Billie Jeanはホール&オーツにヒントを得ていた!

コンサート映画「Hall & Oates: Live In Dublin」の試写会で伝説のデュオ、ホール&オーツがHuffPost Liveの取材に応じ、45年のキャリアについて語った。その中には、マイケル・ジャクソンが彼らから曲を借用したことを認めた時のことも含まれていた。

HuffPostのブライアン・ヤングは、マイケル・ジャクソンの「Billie Jean」はホール&オーツの「No Can Do」にヒントを得たものだ(マイケル・ジャクソンが2人のところへ出向き、「I Can’t Go For That」のベースラインをヒントにしたと伝えた)とどこかで読んだことがあるが、事実かと2人に尋ねた。

ダリル・ホールはこう答えている。

「『We Are The World』のセッションの時、マイケルが僕のところへやって来て『やあ、”No Can Do”をちょっと盗んだんだけど、構わないかな?』って言ったんだ。"No Can Do"を盗んだってどういう意味だい?って聞いたら、

『いや、"Billie Jean"に使わせてもらったんだよ』

って言うんだけど、僕には"No Can Do"には聴こえなかったよ。でも彼の頭の中ではそうだったんだ。ヒントにしたんだからね。彼は僕にそう言った。彼がそんなこと言うなんてクールだなと思ったよ」

インタビューはこちら:


ホール&オーツの「I Can’t Go For That (No Can Do)」:


マイケル・ジャクソンの「Billie Jean」:


■Michael Was Inspired By Hall & Oates’ Song!

Whilst in London for the screening of their concert film “Hall & Oates: Live In Dublin,” the legendary duo stopped by HuffPost Live on Wednesday, to share stories from their 45-year career — including the time Michael Jackson admitted to borrowing from them.

Brian Young from HuffPost asked the famous duo if there was any truth to him having read somewhere once that Michael Jackson’s ‘Billie Jean’ had been inspired by their song ‘No Can Do.’ He had read that Michael came up to them and had said that he had been inspired from the bass line of ‘I Can’t Go For That.’

Daryl Hall replied by saying,

“When we were doing the ‘We Are The World’ session, Michael came up to me in conversation and said, “Hey Man, I hope you don’t mind if I stole ‘No Can Do.’

When Daryl replied, “What do you mean you stole ‘No Can Do?’ ”

Michael said,

“No Man, I used it for ‘Billie Jean.’ “

Daryl continued to say, “Doesn’t sound like ‘No Can Do’ to me, but that was in his head because it inspired him. He said that to me. I thought that was pretty cool that he said that.”

Watch the interview here:

Here’s Hall and Oates’ “I Can’t Go For That (No Can Do.)”

Here is Michael’s legendary ‘Billie Jean.’

Source: HuffPost Live & MJWN

不法死亡訴訟は州最高裁へ?

マイケル・ジャクソンの母親キャサリン・ジャクソンは、コンサート・プロモーターAEGライブを相手取った不法死亡訴訟をカリフォルニア州最高裁 判所へ持ち込もうとしている。

控訴裁判所での再審理を棄却されたキャサリン・ジャクソンの次のステップは、さらに高位の裁判所であると、彼女の弁護士がデイリー・ニュースに対 して語った。

「私たちはカリフォルニア州最高裁に向かおうとしています。控訴裁判所はポイントとなるべき点を見落としています」とケヴィン・ボイル弁護士は述 べた。

ボイルによると、キャサリン・ジャクソンは、息子の死に対してAEGには責任があるとの立場を貫いているという。

彼女の弁護団は、1月22日にカリフォルニア州控訴裁判所に対し控訴の主張を行ったが、その1週間後に判事団は元の陪審員の評決を支持し、控訴審 手続きにおけるAEGライブと二人の重役らが要した裁判費用の支払いを認定した。

それに対しキャサリン・ジャクソンは、2月17日に審理を要求する手続きをとったが、それが棄却されたことが金曜日に裁判所のウェブサイトに公表された。

「私たちは敗者であり勝たないことになっているのです。しかし、私たちは法律的事実の下、勝利すべきであると考えています」とボイル弁護士は、先月のロサンゼルスでの1時間にわたる審理の後に述べている。

「キャサリンは息子を失ってとても悲しい思いをしています。そして正義を見たいと強く願い、希望通りの結果を待ち望んでいます」。

2013年の最初の異議申し立て(2013年11月)では、事実審の判事は、AEGの過失および雇用についての主張を誤って退け、また、問題のある評決用紙を陪審員に配布したと主張していた。

これに対しAEG側の弁護士は、AEGの重役らは、マイケル・ジャクソンのツアー専属医が、密室だった寝室で、通常は病院で投与される危険な麻酔薬を睡眠補助のために投与しているのではと疑う理由はなかったと主張した。

一方これとは別の刑事裁判では、コンラッド・マーレー医師は、適切な監視および救命装置を用いずにマイケル・ジャクソンにプロポフォールを致命量投与したとして過失致死罪で有罪評決を受けている。

■Katherine Jackson Taking wrongful death suit to Supreme Court?
Michael Jackson’s mom is heading to the California Supreme Court for the wrongful death claim against concert promoter AEG Live.

The music matriarch was denied a re-hearing of her appeal by a lower court Friday, so the next step is an even higher authority, her lawyer told the Daily News.

“We are going to the California Supreme Court. The Court of Appeals missed the point,” lawyer Kevin Boyle said.

Katherine Jackson remains committed to holding AEG responsible for her legendary son’s death, Boyle said.

One of her lawyers argued her appeal before the California Appeals Court on Jan. 22, but the panel of justices affirmed the original jury verdict a week later and awarded AEG and two executives their costs on appeal.

Katherine then filed her request for rehearing on Feb. 17, with the denial posting on the court website Friday.

“We’re the underdog and we’re not supposed to win. But I think we should win under the facts of the law here,” Boyle told The News after the hour-long Appeals Court hearing in Los Angeles last month.

“Katherine very much misses her son, and she very much would like to see justice done and is hoping for a favorable result,” he said.

Katherine’s initial appeal, filed in November 2013, claims the original lawsuit’s trial judge incorrectly dismissed negligence and employment claims, and allowed the jury to receive a faulty jury verdict form.

Lawyers for AEG have argued that concert executives had no reason to suspect Jackson’s tour physician was giving the “Thriller” singer dangerous doses of a hospital-grade anesthetic behind closed bedroom doors to help him sleep.

In a separate criminal trial, Dr. Conrad Murray was convicted of involuntary manslaughter for giving Jackson a lethal dose of propofol without proper monitoring and live-saving equipment.

Source: ndillon@nydailynews.com / NYDailyNews / MJ-UPBEAT.COM

Link: http://www.nydailynews.com/entertainment/gossip/michael-jackson-mom-lawsuit-calif-supreme-court-article-1.2132288

ケンドリック・ラマー、ニューアルバムをプリンスに聴かせる

故マイケル・ジャクソンの息子プリンスが、ケンドリック・ラマーと映った写真をツイッターに投稿した。そのキャプションで彼は、ラマーの次のアルバムからの新曲を聴かせてもらったと明かしている。

ファンがニューアルバムを待望している中、ケンドリック・ラマーはプリンス・ジャクソンをプライベート・リスニング・セッションに招待していた。ラマーは最近、故マイケル・ジャクソンの息子であるプリンスと会い、ニューアルバムから数曲を聴かせたのである。

プリンスは2/24にツイッターに写真を投稿してこのセッションについて明かしている。18歳になった彼はこの写真について、「ケンドリックに会い、@RealOBeeと一緒に次のアルバムの新曲を聴かせてもらえてとても光栄です」と説明している。




高評価を得た2012年のデビュー・アルバム「good kid, m.A.A.d city」に次ぐ新作は製作中だが発売日の正式は発表は行われていないが、リードシングルの「i」は先日のグラミー賞で最優秀ラップ・パフォーマンスと最優秀ラップ・ソングを受賞した。さらにセカンドシングルの「The Blacker the Berry」もすでに発表している。

■Kendrick Lamar Plays New Album for Prince Jackson

The son of the late legendary singer shares on Twitter some photos of him posing with Lamar and reveals in the caption the Compton rapper has treated him to a few new songs off his upcoming album.

While fans are eagerly waiting for his new album, Kendrick Lamar has treated Prince Jackson to a private listening session. The Compton rapper recently met with the son of the late legend Michael Jackson and let him listen to a few of his new songs.

Jackson revealed the meet-up in a couple of photos he posted on Twitter on Tuesday, February 24. The 18-year-old teen captioned the images, “Had the great honor of meeting Kendrick and hearing some of his new tracks for his upcoming album with @RealOBee.”

The follow-up to Lamar’s 2012 acclaimed debut album “good kid, m.A.A.d city” has been in the works for a while, but it still has no official release date. The upcoming effort is led by single “i” which recently won two Grammys for Best Rap Performance and Best Rap Song. He has also released the LP’s second offering, the powerful “The Blacker the Berry”.

LINK: http://www.aceshowbiz.com/news/view/00080541.html

Source: AceShowbiz / MJ-UPBEAT.COM

ティト、ブランケットの音楽業界での可能性や未発表のMJ素材について語る

ティト・ジャクソン(61)は弟マイケル・ジャクソンが2009年の6月に亡くなって以来、彼の子供たち、プリンス、パリス、ブランケットたちに積極的な役割を演じてきた。3人についてティトは、父親の音楽の道を追いたがっているように見えるのはブランケット(本名:プリンス・マイケル・ジャクソンⅡ)だと述べている。ティトはブランケットが歌手になるのを出助けしたいという。

水曜日にロンドンで開催されたNMEアワードでBANG Showbizに語ったところによると、「ブランケットは音楽が大好きだからそうなるのを見ることになるだろう、プリンスは映画の方、監督だね」。

ブランケットと仕事をする計画について尋ねれ、ティトは、「そうだね。ぜひとも彼の手助けをしたいと思っているよ。うちは指導ができるような大きなファミリーだ。ブランケットはとてもよくやっているよ」。

またティトは、今後アルバム・リリースするための元となりうる未発表のマイケルが録音した音源がまだあると明かした。マイケルの新曲の可能性を語る中でティトは、「弟が録音しながらリリースしなかった素材があるんだ。ソロのものや、モータウン時代のジャクソン・ファイヴのものもあるよ。これから20年あるいは30年間でリリースされるかもしれないよ」と述べている。

blanket_2.jpg

■Tito Jackson talks about Blanket’s potential in the music industry and stacks of unreleased Michael Jackson material

Tito Jackson (61) has been playing an active role in the life of his brother Michael Jackson’s kids, Prince, Paris, and Blanket, 12, since his brother died in June 2009. Of the three children Tito says it is Blanket – real name Prince Michael Jackson II – who is showing signs of wanting to follow in his famous father’s musical footsteps and he wants to help him become a singer.

Speaking to BANG Showbiz at the NME Awards in London on Wednesday (18.02.15), he said: “Blanket loves music so we’ll see, Prince is more in to movies and directing.”

When asked if he planned on working with Blanket, Tito added: “Yes, I would love to help him. We’ve got a big family to mentor. Blanket’s doing very well.”

Tito has also revealed there is much more unheard material recorded by Michael that could be the basis for album releases for decades. Discussing the possibility of more new music from Michael, Tito said: “There are just stacks of material that my brother has recorded that he hasn’t been released. Solo stuff, even stuff with the Jackson 5 way back from the Motown days. They could release records for the next 20 or 30 years.”.

Original article by Xposé Entertainment.

Source:Xposé Entertainment / LMJ

MJの署名入り「Thriller」の契約書がオークションへ

ビデオ「Thriller」に関するマイケル・ジャクソンの会社Optimum Productionsと全米映画俳優組合(SAG)との契約書が2/26にネイト・D・サンダース・オークションに出品される。希望者はオンラインで入札できる。

マイケル・ジャクソンはこの保障協定契約書に1983年10月にロサンゼルスで署名している。この契約書にはアメリカ著作権局と議会図書館の1983年12月付の鑑定書が付属している。

この契約は、ビデオに出演した20数人の俳優たちへの支払いやSAGの要求項目が網羅されている。ビデオの製作に先立って結ばれたものだ。

マイケル・ジャクソンの画期的な13分のビデオはロサンゼルスのダウンタウンで1983年の10月に撮影された。「Thriller」は史上最も人気のあるミュージック・ビデオであり900万本以上を売り上げた。さらに付け加えるならば、「Thriller」はMTVがワールド・プレミアを行った初のビデオであり、同曲のポップ・カルチャーにおける名声を不動のものとした。

1984年にはグラミー賞の最優秀ビデオ・アルバム賞を受賞("Making Michael Jackson's Thriller")、翌1985年には最優秀長編ミュージック・ビデオ賞を受賞した。1984年のMTVアワードでは「視聴者の選ぶベスト・ビデオ賞」、「最優秀振付賞」、「最優秀パフォーマンス・ビデオ賞」の3賞を受賞した。

2009年にはアメリカ議会図書館が「Thriller」をアメリカ国立フィルム登録簿に登録した。音楽ビデオでは初で、かつ現在のところ唯一である。

入札は2万5000ドルから。
オークションの詳細はこちら

■ Michael Jackson-Signed ‘Thriller’ Contract to Be Auctioned This Week

The contract betweenMichael Jackson’s Optimum Productions and the Screen Actors Guild for the epic music video “Thriller” will be auctioned by Nate D. Sanders Auctions on February 26. Interested bidders may participate in the auction online.

Jackson signed the security agreement contract in Los Angeles on October 10, 1983. Attached to the contract is a December 1983 certification document from the U.S. Copyright Office/Library of Congress.

The contact covered payment and SAG requirements for two-dozen actors in the video. The contract had to be signed prior to production.

Jackson’s groundbreaking 13-minute video was shot in downtown Los Angeles in October 1983. “Thriller” is one of the most popular music videos of all-time, selling over 9 million copies. Additionally, “Thriller” was MTV’s first world premiere video, launching the network into pop culture fame.

In 1984, “Thriller” won a Grammy for Best Video Album. The following year, it was awarded a Grammy for Best Long Form Music Video. “Thriller” won three MTV Awards in 1984, “Viewer’s Choice,” “Best Choreography” and “Best Overall Performance in a Video.”

In 2009, the Library of Congress added “Thriller” to the National Film Registry. It remains the first and only music video to be selected.

Bidding for the contract begins at $25,000.

Additional information on the “Thriller” contract can be found at http://natedsanders.com/LotDetail.aspx?inventoryid=35422.

Read More: http://www.broadwayworld.com/bwwmusic/article/Michael-Jackson-Signed-Thriller-Contract-to-Be-Auctioned-This-Week-20150223

Source: Music Desk News / Broadway World / MJ-UPBEAT.COM

エディ・マーフィ、MJとのデュエットについて語る

コメディアンで俳優、ミュージシャンのエディ・マーフィがガーディアンのインタビューを受け、ニューシングル「Oh Jah, Jah」やリック・ジェームスとの曲作り、映画「ビバリーヒルズ・コップ4」の撮影に長い時間がかかっていることなどについて語った。30分間のインタビューではこの他に、マイケル・ジャクソンとの友情や二人が1993年に作ったシングル「Whatzupwitu」についても語っている。


「最近ローリング・ストーン誌に『僕はくだらない音楽なんか作れない、くだらない音楽というものがわからないから』とお話になりましたね。でも、あなたの1993年にマイケル・ジャクソンと作った『Whatzupwitu』についてはほとんど酷評でした」と話しを向けられ、エディ・マーフィはこう答えている。

「僕は雲の中でマイケル・ジャクソンと踊ったんだ。『Whatzupwitu』がくだらないと思われたって、雲の中でマイケル・ジャクソンと踊っている映像がある人はそう多くはないよね。僕は未来永劫、そういう映像を持っているんだ」と答えている。

確かに!

「それからあなたはマイケルとは古くからの知り合いで、ご自身のスタンドアップ・コメディで彼のモノマネをしていますね、共演の10年前ですが」との問いかけに対しては、

「そう、僕はマイケルとはあの曲ができるかなり前からの知り合いさ。面白いのは、『Delirious』でマイケル・ジャクソン・ネタをやった時、彼をネタにしたのは僕が初めてだったんだ。悪意は全くない。あれは、彼がとてもセンシティブだということに尽きるんだよ。それから歌った。マイケルは『Delirious』を気に入っていたし、遊び心に溢れて面白いものだったんだ」と答えている。

「Delirious」でのMJジョークについては、「Saturday Night Live」で本人を前にしてスティーヴィー・ワンダーのモノマネをしたことと比較して、どういう思いでやっていたのかと尋ねられている。エディ・マーフィはこう答えている

「マイケルとスティーヴィーについては僕は知っていた。僕は彼らと付き合いがあった。僕はからかったりすることができたんだよ。彼らは決して怒るようなことはなかったよ。今の人たちがやっているようなことと比べれば、全く悪意のないことがわかると思う。話を戻すけど、何かを嫌うのは自由だし、『Whatzupwitu』はくだらないと多くの人が思っているかもしれない。そして、それが音楽がクールな理由なんだよ。つまりさ、みんな音楽に対しては理屈抜きの反応をするのさ。気に入った場合でも気に入らなかった場合でもね。聞いたとたんに反応が出るんだよ」。

このビデオでは、エディ・マーフィとマイケル・ジャクソンは空中に立っている。エディはタイトなシャツ、マイケルは子供のように喜んでいる。羽が生えたハートが飛び交い、学校の制服を着た子供のコーラス隊が二人の周りを行進しながら歌っている。この歌が気に入ろうと気に入るまいと、大勢のマイケルを雨のように降らせたり、空飛ぶマイケルの大群や宙に浮く傘のマイケル、マイケルの周りに次々にいろいろなものが現れるなどの映像はとても楽しいものであり、マイケル・ファンは思わず微笑まずにはいられない。なぜ彼がこのビデオを製作して歌ったのか、すべてはキング・オブ・ポップの表情が物語っている。

「Whatzupwitu」のビデオはこちら:


■Eddie Murphy Talks About His Duet With Michael Jackson

Eddie Murphy, comedian, actor and musician was interviewed recently by The Guardian on his new single ‘Oh Jah, Jah,’ making music with Rick James and why Beverly Hills Cop 4 is taking so long. During the 30 minute interview he also talks about his friendship with Michael and the single ‘Whatzupwitu’ that they did together in 1993.

When he was asked, “You recently told Rolling Stone: ‘I can’t make a wack track because I know what wack is.’ But most people panned your 1993 single with Michael Jackson, Whatzupwitu.”

Eddie replied with,

“You know, I was dancing around in the clouds with Michael Jackson. However wack anyone thought ‘Whatzupwitu’ was, there’s not a lot of people that have footage of themselves dancing around in the clouds with Michael Jackson. I do have that for ever.”

He certainly has a point there!

To the statement, “And obviously you’d known Michael, and imitated him in your stand-up about a decade before collaborating,”

Eddie said,

“Yeah, I knew Michael for years and years before that track came out. What’s interesting, when you watch that routine from ‘Delirious’ when I’m doing Michael Jackson jokes, that was actually the first time anybody even did a joke about him. It’s not mean-spirited at all, it’s just all about how he was so sensitive. And then I sang. Michael loved ‘Delirious,’ it was playful and fun.”

He was also asked how did doing Michael Jackson jokes on ‘Delirious’ compare to Saturday Night Live, where he imitated Stevie Wonder while he stood right beside him. Eddie had this to say,

“Michael and Stevie were people that I knew, and they were part of my social circle. I was able to play around and poke fun – they would never get mad. If you look at it, and compare it to the stuff that people are doing now, it’s totally not mean-spirited. And going back to what I was saying, people are allowed to not like something. And maybe a lot of people did think ‘Whatzupwitu’ was wack, and that’s what’s cool about music: you have a visceral response to it, and you either like it or you don’t, as soon as you hear it.”

The video shows Eddie and Michael standing in the middle, Eddie in his tight vest and Michael with a childlike glee while love-hearts are flying around on little love-heart wings and a children’s choir in matching vests are marching around them in school uniform and singing. Like the song or not, making it rain Michael or creating armies of flying Michaels, umbrellas of hovering Michaels, and things appearing randomly on Michael looks like a lot of fun and had to have made many Michael Jackson fans smile. The happy look on the King of Pop’s face really says it all about why he did this video and song.

Watch ‘Whatzupwitu’ here:

Source: The Guardian & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ