ジャファー・ジャクソン、マイケルを"具現化"

michael-jackson-biopic-first-look-tout-021324-cc4c6e10a2934efe9b277633f09f64fb.jpg

私たちは鏡の中の男を見ている。

火曜日に公開された、制作中の伝記映画「Michael」からの最初の写真の中で、ジャファー・ジャクソンは叔父マイケル・ジャクソンに瓜二つである。

ステージで歌っているこの写真のジャファーは、90年代のマイケルの有名なポーズを決めている。Vネックのシャツと黒いパンツの上に白いボタンアップだ。髪は低いポニーテールにまとめられている。

「ジャファーの見た目、声、ダンス・ムーヴは何から何までマイケルです。彼はほかの俳優ではなしえないやり方でマイケルを具現化しているのです」と、プロデューサーのグラハム・キングは声明で述べている。

監督のアントワーン・フークアは、「私たちはこのプロジェクトのために素晴らしいチームを作り上げました。メーク、衣装、撮影技術、振付、照明、何もかもです。マイケルと仕事をした人達も参加しています」と付け加える。

「でも最も重要なのは、マイケルを具現化しているのがジャファーだということです。見た目が似ているということを超えているのです。マイケルのスピリットが魔法のように放たれているのです。これを信じるには経験するしかありませんが」。

この最初の写真は写真家のケヴィン・メイザーが撮影したものだ。彼は言う。「この映画のセットを最初に訪れた時、とても興奮しました。マイケル・ジャクソンの撮影のためにツアーに初めて来た時のようだったのです」。

「セットに足を踏み入れると、昔に戻ったような、ツアーの撮影にスタジアムへ足を踏み入れたのうに感じたのです。ジャファーのパフォーマンスを見て、『おおマイケルだ』って思いましたよ」。

「彼のたたずまいや行動、お決まりの動きなどすべてがマイケル・ジャクソンなのです。マイケルの生前に彼のパフォーマンスを生で見る機会がなかった人にとっては、こんなのだったのだろうな、というものになります」。

2023年1月、ライオンズゲートがマイケル・ジャクソンに関する映画制作を行っていること、脚本がジョン・ローガン(グラディエーター、アビエイター、007 スカイフォール)であることが発表された。

マイケル・ジャクソン役の主演はジャファーであり、マイケルの兄ジャーメイン・ジャクソンの息子である。

「ジャファーがマイケルに命を吹き込むのを見ることは素晴らしくエキサイティングです。最初にジャファーに会った時、スピリチュアルなつながりのようなものがありました。ジャファーにはマイケルを模倣する自然な能力があり、カメラを回すと素晴らしい化学反応が起きるのです」とフークアはVarietyに対して発表した声明で述べている。

ジャファーに合流するビッグ・スターには、コールマン・ドミンゴ、ニア・ロング、マイルズ・テラーが発表されている。

映画「Michael」は2025年4月18日に劇場公開される。

source: people.com

ソニー、マイケル・ジャクソンのカタログの株を購入 12億ドル以上の価値と算定

少なくとも6億ドルの価値があるとみられるこの取引には、出版権とレコーディング素材のカタログが含まれる

一人のミュージシャンの音楽資産としては史上最大の価値が見込まれるものについて、ソニー・ミュージック・グループは議論を終え、マイケル・ジャクソンの出版権とレコーディング素材のカタログの半分を購入する。これらの音楽資産の価値は12億ドル以上であると算定されたという。15億ドルかもしれないとの声もある。こうした算定に基づき、ソニーは伝説級の権利に対して少なくとも6億ドルは支払うだろう。

このことは、この取引(昨年末に成立)は、現在クイーンが求めている12億ドルという価値を上回る算定額に基いた取引であるということを意味している。クイーンの算定額はマスターと出版権からのロイヤリティに、フレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」やクイーンの音楽を使用している演劇作品なども含まれているが、ソニーとマイケル・ジャクソン・エステートとの今回の取引にはブロードウェイ作品やジャクソンの楽曲を使用する演劇作品のロイヤリティは含まれていない。

しかしながら、これは今回の取引がジャクソンの音楽だけということではないかもしれない。情報源によれば、現在の取引はMijacの出版カタログにあるジャクソン作品以外のものも含まれているという。およそ250曲のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの出版カタログや、ジェリー・リー・ルイス、ジャッキー・ウィルソン、カーティス・メイフィールド、レイ・チャールズ、パーシー・スレッジ、そしてディオンらのアイコン的楽曲である。

昨年2月、交渉が行われているとのVarietyの第一報を受け、ビルボードはジャクソンが残した資産は年に7500万ドルを稼いでいると推定した。これらの資産にはマスター音源やジャクソンの楽曲に対する彼の持分の出版、Mijac出版カタログ、ジャクソンの楽曲を使用した演劇作品のグッズ収入やロイヤリティが含まれていた。当時ビルボードは、7500万ドルの試算のうち、レコーディング素材や出版権だけで4720万ドルをもたらしていると推定した。そして、Mijacは500~800万ドルを一年間にもたらしている可能性がある。

しかしながらこの試算は、ストリーミングの市場の拡大に伴いジャクソンの人気が高まっていることを考慮していない。

ジャクソンの楽曲のセールスやストリーミングはアルバム相当で107万枚(2020年)から147万枚(2023年)と3年間で37%着実に増加している(Luminateによる)。これは、アルバム・セールス単位でのアメリカの音楽市場全体(22.9%の成長)を上回るものだ。アメリカ以外では、ジャクソンはさらに人気がある。2023年、彼の音楽の消費量は38.3%増加し、オンデマンド・ストリーミングで2021年のストリーミング数47億回から65億回へ増加している。

来年、Michaelと題された伝記映画が公開される。彼のファンの基盤は強化され、消費は増加し、彼の資産やその他の権利所有者たちへの収入増加をもたらすだろう。

ジャクソンが遺した資産がもたらすこれらの利益により、主導する弁護士ジョン・ブランカとA&Rの重役ジョン・ブランカは共同執行人として関与し続けることが見込まれている。

情報源によれば、今回のソニーとの取引では、10%と見られるPrimary Wavwが所有するジャクソンの出版権に対する権利はそのままとなるという。

ここ数年間でソニーは、主要な契約でマイケル・ジャクソン・エステートに対して20億ドル以上を支払っており、これはレコードや楽曲に対するロイヤリティ配分を超えている。1991年ソニーは、のちのソニー/ATVとなるものに対しその半分を購入するために1億ドルを支払っている。ATVミュージックはジャクソンが1985年に購入したもので、ビートルズやその他の人気楽曲を保有していた。これがソニーの音楽出版の業務と統合されてソニー/ATVとなり。ソニーとジャクソンがこの会社を50%ずつ保有することとなった。2016年、ソニーはソニー/ATVの残る50%に対し7億5000万ドルを支払った。また、2018年にはEMIミュージック・パブリッシングを所有するコンソーシアムのうちのマイケル・ジャクソン・エステートの持分を2億8750万ドルで購入しているほか、所有していた期間にトータル16憶ドルとなった配当金も支払っている。そして今回の取引でさらに6億ドル以上を積み上げ、トータルの支払額が20億ドルを超えた。

ソニーは過去1年間で積極的に買収を行ってきた。昨年、ラテン系のレーベルでマネジメント会社のRimas Entertainment(バッド・バニーを売り出した)の無視できない少数と評された株式を取得したと報じられた。同レーベルとマネジメントに対する契約はトータルで3億ドルの価値があると見込まれているとされた。

2023年5月、ソニーはバリー・ウェイス、ロン・ペリー、マット・ピンクスからレコードカタログを取得し、1億ドル以上を算定された取引でペリーとピンクスの会社を買収した。そしてその後ウェイスとは50%ずつとする契約を進めた。ウェイスはカタログの主導権は維持している。

Source:Billboard.com

彼はとてもやさしかった:ヒューイ・ルイス、マイケルとの友情

ヒューイ・ルイスはマイケル・ジャクソンとスタジオで過ごした時を決して忘れないだろう。
月曜日、ロサンゼルスでの「The Greatest Night in Pop(ポップスが最高に輝いた夜)」のプレミアにてヒューイ・ルイスはPEOPLE誌に語ってくれた。1985年のアイコン的レコーディング「We Are the World」でルイスとキング・オブ・ポップとの友情が始まったという。

ルイスは、ライオネル・リッチーやスティーヴィー・ワンダー、ブルース・スプリングスティーン、シンディ・ローパー、そしてマイケル・ジャクソン(2009年に逝去)らスターたちとともにこのチャリティ・ソングに加わった。一緒に仕事をしたのちも彼らの友好関係は続いていた。

「何か用事があって、メッセージの交換も1度か2度しましたよ。彼は私の次のレコードについておめでとうって言ってくれました」。

レコーディングの様子を振り返って、ルイスは「尋常でないくらいナーバスだった」と振り返る。

「面白いなと思うのが一つあって、彼らはほとんどのパートでリードボーカルを一気にやりたがったのです。それからマイクが5本あったのですが、段階的に1つにして残りは外そうとしたがってました。部屋の雰囲気を調和させようとしたのです」。

「ライオネルが"There cones a time"を最初に歌って、誰かがNGを出しました。スティーヴィー・ワンダーがきっかけだと思います」。

「だからもとに戻ってもう一度やったんです。そしてスティーヴィー・ワンダーが少しふざけてしまいました。だから3度目をやったんです。そしてアル・ジャロウのパートに進んだところ、彼はふざけてしまったというか、NGを出したのです。だからみんなでやり直しました」。

そしてルイスはサウンド・エンジニアにこう言ったという。「なあ、ウンベルト。次に誰かがNG出しても最後までやらせてやらないか?僕が自分のパートを練習できる」。

「私たちは決して一度に複数パートにまたがっての練習はしなかったのです。そしてマイケルはとてもやさしかった。こう言ってくれたのです。『それはいい考えだね』って」。

このインタビューではほかに、自身のブロードウェイ・ショー「The Heart of Rock and Roll 」(4月22日開幕)が聴力を失った彼の"救い"になっていると明かした。

「そう、私たちはとてもワクワクしています。もう長いこと取り組んでいます。7年前に私は聴力を失いました。だから歌ったりパフォーマンスはできないんです。でもこれならできる。私にとっては個人的な救済です。本当に満足しています」。

ルイスは、2018年のダラスでのプライベート・ショーで、他の人には聞こえない叫び声が聞こえ、その後メニエール病の診断を受けている。この病気は内耳に影響し、めまいや聴力喪失を引き起こす。

「The Greatest Night in Pop(ポップスが最高に輝いた夜)」はNetflixで配信中。

huey-lewis-michael-jackson-013024-3f37a7a581a348d382211030a22825e5.jpg

Source: people.com

フリードマン:サンダンス・レビュー:ライオネル・リッチー、マイケル・ジャクソン、クインシー・ジョーンズら44人のスーパースターがいかにして「We Are the World」とともにポップ史上もっとも偉大な夜を作り上げたか

私はサンダンス映画祭にいるわけではない。親切にもNetflixが私にリンクを送ってきた。バオ・グエンの「The Greatest Night in Pop」へのリンクである。試写会では今まさに盛大なスタンディング・オベーションを受けているのは間違いない。「We Are the World」が39年という月日をどのように歩んできたかを描くこのドキュメンタリーは素晴らしいエンタテイメントであり、あなたは涙が止まらないだろう。私と同年代でこの歌が出来上がるのを見ていた人々は、自分の時代にすでに、ポピュラー・ミュージックの頂点に到達していたということを実感する。

こんなストーリーは知っている、と思ったとしても、グエンとプロデューサー陣は、ライオネル・リッチーとマイケル・ジャクソンが曲作りをしている様子などのレアで観たこともない映像をたくさん発掘しているのだ。

これは、ライオネル・リッチーのマネージャーだった故ケン・クレーゲンが(ボブ・ゲルドルフに触発されて)、エチオピア等の大飢饉に光を当てるスーパースターのシングルを創るというアイディアをいかにして思いついたのかというストーリーだ。年は1985年。議論はあるかもしれないが、この年は私たちの人生のサウンドトラックの最盛期であった。本編でリッチーが振り返っているように、彼らはすぐに曲作りを手伝ってもらうべくスティーヴィー・ワンダーに電話をかけた。彼は間に合わなかった、だからリッチーとクインシー(二人はマイケル・ジャクソンと3枚のヒットアルバムを作っていた)は共同での曲作りのためキング・オブ・ポップを訪ねた。当時ジャクソンはまだクリアなイメージで訴求力があった。チンパンジーのバブルスや蛇を両親の住む家で飼ってはいたが、エキセントリックさは知られていなかった。本編でのジャクソンの登場とその素晴らしいボーカルにファンは絶対に喜ぶだろう。

アメリカン・ミュージック・アワード(リッチーがホストを行っていた)後にハリウッドで一夜限りのレコーディング・セッションを行うためにできるだけ多くのスターを集めるというアイディアである。だからライオネルは曲を共同で作り、クインシーとマイケルがレコーディングを進めるのを手伝った。そして一晩中ステージで仕事をしたのである。当時、アメリカン・ミュージック・アワードは有名人たちがあつまるに相応しいイベントだった。だから彼らをA&Mスタジオに連れてくることはベストの考えだったのである。アシスタントや広報は同伴を許されず、撮影クルーだけだった。そして46人のスーパースターである。

ハリエット・スターンバーグ(映像中に必要な歴史を提示)とラリー・クラインらのプロデュースによる映像で、グエンは多くの人々が記憶しているドラマチックなストーリーを組み立てているが、クリフハンガー(続きが気になるような)を感じさせるような作りになっている。スティーヴィーがようやく現れ、制作のボスのようになってゆき、ボブ・ディランやポール・サイモンのようなアイコンたちを指導する。あるところでは誰かがレイ・チャールズをトイレに連れていったことを思い出す。「それは文字通り盲人を導く盲人であった」。シンディ・ローパーが歌っている最中にジュエリーが音を立てていることを指摘されみんなで笑っているという有名なシーンも出てくる。

スティーヴィーは先住民の言葉を曲中に入れたがった。彼はスワヒリ語を提案した。そのことでカントリーのスター、ウェイロン・ジェニングスが出て行ってしまう。彼は戻ってこなかった。だが残った者たちはへとへとになっても耐えた。有名だが、クインシーはサインを掲げた。それには「エゴは入り口で預けること」と書かれていた。そして全員がそれを実行した。天才ドラマーのシーラ・Eでさえも。彼女は本作で、その場にいられたことはハッピーだったがプリンスをスタジオへ呼ぶために使われたと感じていたと語っている(プリンスは来なかった)。

クレーゲンは「USA for Africa」というチャリティーを立ち上げた。これはエチオピアへ何億ドルも届けた。「Live Aid」や「Farm Aid」といった多くの同様の団体や曲がこれに続いた。大変多くのチャリティー・シングルがスターたちによって歌われ、バラエティ番組「Saturday Night Live」がパロディーにしたほどだ。2010年、私はレコーディング25周年イベントに参加した。これにはバーブラ・ストライサンドやグラディス・ナイト、アダム・レヴィーン、ボブ・トーマスなど大勢が出席した。とても感動的な経験だった。だが、「We Are the World」が作られた歴史的瞬間とは比べるべくもない。

これはスターたちによって作られたものだ。ティナ・ターナー、ヒューイ・ルイス、ディオンヌ・ワーウィック、ブルース・スプリングスティーン、アル・ジャロウ、スモーキー・ロビンソン、ダイアナ・ロスなど。それぞれがボーカルの力がピークだった。でもそれはライオネル・リッチー(クレーゲンやジャクソンより長生きしている)次第だった。このストーリーを語るには。そしてクインシー・ジョーンズ。あるプレイヤーはオーケストレーションだけでなく、「精神医であった」と称賛する。ひとを魅了するこの夜を不朽のアートへと紡いだのはクインシーなのだ。

「The Greatest Night in Pop(邦題:ポップスが最高に輝いた夜)」は1月29日にNetflixで配信が開始される。若いオーディエンスは、音楽業界の栄光について多くを学ぶことになるだろう。ある世代の人々、たくさんのことを思い出す人々、みんなが若く見える人々はこれがさらにほろ苦い経験となるだろう。
fc2blog_2024012402083973a.jpg

Source: showbiz411.com

アントワーン・フークワのマイケル・ジャクソン伝記映画、ライオンズゲートとユニバーサルからの全世界公開の日程決まる

マイケル・ジャクソンの伝記映画「Michael」(キング・オブ・ポップ役の主演はジャファー・ジャクソン)が間もなく世界へリリースされる。ライオンズゲートがアメリカ国内に向けて2025年4月18日に公開となる。ユニバーサルが国外への配信を担当する。

ライオンズゲートは、アントワーン・フークワ監督により「Michael」製作を1月22日に開始すると今日発表した。

脚本のジョン・ローガンとプロデューサーのグラハム・キング(ボヘミアン・ラプソディ)が、キング・オブ・ポップとなった複雑な男の大成功から悲劇まで、人間性と苦しみから創造の天才という側面までを追う。マイケル・ジャクソン・エステートの共同執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンもプロデュースに加わる。

その他の関係者では、ディオン・ビービ(撮影監督、オスカー受賞)、バーバラ・キング(プロダクション・デザイン)、マーシ・ロジャース(衣装デザイン)、リッチ&トーン(振付)、ビル・コーソ(メーキャップ・アーティスト、オスカー受賞)、カーラ・ファーマー(ヘア・スタイリスト、オスカーノミネート)、ジョン・ウォーハースト(音響・音楽スーパーバイザー、オスカー受賞)、ルイス・モーリン(VFXスーパーバイザー)らが参加し、クルーは総勢420名以上に及ぶ。

Deadlineでは「Michael」について2019年11月に最初に報じている。マーティン・スコセッシの「アビエイター」以来、ローガンとキングが再びチームを組む。キングはエステートより映画製作の権利を獲得し、マイケル・ジャクソンのすべての音楽を自由に使う許可も得た。そして2022年2月にライオンズゲートが配給に決定した。

マイケル・ジャクソンの甥で27歳のジャファー・ジャクソンは昨年1月にこの役を得た。元ジャクソン・ファイヴのメンバーでソロ活動もしているジャーメイン・ジャクソンの息子である。ジャファーは12歳の時から歌とダンスをやっており、オリジナル曲の他にサム・クックやマーヴィン・ゲイの曲を歌い、自分を売り込んできた。

フークアはEWとのインタビューでこう語っている:「彼は不思議なほどマイケルに似ています。彼のような歌声、彼のように踊る、歌う。本当に尋常じゃない。グラハム・キングは、彼はファンタスティックなプロデューサーですが、彼がジャファーを見出したのです。そして私に紹介した。私はすっかりやられましたよ」。

音楽のレジェンドたちの遺したものは、彼らの映画的ナラティブについてはしばしば威圧的に語られがちであるが、フークアによれば、マイケル・ジャクソンの伝記映画は「知られている通りの」キング・オブ・ポップが語られ、マイケル・ジャクソンがその生涯に関わった論争の一部に取り組むという。

「知っているファクトをただ語るのです。アーティストとして、男として、人間としての。いいことも悪いことも醜いことも」とフークアはインタビューで語っている。

今日発表された声明でキングはこう述べている:「マイケルのストーリーを語ることをとても光栄に思っています。それは長い旅です。世界中のオーディエンスに、観たことがないマイケルに対する観方をこの映画でお示しすることを大変うれしく思っています」。

アダム・フォーゲルソン(ライオンズゲート・モーションピクチャー・グループの重役)はこう付け加える:「マイケル・ジャクソンが史上最も偉大なエンタテイナーの一人であることに疑いの余地はありません。音楽やビデオ、アート、ファッション、カルチャーその他いろいろなことに及ぼした彼のインパクトはとんでもないもので、現在でもまったく変わりません。来年、世界中の皆さんに映画館でご覧いただけるようになるのが待ちきれません」。

この公開日はもともと「The Exorcist – The Deceiver」(ユニバーサル/ブラムハウス/モーガン)が予定されていた。これは昨秋の「The Exorcist: The Believer」(1億3620万ドル)の続編であるが、新監督を検討中のため変更になった。起用されていたデヴィッド・ゴードン・グリーンがベン・スティラーの「Nutcrackers」やHBOのコメディ・シリーズ「The Righteous Gemstones」の第4シーズンで多忙になったためである。

Source: deadline.com

このYouTubeビデオをぜひご覧ください

マイケル・ジャクソン・ファンの皆さん、こんにちは。
MJオンライン・チームのチャックよりお知らせします。

ジェニー・ウィニングスの最近のインタビューを見つけました。ロブソン/セイフチャックとダン・リードの最新のプロジェクトに関連するもので、現在の状況について皆さんに知っておいていただきたくシェアすべきと考えました。

ジェニーと同様に、皆さんがダン・リード側のチームの誰かから連絡を受ける場合があります。その他、疑問や知りたい情報がある場合にも、この番組「Popcorned Planet」のホストとジェニー・ウィニングスのやり取りを是非見ていただきたいと思います。

https://youtu.be/Vpfv0YEVVGc?si=hGXrDyqZfS4I0UjU&t=299

ご覧いただきありがとうございます。そして皆さんにとって良い一年になりますように。

■Check out this YouTube Video
Hello Michael Jackson fans,

Chuck here from the MJ Online Team.

I came across this recent interview with Jenny Winings and thought it would be worth sharing with all of you to be aware of what is currently going on as it relates to Robson/Safechuck and Dan Reed's latest project.

I encourage you all to watch the exchange between the host of this Popcorned Planet program and Jenny Winings in case you, like Jenny, are contacted by someone from Dan Reed's team and have questions or want more information.

https://youtu.be/Vpfv0YEVVGc?si=hGXrDyqZfS4I0UjU&t=299

Thank you for checking this out and I wish you all a happy new year.

- Chuck, MJ Online Team

Source :MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP