黒人歴史月間:MJ ONE 2017

マイケル・ジャクソン・エステートとシルク・ドゥ・ソレイユが製作するキング・オブ・ポップの音楽へのエキサイティングなトリビュートで、マイケル・ジャクソンのすばらしい芸術性を讃え、追体験してみませんか?黒人歴史月間に応え、ラスベガスのマンダレイ・ベイで公演中のシルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」の2017年の全公演について、ディスカウント・チケットをご用意しました。2月28日までの期間限定です。ローリング・ストーン誌が「"wow"な瞬間のバーチャル・パレード」と評したこのショーをこの機会に是非ご覧ください!

「音楽は溢れ出る僕の感情だ。そして世界中の恋人たちへの僕からの贈り物なんだ」
このバレンタイン・デイ、マイケルの最高にロマンティックな歌とビデオのスペシャル・ビデオ・プレイリストであなた中の愛を讃えましょう。



Celebrate Michael Jackson's incredible artistry with this exciting and immersive tribute to the music of the King of Pop ever conceived by the Estate of Michael Jackson and Cirque du Soleil! In acknowledgement of Black History Month, discounted tickets are being offered for any 2017 performance of Michael Jackson ONE by Cirque du Soleil at the Mandalay Bay Resort & Casino in Las Vegas. This offer is only good through February 28, so don't miss out on your chance to see the show Rolling Stone calls "a virtual parade of 'wow' moments"!

"Music has been my outlet, my gift to all of the lovers in this world." This Valentine's Day, celebrate the love in your life with this special video playlist of Michael's most romantic songs and short films.

ソース:Michael Jackson Newsletter / MJJFANCLUB.JP

ボーイ・ジョージ:マイケル・ジャクソンと会えなかったのは「大きな後悔」

ボーイ・ジョージの「大きな後悔」の一つは、マイケル・ジャクソンと会えなかったことだという。

彼は、パリ・コレクションでパリス・ジャクソン(故キング・オブ・ポップの娘)に会った時のことについて語ったが、あのアイコン的ミュージシャンが2009年に早すぎる死を迎える前に会う機会がなかったことについて悔やんでいると認めた。

「Watch What Happens Live」に出演した彼は司会のアンディ・コーエンに対してこう語っている。

「僕は彼女にとても君は美しいよと言ったんだ。お父さんはすばらしい、でも会うことはなかったよって。彼に会うことがなかったことは僕の大きな後悔の一つなんだ。彼女はかわいらしい、とてもかわいらしい子だったよ」。

このニュースに先立って、先日パリスは父親との生活について打ち明け、彼女が受けた躾は「ごく普通」で、教育には厳格で行儀が悪いことを許さなかったと力をこめて語っている。

「私たちの生活はとても普通でした。毎日授業があり、行儀良くしていなければなりませんでした。お行儀良くしていれば、週末には映画へ行くか、動物を見に行くとかいうことになっていました。でも行儀が悪いと全部お預けでした」。

以前、マイケル・ジャクソンの甥のTJ・ジャクソン(パリスやプリンス(19)、ブランケット(14)の法定後見人)は、マイケル・ジャクソンが子供たちに「大事な倫理観や価値観」をきちんと教えていたと褒め称えている。

「僕が(マイケルの)子供たちに教えるべきことなどなにもありませんよ。必要なことはすべて叔父が教えていたのですから。子供たちの倫理観や価値観の芯はとても強いです。叔父の声が子供たちから聞こえることもあります。人々に対する愛とか、純真さとかを感じた時にね」。


■Boy George: My 'big sorrow' was not meeting Michael Jackson

Boy George says one of his "big sorrows" was not meeting Michael Jackson.

The 55-year-old singer has opened up about the time he met Paris Jackson - the daughter of the late King of Pop - during Paris Fashion Week but admits he regrets not having the chance to meet the iconic musician himself before his untimely death in 2009.

Speaking to Andy Cohen on 'Watch What Happens Live' on Tuesday (01.24.17), he said: "I told her that she was very beautiful and I told her that her dad was amazing, said that I never met him.

"It was one of my big sorrows that I never got to meet him. She was lovely, she's such a lovely girl."

The news comes after Paris recently opened up about life with her father, insisting her upbringing was "normal" and recalled how strict the 'Thriller' musician was with their schooling and never allowed any bad behaviour.

She said: "We actually had a pretty normal life. Like, we had school every single day, and we had to be good. And if we were good, every other weekend or so, we could choose whether we were gonna go to the movie theatre or see the animals or whatever. But if you were on bad behaviour, then you wouldn't get to go do all those things."

Meanwhile Michael Jackson's nephew TJ Jackson - who is the legal guardian of Paris as well as her brothers Prince, 19, and Blanket, 14 - previously praised the 'Bad' singer for instilling "core ethics and values" in his children.

He said: "I don't think there's anything I had to teach them because my uncle taught them everything they need to know.

"All the important things - their core ethics and values are so strong, and there's moments where I just hear my uncle's voice come out of them because [of] their love for people and their innocence."

Source: journalstar.com

エステート vs 国税局、遺言執行人らが証言を命じられる

ポップ・シンガーの故マイケル・ジャクソンが2009年に亡くなった時点での価値が焦点となる世紀の税金闘争が2月に開始される。マイケル・ジャクソン・エステートとアメリカ国税当局(IRS)は10億ドル以上を争点として、公判前手続きを争っている。公判前にすべての情報を掴むためだ。

連邦租税裁判所のマーク・ホームズ判事は、激しく争った、ジョン・ブランカ(遺言執行人の一人)、マイケル・ケーン(元ビジネス・マネージャー)、カレン・ラングフォード(弁護士補助人、ジャクソンのイメージの査定に参加し未発表曲についての詳しいとされる)に証言させるというIRS側による申し立てを許可した。

もう一人の遺言執行人のジョン・マクレーンは証言を行わない。

マクレーンはジャクソンのトレードマークを使った衣料品のマネジメントを担当しているされているが、ホームズ判事の裁定によれば、申立書ではマクレーンは「体調不良が大変深刻であり、ストレスに耐えられない」とされ、「このことは、商業活動が平穏に行われているためあまり知られていない複雑な事業について、それを管理する能力とは矛盾する」と判事はコメントしている。

体調不良のためにマクレーンは証言しないが、両者による協議が行われ、IRSが主張すれば、判事はマクレーンの証言を除外しない可能性もある。

さらにホームズ判事は、無許可でジャクソンの肖像権を使用しているとみなした者にエステートが送付した停止通告書やソニー/ATVの持分をソニーに売却する際のメモ、その売価の評価書(7億5000万ドルとされる)など、さまざまな書類をIRSに対し開示するよう命じた。

この裁判での目玉は・・・そしてこの裁判が芸能界で特に注目される理由は・・・、死後のジャクソンの肖像権の評価がなされるということだ。IRSはその価値が4億3400万ドル以上だと主張している。証拠として2009年のドキュメンタリー「This Is It」はシルク・ドゥ・ソレイユのショー、死後にリリースされたアルバム、ビデオ・ゲームや高価な記念品などを挙げるかもしれない。エステート自身による評価額は2105ドルで、彼が亡くなった時点での、そして遺言執行人らが着任してキング・オブ・ポップが復活する以前の、ジャクソンの商業的展望が児童虐待や薬物中毒による影響を受けていた時点での評価が重要だと主張している。

評価額分析や諸々の結論には、許諾者が権利に対してどう考えているか、ということがポイントとなる。このため、エステートはUCLA法科大学院のユージーン・ヴォロック教授に委託した。ヴォロック教授は合衆国憲法修正第1条の第一人者である。ジャクソンのような著名人の価値が死後のパブリシティー権の法律的制限にどれほど拠っているかという問題についての報告書を準備するためだ。

IRSは、結論を下すのは判事であり、ヴォロックの報告書は許容できないとして除外する動議を提出した。専門家のみが、事実に基づいた意見を述べるということだ。

「裁判前の問題が法律と事実が入り混じったものであったとしても、これは真実です。本裁判においては論点は評価だからです」とIRSの動議に対してホームズ判事は返答している。「ヴォロック教授の証言は、ジャクソンの肖像に対するエステートの権利の範囲の線引きをする上で有益なものとなるでしょう。しかし、国内法の内容についての証言を除外するという裁定は本法廷においては重要なものです。ヴォロック教授の高度な法律的知識は、裁判前の調査の準備に、そして裁判後の議論において、エステートの手助けとなるものです。しかし、裁判中に証言として受け入れることは困難であるというのが私たちの結論です」。

■Michael Jackson's Executor, Manager Ordered to Testify in Billion-Dollar Tax Battle

The tax trial of the century -- one focused on the worth of late pop singer Michael Jackson when he died in 2009 -- is set to begin this February. With more than $1 billion at stake, the Internal Revenue Service and Michael Jackson's estate are scrambling in these final pre-trial days to discover everything they need to know before heading into battle.

This week, U.S. Tax Court Judge Mark Holmes granted a heavily contested motion by the IRS to depose John Branca, one of the two co-executors of Jackson's will; Michael Kane, the singer's former business manager; and Karen Langford, a paralegal said to have participated in the valuation of Jackson's image and knowledgeable about unreleased music.

But John McClain, the other co-executor of Jackson's will, won't be giving a deposition.

Although McClain currently manages an outfit that exploits Jackson trademarks, Holmes writes in his order that McClain is described in court papers as "very seriously ill and subject to very poor reactions to stress," commenting that this "would seem inconsistent with the ability to manage a complex enterprise in an industry not widely known for the placidity with which its commercial activity is carried out."

To protect his health, McClain won't have to testify just yet, but the judge isn't ruling out that he may have to do so at trial if the IRS insists and after potential briefing by the parties.

Judge Holmes has also ordered a variety of documents to be shared with the IRS including cease-and-desist letters the estate has sent to those it thought might be exploiting Jackson's likeness without authorization, the minutes of the estate's sale of its interest in Sony/ATV to Sony, and appraisals of that sale reported to be worth about $750 million.

The big ticket item at the current trial -- and the reason why the case is of special interest throughout the entertainment industry -- will be valuating Jackson's posthumous right to his likeness. The IRS has insisted it's worth more than $434 million and may point as evidence to the 2009 documentary This Is It, a Cirque du Soleil tribute show, and post-death albums, video games and other lucrative memorials. The estate's own valuation is just $2,105, arguing that what's important is the value when he died, when Jackson's commercial prospects were suffering from charges of child molestation and drug abuse, before executors worked their magic, and the King of Pop experienced a resurgence in popularity.

The coming valuation analysis and conclusions will be informed by what licensors theoretically would be willing to pay for rights. To this end, Jackson's estate commissioned UCLA Law School professor Eugene Volokh, one of the leading scholars of First Amendment law and torts, to prepare a report on the subject of how the value of a celebrity like Jackson depends on the legal limits of the posthumous right of publicity.

The IRS brought a motion to exclude Volokh's report as inadmissible since it's the judge deciding conclusions about the law. Experts only render opinions informed by facts.

"This is true even when issue before the Court is a mix of law and fact, as it is in the valuation questions in this case," writes Holmes in response to the IRS' motion. "Professor Volokh's proffered testimony would be helpful in drawing the bounds of the estate's rights in Jackson's image. But the rule excluding testimony about the content of domestic law is a strong one in this Court. His legal expertise can help the estate to prepare for examination before trial and in argument after the trial, but we find it inadmissible as testimony during the trial."

This article was originally published by The Hollywood Reporter.

Source: billboard.com

マイケル・ジャクソン ハイレゾで体感する "Number Ones"

2017年1月31日(火)~2月26日(日)の期間、東京・銀座 ソニービル 8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)にて、「-時代を彩った数々のショート・フィルムとともに- マイケル・ジャクソン ハイレゾで体感する“NUMBER ONES”」を開催いたします。本イベントは、リニューアルのカウントダウンが近づいた銀座 ソニービルを盛り上げるべく、共に時代を彩ったマイケル・ジャクソンの数々のヒット曲を、ハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源*1と200インチの大型スクリーンでご堪能いただけます。

開催期間:
2017年1月31日(火)~2月26日(日) 
※2月20日(月)ソニービル休館日を除く
開催時間:
11:00~19:00 ※入場無料
開催場所:
東京・銀座 ソニービル8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)

詳細はこちら

ソース:http://www.sonybuilding.jp / MJJFANCLUB.JP

ラスベガスの"Michael Jackson ONE"はなぜ必見なのか

80年代と90年代、スーパースター、マイケル・ジャクソンが、ブラック・カルチャーは言うに及ばずポップ・カルチャーをも席巻していたというのは控え目ないい方だ。そしてそのインパクトゆえ、マイケル・ジャクソンは未来の世代にわたって生き続ける。彼が残したものは生き続けている。才能あるパフォーマー、ミュージシャン、アーティストたちの魂の中に。彼らはマイケルの伝説的音楽を再創造し、蘇らせ、イメージ化する。MJファンたちは、ラスベガスのマンダレイ・ベイが提供する素晴らしいパフォーマンスを経験することができる。シルク・ドゥ・ソレイユの"Michael Jackson ONE"だ。

一言で言えばこのショーは心奪われるショーだ。下は5歳から上は50歳あるいはそれ以上まで、ファンは、込み入った衣装や斬新なステージ・プロダクションというビジュアルのごちそうでもてなされる。もちろん、"キング・オブ・ポップ"自身が指揮を執った何十年も色あせない象徴的ダンス・シークエンスも。MJの才能を反映したアクロバットとダンスとビジュアルのしびれるような融合によって、"ONE"はオーディエンスをマイケルの音楽ばかりではなく、詩を通じて示された彼の生涯にどっぷりとつからせる。

そしてもし、あなたがマイケルのことをよく知っているのであれば、このショーでは、ファンタジーとイマジネーション、そして若々しい精神がゆるやかに構造化されていることを理解するだろう。このショーで語られるのは4人の主人公のネバーランドへの旅である。ネバーランドはマイケルの元の家の名前でもある。その道すがら、彼らはジャクソンを象徴するペニーローファーやソックス、きらめくグローブ、フェドラ、サングラスなどを発見する。その過程で成長し、平穏を見出していく。ストーリー・ラインは私たちの期待通りのパフォーマンスへとつながっていく。

これまでなかった最新式のすばらしいサラウンド・システムにより再生される彼の大ヒット曲の数々による、威厳と喜びと魔法、そしてハッピーな気持ちが次々に現れる。そのような"One"の世界の中で、オーディエンスはビジュアルと音楽の切れ目ないモンタージュを経験する。"Michael Jackson ONE"では、マイケルのスピリットは、63人のダンサー、パフォーマーらの鮮やかなエネルギーを通じて降臨し、エアリアルやアクロバット、そして探検への踏み台としてアーバン/ヒップホップを取り入れた鮮やかな振り付けによって強調される。"One"は、キング・オブ・ポップであり天才、先駆者、つまり唯一無二の人、マイケル・ジャクソンの作品は創造精神、そしてレガシーへの心のこもったトリビュートなのである。

“Michael Jackson ONE”は、“Michael Jackson: The Immortal World Tour”としばしば混同されている。こちらは別アリーナをベースとした別のシルクのショーで、ジャクソンの生涯と作品を元にしている点は同様だが世界中のアリーナで上演されたものだ。タイトルには類似点はほとんどないが、両者は違いようがないと言える。例えば"ONE"における音響も、これまで出会ったどれとも似ていない。劇場内には5800個ものスピーカーが設置されている。そのうち各座席には最低3個が設置され、マンダレイ・ベイのアリーナ以外では再現し得ない体験が得られるようになっている。

ラスベガスで数百のショーやパフォーマンスが行われているが、観客と史上最高のパフォフォーマーをつなげる唯一無二のこの体験に失望することはないだろう。輝く“Michael Jackson ONE”、お見逃しなきよう!

■Why Michael Jackson ONE is a Must-See in Las Vegas
'ONE' takes the audience through a seamless visual and musical montage of Michael Jackson's life and music

It’s an understatement to say the superstar dominated not just black culture, but pop culture for much of the ’80s and ’90s. And because of this impact, Michael Jackson will forever live in on for future generations. His legacy will live on most especially in the spirit of those talented performers, musicians, and artists who continue to reinvent, reinvigorate, and re-imagine Michael’s legendary music. MJ lovers can get a taste at one of the amazing performances offered in Las Vegas at the Mandalay Bay with Michael Jackson ONE by Cirque du Soleil.

The show, in a word, is riveting. Fans ages five to 50-plus are treated to a visual feast of intricate costumes, transformative stage production, and, of course, decades worth of iconic dance sequences helmed by the “King of Pop” himself. Featuring an electrifying fusion of acrobatics, dance, and visuals that reflects the dynamic discipine and talent of MJ, ONE immerses the audience into the world of not just Michael’s music, but his life that was exposed through his lyrics.

And if you are familiar with Michael at all, you know this was loosely structured around fantasy, imagination, and the spirit of youthfulness. The show’s narrative is built around four main characters on a journey to Neverland, which is also the name of MJ’s previous home. Along the way, they find Jackson’s iconic penny loafers and socks, his sparkly glove, his fedora, and his sunglasses, while also growing up and finding peace. This story line leads into the performances that we can expect throughout the show.

Driven by his biggest hits heard like never before in a riveting, state-of-the-art surround-sound environment, ONE takes the audience through a seamless visual and musical montage, at the heart of a world that is in turn majestic, playful, magical, and heartwarming. In Michael Jackson ONE, Michael’s spirit is channeled through the vibrant energy of the cast of 63 dancers and performers, underscored by aerial performance, driving acrobatics, and vivid choreographies that use the urban/hip-hop idiom as a springboard for exploration. ONE is a heartfelt tribute to the work, innovative spirit, and legacy of Michael Jackson — the King of Pop, the genius, the visionary, the ONE.

“Michael Jackson ONE” is often confused with “Michael Jackson: The Immortal World Tour,” a separate, arena-based Cirque show also based on the life and works of Jackson and that played in arenas around the world. Despite any similarities in name, they couldn’t be any different. For instance, “ONE” is also unlike any other sonic experience you’ve ever encountered. There are 5,800 speakers installed in the theater, including at least three in every seat, creating an experience that certainly can’t be re-created in arenas, except for that of its home at the Mandalay Bay.

Though there are hundreds of shows and performances in Las Vegas, you will not be disappointed in this one-of-a-kind experience, which will connect you with arguably the greatest performer of all time. Michael Jackson ONE is stellar, and you don’t want to miss it!

Source: blackenterprise.com

スカイアーツ、「Urban Myths」のMJのエピソードの放送を中止

スカイアーツはシリーズ「Urban Myths」で予定されていた、マイケル・ジャクソンのエピソード(主演:ジョセフ・ファインズ)について、マイケルの家族やボイコットのネット署名を受け、放送中止とすることとした。ネット署名は20000人以上が集まった。

スカイアーツの声明は以下の通り

「スカイアーツの"Urban Myths"シリーズにおけるエリザベス、マイケル、マーロンについて描いた30分のエピソードについて、マイケル・ジャクソンの家族の懸念表明を考慮し、放送しない事を決定いたしました。私たちは、事実だとされている出来事について面白おかしく見てみようと企図したものであり、怒りを買うようなことをするつもりは毛頭ありません。ジョセフ・ファインズもこの決定を全面的に支持しております」

マイケルの娘パリスは、本エピソードの予告映像を見て「吐き気がした」とツイートしている。

「私の父ばかりではなく、ゴッドマザー(エリザベス・テイラー)にまで向けられた明らかに故意の無礼を見て怒りがこみ上げました。尊敬の念はどこに?父たちは、深く卓越したものを生み出し残すために、血と汗と涙にまみれて仕事をしてきたのです。恥ずべき人物描写です」

マイケルの甥のタジはこう述べている。「残念なことにこれは僕たちファミリーも黙っていられない問題だ。このあからさまな侮辱に対し、言葉が見つからない」。

このテレビシリーズは様々な都市伝説を取り上げドラマ化するものだ。今回とりあげたエピソードは、911テロの数日後、ニューヨークで足止めされたエリザベス・テイラー、マイケル、そしてマーロン・ブランドがレンタカーを借りてオハイオへ500マイルの旅をするというエピソードが元となっている。出発して早々、マーロンが、バーバーキングやKFCを見つけるたびに立ち寄ると譲らず、他の2人が苛立ち始める。元々、テイラーの元個人秘書が広めた話である。

お断り
マイケルに扮したファインズの予告映像や写真がネットで閲覧できるようになっていますが、MJWNでは、マイケル自身と家族を尊重し、それらを掲載しないこととしました。

(参考)ジョセフ・ファインズがマイケル・ジャクソンを演じる

■Sky Pulls ‘Urban Myths’ MJ Episode

Sky Arts will not screen the forthcoming episode of its new series ‘Urban Myths’, featuring Joseph Fiennes playing Michael Jackson, following complaints from Michael’s family and an online petition calling for the episode to be boycotted, which got over 20,000 signatures.

A statement from the broadcaster read:

“We have taken the decision not to broadcast Elizabeth, Michael and Marlon, a half-hour episode from the Sky Arts Urban Myths series, in light of the concerns expressed by Michael Jackson’s immediate family. We set out to take a light-hearted look at reportedly true events and never intended to cause any offence. Joseph Fiennes fully supports our decision.”

Michael’s daughter Paris said that the trailer for the comedy had made her “want to vomit”. Through her Twitter account she added:

“It angers me to see how obviously intentional it was for them to be this insulting, not just towards my father, but my godmother [Elizabeth Taylor] as well. Where is the respect? They worked through blood sweat and tears for ages to create such profound and remarkable legacies. Shameful portrayal.”

Michael’s nephew Taj added: “Unfortunately this is what my family has to deal with. No words could express the blatant disrespect.”

The series takes and dramatized a range of urban myths. This episode was centered around Elizabeth Taylor, Michael and Marlon Brando finding themselves stranded in New York, hiring a car and driving 500 miles to Ohio in the days after the 9/11 attacks. However, Brando soon began to irritate his fellow road trippers by insisting on stopping at every Burger King and KFC along the way. The story was originally spread by Taylor’s former personal assistant.

Please note that though the trailer and images of Fiennes as Michael are regularly available online, MJWN has chosen not to share these out of respect to his family and Michael himself.

Source: Yahoo! News & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ