闘病中だったMJファンのスコット・デヴリンさん、死去(MJWN)

去る3月、私たち(MJWN)はガンの治療で入院中のMJファン、スコット・デヴリンさんについて報告しました。彼のおばで南カリフォルニア在住のスコッティ・イーゼンさんから私たちに連絡があり、ガンで闘病中にスコットさんに励ましの言葉を送ってくれるようファンの皆さんにお願いしてほしいとのことでした。その結果、多くのお見舞いはMJグッズなどが送られ、スコットさんは言うに及ばず、彼の家族もとても喜んでいました。

それだけに、スコットさんの父親のフランクさんより連絡があり、ガンとの壮絶な闘いの中、彼が今朝亡くなったという知らせを受けたことを皆さんにお話しなければならないということは私たちにとってとても悲しいことです。「今ごろ彼はきっと、天国でMJのソング・ブック全曲を楽しんでいるでしょう」とフランクさんは言っています。

この知らせは私たちにとってとても悲しく、残念で、ショックですが、この困難な時期、私たちの想いと祈りはあなたたちとともにある、とスコットさんのご家族にはお伝えしたく思います。

やすらかに、スコット。MJWNのみんなから、愛を込めて

■Michael Fan Scott Devlin Has Died

In late March we shared a story about Michael fan, Scott Devlin, who has been in hospital being treated for cancer. His aunt, from South Carolina, Scotty Aesen, contacted us and wanted us to ask fans to send well wishes to Scott whilst he was being treated for cancer…and in response, you bombarded him with good wishes and many MJ gifts too, which were all really appreciated by not only Scott, but by his family too.

We are therefore extremely saddened to have to tell you that Scott’s father, Frank, contacted us to say he passed away this morning after his brave fight against cancer. His father added; “I am sure he is now going through the full song book of MJ in Heaven.”

We are so saddened, sorry and shocked to hear this and we would like Scott’s family to know our thoughts and prayers are with you all through this difficult time.

Rest in peace Scott – With love from everyone at MJWN.

Scientific Games社とマイケルについて

数年前、エステートがScientific Games社(当時はBally社)とマイケル・ジャクソン・スロットマシーンの契約を結んだことは皆さんご存知のことと思います。このパートナーシップは大成功を収めており、カジノを訪れた皆さんがいろいろなスロットを楽しんでいる様子はフェイスブック等で見ることができます。さて、このたびエステートは、マイケル・ジャクソンのスロットマシーンをより多くの皆さんに楽しんでいただけるようScientific Games社との契約の拡張作業を行っています。長期にわたる計画についての詳細はまだ明かせませんが、今後、Scientific Games社から何らかの発表が行われます。もちろん、解禁となり次第、私たちからも皆さんにお伝えします。

(原文)
As many of you are aware, several years ago, the Estate made a deal with a company called Scientific Games (formerly Bally’s) for Michael Jackson slot machines. That partnership has been very successful and we know from fan feedback that you all really enjoy playing the Michael slot machines when you visit casinos at which the different machines are available. We are happy to share with you that Michael’s Estate is now expanding the arrangement with Scientific Games to make the experience of playing Michael Jackson slots available to a wider audience. It’s too early to reveal the details of the long term plans, but in the coming months, Scientific Games will be releasing some hints. Of course, we will share more information with you when it is available.

ソース:MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

マイケルとプリンスは同時代をいかに生きたか

彼らは同じ年に生まれ、1980年代にとてつもない名声を手にした。一つの時代のサウンドというものをそれぞれが確立した。彼らは徹底的にミュージシャンであり、ミュージック・ビデオの主流の世界を一本化する手助けをした。

プリンスとジャクソンは極度に人目を避け、ほとんど別世界であった。彼らはしばしば自宅に引きこもった。世界から隔絶された大邸宅だ。

その生涯において、彼らのキャリアは交わることはなかったが、ごくまれに近づいたことはあった。彼らは友人同士だったのか?違う。ライバル関係だったのか?違う。

その死において(プリンスは今年4月、ジャクソンは2009年)、二人はついに一つの方向へと結びついた。その死が衝撃的であり、予期せぬものであり、そして悲劇であったのだ。

シャイな少年とワルガキ

ジャクソンとプリンスのスタートはまったく異なるものだった。

ソフトな口調で子供のようなマイケル・ジャクソンは、彼同様に有名な音楽の大家族の出身だ。彼は(もともとは)エホバの証人の熱心な信者だった。

プリンス(本名はプリンス・ロジャース・ネルソン)は、離婚したジャズ・アーティストの両親や妹のタイカ・ネルソンとは音楽好きという共通点があった。

ジャクソンはロサンゼルスのスポットライトの中で育った。誰もが知る子供テレビスターだった。プリンスはミネアポリスで育った。彼はシャイな音楽少年だった。7年生(中学1年相当)のときには地元のダンス・バンド、Grand Centralでプレイしていた。

「僕はここで生まれた。残念なことにね」と、当時ティーンだった彼はバンドについて1976年に学校新聞に語っている。「この州で成功するにはこのバンドでは厳しいと思う。たとえうまかったとしてもね。ロサンゼルスやニューヨークのような大都市だったら今頃成功してると思うよ」。

結局プリンスは18歳でレコード契約を結ぶ。

ジャクソンは18歳の時すでに、兄弟たちとともに13枚目のスタジオ・アルバム「The Jacksons」をリリースしており、ソロとしての活動も数年前から行っていた。

ジャクソンはアルバム「Thriller」の成功でキング・オブ・ポップの位についた。プリンスは「Purple Rain」の映画とサウンド・トラックで上昇気流に乗った。1984年のことだ。

プリンスはすでにアルバム「1999」で名声を得ており、ギタリストとしての才能は「ジミ・ヘンドリックスの再来」と呼ばれていた。プリンスの書く歌詞は思わせぶりであり、お行儀のよいジャクソンに対し彼は性的表現が大胆であった。



「Your Favorite Band Is Killing Me: What Pop Music Rivalries Reveal About the Meaning of Life」の著者スティーヴン・ハイデンはあるインタビューで、ジャクソンとプリンスはともにライバル心については否定していたが、両者とも強烈に負けず嫌いであったと述べている。

「私が思うに、彼らはお互いにモチベーションとなっていました。彼らはとてつもない有名人であり、そして、彼らにとってライバル関係は格好のPRになっていたのです」。

特にジャクソンにとっては。

80年代。「We Are The World」のチャリティー・レコーディングに、ジャクソンやその他のスターたちと一緒に参加することをプリンスが断ったという話が出回った。「マイケル・ジャクソンは聖人のようであり、プリンスは飢えた子供など気にも留めない男であるというように見られていました」とハイデンは言う。

ジャクソンのサウンドはピュアなポップであり、R&Bが根本にあることが現れていた。

「Thriller」のシングルはどれもラジオでかかりやすく、そして息遣いも取り入れたジャクソンの歌唱スタイルが特徴であった。これらの曲と、すぐにそれとわかるダンススタイルをこれでもかと誇示するミュージック・ビデオのせいで、ファンたちがいたるところでムーンウォークを試みていた。

対照的にプリンスの音楽は(控えめに言っても)際どいものであった。コンドームや「雑誌でマスターベーションする」女性が登場する歌詞の中でプリンスはセクシーなささやき声とファルセットの叫びを使い分け、ギターで刻み、ヒールで引き裂くのである。

彼らはエネルギッシュなショーマンであり、この世界で最もハードに仕事をするという共通点があった。ジェームス・ブラウンのステージへ共にに上がったこともある。

そしてキャリアを積みかさね、80年代の一つの現象を生み出した。MTVだ。

24時間音楽を放送する初のケーブルテレビであるMTVは、初期は有色人種のアーティストを取り上げることはほとんどなかったのだ。

ジャクソンは最初にミュージック・ビデオのドアを蹴破った。彼のビデオ「Thriller」はミニ・ムービーとも言えるものであり、すぐにMTVで最高の人気となった。プリンスの「Purple Rain」のビデオも同じく他の有色人種のアーティストたちが世界から見られることになる先鞭をつけたのである。

有能なビジネスマン

二人とも有能なビジネスマンだった。だが両者のメガ・スターダムへのアプローチは異なっていた。

ジャクソンはビートルズ・カタログを手に入れ、そこから大金を生み出した。ポップ・スターとしての成功にレコード・セールスが重要であることを彼は知っていたのだ。

「Thriller」は史上最も売れたアルバムを堅持している。2015年には30xプラチナに史上はじめて到達し、生涯で10億枚以上を売り上げたことが認定された。

プリンスはビジネスへの対し方が普通とは違っていた。

30年近くにわたってヘアスタイリストを務めたキム・ベリーはCNNに対し、プリンスはレコード・レーベルを移動するのが好きだった、曲を出すのにレーベルは必要ないということを示したかったからだ、と語っている。彼は日曜版の新聞の付録としてCDを配ったことがある。

スポティファイやタイダルが登場する以前、プリンスはNPG Music Clubというものを始めた。月ぎめの定期音楽サービスである。

彼が顔に「Slave(奴隷)」と書いていたのは有名だ。レコード・レーベルと争い、自分のマスター音源の権利のために激しく戦った。

生涯で1億枚以上を売ったプリンスだが、ビッグ・セールスとはならなかったレコードも作っている。

「マイケル・ジャクソンはコマーシャリズムを隠そうとしなかった人物です。彼はレコードを売りたかった」とハイデンは言う。「一方プリンスは、彼には『Purple Rain』がありましたが、その後に出したレコードは商業的では全くありませんでした」。

ファンの悲しみ

結局、彼らの生涯とキャリアは全く違う場所にあったが、その死は悲劇と謎に包まれている。

ジャクソンがプロポフォールとベンゾジアゼピンの急性中毒で亡くなった時、彼のキャリアは、少年を性的に虐待したという先の非難によって汚点がついていた。ジャクソンは小児性愛者であるということについて断固否定し、2005年には少年を性的に虐待したことに関連する14の罪状全てで無罪となっている。

亡くなった時、ジャクソンは、カムバックと負債の一掃になるはずのツアーをスタートさせようとしていた。しかし、睡眠を補助しようとした専属医の手によって彼の心臓は停止した。

プリンスの死因についてはいまだはっきりしていない。

卑猥な歌詞と情事で知られた"バッド・ボーイ"は、敬虔なエホバの証人に公然と改宗していた。皮肉にも若きジャクソンが信じていた宗教だ。プリンスは昨年ローリング・ストーン誌に対し、自分は禁欲主義だと述べていた。

プリンスが亡くなって以来、彼の音楽を愛した人々は、麻薬が死の一因だった可能性があるとの報道にもがいている。

ジャクソン同様、彼の死もツアーの最中でのことであった。すなわちプリンスは「Piano & A Microphone Tour」のアトランタ公演での2回のショーを行った1週間後に亡くなったのだ。

音楽業界の巨人2人が若くして亡くなったということで、当然彼らは比較された。しかし、それがこれほどの才能と共通点を持つプリンスとマイケルであれば、その悲しみは彼らの運勢同様に激しく燃え上がるのだ。

■How Prince and Michael Jackson led parallel lives

They were born the same year and rose to colossal fame in the 1980s. Each defined a sound for a generation. They were both committed musicians who helped to integrate the world of mainstream music videos.

Prince and Jackson were intensely private, almost otherworldly. They often retreated into their homes, which were really compounds that let them close off the world.

In life, their careers seemed to track, but rarely touch, one another. Were they friends? Not really. Were they rivals? Not really.

In death -- Prince last month, Jackson in 2009 -- the two are finally more closely linked in one way: Their deaths were shocking, untimely and tragic.

The shy guy and the bad boy

Jackson and Prince had very different starts.

Soft-spoken and childlike, Michael Jackson came from a large family of entertainers as famous as he was. He was -- initially -- devoutly Jehovah Witness.

Prince, born Prince Rogers Nelson, was a child of divorce who shared a love of music with both his jazz artist parents and his sister Tyka Nelson.

Jackson grew up in the spotlight in Los Angeles, a child TV star known by millions. Prince grew up in Minneapolis, a shy, musical child who played in the local dance band, Grand Central, in seventh grade.

"I was born here, unfortunately," a then-teenaged Prince told his school newspaper about his band in 1976. "I think it is very hard for a band to make it in this state, even if they're good. I really feel that if we would have lived in Los Angeles or New York or some other big city, we would have gotten over by now."

Prince would eventually sign a record deal at the age of 18.

By the time Jackson was 18, he and his brothers were releasing their 13th studio album, "The Jacksons," and MJ was just a few years from going solo.

Jackson was the reigning King of Pop courtesy of his "Thriller" album, when Prince's "Purple Rain" film and soundtrack began to soar in 1984.

Prince had already found fame with his "1999" album and was being called "the new Jimi Hendrix" for his talent as a guitarist. His lyrics were suggestive and he was as sexually in your face as Jackson was clean cut.

Steven Hyden is the author of "Your Favorite Band Is Killing Me: What Pop Music Rivalries Reveal About the Meaning of Life." In an interview last week he said Jackson and Prince both denied that there was ever any real rivalry between them, though they were both extremely competitive.

"I think that they did motivate each other," Hyden said. "They were both such outsized personalities and for both of them playing into the rivalry was good PR."

Especially for Jackson.

In the 1980s, a story made the rounds that Prince declined to participate with Jackson and many other stars in the charity recording of the song "We Are The World." "Michael Jackson looked like a saint and Prince looked like a guy who didn't care about starving children," Hyden said.

Jackson's sound was pure pop pleasure that also showcased his R&B background.

Every single on "Thriller" was radio friendly and featured Jackson's breathy singing style. That and the accompanying music videos showcasing Jackson's distinctive dance style had fans everywhere attempting to Moon Walk.

In contrast Prince's music was more risque, to say the least. With lyrics about condoms and women "masturbating with a magazine," Prince alternated between sexy croons and screaming falsettos -- while shredding on the guitar and doing splits in heels.

They were each energetic showmen who drew comparisons to the hardest working man in showbiz who they once joined onstage together -- James Brown.

And as their careers rose, the 1980s were giving birth to another phenomenon: MTV.

Early videos on the first 24-hour cable music channel featured very few artists of color.

Jackson was the first to kick the music video door open. His stylized videos for "Thriller" were like mini-movies and soon became some of the most popular on MTV. Prince's "Purple Rain" videos likewise helped blaze the trail for other artists of color to be seen around the world.

Savvy businessmen

Both artists were savvy businessmen, but they took different approaches to mega-stardom.

Jackson snapped up the Beatles song catalog and ultimately made millions off it. He knew how important record sales were to his success as a pop star.

"Thriller" remains one of the best selling albums of all time. In 2015 it became the first album to go platinum 30 times, and Jackscon was credited with more than 1 billion album sales during his career.

Prince was less conventional in how he dealt with the business.

Kim Berry, his hairstylist of almost 30 years, told CNN he loved going around record labels to show he didn't need them to get his tunes out. Once he distributed CDs in Sunday newspapers.

Well before Spotify or Tidal, Prince started the NPG Music Club, a monthly online music subscription service.

He famously scrawled "Slave" on his face while locked in a dispute with his record label and fought hard for the rights to his master recordings.

Prince, who sold more than 100 million records in his lifetime, made some records that were decidedly not big sellers.

"Michael Jackson was a person who openly courted commercialism. He wanted to sell records," Hyden said. "Then you had Prince, who had 'Purple Rain' and then puts out these records after that were not very commercial."

Fans mourn

In the end, their lives and careers were in very different places, but both died surrounded by tragedy and mystery.

When Jackson died of acute propofol and benzodiazepine intoxication, his career had been stained by earlier accusations that he molested boys. Jackson vehemently denied that he was a pedophile, and in 2005 he was found not guilty of 14 criminal charges connected to accusations he had molested a boy.

At the time of his death Jackson was poised to start a tour that was supposed to be his comeback and help pull him out of debt. Instead he suffered cardiac arrest at the hands of his doctor in an attempt to get sleep.

It's not yet known what caused Prince's death.

The Bad Boy, known for his raunchy lyrics and love affairs, had publicly transformed himself into a devout Jehovah Witness -- ironically, the religion of Jackson's youth. Prince told Rolling Stone magazine last year that he was celibate.

In the weeks since Prince's death, people who loved his music struggle to come to terms with reports that opiate drugs may have played a part in his death.

Like Jackson, his death also came amid a tour: Prince died one week after performing two shows as part of his "Piano & A Microphone Tour" in Atlanta.

The deaths of two big music industry celebs at such a young age naturally draws comparisons. But when the pair is Prince and Michael Jackson, who had so much talent and so much in common, the grief burns as red hot as did their stars.

Source: CNN.com

エステートより:「One」のイベントで、NAME THAT TUNE!

今年もラスベガスでマイケルの誕生日を過ごそうと多くにみなさんが計画を立てていることと思います。バースデー・ウィークエンドのイベントについては順次フェイスブックでお知らせしていますが、フェイスブックよりも早くみなさんにお伝えします。

マイケルの誕生日の8月29日(月)、 マンダレイ・ベイのMichael Jackson ONE Theaterにて「NAME THAT MICHAEL JACKSON TUNE! 」というゲームを開催します。参加者はシアター内にいる登録した方の中から選ばれます。参加希望の方はここをクリックして登録してください。 13歳以上であればどなたでも参加できます。ゲームに参加しなくても、他のファンがマイケル・ジャクソンの曲についての知識を競っているところを見物するのはとても楽しいことと思います。ゲスト司会者が進行、上位3人までが表彰されます。あなたのマイケル・ジャクソンの知識を自慢するチャンスを見逃すな!



バースデー・ウィークエンドのMichael Jackson ONEのチケットをまだお持ちでない方、こちらをクリック。

ソース:MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

FYI : フリードマン : プリンス、ビデオ製作会社をスタート

マイケル・ジャクソンの息子のプリンスが企業家としてスタートした。

去る3月にカリフォルニアで「King's Son Productions」というビデオ製作の会社を立ち上げた。有限責任会社(LLC)として登録されている。

プリンスの最初の行動としてSco Tripletsというゴージャスな姉妹との契約を済ませている。

社名は父親のキング・オブ・ポップに因んでいる。すなわち、King's Sonである。彼はロヨラ・メリーマウント大学に在学中だが、将来をショービジネス界に描いていることは明らかだ。

私が思うに、彼はうまくやるだろう。たとえ、マイケル・ジャクソンの取り巻きだったオマー・バティのビデオを製作していても。20年前、マイケルはチュニジアでマイケルのモノマネをしているこのノルウェー人の子供を発見した。マイケルはこの子供を手元に置き、その両親をネバーランドのナニーと雑用係として雇った。マイケルが亡くなって以降、オマーは「兄」としてジャクソン家にしがみついている。

一方で妹のパリスは、ラスベガスのスター、クリス・エンジェルとマジック・スペシャルに今秋出演する契約を結んでいる。

EXCLUSIVE Michael Jackson’s Son Prince Starts Video Production Company, Signs First Act (Gorgeous Triplets)

■Michael Jackson’s son, Prince, is becoming an entrepreneur.

He’s started a real video company called King’s Son Productions, registered as a limited liability corporation this past March in California.

And Prince has signed his first act, gorgeous matching sisters called the Sco Triplets.

Prince named his company after his father, the King of Pop, hence King’s Son. He’s attending Loyola Marymount College and is obviously planning a future in entertainment business.

I think he’ll do just fine even though he’s also putting out a video by Michael Jackson hanger-on Omer Bhatti. Twenty years ago, Michael plucked found this Norwegian kid doing Jacko imitations in Tunisia. (Omer is Norwegian.) Michael kept the kid, and hired his parents as a nanny and gofer at Neverland. Since Michael died, Omer has latched himself onto the Jacksons as an older “sibling.”

Meantime, sister Paris has signed to appear in a magic special this fall with Las Vegas star Criss Angel.

Source : showbiz411

オマー・'O-Bee'・バティ、プリンスがプロデュースしたビデオ「Automatic」を初公開

ラッパーのオマー・'O-Bee'・バティが最新シングル「Automatic」のビデオ・クリップでスーパー・ヒーローを演じている。ビルボードで初公開した。1週間もかからずに撮影されたこのビデオ・・・監督はクリス・ペレス、プロデュースはマイケル・ジャクソンの息子のプリンス・マイケル・ジャクソン・・・は、コラボーレーションによるアーティスティックなビジョンである。

「僕は何かを生み出すことで成長するんだ」とオマーはビルボードに対して語った。ビデオのコンセプトはプリンスの最初のアイディアから閃いたんだ。ショート・フィルム風のビデオを作りたかったんだよ。僕はマイケル・ジャクソンの指導を受けて育ったから、映画的なアプローチは自然だったね。MJは自分のビデオについてよくこう言っていたよ。『これはミュージック・ビデオじゃない。僕はショート・フィルムを作るんだ』ってね。それがこびりついているんだと思う」。

「Automatic」を生み出したアイコンはキング・オブ・ポップだけではない。オマーはディディに対してもシャウトアウトしている。ディディの90年代のBad Boy的な手法がこの曲のフックに影響を与えている。

プリンス・マイケル(このビデオに同じく出演)がこう付け加える。「父が昔作った映画的ミュージック・ビデオがヒントになってるんです。このビデオの製作過程のことは説明が難しいです。仕事のようには思っていませんでした。幸運にも親しい友人との仕事でしたし、クルー全員から多くを学びました。このプロジェクトで仕事をしたことは、夢がかなう第一歩のように思っていました。セットに入って、巨大なセットを見て、そして実感したんです。『これをやるんだな』って」。

「Automatic」は、プリンス・ジャクソンのKing's Son Productionsからの最初のフルサイズ作品となる。オマーのEPは今年後半に発売される予定。

「Automatic」で展開される大騒ぎはこちら。


■Rapper/Singer Omer 'O-Bee' Bhatti Debuts Prince Michael Jackson-Produced 'Automatic' Video: Premiere

Rapper/ singer Omer "O-Bee" Bhatti plays super hero in the clip for his latest single "Automatic," making its debut on Billboard. Shot in less than a week, the video -- directed by Chris Perez and produced by Michael Jackson's son, Prince Michael Jackson -- was a collaborative artistic vision.

"I thrive off of creating something," the Norwegian rapper tells Billboard. "The concept of the whole video was sparked from Prince's first ideas for the video. We wanted to make a short-film type of video. Since I grew up under the mentorship of Michael Jackson, taking the cinematic approach came natural to me. I remember MJ used to say about his videos, 'They are not music videos -- I make short films.' I guess that stuck with me."

The King of Pop isn't the only icon who inspired "Automatic" -- Bhatti also shouts out Diddy, whose Bad Boy ways in the 90s inspired the song's hook.

Prince Michael, who also stars in the clip, adds, "It’s inspired by the cinematic music videos that my dad made back in the day. It's hard to describe what it was like working on this video. It didn't feel like work -- I was learning so much from all the crew members as well as having the good fortune to be working with close friends of mine." He continues, "Working on this project felt like the beginning of a dream come true. I remember being on set and seeing the magnitude of the set and realizing, 'Wow, we're really doing this.'"

"Automatic" serves as the full-length production debut from Prince Michael Jackson's King's Son Productions. O-Bee's forthcoming independent EP is slated for release later this year.

Watch the mayhem unfold in the "Automatic" video below.

Source: billboard.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ