MJを書くことについて書く:一部の批評家はいまだ誤解している

マイケル・ジャクソンが存命ならば、明日は56歳の誕生日だ。そして死後5年以上経つにもかかわらず、一時住んでいたに過ぎないラスベガスから故郷のインディアナ州ゲーリーまで、そして世界中のファンたちは、生前と同様にキング・オブ・ポップを称えるだろう。

いろいろな意味で彼は生きている。没後の最新作「Xscape」からリリースされた曲がこの夏はオンエアされている。そして金銭的な側面から見た場合、ジャクソンは生前以上かもしれない。すなわち、過去5年間で7億ドル以上を稼ぎ(80年代後半以降では最高の伸び方)、そして同じ期間を対象にフォーブスが調査したどの存命の芸能人の収入をも上回っているのである。

だが、ジャクソン・ルネッサンスの真っただ中で、彼のイメージや財政面がある種の変化を遂げているにもかかわらず、主流メディアのいたるところで、そしてタブロイドでは、一部のしつこいストーリーが主張され続けている。この残念な現実は、自著「Michael Jackson, Inc.」をこの夏出版して以来私が目にした興味深いことの一つである。

この本を書いたことにより、私はこのような傾向を観察するという他にはない立場となった。インターネットの魔法(特にGoogleアラートとツイッター)のおかげで、私の本についての論評が発表されて数時間でそれらを目にすることができるのである。

ライターとして、「Michael Jackson, Inc.」に対する反応のほとんどは満足のいくものであった。ビルボード誌からVIBE誌、シカゴ・トリビューン紙などで取り上げられた。アマゾンでは「Book of the Month in Business & Leadership」に挙げられ、USAトゥデイは「the hottest titles this season(今シーズンで最もホットな本)」の一つであると評した。さらに、(書評で有名な)カーカスは「価値ある分析」、エボニー誌は「世界中のファンたちも聞いたことがない視点を提供している」と評している。

だが、いくつかのケースでは、そのレビューというものが本について触れられたものではなく、キング・オブ・ポップについての古い議論を焼き直したり、判断を下す口実にしているに過ぎないのではないかと思われるものがある。その大半は、「Michael Jackson, Inc.」のレビューではなく、マイケル・ジャクソン自身のレビューと見た方がよいのではないかと思えるものであった。

例えば、ウォールストリート・ジャーナル誌のレビューはキング・オブ・ポップについての筆者の考えから始まり、彼を「未熟な神」、「巧妙な神」、「おそらく児童性的虐待者」である、などと評しているのだ(ジャクソンは突きつけられたすべての容疑で無罪であったことなど全くお構いなしである)。

一方ワシントン・ポスト紙はジャクソンの「風変わりな行為と犯罪の疑惑」について焦点を当て、私の本が「企業実体としてのジャクソンに焦点を当てるために、興味ある部分を除外している」と批判した(ジャクソンのキャリアにおける財政面を調査することがタイトルで述べられた目的であるにもかかわらずだ)。

はっきりさせておこう。物書きとして、これらのマスコミが私の著書に興味をもったことについては非常にうれしく思うし、たとえ私が同意できないとしても、仲間である物書きたちが自身の意見を述べるという権利を私は尊重している。だが、財政面について焦点を当てているものでさえ、ジャクソンの生涯とレガシーの調査が、しばしば従来の繰り返しで覆われているということに私は驚かされた。

この類の話は、ジャクソンを深く研究している者、例えば私の友人のジョー・ボーゲル(「コンプリート・ワークス」の著者)や故ジェイムズ・ボールドウィンらがすでに気づいていたことである。ボールドウィンがこう記しているのは有名だ。

「マイケル・ジャクソンに関する雑音は、それがジャクソンに関する事では全くない、という点で興味深い。・・・ 彼はすぐには許されないだろう。それは、これほど多く形勢を逆転させ、成功を収め、そしてモンテ・カルロの銀行を潰した男でもマイケルの弱みを握っていないからだ。こういった雑音はアメリカのことなのだ。黒人の、特にアメリカの黒人男性の生命と財産の不誠実な管理人としてのアメリカ。燃やされ埋められたアメリカの罪のことなのだ」。

ジャクソンは本当に多くのことをひっくり返した。彼のエキセントリックさを否定するものもいるだろうが、彼が成し遂げたことの中には、ミュージック・ビデオ時代のジャッキー・ロビンソン(注:黒人メジャーリーガーの祖)とも言えるものもある。彼は、かつて白人ロッカーたちの場であったMTVに対し、黒人アーティストの作品をヘビー・ローテーションさせた。その手始めは「Billie Jean」だった。

1985年にビートルズのカタログを購入したことにより、ジャクソンは、被雇用者としてのアーティストという枠組みをひっくり返し、オーナーとしてのアーティストという考え方に置き換えた。そして、スーパースターを収益化する新しい手法を開拓し、自分の服やスニーカー、ビデオ・ゲームを発売したが、それは結果として、ジェイ・Zやディディのような現代の大物たちのための道を切り開くことになったのだ。

このようなしつこいネガティブなストーリーは、進展することはあっても、メディアの中で沈んだことは一度もないのだ。ジャーナリストとして、主観的な意見を排除し、客観的真実に焦点を当てる義務が私たちにはある。ジャクソンの場合、多くの観察者にとっては、古代の大洋の底にたまった沈殿物のように長い間かけて彼らの主観は定まったようだ。いまだ客観的であると誤解されることもあるような強固なものを形成しているのである。

ジャクソンの死から5年。こういった沈殿層は薄くなっている部分もあるように思われる。彼の作品の復興具合から判断すれば、彼の収入は変化の証拠となるだろう。世界の文化やビジネスに影響を与え続けていることを考えれば、このような傾向は今後も続くだろうが、しかし、客観性が主観に打ち勝つにはまだ時間がかかるのだ。

これは、キング・オブ・ポップへの未来の誕生日プレゼントである。

ソース:FORBES

ビヨンセ、クインシー・ジョーンズ他、MJを偲ぶ

マイケル・ジャクソンがここにいないというのは信じ難く、彼が亡くなって5年も立つなんてなおさら信じられないことだ。

それは、彼のニューアルバム(90年代以降、最も評価されている作品)が発売中(そしてラジオやネットでオンエアされている)だからというだけではない。

むしろ、彼を知り、愛し、尊敬していた人々。彼に触発され、時には、彼に続いて独自の芸術性という側面を具現化するために争った人々。こういう人々が、マイケル・ジャクソンのスピリットを伝えてきたのである。

したがって56歳の誕生日である今日、君臨し続けるキング・オブ・ポップへのトリビュートが溢れているのは驚くにはあたらないことだ。



「We love you Michael」。ビヨンセはインスタグラムで彼を偲び、ヘッドホンでノリノリの若きアフロの彼の写真を投稿している。

誕生日に彼を偲ぶこの他のメッセージは:





この他のメッセージはこちら

■Beyoncé, Quincy Jones, Hilton & More Remember MJ

It’s hard to believe that Michael Jackson doesn’t still walk among us, let alone that he’s been gone for five years.

And not only because there’s a new Jackson album—his best-reviewed effort since the 1990s, practically—on the shelves (and the airwaves, online, etc.).

Rather, those who knew and loved him, admired him, were inspired by him and, in some cases, strived to model aspects of their own artistry after his, have kept his spirit alive.

So today, on what would have been his 56th birthday, it’s not surprising that there’s been an outpouring of tributes for the ever-present King of Pop.

Read more messages remembering Michael Jackson on his birthday:

SEE MORE: http://www.eonline.com/news/574702/happy-birthday-michael-jackson-beyonce-justin-bieber-paris-hilton-and-more-remember-late-king-of-pop

Source: E-Online / MJ-Upbeat.com

マイケル・ジャクソンをいつまでも忘れない5つの理由

没後2作目のアルバム「Xscape」がリリースされたこともあり、マイケル・ジャクソンが亡くなって5年が経つとは信じがたいものがある。「Love Never Felt So Good」をまだ聴いてない人などいるのだろうか?

MJのコンサートに言った話や、「ムーンウォーク」をやろうとして失敗した話などをしているうちに、会話は彼のスタイルへと移っていくのはいつものことである。そこで、56回目の誕生日を祝い、私たちが彼をいつまでも忘れない理由を5つ挙げてみた。

1.バルマンの肩の尖ったジャケットを着てあれほどカッコいいから。Shamone!
1_tumblr_m1ggz6T7q61r0tbas.gif


2.カールした髪の毛が顔にかかっているから・・・・それに笑っているから。
2_michael-jackson-tell-all-book.gif

3.輝く正装で光を浴びるその様子。ついでの女性の注目も浴びている。
3_Remember-The-Time_1.gif

4.パイロット・サングラスで私たちのハートを溶かしたから。卒倒。
4_tumblr_m1tmesnWsp1r051qro1_400.gif

5.男にすら、輝くグローブにキスさせた。#Bowdown
5_tumblr_lro9jrXPXO1qbw910o1_500.gif


5 Reasons Why We'll Always Remember Michael Jackson

We find it really hard to believe that it's been five years since Michael Jackson passed away, especially with the release of his second posthumous album, "Xscape." Who hasn't listened to "Love Never Felt So Good" a thousand times already?

As we exchange stories about the very first MJ concert we attended and our failed attempts at doing the "moonwalk," our conversation shifts to his iconic style. So in celebration of what would have been his 56th birthday today, here are five reasons why we'll always remember him fondly.

1. How he always looked so badass in those Balmain jackets with the sharp shoulders. Shamone!


2. The way those few curls always fell into his face... and he smiled anyway.

3. How he caught the light -- and every woman's attention -- with all of his shiny regalia.

4. The way he melted our hearts while wearing aviator sunglasses. Swoon.

5. How he even got men to kiss his single sequin glove. #Bowdown

Source: The Huffington Post | By Dana Oliver / MJ-Upbeat.com

「Brooklyn Loves MJ」の様子

111refdv.jpg


スパイク・リーは、自ら主催したブルックリンでの年一回のパーティーで、サインをしたりファンたちとハイタッチをしたり、あるいは歌い踊る群衆に向けてTシャツを投げたりしながら歩き回っていた。

日曜の午後に集結した数千人がマイケル・ジャクソンの56回目の誕生日を祝福した。

「Brooklyn Loves MJ」と題されたこのパーティーでは、ジャクソンを象徴する音楽が周囲数ブロックに響き渡っていた。近所では買い物かごを提げた通行人がダンスをしていた。バルコニーから眺めていた近所のアパートの住人たちはビートに合わせて頭を振っていた。

スパイク・リーはオレンジ色のベルベッドのフェドラをかぶり、「Thriller」期のジャクソンのイメージがプリントされたナイキ・エアフォースワンを履いていた。そのかかとには「Thriller」と書かれていた。(ちなみにフェドラはParty Cityが数百人に無料で提供したもの)

お昼を過ぎたころ、木のようないでたちの54歳の男性ライオネル・パウエル氏が注目を集めていた。10フィートもある竹馬(それが木のように見えていた)に乗って群衆の上で踊っていたからだ。彼は話をしたり写真に納まったりする際には竹馬のままかがんでいた。まっすぐ立ち、腕を伸ばして少しの間日光を遮るというようなこともしていた。

「すこし日陰を作ってあげているんですよ」とパウエル氏は笑いながら言った。

マイケル・ジャクソンのTシャツを売る人、美と健康のための商品を売る人、ジャーク・チキンを売る人、フルーツ・ジュースを売る人。

パトロールをしながら頭でリズムをとる警察官まで登場。清掃員たちはゴミを拾いながら歌っていた。二人の救命士がジャクソンのムーンウォークを習っていた。

「勤務中だけど」とその一人は言った。「『Thriller』が聞こえてきたら、動かずにはいられないだろ?」

■Spike Lee Honors MJ at Annual Party in Brooklyn

Spike Lee walked around his annual party in Brooklyn signing autographs, fist-bumping fans and throwing T-shirts into the dancing-and-singing crowd.

Thousands of revelers gathered Sunday afternoon to celebrate what would have been Michael Jackson‘s 56th birthday.

At the party, titled “Brooklyn Loves MJ,” Jackson’s iconic music boomed for blocks around. In the neighborhood, passersby danced while carrying groceries. Residents of the apartments overlooking the plaza nodded their heads to the beat as they surveyed the scene from their balconies.

Mr. Lee strode through the crowd wearing an orange velveteen fedora (provided by Party City, which outfitted hundreds in free fedoras) and Nike Air Force One sneakers emblazoned with images of Jackson from the “Thriller” era. The sneakers said “Thriller” on the back.

In the early afternoon, Lionel Powell, a 54-year-old man dressed as a tree, caught the attention of many as he danced through the crowd on 10-foot-tall stilts that looked like tree trunks. He crouched on his stilts to speak and to be photographed, and once, when he stood back up, he stretched his arms out, blocking the sun for a moment.

“I’m givin’ you a little shade,” Mr. Powell said with a laugh.

People were selling Michael Jackson T-shirts, holistic health and beauty products, jerk chicken and fruity beverages.
Even the police officers bobbed their heads as they patrolled. Maintenance workers sang as they picked up litter. Two emergency medical technicians attempted to learn Jackson’s moonwalk.

“We’re on duty,” said one of the medical technicians, “but when ‘Thriller’ comes on, you can’t just stand there.”

Source: DAVID SHAPIRO / wsj / MJ-Upbeat.com

Edited by MJ-Upbeat.com

スーパーDJデヴィッド・ゲッタ、MJとのコラボのチャンスがなかったことを残念がる

デヴィッド・ゲッタはキング・オブ・ポップの生前に一緒に仕事をする機会がなかったことを悔やんでいる。

彼は、リアーナやニッキー・ミナージュ、ケリー・ローランド、スヌープ・ドッグ、アッシャーといったポップのビッグネームと仕事をしてきたが、マイケル・ジャクソンと仕事をしていれば、それが彼の中でのドリーム・コラボーレーションだっただろうと述べている。

「マイケル・ジャクソンとの仕事なんて、すごいものだったろうな。でも、時すでに遅しだね」。

46歳になるプロデューサー、デヴィッド・ゲッタは世界で最も成功したDJの一人で、ヒット曲を作ってほしいという要望が世界中のポップ・スターたちから寄せられている。

ゲッタは自身の成功の理由を、スタジオやツアーで常にハードワークをこなしていることだと述べている。

記事全文はこちら(英文)。

■ David Guetta regrets not getting the chance to collaborate with Michael Jackson

David Guetta wishes he could have had the chance to work with the King of Pop before he died.

The super-DJ has worked with many of the biggest names in pop, including Rihanna, Nicki Minaj, Kelly Rowland, Snoop Dogg and Usher, but he admits his dream collaboration would have been with Michael Jackson.

Guetta said:

It would have been awesome to work with Michael Jackson, but therefore it’s too late now.

The 46-year-old producer is one of the most successful DJs in the world and is wanted by the globe’s top pop stars to create hits for them.

Guetta insists the reason he is so successful is because he works hard in the studio and tours constantly.

Read the full article at Yahoo! Entertainment.

ソース:LMJ

最後の望み:マイケル・ジャクソンとの出会い 10のストーリー(最終回)

2002年

「ネバーランドはディズニーランドとサンディエゴ動物園を合わせたようなもので、子供たちに常に開放されていました。ガンと闘っている子供もいれば、歓喜の一日を過ごすために貧困街からバスで連れてこられた子供たちもいました。そして来た子供たちは皆、マイケルがすべての子供たちに示した配慮に対して言葉がありませんでした。ある10歳の子供は、化学療法で髪の毛を失っていることがバレるために帽子を取るのを嫌がっていました。でもマイケルが一日がかりで彼に自信をつけさせたことで、彼は最後には帽子を取りました」・・・マイケル・ジャクソンの友人シュムリー・ボテアック

その10歳の少年ギャヴィン・アルヴィーゾは重度のガンを患っていた。彼は腎臓と脾臓を失い、化学療法を繰り返し受けていた。マイケル・ジャクソンに会うというのは彼の最後の望みだった。

マイケルと時間を過ごしてから、彼は奇跡的に病気に打ち勝つことができた。彼は今も健在で元気に過ごしている。最近、結婚もした。

***

以上のストーリーからわかるように、マイケル・ジャクソンは途方もなく親切で共感する心を持っていました。しかし、ここでさらに触れるべきこと、それは彼の勇気です。立ち去ったり目をそらすことをせずに向き合うことができる人が珍しいほどの、次々に起こる悲劇や心の痛む光景を自分の意志で見るという勇気。痛みや感情を抑え、人生の目的であると信じること・・・死にゆく子供たちの顔に笑みをもたらし、望みをかなえること・・・を実行し継続する勇気。
マイケルの友人の画家デヴィッド・ノーダールはかつてマイケルにこう尋ねています。「マイケル、どうしてそんなことができるんだい?死にゆく子供たちと時間を過ごし、そしてそこからステージへ上がり、あのようなパフォーマンスを行う。どうしてそんなことができるんだい?」マイケルはこう答えています。「僕がやらないでいられるはずはないだろ?子供たちは僕に会いたいと思っている。僕自身が重要でなく、スーパースターのマイケル・ジャクソンが重要なんだ。もし僕が、子供たちの命を1分でも1時間でも1日でも、あるいは1か月でも伸ばすことができたら、それは価値があることとは思わないか?」

(参考)(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)(その6)(その7

■2002

“Neverland is Disneyland meets the San Diego Zoo, gates open wide to a steady stream of children. Some youngsters were fighting off cancer, others were bussed in from inner city schools to enjoy a day of rapture, and all were rendered speechless by the personal attention that Michael gives to each and every child. One 10-year-old child, ashamed to take off his hat and reveal his chemo-ravaged bald head, finally removed the covering after Michael spent a day building up his confidence.”
- Shmuley Boteach, Michael Jackson’s friend

That 10-year-old boy, Gavin Arvizo, suffered from a severe form of cancer. He lost his kidney and spleen and went through several cycles of chemotherapy. It was his last wish to meet Michael Jackson.

After spending time with Michael, he was able to miraculously beat the disease. He is alive and well today; he recently got married.

***

As evident from these stories, Michael Jackson was a man of exceptional kindness and empathy. But what also deserves to be mentioned in this context, is his courage. The courage to become a voluntary witness to one tragedy after another, heartbreaking scenes that a rare person is able to handle without stepping out and turning away. The courage to carry on, withholding pain and emotions, and continue doing what he considered to be his purpose in life – bringing a smiles to the faces of dying children and granting their last wish.
Michael’s friend, artist David Nordahl once asked him, “Michael, how can you do that? How can you spend the time with these children who are dying and then go from that, on stage and give that kind of performance?” Michael said, “How could I not? If these children want to see me. I know I’m not important, but Michael Jackson the superstar is, and if I can make a child live an extra minute or an hour or a day or a month, then wouldn’t that be worth it?”

ソース:Michael Jackson.ru

あの歴史的「モータウン25」がDVDで登場

マイケル・ジャクソンがムーンウォークをデビューさせた、1983年の象徴的テレビ・スペシャル「モータウン25」が初めてDVDで発売される。de Passe Jones Entertainmentとベリー・ゴーディのWest Grand Mediaの協力を得てStarVista Entertainment/Time Lifeが制作するこのDVDは、現在プレオーダーが可能となっている。

今や古典となったマイケル・ジャクソンの登場シーンに加え、6枚組のディスクには、マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダー、ミラクルズ、スプリームス、ジャクソン・ファイヴ、テンプテーションズ、フォー・トップスなどのパフォーマンスが収録される。また、14時間のボーナス映像・・・テレビ放送がさらに20分、マーヴィンとスティーヴィーのリハーサル映像、そしてパフォーマーやキーとなる制作関係者25人に対する独占インタビュー・・・が収録されるのがこのパッケージの自慢である。

詳細はこちら(英文)


■See It First: Historic ‘Motown 25′ Special Coming On DVD

For the first time ever, the iconic 1983 television special Motown 25: Yesterday, Today, Forever in which Michael Jackson debuted the moonwalk will be available on DVD. Produced by StarVista Entertainment/Time Life in conjunction with de Passe Jones Entertainment and Berry Gordy’s West Grand Media, the disc is now available for pre-order.

In addition to featuring the classic Jackson moment, the six-disc set also includes performances from Marvin Gaye, Stevie Wonder, the Miracles, the Supremes, Jackson 5, The Temptations, Four Tops, and more. The package also boasts 14 hours of bonus footage – an additional 20 minutes of the broadcast, never-before-seen Marvin and Stevie rehearsal footage, and 25 exclusive interviews with performers and key production members.

Read More: https://music.yahoo.com/blogs/music-news/see-it-first–michael-jackson-s-first-moonwalk-on–motown-25–dvd-142920948.html

Source: music.yahoo / Billy Johnson, Jr./ MJ-Upbeat.com
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。

お急ぎのお問い合わせはteamに
@mjjfanclub.jpをつけてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ