最後の望み:マイケル・ジャクソンとの出会い 10のストーリー(その6)

1994年
1994年にブダペストの小児病院を訪問したマイケル・ジャクソンと当時の妻リサ・マリー・プレスリーは、肝臓移植を必要としている幼いベーラ・ファルカシュと会った。ベーラは孤児で、生まれた時に母親に見捨てられていた。そして彼は回復の見込みがなかった。彼の命は、マイケルと彼が設立した基金「Heal The World」が費用を出した手術によって救われた。



1996年にブダペストを再度訪れた際のマイケルとベーラ
Bela Farkas

「Michael Jackson, The Visual Documentary」の著者エイドリアン・グラントは、「一番の成しえたことは何かとマイケルに尋ねたことがあるんです。『ベーラの命を救えたことが僕の人生で最も重要な瞬間だった』とマイケルは率直に話してくれました」と振り返っている。
現在、ベーラ・ファルカシュは元気に過ごしている。最近彼は、かわいい女の子の父親となった。彼は公にすることを避けているが、マイケルが亡くなった時、彼はメディアに以下の言葉を語った。「私は、マイケル・ジャクソンという人をよく知っています。そして、彼は私の命の恩人です」。ベーラの話の詳細は「Why did you choose me?」まで(英文)。

(参考)(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)

■1994

During their visit to a children hospital in Budapest in 1994, Michael Jackson and his then wife Lisa Marie Presley saw little Bela Farkas who needed a liver transplant. Bela was orphaned, his mother had abandoned him at birth, and the boy had no chance for recovery. His life was saved by a surgery that Michael and his foundation ‘Heal The World’ paid for.

Michael and Bela in 1996, during Michael’s next visit to Budapest:

Adrian Grant, the author of “Michael Jackson, The Visual Documentary”, recalls, “I once asked Michael what he considered to be his greatest achievement. ‘Saving Bella’s life was definitely one of the most important moments in my life,’ said Michael honestly.”

Today Bela Farkas is alive and doing well. Recently he became a father of a beautiful newborn girl. He avoids publicity, but when Michael died, he said the following words to the media: “I know who Michael Jackson is, and I know that I owe him my life.” More about Bela’s story – in article “Why did you choose me?”

ソース:Michael Jackson.ru

キャサリン・ジャクソン独占インタビュー(ビデオ)

Windy City LIVE!のヴァル・ワーマーが、マイケル・ジャクソンの母親キャサリン・ジャクソンに対する独占インタビューを行った。親密かつ感情のこもったインタビューだ。

パート1では、マイケル・ジャクソンの音楽の才能を「見出した」のは自分だとキャサリンは明かしている。

パート2の中では感情的になる瞬間も見られ、キャサリンは、コンラッド・マーレーを赦すことについて、そしてマイケル・ジャクソンの人生が騒がしかったころに彼を支えていたことについて語っている。





■Exclusive interview with Katherine Jackson (VIDEO)

Val sat down in an exclusive interview with Katherine Jackson, mother to Michael Jackson, for an intimate and emotional interview.

In Part 1 of the interview, Katherine reveals she was the one who “discovered” her sons had musical talents.

In an emotional moment during Part 2 of the interview, Katherine Jackson talks about forgiving Conrad Murray and supporting her son during a tumultuous time in his life.

For information regarding, Katherine Jackson Presents The 5th Annual Michael Jackson “King of Pop” Tribute Festival of the Arts 2014, check out the Official Michael Jackson Tribute website.

Source: windycitylive / MJ-Upbeat.com

Link: http://windycitylive.com/Exclusive-interview-with-Katherine-Jackson–Michael-Jacksons-mother/9541885

キャサリン・ジャクソン・プレゼンツ 第5回マイケル・ジャクソン・トリビュート・フェスティバル

Officialmichaeljacksontribute.comが、第5回マイケル・ジャクソン・"キング・オブ・ポップ"・トリビュート・フェスティバル・オブ・アートを発表した。このトリビュート・イベントはインディアナ州ゲーリーで、8月28、29、30日の3日間にわたって開催される。

発表によると、今年はこれまでのものとは違うフェスティバルになる予定で、生きるためのアートというテーマに基づくものになるという。

ちょうどジャクソン・ファイヴのような、未発見の才能が紹介されることになる。

野外で開催されるこのイベントには、子供用の展示物や食べ物、飲み物、それに工芸品の販売、クラシック/アンティーク・カーのショー、ダンス・コンテスト、エキシビションなどが準備される。

詳細・最新情報は、Officialmichaeljacksontribute.comをチェックのこと。


■Katherine Jackson presents 5th Annual Michael Jackson Tribute Festival of the Arts

Officialmichaeljacksontribute.com has announced The 5th, Annual Michael Jackson “King of Pop” Tribute Festival of the Arts. The tribute event is held in Gary, Indiana and is spread over three days (28, 29 and 30 August).

The announcement says that this year, the tribute festival will be different from previous years and based on the theme Art for Life.

Undiscovered talent will be showcased, just as the Jackson 5 were at a one time.

The outdoor tribute will include a kids pavilion, food and beverages, craft and art vendors, a classic/antique car show, a dance competition, exhibitions and much more.

Check Officialmichaeljacksontribute.com for updates and more information.

ソース:LMJ

ゲーリーの学校にMJの名がつけられることに

マイケル・ジャクソンが育ったインディアナ州ゲーリーのある学校が、この町の最も有名な息子をたたえて名称が変更される。

どの学校がマイケルの名前を冠することになるかは未定だが、教育委員会は、マイケルの母キャサリンの覚書を承認し、この計画を決定した。

マイケル・ジャクソンにちなんだ校名になる最有力候補は、ジャクソン・ストリート2300番地のジャクソン家の元の家の裏にあるルーズベルト高校である。2003年に故郷を訪れたマイケルはこの学校も訪問しており、名誉卒業証書を授与されている。授与される際、彼は生徒たちに、学校で一生懸命勉強するようにと述べている。マイケルはこの学校には通ったことは一日もないのだが、講堂のステージでの地元のタレントショーで、ジャクソン・ファイヴの兄たちとパフォーマンスをしたことはある。

ゲーリー市はジャクソン・ファミリーの協力の元、学校選びを行っている。ゲーリー校区の責任者シェリル・プルーイットは、

「ゲーリー校区の教育内容の向上のためにジャクソン・ファミリーと緊密な関係を結ぶということは、この学校区、それから町全体にとって大きな利点となりえるでしょう」。

プルーイットによると、今回の名称変更はキャサリン・ジャクソンと話をするうちに持ち上がったという。キャサリンは同校区を支援している。今年初めにマジック・ジョンソンがホストを務めた学校関係のイベント「Gary Promise」では彼女は1万ドルを寄付している。

「彼女はいつも、ここに何かを残したいと思ってくれているんです。ゲーリーの学校に本当に貢献してくれています」とプルーイットはキャサリン・ジャクソンについて述べている。

キャサリン・ジャクソンが署名した覚書にはこう記されている。

「ゲーリー校区はマイケル・ジャクソンをたたえ、そして芸術や勉強に秀でる子供たちを育てようとしているのです」。

high-school.jpg

■Gary Indiana School To Be Renamed For Michael Jackson

A school in Gary Indiana, where Michael Jackson grew up, will soon be renamed in honour of the city’s most famous native son.

It hasn’t been determined which school will bear Michael’s name, however the school board has set the plan in motion after approving a memorandum of understanding with Michael’s mother Katherine.

The front-runner to be named after Jackson is Roosevelt, the ageing high school that looms behind the original Jackson family home at 2300 Jackson St. Michael visited the school back in 2003 during his visit to his hometown and received an honorary diploma from Roosevelt. On receiving the diploma he encouraged students to stay in school and study hard during his visit. Whilst Michael never attended that high school, he performed on its auditorium stage in a local talent show with his older Jackson 5 brothers.

The district is working with the Jackson family to select the school building. Gary Community School Corp. Superintendent, Cheryl Pruitt, said;

“A close relationship with the Jackson family to improve the quality of programs for the Gary Community School Corp. can mean tremendous gains for the school district and the city as a whole.”

Pruitt said the renaming came about in a conversation with Katherine Jackson, who’s been a supporter of the school district. She donated $10,000 during the Gary Promise scholarship event, hosted by Magic Johnson, earlier this year.

“She’s always wanted something left here. She’s really dedicated to the Gary Community Schools,” Pruitt said of Katherine Jackson.

The memorandum of understanding, signed by Katherine states:

“The Gary Community School Corporation seeks to honour Michael Jackson and to inspire children to excel in the arts and education.”

Source: Post Tribune & MJWN

セカンドシングルは「A Place With No Name」だとL.A.リードが発言

Hamptons Magazineが行った最近のインタビューで、マイケル・ジャクソンの最新アルバム「Xscape」のエグゼクティブ・プロデューサーのL.A.リードが、セカンドシングルは「A Place With No Name」になる予定だと語っている。

リードは、1979年のヒット、「Off The Wall」以来マイケル・ジャクソンのソロ・アルバムを製作してきたソニー・ミュージックの一部門、エピック・レコードのトップである。次のシングルは何になるのかという直接的質問に対し、リードは「『A Place With No Name』という曲ですよ。元々はアメリカというグループがレコーディングし、マイケルが新たにレコーディングしたものです。8月11日にリリースしたいと希望しています」と答えた。これはサマー・ヒット「Love Never Felt So Good」に続く曲である。「Love Never Felt So Good」は世界で250万枚が売れている。

「A Place With No Name」は1972年のアメリカの曲「A Horse With No Name」の翻案である。元の曲の一部がサンプリングされ、詞の一部には似ている個所が見られる。90年代後半には一部がレコーディングされており、2009年にはそれがリークされ、そしてアルバム「Xscape」で正式に発表される前の2013年には全編がネット上にリークされていた。アメリカは、マイケルが自分たちの作品を選んでくれたことを光栄に思うと声明を発表している。昨年リークされた際、MTVに対するコメントで、彼らはこう述べている。

「マイケル・ジャクソンがこの曲を選んでレコーディングしてくれたことを光栄に思う。マイケルのレコーディングのクォリティーに感動したよ。世界中のリスナーが聴けるように、そしてマイケル・ジャクソンの他に比べようもない輝きをもう一度体験できるよう、リリースされるといいなと思っているよ。(中略)マイケル・ジャクソンは良くやってくれた。彼のファンと、そして僕たちのファンが全部を聴けるよう願っている。感動的なことだね」。

作曲者のデューイ・バネルはさらにコメントし、マイケルがレコーディングしたということがとにかく誇らしく思うとしてこう述べている。「すばらしい解釈だね。僕が書いたオリジナルを興味深いものにしてくれているよ」。

シングルとしてリリースされる予定の現代化バージョンは、ノルウェー人プロデューサーのスターゲイトがプロデュースしている。MJWNではセカンドシングルに何を希望するかの投票を受け付けたが、「A Place With No Name」が1000票を集めて1位となっている。

■2nd Single: A Place With No Name

In a recent interview with Hamptons Magazine, L.A. Reid, the executive producer of Michael’s latest posthumous album ‘Xscape’, has said that the second single to be released will be ‘A Place With No Name’.

Reid heads up Epic Records, an arm of Sony Music that has produced Michael’s albums since his first solo smash ‘Off The Wall’ in 1979. When asked directly what the next single will be, Reid replied “A song called “A Place With No Name” that was originally recorded by the group America and that Michael redid. We’re hoping to release it on August 11″. This will be the follow up track for the summer hit ‘Love Never Felt So Good’, which has already sold 2.5 million copies around the world.

‘A Place with No Name’ is a play upon the 1972 song ‘A Horse With No Name’ by the band America. The song samples part of the tune and some of the lyrics are similar. A snippet of the song, which was originally recorded in the late 1990s, was leaked back in 2009 and the full song leaked on the Internet in 2013, before it was officially released in May on the ‘Xscape’ album. The band America have since come out to state that they were honoured that Michael chose to sample their work. In a statement to MTV, soon after it was leaked last year, the band said:

“We’re honoured that Michael Jackson chose to record it and we’re impressed with the quality of the track. We’re also hoping it will be released soon so that music listeners around the world can hear the whole song and once again experience the incomparable brilliance of Michael Jackson [...] Michael Jackson really did it justice and we truly hope his fans—and our fans—get to hear it in its entirety. It’s really poignant.”

The original composer, Dewet Bunnell, further commented that he was very proud of the fact that Michael recorded it. “It’s a good version and an interesting derivative of the original that I wrote” he said.

The contemporized version of the song, which will be the publicly released single, was produced Norwegian producers StarGate. In a recent poll on the MJWN website, we asked what fans would like to see released as the second single. ‘A Place With No Name’ won the vote with 1000′s of people voting.

Listen to the song here on Spotify:

Source: Hamptons Magazine & MJWN

「Immortal」、アリゾナへ

それは間もなくやってくる。そして巨大だ。本当に巨大である。アリゾナ州ラフィエットはその多くが見たこともないものを見ることになるだろう。

シルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson, "The Immortal" World Tour」は興行収入が音楽ツアーとしては史上トップ10の一つである。ラフィエットのケイジャンドームで火曜日と水曜日に公演が行われる。

このショーは2011年10月にモントリオールで初披露された。それ以来、北米からヨーロッパ、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、中東を回り、観客にスリルと興奮を届けてきた。

この作品がどれほど巨大なのか。このツアーのシルク・ドゥ・ソレイユの広報、ローラ・シルバーマンに聞いてみよう。

「これは世界で最大のツアー・ショーの一つです。30曲と130人がこのショーを動かしています。『Michael Jackson, "The Immortal" World Tour』は2012年には北米で最も成功したツアーとなりました。その後、世界中を回り全席完売を続けてきました。このショーは大成功となり、現在、音楽ツアーとして史上9位の興行成績を上げています」

このような大規模な作品をラフィエットがどうやって公演にこぎ着けたのか不思議に思う者も多いかもしれない。シルバーマンによれば、このショーの目的はできるだけ多くの人々に見てもらい、そしてマイケル・ジャクソンをたたえることなのだという。

「その一環として、北米に戻り、前回は実現できなかった小さいマーケットを対象にするということがありました。ラフィエットやその他の小さなマーケットで上演できることを私たちは大変喜んでいます」。

このため、小さな都市の会場は、前もって現地入りした技術者チームによって詳しい検討を受ける必要があった。技術者チームはステージの高さの制限をチェックする必要がある。なぜなら、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスでは、高い位置でのアクロバットやダンス・ルーティーンが有名だからだ。

シルバーマンによれば、これが理由で小さな市場ではショーの上演が不可能なのだという。監督はジェイミー・キングである。

ショーのオーガナイザーらによれば、このショーはこれまでのシルク・ドゥ・ソレイユのショーからの脱却なのだという。このショーには49人の国際的ダンサー、ミュージシャン、アクロバットが出演し、マイケル・ジャクソンの音楽とシルク・ドゥ・ソレイユの創造性による興奮と革新を組み合わせたロック・コンサートの形で上演される。

シルバーマンはこれをある種の「ハイブリッド(複合)」と呼ぶ。すなわち、シルクのアーティストたちが、誰もが知っているマイケル・ジャクソンの音楽と振付にあわせたアクロバットを演じ、ロック・コンサートのような雰囲気を作り出すのである。

「皆さんは、世界最高のダンサーたちによるマイケル・ジャクソンのムーヴを見ることになります。彼らはマイケル・ジャクソンの元ダンサーたちからそれを教わっているのです。そして、最高のアクロバットたちが、誰も思いつかないような動きをするのです」。

ダンサーの一人、カナダ・アルバータ州出身の28歳、キャメロン・マッキンレイはシルク・ドゥ・ソレイユを見て育ったが、自分がパフォーマーとして加入することができるとは思ってもみなかったという。バンフ芸術センターで学んだとはいえ、彼はバレエに重点を置いていた。アクロバットではなかったのである。

このショーで、彼は人生での2つの夢を実現することになる。彼が「Immortal」の最終案について耳にした時、彼はすでにシルク・ドゥ・ソレイユのビートルズ・ラブで彼は踊っていたのだ。

「5人の子供たちと一緒に育ちました。私たちは全員ダンサーなんです」とマッキンレイは電話インタビューで振り返った。「だから、マイケル・ジャクソンはいつもラジオから聞こえていたんです。彼の音楽を元にしたショーをやるという発表を聞いた時、私はそれに飛びつきました。私はこのショーに加わりたかったのです」。

マッキンレイの夢は、マイケル・ジャクソンのダンサーになることだったという。

「彼はとても革新的でした。彼と踊ったダンサーは誰でも憧れなんです。だから、マイケル・ジャクソンのダンサーになるということに可能な限り近づくということになるんです。僕は『Smooth Criminal 』のダンサーになりたかった。スーツを着て、あのリーンをやるんです」。

■Michael Jackson ‘Immortal Tour’ coming to Lafayette
It is coming and it is big. Really big. Lafayette audiences are in for something many have probably have never seen.

Michael Jackson, ‘The Immortal” World Tour, featuring Cirque du Soleil, is one of the top 10 grossing music tours of all time. The performance will be in Lafayette on Tuesdayand Wednesdayat the Cajundome.

The show first premiered in Montreal in October 2011. Since then, it has been thrilling audiences across North America, Europe, Asia, Australia, New Zealand, and the Middle East.

To get an idea of just how big this production is, listen to Laura Silverman, publicist for the tour by Cirque du Soleil.

“This is one of the largest touring shows in the world,” Silverman said. “Thirty trucks and 130 people make this show happen. Michael Jackson ‘The Immortal’ World Tour had a very successful tour across North America in 2012 and since then has been around the world selling out arenas. The show has been extremely successful and is currently ranked the number nine top grossing music tour ever.”

Many might be wondering how Lafayette landed such a large-scale production. Silverman said one of the goals of the show was to allow as many people as possible to see it and celebrate Michael Jackson.

“Part of that includes coming back to North America and hitting some smaller markets that we may have missed the first time around,” she said. “We’re thrilled to be able to play Lafayette and other similar size markets.”

To do that, the arenas in the smaller towns had to be vetted first by a team of technicians who visited each venue in advance. The team had to consider the height restrictions of each stage because of the high flying acrobatics and dance routines so famous in Cirque du Soleil performances.

Silverman said because of that, the show was not able to make it to many smaller markets. Jamie King directs the tour.

Organizers said the show is a departure from the company’s previous touring shows. It features 49 international dancers, musicians, and acrobats, and is presented in a rock concert format that combines the excitement and innovation of Jackson’s music and choreography with Cirque du Soleil’s creativity.

Silverman called it somewhat of a “hybrid,” with Cirque artists performing the acrobatics that people know to the music and choreography of Michael Jackson, creating a rock concert environment.

“You’ll see some of the best dancers in the world performing Michael Jackson’s moves, which they learned from his former dancers,” Silverman said. “But you’ll also see top acrobats moving their bodies in ways you never thought possible.”

One of those dancers, 28-year-old Cameron McKinlay of Alberta, Canada, grew up watching Cirque du Soleil but never thought he would be able to join them as a performer. Even though McKinlay trained at the Banff Center for the Arts, his focus was more ballet, not acrobatics.

Now, with this show, McKinlay is realizing two lifelong dreams. He had already been dancing with Cirque du Soleil’s Beatles ‘Love’ tour when he heard about plans fpr the ‘Immortal’ show.

“Growing up with five kids, we are all dancers,” McKinley recalled in a telephone interview. “So Michael Jackson was always on the radio. When they (Cirque du Soleil) announced they were going to do a show based on his music, I jumped at the opportunity. I wanted to be part of this.”

McKinlay said his dream was always to become a Michael Jackson dancer.

“He was so groundbreaking,” Mckinlay said. “Every dancer that ever worked with him, they are such icons. So this is as close as I’ll be able to get to be a Michael Jackson dancer. I wanted to be a Smooth Criminal dancer, to be in the suit and do the lean.”

Read More: http://www.theadvertiser.com/story/entertainment/events/2014/07/16/michael-jackson-immortal-tour-coming-lafayette/12744551/

Source: theadvertiser / Kris Wartelle, Louisiana / MJ-Upbeat.com

人道主義者、マイケル・ジャクソン

2014年7月2日、ドクター・パトリック・トレーシーが、サン紙に語ったインタビューを、マイケル・ジャクソンが忌み嫌い、非礼な言葉だと感じていた例のイギリスの攻撃的な言葉を慎重に取り除いて自身のツイッター・アカウント@peegeに投稿した。それは、真のマイケルの友人がやることであり、そしてドクター・トレーシーは、言葉や振る舞い、行動を通じて、彼がマイケル・ジャクソンの最前線にいることを何度も証明している。

photo2-640x360.jpg

mjjjusticeprojectがこのインタビューやドクター・トレーシーの言葉を引用し、一読の価値があると太鼓判を押しているが、mjjjusticeprojectはサン紙のようなタブロイドに直接リンクを張ることを嫌っているため、テキストに打ち直している。

ここにそれを引用する。

ドクター・パトリック・トレーシーがマイケル・ジャクソンと会った日、ドクター・トレーシーはマイケルにこう言った:「正直言って、私はプリンスの方を聴いています」

8年後の今、マイケルの最も有名な守護者の一人であるアイルランド系整形外科医ドクター・トレーシーは、世界中のキング・オブ・ポップのファンたちから尊敬を集めている。

マイケル・ジャクソン・レガシー基金の大使として、ドクター・トレーシーはマイケル・ジャクソンの名において、二つの児童養護施設をリベリアとハイチに開設した。彼はこれからも、マイケルの記憶を忘れずに仕事を続けるだろう。

亡くなって5年、ドクター・トレーシーは、マイケルと知り合いになれたのは「幸運」だったと述べた。またマイケル・ジャクソンは「愛と希望と情熱」の人で、「今世紀最大の人道主義者の一人」だと語った。

そして2件の児童虐待裁判についても言及し、マイケル・ジャクソンは「これまで言われてきたようなどれとも違う」と語った。

二人の友情を秘していたのは、2006年にマイケルがアイルランドに滞在している間は二人が医師と患者という関係だったからということではなく、人道主義に関して大胆な声明を出そうとしていたからだ。

そのころまでに、マイケルの美容作業のためにダブリンのアリスバーリー・クリニックへの訪問は4回を数えていた。そして二人は、戦火で荒廃したルワンダで、HIVと闘う資金を募る大きなコンサートの計画を温めていた。ドクター・トレーシーは、マイケル・ジャクソンがどれほど大きな影響力をもっているのかはっきりわかった日のことをよく覚えている。

「彼はアフリカで手伝ってくれてる人がいると言って、私に携帯電話を手渡したんです。私は彼の足に色素脱失治療をしていて忙しく、コンサート・プロモーターか誰かだろうと思ったのです。その男は世間話をしていて、私は『誰なんだろう』と思っていました。そして、今忙しいのでといって電話を返したんです」。ジャクソンは電話を切りながら、「今のはマンディバだったんだよと言ったんです。そうだったのかと思いましたよ。私はネルソン・マンデラとたった今話をしていたんです」。

影響力のある人道主義者という見方では、ドクター・トレーシーはマイケルをマンデラ氏と同等と見ていて、マザー・テレサやジョン・レノン、ダイアナ元妃、ボノ、ダライ・ラマよりは強い影響力を持っているとしている。

「彼の作品は、人類の不正義・・・人種差別、病気、飢餓、腐敗すべてに対する魂からのメッセージを伝えているんです」。

マイケルは慈善事業に多額の寄付をした。

「仕事で得たお金をあれほど多く慈善事業に寄付していたんです。彼は、Heal the World Foundationなどへ、コンサートからの数え切れない利益の中からを寄付したのです。私が知っている彼は、私に衝撃を与えた人でした。なぜなら、あれほどに寛容で人を信じる人だったからです。人々が考えるような人ではまったくなかったのです」。

90年代に入り、子供を性的に虐待したと告発され、マイケルの世界は破壊された。賛否両論となりながらも2500万ドルでの示談となったが、それは今日に至るまで噂を煽る元になっている。そして2005年、さらなる児童性的虐待の告発で裁判を受け、無罪となった。

1年後、彼はスポットライトから外れたアイルランドで数カ月を過ごし、アルバム制作を行っていた。だが2009年、ある医師による薬物過剰投与によって彼は50歳で悲劇的な死を迎えた。

ドクター・トレーシー(54)は、世界は良いことのための巨大な力を失ったと思った。そしてマイケル・ジャクソン・レガシーの名誉大使の要請を受けた時、彼は「喜んで引き受けた」。

彼は、「その基金はマイケルの名前で児童養護施設を建てているんです。資金は63カ国のファンたちから募っています」と述べた。

「ファンたちがすべてを取り仕切っているのですが、私にとっては、それはまさに私がやりたかったことにぴったりだったのです。それが、彼が遺したレガシーを生かし続ける力を私に与えてくれているんです」。

2012年、彼は公式に、「Everland」をオープンした。マイケルの広大なカリフォルニアの家、ネバーランドにちなんだ命名だ。リベリアの首都モンロビア、この卑劣な内戦の舞台でドクター・トレーシーはこう述べた。すなわち、ここには少年の兵士たちがいて、中には恐ろしいことをしている子もいる。「子供たちが命を落とすハメになった話というのはとにかく恐ろしいものです。子供たちが守られるということが最優先される場所を必要としている地域なんです」。

ハイチでは今年、二番目の「Everland」が開設された。これもドクター・トレーシーによるもので、彼によると多くの子供たちが「ゴミの山で働き、レイプによって生まれて見捨てられた子もいる」のだという。これらの二か所の児童養護施設はファンが集めた10万ポンドのおかげで実現したのだ。マイケル・ジャクソンのレガシーとともに働き続けるのかと問われ、ドクター・トレーシーは、「はい、私は続けていくつもりです」と答えた。

「サポートしてくれているファンの皆さんや関係するすべての皆さんは声なんですよ。今は話すことができない彼の声なんです!」

さらに読むにはこちら(英文)。

■Michael The Humanitarian

On July 2, 2014, Dr. Patrick Treacy posted a copy of his interview with The Sun on his @peege twitter, after prudently taping off the offensive British term that Michael Jackson truly detested and felt was a disrespectful term. That is what a true friend of Michael’s would do and Dr. Treacy has proven time and again through his words, behaviour and actions that he remains a true Vanguard of Michael Jackson.

The mjjjusticeproject published the interview and quotes of Dr. Treacy stipulating that the interview and quotes are worth sharing, but since they loathe to direct anyone to the links of tabloids like The Sun, they have typed out the article’s text.

Here it is for you to read,

“The day Dr Patrick Treacy met Michael Jackson he told him: “To be honest, I prefer listening to Prince.”

Eight years later and the Irish cosmetic surgeon in one of Michael’s highest-profile defenders and is adored by King of Pop fans worldwide.

As ambassador for the Michael Jackson Legacy foundation, Patrick has opened two orphanages, in Liberia and Haiti, in the name of the star and will keep working in his memory for the rest of his life.

Speaking after the fifth anniversary of Michael’s death last week, Dr. Treacy said he was “blessed” to have known Michael. The Coi Fermanagh medic said the singer was a man of “love hope and compassion.” And one of the greatest humanitarians of the century”

Plus Dr. Treacy added the controversial musician was not “anything that has been said about him,“ drawing on the two court cases around child abuse claims against Michael.

What sealed that friendship was not that they were doctor and patient during the Michael’s stay in Ireland in 2006, but that they both wanted to make big bold humanitarian statements.

By the time Michael was making his fourth of seven visits to Dublin’s Allesbury Clinic for cosmetic work, the men were pulling together a plan for a huge concert in war torn Rwanda to raise money to fight HIV. Dr Treacy remembers the day when it became clear just how much influence the pop star had.

The doctor said,

“He said someone was on things at the African end” and he handed me his mobile phone, I was busy working on his leg’s at the time giving him depigmentation treatment and I thought it was a concert promoter on the line. “The guy was chatting away and I just thought “who is this” and ended up saying I’m up to my eyes here at the minute and passed the phone back” Jackson told him, hanging up “that was Mandiba and it hit me.. I’d been speaking to Nelson Mandela.”

In terms of lasting humanitarian influence, Patrick puts Michael up there with Mandela. And even above the likes of Mother Teresa, John Lennon , Lady Diana, Bono and Dahli Lama, He said;

“His body of work carries a spiritual message for all of the injustice of the human race.. racism, inequality, disease, hunger and corruption.”

Michael donated so much to charity.

“This was a man who donated all of the money from so much of his work to charity, he gave all the countless profits from dozens of concerts to the Heal the World Foundation and much much more. The man I knew was a man who shocked me because he was such a gentle trusting person, not at all the man people like to think he was.”

In the 1990’s Michael’s world crashed down when he was accused of child sex abuse. His controversially settled out of court for $25million in a move which still fuels rumours to this day. And in 2005, he was tried and acquitted of further child sexual abuse allegations.

A year later he spent several months in Ireland out of the limelight, working on an album. But he tragically died aged 50, in 2009 from a drugs overdose while bring treated by a doctor in America.

Treacy, 54 felt the world lost a huge force for good and when approached to become an honorary ambassador for Michael Jackson Legacy he “gladly accepted.”

He said, “It builds orphanages in Michael’s name the money is being raised by fans in 63 nations.”

“The fans drive it all forward but for me it dovetails nicely with the work I have wanted to do. It gives me the ability to continue the legacy that he created.”

In 2012 he officially opened “Everland” named after the star’s sprawling California home Neverland. In Monrovia, Liberia the scene of a vicious civil war, Dr. Treacy said: There had been child soldiers, there some of them doing terrible things. “Some the stories about how they had to cut out beating hearts were just incredible. It was somewhere that needed a place where the whole emphasis was that children were protected.”

In Haiti, this year the second Everland was opened, again by Dr Treacy who said many children there “were working on the trash heaps, some of them products of rape who had been abandoned” Both of the orphanages came to life due to ₤100,000 being raised by fans. Asked if he will keep working with Michael Jackson Legacy, Dr. Treacy said “Yes always I will absolutely keep going.”

“The fans who support this and everyone involved are the voice that he does not have now!”

@IrishSunFeats” End of text.

To read further and follow links within the text, please visit this page.

Source: mjjjusticeproject & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。

お急ぎのお問い合わせはteamに
@mjjfanclub.jpをつけてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ