He’s a Monster, He’s an Animal(その1)

ウィラ:ジョイエ、私たちは新しいニュースとかセンセーショナルな話というのは避けてきました。それには理由があります。どうしても、ジェットコースターのような噂やほのめかしやインチキのニュースにとらわれてしまうからです。全体像を見失ってしまうのです。一般的に言って、マイケル・ジャクソンのアートに焦点を絞り、そしてセンセーショナルなことはもうたくさん、という風にしてしまうのは良い方法だと思います。

ジョイエ:まったくその通り。

ウィラ:でも、マイケル・ジャクソンのアートについての興味深い一面として、彼は、マスコミや一般の認識、先入観、あるいはこれらが複雑に絡み合った問題と闘っていたということがあります。そして先週、そういうことを再認識させられる出来事がありました。ウェイド・ロブソンの弁護士ヘンリー・グラドステインが、あらかじめ準備されていた声明でこう言ったのです。「マイケル・ジャクソンはモンスターです。普通の人なら内心それがわかっているのです」。

ジョイエ、「普通の人々」が違う人々を恐れ、恐れから違う人々を「モンスター」だと思い始める、ということをマイケル・ジャクソンは何度も私たちに警告していましたね。これは「Ghosts」の核となっているプロットです。(「Ghosts」の村長がマエストロに長々と話すシーン、「私たちの町は普通の良い町だ。普通の人々、普通の子供たち。あんたのような妙なやつには用はないんだよ」のところ。目を閉じれば、村長がグラドステインの言葉をこの場面で話しているところを想像できます)。彼は、「Thriller」でもこの恐れというものを取り上げています。恐れは、ショートフィルム「Thriller」の心理的土台となっています。「Thriller」は恐れというものに踏み込んでいるから、「うまくいっている」んです。彼が「Is It Scary」や「Threatened」、「Monster」で語っているのもまさにこれなんです。

ジョイエ:彼のことを人々があんな風に感じているなんてとてもショックですよ、ウィラ。つまり、それは、一度みんなが一つの流れに乗るとか、誰かがそうしていると感じたら一緒になって悪口を言うということの一つの表れなんですよ。でも、亡くなった人を攻撃するために、あんなひどい方法で・・・・先週あの発言を読んで、本当にショックを受けました。まだ続いています。

あなたの仰っていることに戻りますけど、その通りですね。マイケルはまさにこのテーマに何度も何度も取り組んでいました。彼の頭とイマジネーションにはこのことが常にあったのではと思えるほどです。考えてみたら、おそらくその通りですね。つまり、結局彼はこのテーマから離れることはできませんでした。文字通り、「彼の人生のストーリー」でした。とても悲しいことだと思います。今週の記事のトピックとしてあなたがこの話を提案した時、「Monster」の歌詞がすぐに頭に浮かびました。そしてうんざりな感じがしたんです。意味分かります?

(その2に続く)

「Eat It」の契約書のMJの署名はアル・ヤンコビックを"食べて"いる

マイケル・ジャクソンの署名はあまりに巨大であり、宇宙空間の“ガルガンチュア(大食の巨人)“ブラックホールよりも強力な重力を持っている。

今日早く、誰もが好きなポルカ・マニア(アル・ヤンコビックのこと)が発見し、スキャンし、そしてツイッターに投稿した。「Eat It」についての亡きキング・オブ・ポップとの契約書の署名のページだ。

B2qYMa6CYAA5JFA.jpg

80年代以降、ヤンコビックは有名なミュージシャンやバンドの歌やミュージックビデオのパロディを作ってきた。彼はポルカ・アコーディオン奏者として有名で、昨夏には「Mandatory Fun」のプロモーションとして、8日連続でビデオをリリースした。この作品は、30年にも及ぶ彼のキャリアで初のナンバーワン・アルバムとなっている。

だがそれでも、ブラックホールの事象の地平線(ここから先に入ったら絶対に出られないという境界線)から逃れるには十分ではない。ジャクソンが書いたものはあまりに巨大なため、(宇宙旅行ビジネスを行っている)ヴァージン・ギャラクティックが武器として使うかもしれない。

ブラックホールに飲み込まれてしまう前の最後のヤンコビックはこちら。
1984年のビデオ「Eat It」だ。



■MJ’s Signature Eats ‘Weird Al’s On The ‘Eat It’ Contract

Michael Jackson’s signature is so big, it a gravitational pull stronger than the “Gargantua” black hole in Interstellar.

Earlier today, everyone’s favorite polka enthusiast found, scanned, and posted the signature page of his “Eat It” contract with the deceased “King of Pop” on Twitter.

Since the 1980s, Yankovic has parodied songs and music videos by famous musicians and bands. The champion accordion player is so well known for it, he even released eight new videos for eight days straight to promote last summer’s “Mandatory Fun.” It went on to become Yankovic’s first number one album in a career spanning three decades.

Jackson’s doodle is so big it could be weaponized for use by Virgin Galactic.

For a final glimpse of Yankovic before his mass is sucked away into oblivion, check out the video for 1984′s “Eat It” below.

Link: http://uproxx.com/music/2014/11/check-out-michael-jackson-and-weird-al-yankovics-eat-it-contract/

Source: Uproxx / MJ-UPBEAT.COM

「There Must Be More To Life Than This」レビュー(LMJ)

今週、クイーンのニューアルバム「Queen Forever」がリリースされた。これは編集盤であり、また、バンドが「忘れていた」フレディ・マーキュリーのボーカルの曲が収録されている。収録曲は1973年から2014年の間にレコーディングされたものである。

リリースを前にバンド・メンバーのブライアン・メイが、マイケル・ジャクソンとレコーディングしたものは2曲リリースされると述べていたが、アルバムへ収録されたのは1曲だけであることが明らかとなっている。これがクイーンの選択なのか、あるいはマイケル・ジャクソン・エステートが制限があったために2曲収録の許可が下りなかったのかははっきりしていない。

フレディとマイケルのデュエット、「There Must Be More To Life Than This」はフレディの作であり、プロデュースとミックスはウィリアム・オービットが担当した。演奏部分には、元メンバーのジョン・ディーコンがベースをプレイした「Hot Space」セッションでレコーディングされた1981年のオリジナル・トラックが含まれている。曲の長さは3分20秒だ。

私たち(LMJ)の「There Must Be More To Life Than This」への評価は・・・

曲を聞くとすぐに、まさに典型的なクイーンのサウンドであると思うだろう。間違いなく80年代の曲だが2014年に聴いても依然として素晴らしい。だがマイケルが単独で歌っている短い4行の部分を除き、デュエットというよりは、マイケルをバック・ボーカルとしているように聴こえる。歌っているのはフレディで、マイケルが数行続き、そして数行を一緒に歌う。だが、この曲にはこれしか歌詞がないのだ。大部分はタイトルを形を変えて繰り返している。

この曲は、聞いてすぐに私たちを興奮させたというわけではない。ところが数度聞くとなじんでどんどん好きになっていく。マイケルとフレディが一緒に歌っている部分は鳥肌ものだ。二人の声が、ここではとてもよくフィットしているように思えるからだ。これは私たちが全く予期していなかったことである。

マイケルの声は1分21秒付近から始まる。

There must be more to life than killing
A better way for us to survive
I live in hope for a world filled with love
Then we can all just live in peace

その後、フレディとマイケルが一緒に歌う。

There must be more to life than this
There must be more to life than this
I live in hope for a world filled with love
There must be more to life than this
There must be more to life, much more to life, much more to life
There must be more to life, more to life than this

QueenForever.jpg

■‘There Must Be More To Life Than This’ on Queen Forever (LMJ Review)

This week (November 10th) the new Queen album Queen Forever was released. It is a compilation album and features tracks the band had “forgotten about” with vocals from original front man Freddie Mercury. The music has been recorded between 1973 and 2014.

Before the release band member Brian May stated that two new songs would be released which were recorded with Michael Jackson. It is now clear that only one of the songs has been put on the album. It is not clear if this was a choice made by the band or if they were just not allowed to put two on the album because of limitations by the Michael Jackson Estate.

The duet track of Freddie and Michael There Must Be More To Life Than This is written by Mercury and produced and mixed by William Orbit. It contains the original 1981 backing track recorded during the “Hot Space” sessions by Queen with John Deacon on bass. It is featured on the first disc (if you buy the Deluxe version). It’s length is 3:20 minutes.

So what do we think about There Must Be More To Life Than This?

When you put on the track you immediately recognize it is a song with a true and typical Queen sound. Definitely an eighties song and still very nice to hear in 2014. It doesn’t really sound like a duet though, more like they used Michael for backing vocals, except for the four short lines Michael sings alone. It’s Freddie singing, followed by a few lines by Michael and than a few lines together. But than again the song doesn’t have that many lyrics anyway. Most of the text is repeating the title in different ways.

At first the song didn’t get us very excited but after listening it a few times you grow into it and start liking it more and more. The part were Michael and Freddie sing together gave us goose bumps because their voices seem to fit so good together here. Not at all what we expected.

Michael’s voice starts at 1:21, singing:

There must be more to life than killing
A better way for us to survive
I live in hope for a world filled with love
Then we can all just live in peace

Later Freddie and Michael sing together:

There must be more to life than this
There must be more to life than this
I live in hope for a world filled with love
There must be more to life than this
There must be more to life, much more to life, much more to life
There must be more to life, more to life than this

The song is a must-buy for Michael Jackson and Queen fans and now available in iTunes!

source: Legendary Michael Jackson

ブルック・シールズ、自著でMJについて語る

ブルック・シールズが新著「There Was a Little Girl」(11/18発売)でマイケルとの友情について語っている。

ブルックが、マイケルがデートを怖がっていたと新たな証言をしていると報じているメディアもあるが、マイケルはオプラ・ウィンフリーとのインタビュー(1993年)ですでに、これが彼にとっては大変なことだったと世界中の視聴者に語っている。

この本では13歳での二人の出会いについて触れられている。ブルックはPeople誌に対しこう述べている。「会ったその日から、お互いに相手の中に自分を感じていました・・・私たちはとても安心感があったのです。私たちは周囲の狂気をあまり感じませんでした。みんながバカだとジョークを言ったり、映画を見たりお菓子を食べたりしていました」。

彼女はまた、二人がロマンチックな関係ではなかったとも語っている。「もちろん私たちは愛し合っていました。でもロマンチックなことにはなりませんでした」。二人の関係はとても特別なもので、世界は理解できないだろうと彼女は新著で説明している。

■Brooke Shields writes about Michael Jackson in her book ‘There Was a Little Girl’

In her brand new book There Was a Little Girl, Brooke Shields writes about her friendship with Michael. The book is available in stores on November 18th.

Some media are reporting that Brooke disclosed something new by saying that Michael was terrified of dating. However, during Michael’s interview with Oprah Winfrey (1993) he already shared with a worldwide audience that this was a big deal for him.

The book does describe how the two met at the age of 13. Shields told People: “From the day we met, we saw something of ourselves in each other… We felt really safe. Together, we felt impervious to the craziness that swirled around us. We joked about how silly people were and watched movies and ate candy.”

She also tells that they were not romantically involved, saying “Of course we loved each other, but nothing really happened romantically,”. Their relationship was very special and something the world would not understand, she explains in the book.

source: Legendary Michael Jackson

In Studio with Michael Jackson

1987年9月12日、マイケル・ジャクソンは東京で「BAD」ツアーをスタートさせました。日本での最初の9公演のチケットは数時間で売り切れ(オンラインでの購入などなかった時代です!)、5公演がすぐに追加されました。

グレッグやロリー、クリス、ジェニファー、そしてリッキーたちと仕事をしていたことを思い出します。ツアーのために一部の曲を再構成しなければならなかったからです。スタジオからLAでのバンドのリハーサルまで、私たちはテープを何度も再生し、テンポとピッチを調整しました。後にシェリル・クロウとして強烈なソロキャリアを築くことになる若きバックシンガーのことも覚えています。

私はショーで日本へは行きませんでしたが、もし行っていたらとても楽しいものとなったでしょう。ブルースと私はスタジオに残り、発売予定のシングル制作に取り組み、ビデオのために曲の編集をしていました。「BAD」がチャートを賑わし、ツアーをやっていた頃はみんなが忙しかったのです。

マイケルがツアーに出発する前、私たちは彼の特別なリクエストについて話し合っていました。彼はホテルの部屋用にポータブルのエンタテイメント・システムが欲しいと言っていました。だから私は、写真にあるようなモンスター・システムを設計したのです。これは彼のためにホテルからホテルへと持ち運ばれ、このシステムで彼は映画を観たり、スタジオで出来上がったミックスを聴いたりすることができたのです。言ってみれば、800ポンド(約360キロ)もある1987年版iPadですね。

ステージで緊張することはないのかとマイケルに尋ねたことがあります。彼は笑って言いました。「緊張はしないよ」。「本当に?」「本当さ」と彼は答えました。日本での最初の14公演では45万人が彼を見ました。これだけでもたいての人は緊張しますが、マイケルはそうではなかったのです。

2015年1月10日、マイケルが最初に東京でパフォーマンスしてから9967日。私たちは日本では最初となるセミナー「In The Studio With MJ」をスタートさせます。とてもワクワクしています。そしてすこし緊張もしています。日本にはずっと興味を持っていました。食べ物、文化、歴史、国民性、考え方、ペース、サイズ・・・そしてもちろん素晴らしい人々。マイケルは日本が大好きでした。そして、スタジオ・ミュージシャンやエンジニアたちは日本で仕事をした後はいつも素晴らしい土産話や電気製品を持って帰ってくれました。楽しくて当然です。

今週には最終決定をします。今週末にはチケット販売を開始する予定です。最初の週末(1月10日、11日)は東京です。翌週の週末(1月17日、18日)は大阪です。今回の旅をとても楽しみにしています。そして私たちの「チーム・ジャパン」は成功させるためにハードに仕事をしてくれています。

私の日本のゲストのためにサプライズも用意しています。マイケルのファン・ベースにとって必要不可欠は方々なのですから。

このセミナーに関心を持ち、日本へと招致していただいたことに感謝いたします。皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

ソース:In Studio with Michael Jackson / facebook.com

ウェイド・ロブソン、エステートを攻める機会を逸する

オーストラリア人振付師ウェイド・ロブソンが、故キング・オブ・ポップに子供のころに受けたと主張する性的行為について、エステートの弁護士を攻撃する機会を得ることに失敗した。

「私たちが行おうとしている質問は適切なものだと考えています」。
木曜日にロサンゼルス郡上級裁判所で行われた審理で、ロブソンの弁護士メアリアン・マルツァーノはミッチェル・ベックロフ判事に対して述べた。

マルツァーノは、過激な性的尋問でエステートの首脳部を探ろうと意図していた。

エステート側のジョナサン・シュタインサピアー弁護士は、エステートはジャクソンとロブソンとの間のいかなる性的な出来事を否定していると述べた。

さらに読むにはこちら(英文。性的描写を含みます)

■Wade Robson suffers Court Setback

Australian choreographer Wade Robson has lost his bid to grill representatives of Michael Jackson’s estate about graphic sexual acts he alleged the late King of Pop performed on him as a child.

“I think the types of questions we are are asking are appropriate,” Robson’s lawyer Maryann Marzano told Los Angeles Superior Court judge Mitchell Beckloff during Thursday’s hearing.

Marzano wanted to probe the heads of Jackson’s estate with questions extremely sexual in nature.

Jackson lawyer Jonathan Steinsapir said his clients have already denied anything sexual took place between Jackson and Robson.

Read More. (Graphic content).

Here: https://au.news.yahoo.com/a/25452727/aust-wade-robson-suffers-la-court-setback/

Source: Yahoo News / MJ-UPBEAT.COM

アーカイブ映像で有名なダンス・ムーヴを披露するマイケル・ジャクソン

ロウ人形をパーフェクトなものとするべく彫刻師らのために有名なダンス・ムーヴを披露したマイケル・ジャクソンの様子を収めた映像をマダム・タッソーが発見した。スローモーションで納められたこの映像では、他にはないマイケルの初期の創作作業の様子を見ることができる。



■Michael Jackson practising famous dance moves in archive footage

Madame Tussauds have unearthed some incredible archive footage showing Michael Jackson practising his famous dance moves in order for the company’s sculptors to perfect his waxworks. The footage which is set in slow motion offers a unique view at Michael’s early working life.

SEE VIDEO:

http://www.dailymail.co.uk/video/news/video-1134528/Michael-Jackson-practising-famous-dance-moves-archive-footage.html?ITO=1490&ns_mchannel=rss&ns_campaign=1490

Source: Daily Mail Online / MJ-UPBEAT.COM
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。

お急ぎのお問い合わせはteamに
@mjjfanclub.jpをつけてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ