MJから刺激を受けてデザインを始めたウィル・アイ・アム

image3.jpg

ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムは、車や時計、かばんのデザインを始めようと思った主なきっかけは、(2009年6月に亡くなった)故マイケル・ジャクソンだったと明かした。1982年のヒット曲「Thriller」のビデオを見て魅了されたというのがその理由だ。

彼はBANG Showbizに対してこう語っている。

「マイケル・ジャクソンのお陰で僕はデザインに興味を持つようになったんだ。マイケル・ジャクソンを見ると『なぜ?』と思うんだよ。『Thriller』は素晴らしい。だけどなぜ『Thriller』なのか。彼ならどんなタイプのビデオでも作れたはずなのに、なぜホラー?僕の考えはそんな風なんだよ。僕はいつも『なんで?』って思ってるんだ。黙って受け入れることはない。いつも『なんで』って尋ねるのさ」。

1983年に発表された13分のビデオ「Thriller」には、ゾンビの格好をしたダンサーたちを従えて歌うマイケルが登場する。ホラー映画のスター、ヴィンセント・プライスによる語り付きだ。

ウィル・アイ・アム(2006年にマイケルと曲作りを行った)は若いころ、「Thriller」を見て衝撃を受け、そのことが彼を創作活動へと促したと彼は認めている。

彼がデザインしたレクサスNX 200t F SPORTがお披露目されたパリのカンボン・キャピュシーヌ宮で、彼はこう語っている。

「僕が7つの時に興味を持ったのはマイケル・ジャクソンのような人たちだったよ。僕は音楽やビデオでこういうことをやる。『ワォ!カッコいいね。でもなんでだろ』。女の子の服が透けて見えてもテレビ局では放映されないのは分かり切っている。だから何度も見たいと思うのさ。そんな感じだよ」。

■Michael Jackson Inspired will.i.am To Design

The Black Eyed Peas frontman admits the late singer – who died in June 2009 – was the main inspiration behind his decision to start designing cars, watches and bags because he was so fascinated after watching the video to the star’s 1982 hit song ‘Thriller’.

He told BANG Showbiz:

“Michael Jackson got me interested in design.When you see Michael Jackson you think, ‘Why?’ ‘Thriller’ is awesome but why ‘Thriller’? He could’ve made any type of video but why a horror flick? So my mind works that way. I always say, ‘Why?’ I don’t just accept it, I always ask why.”

The 13-minute video, which was released in 1983, features Michael singing the song alongside dancers dressed as the living dead and also includes a spoken word performance by horror film star Vincent Price.

Will – who worked with Michael in 2006 – admits the clip really hit home when he watched it at a young age and it inspired him to be a lot more creative in his life.

Speaking at Pavillion Cambon in Paris, where will was unveiling his custom-designed Lexus NX 200t F SPORT car, he added:

“It was people like Michael Jackson when I was seven that really intrigued me. We do that in music or video. ‘Oh wow, that’s cool. Why?’ Because you can see through the girl’s shirt so we know that’s not going to get played on certain TV so that’s let pull that back. Things like that.”

Source: ctvnews.ca & MJWN

ジャスティン・ティンバーレイク、マイケルを追悼

ジャスティン・ティンバーレイクは「Love Never Felt So Good」のデュエットでマイケルへのリスペクトを私たちに示してくれたばかりだが、彼の「20/20 Experience」のオーストラリア・アデレード公演のステージで再び見せてくれた。

ジャスティンはマイケルの曲の大ファンだ。Adelaide Entertainment Centreでのコンサートで彼は2日間続けて熱狂する観客に向けて「Human Nature」を歌い、マイケルへの敬意を表した。

セキュリティを引き連れてファンの間を通路を移動し、小さなメインステージから、VIP区画のある後方まで場所を変えながら観客を沸かせ、そしてファンとの距離を縮め、ティンバーレイク版「Human Nature」を仕上げた。

観客の中にはマイケルのファンも多くいた。マイケルの古典をジャスティンが歌い始めると、大きな歓声が上がるのが聞えたのだ。ジャスティンはそのような観客らに一緒に歌わせて気持ちを通じ合わせていた。彼は天を指し、「彼に聞こえるように大きくな声で歌おう!」と叫んだ。心のこもった彼の表現。そしてそれは、一部のMJファンたちを間違いなく感動させた。

これはジャスティン・ティンバーレイクのコンサートだったが、ショー全体を通じてマイケルの影響やマイケルからのインスピレーションがあったことは明らかだ。ダンスの正確さや素晴らしい振付、音楽の使い方、ダンスに合わせて曲が止まり、また動き出すなど、マイケルがコンサートで良くやっていたやり方だ。キング・オブ・ポップを思い起こさずにはいられないだろう。

地元アデレードでのレビューはこう評している。

「JTのしゃれたフットワークを見ようと思っていたファンたちは、終始踊り続け、MJにインスパイアされた象徴的ムーヴを繰り出す彼にがっかりすることはなかった」。

アデレードで「Human Nature」を歌うジャスティンはこちら!



■Justin Pays Tribute To Michael

Justin Timberlake recently showed us the respect he has for Michael by sharing vocals with him in the duet ‘Love Never Felt So Good,’ and he showed it once again, on stage in Adelaide, Australia, during the Australian leg of his ‘20/20 Experience’ Tour.

Justin has always been a big fan of Michael’s work and last night and the night before, he paid homage to him midway through his concerts at the Adelaide Entertainment Centre by singing ‘Human Nature’ to an adoring crowd.

Moving through the isle between fans with Security, he swapped from the main stage that he had been performing to a smaller one towards the back of the Adelaide Entertainment Centre, where the VIP section was located to wow the crowd and get a little more up close and personal with his fans and with his rendition of ‘Human Nature.’

There were many Michael Fans in the crowd, as you could hear by the roar they made when he started singing Michael’s classic. He constantly connected with the audience by getting them to sing the song with him. Pointing up to the sky he shouted to the crowd, “SING IT LOUDER SO HE CAN HEAR US!” A heartfelt gesture on his part and what was sure to make a few MJ fans sigh.

It may have been a Justin Timberlake concert, but Michael’s influence and inspiration was evident throughout the whole night. From the precision of the dancing and the amazing choreography, the way the music was set, stopping and starting again in a song in unison with the dance, just as Michael used to do in his concerts, you couldn’t help but be reminded of the King Of Pop in some way.

As a local Adelaide review described it,

“Fans wanting to capture a glimpse of JT’s fancy footwork were not disappointed with the singer dancing through most of the show and pulling his signature MJ inspired moves.”

Watch Justin sing ‘Human Nature’ in Adelaide, Australia!!

Source: MJWN, with many thanks to Paula

Popping To ‘Beat It!’

ダブステップはもともとイギリスのサウスロンドンのダンス界に出現したダンス・ミュージックの一ジャンルである。このジャンルは、「The Wire」のような音楽誌に取り上げられる機会も増えており、2000年代に入り、徐々に注目を集めてきた。

ジョン&リカルド・ウォーカーが、マイケル・ジャクソンの「Beat It」の"ポッピン"なダンスを製作した。YouTubeには、マイケルのその他の曲に合わせて踊るウォーカーのビデオが大量に投稿されている。



リカルド・ウォーカーについて詳しくはこちら

■Popping To ‘Beat It!’
Dubstep is a dance genre of electronic dance music which originally emerged in the dance world in South London, in the UK. This genre received increased coverage in music magazines such as ‘The Wire.’ During the 2000’s this genre has gradually received more attention.

John and Ricardo Walker have produced this ‘popping’ dance to Michael’s ‘Beat It.’ If you visit YouTube there are plenty of other videos in which he dances to Michel’s music!!!

Enjoy!!!!

You can learn more about Ricardo Walker here.

Source:MJWN, with thanks to Paula

「Thriller」、2015年に3-D化か

ショートフィルム「Thriller」を1983年に監督したジョン・ランディスが、マイケル・ジャクソン・エステートとの争いが集結したことを受け、この3-D化プロジェクトに取り組んでいる。

マイケル・ジャクソンは墓場からファンたちを震えさせるだろう。3-Dとなった、彼を代表する1983年制作の14分のフィルム「Thriller」で!

オリジナルの監督を務めたジョン・ランディスが現在指揮を執っている。エステートとのいさかいは集結している。

3-D化されたショートフィルムは来年発表されるとみられている。ブルーレイでの発売や、劇場での公開も議論されているがいまだ決定されていない。

「訴訟は長い時間かかりましたが、彼らが私に支払うことで最終的に解決しました。ですから、『Thriller』のことで実際に進展していることがあるんです」とランディスは法的な争いについて語った。

「高度に磨きがかけられ、3次元で再登場することになります。大スクリーンでとてもエキサイティングでしょう」とランディスは私たちに語った。

ファンは何を期待すれば良いかと食い下がると、ランディスは怖い面を見せた。

「言えませんよ。もし言ってしまったら、あなたを生かしてはおけませんよ」と彼は冗談を言った。

ジャクソン・ファミリーに近い関係者も、「ジョン・ランディスがここ数カ月間、秘密裏にこれに取り組んでいる」と認めている。

「この象徴的ビデオはブルーレイになったことはないし、劇場公開も、3-Dになったこともありません。3-Dというのはマイケルが常に持っていたビジョンでした。実際、ロンドンでの『This Is It』ショーでは、3-Dパフォーマンスが取り入れられたシーンが採用されることになっていました」。

『Thriller』のコンセプトの可能性は無限だという。

「エステートもいろいろとアイディアを検討してきました。『Thriller』はこの分野にとても向いているんです」と関係者は語る。「ダンスを感じるスタイルともなりうるし、ゾンビスタイルのシューティング・ゲームスタイルの映画にもなりえます。この傑作については、たくさんの可能性があるのです」。

ジョン・ブランカとジョン・マクレーンが舵取りをしているエステートが、「複数のアルバム」、「インターネット・ゲーム」、「映画、ドキュメンタリー、マイケルに関するブロードウェイの演劇」などの事業に乗り出していることは、公的な書類から明らかとなっている。

50万ドルと報じられている「Thriller」の製作費は1983年の平均的ビデオの製作費の10倍だ。ジャクソンのリスキーな虚栄心をプロデューサーたちが正当化することができたのは、「Billie Jean」や「Beat It」、「Wanna Be Startin’ Somethin’」といったヒット曲のお陰である。

2009年、ビデオ「Thriller」は、「文化的、歴史的、美学的」に重要な作品を評価するアメリカ議会図書館の国立フィルム登録簿に登録された。ミュージック・ビデオ初の栄誉である。

ランディスは先週、ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで行われたEyegore Awardsで表彰された。彼のホラー映画作品には、「狼男アメリカン」や「トワイライトゾーン/超次元の体験」などがある。
(参考)ランディス、スリラー3D間もなくリリースと発言

thriller_1.jpg

■ Michael Jackson’s ‘Thriller’ video going 3-D in 2015
John Landis, who directed the 1983 short, is at work on the project following the end of a dispute with Jackson’s estate

Michael Jackson will soon be scaring fans from beyond the grave with the release of his iconic 14-minute 1983 film “Thriller” — in 3-D!

The video’s original director,John Landis, is helming the project now that a dispute with the singer’s estate has been put to rest.

The revamped short film/music video is expected out next year. There’s even discussion of its running in theaters, as well as on Blu-ray and promotional outlets yet to be decided.

“That lawsuit went on for so many years, (but) we settled and they paid me finally,” Landis said of the legal dispute. “And so, actually there is something happening with ‘Thriller.’ ”

Landis tells us: “It is going to reappear in a highly polished and three-dimensional way that is very exciting on the big screen.”

Pressed on what fans can expect to see, Landis showed his scary side.

“I cannot tell you any more,” he joked. “I might have to kill you.”

A source close to the Jackson family confirms that “John has been secretly working away on this for several months now.

“The iconic video has never been released on Blu-ray or seen in cinemas and 3-D, and that was always a vision Michael had. In fact, his ‘This Is It’ London show was meant to feature a segment which included a 3-D performance.”

We’re told there’s no end to where the “Thriller” concept can go from here.

“The estate has been looking at gaming ideas, too, and ‘Thriller’ fits into the genre,” says our insider. “It could a be a dance experience or a zombie-style,shoot-’ em-up-style movie. There are so many possibilities with this creative masterpiece.”

Official paperwork from the Jackson estate — run by lawyers John Branca andJohn McClain — revealed that they’re working on ventures including “multiple albums,” “Internet games” and “film, documentary and a Broadway play about Michael.”

The reported $500,000 budget for “Thriller” was more than 10 times the cost of the average video in 1983. Producers were able to justify Jackson’s risky vanity project thanks to the success of the “Thriller” album’s hit songs, which also included ““Billie Jean,” “Beat It” and “Wanna Be Startin’ Somethin’.”

In 2009, the “Thriller” video was inducted into the National Film Registry by the Library Of Congress — the first music video to receive the honor, which recognizes works that are “culturally, historically or esthetically” significant.

Landis was honored last week at the Eyegore Awards at Universal Hollywood Theme Park in L.A. His horror movie résumé also includes “An American Werewolf in London” and “Twilight Zone: The Movie.”

Source: nydailynews / MARIANNE GARVEY, BRIAN NIEMIETZ AND OLI COLEMAN / MJ-Upbeat.com

Link: http://www.nydailynews.com/entertainment/gossip/confidential/michael-jackson-thriller-video-3-d-2015-article-1.1956242

He's a Dancing Machine (その5)

ジョイエ:でも、このパフォーマンスを特別なものにしているのはフルで歌われる「Dangerous」なんです。彼は生で歌っているわけではありませんが、そんなことはすぐにどうでもよくなって忘れてしまいます。なぜなら、ダンスがとても素晴らしいからです!20年近く経っても、観ると鳥肌が立ちますよ。彼の動きは何もかも他の誰をも上回っています。体がゴムでできているみたいです。彼の体の曲がり方やヒネリが普通の人とは違うんです。これまで真似する人はたくさんいたし、これからもずっといると思いますけど、あのように動ける人はいない、というのが純然たる事実なんです。スラッシュは同じように見ていますよね。かつてこう言っています。

「マイケルは、僕が仕事をした中では最もプロフェッショナルで才能あるパフォーマーだ。世間が騒いでいることはともかく、このことに関して言えば、60人のダンサーが同じ振りを踊っても、どれがマイケルだかすぐにわかるってことさ」。

私はこの発言がすごく好きなんです。スラッシュは正しいことを言っていますから。大勢のシンガーやダンサーと一緒にステージにいても、マイケルがどれだかすぐにわかるんです。ほかの誰とも動きが違います。そしてスラッシュのこの言葉が特に好きなんです・・・・ダンスに見向きもしないと思っていた人でも彼のダンスは見るだろ?と彼は言っているんです。

ウィラ:スラッシュの言っていることは真実ですね。マイケル・ジャクソンがグループと踊っているときでも彼から目が離れません。「The Way You Make Me Feel」のグループダンスで、ダンサーのシルエットしか見えない時でも、どれが彼だかすぐにわかるし、逆にどうしても彼に目が行ってしまうんですよ。。

そしてもちろん、彼はダンスを本当によく見ているプロフェッショナルたち・・・フレッド・アステアやジーン・ケリー、デビー・アレン、マイケル・フラットレー たちからも賞賛されています。数か月前にコメント欄でこのことについて投稿がありました。バリシニコフの言葉が引用されているこの投稿はこんなものです。

「バリシニコフによると、彼がジャクソンについてよく覚えていることは、『・・・ステージでの彼のシンプルで軽快な歩き方だ。それこそが最も美しく、人目を引くものであり、そしてそれが彼のヒップをスイングさせ、彼の脚を動かしている。私にとってはそれが彼である。つまり、ダンサーとしての体に対する卓越した信頼だ。観ている人はこう言いたかったに違いない。”すごい、この人、ネコみたいだ。好きなように動かせるんだ”』」

私はこれを読んですぐに、「シンプルで軽快な歩き方」というのを思い浮かべることができました。私はその歩き方が大好きで、とてもマイケル・ジャクソン的なのです。あなたの好きな、MTVのメドレーでもちょくちょく見られますよ、ジョイエ。『Ghosts』のスケルトンでもそれをやっていますし、スケルトンであってもまさしく彼なのです。とても楽しげでリラックスした感じで、バリシニコフが言うように、「ダンサーとしての体に対する卓越した信頼」を反映しているのです。

ジョイエ:そうですね。バリシニコフの素晴らしい発言です。おっしゃる通りですね。ダンスの世界から彼はたくさんの賞賛を受けています。有名な人から、「This Is It」の冒頭の若いダンサーたちのような成功をめざす若手までね。「The Making of Thriller」のメイキングの中でマイケル・ピーターズが語っています。マイケルはダンスのレッスンを公式には一度も受けたことがなく、何年も古典的な訓練を受けてきたダンサーたちと一緒にダンスのリハーサルをしていたけど、彼は彼らに負けないどころか、彼らを圧倒していたんだそうです。「生まれつき持っているもの、彼の中に備わっているものなんだ」とピーターズは言っています。

(おわり)

原文:Dancing With The Elephant
Michael_Peters.jpg

He's a Dancing Machine (その4)

ウィラ:面白いでしょ!彼には何度もノックアウトされますよ。彼は息をのむような才能の持ち主です。彼の作品に触れるたびに、新たに畏敬の念を抱いています。

ジョイエ:ウィラ、それにはみんなが同意できるのではないでしょうか。彼の音楽を何度聞いていても、ショートフィルムやコンサート・パフォーマンスを何度見ていても、それまで聞こえていなかったこと、経験していなかったことを必ず発見するんです。私にとってはまさに驚きなんです。

ウィラ:わかりますよ!それに、たくさんの異なるやり方を同時に使って意味を伝えるというその手法は、私にとってはとても興味深いんです。例えば、右肩を持ち上げたり手の甲で口を拭うというジェスチャーを使って彼は多くのことを伝えています。そして重要なのは、それらのジェスチャーには言葉は使われていません。彼の作品が世界中で人気があることの理由の一つではないかと思っているんです。なぜなら英語が話せなくても歌詞が理解できなくても、中心にある考えというのは理解できるからなんです。彼がたくさんの方法で意味を伝えることができるからなんですね。

そして、彼はコンセプトや感情を伝えるためだけにジェスチャーを使っているのではありません。彼のキャラクターというものを生き生きとしたものにする、パーソナリティーというものを詳細に伝えるためにもジェスチャーを使っています。

ニーナが以前投稿してくれたコメントで、微妙なジェスチャーで「キャラクターを描く」ことが彼にはできる、と書かれています。

「才能あるアーティストや職人の中には、シンプルな線だけを使って立ち振る舞いやポーズをスケッチできる人がいます。そのおかげで、その人物の振る舞いや性格の本質に対して私たちは当事者となれるのです。マイケルは動きだけで性格描写ができるんです。究極まで無駄を省いたジェスチャーです。見ている人はその『性格』を即座に認識することができるんですよ」。

ニーナはこう続けています。

「彼は、『Billie Jean』や、『Smooth Criminal』のギャング、『You Rock My World』では別のギャングという具合に、髪を櫛でとく得体の知れない男を演じているんです。それぞれのキャラクターは、彼のレパートリーとしておなじみの要素から成り立っています。ですが、それらの要素はいろいろなバリエーションをつけられ、『曲』ごとに違う配置となっているんです。彼がマイムとしてマルセル・マルソーと共演するつもりだったというのも不思議なことではありません。それにショートフィルムの研究という視点で言えば、彼の作品に一貫している独特のスタイルというものは、『映画監督』としての特徴とみなすべきです」。

彼の「ジェスチャーの無駄のなさ」についてのニーナの説明はとても興味深いものがあります。「シンプルなラインでキャラクターを描く」彼の能力については私は全面的に同意です。そのキャラクターの「本質」というものが生き生きとしてくるんです。だから「Ghosts」でも、例えば彼は、ただ意思に反して踊らされる村長のダンスを踊っているだけではありません。彼は村長として、独特の個性とある種の欲望、先入観、信念、それに、常になんとしても管理下に置こうとしているということ、そういうことを演じているのです。そして、これらのキャラクターへの個性付けは、体が動き始める時の手を使ったあの突然のジェスチャーのような、シンプルなジェスチャーで私たちに伝えられるのです。つまり、彼の体がダンスを始める時、最初は足、次いでお尻もコントロールを失います。でも彼は、コントロールできていると村人たちを安心させようと努めます。この状況も、マエストロも、村人たちも、そして自分の体もコントロールできていると。

ジョイエ:ウィラ、ニーナのコメントはすごく気に入りました。「どの曲に対しても違った方法で要素が再配置されている」ということについては同意です。これは真実で、彼のキャリアを通じていろいろなパフォーマンスに見られます。私の絶対的お気に入りは1995年のMTVビデオ・ミュージック・アワードですが、彼のオープニング・ナンバーは素晴らしいですね。彼はスラッシュの手を借りて、「Don't Stop」、「The Way You Make Me Feel」、「Scream」、「Beat It」、「Black or White」、「Billie Jean」のメドレーを歌います。

その5)につづく
MTV-Video-Music-Awards-1995.jpg

He's a Dancing Machine (その3)

ウィラ:それは思いつきませんでしたが、どこか落ち着かない感じですよね。それは、思いつくどのダンスとも大きく違っているからです。あんなふうに体を動かすダンサーを私は見た記憶がありません。世界中の人がいろいろなマイケル・ジャクソンのダンス・ムーヴをするのを見ても、「Ghosts」のような脚を開いた動きをやっているのは目にしませんよね。こういうムーヴはこのフィルムでしか見たことありませんが、そう思うのは、これらのムーヴが息をのむほど違うからなのかもしれません。

このフィルムではではたくさんのことが進行しています。そしてあのダンス・シークエンスでも。そして私の目に興味深く飛び込んでくる微妙なジェスチャーがあるんです。例えば、ゴーストたちを集めて一緒に踊らせ、そして手の甲で口を拭う。彼は最初のダンス・シークエンスをそんなことから始めるんです。彼は同じジェスチャーを「BAD」でも使っています。あのビッグ・ダンス・シークエンスの中で、架空のギャング・メンバー/アーティストたちを集めて彼のバックアップをさせた後のシーンです。そしてマコーレー・カルキンの演じるキャラクターが、「Black or White」のイントロで同じことをしています。エレキギターを大音量で鳴らして父親をアフリカへ、音楽とダンスの起源の地へ吹き飛ばしてしまう直前です。

この些細なジェスチャーは、これらの3つのケースで同じことを伝えているように思われます。ここでは、無力の孤独な人物が暴力の脅威に直面しています。そして、彼はそのような脅威に抵抗し、アート、すなわち音楽とダンスで反撃しているのです。マイケル・ジャクソンはジェスチャーによるボキャブラリーを生み出しているとさえ言ってもいいほどです。「Ghosts」においては、口を手の甲で拭う仕草を見た瞬間、先行する2作品の繰り返しのような、したがって、何が起きつつあるのか分かるような気がするのです。

ジョイエ:「彼独自のジェスチャーによるボキャブラリー」。それいいですね!

ウィラ:言いたいこと、わかりますよね?彼がやろうとしていることは私にとってはとても興味深いんです。ある特定の考え方というものを表すために、言葉ではなく、あのようなちょっとしたジェスチャーをいかにして彼が使っているか。スケルトンのダンスの前にも似たようなことをしています。前にお話ししたように、村人たちはマエストロに対して矛盾した感情を抱いています。彼を信じることができるのかどうか確証を持てていないということです。彼はそのことを示しているのです。見慣れないスケルトンの姿になって、だけど楽しいダンスをする。村人たちを彼の側に引き寄せる、おなじみのやり方です。

面白いことに、彼はスケルトンダンスを右肩を持ち上げるところから始めています。「Thirller」のゾンビダンスと全く同じです。そしてこの両者では、彼は同じような状況に置かれています。「Thriller」では、初めての黒人ティーン・アイドルとしての彼に対する私たちの矛盾した感情と、彼は向き合っています。アメリカは過去も今も人種差別の国です。異人種間の交流に対する抑圧的タブーが存在します。「Thriller」が作られた80年代初頭は特にそうでした。そのような状況で突如、あらゆる人種のティーンの女の子たちが、彼のコンサートで失神し、彼に性的な魅力を感じるという事態になったのです。だから、彼はそういったタブーに挑戦していたのです。多くの人々はそのことについてとても落ち着かない感情を抱いていました。彼は、ちょうど「Ghosts」でもやっているように、そのような矛盾した感情に対して返事をしているのです。つまり、彼は自身を見慣れぬ者、すなわちゾンビにしているのです。私たちの感情というものをそこには反映させているのですが、次の瞬間には見紛うことなきマイケル・ジャクソンのダンスを披露し、私たちを引き寄せるのです。

ジョイエ:OK、あなたには本気で驚かされますよ!「Ghosts」のスケルトンダンスと「Thriller」のゾンビダンスを結びつけることなんで思ってもみませんでした。おっしゃる通りですね。どちらのダンスも全く同じ始まり方をする。彼は同じ人物であると私たちに確認させるためにね。すごい!

その4)につづく
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。

お急ぎのお問い合わせはteamに
@mjjfanclub.jpをつけてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ