セカンドシングルは「A Place With No Name」だとL.A.リードが発言

Hamptons Magazineが行った最近のインタビューで、マイケル・ジャクソンの最新アルバム「Xscape」のエグゼクティブ・プロデューサーのL.A.リードが、セカンドシングルは「A Place With No Name」になる予定だと語っている。

リードは、1979年のヒット、「Off The Wall」以来マイケル・ジャクソンのソロ・アルバムを製作してきたソニー・ミュージックの一部門、エピック・レコードのトップである。次のシングルは何になるのかという直接的質問に対し、リードは「『A Place With No Name』という曲ですよ。元々はアメリカというグループがレコーディングし、マイケルが新たにレコーディングしたものです。8月11日にリリースしたいと希望しています」と答えた。これはサマー・ヒット「Love Never Felt So Good」に続く曲である。「Love Never Felt So Good」は世界で250万枚が売れている。

「A Place With No Name」は1972年のアメリカの曲「A Horse With No Name」の翻案である。元の曲の一部がサンプリングされ、詞の一部には似ている個所が見られる。90年代後半には一部がレコーディングされており、2009年にはそれがリークされ、そしてアルバム「Xscape」で正式に発表される前の2013年には全編がネット上にリークされていた。アメリカは、マイケルが自分たちの作品を選んでくれたことを光栄に思うと声明を発表している。昨年リークされた際、MTVに対するコメントで、彼らはこう述べている。

「マイケル・ジャクソンがこの曲を選んでレコーディングしてくれたことを光栄に思う。マイケルのレコーディングのクォリティーに感動したよ。世界中のリスナーが聴けるように、そしてマイケル・ジャクソンの他に比べようもない輝きをもう一度体験できるよう、リリースされるといいなと思っているよ。(中略)マイケル・ジャクソンは良くやってくれた。彼のファンと、そして僕たちのファンが全部を聴けるよう願っている。感動的なことだね」。

作曲者のデューイ・バネルはさらにコメントし、マイケルがレコーディングしたということがとにかく誇らしく思うとしてこう述べている。「すばらしい解釈だね。僕が書いたオリジナルを興味深いものにしてくれているよ」。

シングルとしてリリースされる予定の現代化バージョンは、ノルウェー人プロデューサーのスターゲイトがプロデュースしている。MJWNではセカンドシングルに何を希望するかの投票を受け付けたが、「A Place With No Name」が1000票を集めて1位となっている。

■2nd Single: A Place With No Name

In a recent interview with Hamptons Magazine, L.A. Reid, the executive producer of Michael’s latest posthumous album ‘Xscape’, has said that the second single to be released will be ‘A Place With No Name’.

Reid heads up Epic Records, an arm of Sony Music that has produced Michael’s albums since his first solo smash ‘Off The Wall’ in 1979. When asked directly what the next single will be, Reid replied “A song called “A Place With No Name” that was originally recorded by the group America and that Michael redid. We’re hoping to release it on August 11″. This will be the follow up track for the summer hit ‘Love Never Felt So Good’, which has already sold 2.5 million copies around the world.

‘A Place with No Name’ is a play upon the 1972 song ‘A Horse With No Name’ by the band America. The song samples part of the tune and some of the lyrics are similar. A snippet of the song, which was originally recorded in the late 1990s, was leaked back in 2009 and the full song leaked on the Internet in 2013, before it was officially released in May on the ‘Xscape’ album. The band America have since come out to state that they were honoured that Michael chose to sample their work. In a statement to MTV, soon after it was leaked last year, the band said:

“We’re honoured that Michael Jackson chose to record it and we’re impressed with the quality of the track. We’re also hoping it will be released soon so that music listeners around the world can hear the whole song and once again experience the incomparable brilliance of Michael Jackson [...] Michael Jackson really did it justice and we truly hope his fans—and our fans—get to hear it in its entirety. It’s really poignant.”

The original composer, Dewet Bunnell, further commented that he was very proud of the fact that Michael recorded it. “It’s a good version and an interesting derivative of the original that I wrote” he said.

The contemporized version of the song, which will be the publicly released single, was produced Norwegian producers StarGate. In a recent poll on the MJWN website, we asked what fans would like to see released as the second single. ‘A Place With No Name’ won the vote with 1000′s of people voting.

Listen to the song here on Spotify:

Source: Hamptons Magazine & MJWN

「Immortal」、アリゾナへ

それは間もなくやってくる。そして巨大だ。本当に巨大である。アリゾナ州ラフィエットはその多くが見たこともないものを見ることになるだろう。

シルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson, "The Immortal" World Tour」は興行収入が音楽ツアーとしては史上トップ10の一つである。ラフィエットのケイジャンドームで火曜日と水曜日に公演が行われる。

このショーは2011年10月にモントリオールで初披露された。それ以来、北米からヨーロッパ、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、中東を回り、観客にスリルと興奮を届けてきた。

この作品がどれほど巨大なのか。このツアーのシルク・ドゥ・ソレイユの広報、ローラ・シルバーマンに聞いてみよう。

「これは世界で最大のツアー・ショーの一つです。30曲と130人がこのショーを動かしています。『Michael Jackson, "The Immortal" World Tour』は2012年には北米で最も成功したツアーとなりました。その後、世界中を回り全席完売を続けてきました。このショーは大成功となり、現在、音楽ツアーとして史上9位の興行成績を上げています」

このような大規模な作品をラフィエットがどうやって公演にこぎ着けたのか不思議に思う者も多いかもしれない。シルバーマンによれば、このショーの目的はできるだけ多くの人々に見てもらい、そしてマイケル・ジャクソンをたたえることなのだという。

「その一環として、北米に戻り、前回は実現できなかった小さいマーケットを対象にするということがありました。ラフィエットやその他の小さなマーケットで上演できることを私たちは大変喜んでいます」。

このため、小さな都市の会場は、前もって現地入りした技術者チームによって詳しい検討を受ける必要があった。技術者チームはステージの高さの制限をチェックする必要がある。なぜなら、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスでは、高い位置でのアクロバットやダンス・ルーティーンが有名だからだ。

シルバーマンによれば、これが理由で小さな市場ではショーの上演が不可能なのだという。監督はジェイミー・キングである。

ショーのオーガナイザーらによれば、このショーはこれまでのシルク・ドゥ・ソレイユのショーからの脱却なのだという。このショーには49人の国際的ダンサー、ミュージシャン、アクロバットが出演し、マイケル・ジャクソンの音楽とシルク・ドゥ・ソレイユの創造性による興奮と革新を組み合わせたロック・コンサートの形で上演される。

シルバーマンはこれをある種の「ハイブリッド(複合)」と呼ぶ。すなわち、シルクのアーティストたちが、誰もが知っているマイケル・ジャクソンの音楽と振付にあわせたアクロバットを演じ、ロック・コンサートのような雰囲気を作り出すのである。

「皆さんは、世界最高のダンサーたちによるマイケル・ジャクソンのムーヴを見ることになります。彼らはマイケル・ジャクソンの元ダンサーたちからそれを教わっているのです。そして、最高のアクロバットたちが、誰も思いつかないような動きをするのです」。

ダンサーの一人、カナダ・アルバータ州出身の28歳、キャメロン・マッキンレイはシルク・ドゥ・ソレイユを見て育ったが、自分がパフォーマーとして加入することができるとは思ってもみなかったという。バンフ芸術センターで学んだとはいえ、彼はバレエに重点を置いていた。アクロバットではなかったのである。

このショーで、彼は人生での2つの夢を実現することになる。彼が「Immortal」の最終案について耳にした時、彼はすでにシルク・ドゥ・ソレイユのビートルズ・ラブで彼は踊っていたのだ。

「5人の子供たちと一緒に育ちました。私たちは全員ダンサーなんです」とマッキンレイは電話インタビューで振り返った。「だから、マイケル・ジャクソンはいつもラジオから聞こえていたんです。彼の音楽を元にしたショーをやるという発表を聞いた時、私はそれに飛びつきました。私はこのショーに加わりたかったのです」。

マッキンレイの夢は、マイケル・ジャクソンのダンサーになることだったという。

「彼はとても革新的でした。彼と踊ったダンサーは誰でも憧れなんです。だから、マイケル・ジャクソンのダンサーになるということに可能な限り近づくということになるんです。僕は『Smooth Criminal 』のダンサーになりたかった。スーツを着て、あのリーンをやるんです」。

■Michael Jackson ‘Immortal Tour’ coming to Lafayette
It is coming and it is big. Really big. Lafayette audiences are in for something many have probably have never seen.

Michael Jackson, ‘The Immortal” World Tour, featuring Cirque du Soleil, is one of the top 10 grossing music tours of all time. The performance will be in Lafayette on Tuesdayand Wednesdayat the Cajundome.

The show first premiered in Montreal in October 2011. Since then, it has been thrilling audiences across North America, Europe, Asia, Australia, New Zealand, and the Middle East.

To get an idea of just how big this production is, listen to Laura Silverman, publicist for the tour by Cirque du Soleil.

“This is one of the largest touring shows in the world,” Silverman said. “Thirty trucks and 130 people make this show happen. Michael Jackson ‘The Immortal’ World Tour had a very successful tour across North America in 2012 and since then has been around the world selling out arenas. The show has been extremely successful and is currently ranked the number nine top grossing music tour ever.”

Many might be wondering how Lafayette landed such a large-scale production. Silverman said one of the goals of the show was to allow as many people as possible to see it and celebrate Michael Jackson.

“Part of that includes coming back to North America and hitting some smaller markets that we may have missed the first time around,” she said. “We’re thrilled to be able to play Lafayette and other similar size markets.”

To do that, the arenas in the smaller towns had to be vetted first by a team of technicians who visited each venue in advance. The team had to consider the height restrictions of each stage because of the high flying acrobatics and dance routines so famous in Cirque du Soleil performances.

Silverman said because of that, the show was not able to make it to many smaller markets. Jamie King directs the tour.

Organizers said the show is a departure from the company’s previous touring shows. It features 49 international dancers, musicians, and acrobats, and is presented in a rock concert format that combines the excitement and innovation of Jackson’s music and choreography with Cirque du Soleil’s creativity.

Silverman called it somewhat of a “hybrid,” with Cirque artists performing the acrobatics that people know to the music and choreography of Michael Jackson, creating a rock concert environment.

“You’ll see some of the best dancers in the world performing Michael Jackson’s moves, which they learned from his former dancers,” Silverman said. “But you’ll also see top acrobats moving their bodies in ways you never thought possible.”

One of those dancers, 28-year-old Cameron McKinlay of Alberta, Canada, grew up watching Cirque du Soleil but never thought he would be able to join them as a performer. Even though McKinlay trained at the Banff Center for the Arts, his focus was more ballet, not acrobatics.

Now, with this show, McKinlay is realizing two lifelong dreams. He had already been dancing with Cirque du Soleil’s Beatles ‘Love’ tour when he heard about plans fpr the ‘Immortal’ show.

“Growing up with five kids, we are all dancers,” McKinley recalled in a telephone interview. “So Michael Jackson was always on the radio. When they (Cirque du Soleil) announced they were going to do a show based on his music, I jumped at the opportunity. I wanted to be part of this.”

McKinlay said his dream was always to become a Michael Jackson dancer.

“He was so groundbreaking,” Mckinlay said. “Every dancer that ever worked with him, they are such icons. So this is as close as I’ll be able to get to be a Michael Jackson dancer. I wanted to be a Smooth Criminal dancer, to be in the suit and do the lean.”

Read More: http://www.theadvertiser.com/story/entertainment/events/2014/07/16/michael-jackson-immortal-tour-coming-lafayette/12744551/

Source: theadvertiser / Kris Wartelle, Louisiana / MJ-Upbeat.com

人道主義者、マイケル・ジャクソン

2014年7月2日、ドクター・パトリック・トレーシーが、サン紙に語ったインタビューを、マイケル・ジャクソンが忌み嫌い、非礼な言葉だと感じていた例のイギリスの攻撃的な言葉を慎重に取り除いて自身のツイッター・アカウント@peegeに投稿した。それは、真のマイケルの友人がやることであり、そしてドクター・トレーシーは、言葉や振る舞い、行動を通じて、彼がマイケル・ジャクソンの最前線にいることを何度も証明している。

photo2-640x360.jpg

mjjjusticeprojectがこのインタビューやドクター・トレーシーの言葉を引用し、一読の価値があると太鼓判を押しているが、mjjjusticeprojectはサン紙のようなタブロイドに直接リンクを張ることを嫌っているため、テキストに打ち直している。

ここにそれを引用する。

ドクター・パトリック・トレーシーがマイケル・ジャクソンと会った日、ドクター・トレーシーはマイケルにこう言った:「正直言って、私はプリンスの方を聴いています」

8年後の今、マイケルの最も有名な守護者の一人であるアイルランド系整形外科医ドクター・トレーシーは、世界中のキング・オブ・ポップのファンたちから尊敬を集めている。

マイケル・ジャクソン・レガシー基金の大使として、ドクター・トレーシーはマイケル・ジャクソンの名において、二つの児童養護施設をリベリアとハイチに開設した。彼はこれからも、マイケルの記憶を忘れずに仕事を続けるだろう。

亡くなって5年、ドクター・トレーシーは、マイケルと知り合いになれたのは「幸運」だったと述べた。またマイケル・ジャクソンは「愛と希望と情熱」の人で、「今世紀最大の人道主義者の一人」だと語った。

そして2件の児童虐待裁判についても言及し、マイケル・ジャクソンは「これまで言われてきたようなどれとも違う」と語った。

二人の友情を秘していたのは、2006年にマイケルがアイルランドに滞在している間は二人が医師と患者という関係だったからということではなく、人道主義に関して大胆な声明を出そうとしていたからだ。

そのころまでに、マイケルの美容作業のためにダブリンのアリスバーリー・クリニックへの訪問は4回を数えていた。そして二人は、戦火で荒廃したルワンダで、HIVと闘う資金を募る大きなコンサートの計画を温めていた。ドクター・トレーシーは、マイケル・ジャクソンがどれほど大きな影響力をもっているのかはっきりわかった日のことをよく覚えている。

「彼はアフリカで手伝ってくれてる人がいると言って、私に携帯電話を手渡したんです。私は彼の足に色素脱失治療をしていて忙しく、コンサート・プロモーターか誰かだろうと思ったのです。その男は世間話をしていて、私は『誰なんだろう』と思っていました。そして、今忙しいのでといって電話を返したんです」。ジャクソンは電話を切りながら、「今のはマンディバだったんだよと言ったんです。そうだったのかと思いましたよ。私はネルソン・マンデラとたった今話をしていたんです」。

影響力のある人道主義者という見方では、ドクター・トレーシーはマイケルをマンデラ氏と同等と見ていて、マザー・テレサやジョン・レノン、ダイアナ元妃、ボノ、ダライ・ラマよりは強い影響力を持っているとしている。

「彼の作品は、人類の不正義・・・人種差別、病気、飢餓、腐敗すべてに対する魂からのメッセージを伝えているんです」。

マイケルは慈善事業に多額の寄付をした。

「仕事で得たお金をあれほど多く慈善事業に寄付していたんです。彼は、Heal the World Foundationなどへ、コンサートからの数え切れない利益の中からを寄付したのです。私が知っている彼は、私に衝撃を与えた人でした。なぜなら、あれほどに寛容で人を信じる人だったからです。人々が考えるような人ではまったくなかったのです」。

90年代に入り、子供を性的に虐待したと告発され、マイケルの世界は破壊された。賛否両論となりながらも2500万ドルでの示談となったが、それは今日に至るまで噂を煽る元になっている。そして2005年、さらなる児童性的虐待の告発で裁判を受け、無罪となった。

1年後、彼はスポットライトから外れたアイルランドで数カ月を過ごし、アルバム制作を行っていた。だが2009年、ある医師による薬物過剰投与によって彼は50歳で悲劇的な死を迎えた。

ドクター・トレーシー(54)は、世界は良いことのための巨大な力を失ったと思った。そしてマイケル・ジャクソン・レガシーの名誉大使の要請を受けた時、彼は「喜んで引き受けた」。

彼は、「その基金はマイケルの名前で児童養護施設を建てているんです。資金は63カ国のファンたちから募っています」と述べた。

「ファンたちがすべてを取り仕切っているのですが、私にとっては、それはまさに私がやりたかったことにぴったりだったのです。それが、彼が遺したレガシーを生かし続ける力を私に与えてくれているんです」。

2012年、彼は公式に、「Everland」をオープンした。マイケルの広大なカリフォルニアの家、ネバーランドにちなんだ命名だ。リベリアの首都モンロビア、この卑劣な内戦の舞台でドクター・トレーシーはこう述べた。すなわち、ここには少年の兵士たちがいて、中には恐ろしいことをしている子もいる。「子供たちが命を落とすハメになった話というのはとにかく恐ろしいものです。子供たちが守られるということが最優先される場所を必要としている地域なんです」。

ハイチでは今年、二番目の「Everland」が開設された。これもドクター・トレーシーによるもので、彼によると多くの子供たちが「ゴミの山で働き、レイプによって生まれて見捨てられた子もいる」のだという。これらの二か所の児童養護施設はファンが集めた10万ポンドのおかげで実現したのだ。マイケル・ジャクソンのレガシーとともに働き続けるのかと問われ、ドクター・トレーシーは、「はい、私は続けていくつもりです」と答えた。

「サポートしてくれているファンの皆さんや関係するすべての皆さんは声なんですよ。今は話すことができない彼の声なんです!」

さらに読むにはこちら(英文)。

■Michael The Humanitarian

On July 2, 2014, Dr. Patrick Treacy posted a copy of his interview with The Sun on his @peege twitter, after prudently taping off the offensive British term that Michael Jackson truly detested and felt was a disrespectful term. That is what a true friend of Michael’s would do and Dr. Treacy has proven time and again through his words, behaviour and actions that he remains a true Vanguard of Michael Jackson.

The mjjjusticeproject published the interview and quotes of Dr. Treacy stipulating that the interview and quotes are worth sharing, but since they loathe to direct anyone to the links of tabloids like The Sun, they have typed out the article’s text.

Here it is for you to read,

“The day Dr Patrick Treacy met Michael Jackson he told him: “To be honest, I prefer listening to Prince.”

Eight years later and the Irish cosmetic surgeon in one of Michael’s highest-profile defenders and is adored by King of Pop fans worldwide.

As ambassador for the Michael Jackson Legacy foundation, Patrick has opened two orphanages, in Liberia and Haiti, in the name of the star and will keep working in his memory for the rest of his life.

Speaking after the fifth anniversary of Michael’s death last week, Dr. Treacy said he was “blessed” to have known Michael. The Coi Fermanagh medic said the singer was a man of “love hope and compassion.” And one of the greatest humanitarians of the century”

Plus Dr. Treacy added the controversial musician was not “anything that has been said about him,“ drawing on the two court cases around child abuse claims against Michael.

What sealed that friendship was not that they were doctor and patient during the Michael’s stay in Ireland in 2006, but that they both wanted to make big bold humanitarian statements.

By the time Michael was making his fourth of seven visits to Dublin’s Allesbury Clinic for cosmetic work, the men were pulling together a plan for a huge concert in war torn Rwanda to raise money to fight HIV. Dr Treacy remembers the day when it became clear just how much influence the pop star had.

The doctor said,

“He said someone was on things at the African end” and he handed me his mobile phone, I was busy working on his leg’s at the time giving him depigmentation treatment and I thought it was a concert promoter on the line. “The guy was chatting away and I just thought “who is this” and ended up saying I’m up to my eyes here at the minute and passed the phone back” Jackson told him, hanging up “that was Mandiba and it hit me.. I’d been speaking to Nelson Mandela.”

In terms of lasting humanitarian influence, Patrick puts Michael up there with Mandela. And even above the likes of Mother Teresa, John Lennon , Lady Diana, Bono and Dahli Lama, He said;

“His body of work carries a spiritual message for all of the injustice of the human race.. racism, inequality, disease, hunger and corruption.”

Michael donated so much to charity.

“This was a man who donated all of the money from so much of his work to charity, he gave all the countless profits from dozens of concerts to the Heal the World Foundation and much much more. The man I knew was a man who shocked me because he was such a gentle trusting person, not at all the man people like to think he was.”

In the 1990’s Michael’s world crashed down when he was accused of child sex abuse. His controversially settled out of court for $25million in a move which still fuels rumours to this day. And in 2005, he was tried and acquitted of further child sexual abuse allegations.

A year later he spent several months in Ireland out of the limelight, working on an album. But he tragically died aged 50, in 2009 from a drugs overdose while bring treated by a doctor in America.

Treacy, 54 felt the world lost a huge force for good and when approached to become an honorary ambassador for Michael Jackson Legacy he “gladly accepted.”

He said, “It builds orphanages in Michael’s name the money is being raised by fans in 63 nations.”

“The fans drive it all forward but for me it dovetails nicely with the work I have wanted to do. It gives me the ability to continue the legacy that he created.”

In 2012 he officially opened “Everland” named after the star’s sprawling California home Neverland. In Monrovia, Liberia the scene of a vicious civil war, Dr. Treacy said: There had been child soldiers, there some of them doing terrible things. “Some the stories about how they had to cut out beating hearts were just incredible. It was somewhere that needed a place where the whole emphasis was that children were protected.”

In Haiti, this year the second Everland was opened, again by Dr Treacy who said many children there “were working on the trash heaps, some of them products of rape who had been abandoned” Both of the orphanages came to life due to ₤100,000 being raised by fans. Asked if he will keep working with Michael Jackson Legacy, Dr. Treacy said “Yes always I will absolutely keep going.”

“The fans who support this and everyone involved are the voice that he does not have now!”

@IrishSunFeats” End of text.

To read further and follow links within the text, please visit this page.

Source: mjjjusticeproject & MJWN

On this day - 1996年7月18日

マイケルは南アフリカのヨハネスブルグに到着した。マイケルはこの地で、クワズール・ナタール州にあるヒルトン・カレッジで開かれた、ネルソン・マンデラ大統領の78歳の誕生日を祝う私的なパーティーに参加した。

マイケルは、マンデラ氏と握手をするのかハグをするのか迷ったように見えたが、マンデラはすぐにマイケルを抱きしめて安心させた。そして二人はしばらくハグしていた。

ヨハネスブルグの空港ではおよそ200人の泣き叫ぶファンがマイケルを出迎えた。そしてその後、黒人居住区のソウェトでは400人の若者にもみくちゃにされた。

彼は歓声を上げるファンに向けて、故郷に帰ってこられてうれしいと語った。彼がソウェトを訪れたのは、1976年のソウェト蜂起で警官に撃たれて亡くなった数百人の黒人たちへの追悼碑に花をささげるためであった。

ネルソン・マンデラの誕生日パーティーでのマイケルの映像はこちら。



■ On this day - 18th July 1996

Michael arrives in Johannesburg, South Africa, where he attends a private 78th birthday party for President Nelson Mandela at the Hilton College in Kwazulu - Nata.

Michael looked as if he didn't know whether to shake Mandela's hand or to hug him, but Mandela put Michael at ease by immediately embracing him, and they hugged for some time.

Michael was welcomed by about 200 screaming fans at Johannesburg airport and was later mobbed by about 400 youths in the Black townshiop of Soweto.

He announced to his cheering fans that he was glad to be back home. He went to Soweto to lay a wreath at a memorial to the hundreds of Blacks who were shot dead by police during widespread riots in 1976.

Watch footage of Michael at Nelson Mandela's birthday party here:
http://www.youtube.com/watch?v=OdYiDHsOX1E

ソース:Michael Jackson - The Visual Documentary / facebook.com 

写真家ハリソン・ファンク、マイケルを振り返る

マイケル・ジャクソンの専属写真家がその出会いを振り返っている。

アンナ・ハイアットによるNew Pepublic誌の記事の中で、マイケル・ジャクソンを初期から2009年の死去まで撮影していた写真家ハリソン・ファンクが、マイケルとの最初の出会いについて振り返っている。

ハリソン・ファンクはマイケル・ジャクソンの目に魅了されたという。

「マイケルは、私が撮影した中でも最高に美しい目でした。大きいんです。表現力があって深い。物体のことを言っているのではありませんよ。彼の感情を表わしているんです。マイケルは、自分が伝えたいものが表れているとわかっていたと思います。完全に普通でいる時でさえ、彼はカメラにメッセージを伝えることができたんです」。

ファンクは1980年代初頭にマイケルの撮影を始めた。そして、5年前の2009年6月25日まで断続的にそれは続いた。マイケルを最初に撮った時、ファンクは20代だった。マイケルがソロキャリアをスタートさせる前のことだ。ファンクはニューヨークのタバーン・オン・ザ・グリーンでのとあるパーティーに招待され、気がつくとマイケルや他の兄弟たちのバックステージの写真を撮っていた。その後間もなく、ファンクはマイケルの広報担当から電話を受けた。彼をロサンゼルスへ招待する電話であった。仕事の約束をしたわけでも、旅費を払ってもらえると約束したわけでもなかったが、ファンクは飛行機に乗った。

彼はマイケルと初めて打ち解けたその日のことを覚えている・・・本当に打ち解けたのだ。ティト・ジャクソンの子供がソフトボールをやっていた。他の兄弟たちがなんとなくそれを眺めている間、マイケルは少し先のブロックに止めた車の中で一人で座っていた。ファンクが近づいてくるのを見ると、マイケルは車に乗るように言い、二人は座って「世界のあらゆること、そして野球」について語った。

ファンクは1984年のジャクソンズの「Victory Tour」から初めて、そして最初のソロ・ツアー「BAD」(1987-88)とマイケルのキャリアを記録した。

「彼は私に、瞬間を観察して見ること、そしてその瞬間を捉えるということについて教えてくれました。彼は完璧というものについて教えてくれました。マイケルは完璧主義者でした。彼はあらゆるものがそうであるように望んでいました。自然に発生したようなものでさえ、そうだったのです。努力もせずにそうなる。それが彼の才能、能力の一部だったのです」。

近づくことと信頼を得ることが、ドキュメンタリー的な写真を撮るためのカギである。とくに評判を気にする著名人が対象の場合には。

「私は私でした。偽りはありませんでした。私は私なんです。私はオープンでしたし、許可なしに写真が私の手を離れることはないということを彼らは知っていましたから。私が写真を承認できたのはツアーも中盤のころでした。彼らは私を信じていたのです」。

今週(6/22週)、ロサンゼルスはマイケル・ウイークだったとファンクは述べた。彼は、マイケル・ジャクソンを預言者とみなす人々が集まっている様子を記録していた。ファンクはいまだ友人の死を嘆き悲しんでいるが、静かに、そして追悼しようと集まったファンからは距離を置いている。

記事全文とファンクが撮ったマイケルの写真はこちら
ハリソン・ファンクのフェイスブックはこちら

■Harrison Funk Remembers Michael

Michael Jackson’s Personal Photographer Remembers How They Met

In a New Republic article written by Anna Hiatt, Harrison Funk, who photographed Michael from his early days through to his sad passing in 2009, remembers how he met Michael for the first time.

Harrison Funk remembers being captivated by Michael Jackson’s eyes.

“Michael had the most beautiful eyes I’ve ever photographed,” he told me recently. “They were large. They were expressive. They were deep. I don’t mean that physically. It was a picture into his soul. I think Michael, he knew in every picture what he wanted to convey. Even when he was completely natural he could convey a message to the camera.”

Funk began shooting Michael in the early 1980s and continued on and off until his death five years ago on June 25, 2009. Funk was in his twenties when he made his first shot of Michael, before the singer launched his solo career. Funk had been invited to a party at New York City’s Tavern on the Green, and he found himself shooting pictures of Michael and the rest of the Jackson family backstage. Shortly afterward, Funk got a call from Michael’s publicist, inviting him to Los Angeles. Without promise of a job or even reimbursement, Funk got on the plane.

He remembers the day that he and Michael connected – really connected – for the first time. Tito Jackson’s kids were playing in a softball game, and while a couple of the brothers hung out on the sidelines, Michael sat by himself in a parked car down the block. When he saw Funk approach, Michael told him to get in and the two sat talking about “everything in the world, and baseball.”

Funk chronicled Michael’s career, starting with the Jacksons’ ‘Victory Tour’ in 1984 and Michael’s first solo tour, ‘BAD’ (1987-89).

“He taught me so much about observing, seeing the moment and capturing the moment,” Funk said. “He taught me so much about perfection and Michael was a perfectionist. He wanted everything to be just so, even when it was spontaneous, it was just so. That was part of his brilliance, the ability to make that happen without any effort.”

Access and trust are key to making documentary images, especially with publicity-conscious celebrities.

“I was just myself,” Funk said. “There was no pretense. I am who I am. I was open, and they knew that no picture would leave my hands without approval. And it got to the point to the middle of the tour where I was able to approve images. They trusted me.”

This week, in Los Angeles, is Michael week, Funk said, and he’s been documenting the gathering crowds who considered Michael Jackson a prophet. Funk still grieves for his friend, but quietly, away from the fans who gather to pay tribute.

Go here to read this captivating article and view Harrison Funk’s intriguing photographs of Michael.

You can follow Harrison Funk’s work on Facebook.

Source: New Republic & MJWN

アルファイドのMJ像がマンチェスターのナショナル・フットボール・ミュージアムへ

フラムのマイケル・ジャクソン像(フラムFCのクレイヴン・コテージに建てられていた)が、マンチェスターのナショナル・フットボール・ミュージアムに新しい場所を与えられた。BBCスポーツが報じている。

この像は2011年にフラムFCの元オーナー、モハメド・アルファイド(マイケルの友人)が建てたのだが、2年後にオーナーを引き継いだシャイド・カーンが移動していた。
アルファイドによれば、彼はカーンに対して像の移設に反対したという。そして、像を動かさなければフラムFCは降格とはならなかったかもしれないと語った。



■Al Fayed’s Michael Jackson statue moved to National Football Museum in Manchester

BBC Sport reports that Fulham’s Michael Jackson statue, which previously stood outside their Craven Cottage ground, is given a new home at the National Football Museum in Manchester.

The artwork was installed in 2011 by the Premier League club’s former owner, Mohamed Al Fayed – a friend of Michael – but removed by his successor Shahid Khan two years later.
Al Fayed says he advised Khan against the statue’s removal and that Fulham may not have been relegated this season had they kept it at the club.

ソース:LMJ

MJが作りかけていた3本の映画

マイケル・ジャクソンは大の映画好きであった。彼は「Three Stooges(三ばか大将)」やシャーリー・テンプルのグッズを集めていたし、伝説の映画スター、エリザベス・テイラーやマーロン・ブランドとも親交があった。チャーリー・チャップリンを研究し、ネバーランドのプライベート・シアターで上映していた。彼自身がスクリーンに登場したこともある。「The Wiz」ではカカシを演じ、コッポラ監督のディズニーの短編「Captain EO」では宇宙を旅している。そして、「Men in Black II 」ではカメオ出演している(DVDのみとなったB級コメディ「Miss Cast Away and the Island Girls」への出演はここでは触れない)。

1988年の自伝「Moonwalk」で、ジャクソンは演技の虫に取りつかれたと振り返っている。「僕は・・・35ミリカメラの前にいるのが大好きだ。いつか近いうちに、映画作りに没頭するつもりだ」。

だがそうはならなかった。スケジュールがタイトになったのだ。法律的なことも足かせとなった。複数のプロジェクトが計画されたが一つも実現しなかった。「The Wiz」を別とすれば、マイケル・ジャクソンの最も優れた映画は、死後に発表されたコンサート映画「This Is It」である。ジャクソンの死後5年を迎えるにあたり、もしかしたらあったかもしれない3本の映画をここに振り返ってみよう。

1. Peter Pan
これは惜しいところまで行っていた。さかのぼること1983年、ジャクソン(Thrillerの名声で頂点にあった)が、スティーブン・スピルバーグ監督のもと、文学上最も有名な迷子の少年を演ずるという噂が渦巻いていた。このプロジェクトは現実味があった。当時、ジャクソンは世界的スターで、スキャンダルが付きまとうのは数年後のことであった。スピルバーグもまた、乗りに乗っている頃で、「レイダース」や「E.T.」を完成させたばかりであった。この二人は「E.T.」のサウンドトラックとオーディオブックでコラボレートしていた。芸能コラムニストのマリリン・ベックの報道によると、マイケル・ジャクソンとスティーブン・スピルバーグは、スピルバーグが1984年の「インディ・ジョーンズ」の撮影を終えればチームを組むだろうと言われていた。しかし1986年、ジャクソンとスピルバーグのプロジェクトは、スピルバーグが著作者J・M・バリーの出版物への権利を獲得できなかった報じられる中、とん挫してしまったのだ(記事によると、その権利はドディ・ファイドが手に入れたという。彼は1997年の交通事故でダイアナ妃とともに亡くなったロンドンのプレイボーイである)。ファイドは、有名な監督を望んでいないし必要ともしていないとし、ジャクソンはその映画の出演料を1000万ドル要求してきたと主張していた。

言うまでもなく、スピルバーグは1991年に「Hook」でこのファイドの持ち物に舞い戻ってきた。ファイドがエグゼクティブ・プロデューサーを務めていたが、ジャクソンはその中にはいなかった。ロビン・ウィリアムスがその役を演じたのである。中年になったピーターではあったが。マイケル・ジャクソンの不参加はスケジュールの都合とされたが、それは結果的にはよかったのかもしれない。「Hook」はスピルバーグのキャリアにおいて、悪い評価をもたらしたのだから。

2. The Nightmares of Edgar Allan Poe
1999年に報じられた通り、「The Nightmares of Edgar Allan Poe」の主演は当時41歳のマイケル・ジャクソンであり、ファンタジー映画で19世紀のホラー作家の晩年を演じることになっていた。製作は2000年の秋に開始され、劇場公開は2002年と計画された。もう一人、唯一名前が挙げられたのはゲイリー・L・パドニーであった。ワールド・ミュージック・アワードやエリザベス・テイラーのテレビ特番「Happy Birthday Elizabeth: A Celebration of Life」で知られるベテランで、共同エグゼクティブ・プロデューサーとしてであった。2000年までに、このプロジェクトはPoe 2000として知られていたが、その時になってもカメラが回ることはなかった。同じ年、パドニーはUSAトゥデイに対し、監督を探していること、そしてジャクソンが熱心であることを語っていた。

2001年、ジャクソンは、Yahoo!に対してこのプロジェクトを「エドガー・アラン・ポーが物語を創り出す過程についての興味深い物語」と評していた。2002年、ジャクソンは演技のコツを友人のマーロン・ブランドから伝授されているのではないか、というのがこの日の目を見なかった映画についての最後のニュースだったようだ。パドニーはジャクソンと近い関係をその後も維持していたようで、ジャクソンが3人目の子供、プリンス・マイケル・ジャクソンⅡを家族に迎えたとマスコミに認めたのは彼であった。

3. The Way of the Unicorn
ジャクソンがポーの映画に取り組んでいた同じころ、「The Way of the Unicorn, The Endangered One」という長いタイトルの7500万ドルのアニメーション映画に出演し、プロデュースも行っていると言われていた。AP通信の報道によれば、ジャクソンは、「裕福だが孤独な女の子と絶滅寸前の動物のグループとともに地球を救うために働く孤児」セイラーの声を演じているとのことであった。この映画でのジャクソンのパートナーは Big International Group of Entertainmentのデニス・W・ピーターソンと報じられた(10年後にニューヨーク・タイムズがこの会社のことで苦労することになる)。「映画俳優とプロデューサー。これは新しいマイケル・ジャクソンなのです」。ピーターソンは2001年にこう発言しているが、それはジャクソンとポーの映画について語るパドニーとそっくりであった。「The Way of the Unicorn, The Endangered One」の発表は2003年とされていたが、ジャクソン家の弁護士ブライアン・オックスマンは、イギリス人の支援者の100万ドルの小切手が不渡りとなり、ジャクソンのこの映画への関わりは終わったと唐突に発表した。2011年にオックスマンが語ったところによると、「『The Way of the Unicorn』はそれで終わった」。

■3 Movies Michael Jackson Almost Made

Michael Jackson loved movies. He collected Three Stooges and Shirley Temple memorabilia, and cultivated friendships with screen legends Elizabeth Taylor and Marlon Brando. He studied Charlie Chaplin and screened films in a private theater at his Neverland Ranch. On occasion, the pop star appeared on the big screen himself: He played the Scarecrow in The Wiz and a space-farer in Disneyland’s Francis Ford Coppola-directed short Captain EO, and he even had a cameo in Men in Black II (not to mention a less-than-stellar turn in the straight-to-DVD comedy Miss Cast Away and the Island Girls).

In his 1988 autobiography, Moonwalk, Jackson recalled being bitten by the acting bug: “I…love to be in front of a 35 mm camera,” he wrote. “[s]omeday soon I plan to devote a lot of my time to making films.”

But it was not to be. Schedules got tight. Legal woes got in the way. Projects were floated, but never materialized. Outside of The Wiz, the entertainer’s most prominent movie was the posthumously released concert film, This Is It. Five years after Jackson’s death, here’s a look at three movie roles that might’ve been:

1. Peter Pan

This is the big one that got away. Back in 1983, stories swirled that Jackson — who was at the height of his Thriller fame — would star as the literature’s most famous lost boy in a film directed by Steven Spielberg. The project made sense: At the time, Jackson was a global star, years away from even the hint of scandal. Spielberg, too, was riding high, having just completed Raiders of the Lost Ark and E.T. the Extra-Terrestrial. Together, the two had collaborated on the soundtrack and audiobook for E.T. Celebrity columnist Marilyn Beck reported that the music star and director would reteam for Peter Pan after Spielberg finished 1984’s Indiana Jones and the Temple of Doom. But in 1986, the Jackson-Spielberg project was declared dead amid reports that Spielberg had lost the rights to author J.M. Barrie’s writings (according to the piece, the rights had been won by Dodi Fayed, the London playboy who would die in the 1997 car crash that also killed Princess Diana). Fayed said he didn’t want or need a prominent director, and claimed that Jackson had priced himself out of the picture with a demand for $10 million.

Of course, Spielberg circled back to the property with 1991’s Hook, which Fayed executive produced. But Jackson was not involved — Robin Williams played the part, albeit as a middle-aged version of Peter. The entertainer’s absence was chalked up to a busy schedule, but maybe it was for the best: Hook brought Spielberg some of the worst reviews of his career.

2. The Nightmares of Edgar Allan Poe

As reported in 1999, The Nightmares of Edgar Allan Poe would star Jackson, then 41, playing the 19th-century horror author in a fantasy film about the writer’s last days. Production was scheduled to commence the fall of 2000, with a theatrical release in 2002. The only other name linked to the was that of Gary L. Pudney, a veteran of the World Music Awards and the Elizabeth Taylor TV-special, Happy Birthday Elizabeth: A Celebration of Life, who was listed as co-executive producer. By 2000, the project was known as Poe 2000, but the year came and went without cameras rolling. Still, that same year Pudney told USA Today a search was on for a director, and that Jackson was committed.

In 2001, Jackson described the project to Yahoo! as “a fascinating story about what [Poe] went through to create his stories.” It seems the last word of the never-was film came in 2002, when Jackson was supposedly getting acting tips from his famous pal Brando. Pudney apparently remained close to Jackson: It was he who confirmed to the press that the pop star had welcomed a third child, Prince Michael Jackson II, to his family.

3. The Way of the Unicorn

During the same time he was developing the Poe movie, Jackson was also said to be starring in and producing a $75 million animated feature with an unwieldy title: The Way of the Unicorn, The Endangered One. Jackson would provide the voice of Sailor, a character that, per the AP account of the project, was “an orphan who works with a lonely rich girl and a group of endangered animals to save the planet.” The entertainer’s partner on The Way of the Unicorn was reported to be Dennis W. Peterson of Big International Group of Entertainment, a company that even a decade later the New York Times struggled to pin down. “This is the new Michael Jackson, the movie actor and producer,” Peterson said in 2001, sounding an awful lot like Pudney talking about Jackson and the Poe movie. A 2003 release date for The Last Unicorn was floated, but Jackson family attorney Brian Oxman said Jackson’s involvement ended abruptly when a $1 million check from a British backer bounced. Said Oxman in 2011, “That’s as far as The Way of the Unicorn ever went.”

Source: Yahoo / Joal Ryan / MJ-Upbeat.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。

お急ぎのお問い合わせはteamに
@mjjfanclub.jpをつけてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ