大物ミュージシャンが聴くアルバム13枚の中に「Off The Wall」

ミュージシャンというものはいろいろな影響の積み重ねである。最高のアーティストには近づくことすら難しいオリジナリティがあるように見えるが、誰しもが0からスタートしているのだ。そして、どんな偉大なアーティストでも、他のアーティストの大ファンなのである。

アーティストを偉大なものとしているものが何なのかを知りたければ、誰に影響を受けたかを見ればよい。ここに、超大物ミュージシャンたちが愛する13枚のアルバムを紹介しよう。

3.ジェイ・Zの大のお気に入りはマイケル・ジャクソン「Off The Wall 」

キング・オブ・ポップの5枚目のアルバムは正真正銘のクラシックであり、「Don't Stop 'Til You Get Enough」や「Rock With You」といったヒット曲が収録されている。このアルバムは、「Thriller」や「Bad」のような彼の他のアルバムのように巨大ではないが、万人にアピールする力がある。ジェイ・Zはこう言っている。「『Off the Wall』は時代を感じさせない、ジャンルを持たないアルバムだね。色もないし色あせることもないんだ」。

■13 Albums That the Most Successful Musicians Listen To

A MUSICIAN IS NO GREATER THAN THE SUM OF THEIR INFLUENCES. THOUGH THE MOST FAMOUS ARTISTS SEEM UNAPPROACHABLY ORIGINAL, EVERYONE HAS TO START SOMEWHERE. AND EVERY GREAT ARTIST IS EQUAL PARTS A GREAT FAN.
If you want to know what really makes an artist’s music great, look no further than those who inspired them. Here are 14 incredible albums that the most successful musicians love.

3. Jay Z loves Off The Wall by Michael Jackson.

The King of Pop’s fifth album is a bona fide classic, featuring hits like “Don’t Stop ‘Til You Get Enough” and “Rock With You.” It’s not as monolithic as some of Michael Jackson’s other albums, like Thriller and Bad, but it does have universal appeal, as Jay Z told Rhapsody: “Off The Wall is one of those albums that was timeless, that didn’t have a genre. It was colorless, it was ageless.”

Source: mic.com / Derrick Rossignol / MJ-Upbeat.com

エリザベス・テイラーとマイケル、レア写真

それは彼女の8度目の、そして最後となる結婚であった。

エリザベス・テイラー・エイズ基金は、1991年にマイケル・ジャクソンのネバーランドで執り行われた彼女とラリー・フォーテンスキーの豪華な結婚式の写真をPEOPLE誌に独占公開した。

結婚式の模様を写したこれらの写真は、ハリウッド史上最大かつ最もメディアが集まった結婚式についてのカバーストーリーを掲載したPEOPLE誌1991年10月21日号を思い出させてくれる(この結婚式が、ジョージ・クルーニー夫妻やブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー夫妻の結婚式よりも前であることに留意)。

写真の中で、赤く日焼けした花嫁は、ヴァレンティノの淡黄色の2万5000ドルのガウン(ヴァレンティノからのプレゼント)を身にまとっている。彼女は新郎(7番目の夫。彼女はリチャード・バートンとは2度結婚している)と、親友のマイケル・ジャクソンと一緒にいる。ジャクソンは、カリフォルニア州サンタイネスの2700エーカーの彼の邸宅で執り行われた、160人もの有名人のゲストを集めたこの結婚式のホストを務めた。

liz-taylor-6-435.jpg


10数機のヘリコプターが舞い、一人の図々しいパパラッチがパラシュートで降下して新郎新婦から20フィートのところに着地するという一幕もあった(元イスラエル軍将校とセキュリティ100人による警備体制だったのだが)。

当時59歳だったテイラーは、正式に夫婦となったクチナシの花で飾られた見晴らし小屋でジャクソンと笑みを交わし、そして39歳の新しい夫と立っていた。

liz-taylor-7-435.jpg


テイラーの元夫エディ・フィッシャーは、フォーテンスキーとの結婚は続くだろうと予想していた。「リズが普通の男と結婚したのは初めてだから」だ。だがそうはならなかった。彼女は5年後に離婚した。

テイラーは2011年3月23日に亡くなった。鬱血性心不全。79歳だった。ジャクソンは2009年6月25日に亡くなった。62歳になったフォーテンスキーはカリフォルニアで存命で、離婚後も元妻とは親しくしていた。月に数回は何時間も電話で話していたという。

「エリザベスとの素晴らしい時間の思い出がたくさんあります。彼女の思い出はずっと宝物です」と彼は2011年のテイラーの死後に行われた珍しいインタビューで語っている。

2度の離婚歴があるいかつい風貌の建設労働者のフォーテンスキーとテイラーは、カリフォルニア州ランチョ・ミラージュのベティ・フォード・センターで薬物・アルコール依存と闘っていた1988年に出会った。

待ちに待った結婚式では、二人は最高に幸せだった。ライザ・ミネリ、エディ・マーフィー、ナンシー・レーガン(ロナルド・レーガン元大統領のためにテイラーは結婚式の日を変更したが、それでも出席はかなわなかった)、20世紀フォックスの社長バリー・ディラーと恋人、デザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグ、アーセニオ・ホール、ジョージ・ハミルトン、マーヴ・グリフィン、クインシー・ジョーンズ、マコーレー・カルキンといった有名人が顔をそろえる中、テイラーはジャクソンと彼女の長男マイケル・ワイルディング・ジュニア(当時38歳)にエスコートされてバージンロードを歩いた。

liz-taylor-8-435.jpg


フォーテンスキーの介添人はテイラーのヘアドレッサーのジョゼ・エイバーが務めた(写真にも映っている)。テイラーの長年の友人ノルマ・ヘイマンがテイラーの付添人を務めた。

ハリウッドの自己啓発の第一人者マリアン・ウィリアムソンが、無宗教で行われた結婚式を取り仕切り(テイラーはユダヤ教徒、フォーテンスキーはプロテスタント)、誓いと指輪の交換が滞りなく進められた。ダイヤモンドがちりばめられたウェディング・リングを初めてつけた彼女は、新しい夫の頬に手あて、夫婦として初めてのキスを交わした。

「二人の目を見れば、リズは幸せだとわかるよ」と当時フォン・ファステンバーグは語っていた。

華やかなレセプションが行われていた巨大なテントの下で、新郎新婦は、お互いと、そしてホストであるジャクソン(推定150万ドルの結婚式費用を支払ったと伝えられていた)にミネラル・ウォーターで乾杯した。

「あなたはずっと寛大で、涙が出てきます」とテイラーはジャクソンに言った。「死ぬまでこのことは忘れません」。

ゲストたちがドン・ペリニヨンや近所のワイナリーのシャルドネを飲み、ロール・サーモンの大皿と5段のチョコレート・ムース・ケーキに舌鼓をうっている中、夫婦としての初めてのダンスにジャクソンと恋人のブルック・シールズが割って入った。

午後10:30、新郎新婦はおやすみのあいさつを述べ、ジャクソンの自宅へ下がっていった。そこで二人は数日を過ごした後、テイラーの香水White Diamondsのプロモーションのための2日間のツアーを行い、そしてハネムーンに出発した。コラムニストのリズ・スミスは、テイラーのフォーテンスキーとの結婚は「彼女にとって楽しいものになるだろう。光り輝く外見の下で、彼女は普通でない生涯を送ってきたが、本当は普通の女性なのだ」と予期していた。

テイラーがHIV/AIDSとの休むことなき戦いに従事し始めた時から、その人生は普通とは違うものになった。テイラーは結婚式の独占写真から得られる収入をエリザベス・テイラー・エイズ基金創設のために使い、HIV/AIDS拡大との戦いの資金を集め、認知度を高め、そしてウィルス感染者の支援を行ったのである。

Source: PEOPLE / K.C. BAKER @KCBAKER77777 / MJ-Upbeat.com

ウィル・アイ・アム、ウェアラブル端末のお披露目でMJについて語る

ミュージシャン、ウィル・アイ・アムはインテルのクリエイティブ・ディレクターでもあり、アップルが8月に30億ドルで買収したヘッドホンと音楽ストリーミングのBeats Electronics社のステーク・ホルダーでもある。さらに、彼はSTEM(科学、技術、工学、数学)教育の支持者だ。

水曜日、ウィル・アイ・アムは自分のシリーズに一つ加えた。Salesforce.comのイベントDreamforceのステージで、おしゃれな極小の腕時計型端末Puls(パルス)を発表した(彼は「腕時計」ではないと強調している)。

このお披露目の数時間前、CNETは彼に話を聞いた。

あなたは(ウェアラブル端末アップル・ウオッチを発表したアップルと)同じウェアラブル・ビジネスの中にいるわけですが、アップルを競争相手だと見ていますか?

過去に一緒に仕事をした人がいる・・・音楽を使って例えようとしているんだけど・・・以前、僕は彼と仕事をした。彼は僕のアイドルだった。彼の名前はマイケル・ジャクソン。彼は地球上でもっとも素晴らしい音楽をやっていた。彼は僕らみんなを楽しませてくれた。成功したら何をすべきか、彼は示してくれた。

マイケル・ジャクソンは史上最高のアーティストさ。だけどマイケル・ジャクソンが音楽を作っているからといって、僕は音楽をやめるようなことはなかった。僕はマイケル・ジャクソンを競争相手とは思っていなかったよ。彼は僕のインスピレーションだった。彼は僕に音楽を作りたいと思わせてくれた。アップルは僕に製品を作りたいと思わせてくれた。彼らと競争になるなんてありえないだろ?彼らはこの宇宙のマスターなのだ。文字通りね。そして僕のインスピレーション。彼らはすごいものを作るんだ。

■Will.i.am Talks New Device launched Wednesday & MJ
Will.i.am launched his new smartwatch on Wednesday. James Martin/CNET
SAN FRANCISCO — Will.i.am is no stranger to technology. After all, he’s the grammy-award winning artist and member of the Black Eyed Peas who once rapped, “I’ve got that rock and roll, that future flow.”

The musician — born as Will Adams — also served as Intel’s creative director and has a founding stake in Beats Electronics, the headphone maker and streaming music company that Apple bought for $3 billion in August. He has also been a vocal proponent of STEM — or science, technology, engineering and math — education.

On Wednesday, Will.i.am added one more thing to his portfolio: He launched the Puls (pronounced Pulse), a sleek minimalist wrist-worn device — he insists it’s “not a watch” — onstage at the Salesforce Dreamforce conference at the Moscone Center here.

The device stores music, has a voice navigator named Aneeda powered by the speech-tech company Nuance, and makes phone calls without being paired with a smartphone. While that’s rare when compared with the rest of the smartwatches that have already been unveiled by other companies — including the Apple Watch, coming early next year — it won’t be alone. Samsung’s Gear S watch, demonstrated in September, will also make calls. Network partners for the Puls are AT&T in the U.S. and O2 in the U.K.

While the musician gave the device a proper coming out party on Wednesday, he first showed it off in April, on a British talk show.

The market for wearables is nascent but promising. In 2013, 9.7 million wearables were shipped, according to CCS Insight, a research firm. By the end of 2014, that figure is projected to jump to 22 million units. And by 2018, 250 million wearables will be in use, the research firm estimates.

This isn’t the first wearable device that Will.i.am has put out. Last year, his company i.am+ launched the foto.sosho, an iPhone case worn around the neck that costs $475. The accessory essentially turns your iPhone into a fancier camera, with things like a keyboard, interchangeable lenses, built-in flash and photo editing. On Wednesday, Will.i.am also talked about other connected-wearables his company makes, like shoes, a bag and a jacket.

CNET sat down with Will.i.am in San Francisco, hours before he launched the watch on stage. Below are excerpts of the conversation, edited for length and clarity.

The watch can make calls without pairing with a smartphone.James Martin/CNET
Question: You’ve done wearable tech products before. Why did you think it was important to get into this space?
Will.i.am: The wearable conversation has been led by tech alone. And the fashion world has called it “fashion” for decades. They don’t say wearables. The reason they say wearables is because there’s technology inside of the things you put on your body. And I want to enter the conversation, and suggest, ‘Hey, here’s a device we are bringing to market that is non-tethered.’ And we want to design it from the standpoint of expression.

We’ve created other components that allow you to have two days of [battery] power, or utilize the device with jackets. We’ve created shoes that allow you to weigh yourself and count your steps. Because what good is it to count your steps from your wrist if you don’t know how much you weigh? So we’re completing the conversion by looking at it from a perspective that most folks aren’t looking at if from.

Wearables haven’t gotten mainstream quite yet. What do you think companies haven’t yet done right? And how is your product different?
Will.i.am: That’s a hard question. Because I don’t want to knock other people’s attempt to bring awesome technology to culture. So it’s not my place to say what awesome companies are doing right or wrong. What’s my place is to tell my team what we should aim to do right. Because it’s all relative. Some people like things that I don’t like. I like things some people don’t like. I want to use my energy to corral my team to think of things other companies haven’t thought of.

My colleague saw you at the Apple Watch launch event last month. What do do you think of the watch?
Will.i.am: That’s an amazing piece of technology. It’s awesome. It’s beautiful. It’s Apple. They’re like the most amazing company on earth. [Pauses.] They’re the most amazing company on earth.

You are both in the wearables business now. Do you see them as a competitor?
Will.i.am: There’s a guy that I worked with in the past — I’m going to use music as a metaphor. Before I worked with him, he was my idol. His name was was Michael Jackson. He did the most amazing music on earth. He entertained us all. He showed us what to do when you’re successful.

Michael Jackson was the most amazing artist ever. But that didn’t stop me from doing music — because Michael Jackson made music. I didn’t look at Michael Jackson as a competitor. He was my inspiration. He made me want to make music too. Apple makes me want to make products. How can I compete with those guys? Those guys are the masters of the universe. Literally. And they’re my inspiration. And they make amazing stuff.

Speaking of Apple, you have a founding stake in Beats Electronics. What do you think of the company’s acquisition by Apple?
Will.i.am: That came out of the blue. That’s a blessing. Jimmy Iovine, that guy’s amazing. I showed Jimmy my device, and he’s proud of me. Because most people have ideas and are afraid to execute them. And when people tell them no, they stop.

I funded this. People in world are waiting for someone to give them money. They say, hey, I’ll promote your product. That’s going to cost you. Rarely are they ever willing to put down X amount of dollars.

I know Jimmy Iovine is one of your mentors. What advice did he give you as you were starting this company?
Will.i.am: Jimmy would say, [starts doing Iovine impression] “Whatever you do will, just gotta focus on it. You can’t be doing a million different things. You already do too much. Focus on it.”

So, that’s what I’ve been doing for the past two years. I’ve got to build this company. Not only for me but for the kids I’m telling to get into STEM. I’m telling them not to hang out on the corner, and learn to code. And then I’m not doing the same thing?

Source: cnet / MJ-Upbeat.com

MJ、Forbes誌の故人所得番付で、1億4000万ドルでトップに立つ

存命であるということは大きめに評価される。一方で今年の故人所得番付にランクされた13人の名士は総計で3億6350万ドルをこの12か月間に稼いだ。生きているセレブは気まぐれであり、注文が多い場合が多々ある。一方で亡くなると、セレブはブランドとして管理される。彼らのイメージは、Tシャツやポスター、香料、ランジェリー等あらゆるものに使われる。そして彼らはまるで生きているようなホログラムで蘇ることすらできるのだ。

マイケル・ジャクソンよりも、死後の財務状況がよいことを証明できるセレブはまずいないだろう。キング・オブ・ポップは1億4000万ドルを稼いで私たちのランクのトップに返り咲いた。今年は、マイケル・ジャクソンは死後2作目となるアルバム「Xscape」をリリースし、チャートでは2位を記録した。またビルボード・ミュージック・アワードのステージにも(ホログラムの形ではあるが)立った。ホログラムのパフォーマンスはファンを興奮させ、ファンでない者の度肝を抜いたが、他の故人セレブにも同じことを期待してしまう。違いを言えないほどに技術が進歩したためだ。

900万ドルを稼いで9位タイだったベティ・ペイジはホログラム化する計画がある。彼女の象徴的な容姿(強烈な衝撃、漆黒の髪、ピンナップ写真の衣装)が復活し、ペイジの遺産を管理するCMGが彼女の生涯を描いたショーの制作に取り組んでいるところである。来年ラスベガスで開幕予定(会場は未定)で、彼女を象徴するストリップショーを行うホログラムが登場することになっている。

今回のリストをまとめるにあたり、私たちは遺産管理者やエージェント、音楽出版社など詳しい者たちと議論を重ね、2013年10月から2014年10月までに稼いだ金額を見積もった。税金や管理手数料などは考慮していない。

ジャクソンに次ぐ2位はエルヴィス・プレスリーで、12か月間に5500万ドルを稼いだと推定された。Authentic Brands Group(ABG)が昨年エルヴィスの権利を1億2500万ドルで購入したと報じられている。プレスリーの遺産は、グレイスランドの大勢の訪問者やエルヴィスの音楽ライブラリーのおかげで数百万ドルを稼いでいるが、ABGは(予想通り)ホログラムでさらに稼ごうと計画している。ABGのCEOジェイミー・ソルターは、ホログラムのエルヴィスは春には出来上がり、ラスベガスに帰ってくるどころか、マイケル・ジャクソンのホログラムとパフォーマンスするかもしれない、とAd Weekに語っている。

漫画家チャールズ・シュルツは4000万ドルで3位にランクされた。シュルツのピーナッツのキャラクターはオンライン版コミックやマーチャンダイズ、スヌーピーやギャングが登場するメットライフのコマーシャルのおかげで出ずっぱりである。だが、ピーナッツは現在、FOX制作の3-D映画となって次世代に引き継がれつつある。この映画は2015年11月に劇場公開の予定だ。もしヒットすれば、翌年のシュルツの収入は上昇するだろう。

エリザベス・テイラーは2500万ドルで4位だった。ベストセラーとなっている香水や古い映画のおかげである。だが最後の古きハリウッド・グラマーとして、彼女のブランドでできることはたくさんあると誰もが信じているだろう。今後、エリザベス・テイラーのマーチャンダイズが登場することを期待しよう。

トップ5を締めくくるのは、レゲエ・シンガーのボブ・マーリーで2000万ドルであった。彼のメロウな顔は、メッセンジャー・バッグやTシャツ、飲み物のシリーズなど、いたるところに見られる。マーリーの飲み物を製造している会社のモットーは、Live Relaxed(のんびり生きろ)である。

picture-1.jpg ■Michael Jackson Tops Forbes' List Of Top-Earning Dead Celebrities With $140 Million Haul

Being alive is so overrated. The 13 late luminaries who rank on this year’s list of the Top-Earning Dead Celebrities brought in a total of $363.5 million over the last 12 months. While living, celebrities can be temperamental and demanding. In death, they simply become brands to be managed. Their images can be attached to everything from T-shirts and posters to fragrances and lingerie, and they can even return from the dead in the form of eerily life-like holograms.

Few celebrities prove the point that there is (financial) life after death better than Michael Jackson. The King of Pop tops our list yet again with $140 million in earnings. This year, the singer had his second posthumous album release with Xscape, which debuted at No. 2 on the charts. He also appeared (in hologram form) on stage at the Billboard Music Awards. The hologram performance left some fans thrilled and others a bit freaked out, but expect to see more of the same from other dead celebrities as the technology advances to the point where we won’t be able to tell the difference.

Bettie Page, who ties for ninth on our list with $9 million in earnings, is also about to get the hologram treatment. The star’s iconic look (severe bangs, jet black hair, pin-up girl clothing) is making a comeback and now CMG, the company that manages Page’s estate, is working on a show about the star’s life. Set to open in Vegas next year (a venue has yet to be determined), the show will feature a hologram Page doing one of her famous striptease acts.

To compile our list we talk to estate managers, agents, music publishers and other in-the-know folks to come up with estimates of what each estate brought in between October 2013 and October 2014. We don’t deduct for taxes or things like management fees.

Ranking second behind Jackson is Elvis Presley with an estimated $55 million in earnings over the 12-month period. Authentic Brands Group bought the rights to Elvis last year for a reported $125 million. Presley’s estate still rakes in millions thanks to the throngs of tourists who visit Graceland each year and Elvis’ extensive music library. But ABG plans to boost earnings with (you guessed it) a hologram Elvis. ABG CEO Jamie Salter told Ad Week that hologram Elvis will be up and running in the spring and that he might return to Las Vegas or even perform with hologram Michael Jackson.

Cartoonist Charles Schulz ranks third with $40 million. Schulz’s Peanuts characters have never really gone away thanks to online versions of the comic strip, successful merchandising and the ubiquitous MetLife ads featuring Snoopy and the gang. But now the Peanuts are being introduced to a whole new generation with an upcoming 3-D movie from Fox studios. The movie is slated to be in theaters in November 2015. If it’s a hit, expect Shulz’s earning to climb the following year.

Elizabeth Taylor ranks fourth with $25 million in earnings. Thanks to her best-selling perfume and her old movies, Taylor still rakes it in. But as the last embodiment of old Hollywood glamour, everyone believes there’s a lot more that can be done with her brand. Expect more Elizabeth Taylor merchandise to roll out in the coming years.

Rounding out the top five is reggae singer Bob Marley with an estimated $20 million in earnings. The singer’s mellow mug can be seen on everything from messenger bags to T-shirts to a line of fruit-flavored drinks. The Marley beverage company’s motto: Live Relaxed.

ソース:michaeljackson.com / FORBES

エド・サリヴァン・ショーの7大エピソード

10月13日はエド・サリヴァン没後40年。ミュージシャン以外で、アメリカ人の音楽を聴く習慣に影響を与えた人は、彼をおいて他にはいない。証拠?以下のエド・サリヴァン・ショーの7大出演者をご覧いただきたい。

ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ(1955年)
エルヴィス・プレスリー (1956年)
ビートルズ(1964年)
ジェームス・ブラウン (1966年)
ドアーズ (1967年)
ジャクソン・ファイヴ(1969年)
スプリームス(シュープリームス、1969年)

ジャクソン・ファイヴ(1969年)
70年代のポップグループはみな大変才能があり、そして多かれ少なかれ、商業目的で集められていた。しかし、ジャクソン・ファイヴほどには印象に残らず、そしてスターとしての地位は得られなかった。ハーモニー、ダンス・ムーヴ、正真正銘の家族のストーリーであること、そして何より末弟のマイケルだ。ほとんどのアメリカ人にとって、マイケル・ジャクソンを観るのはこれが初めてであった。つまり、ポップ・ミュージック史上の3大パフォーマー(ジャクソン、ビートルズ、プレスリー)は、エド・サリヴァンによってある程度お茶の間に紹介されたということになる。



■The Biggest Moments in Ed Sullivan Show History

It’s unreal to contemplate that Ed Sullivan has been gone 40 years as of October 13. No figure, and we mean no figure who wasn’t a musician themselves, had a bigger impact on the listening habits of Americans than Sullivan did. Need proof? Check out seven of the biggest musical moments on The Ed Sullivan Show, listed chronologically.

Bill Haley and The Comets (1955)

Many of the stories revolving around Ed Sullivan’s musical guests involve how conservative the host was. That may be true but that didn’t stop him from being the first TV host to feature the new genre of rock ‘n’ roll on his program. Bill Haley and his Comets took to the air during 1955 to play a brief version of what would become its signature song: “Rock Around The Clock.” For as devil-riddled as the style was supposed to be, Sullivan would make a legacy of bringing hundreds of rock acts onto his show, including…

Elvis Presley (1956)

Presley was already an established star before he appeared on Sullivan’s show but his appearance only further confirmed the fears of parents and his own sexual magnetism. It’s legend that Sullivan demanded Presley only be shot from the waist up…and just that. A legend. Sullivan told others in interviews leading up to the event that any sexual nature in the performance could be edited using camera angles, however Elvis’s performance itself was full-body and unedited. He would return for two more appearances in years to come.

The Beatles (1964)

This was more than one of the biggest moments in music television: It was one of the biggest moments in both American music and American television history, drawing 73 million viewers. The Beatles’ appearances over the course of three weekends on The Ed Sullivan Show made the band an instant sensation in the United States, one that hasn’t been matched since Michael Jackson (we’ll get back to that). The Sullivan appearance has been hailed as the official beginning to the British Invasion.

James Brown (1966)

James Brown was already huge by the time he appeared with Sullivan for the first time during 1966 and he needed the publicity less. What makes his first appearance on The Ed Sullivan Show so noteworthy is strictly for his ability as a performer. Anyone who had the chance to catch Brown live or listen to Live At The Apollo knows how dynamite the King of Soul was onstage. Both his footwork and voice set him apart from the majority of all performers. Ever.

The Doors (1967)

Perhaps the most legitimate instance of Sullivan’s family-friendly intentions coming through is his clash with The Doors during 1967. The host insisted that Jim Morrison remove the line “girl we couldn’t get much higher” from the band’s hit “Light My Fire.” The vocalist, of course, forgot *cough cough* and delivered the line—which seems relatively mundane now. The band would never appear on the show again although it’s argued whether that decision was made by the host or by the band’s irritable management.

Jackson 5 (1969)

Pop groups of the ’70s were all fairly talented and all seemed to industrially assembled to some degree. None were as impressive and well established as the Jackson 5 however. The harmonies, the dance moves, the legitimate familial storyline and most of all, youngest brother Michael. This was the first time most of America met Michael Jackson, which essentially means that the three biggest performers in pop music history (Jackson, The Beatles and Presley) were brought to you, to some degree, by Sullivan.

The Supremes (1969)
You can argue with Sullivan's approach to "controversial" material but you have to at least give him kudos for his support of black performers during that era. The Temptations and Supremes played dozens of performances on the show but perhaps the most relevant was The Supremes last appearance during 1969, when Sullivan would announce to America following the gig that Diana Ross was leaving the group to pursue a solo career.

Source: musictimes / MJ-Upbeat.com

ソウル・トレイン・アワードにノミネート

「Xxcape」がソウル・トレイン・アワードにノミネートされました。このことを皆さんと分かち合えることを大変うれしく思います。ノミネートされているのは、Xscapeはアルバム・オブ・ザ・イヤー、 Love Never Felt So Goodはソング・オブ・ザ・イヤーとベスト・コラボレーションです。
今回のノミネートは、マイケルの音楽と彼のアートへの変わることのない評価をより強力にアピールするものとなります。アメリカのファンの皆さんは、CENTRICまたはBETにて11月30日に放映されるソウル・トレイン・アワードを観ることができます。

ソース:MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
(原文)
Hi MJFam:

We are thrilled to share that Xscape has been nominated for three Soul Train Awards: Album of the Year for Xscape, Song of the Year for “Love Never Felt So Good,” and Best Collaboration for “Love Never Felt So Good.” These nominations further highlight the enduring appeal of Michael’s music and the undiminishing appreciation of his art. For US fans, you can watch the Soul Train Awards on November 30 on CENTRIC and BET.

ソース:MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™

「Xscape」: NYタイムズ紙のレビュー

マイケル・ジャクソンのアルバム「Xscape」は、世界中が嘆き悲しんだ、おなじみのゴーストの声を中心に回っている。この声は空中を飛び、しなやかで、優しく気遣い、陽気で、そしてパーカッションのようだ。そして急速に緊張感を増し、かき乱され、荒れ果て、つらそうな声へと変化する。ジャクソンの声はデジタルの形をした貴重な形見である。すなわち、多くの曲で、それはジャクソンが自ら聴いた最も新しい曲しか使われていないのだ。

「Xscape」は生身のマイケル・ジャクソンである。きらきら光る現代のテクノロジーに包まれた、誰もがすぐそれとわかるあの男が遺したものだ。声、言葉、そしてメロディー。「Xscape」のそれらはジャクソンだ。残りのものはそれらを中心にして作られている。血の通ったオリジナル部分が一部主張しているが、しかし、それは新しいメカニズムと切っても切れないものだ。

マイケル・ジャクソンが2009年に計画されていた50回のショーのリハーサルとパフォーマンスを何とかこなしていれば、彼は「Xscape」を作ったであろう。そのことに異存がある者はいない。「マイケル・ジャクソンの正典・・・生前の彼が監督し形にしたアルバム、パフォーマンス、ショートフィルム・・・は完結している」と「Xscape」のライナーノーツには書かれている。彼は2009年6月25日に亡くなった。最終リハーサルのさなかで、睡眠補助として使用していた麻酔薬プロポフォールの過剰投与のためであった。

比較的最近の曲も含まれていた2010年リリースの「Michael」とは異なり、「Xscape」には、2001年の最後のスタジオアルバム「Invincible」後にジャクソンが書いたものは収録されていない。マイケル・ジャクソン・エステートはアーカイブを入念に発掘しつづけていたが、どんな断片でも復活させうるものであることが明らかとなった。「Xscape」の収録8曲は、着手したのは1983年から1999年までのもので、その一部は2000年代に再びジャクソンによって手が加えられたものだ。

ライナーノーツの無粋な言葉を借りれば、「Xscape」に加えられた仕事とは、曲を「現代化」することであった。すなわち、2014年現在のポップ音楽のマーケットやラジオの流行りに合わせるということだ。そのために、アルバムの制作過程では、ジャクソンのボーカルが抽出され・・・ジャクソンは一度に何度もレコーディングし、プロデューサーらに選択肢を用意していたことは有名だ・・・新しいアレンジが施された。ヒップホップやダンス・ミュージックのプロデューサーたちがリミックスを作る時に使うアカペラのトラックのように、彼の歌を扱ったのである。大資本の投下の賭けである。「Xscape」は、エステートとソニー・ミュージックとの7年2億5000万ドルの契約から生まれた最新作なのだ。

意図してなのかどうか、「Xscape」は痛烈なストーリーをなぞっている。すなわち、最高のロマンスから、搾取、裏切り、そして脱出したいという必死の願いである。最初は、ハッピーなジャクソンがささやく「Love Never Felt So Good」だ。共作者ポール・アンカが弾くゴスペル風のピアノ・コードが繰り返される。暖かで美しい調べ。これはアルバムを紹介するシングルで、ジョン・マクレーンによるストリング・バージョンと、ジャスティン・ティンバーレイクを起用した復活ディスコ調のティンバランドのバージョンがあり、ヴァースを取り合っている。「Slave to the Rhythm」(グレイス・ジョーンズの歌ではない)と「Do You Know Where Your Children Are」は、女性や少女から搾取することについての懸念の歌だ。「Xscape」がアルバムを締めくくるころ、失われた関係やメディア、"システム"からのプレッシャーについて歌うジャクソンの声は、荒涼とした、ざらつきのある、深い呼吸のスタッカート・モードへと移行している。

このアルバムのデラックス・バージョンには、同じ曲の、ジャクソン自身が取り組んでいたデモが収録されており、興味深い前後の比較、ということになっている。明らかにまだ手をつけ始めたばかりという曲もある。「Love Never Felt So Good」にはピアノとボーカルとフィンガー・スナップしかない。他の曲は完成に近いようだ(ジャクソンは未完成音源を繰り返し手直ししていたため、デモ音源がどの程度の完成度なのか知るのは困難である)。「Xscape」のための曲の選別は20曲以上の未発表曲が対象となった。ボーカルが最後まであること、ジャクソンが価値ありと見なしていた痕跡がある、というのが条件だった。だが、ジャクソンは亡くなっているので元々の意図はわからない。残されているのは音だけなのだ。

「Xscape」がジャクソンの音楽面での遺産を堕落させているように聞こえるなら・・・・よろしい、それははっきりとは言えない。しかし、誰に聞いてもこう答えるはずだ。つまり、ジャクソンはヒットを作り続けたかっただろう、自分の音楽を最先端にする努力を続けただろう、バック・トラックのやり直しもあっただろうと。(公に向けての発信をパーフェクトにしようと努力していたアーティストとして、彼は手を入れられたことよりも未完成のデモ音源を公表したことに怒るかもしれないが)。それにジャクソンは、新しいアルバム用に古い素材を発掘する唯一のソングライターというわけでは決してない。

現在のR&Bは、ファレルのようなプロデューサーによるレトロサウンドを使ったサウンドも、エレクトリックR&Bの脆い作りのものも許容する。そしてジャクソンは貯めていた音源をそのどちらかの方向にプッシュしていた可能性もあるし、全く別の方向だったかもしれない。デジタル全盛の今、リリースされるまでは完成とはならない。そして、その後もリミックスすることもできるのである。

「Xscape」のエグゼクティブ・プロデューサーでほとんどの曲の実質的プロデューサーはティンバランドだ。価値ある選択だったのは、マクレーン(エステートのマネージャー)、スターゲイト、ロドニー・ジャーキンスが曲ごとに起用されていることである。ロドニー・ジャーキンスは、1999年にジャクソンとともに取りかかった「Xscape」を徹底的に改良した。新しいバージョンのために、彼はベタな脱獄風イントロを取り除き、ビートに重さと刻み感を加えると同時に、ストリングスとホーンも加えた。デモに比べより一層装飾を加え、ブリッジ部のムードを変えた。ジャクソンが不気味に「When I go, this world won’t bother me no more」と歌うパートだ。デモではブリッジはそのままグルーヴに乗るのだが、新しいバージョンでは、教会風の楽園のようなコーラスであり、ハーモニーとリッチなストリングスのつかの間の避難場所という感じである。

ティンバランドによる転換は見事だ。結婚と仕事に囚われた女性の歌「Slave to the Rhythm」では、デモの機械的なビートを緊張感のあるダブルテンポの連打に変更している。このビートはボーカルに反して飛び跳ねており、ジャクソンの突き上げるような不安をよりドラマチックなものとしている。妻を寝取られた夫への奇妙な謝罪「Chicago」は、デモのキーボードのコードを、チューバのようなベース音と舞い上がる高音とによる対位旋律に置き換えている。ティンバランドは「Do You Know Where Your Children Are」の部分の元々のシンセサイザーのベースラインを捨て去り、上へ下へと飛び跳ねる、より風変わりな、だが人目を引く音をひねり出した。だが、ティンバランドはジャクソンの傑作「Wanna Be Startin’ Somethin」を越えることはできなかった。

ノルウェーのプロデュース・チーム、スターゲイトはアメリカの「A Horse With No Name」を元にした「A Place With No Name」にパワーを与えた。ミステリアスなユートピアを発見したが家族の元に戻るために泣く泣くその場を後にするとジャクソンが歌うこの歌は、アメリカのギター・コードを使ったシンプルなデモであった。スターゲイトはギターをキーボードのリフに取り換えた。「The Way You Make Me Feel」に非常に近いもので、彼らのダンス・ビートは不安が増すジャクソンのボーカルを楽しんでいる。

「Blue Gangsta」のデモで意図されていたビッグ・バンドのタンゴのように、ジャクソンのアイディアをある種取り除いた場合もあるものの、「Xscape」はこれらの古い曲に磨きをかけている。そしてジャクソンの声・・・リミックスで故意に前面に押し出されている・・・は、近年の彼のアルバムのそれに比べてさらに鮮やかに、そして処理が施された感は少なくなっている。彼がそれで大喜びしているかもしれないし、何かを懇願しているかもしれない、あるいは文句を言い、叫んでいるかもしれないが。

だが、なぜジャクソンが「Xscape」に収録された曲たちをしまっておいたのかは明らかだ。これらの曲は完成一歩手前であり、リリースレベルの水準には少し足りない、あるいはどこかもっといいところで使おうとしていたアイディアのサンプルといった感じである。「Chicago」は、「Billie Jean」や「Dirty Diana」といった、彼女が僕に悪いことをした的な曲の中では影が薄い。「Don’t Stop ’Til You Get Enough」のような初期の世界最高の曲の中から後年の選曲が厳しくなったジャクソンの目にかなった大作「Xscape」でさえ、基本的には「Scream」のゆがんだベースと深い妄想症の派生である。

ジャクソンの死後を取り仕切る者たちは、彼が遺したものに対して豊富な知識を有し、また深く理解している。しかし、すべては懐古的だ。マイケル・ジャクソンの水準に達していないものでも他のミュージシャンにとっては名誉なものかもしれない。しかし、ジャクソンは自分自身が競争相手だった。そしてエステートのプロジェクトを見れば、彼のベストの作品は生前にリリースされたものであることが示唆されている。アーカイブの管理者やプロデューサーたちはジャクソンのスタイルを再現する事も、「現代化」することもできる。だが、どのような手段をもってしても、彼を生き返らせることはできないのである。

ソース:New York Times / michaeljackson.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。

お急ぎのお問い合わせはteamに
@mjjfanclub.jpをつけてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ