Jackson merchandise. We have insight into a significant amount of data that the fans do not see and we are working 24/7 behind the scenes to synthesize all that information and act accordingly.

We are also seeing a sharp disconnect between the reception of the film by everyday viewers and the mainstream media. Despite being outright propaganda, many viewers see through the one-sidedness, the over-the-top salacious claims, the staged dialogue and other dramatizations. They see that what Leaving Neverland boils down to is a sales job aimed at convincing viewers Michael Jackson isn’t the man millions of people know and love, including the two subjects of the film and their families until they chose to sue for hundreds of millions of dollars. As people have had time to digest Leaving Neverland and review the facts, many are recognizing they can’t take it at face value. We are especially proud of Michael’s fans and those who continue to stand up for him by pointing out the numerous inconsistencies and flaws in the film. Numerous individuals who have studied every facet of these cases has poked numerous holes in the stories of the two subjects. Some critics and individuals are now courageously admitting publicly that, having studied the facts, their view of the film changed 180 degrees.

Michael Jackson cannot be silenced, and neither can his fans, whether it is those who proudly play his music in public squares to show their support, the coffee shop owner in New Zealand who played his songs all day long in protest of Leaving Neverland or those who put posters and signs around cities proclaiming his innocence. As Michael predicted 25 years ago, the truth will be his salvation.

The Estate of Michael Jackson

Thank you for your continued support of Michael and his legacy.

Source : MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

Leaving Neverland : マイケル・ジャクソンの子供たちはロブソンとセイフチャックの提訴を検討

「Leaving Neverland」の信ぴょう性についての評価は様々だが、ジャクソンの子供たちは父親の側に立ってドキュメンタリーの制作者たちを激しく非難している。

Page Sixによると、ジャクソンの3人の子供たち・・・パリス、プリンス、ブランケット・・・は、論争となっているHBOのドキュメンタリーの主役であるウェイド・ロブソンとジェームズ・セイフチャックを相手取った訴訟を検討しているという。この事情に詳しい者によると、子供たちが法的手続きに進めば、その訴訟は詐欺、精神的苦痛、名誉棄損そして不実表示を争うものになるだろう。

しかし伝えられるところでは、ジャクソンの3人の子供たちは賠償を求めているのではなく、むしろロブソンとセイフチャックに対し、ドキュメンタリーについて謝罪し責任を負うことを求めている。もし訴訟がうまくいけば、子供たちは賠償金を慈善団体に寄付するだろう。

「子供たちにとって、慈善活動や謙虚さといった父親の遺したものを前に進めるということが大変重要なのです」と前述の関係者は語る。

ドキュメンタリーを激しく非難しているジャクソン・ファミリーのメンバーはジャクソンの3人の子供たちだけではない。Inquisitrがすでに報じた通り、ジャクソンの甥のタジ・ジャクソンは、ロブソンとセイフチャックが故マイケル・ジャクソンを告発したドキュメンタリーに反論するドキュメンタリーを制作することを検討している。報道によれば、タジはそのドキュメンタリーを1993年の告発からスタートし、ジャクソンに対するすべての告発を対象とする予定だ。

「93年/94年から2005年までは彼の生涯にとって大きなものとなっています。だからこれは提灯記事にはなりません。『さあ、人道主義者マイケル・ジャクソンを示そう』というようなものになります」とタジは語る。「20年、30年の間のすべてのことをさらけ出すものとなります。わかりますか?」

そしてジャクソンの姪のブランディ・ジャクソンもまた、「Leaving Neverland」を激しく非難している。Inquisitrがすでに報じた通り、ブランディはロブソンとセイフチャックを激しく非難し、ドキュメンタリーで大変”気分を害し”と述べ、ロブソンとセイフチャックの訴えは完全に”度を越えている”と主張している。

彼女は叔父を全く違った形で記憶していると述べ、ロブソンは、2度目の裁判でマイケル・ジャクソンを支持して証言したときは大人だったと指摘している。

「そしてもし誰かが、あなたが14歳の時に・・・・虐待していたのなら、そして、他の誰かが傷つかないようその男の残りの人生を刑務所で過ごさせるように証言するチャンスがあったのならそうするべきだったのよ。そうするはずよ」。

セイフチャックとロブソンは、ドキュメンタリーに関わることで報酬は得ておらず、むしろ自分たちのストーリーを喜んで明かすつもりだったと述べている。

■Michael Jackson’s Kids Are Contemplating Filing A Lawsuit Against Wade Robson And James Safechuck

While the reviews as to the validity of Leaving Neverland are mixed, the Jackson children are standing in their father’s corner and slamming the makers of the documentary.

Page Six shares that Jackson’s three children — Paris, Prince, and Blanket – have been contemplating a lawsuit against Wade Robson and James Safechuck, the stars of the controversial HBO documentary. A source close to the situation shares that it if the kids would, in fact, move forward with a lawsuit, the suit would be for fraud, emotional distress, slander, and misrepresentation.

But Jackson’s three kids are reportedly not looking to cash in on the lawsuit but rather they want Robson and Safechuck to apologize for the documentary and take responsibility for it. If they were to come out on top of the lawsuit, the kids would donate any money awarded to a charitable organization.

“It’s very important to them they carry forward their father’s legacy of philanthropy and humility,” the source shared.

Jackson’s three kids are not the only members of the Jackson family that have slammed the documentary. As The Inquisitr previously reported, Jackson’s nephew, Taj Jackson, is thinking about making a documentary that counters Robson and Safechuck’s allegations against the late pop star. According to reports, Taj will start the documentary with the 1993 allegations against his uncle before going through all the claims against his uncle.

“So 1993/1994 to 2005 are the big parts of his life. So this is not going to be a puff piece. it’s not going to be, ‘Oh, let’s show Michael Jackson the humanitarian,'” Taj says. “This is about exposing all the things that have been mustering for 20, 30 years, you know?”

And Jackson’s niece, Brandi Jackson, also spoke out against the Leaving Neverland documentary as well. As previously reported by The Inquisitr, Brandi slammed Robson and Safechuck and said that she has been completely “sickened” by the documentary, claiming that what Robson and Safechuck alleged was completely “over the top.”

She said that she remembers her uncle in a totally different light and even pointed out that Robson was a grown man when he testified in favor of Michael Jackson for the second time.

“And if someone had been…abusing you when you were 14 years old, and you had a chance to go on the stand and put that man away for the rest of his life so that he couldn’t hurt anyone else, you’d do it. You would.”

Safechuck and Robson have said that they were not paid to take part in the documentary but rather, they were finally ready to share their story.

Source : The Inquisitr

「Leaving Neverland」の"ウソ":「ウェイド・ロブソンはマイケル・ジャクソンの虐待以外にもウソをついている」

「Leaving Neverland」の告発者ウェイド・ロブソンは「マイケル・ジャクソンの虐待以外にもウソをついている」。そしてこれがその証拠だ。

2部構成のHBOの例のドキュメンタリーは意見を二分している。ロブソンとジェームズ・セーフチャックによる証言は真に迫っているが、その他の証人がいないという大きな反発が、支持する側、反発する側の双方にある。制作者のダン・リードは批判を退けてきた。「違う立場からのストーリーは?マイケル・ジャクソンは偉大な猿舘イナーで偉大な男だという立場からの」。リードはこう言う。ロブソンが2005年に虐待を否定した根本には自分のアイドルへの献身がある、と。しかし、ロブソンが過去に何度もウソをついているという証拠が存在するし、彼を信頼できない証人とみなした判事もいる。そして彼の最新の告発の一部は彼自身の記憶に基づいてすらいないのだ。

イギリスのジャーナリスト、マイク・スモールコムは伝記「Making Michael 」である。彼がExpress Onlineに特別にこう語っている。

「マイケル・ジャクソンのファンコミュニティーに属しているか、あるいはこの問題を取材しているジャーナリストでない限り、ジャクソンの弁護をなした公にされた情報について知ろうとはしないでしょう。ドキュメンタリーの視聴者は基本的に陪審員のようなものですが、『Leaving Neverland』はいわば検察側の主張しか与えてくれません」。

「2012年、ロブソンはノイローゼを発症しましたが、それは憑かれたように成功を求めたことが引き金となったと彼は言っています。彼の言葉で言えば、彼のキャリアが「崩壊し始めた」というわけです」。

「同じ年、ロブソンは、マイケル・ジャクソンに性的虐待を受けた主張する本を出そうと出版社をあたり始めます。しかしどの出版社も取り合いませんでした。その本の草稿では、彼は自身を『だます名人』と称しています」。

「2013年には15億ドルの民事訴訟/債権者請求を提訴します。当初彼はそれを封印して提訴(繊細な、あるいは関係者外秘の情報を、公の記録に残さずに裁判所に提出する手続き)しました。エステートとの金銭的示談を期待してのものです」。

「誤解のないように言うと、判事は、ジャクソンの会社はジャクソンの行動によるいかなる責任も負わないとの裁定を下しています。つまり、訴えの信ぴょう性については何も判断をしていないのです。しかし、エステートを訴えたロブソンの最初の訴訟の事実審判事は、略式判決の動議での彼の宣誓陳述書を無視しました」。

「エステートの弁護士ハワード・ワイツマンは、ロブソンはと棄却となった訴訟で”何度もウソがばれている”述べています」。

「ワイツマンはこう続けています。”事実審の判事は、ロブソンのウソの一つがあまりにひどいと判断し、ロブソンの宣誓陳述書を無視しました。そして、理性的な陪審員ならロブソンの宣誓陳述書を信じることはできないだろうと判断したのです”」。

「エステートを訴えた訴訟の中で、ロブソンは事実審裁判所より、彼の言う虐待に関する文書での人とのやり取りをすべて提出するよう命じられました」。

「ある電子メールでは、彼は母親に対して20以上の質問をしています。ジャクソンとのやり取りの具体的詳細について母親に尋ねているのです。その中にはこのようなものもあります。”ネバーランドでの最初の夜について思い出せること全部教えて。車で入っていった時どうだった?ネバーランドでの最初の週末は?”」

「ドキュメンタリーではネバーランドでの最初の夜についての詳細を自分の記憶であるかのように語ってるにもかかわらず、当夜の彼の記憶が、彼自身の記憶なのか、誰かに言われたものなのか”わからない”とロブソンは認めています」。

「別の電子メールでは、ロブソンが90年代初めころのあるストーリーを発見したことが示されています。彼と母親の名前が明確に出てくるのです。彼はそれを母親に送り、それが本当かどうか尋ねています。母親はこう答えています。『その話はデタラメよ』」。

「ワイツマンによれば、ロブソンは訴訟が棄却される前に証拠を隠そうとしていました」。

「ワイツマンはこう述べています。『ロブソンは宣誓証言でウソをつきました。そして、2012年の終わりころの短い電子メール以外、ジャクソンに虐待されたという新たなでっち上げの告発について他人(弁護士以外)との”紙でのやりとりはない”と述べています。これは完全なウソであることが判明しました。実際にはロブソンは、訴訟を起こす前に彼の告発に関する本を出版しようと動いていました」。

「ワイツマンによると、ロブソンの本は、ジャクソンから受けた最初の虐待に関して全く違ったストーリーを語っています。宣誓供述書でのこうした食い違いについて問われ、ロブソンは、2012年から2013年に本の草稿を執筆してから記憶が”進化”したと説明しています」。

「ダン・リードは、ロブソンとセイフチャックがドキュメンタリーに関してどんな形であれ金銭的利害はない”と言っています。しかし、両者はエステートにかなりの負債があります。ロブソンは訴訟費用としてエステートに7万ドルの負債があります。セイフチャックも同様にエステートに対して数千ドルの負債があります。ロブソンとセイフチャックは上訴を目指しています。今年中には審問がある予定です」。

■Leaving Neverland 'LIES' exposed: 'Wade Robson lied about more than Michael Jackson abuse'

LEAVING NEVERLAND accuser Wade Robson "lied about more than the Michael Jackson abuse" and here is the proof.

The two-part HBO documentary has divided opinions. The harrowing testimony from Robson and James Safechuck is compelling but there has been a huge backlash at the lack of any other witnesses, both for and against. Filmmaker Dan Reed has dismissed criticisms: "What is the other side of the story? That Michael Jackson was a great entertainer and a great guy?" He says Robson's original 2005 denial of abuse was rooted in his devotion to his idol. Yet, there is evidence Robson lied repeatedly in the past, was viewed as an unreliable witness by a judge and some of his latest allegations are not even based on his own memories.

UK journalist Mike Smallcombe is the author of the biography Making Michael and spoke exclusively to Express Online.

He said: "Unless you are in the Michael Jackson fan community, or a journalist who has researched the subject, you aren’t going to know about the publicly available information which would have formed part of Jackson’s defence. Viewers of the documentary are essentially the jury – but Leaving Neverland only gave them the prosecution’s side.

"In 2012, Robson had a nervous breakdown, triggered, he said, by an obsessive quest for success. His career, in his own words, began to “crumble.”

"That same year, Robson began shopping a book that claimed he was sexually abused by Michael Jackson. No publisher picked it up. In the draft version of the book, Robson called himself a 'master of deception.'"

"Robson filed a $1.5 billion civil lawsuit/creditor’s claim in 2013. He first filed it under seal (a procedure allowing sensitive or confidential information to be filed with a court without becoming a matter of public record), in the hope of reaching a financial settlement with the Jackson Estate.

"To be clear, the judge ruled that Jackson’s companies were not liable for any possible actions by Jackson; he did not rule on the credibility of the men’s allegations. But the trial judge in Robson’s initial case against the Estate disregarded his sworn statements on a summary judgment motion.

"Jackson estate attorney Howard Weitzman said Robson was “caught lying repeatedly” in the dismissed litigations.

"Weitzman added: 'The trial judge found one of Robson’s lies so incredible that the trial judge disregarded Robson’s sworn declaration and found that no rational trier of fact could possibly believe Robson’s sworn statements.'"

"During his lawsuit against Jackson’s Estate, Robson was ordered by the trial court to produce all documents about written communications with anyone about his supposed abuse.

"In one email, he listed over 20 different questions to his mother asking her about the specific details of his interactions with Jackson. Some of these included: 'Can you explain all that you remember of that first night at Neverland? What happened when we drove in what did we do? And that first weekend at Neverland?'

"Despite telling the detailed story of his first night at Neverland in the documentary as if it is his own memory, at his deposition, Robson admitted that he 'did not know' if his memory of that night 'came from (his) own recollection or it was told to (him) by someone else."

"Another email showed that Robson found one particular story from the early 1990s which specifically named him and his mother. He emailed it to his mother and asked whether it was true. She replied, ‘Wow, none of that is true.’

"Weitzman said Robson was also trying to hide evidence before his cases were dismissed.

"Weitzman said: ''Robson lied under oath and stated that, other than one brief email in late 2012, he had had “no written communications” with anyone (other than his attorneys) about his allegations that he was abused by Jackson. This turned out to be a complete and utter lie. Robson had actually shopped a book about his allegations in the year prior to filing his lawsuit—a book he tried to hide from the Estate.'

"Weitzman said Robson’s book told a completely different story of how he was first abused by Jackson. When asked about some of these discrepancies at his deposition, Robson explained that his memories had 'evolved' since writing the draft of the book in late 2012 and early 2013.

"Dan Reed said Robson and Safechuck “have no financial interest in the documentary whatsoever”. But both are in debt to Jackson’s Estate by significant sums. Robson owes the Estate almost $70,000 dollars in court costs, and Safechuck owes the Estate several thousand dollars as well. Robson and Safechuck are pursuing appeals of the judgments against them, appeals that will probably be heard this year."

Source: Express

Leaving Neverland: ストリーミング数は影響受けず

控えめに言ってもひどい一週間だったが、一部のラジオ局がマイケルの曲をオンエアしない、あるいはザ・シンプソンズがマイケル登場のエピソードを放映しないなどといったネガティブでばかばかしいニュースが伝えられているにも関わらず、マイケルの人気が不変であることを数字が示している。

今年初めより、彼のソロ・カタログからの楽曲はアメリカでは週あたり1600~1700万回ストリーミングされており、「Leaving Neverland」のプレミア以降でも1649万7000回と安定している。

一日単位でのリスニングのパターンにはバラツキがあるが、週の中盤(彼の週のピークはたいてい中盤)には一日あたり250万回と強固だ。特に人気があるのは「Beat It」や「Billie Jean」といったアルバム「Thriller」からのヒット曲で、これも通常と変わっていない。

■Michael’s Streaming Popularity

It’s been a bad week to say the least, but despite all the negativity and ridiculous accounts of some radio stations pulling Michael’s music and the Simpsons removing his episode, figures show that Michael’s popularity remains unchanged.

Since the beginning of the year, songs from his solo catalog have been streamed 16 million to 17 million times each week in the USA, with that number staying consistent at 16,497,000 streams, even after the premiere of ‘Leaving Neverland’.

Even the daily listening pattern did not vary much, with the numbers staying solid by mid week (which is often his weekly peak) at 2.5 million a day. Particularly popular, as always, were hits from the ‘Thriller’ album such as ‘Beat It,’ ‘Billie Jean’ and the title track.

Source: New York Times & MJWN

Leaving Neverland: Part2の視聴率、下がる

アメリカでの「Leaving Neverland」のPart2の視聴率は、オプラ・ウィンフリーの「After Neverland」が放映されたにもかかわらず、前夜のPart1を下回った。

同番組の視聴者数は100万に届かず92万7000となった。ウィンフリーのパートは78万だった。これは1993年に彼女がマイケルに対して行ったインタビューで得た9000万を大幅に下回る数字だ。

■HBO Ratings Fail

The second night viewer figures for ‘Leaving Neverland’ in the U.S. are worse than the first, with Oprah Winfrey’s ‘After Neverland’ section coming in even lower.

The documentary viewing figure came in at less than a million, 927,000 and Winfrey’s figure was just 780,000. This is a massive difference compared to the 90 million she got for her interview with Michael 1993.

Source: Showbizz 411 & MJWN with special thanks to Marijke Paesen & Vernay Lewis

Leaving Neverland : シュライハー家よりのオープン・レター

こんにちは。私たちはフランツィスカ、アントン、マーリーズ、ヴォルフガングのシュライハー一家です。私たちは子供のころからマイケル・ジャクソンと親友でした。これからお話することは、大きな愛と感謝の気持ちに基づいています。この一文の引用をご希望であれば、文脈を変えることなく、またこのページへのリンクを張っていただきますよう、お願いします。私たちはメディアのインタビューを受けるつもりはありません。ご理解いただきありがとうございます。これが、私たちが言わなければならないことすべてです:


もうたくさん

1995年、私たちはドイツのテレビ番組でマイケルと最初に出会いました。あの日、私たちが夢にも思わなかったことが起きました。それが、少し変わった友情の始まりでした。普通の友情、そして普通とは違う、魔法のような友情。マイケルの最期の日まで続いた、そして私たちの心の中では永遠に続く友情です。

初めから、私たちが特権的に経験することは守るべき大切なものであることが分かっていました。特に、真実を追求するより売れる話をでっち上げるメディアや、真実を知るよりもショッキングな見出しを読みたがる人々がいる、私たちが住むこの世界においては。長い間に、私たちは数十万ユーロでのインタビューのオファーを受けました。しかし、どれほどの大金を積んでも、私たちのマイケルとの思い出を上回る価値を具体化ことはできません。私たちの友情について、今まで決して公には話さなかったのはこのような理由からです。

最近、話をすることに関して私たちの考えを変えることがありました。マイケルを再び幼児虐待者として描こうとするドキュメンタリーというショッキングなニュースです。このように書くだけで、彼の名前とこの言葉を組み合わせるだけで気分が悪くなります。マイケルは私たちに対して一度たりとも不適切な振る舞いをしたことはなく、他のだれかにそのようなことをしているのを見たことも疑ったこともありません。

私たちは、過去の幾度にもわたる一般のマイケルへの扱いについて怒ってきました。でも私たちは沈黙を選びました。真実が行きわたり、そしてマイケルと彼のプライバシーは守られると望みを託して。

それから私たちには怒る正当な理由がありました。例えば、アントンがマイケルとホモセクシャルな付き合いをしているという絵をタブロイドが描いた時です。私たちは直接目撃したのです。メディアがいかに醜悪になりうるか、そしてネタをつかむためというただそれだけのために恐ろしいウソをでっちあげるそのやり方を。電話で質問してきたジャーナリストに対し父が拒否すると、「父親はマイケルを擁護することを拒んだ」といった具合に話が出来上がりました。残念ながらスキャンダルは何より高く売れるのです。

マイケルとの長い付き合いの中で、私たちは二面性のある人々というものを経験しました。一度や二度ではありません。マイケルがいるときは善良でチャーミングさを演じているのですが、彼が他所を向いていると、彼らは粗野になり、善良でもなんでもないということがすぐにわかります。私たちの前では彼らは真の顔を示すことを気にも留めていませんでした。私たちは恥ずかしがりやのドイツ人一家にすぎず、注意を払う価値もなかったのです。しかし私たちは観察し、ゆっくりと、しかし確実に、マイケルが住む難しい世界を見るようになりました。そこは、信じるということがとても難しい世界でした。

それでも彼は誰に対しても親切で、善良さというものを強く信じていました。それをナイーヴと呼ぶ人もいます。私たちにとっては彼の性格の一つであり、それゆえに私たちは彼を尊敬するのです。誰にでもチャンスを与える、何度も何度も騙した人にさえも。これは本当にすごいことです。そして、未だにそれを利用して利益を得る人々が多くいるということが私たちをより一層悲しい気持ちにさせます。

マイケルの近くにいたことで、私たちは、誰もが彼のおこぼれにあずかりたいのだということを実感しました。私たちは不思議に思っていました。彼はなぜ、たくさんの人々の中から私たちを信じるに足る友人のサークルに入れたのだろうと。今では理解しています。おそらく、私たちが彼から何も欲しがらなかったから、一緒にいることをただ楽しんでいたからだと。私たちの教育費を出そうと彼が申し出たとき、両親はそれを断りました。ギフトとしては過分だという理由です。私たちとしてはそれは馬鹿なことでしたが、今振り返ると、マイケルはそういう経験があまりなかったのではないでしょうか。

マイケルの名声とお金のおこぼれにあずかりたいと思う人々は、人としてのマイケルを、そして彼の親切さや人を元気にする心を気にも留めていませんでした。それは真に恥ずべきことであり、私たちはそういう人たちを不愉快に思います。お金に目が眩み、世界が何世紀に一人しか見ないであろうユニークさをもつ人物に会うという栄誉を得ていることが彼らにはわかっていないからです。彼の音楽、彼のメッセージ、彼の創造力と天賦の才能は真に比類なきものです。

私たちのマイケルとの友情は、ぶらついたり、電話でおしゃべりしたり、映画へ行ったりといった友人同士でやることという意味ではごく普通のことでした。そして、人の心をとらえる温かさという意味ではそれは魔法のようなことでした。彼のそばにいると居心地よくそして安心なのです。彼は私たちが知るなかでは最も謙虚な人でした。常に自分よりも他人の幸せを優先していました。彼の純真さや善良さを疑ったことは一瞬たりともありません。だから私たちの両親は私たちだけでマイケルと旅行に行くことを許したのです。

今日はお話していますが、私たちの個人的な話については秘密を守り尊重したいと思います。私たちがお話できるのは、マイケルにサヨナラを言わなければならない時はいつも私たちは泣いていたということです。彼に会えないことが寂しいことがわかっていたからです。私たちが一緒にすごした時間は楽しい時間でした。水風船合戦でノリノリになる一方で、彼は偉大な師であり、人生を教えてくれたり、彼の素晴らしい知識をシェアしてくれたりしました。私たちがライト兄弟の話を聞いたことがないと知ってその話を私たちにしてくれている時の彼の喜んでいる様子をよく覚えています。私たちの勉強用にと本や映画をくれました。彼は私たちに才能を伸ばすようにと盛んに言いました。

私たちの話が、マイケル・ジャクソンについて何を信じるべきか疑っている人々にとっての小さなパズルを一つつなぎ合わせることしかできないということはわかっています。彼が無実であることを疑っている人々に対し、私たちは自分で調べてくださいとしか言えません。そしてもし、マイケルが2005年の裁判であらゆるプライバシーの侵害に耐えなければならなかったという事実、それでもすべての容疑で無罪とされたという事実を知り、こうした事実でもまだ不十分であるというのなら、彼の音楽をただ聴くこと、それだけでよいかもしれません。

これまで多くのファンの皆さんとお会いした中で、私たちはファンの皆さんがどれほど人として「彼を理解」しているか、とても驚かされました。個人的に会ったことがないにもかかわらずです。マイケルとファンは他にはない友情関係にあります。彼はファンを信じたし、そしてファンが彼の良心を信じ続けることに疑いの余地はありません。みんな彼の音楽を聴き、彼の言葉を聞いている、ただそれだけです。彼のこの世での使命は、メロディとリズムという形で幸せをもたらすということだけではなく、世界をよりよいものへと変革するということがみんなわかっているのでしょう。

みなさん、彼は私たちに、ベストを尽くし、お互いに愛と尊敬を示せと促していることでしょう。それでも人々は、彼がもたらしたすべての偉大なことに影を落とす恐れのあるウソの数々を誇張するでしょう。

もうたくさんです。

今日はマイケルのためにお話ししました。彼がそれに値し、そして私たちにとって考え付く限り最高の友達だからです。

Source: schleiter-family.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター