MJ旅行ガイド「Travelling With A King」 英語版発売へ

「TRAVELLING WITH A KING – BOOK 1」 マイケル・ジャクソン・パーフェクト旅行ガイド(英語版)

ベルギー・ブリュッセルのEditions Chronicaは、初となるマイケル・ジャクソン旅行ガイド「Travelling With A King – Book 1」英語版の発売を発表した。

初の旅行ガイドが世界公開へ。「Travelling With A King – Book 1」にはキング・オブ・ポップにゆかりのおよそ200か所が収録されている。スタジオや家屋、コンサート会場に像など、旅行するファンが必要とするものが、その場所の歴史的・地理的詳細も含めてすべて網羅されている。この本があれば、マイケル・ジャクソンの足跡とたどってムーンウォークができるし、史上最大のアーティストへの追悼とすることもできる。

Book1は「Travelling With A King」全2巻のうちの第1巻である。Book1に収録されるのは:
アメリカ(ニューヨーク、ラスベガス、ロサンゼルス、サンタイネス、ゲーリーその他)
カナダ
中南米(ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、ドミニカ、バハマ)
ボーナス(ヨーロッパとアジアから選抜)

Book2(Book1の後に発売)にはヨーロッパ(イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、スイス、ベルギー、オランダ)、ロシア、アジア(中国、日本…)、オーストラリア、アフリカが収録される予定。

全2巻で世界の400か所以上が網羅される。

「Travelling With A King」は旅行先だけではなく、旅の準備に自宅でも、あるいは単にマイケル・ジャクソンの「地理的伝記」として読んでもよい。

すべてのマイケル・ジャクソン・ファン必携である。

2014年にフランス語版が発売された本書(「Sur les pas de Michael Jackson」)はすでに世界中を旅する多くのファンの手助けとなっており、フランス語圏のファンから、またサイーダ・ギャレットやジャクソンズといった著名人からも評価をされている。

共著者のクリストフはこの本を書くことになったいきさつについてこう語っている。
「この本のアイディアは数年前アントワーヌと話していた時に生まれました。2人とも、観光で訪れた場所ではどこでもMJ関連のものを探すことにしているんです。例えばタイとか日本で、マイケル・ジャクソンにゆかりのある場所を探したことを覚えています。だからアイディアというのは、私たち自身のマイケル・ジャクソン・トラベルガイドを作るということだったんです。情報を集めて確認し本にするのに2年かかりました。膨大な作業でしたが、MJに対する情熱があれば、簡単なことだったように思います・・・」。

「Travelling With A King – Book 1」のプレオーダーは4月30日より。正式な発売は6月15日の予定。

詳細とプレオーダーはこちら

(参考)MJ旅行ガイド
COVER_Travelling_UK_-_resized.jpg

■‘Travelling With A King’
‘TRAVELLING WITH A KING – BOOK 1’ A COMPLETE TRAVEL GUIDE ABOUT MICHAEL JACKSON (ENGLISH VERSION)

Editions Chronica in Brussels, Belgium is pleased to announce the release of ‘Travelling With A King – Book 1,’ the first ever travel guide about Michael Jackson now in English.

This never before seen book is a worldwide premiere. ‘Travelling With a King’ contains nearly 200 places related to the late King of Pop. From studios to houses, venues and statues,… fans will find everything they need to know for their travels, including historical and geographic details about each location. Thanks to this travel guide, you’ll be able to moonwalk the world In Michael Jackson’s footsteps and pay tribute to the biggest artist ever !

The “Book 1” of ‘Travelling With A King’ is the first instalment in a series of two travel books about Michael Jackson. Book 1 contains MJ places from :

United States of America (New York, Las Vegas, Los Angeles, Santa Ynez area, Gary, and many other places)
Canada
South and Central America (Brazil, Argentina, Mexico, Dominican Republic, The Bahamas)
And as a BONUS: selected locations in Europe and Asia
Book 2 (to be released later) will include all the other locations in Europe (United Kingdom, France, Italy, Germany, Spain, Switzerland, Belgium, The Netherlands…), Russia, Asia (China, Japan,…), Australia and Africa.

The two volumes will cover the whole world with more than 400 incredible MJ locations.

Readers can use ‘Travelling With A King’ while on the go, but also at home for the preparation of their journey or, simply, to read it as a “geographical biography” of Michael Jackson.

This book is a MUST for all Michael Jackson fans.

Released originally in French in March 2014, the travel guide (called “Sur les pas de Michael Jackson”) already helped hundreds of fans to walk in the King of Pop’s footsteps all around the world and was appreciated by French speaking fans and famous people including Siedah Garrett and The Jacksons.

Co-Author Christophe had this to say to MJWN about how the book came about:

“The idea of the book came about a few years ago after talking with Antoine. Both of us used to look for MJ things to see in any cities we were sightseeing. I remember looking for Michael Jackson related locations while travelling in Thailand or in Japan for example. So the idea was to produce our own Michael Jackson travel guide. It took about 2 years to collect all the information, verify them and finish the book. It was an incredible amount of work but with our passion for MJ, it seems everything was easy…..”

Pre order for “Travelling With A King – Book 1” begins on April 30th. The official release of the book will be on June 15th 2015.

For further information please contact Christophe / Editions Chronica – or visit here to pre-order and for more details on the book.

Source: Editions Chronica and Paula Katsikas/MJWN, with special thanks to Christophe and Antoine.

マイケル・ジャクソン・ブランドの世界規模での展開に向けエステートとABGが提携

ファッションやスポーツ、セレブ、メディア、エンタテインメント・ブランドを手掛けるオーセンティック・ブランズ・グループ社(ABG)とマイケル・ジャクソン・エステートは、宣伝活動や消費者向け製品におけるマイケル・ジャクソン・ブランドのさらなる発展のための戦略的パートナーシップについて発表しました。ABGはマイケル・ジャクソン・ブランドの世界的代理人となり、世界中の主要マーケットにブランドを浸透させるため、ランセンス許諾と商品販売のエステートとのパートナーシップを進めていくことになります。

ABG社CEO兼会長ジェイミー・ソルター
「キング・オブ・ポップをオーセンティック・ブランズ・グループに迎えることになり、大変光栄に思っております。マイケル・ジャクソンは、モハメド・アリやエルヴィス・プレスリー、マリリン・モンローなどのスターきらめくラインナップに加わります。私たちは、彼のような変革者の真髄に触れ、伝説的エンタテイナーのDNAを拡大していけることに大変興奮しております」。

ABGは世界的な主要ブランドとの戦略的提携を通じて、セレブやメディア、エンタテインメントのラインナップを拡充しています。ABGはマイケル・ジャクソン・エステートとの提携においても同様のアプローチをとり、期待を上回る大胆な、そして革新的な商品をお届けすべく、宣伝活動におけるパートナーシップと主要分野の開発に注力してまいります。

マイケル・ジャクソン・エステート共同遺言執行人ジョン・ブランカ、ジョン・マクレーン
「マイケル・ジャクソン・ブランドの今後の発展のためにABGと仕事をすることを大変うれしく思っております。アイコンたちを世界的なものとしてきた確固たる実績があり、ABGがマイケル・ジャクソン・ブランドを次のレベルに引き上げてくれるものと私たちは確信しております」。

マイケル・ジャクソンは音楽と創造の天才でした。彼は変革の体現者であり、しびれるようなライヴ・パフォーマンスからミュージック・ビデオの画期的使い方まで、彼のアートの多くの側面に大変革をもたらしました。マイケル・ジャクソンはライヴのステージ・パフォーマンスにおいて新たな創造の時代をもたらしました。これは、今日におけるヒップホップやR&B、ポップ、ロックのトップ・アーティストたちに影響を与え続けています。

ABG社社長兼CMOニック・ウッドハウス
「見通す力をもったソロ・アーティストとして、マイケル・ジャクソンはエンタテイメントの芸術性を新たに定義しなおしました。私たちにはマイケル・ジャクソン・ブランドに役立てる品ぞろえがあります。そして、ABGのこれまでのセレブやメディア、エンタテイメントの戦略を踏襲し、マイケル・ジャクソンの巨大なレガシーを拡張するためのグローバルな戦略的パートナーシップを構築します」。

オーセンティック・ブランズ・グループ社について
オーセンティック・ブランズ・グループ社は、ファッションやスポーツ、セレブ、メディア、エンタテインメント・ブランドにおいて世界的なラインナップを保有しています。レナード・グリーン・アンド・パートナーズと共同によるABGの受託業務は、小売り分野やセレブ、メディアのブランドに対する長期的価値を獲得し、発展させ高めることにあります。ニューヨークに本社を構えるABGの使命は、最高のライセンス許諾者や小売店との提携を通じてブランドの純価値を高めることにあります。ABGが保有する世界的に著名なブランドのラインナップには、マリリン・モンロー、ミニ・マリリン、モハメッド・アリ、マイケル・ジャクソン、エルヴィス・プレスリー、ジョーンズ・ニューヨーク、ジューシー・クチュール、ジュディス・リーバー、アドリエンヌ・ヴィッタディーニ、タリン・ローズ、ヒッキー・フリーマン、ハート・スカフナー・マルクス、パーム・ビーチ、ミスーク、プリンス、スパイダー、エアウォーク、アバブ・ザ・リム、ヴィジョン・ストリート・ウェア、はインド、エクテロン、ヴァイキング、ボビー・ジョーンズ、タップアウト、スポーツクラフト等があります。
www.abg-nyc.com

マイケル・ジャクソン・エステートについて
マイケル・ジャクソンの跡を継ぎ、マイケル・ジャクソン・エステートとソニー/ATVは、 芸術性が高くかつ大成功となった事業を育ててきました。その初めとなった「Michael Jackson’s This is It」は史上最高収益を上げた音楽ドキュメンタリーとなりました。シルク・ドゥ・ソレイユと製作した歴史的ツアー・ショー「Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour」は4大陸157都市で上演され観覧者は370万人に上り、史上8番目の収益を上げたツアーとなりました。シルク・ドゥ・ソレイユとの2番目の事業で高い評価を得ている「Michael Jackson ONE」(ラスベガスのマンダレイ・ベイで常設公演中)は、シルク・ドゥ・ソレイユにとってラスベガスにおける最高の初日を迎え、現在でもラスベガスで最も人気のあるチケットです。昨年は、ビルボード・ミュージック・アワードで「バーチャル・マイケル・ジャクソン」の魔法のテクノロジーで世界を驚かせて同番組に最高視聴率をもたらし、その後数週間世界中で話題となりました。さらにマイケル・ジャクソンによる未発表曲集による死後2作目のアルバム「Xscape」をリリースし、2014年のトップ10アルバムとなり、次のビルボード・ミュージック・アワードでトップR&Bアルバムにノミネートされています。
www.michaeljackson.com

■The MJ Estate & ABG Partner To Expand The Michael Jackson™ Brand Worldwide

- Authentic Brands Group, LLC (ABG), owner of a global portfolio of iconic fashion, sports, celebrity, media and entertainment brands, and the Estate of Michael Jackson today announced a strategic partnership to further grow the Michael Jackson™ brand in the areas of endorsements and consumer products. ABG will provide global representation for Michael Jackson™, pursuing new licensing and retail partnerships working with the Estate to broaden the brand’s reach across key markets around the world.

“We are truly honored to welcome the King of Pop to Authentic Brands Group,” said Jamie Salter, Chairman and CEO, ABG. “Michael Jackson™ joins ABG’s star-studded roster that includes Muhammad Ali™, Elvis Presley™, and Marilyn Monroe™. We are excited to tap into the essence of this innovator and amplify the DNA of this legendary entertainer.”

ABG enhances its celebrity, media, and entertainment portfolio through strategic alliances with leading global brands. ABG will take a similar approach working with the Estate on the Michael Jackson™ brand, focusing on endorsement partnerships and developing key categories to deliver products that are unexpected, bold, and innovative.

“We are thrilled to be working with ABG on the continued development of the Michael Jackson™ brand,” said John Branca and John McClain, Co-Executors of the Estate of Michael Jackson™. “With a proven track record in transforming icons into global entities, we are confident that ABG will help us take the Michael Jackson™ brand to the next level.”

Michael Jackson was a musical and creative genius. He personified innovation and he has revolutionized so many aspects of his art, from electrifying live performances to groundbreaking use of video. Michael Jackson launched a new era of creativity in live stage performances that continues to influence today’s top artists in hip hop, contemporary R&B, pop, and rock and roll.

“As a visionary solo artist, Michael Jacksonredefined the art of entertainment,” said Nick Woodhouse, President and CMO, ABG. “We have great things in-store for the brand and will take a page out of ABG’s Celebrity, Media, and Entertainment playbook to build global strategic partnerships that will extend Michael Jackson’stremendous legacy.”

About Authentic Brands Group, LLC
Authentic Brands Group owns a global portfolio of iconic fashion, sports, celebrity, media and entertainment brands. In conjunction with Leonard Green & Partners, ABG’s mandate is to acquire, develop, and elevate long-term value in consumer, celebrity, and media brands. Headquartered in New York City, ABG’s mission is to further enhance brand equity through partnering with best-in-class licensees and retailers. ABG’s global portfolio of world-renowned brands includes Marilyn Monroe®, Mini Marilyn®, Muhammad Ali®, Michael Jackson® (managed brand), Elvis Presley®, Jones New York®, Juicy Couture®, Judith Leiber®, Adrienne Vittadini®, Taryn Rose®, Hickey Freeman®, Hart Schaffner Marx®, Palm Beach®, Misook®, Prince®, Spyder®, Airwalk®, Above The Rim®, Vision Street Wear®, Hind®, Ektelon®, Viking®, Bobby Jones®, TapouT®, Sportcraft®.
www.abg-nyc.com.

About The Estate of Michael Jackson
Following in Michael’s footsteps, the Estate of Michael Jackson, co-owner of Sony/ATV Music Publishing, has produced a growing list of artistically exceptional and enormously successful ventures, the first of which, “Michael Jackson’s This is It” became the highest grossing music documentary of all time. A history making touring show produced with Cirque du Soleil, Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour, played 4 continents, 157 cities, was seen by 3.7 million fans and became the #8 top grossing tour of all time. The second venture between the Estate and Cirque du Soleil, the critically acclaimed Michael Jackson ONE, a permanent show at Mandalay Bay Las Vegas, gave Cirque its biggest opening ever in Las Vegas and continues to be one of the hottest tickets in the city. Last year, The Estate astounded the world with the technical wizardry of a ‘virtual Michael Jackson’ performance during the Billboard Music Awards, which gave the show its biggest ratings in years and was the most talked about topic on the planet for weeks to come and released Xscape, the second posthumous release of previously unreleased music by Michael Jackson, which become one the top ten albums of 2014 and is nominated for top R&B album at the upcoming Billboard Music Awards.
www.michaeljackson.com.

Haley Steinberg
Authentic Brands Group
646.612.7439
hsteinberg@abg-nyc.com

Source: PR NEWSWIRE / AP / MJ-UPBEAT.COM

「We Are the World」30周年記念、分刻み解説(その5)

4:54 このシングルで最もスリリングなセクション、スティーヴィー・ワンダーとブルース・スプリングスティーンのデュエットはセッション開始時には計画されていなかった。そんな話は全くなかったのだ。ディランが自分のパートを終えた後、ジョーンズがスプリングスティーンをマイクの前に呼んだ。「神様がやって来て僕の肩を叩いたに違いない。ブルース・スプリングスティーンに頼んでこのレコードを良いものにすべきだと。理屈では全くない。タイトル・コーラスのメロディーに対するソロ・アンサーをやってもらえということだよ。彼の唯一無二のボーカルの、特にこの音域での質と強烈さがその理由さ」とジョーンズは振り返っている。

「君の歌はファンタスティックだよ、ディラン」とスプリングスティーンは歌う準備をしながら言った。ディランはスプリングスティーンの歌を聞こうとその場にとどまった。

「コーラスに対する応援のつもりで」とジョーンズはスプリングスティーンに指示を出した。

「やってみるよ」とスプリングスティーンは答え、後ろのポケットに楽譜を突っ込んだ。テイク後、「大汗かいたぜ」と言い残し、彼はすぐに部屋を出て、数台のリムジンの脇を通り過ぎて自分のピックアップ・トラックまで歩いて行った。朝の8時までには、全員が今日はこれまでとなった。

ジョーンズは目を覚ますとすぐにテープを聴き、素材が十分ではないと感じた。「締めくくるために必要だと思っていたエネルギーが、思ったより早く消えてしまっていたんだ。グループのパワーのピークは2回のコーラスとキー・チェンジの後に来ていた」。スプリングスティーンのボーカルが使える、コーラスをスティーヴィー・ワンダーと取り換えることでアクセントがつけられる、と彼は気が付いた。そこで彼はワンダーをスタジオに呼び戻し(ワンダーはこのセッション中、カラフルなパッチワークのシャツを着ていた。1月28日の晩に着ていた青と黒のセーターではない)。そして彼にサビを歌わせ、「二人のマスター・アーティストのボーカルの強烈さ」を組み合わせた。二人の掛け合いはレコード演奏時間のうちのまるまる1分ほど占めるほどとなった。

5:53 ハロー、ベット・ミドラー!ニューウェーブの髪型がナイスだ!

6:05 ハロー、ジェフリー・オズボーン!

6:07 ハロー、リンジー・バッキンガム!1985年、フリートウッド・マックは活動休止中だった(1982年の「Mirage」と1987年の「Tango in the Night」の間)。バッキンガムは1984年にソロ・アルバム「Go Insane」がそこそこのヒットとなっていた。彼はクレイガンのクライアントであったことから、出演に同意した最初のアーティストの一人であるが、コーラス部を担当する予定であった。バッキンガムによれば、その日の出来事で忘れないのは、トイレでマイケル・ジャクソンと鉢合わせしたことだという。「彼を怖がらせたらしい!彼はナーバスだった。誰が入って来ても驚く感じだったね。だから僕はただ、会釈をしただけだったよ」。

6:15 ジョーンズとジャクソンがジェームス・イングラムを高く評価していることがわかる。彼はアドリブ担当の一人となり、両方の拳を突き上げ、コーラスを最後のフェード部へと導いた(レイ・チャールズによるリプライズと組み合わされた)。

6:40 ジョーンズは右腕を大きく振っている。ラブレア通りに面したこのスタジオの外で、タクシーを呼びとめようとしているかのようだ。コーラスは歌い続け、踊り続けている。セレブのコーラス隊のメンバーを書き出しておこう。彼らが楽屋組に送られずに幸運だった。ポインター・シスターズのルースとジューン。ジャクソン・ファミリーのマーロン、ティト、ジャッキー(ジャーメインはいない)。ヒューイ・ルイス以外のNewsのメンバーたち(マリオ・シポリナ、ジョニー・コーラ、ビル・ギブソン、クリス・ヘイズ)。プリンスが欠席していなければ、ヒューイ・ルイスはバンドメンバーらとともにその晩をブラブラして過ごしていただろう。

6:47 7分強のこのシングルレコードが最後のフェードアウトに向かう時、ライオネル・リッチーはカメラに向かってOKサインを出す。「We Are the World」は5週間半後の1985年3月7日の木曜日に発売された。初回出荷数は80万枚だった。最初の週末を終えるとこのシングルは売り切れとなり、結局4週連続ナンバーワンとなった。この曲に取って代わって首位に立ったのはマドンナの「Crazy for You」だった。マドンナは間違いなくこの時代の大スターだったが、「We Are the World」のセッションには参加していない。

このシングルはアメリカでは800万枚売れた(一部では、世界では2000万枚売れたと言われている)。同名アルバム(プリンスの「4 the Tears in Your Eyes」やカナダ人オールスターズ、ノーザン・ライツによる「Tears Are Not Enough」が収録されているが、ヘビメタ版の飢餓救済グループのHear'n Aidは収録されていない)は400万枚以上が売れた。USA for Africaは飢餓救済のために7500万ドル以上の収益を上げた。「We Are the World」は現在でもお金を稼ぎ続けている。

エチオピアで食糧を配布するという作業は物流の面から、そして政治的にも大変困難なことであり、かつ、得られた資金もすべてを有効に使えているわけではないとはいうものの、この歌は世界に多大なる良い影響を与えている。石はパンには変わらないかもしれないが、音楽は命を救うのである。「We Are the World」にはどことなく救世主的な響きがあり、自己満足という後味の悪さもある。だが、あの晩スプリングスティーンが言ったように、参加者たちの心の根本は正しいものだ。「人が飢えて死ぬのを防ぐためにあなたの一晩を使わせてくれと誰かに頼まれたら、それはとても難しいが、ノーとは言えないよ」。

(おわり)

source: rollingstone.com

「We Are the World」30周年記念、分刻み解説(その4)

3:08 コーラスは46人のスターだ。ソロは午前4時から5時にかけて行われた。だが、コーラスはもっと時間がかかっている。午後10時半ころから朝の3時ころ、つまり1月28日の夜が明けて29日の朝にかけてである。ジョーンズは、全体の録音は最初にする必要があると判断していた。スターたちが自分のパートをやっつけてすぐに帰ってしまう、ということがないようにするためだ。彼はコーラスのレコーディングを、「OK、まき割りを始めよう」と言って始めた。

自伝「Q」でジョーンズは、コーラスではスターたちはそれぞれ立ち位置がマーキングされていたと述べている。「私たちはセッションの間、彼らに何かを決めさせるということをしたくはなかったのです。彼らの立ち位置、歌うパート、いつ歌うか・・・私たちはそれをよくよく考え、そして説明する必要がありました。これほどの人数・レベルのグループが意思決定にいったん参加したら必ずトラブルが起こるということを私は長年の苦労から学んでいたのです」。

案の定、午前1時を過ぎたころ、壮大な口論が始まった。特に意味のない言葉に話が集中したのだ。ジャクソンがコーラスを"sha-lum sha-lingay"という言葉で締めくくったのだが、前年のBand Aid(ちなみにLive Aidはこの年の後半)の「Do They Know It's Christmas?」の中心人物ボブ・ゲルドフ(彼が冒頭、エチオピアの飢餓の残酷な現実(「生きている者の隣に遺骸が横たわっている」)について語ってこの晩のセッションがスタートした)は、"sha-lum sha-lingay"などと歌えば、アフリカをバカにしているように聞こえるだろうと異議を唱えたのだ。

スターたちがこの問題を議論している間、ジョーンズはカメラのスイッチを切っていた。スティーヴィー・ワンダーはナイジェリアの友人に電話をするために席を外した。正しいスワヒリ語のフレーズを教えてもらうためだ。ワンダーが帰って来て、正しい歌詞は「willi moing-gu」だと報告した。ジョーンズは「面倒なことになる」と言った。

レイ・チャールズが叫ぶ。「何だって?Willi何だって?Willi moing-guか、くそ!くそったれの朝の3時だぜ。スワヒリ語?くそ!これ以上は英語でも歌えないよ」。この時点で、ウェイロン・ジェニングスはスワヒリ語で歌うことに気が進まないと完全に離れてしまった。エチオピア人はスワヒリ語は話さないという点をゲルドフは重視した。「ドイツ語でイギリス人に向けて歌うようなもの」としてローパーが指摘したポイントである。

ローパー、サイモン、ジャロウは、ある重要なフレーズについて周囲を説いて回り、ジャロウが「One world, our world」という言葉を思いついた。その後それは「One world, our children」と修正が加えられた。ティナ・ターナーは飽きてしまい、目を閉じて独り言を言った。「sha-lumの方がいいわ。誰が意味なんか気にするの?」

3:21 "There's a choice we're making/We're saving our own lives"。自分のことを考えているように思える歌詞だ(公式メイキング・ビデオのホスト役のジェーン・フォンダは、ジョン・ダンの詩”Any man's death diminishes me, because I am involved in mankind"と対比させているが)。だがもともとこの部分は"There's a chance we're taking/We're taking our own lives"となる予定だった。グループが、集団自殺を支持していると不本意にも思われることのないよう、リッチーとジャクソンがレコーディング時に変更したのである。

3:36 ハロー、ジョン・オーツ!

3:45 ハロー、ラトーヤ・ジャクソン!

3:49 午前5時ころにソロが一通り終了した後は、一部のスーパースターたちによるコーラスのレコーディングだった。「ボビー・ディランはどこだい?」とジョーンズが尋ねる。「ボビーをここへ」。白髪交じりでレザーのジャケットを着たボブ・ディランは1985年時点では商業的に力のあるアーティストではなかった(この年には忘れられたアルバム「Empire Burlesque」をリリースしている)。だが彼は依然としてアイコンであった。問題は、ディランは音程がフラフラしていて、加えて聞き取りにくいということだった。
「彼はメロディーの人じゃない、しかもそのメロディーにしてもとても個性的だったんだ」とジョン・オーツは述べている。

「半分は歌い、半分はしゃべるように」とジョーンズはディランを指導した。「君はトーンが動いているよ」。

「スティーヴィー、一度演奏してくれないか?」とディランは言った。そしてピアノの方へ移動し、ワンダーが歌ってみせた。当初、ワンダーの方が本人よりも本人らしかったが、ディランの口ごもるようなボーカルは最後には彼独特のつぶしたような歌い方に発展していった。「"We are the children"はいいよ」とジョーンズはディランに自信を持たせ、マイクに近いところへ彼を立たせた。「オクターブ全部使ったのはあの時だけだよ」。

「あんなのでいいのかい?あんな感じで?」と自信のないディランはもう一テイクを録った後に尋ねた。別のランスルーの後でも彼はジョーンズに言った。「あれが良いとはちっとも思えない。消去してもらってもかまわないよ」。だがジョーンズが彼をハグし、パーフェクトだと言うと、ディランの顔はとびきりの笑顔となり、「そう言うのなら」と言った。

4:20 ハロー、アニタ・ポインター(ポインター・シスターズ)!ハロー、ハリー・ベラフォンテ!ハロー、ダン・エイクロイド!待て、ダン・エイクロイド?ジャケットにタイに大きなサングラス。映画スターというより会計士だが?確かに、彼にはナンバーワン・アルバム(ブルース・ブラザーズの「Briefcase Full of Blues」[1978年])があるし、この部屋にいるものの中にはこれにかなわない者もいる。彼はどのようないきさつで「USA for Africa」のメンバーになったのか?「全くの偶然で」と彼は2010年にNew Hampshire Magazineに対して語っている。「父と僕がLAでビジネス・マネージャーの面接をしていて、その時にあるタレント・マネージャーの事務所に行ったんです・・・(これはおそらくクレイガンだろう)・・・。私たちは間違った場所に来たと気がつきました。探していたのはお金のマネージャーで、タレント・マネージャーではなかったのです。当時は自分でマネージングしていましたし、今でもそうです。でも彼は、ここにいるのであれば『We Are the World』に参加しませんか?と言ったのです。私は、『場違いではないだろうか?』と考えました。でもブルース・ブラザーズではミリオン・セラーとなったし、僕にはミュージシャンという一面もある。だから参加したんですよ」。

4:29 次のアイコンはレイ・チャールズだ。アメリカのR&Bのゴッドファーザーというだけではなく、1947年のシアトル・ジャズ・シーンまでさかのぼる、クインシー・ジョーンズの旧友にしてコラボレーターの一人である。当時、彼はカントリーのスターとして自分自身を変革していた(そしてこの前年にはデビュー・アルバム「Friendship」でカントリーチャートのトップになっている)。実際には彼のボーカルはメインセッションの数日後にレコーディングされた。チャールズは参加ミュージシャンのほぼ全員から尊敬されていた。だから、彼はジョーンズやリッチー、ジャクソンのようなやり方でセッションを引っ張ることはなかったが、仕事をちゃんと進めるということを他のミュージシャンたちに忘れさせなかったという点においてきわめて重要な役割を果たした。さらに彼は、この晩随一の傑作セリフを残していった。午前2時にスタジオを出る時、1月からずっといい恋愛をしていないと堂々と宣言したのである。まだ1月ではないか、と誰もが思ったことは言うまでもない。

(その5へ続く)

「We Are the World」30周年記念、分刻み解説(その3)

2:21 カメラはケニー・ロギンスにパンする。彼の80年代はサウンドトラックのシングルが多く、アルバムからのシングルは少なかった。前年は「Footloose」の1年、そして翌年は「Top Gun」からの「Danger Zone」の1年となる。(ところでこの時スプリングスティーンが後ろで踊っている、あるいは控え目に言っても体を揺らしているのがわかる。隣とは30センチも離れていない)。なお、非公式USA for Africaあごひげ選手権では、ロギンスは準決勝でビリー・ジョエルを破ったが、決勝では銀髪のケニー・ロジャースに敗北している。(口ひげ部門では、ジョン・オーツがライオネル・リッチーに勝利した。)

もともとジョーンズは各アーティストのソロを一人ずつ録音しようとしていた。だが時間が足りなくなりバックアップ・プランに切り替えた。21本のマイクをUの時に配置し、アーティストらに横に並んで歌わせたのだ。「こんなやり方は、ガソリンをまきながら地獄を走り抜けるみたいなもんだったよ。誰かのおしゃべりとか外の雑音とか、笑い声だったり床がきしむ音ですら、すべてを台無しにしかねないんだからね」とジョーンズは語っている。

スティーヴ・ペリー(成功を収めたソロ・アルバム「Street Talk」のためにジャーニーから離れていた)が割って入り自分のパート歌うと、ダリル・ホールがそれに続く(彼は翌年、結果的には成功とはいえなかったソロ・アルバム「Three Hearts in the Happy Ending Machine」のためジョン・オーツとのデュオ活動を休止することになる)。彼は自分のパートをソフトに歌っている。黒いシャツを着たソウルフルな彼ら白人デュオは自分たちの持ち分を最大限に生かしている。「We Are the World」は典型的なロックというわけではない。ミッドテンポのポップ・アンセムであり、居並んだスターたちにとっては自らのボーカルを聴かせるチャンスである。リッチーは、この歌を書く前にジャクソンといろいろな国家を聴いたという。ビッグで風格のあるものが欲しかったからだ。

2:41 "When you're down and out, and there seems no hope at all"とジャクソンがソロを歌い、ブリッジ部へとつなぐ。リッチーは彼の後ろで床に座り、壁に寄りかかってそのシーンを見渡している。サングラスに金のブロケードのジャケットといういでたちのジャクソンは、カメラ・クルーが室内にいるということを居並ぶスターたちの中で最も意識しているようだ。自伝「Moonwalk」で、ジャクソンは「We Are the World」の出発点についての話をしている。「僕はよく、妹のジャネットを音響のいい部屋、クローゼットとかバスルームとかに連れて行って彼女を前に歌うんです。それはまさに音、リズムであって歌詞というものはありません。のどの奥からハミングするんです。そしてこう言ったものです。『ジャネット、何が見える?この音を聞いて何が見える?』と。この曲の時には彼女はこう言いました。『アフリカの死にゆく子供たち』。だから僕はこう言いました。『その通り。僕の魂の指示にしたがってできたものなんだ』」。

2:47 ヒューイ・ルイスが次の一節を歌う。拳を振り上げ、リズムに乗る。"But if you just believe, there's no way we can fall"。ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースは1985年にキャリアの絶頂にあった。彼らの最大のヒット・シングル「The Power of Love」は、ナンバーワン・アルバムの「Sports」と「Fore」にはさまれたこの年に発売されている。だがこの一節は実はプリンスに割り当てられたものだった。もし実現していれば、ジャクソンとプリンスの間のライバル心でその場の緊張感がみるみる高まったことだろう。

プリンスはこのセッションでは歌いたくなかったようだ。彼はUSA for Africaのアルバムに貢献したいとは思っており、自身のレーベル、ペイズリー・パークを代表してシーラ・Eを派遣し、あるいは自らギターをプレイしたいと思っていた。マネージャーのボブ・カヴァロがジョーンズに電話をかけてプリンスの意向を伝えると、ジョーンズは「奴のクソギターなど必要ない!」と怒ったという。カヴァロはプリンスに、セッションを欠席するのであれば体調不良と言わなければならないこと、セッションを欠席したことが知られたら評判を落とすので、AMA後のパーティーには出席できないことなどを伝えた。実は彼はサンセット・ブルバードのクラブに出掛けて行ったのだが、彼のボディーガードがケンカ騒ぎの末に刑務所に入れられるという事態となってしまった。音楽界の大スターたちが私欲を控えていた晩に、プリンスはわがままで目立ってしまったのである。彼は「Pop Life」のB面の「Hello」で自分たちの言い分を述べている。

ザ・レボリューションのギタリストのウェンディ・メルヴォインは「Let's Go Crazy」の著者アラン・ライトに最近こう語っている。プリンスが出席しなかった「本当の理由を言うことは許されていませんでした。なぜなら、彼は自分が悪い奴だと思っていて、クールに見られたいと思っていました。それに『We Are the World』のような歌は嫌なものだと感じていて、”あんな馬鹿野郎ども"とは一緒にいたくなかったのです」。

2:53 シンディ・ローパーが上からボーカルをぶちまける。彼女は最初にジョーンズに「アドリブをやってもいい?」と個人的に聞いていて、許可をとっていたのだ。喜んだジョーンズは「もちろんだよ。これは『春の祭典』じゃないんだからね」と彼女に言った。当時、大ヒットしたデビュー・ソロアルバム(She's So Unusual)からヒット・シングルを連発していたローパーは、この曲に、たとえば「Whoa-whoa-waah-let-us-realize」という鼻にかかったようなアクセントを与えている。

ジャクソン、ルイス、ローパー、そしてキム・カーンズ(ローパーは"ブリッジ担当"と呼んでいた)が自分たちのシーケンスに取り掛かり、ハーモニーを奏でている様子を写したビデオがある。ホール、ペリー、ロギンスが後ろで腰かけてそれを眺めている。リッチーが時々やってきて彼らをコーチしている。4回目のテイクの後、コントロール・ルームからローパーに向けて、「ブレスレットが多すぎるよ」と声がかかる。

「あら、あれは・・・私のイヤリング」とローパーが言う。彼女は大きなジュエリー・・・ブレスレット、イヤリング、ネックレス・・・を身につけていて、マイクがその音を拾っていた。彼女は謝りながらネックレスを外し始めたが、どういうわけかヘッドホンを最初に外すのを忘れていた。ローパーが順番にジュエリーを外してスタジオの床の上に積んでいる時、ルイスが自分のパートの練習をしながら冗談を言っている。「少し外して歌ったよ。気づく人がいるかどうか見ようと思ってね」。

5回目のテイクの後、ローパーが「私、まだ音してる?」と言う。するとスティーヴ・ペリーが社会学習の生徒のように挙手をして、明らかに感心した様子でジョーンズに言う。「Q!聞いてよ。彼女の歌にちょうど合っているよ。まるで会話しているようだ。素晴らしい」。

7度目のテイクは良い出来だった。その瞬間、部屋には自然と拍手が沸き起こった。

3:01 ルイスとローパーが加わる前、キム・カーンズが「When we」と歌う。与えられたのは二小節というごく短いソロであったが、とは言え、彼女はソロを得た。「Bette Davis Eyes」のヒットからは4年が経っていた。スモーキー・ロビンソンやベット・ミドラーといった重鎮はベンチに陣取っていた。偶然にもカーンズは(ライオネル・リッチーと同様)ケン・クレイガンがマネージャーだった。

(その4へ続く)

「We Are the World」30周年記念、分刻み解説(その2)

1:19 1985年当時の最大のポップスター、マイケル・ジャクソンがサビを歌う。自分自身の多重録音だ。彼は午後9時にこの多重録音を行った。その間に他のミュージシャンたちが続々集まって来ていた。この曲は「We Are the World」と題されてはいるが、ジャクソンは時折、自分の手で世界を作りたがった。彼はキラキラのソックスにグローブを合わせており、圧倒的だ。

レコーディング前、彼はジョーンズにこう尋ねていた。「クインシー、最後は『you and me』と歌うべきかな、それとも『you and I』かな?」彼らは「you and me」の方が感情がこもっていると判断した。ジョーンズはジャクソンを「スメリー」と呼んでいたが、そのスメリーは、テイクをとちるとクスクスと笑っていた。乗ってくると、彼はマイクの前で踊り始め、レコーディングに支障の出ない範囲で体を大きく動かしていた。

リッチーとジャクソンはこの曲をジャクソンの自宅で書き上げた。二人はジャクソンが子供の頃からの知り合いで、リッチーのコモドアーズがジャクソン・ファイヴのツアーの前座をしていた。昨年、リッチーはビルボード誌のインタビューで曲作りについて語っている。「マイケルの寝室の床に僕はいた。ベッドはなかったように思う。彼は床の上に寝ていたんだよ。壁には大量のアルバムがあって、カーペットとベンチがあった。最初のヴァース『There comes a time』をやっている時、肩ごしにフーッという音が聞こえたんだ。ニシキヘビの野郎がいたんだよ。大蛇、ニシキヘビだよ。種類なんかどうでもいい。でかいケツ、汚いケツのヘビだよ。僕はアラバマ出身だけど、ヘビといったら警察を呼んで撃っちゃうだろ?僕は叫んだね。でもマイケルはこう言った。『ここにいたよ、ライオネル。探していたんだ。アルバムの裏側に入り込んでいたんだね。部屋にいるのはわかっていたけど、部屋のどこなのかはわからなかったなあ』。だから僕は『君はかなり変わってるな』と言ったよ。落ち着くのに2時間はかかったね」。

1:32 「We Are the World」でペアで歌う組み合わせについては、無作為に、あるいはそれほど深くは考えられていないように思われるが、実際は、ジャンルの違いを際立たせるようには考えられていた。だが、ライアナ・ロスはマイケル・ジャクソンとは1969年からの付き合いだった(ジャクソン・ファイヴは彼女が発掘したとモータウンは主張していたが、そうではなく、彼らのデビュー・アルバムを「世に紹介」したのである)。ジャクソンはロスのヒット・シングル「Muscles」をロスのために書いた。そして月日が経つにつれて彼の顔は彼女に似るようになっていった。ヒットメーカーとしてのロスのキャリアは1985年までには基本的にピークを過ぎていたが、永遠のレジェンドとしてのキャリアを築くには十分すぎる資格を持っていた。この晩も、スタジオ入りするやいなや、彼女はボブ・ディランの膝の上に飛び乗っていた。

1:48 ディオンヌ・ワーウィックもこの当時すでに伝説入りしていたと思われるが、この年の後半に別のチャリティー・シングル「That's What Friends Are For」でナンバーワンを獲得している。この曲はエイズ研究のための資金を集めようとエルトン・ジョン、グラディス・ナイト、スティーヴィー・ワンダーらと制作したものである。そしてワーウィックにウィリー・ネルソンが加わる。彼は前年、フリオ・イグレシアスとのデュエット「To All the Girls I've Loved Before」がまさかのナンバーワンとなっていた。この晩、ウェイロン・ジェニングスやレイ・チャールズと飲み明かしていたネルソンは、このプロジェクトはグレートだが「俺たちの国の人々に対して何もしないのであれば具合が悪い」と思うとチャールズに話したことが記憶にあるという。この発言はFarm Aidとして後に実を結ぶのである。USA for Africaが与えたインパクトというのは、多くの人々・・・セッションに参加したスターたちも、レコードを聴いた人々たちも触発したということだ。自分自身の手で慈善活動の潮流を巻き起こすということを思いつかせたのである。

ネルソンはディランともしゃべったが、ゴルフをするかと尋ねると、「いや、勉強しなきゃならんと聞いているので」とディランは答えたという。

これに対しネルソンは、「ほかのことなんか考える余裕はないよ」と言った。

よく考えてみると、ネルソンはこの曲の中で最も奇妙な一節を担当している。「神は私たちにお示しになった。石をパンに変えることで」という部分だ。彼が受け持ったのは、旧約聖書の詩編第104章の、地球上の食べ物を生み出す一節なのだが、実は、神が石をパンに変えるというような話は聖書には出てこない。しかしマタイの福音書第4章にはこういう一節がある。すなわち、砂漠で40日間の断食を終えたイエス・キリストのもとに悪魔が現れ、石をパンに変えられるはずだと言ってイエス・キリストを試そうとする。キリストは「人はパンだけで生きるのではない」というまさに金言でこの企てを拒むのだ。だから聖書においては、石をパンに変えるという話は否定的に捉えられていると思われる(多くの人々にとってはそのような選択を迫られることはそうそうあるわけではないが)。「Lipstick Traces」の著者グリール・マーカスはヤン・ファン・ライデンについて言及している。すなわち1535年、封鎖に苦しんだドイツ・ミュンスターの市民に対しヤン・ファン・ライデンは、神が町中の小石をパンに変えるだろうと言った。人々は石を食べようとしたが、それがみっともないことだと気が付いた。要するに、飢餓で苦しんでいる人々に石を食べられる可能性を持ち出すことは残酷なことであろうということだ。

2:09 ジャズ・シンガーのアル・ジャロウは10音節を担当した(ちなみにこれは、このセッションをマンガ化した作品「Doonesbury」の主人公Jimmy Thudpucherが担当したものよりも9つ多くなっている。ところでこのセッションでは、出演したロックスターたちにとってはスタジオの入口が関門となっていた。領収書の要求以外のエゴは入口で預けるようにと言われていたからだ)。ジャロウは1985年に始まった「Moonlight(邦題:『こちらブルームーン探偵社』)」のテーマソングも歌っていたが、これは「We Are the World」のリリースの2日前に放映が始まっている。ジャロウはこのセッションではボブ・ディランに挨拶するチャンスがあったのだが、「ボビー、カッコ悪いやり方なんだけど、あなたの大ファンだと言わせてください」と話しかけると、ディランは目も合わさずにジャロウから離れて行った。ライフ誌のデヴィッド・ブレスキンによると、ジャロウは「僕のアイドルが!」と言って泣きべそをかいていたという。

2:14 ブルース・スプリングスティーンがマイクの前に進み、目を閉じ、そしてサビを熱唱する。スプリングスティーンのファンたちは、声こそが彼の一番の武器であるとは普通考えていない。しかし砂利を満載したトレーラー・トラックのごとくこの歌に登場した彼は、その声がパワフルな武器であることを誇示している。1985年の初頭、一つのアルバム(「Born in the U.S.A.)」)から7枚のトップ10シングルというタイ記録を打ち立てつつあったボス(スプリングスティーンのこと)は商業的にはピークを迎えていた。前の晩にはニューヨーク・シラキュースのキャリアー・ドームで4時間のコンサートをこなしている。多くのスターたちがセキュリティを引き連れてリムジンで到着する中、スプリングスティーンはピックアップ・トラックを自ら運転し、近所の雑貨屋の駐車場に車を止めて歩いてスタジオまでやってきた。

(その3に続く)
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ