Honoka MoriyamaのMJトリビュート

マイケルは世界中のダンサーやアーティストたちを触発し続けている。彼の音楽とダンスへの愛は地球の隅々まで決して絶えることはない。今回は、日本人振付師/ダンサーのHonoka Moriyamaだ。彼女は最近、8人の素晴らしいダンサーを集めてキング・オブ・ポップへの素晴らしいトリビュートをプロデュースし、マイケル・ジャクソンから受けた影響の大きさを誇示することで彼を讃えている。

このビデオでは、彼女たち9人のダンサーの並外れたダンスとHonokaによる見事な振付が紹介されている。彼女たちのエネルギーと、まばたきをすると見逃してしまうほどの素早いムーヴは、ビデオを見た者がひとり残らず「これこそタイト!」と表現している。

マイケルの有名な曲、「Dangerous」、「Smooth Criminal」、「Bad」、「Jam」、そして最後の「They Don't are About Us」に対する振付には、"WoW"な要素が確かにある。間違いなく傑出しており、マイケルにも印象付けられるであろうパフォーマンスだ。

Honokaたちのような人々が、マイケルが生きているというマジックをつないでいる。

Michael Jackson 【Honoka Moriyama×My Super Kids】 from Honoka Moriyama on Vimeo.



■Honoka Moriyama Pays Tribute To MJ

Michael continues to inspire Dancers and Artists from all over the world. The love for his music and his dancing is never ending in every corner of the globe. This time it’s Japanese Choreographer and Dancer Honoka Moriyama honouring Michael as she recently gathered a group of eight incredible dancers to produce an amazing tribute to the King of Pop and to show how he has inspired her with dance.

The video showcases the nine dancers’ exceptional dancing and the brilliant choreography by Honoka. Energetic, with moves so fast that if you blink you may miss, it has been described perfectly as “this is tight!” by those that have witnessed the video already.

Choreographed to some of Michael’s most famous songs, ‘Dangerous,’ ‘Smooth Criminal,’ ‘Bad,’ ‘Jam,’ and ending with ‘They Don’t Care About Us’ with the credits, this video certainly has the ‘Wow’ factor! A definite standout and one that would have easily impressed Michael.

It’s people like Honoka, who help keep the magic that was Michael alive.

Source: Honoka Moriyama & MJWN

キャサリン・ヘプバーンとマイケル・ジャクソンの友情

ジョーン・クレイマーとデヴィッド・ヒーリーによる4月16日発売の新著「In the Company of Legends」で、彼らの35年にわたるハリウッドの偉人たちへのインタビューが紹介されている。

80年代初頭のキャサリン・ヘプバーンとのインタビューの際、彼女がほかならぬマイケル・ジャクソンと親交があることを彼らは知った。以下はその抜粋である。

「『黄昏』の撮影でニューハンプシャーのスコーム・レイクにいる時にマイケルに会ったんです。彼はジェーン・フォンダを訪ねてきたんですよ。二人はその当時すでに友だちだったのです。彼女が彼を私に紹介しました。彼はとてもソフトな話し方で、とても優しかったです」とケイトは言った。

「ジェーンは私にこう言いました。『私、週末はLAに戻らなければならないんです。マイケルのことお願いできませんか?』私はこう言いました。『この子と一緒にいろって?ほとんど知らないのに』」。

「『あら、すぐに忙しくなりますよ。彼はあなたの大ファンなんです』と彼女は言いました。彼女は古い一軒家の屋根裏に彼のために部屋を用意していたのです。土曜の朝にそこへ行くと、その部屋はまるでハリケーンの直撃を受けたみたいでしたよ」。

「私は言ったんです。『マイケル、すぐにこの場所を片付けなさい。今すぐです」。すると彼は言いました。『はい、ミス・ヘプバーン』。ほとんど聞き取れない声です。そして彼は散らかった服を拾い上げて椅子に積み始めました。『あなた、自分で洗濯しないの?』と私が言うと、彼は『誰かがいつもやってくれるんです』と答えました」。

「『私と一緒に来て。通りにあるコインランドリーに行きますよ』と私は言いました」。
ケイトはマイケルに、25セント玉をどうやって洗濯機へ入れるかを教えたのである。

■Katharine Hepburn Friendship With Michael Jackson

In their new book, ‘In the Company of Legends’ ― due out April 16 ― Joan
Kramer and David Heeley share stories of interviewing Hollywood greats
over their 35-year career as documentarians.

Preparing to sit down with Katharine Hepburn in the early ’80s, they
discovered she had an unlikelyfriendship with none other than Michael
Jackson. Read an excerpt from the book below.

Joan and David’s book, ‘In the Company of Legends.’ (Photo Credit: R/R)

“I met Michael when I was up at Squam Lake in New Hampshire making On
Golden Pond, and he came to visit Jane Fonda,” Kate said. “They were
already friends. She introduced him to me, and he was very soft-spoken
and sweet.”

“Then, Jane said to me, ‘I have to go back to LA for the weekend. Could
you look after Michael?’ I said, ‘What the hell am I supposed to do with
this kid? I hardly know him.’”

“‘Oh, you’ll find things to do,’ she said. ‘He’s crazy about you.’ She’d
found him a room in the attic of an old house. When I went there on
Saturday morning, the room looked like a hurricane had hit it.”

Katharine (left) and Michael (right). (Photo Credits: Getty Images)

“I said, ‘Michael, clean up this place ― right now.’ And he said, ‘Yes,
Miss Hepburn,’ in a voice I could hardly hear, and he began picking up
all those clothes and piling them on a chair. I said to him, ‘Don’t you
ever do your laundry?’ And he said, ‘Someone usually does that for me.’”

“I said, ‘Come with me. We’re going to a laundromat just down the
street.’” Kate showed Michael how to feed quarters into the washing
machines.

Read More:
http://www.closerweekly.com/posts/inside-katharine-hepburn-and-michael-jackson-s-secret-friendship-54808

Source: Closer Weekly / CLOSER STAFF / MJ-UPBEAT.COM

ジャクソン5とバッハのファンキーな共演!

1770年代と1970年代を衝突させたらどうなるか?ピアノ・ガイズがジャクソン・ファイヴとバッハでそれをやった。ジャクソン・ファイヴの古典「I Want You Back」とバッハの輝かしい名曲5曲のマッシュアップを製作したのである。そして、「I Want You Back」の楽しくてファンキーなカバー、そしてビデオが完成した。

彼らの説明はこうだ。

「1770年代のハープシコードを、1970年代のトークボックスに真正面からぶつけたらどうなるか?J・S・バッハとジャクソン・ファイヴが出会い、ジャムセッションをしたら?調和するだろうか?見当がつくだろうか?こうしたことは、これらのリックを録音し、そしてフィルムを作っている時に、私たちが自問した現実離れした疑問である。私たちは、ダンディなカツラとファンクでサイケな最先端の衣装でギグをやってみることにした。どんなことが起きるか見てみようとしたのである。

ジャクソン・ファイヴのファンキーな「I Want You Back」をバッハの名曲5曲とマッシュアップした「I Want You Bach」を紹介しよう。

これらのサウンドは、ご覧の楽器で作られたものだ。トークボックス(70年代によくつかわれたがチェロと一緒に使われたことは一度もない!)で作った「I Want You Back/Bach」という言葉が織り込まれている。どうなっているか説明しよう。スティーヴが、フットペダルがつけられたマイクロ・スピーカーを通してチェロを演奏している。このサウンドは管を通り、そして彼の口まで届く。彼はその音を実際の言葉に整形している。私たちが知る限り、エレキ・チェロやグランドピアノ、ハープシコード、バロック・チェロ、トークボックス、そしてキックドラムでギグが行われたことは一度もない。これは70年代のバトルである。1770年代と1970年代だ。

フィル(ジョン・シュミット)が特注のハイブリッド・グランドピアノの鍵盤をなで、スクービー(スティーヴン・シャープ・ネルソン)が5弦のエレキ・チェロをキックドラムとともに刻む。逆に、サー・レジナルド(同じくスティーヴ)が1700年ころのレプリカのバロック・チェロを弾き、デューク・ジョアン(ジョン・シュミット)がハープシコード(ヘイルセンター・シアターが設計)を弾いている。ビデオ中のほとんどは、沈むピアノとチェロの土台からスクービーとフィルのディスコ衣装、そしてジョアンとサー・レジーのスカーレット・ピンパーネルの正装のローブまで、ヘイルセンターから提供を受けている。

この映像は4Kの解像度で撮影され(1080pから飛躍的に発展し、新たな「HD」となった)、静止映像へのズーム・イン/アウトに自由度と柔軟性が向上した。このため、私たちはジョンとスティーヴが2種類のジャムセッションをしているというイリュージョンを創り出すことができたのだ」。

ピアノ・ガイズはこの種のカバーやビデオ製作を数多く行っており、一方でマイケル・ジャクソンがクラシック音楽をいかに愛していたかはファンなら知っている。だから、マイケルがピアノ・ガイズの創造性を大いに評価したであろうことは間違いない。

「I Want You Bach」はこちら。


■The Jackson 5 & Bach Get Funky!

What if the 1770’s collided with the 1970’s? The Piano guys have done exactly that with The Jackson 5 and Bach by taking the Jackson 5 classic ‘I Want You Back’ and mashing it up with 5 illustrious themes written by J.S. Bach. The result is the fun and funky cover and video ‘I Want You Bach.’

Here is their story behind the song:

“What if the harpsichord from the 1770s hit headlong into the talk box from 1970s? What if J.S. Bach and Jackson 5 met up and just jammed? Would they jive? Can you dig it? These are the kind of far out questions we asked ourselves as we laid down these licks and cut this film. We decided to put together a gig with two wigs in dandy attire and two hep-cats in some funkadelic threads to see if it would fly.

Presenting… ‘I Want You Bach’ – Jackson 5’s funky ‘I Want You Back’ mashed-up with 5 illustrious themes written by J.S. Bach.

All the sounds you hear were created by the instruments shown – including the words “I Want You Back/Bach” simulated by a “talk box” (popularly used in the 1970’s, but never with a cello!) Here’s how it works: Steve plays cello notes through a micro speaker built into a foot pedal, the sound then travels through a tube and into his mouth where he shapes the notes into actual words. To our knowledge the likes of electric cello, grand piano, harpsichord, Baroque cello, talk box, and kick drum have never gigged together. Until now. It’s totally the battle of the 70’s – the 1770s and the 1970s.

Phil is tickling the ivories of a custom-built hybrid grand piano, while Scooby shreds on a custom 5-stringed electric cello complete with a sidecar kick drum. Conversely, Sir Reginald is playing a circa-1700-replica Baroque cello and Duke Johann is playing an actual harpsichord that was built and designed by Hale Centre Theatre. In fact, nearly everything you see in this video was provided by Hale Centre Theatre – from the sinking Piano/Cello platform down to the disco duds of Scooby and Phil opposite the Scarlett Pimpernel robes arrayed upon Johann and Sir Reggie.

We filmed this using 4K resolution (a huge step up from 1080p and quickly becoming the new “high def”), allowing for more freedom and flexibility to zoom in and out of static shots, which helped us create the illusion that two different versions of Jon and Steve were jamming together.”

The Piano Guys definitely did a lot of work making this cover and video and we know how much Michael loved Classical music, so I am sure that Michael would have greatly appreciated their creativity.

Listen to “I Want You Bach” here:

Source:The Piano Guys & MJWN

フリードマン:パリスが2年ぶりに帰宅

paris-and-joe-watermarked1-700x352.png

独占情報。私の情報源によると、パリスは帰宅している。マイケル・ジャクソンの娘が2年ぶりにカラバサスの家族の元へ戻っている。2013年の6月、ツイッター上では威勢がよくて楽しい子供であり、家族の一部勢力に対して祖母を守ってきたパリスは、精神的に問題を抱えていた。自殺を試みたといううわさもある。家族は彼女をユタ州の全寮制の学校へ送った。父親のことできちんと喪に服し、悲しみや名声と付き合う術を身につけさせるためだ。

そして現在、パリスは家にいる。先日は、ジャクソン家のウィリー・コヨーテ、祖父ジョー・ジャクソンが彼女を訪問した。情報源から私は何枚か写真を入手した。そのうちの1枚をここに掲示する。情報源によると、パリスはユタの学校を出て、しばらく家に帰りたいと思っている。彼女がユタに戻るのか、あるいは他の私立学校へ行って卒業するのかは明らかではない。聞いた話では、「彼女は人々の手助けがしたい、彼女が一生懸命にしたいのはそういうことなのです」ということだ。それは、プロのセレブになるよりは大変良いことだ。それに写真をご覧いただきたい。彼女は笑っている。背が高く、美しい。終わり良し、ということだろう。

お帰り、パリス。パパラッチやマスコミが静かにしてくれますように。君にもプライバシーはある。

■Exclusive: Paris Jackson, Michael Jackson’s Daughter, Home and Happy After Almost 2 Years

EXCLUSIVE Paris Jackson is home. My sources tell me that Michael Jackson’s teenage daughter is back with her family in Calabasas, California after almost two years. In June 2013 Paris– who’d been a feisty, funny kid on Twitter, and had stood up for her grandmother against forces in their family– had emotional problems. There was talk that she’d attempted suicide. Her family moved quickly, and sent her to a boarding school in Utah so she could properly mourn her father and gain skills for coping with grief and fame.

And now, Voila!, Paris is home. She was visited recently by grandpa Joe Jackson, the Wily Coyote of the Jackson family. A source sent me some pictures, one of which I have reproduced here. Paris had wanted to leave the Utah school and come home for a while, sources say. It’s unclear if she will return to Buckley Hall or finish high school at another private school in the area. I am told that “she wants to help people, that’s what she wants to do with her life.” Which is a lot better than being a professional celebrity. And look at the pic– she’s smiling, tall, and beautiful. A happy ending, to be sure.

Welcome home, Paris. And may the paparazzi, as well as the press, leave you alone. You deserve some privacy.

Source:Showbiz411.com

ジェイミー・フォックスとDJマスタードのPYT

ジェイミー・フォックスとDJマスタードが2チェインズと組んで新曲「Party Ain’t a Party」を製作したが、この二人が今度はマイケル・ジャクソンの古典「Pretty Young Thing」のカバーを共同で製作した。

「Annie」や「Django Unchained」、「God Digger」で知られるスターで、俳優でもあるジェイミー・フォックスは、1983年の「Thriller」からのシングル「P.Y.T. (Pretty Young Thing)をカバーしたということにはなっているが、DJマスタードのひねりを加えて全くの新曲のようなサウンドとなっている。

それがこちら!


■Jamie Foxx & DJ Mustard Rework ‘PYT’

Jamie Foxx and producer DJ Mustard recently teamed with 2 Chainz on a new song ‘Party Ain’t a Party,’ and now the duo have collaborated in making Michael Jackson’s classic ‘Pretty Young Thing’ their own.

“Annie and Django Unchained” star, ‘God Digger’ hook man, and general actor/singer

Jamie Foxx have made what is nominally a cover of Michael’s 1983 ‘Thriller’ single ‘P.Y.T. (Pretty Young Thing,)’ but with a very DJ Mustard twist that it sounds almost like a completely new song.

Here’s the remake!

Source: Fuse & MJWN

ネバーランドで犯罪との通報

サンタバーバラ郡保安官事務所と捜査関係者が3時間あまりかけてネバーランドの建物や周囲の捜査を行った。犯罪が行われているとの通報があったためだ。保安官事務所によると、何も発見できなかったという。

ネバーランドはマイケル・ジャクソンの元住居である。

「犯罪やその他の疑わしいことが行われているとの証拠は全くありませんでした」と広報官ケリー・フーバーは述べた。捜査員の派遣は、保安官事務所の緊急性を要しない電話に対し、犯罪が行われているとの通話があったことへの対応だという。

neverland_1.jpg

■Authorities searching Neverland Ranch after call to sheriff’s office

The Santa Barbara County Sheriff’s Office and other law enforcement agencies spent three hours searching the structures and surrounding property of Neverland Ranch on Tuesday after a report that a crime was being committed. According to a sheriff’s spokeswoman, they found nothing.

Neverland Ranch is the former home of pop star Michael Jackson.

“There was no evidence of a crime or anything suspicious in nature,” said Kelly Hoover, spokeswoman for the sheriff’s office.

Authorities responded to the Santa Ynez Valley property after someone called the sheriff’s non-emergency line and reported a crime.

Read More: http://www.latimes.com/local/lanow/la-me-ln-neverland-ranch-20150317-story.html

Source: LA Times / Ryan Parker / MJ-UPBEAT.COM
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ