「We Are The World」30周年、5つの事実

1985年1月28日、マイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー、ハリー・ベラフォンテらの呼びかけで、アメリカのポップ・ミュージックの大物たちが一堂に会し、アフリカの飢餓を終わらせるという一つの目的を持った歌をレコーディングしてから30年が経った。

ティナ・ターナー、ボブ・ディラン、シンディ・ローパー、ウィリー・ネルソン、レイ・チャールズ、スティーヴィー・ワンダー、ブルース・スプリングスティーンといった当時の大スターたちが「We Are the World」のために集まり、2000万枚以上を売り上げ、グラミー賞3冠を含む多くの賞を受賞した。最も重要なのは、人道的援助のために6300万ドルが集まったことだ。



「We Are The World」30周年を称え、People誌がこの世紀のレコーディングにまつわる驚くべき5つの事実についてまとめた。

1.レコーディングの前夜まで、この曲は完成していなかった
共作者のジャクソンとリッチーが歌詞とメロディを完成させたのは締め切りの前日の晩だった。リサ・D・キャンベル著「Michael Jackson: The King of Pop」で紹介されているが、ジャクソンは後にそのいきさつについてこう語っている。「僕は素早くやるのが好きなんだ。ライオネル・リッチーに知らせないで進めたんだよ。待てなくてね。僕は出かけて行って、その晩のうちに完成した曲を持って出てきたんだ。ドラム、ピアノ、ストリングス、そしてサビの部分の歌詞だよ」。

2.レコーディングはアメリカン・ミュージック・アワード(AMA)と同じ晩に行われた
「We Are The World」のレコーディングに加わった多くのスターたちは、わずか数時間前にはお互いにライバルだった。シンディ・ローパー、ティナ・ターナー、ライオネル・リッチーは第12回AMAの会場からスタジオに直行した。ライオネル・リッチーはAMAのホストを務め、シンディ・ローパーとティナ・ターナーはライブステージに立っていたのだ。マイケル・ジャクソンはガイドボーカルのレコーディングのためにAMAは欠席したが、それにもかかわらずAMAでは2つの賞を受賞している。

3.レコーディングされたのは「We Are the World」だけではなかった
「We Are the World」は、社会活動家/エンタテイナーのハリー・ベラフォンテの発案によるものだった。お気に入りのアーティストたちによるスーパーグループをレコーディングのために集め、利益をすべて慈善事業に寄付するというのはベラフォンテの夢であった。彼の尽力を称え、スタジオの中のスターたちは彼のヒット曲「Day-O (The Banana Boat Song)」を即興で歌い始めたのである。

4.シンディ・ローパーの宝石がソロ・テイクの一つを台無しに
レコーディングの晩のモットーは「各自のエゴは入口で預けておく」であった。だがシンディ・ローパーの場合、アクセサリーを預けておく方が良かったかもしれない。それでも、彼女はその晩の衣装では圧勝していた。

5.サイン交換をしなかったものは誰一人としていなかった
「集団ヒステリーが起きたんだよ。みんながみんなのサインを欲しがったからさ」とライオネル・リッチーは指摘する。「他の人のファンになるものなんだなと思ったよ」。

ケニー・ロジャースはこう振り返っている。
「誰もが、思い出になるような記念品を欲しがっていたんだ。僕らは楽譜を持っていたから、それに他のアーティストにサインしてもらったんだよ。サインをもらわずに帰った人は誰もいないと思うよ」。

メイキング映像はこちら。


■‘We Are The World’ At 30. Five Facts
It’s been thirty years since 45 of the biggest names in American pop music came together, led by Michael Jackson, Lionel Ritchie, Harry Belafonte and Quincy Jones on January 28th 1985, to record a song with one purpose: ending famine in Africa.

‘We Are the World’ attracted all the biggest starts of the day including Tina Turner, Bob Dylan, Cyndi Lauper, Willie Nelson, Ray Charles, Stevie Wonder and Bruce Springsteen to name a few, and it went on to sell over 20 million copies and won numerous awards, including three Grammys. Most importantly it raised a huge $63 million for humanitarian aid.

In honour of the song’s 30th anniversary, People Magazine have compiled these five amazing facts about the extraordinary circumstances of its recording:

1. The song wasn’t fully written until the night before recording.
Jackson and Richie – who co-wrote the song – finished the lyrics and melody on the night before their deadline. “I love working quickly,” Jackson later said of the process as quoted in Michael Jackson: The King of Pop by Lisa D. Campbell. “I went ahead without even Lionel knowing, I couldn’t wait. I went in and came out the same night with the song completed – drums, piano, strings, and words to the .”

2. The recording took place the same night as the American Music Awards.
Many of the stars who joined forces to record “We Are the World” were competitors just hours earlier. Lauper, Turner, and Richie were among those who came straight to the studio from the 12th annual AMAs. Richie actually hosted the award show, and Lauper and Turner had both given live performances. Jackson skipped the awards to record the guiding vocals to the song – but still managed to win two AMAs despite his absence.

3. “We Are the World” wasn’t the only song the stars sang that night.
‘We Are the World’ was the brainchild of activist/entertainer Harry Belafonte. It was Belafonte’s dream to gather a supergroup of his favorite artists to record a song that’s proceeds could be donated entirely to charity. In honor of his efforts, the entire room of stars broke out into an impromptu rendition of Belafonte’s classic hit, “Day-O (The Banana Boat Song.)”

4. Lauper’s jewelry ruined one of the solo takes.
The motto of the evening was “check your ego at the door” – but in Lauper’s case, checking her accessories might have been more helpful. Still, she definitely won outfit of the evening.

5. No one left without swapping autographs.
“Mass hysteria broke out because everybody wanted everybody else’s autograph,” Richie of one point in the night. “I realized that there was a room of everybody being fans of everyone else.”

As Kenny Rogers remembers,

“Everyone wanted a memento that we could all keep ourselves. And we had the sheet music so we had all the other artists sign it. I don’t think there was one out there who didn’t get everyone to sign it.”

Watch the original ‘making of’ documentary:

Source: People & MJWN

ダニー・オズモンド、マイケルについて振り返る

donny2-640x360.jpg

兄妹デュオ、ダニー&マリーとして、そしてオズモンド・ブラザーズのメンバーとして知られる俳優で歌手のダニー・オズモンドが、HuffPost Liveとのインタビューでマイケル・ジャクソンとの最後の会話について振り返っている。

ダニー・オズモンドは60枚目のアルバムにしてキャリア50年を記念する「The Soundtrack Of My Life」の発売でHuffPost Liveに登場した。その中で、マイケルとの出来事について、二人の共通点や最後に彼と交わした会話などを語った。

「マイケル・ジャクソンの最初のナンバーワン・ソロ・ヒットの『Ben』は僕のために書かれたんだ。僕もマイクもこのことは知らなかったんだよ。ヒットしてから何年かして、僕は『Ben』のライターの一人と話をしていたんだけど、その人がこう言ったんだ。『そうさ、僕らはダニーに歌ってほしいと思っていたんだけど、君はきょうだいたちとツアーに出ていて無理だったんだよ。僕らはこのネズミの映画を仕上げなければならなかったんだ』って」。

そのプロデューサーはこう続けたという。
「マイケル・ジャクソンという小さな子がそこにいた。彼の声は高かったので、歌わせた・・・彼で問題なかった」。

こうしてこの曲はマイケルの最初のソロ・ナンバーワンとなった。



ダニーは振り返る。

「マイクと僕はこのことで盛り上がったよ。彼はこう言っていた。『面白いね。ダニーは子犬の歌’Puppy Love’がヒットして、僕はネズミを歌った’Ben’がヒットするなんてさ』ってね」。

「彼が懐かしいね。本当に懐かしいよ」と彼は付け加えた。



マイケルとダニーは1974年のアメリカン・ミュージック・アワードで共演している。



■Donny Osmond Remembers Michael

Actor and Singer Donny Osmond, best known as one-half of the brother-sister duo Donny & Marie, and Osmonds’ member, remembers his last conversation with Michael Jackson during an interview for HuffPost Live.

The icon joined HuffPost Live to celebrate his 60th album “The Soundtrack Of My Life,” which marks his 50 years in show business and talked about his history with Michael, the things that they had in common and the last conversation that he had with him.

In the interview he says,

“Michael Jackson’s first number one solo hit ‘Ben’ was written for me and I didn’t know this, neither did Mike. Years after it became a hit I was talking to one of the writers who said ‘Yeh, we wanted you to sing that Donny but you were on tour with your brothers and you were unavailable and we had to finish this movie about a rat.”

He went on to say that the producers told him,

“Well there’s this little kid named Michael Jackson. He’s got a high voice, let’s get him to…., he is available,”

and of how it became Michael’s first number one solo record.

Reminiscing, Donny recalls,

“Mike and I had the greatest time talking about it because he said, ‘you know what’s funny Donny is that you had a hit about a puppy dog with ‘Puppy Love,’ and I had a hit about a rat with ‘Ben.'”

“I miss him, I really miss him,” he adds.

Michael and Donny at the American Music Awards together, back in 1974.

Source: HuffPost Live & MJWN

AEG裁判、控訴審に向けての審理

木曜日、マイケル・ジャクソンの母親の代理人弁護士が、コンサート・プロモーターAEGライブに対する新たな裁判に向けての主張を行った。しかし、マイケル・ジャクソンと、彼を死亡させたとして有罪評決を受けたコンラッド・マーレーの関係を重視する上訴審の判事らは懐疑的である。

キャサリン・ジャクソンの代理人らは、AEGライブは2009年6月のマイケル・ジャクソンの死に対して責任はないとした陪審団の評決に対して異議を唱えている。代理人らは、担当した判事が裁判前に過失責任、雇用責任を除外したのは不当だった、陪審員らは不適切な評決用紙を渡され不適切な注意事項を受けていた、と主張している。

5か月以上続いた裁判では、証言はジャクソンとマーレー医師(麻酔薬プロポフォールを致死量投与したとして過失致死罪で有罪)の関係について焦点が当てられていた。

上訴審の判事らからの尋問の多くは、ジャクソンとマーレーの関係、AEGとマーレーの契約、「This Is It」コンサートの準備中だったジャクソンのケアのための月15万ドルの報酬は誰が支払っていたか、という点に集中した。

判事らは、コンサートが計画される前からマーレーはジャクソンを診療していた点を指摘し、コンサート終了後はジャクソンから診療代が支払われることになっていたのかどうかを質した。

サンディ・クリーグラー判事とリチャード・M・モスク判事は、マーレーがプロポフォールをジャクソンに処方していることをAEGがどうやって知り得たのか疑問だと述べた。

1時間続いたヒアリングの終盤、クリーグラー判事は「この場合、AEGの過失とは何です?私にはこれがわかりません」とジャクソン家側代理人マーガレット・グリニョンに尋ねた。

一方モスク判事は、AEGが、マーレーがジャクソンに鎮痛剤あるいは通常の睡眠薬を投与していると疑っていたのであれば、それは一つのポイントにはなるとしたが、「それをプロポフォールにまで飛躍させるのは拡大解釈ではありませんか?常識を外れています」と述べた。

グリニョンは、それは陪審員が下すべき決定だと反論した。

AEG側のマーヴィン・プットナム弁護士は、マーレーがジャクソンの寝室でジャクソンにプロポフォールを投与したいたと予見しえたかどうかがこの裁判のポイントであると述べた。この薬物は病院設備の中でのみ処方されることになっている。

「AEGだけでなく世界中の誰もが、マイケル・ジャクソンの悲劇的死によってプロポフォールのことを知ったのです」とプットナムは判事らに述べた。

しかしながらグリニョンは、AEGはジャクソンの診療に自ら口を出し、ジャクソンのリハーサル・スケジュールをマーレーに立てさせ、マーレーの行動をコントロールしていた、陪審員はこれらを考慮に入れることを許されるべきだった、と反論した。

「これは、単にAEGが、ミスター・ジャクソンの専属医がツアーに同行する費用を支払うことに同意した、という裁判ではないのです」とグリニョンは述べた。

木曜日の審理にはキャサリン・ジャクソンは出席しなかった。

判事らは判断を示す日時については述べなかった。決定には二人の判事の同意が必要となる。

■Michael Jackson’s mother appeals failed lawsuit against promoter
CBS NEWS:

LOS ANGELES – Lawyers for Michael Jackson’s mother argued Thursday for a new trial in her case against concert promoter AEG Live LLC, but faced a skeptical panel of appellate justices who focused on the superstar’s relationship with the doctor convicted of killing him.

Attorneys for Katherine Jackson appealed a jury’s verdict finding that AEG Live was not financially responsible for the singer’s June 2009 death. They contend that the trial court judge incorrectly dismissed negligence and employment claims before the trial, and jurors were given an improper verdict form and instructions.

The trial spanned more than five months last year with testimony that focused on the relationship between Jackson, AEG and Dr. Conrad Murray, who was convicted of involuntary manslaughter for giving the singer a lethal dose of the anesthetic propofol.

Much of the questioning from the appellate justices focused on Jackson’s relationship with Murray, the details of the cardiologist’s contract drafted by AEG, and who was paying the physician’s $150,000 a month fee to care for Jackson as he prepared for his ill-fated “This Is It” comeback concerts.

The panel noted that Murray treated Jackson before the concerts were planned and questioned whether the doctor’s fee would be reimbursed by Jackson after the shows.

Associate Justices Sandy Kriegler and Richard M. Mosk questioned how AEG could have known that Murray was giving Jackson treatments of propofol.

“What is the fault of AEG in this?” Kriegler asked Jackson attorney Margaret Grignon toward the end of the hourlong arguments. “I’m just lost in all of this.”

Mosk said it would be one thing if AEG suspected Murray was giving Jackson painkillers or traditional sleep drugs. “Isn’t it a stretch to go from that to propofol, which is beyond the pale.”

Grignon countered that it was a decision that a jury should answer.

AEG attorney Marvin Putnam said the case hinged on whether the concert promoter could have foreseen that Murray was giving Jackson propofol in the singer’s bedroom. The drug is supposed to be administered solely in hospital settings.

“Everyone in the world, not just AEG, learned about propofol because of this tragic death,” Putnam told the panel.

Grignon however argued that AEG inserted itself into Jackson’s medical care, allowed the doctor to set the singer’s rehearsal schedule and controlled Murray’s actions, which a jury should be allowed to consider.

“This is not a case where AEG simply agreed to pay Mr. Jackson’s personal physician to accompany him on tour,” Grignon argued.

Katherine Jackson did not attend Thursday’s arguments.

The justices did not state when they would issue a ruling. Two justices must agree on the decision.

Source: CBS NEWS / MJ-Upbeat.com

初のロバート・バーンズ・ミュージカルが開演へ

ミュージカル「Robert Burns: The Musical」は、1月25日のバーンズ・ナイトにスコットランド・アバディーンのティヴォリ・シアターにて開幕する。

このミュージカルの原案はマイケル・ジャクソンとデヴィッド・ジェストによるものだ。

デヴィッド・ジェストはこのショーに出演することになっていたが、スケジュールの都合でやむなく出演が取り止めとなった。

脚本を担当し、公演ではナレーションも行うことになっているティシュ・ティンダールがジェストの出演キャンセルについて語っている。

「彼(ジェスト)から出演したいと打診があった時、カメオ出演が最善だと思いました。彼は忙しいからです。後日合流する予定ですが、公演についてのこれ以上のことはまだ発表していません」とティンダールは述べ、「アバディーンでプレミアを開催すべく努力してきました」と付け加えた。

(参考)MJの曲を使ったロバート・バーンズのミュージカル

article-2051362-0E79BB0100000578-340_1024x615_large1-640x384.jpg

■The First Production Of Robbie Burns Musical

‘Robert Burns: The Musical’ is to hit the stage on Burns Night, January 25th at the Tivoli Theatre in Aberdeen, Scotland.

The musical, which is the original idea of Michael Jackson and David Gest.

David Gest was due to perform in the show later this month, but has had to pull out due to scheduling commitments.

Tish Tindall who was born in Inverurie, Aberdeenshire wrote the musical and will be narrating during the performance. Tindall said of Gest’s cancellation,

“When he (Gest) asked me if he could be in the show, we decided a cameo role would be best because of his busy schedule. He is planning on joining us at a later date, but we have not announced any further performances yet.”

Tindall added; “I really did fight to keep the première in the north-east.”

Tickets for the first performance can be purchase by emailing diane@rockacademy.co.uk or by calling 01343 813 111.

Source: Aberdeen Press & Journal & MJWN

ラテンのトリビュート・アルバム

トニー・サッカーがプロデュースしたラテン初のマイケル・ジャクソン・トリビュート・アルバム「Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson」が、ユニバーサル・ミュージック・ラテン・エンターテインメントとユニバーサル・ミュージック・クラシックスより、4月14日にリリースされる。このアルバムには100人以上のミュージシャンが参加し、その中にはラテンのスーパースター、ティト・ニエベス、ジョン・セカダ、オビー・ベルムデスらも含まれている。

ファースト・シングル「Smooth Criminal」のビデオが1月13日に公開された。



マイケル・ジャクソンの音楽が持つ愛情あふれるメッセージに対する粘り強い献身、固い決意、そして情熱的信頼が、プロデューサーでプレイヤー、アレンジャーでもあるトニー・サッカーに「Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson」を作らせたのである。

その結果、「Thriller」や「Billie Jean」、「I Want You Back」といったジャクソンの不朽のポップやR&Bが壮麗なサルサやトロピカルのリズムと融合し、爽快なエネルギーに満ちた革新的で鮮やかなアレンジとなった。

この画期的アルバムは、マイケルが持っていた協調と、音楽を通じて異なる文化を結びつける精神を具現化するものだ。

「マイケルの音楽で際立っているのは愛です。調和(Unity)ということです。そしてラテンの根本とアメリカのポップ・カルチャーの調和を示し、さらにはマイケルのレガシーを生き生きとしたものとする。そんなタイトルをつけたかったというのもあります」とサッカーは言う。

「Unity」製作のきっかけは、マイアミでハロウィーン用の「Thriller」のサルサバージョンをアレンジしたことだった。反響はすぐにあり、圧倒的に支持するものであったため、彼は自分のバンドとベッドルームで録音し、ネットに投稿して配信した。

DJたちがその音源をプレイし始め、サッカーの元には世界中からラテン風ジャクソンのフルアルバムのリクエストが舞い込み始めた。「それが口火となったのです。僕はファンでしたから、何かしなければと感じたのです」。

マイケルのレガシーを生き生きとしたものとするということは、「Unity」用の再アレンジの一曲一曲にオリジナル作品の要素を包括するということを意味する。

「ホーンの部分でさえ、クインシー・ジョーンズが手掛けた部分を模写し、それを違ったアレンジに適用するということをしました。原曲のエッセンスをリスペクトしつつも、マイケルがしたことと僕がこのプロジェクトに持ち込んだもののぎりぎりの境界線をつくということに全力を尽くしました」。

サッカーがアレンジとプロデュースを行ったが、「Earth Song」と「Smooth Criminal」についてはマイケルと仕事をした伝説のエンジニア、ブルース・スウェディーンがニック・ヴァレンティンとともにミックスした。その他の曲のミックスはグラミー賞受賞歴のあるカルロス・アルバレスが担当し、歯切れのよいサウンドを実現した。

「マイケルに影響を与えていたアメリカのファンク、ソウル、ジャズはアフリカの音楽が起源です。アフリカ系ペルー人の音楽やキューバの音楽も同じです。これらの曲は一つになるようになっているのです。オリジナルの風味はそれ自体がラテンのリズムにうまく合うんですよ」。

トラックリスト
01: I Want You Back (featuring Tito Nieves)
02: Billie Jean (featuring Jean Rodriguez)
03: Man in the Mirror (featuring Kevin Ceballo)
04: Sera Que No Me Amas (featuring Michael Stuart)
05: Earth Song (featuring India)
06: Human Nature (featuring Jon Secada)
07: Todo Mi Amor Eres Tu (featuring Obie Bermúdez & Jennifer Peña)
08: Black or White (featuring Kevin Ceballo)
09: Smooth Criminal (featuring Jean Rodriguez)
10: They Don’t Care About Us (featuring Kevin Ceballo)
11: Thriller (featuring Kevin Ceballo)
12: You Are Not Alone (featuring Tito Nieves and Tito Nieves Jr.)

■‘Unity’ Album The Latin Tribute To Michael Jackson
Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson: The First Ever Latin Album Salute To The King of Pop From Producer/Multi-instrumentalist/Arranger Tony Succar

The album ‘Unity’ is to be released this April 14 on Universal Music Classics, in Partnership with Universal Music Latin Entertainment. It features over 100 Musicians including Latin Superstars Tito Nieves, Jon Secada & Obie Bermúdez Among Notable Others.

The Video For First Single “Smooth Criminal” Premiered on Vevo January 13th 2015.

Fuelled by his relentless commitment, quiet determination and passionate faith in the loving message behind much of Michael Jackson’s music, producer/multi-instrumentalist/arranger Tony Succar has thoughtfully created ‘Unity: The Latin Tribute To Michael Jackson.‘

The result is Jackson’s timeless pop and R&B tunes, such as ‘Thriller,’ ‘Billie Jean,’ and ‘I Want You Back,’ married with glorious salsa and tropical rhythms, resulting in innovative, vibrant arrangements that snap to life with exhilarating energy. ‘Unity’ will be released April 14 on Universal Music Classics in collaboration with Universal Music Latin Entertainment.

The groundbreaking album embodies Michael’s spirit of harmony and bringing diverse cultures together through music.

“The one thing that stood out in Michael’s music was love. The reality was unity,” Succar says. He continues, “I also wanted the title to stand for something: a real marriage between Latin roots and American pop culture, and to help keep Michael’s legacy alive.”

The birth of ‘Unity’ came when Succar arranged a salsa-infused version of ‘Thriller’ for a Halloween party in Miami. The reaction was so immediate and overwhelmingly positive that he recorded a version in his bedroom with his band, posted it online and gave away copies.

DJs started playing the track and Succar began getting requests from around the world for a full album of Latin-flavored Jackson songs. “That sparked it,” Succar says. “I was such a fan. I felt like I had to do something.”

Part of keeping Michael’s legacy alive meant incorporating elements of the original production in each of his fresh renditions for ‘Unity.’

“Even the horn lines, I would transcribe them from Quincy Jones’ productions and then apply them to the arrangement in a different way,” Succar says. “The essence of every song was respected. I gave it my best to create this very thin line between what Michael did with his production and what I brought to the project.”

With Succar taking producer and arranger credits, ‘Unity’ also features two tracks – ‘Earth Song’’and ‘Smooth Criminal’ — mixed by Michael Jackson’s legendary engineer Bruce Swedien with Nick Valentin. Grammy winner Carlos Alvarez engineered the rest of the album achieving a sonically crisp sound.

“American funk, soul, jazz—all those styles that were influencing Michael— were inspired from African music,” Succar says. “Same with Afro-Peruvian music, Cuban music. These songs were meant to be. Their original flavor lends itself to these Latin rhythms.”

Source: Universal Music Classics & MJWN

エステート、マーレーのドキュメンタリー放映中止をMSNBCに要求

マイケル・ジャクソン・エステートの遺言執行人が、コンラッド・マーレー医師に関するドキュメンタリーの放映計画の中止をMSNBCに要求している。

MSNBCが放映を予定しているのは「非難に値する」ドキュメンタリーで、コンラッド・マーレー医師とマイケル・ジャクソンの関係の裏側を垣間見せると謳っているものの、亡きポップ・アイコンを中傷するものだと遺言執行人らは非難している。

エステートがMSNBCに送付した書簡の全文はこちら

MSNBCの社長フィル・グリフィンと同チャンネルの監督者らに送付されたこの書簡で、ジャクソン側の代理人は、(ジャクソンの死亡に対し過失致死罪で有罪評決を受けた)マーレーはこのドキュメンタリーを「陪審員が証拠を精査した上で棄却したにもかかわらず、有罪評決の責めをマイケル・ジャクソンに負わせるために使っている」と主張している。

MSNBCはこのドキュメンタリー「Michael Jackson and the Doctor: A Fatal Friendship」をイギリスの製作会社より購入した。そして金曜日と月曜日の夜に、NBCニュースの記者サバンナ・ガスリーによるマーレーへの「独占」インタビューと併せて放映する計画だ。

ロサンゼルス郡上級裁判所の陪審員は、手術用麻酔薬プロポフォールを投与したにもかかわらず呼吸停止時に監視を怠っていたとしてマーレーに有罪評決を下している。

MSNBCによると、彼らはマーレーにインタビューするに際し報酬は支払っておらず、彼の弁護にも与することもないという。

本ドキュメンタリーを製作したOctober Filmsは、マーレーと裁判闘争の裏側に対する2年にわたる取材に対し支払ったのはたった1ドルであるとしている。

MSNBCとOctorber Filmsは、本ドキュメンタリーの配給会社Zodiak Rightsがどのような取り決めを行ったかは承知していないという。Zodiak側からは返答は得られていない。

ジャクソン側代理人は、さらなる報酬がマーレーに対して支払われたのではないかと疑問視している。

「1ドルだけなのか?それともそれ以上なのか?」とエステートの共同遺言執行人ジョン・ブランカとジョン・マクレーンは書簡の中で述べている。

MSNBCはドキュメンタリー放映中止の要求について返答していない。

■Estate Demands MSNBC Axe Murray Documentary
Executors for the estate of Michael Jackson demanded that MSNBC drop its plan to air a documentary on Dr. Conrad Murray

Executors for the estate of Michael Jackson demanded Wednesday that MSNBC drop its plan to air a “reprehensible” documentary that promises a behind-the-scenes glimpse of the singer’s relationship with Dr. Conrad Murray, but which they charged smears the late pop icon.

Here, you can read the full letter which Michael Jackson’s Estate wrote to MSNBC.

In a letter to MSNBC President Phil Griffin and the cable channel’s corporate overseers, the Jackson representatives argued that Murray, convicted Monday of involuntary manslaughter in Jackson’s death, uses the documentary “to shift the blame post-conviction to Michael Jackson, even though a jury considered the evidence and rejected this very argument.”

MSNBC purchased “Michael Jackson and the Doctor: A Fatal Friendship” from a British production company and plans to air it Friday and Monday night, along with an “exclusive” interview with Murray by NBC News correspondent Savannah Guthrie.

A Los Angeles Superior Court jury convicted Murray for administering propofol, a surgical anesthetic, to Jackson and then failing to monitor the pop star as he stopped breathing.

MSNBC representatives had said earlier that the cable channel did not pay for access to Murray or contribute to his legal defense.

The producer of the documentary, October Films, said it paid only $1 for two years of access to Murray and a behind-the-scenes look at his legal defense.

Representatives of MSNBC and October Films said they did not know what arrangements might have been made by the film’s distributor, Zodiak Rights. Zodiak representatives could not be reached.

The Jackson family representatives questioned whether additional payments were made to Murray.

“Was it really only $1, or was it more?” said a letter from John Branca and John McClain, who are co-executors of the Michael Jackson estate.

MSNBC did not immediately respond to the demand to cancel the airing of the documentary.

Source: The News Talkers & MJWN

People of The World 歌詞

君と出会って 愛する意味を 僕は教えられた
かけがえのない 君のすべてを 守りたいと思う

人は誰も 生まれた瞬間(とき)から みんなで生きてる

People all over the World 
どこかで誰かが 何か始めて 愛になる
君のために 僕は歌いたい 愛のこの歌を...

君がどこかで 涙流せば 僕の胸は痛む
きっと 世界の 誰の涙も 同じ痛みだろう

肩を抱いて 心を近づけ みんなで 歌おう

People all over the World 
君が微笑めば 僕も微笑み 愛になる
いつの日にか きっと世界中 笑顔だけになる...

People all over the World 
どこかで誰かが 何か始めて 愛になる
君のために 僕は歌いたい 愛のこの歌を...

People all over the World 
君が微笑めば 僕も微笑み 愛になる
いつの日にか きっと世界中 笑顔だけになる...

People all over the World 
どこかで誰かが 何か始めて 愛になる
君のために 僕は歌いたい 愛のこの歌を...

いつの日にか きっと世界中 笑顔だけになる...
君のために 僕は歌いたい 愛のこの歌を...

People all over the World 
愛が聞こえるよ

People all over the World 
People from country to country

People all over the World 
愛が聞こえるよ

People all over the World 
愛が聞こえるよ


NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。

お急ぎのお問い合わせはteamに
@mjjfanclub.jpをつけてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ